集合 体 恐怖 症 iphone。 日本はもちろん海外も……新型iPhoneで「集合体恐怖症」を発症する人が続出中?【やじうまWatch】

【物議】新型iPhone 怖い、「集合体恐怖症」発症者が続出

集合 体 恐怖 症 iphone

タピオカカメラは、こう。 パーソナリティに最新の注意を払っているはずのアップルが、こんなに配慮の欠けた形状のカメラ配置のデザインを採用すること自体が信じられませんよね。 実際にタピオカカメラが不快だと感じている人はアンケート調査によると 全体の16%にも及ぶようです。 つまり、カメラとボディーの境目が分からなくしてあげれば症状はかなり軽減されるわけです。 ここから、カメラのカラー(黒色)の類似色のボディーカラーを選んであげればいいのです。 上記のカラーから一番目に優しいのは、色味の近い「スペースグレイ」です。 スペースグレイは下地がほぼブラックに近いグレーなので、これなら他のカラーと比べるとカメラ部分もかなり紛れますよね。 カメラを保護できるiPhoneケースを購入する また、iPhone全体を保護するケースを購入することも有効な手段と言えます。 購入するケースはクリアタイプのものではなく、出来るだけ手帳型やカメラ部分を普段は保護できる形状のものが好ましいです。 現状ではまだカメラ全体を保護するようなケースは見つけることが出来ませんでしたが、これだけ集合体恐怖症の反響があるということは次第にカメラ全体を保護するケースや、カメラを使うときだけ開閉するようなケースが登場することは必至だと思います。 現状あるケースから選ぶ場合でも、少しでもカメラ部をキレイに保護できるケースを選ぶようにしましょう!.

次の

日本はもちろん海外も……新型iPhoneで「集合体恐怖症」を発症する人が続出中?【やじうまWatch】

集合 体 恐怖 症 iphone

世の中には、珍しい種類の恐怖症がたくさん存在します。 周りの人てみれば、どうってことない事でも、 本人てみれば、かなり深刻に恐怖を感じるものですよね。 そんな恐怖症の1つとして、音に対する恐怖症というのがありますね。 私自身は音に対しての恐怖症というのは自覚がありませんけど、怖い人にとっては深刻な問題ですよね。 いったい何が原因となって音が怖いと思ってしまうのでしょうか。 きっと、人それぞれケースバイケースという面もあるのではないでしょうか。 それでも、その症状は苦しいものでしょうね。。 一言で音といっても、大丈夫な音とダメな音があるのかもしれません。 だって、完全な無音状態で生活することは出来ませんからね。 では、ダメな音ってどんな音なのか。 その辺りの症状も人によって違ってきそうです。 eglow9xp 乗り物が怖いという人って結構多いですよね。 乗り物が怖いという人って結構多いですよね。 そういう私自身も実は飛行機恐怖症でした。 一言で「乗り物」といっても、いろいろ考えられます。 飛行機、自動車、船舶、電車、地下鉄、バイク、ヘリコプター、自転車…などなど。 やはり飛行機やヘリなど、空を飛ぶものに恐怖を感じる方は多いみたいですね。 原因の1は、揺れが怖い事。 地上と違って、何かが起きたときに機内からの脱出が難しいという点でしょうか。 そのため、閉所や高所がダメな人が、同時に飛行機もダメというケースがありました。 そもそもあれだけ大きなものが空を飛ぶということが感覚的に理解できないということもありますよね。 まぁ最近では比較的簡単に克服する方法もあるようですけど。 参考サイト: あと、地下鉄が怖いというのも分かります。 地下というと、閉ざされた空間のイメージがあって、冷静に考えるとちょっと重苦しいですよね。 船舶にも共通した点があるかもしれません。 だって、もし事故があったとしても海を泳ぐわけにもいかないですから、ある意味では舟にも閉鎖された空間のようなイメージがあります。 基本的に恐怖症の原因は、安全を求める本能にあるような気がしますね。 また、過去の経験、いわゆるトラウマが原因になっているケースもありそうです。 例えば、電車に乗って嫌な目にあったら、その後はもう電車に乗りたくないって思いますから。 どちらにしても、普段の生活に支障が無いように克服しておきたい症状ではあります。 eglow9xp ブツブツが怖いって言う事ありますよね。 私もインターネットで画像検索しているときとかに、見たくないブツブツの画像が目に入ってくると、ゾッとして鳥肌が立ちます。 教訓としては、不用意に画像検索しない方が良いという事です。 同様に、などの動画サイトでも怖い画像が目に飛び込んでくるので要注意ですよね。 このブツブツに対する恐怖症なんですが、 多分、集合体恐怖症というものだと思います。 聞いた話では、医学的に正式に認められた恐怖症ということではない(?) という噂がありましたが、最近ではどうなんでしょうね。 とはいえ、英語ですと、トライポフォビア(tripophobia)といいます。 なお、集合体恐怖症やtripophobiaで検索するのは止めた方が良いです。 最近のは、勝手に画像検索結果の一部を表示してくることがあるので、嫌な画像を目にする可能性がありますので。 eglow9xp.

次の

新型iPhone11のカメラ部分が怖い。集合体恐怖症を発症しそう。※観覧注意

集合 体 恐怖 症 iphone

しかしカメラレンズの配置が他メーカーのトリプルカメラとは異なっているためか、「集合体恐怖症を引き起こす」といった指摘が相次いでいるようです。 恐ろしいコラージュ画像も登場 集合体恐怖症(トライポフォビア)とは、小さな穴や斑点に対して不快感や恐怖を抱く症状です。 集合体恐怖症を引き起こす要素が、湿疹や水疱などの皮膚病や一部の有毒動物に見られることから、人類が進化の過程で身につけた忌避能力ではないかとする研究も登場していますが、詳しいことは分かっていません。 最も有名な例は、蓮(はす)の実でしょう。 とくに人間の皮膚に蓮の実の穴が無数に空いたコラージュ画像(通称「蓮コラ」)は、20年近く前からインターネットで多くの人びとを恐怖に陥れてきました。 米メディアCNNは 「iPhone11の穴のせいで集合体恐怖症を発症した」「何年も前から集合体恐怖症がひどい。 新しいiPhone11の写真を見ていると、あらゆるものに火を付けたくなる」といったSNS上のコメントを紹介しています。 Is this bad — Rob Beschizza Beschizza ニュースサイトGizmodoも 「レンズ同士が近づきすぎている」ために集合体恐怖症を引き起こすのではないかと分析、「これを問題ないと考えるなんて、一体どんな怪物なんだ」とデザインを批判しています。 ちなみに、HMD Globalが2月に発売した「Nokia 9 PureView」は、5眼レンズ(センサーとフラッシュを含めて計7つの穴)を搭載しており、集合体恐怖症を引き起こすには十分なのですが、今回の iPhoneのような盛り上がりには至りませんでした。 良きにつけ悪しきにつけ、カメラレンズの配置がここまでネタになるのは、世の中広しといえどもAppleくらいということでょう。 Source:,, kihachi.

次の