郵便 切手 は いくら。 封筒を送る時の切手の料金はいくらで切手が不足のときはどうなる

私製はがきの年賀状切手はいくら?料金改正後の出し方の注意点!

郵便 切手 は いくら

2019年10月から増税に伴い、郵便はがきや定型外郵便物、ゆうメールの料金が改定されました。 「これくらいの重さなら、84円切手で送れるはずだわ」と、昔の感覚のままでいると、料金不足で郵便物が返ってきてしまうかも!?この機会に、郵便料金の知識をアップデートしておきましょう! A4コピー用紙や封筒の重さって、どれぐらい? 郵便料金を計算するうえで、A4サイズの紙や封筒の重さを知っておくと便利です。 紙の種類などによって重さは多少変わりますが、だいたいの目安として覚えておくとよいでしょう。 2cm =約15g クリアファイルの重さ 1枚20~25g 郵便料金一覧(2019年10月現在) 次に、郵便物の基本料金についてご紹介します。 ちなみに、さきほどご紹介した長形3号封筒は定形郵便物、角形2号封筒は定型外郵便物に区分されます。 郵便物の基本料金についても一通り、目を通しておきましょう。 手紙・はがきの料金表(国内)• 定形郵便物 (長辺23. 5cm以内・短辺12cm以内・厚さ1cm以内および重量50g以内) 25g以内:84円 50g以内:94円• 84円切手:25gまで送付可能<定型郵便物>… A4用紙4枚まで 長形3号封筒を用いる場合、封筒の約5gを差し引いた20g分の用紙を送れます。 A4用紙5枚(20g)が入れられる計算ですが、紙質や封筒によっては重量オーバーになることも。 余裕をもって、A4用紙は4枚までを目安にし、5枚以上になるときは94円切手を貼るのが安全でしょう。 120円切手:50gまで送付可能<定型外郵便(規格内)>… A4用紙5枚まで 角形2号封筒を用いる場合、封筒の約15gを差し引いた35g分の用紙を送れます。 A4用紙 8枚(32g)を入れると、封筒を合わせて合計47gになるので、50g以内には収まりますが、紙の種類によっては重量オーバーになる可能性も考えられます。 A4用紙は6~7枚を目安に、8枚以上になるときは140円切手を貼るのが安全です。 なお、クリアファイルも同封する場合は、その分の重さも忘れずに加味してくださいね(1枚20~25g)。 不安な場合は、切手を貼らずに郵便局に持ち込み、その場で郵便料金を計算してもらうのが安全です。 切手の貼り方や宛名のマナーも再点検! 切手のチョイスが適切だったとしても、肝心の中身に不備や失礼があっては元も子もありません。 ビジネスの場で文書を郵送するときの基本マナーも、おさらいしておきましょう。 用紙(便箋)の折り方 基本的なマナーとしては3つ折りにするのが一般的ですが、封筒の大きさによっては四つ折りにする場合もあります。 角をまっすぐ揃えて、丁寧に折りましょう。 封筒のとじ方 セロハンテープやホチキスではなく、のりか両面テープで閉じましょう。 端の方までしっかりとのりづけをしてください。 切手の選び方 大切な相手に送る郵便物は、なるべく1枚の切手で送るのがスマートです。 ただ、古い切手を使う場合や料金不足の場合は、少額切手を追加して貼るのもOK。 なお、縦書き封筒は左上、横書き封筒は右上に切手を貼りましょう。 これは、郵便物は機械を通して自動的に消印が押されるため、封筒を縦にしたときに左上の位置に切手を貼る必要があるため。 切手が複数枚になる場合、縦形封筒は上から下へ縦並びに、横型封筒は右から左へ横並びに貼ります。 宛名の書き方 宛名に会社名や部署名だけを書く場合は「御中」を使い、会社名に加えて個人の名前を書くときは、御中は書かずに個人名に様をつけます。 個人の名前は、住所や社名よりも一回り大きく書きましょう。 適切な切手を貼ることはもちろんですが、用紙の扱い、宛名の書き方などの基本的なルールも押さえておきましょう。 届け先の相手のことを考え、細かな点にもしっかりと気を配ってくださいね。 関連記事.

次の

【A4封筒】切手代の料金表まとめ!速達の場合の送料はいくら?

郵便 切手 は いくら

一体どのように変わったのでしょうか。 では定形郵便物から順にご説明していきます。 重量により金額が変わりますので、重さがどのくらいかわからないときは郵便局に持って行って量ってもらうといいでしょう。 定形外郵便物(規格内) 定形外郵便は、定形郵便の規格に属さない大きい郵便物を総称して定形外郵便物としていましたが、定形外郵便でも規格内と規格外に分けられるようになりました。 重量が1kg以上4kg以内の郵便物は規格内にはなりませんので注意してくださいね。 定形外郵便物(規格外) 定形外郵便物の規格外は規格内に当てはまらないそれよりも大きい郵便物になります。 また、サイズが規格内であっても重量が1kg以上あるものは規格外となります。 定形外郵便物・規格外のサイズは、最も長い辺を60cmまでとして、厚さ(高さ)を含めた3辺の合計が90cmを超えないものになります。 重量は4kg以内です。 定形外郵便について更に以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。 おすすめ関連記事• ミニレター(簡易書簡) はがきの3倍のスペースがある便せんであり、表にははがきと同じように料額印面が印刷されていますので、折りたたむと封筒状になります。 写真やメモを同封することができますので、ちょっとしたメッセージやお知らせでしたらミニレターでも充分役目を果たしてくれます。 ただし、重量が25gを超えてしまうと定形外郵便になってしまいます。 重量が25g以上ある場合は定形サイズの封筒を使用するようにしましょう。 また、重量が25g以内であっても紙以外のものは同封できません。 たとえば、鍵、ペン類、髪飾りなどは同封できませんので、定形郵便物か定形外郵便物で送ってください。 レターパックライト レターパックライトは、専用の封筒に小さい荷物を入れて配達してもらうと、速達と同じスピードで相手に届けてくれる発送方法です。 送りたいものを専用封筒に入れたときに、厚みが3cm以内になるようにします。 重量は4kg以内ですので、それを超えないようにして送ってください。 レターパックプラス はよりも厚みのある荷物を送りたいときに利用できます。 こちらも専用封筒がありますので、専用封筒からはみ出ない大きさの荷物を入れるようにしましょう。 重量はレターパックライトと同じ4kgまでです。 レターパックプラスは交付記録郵便ですので、相手には対面で配達して受け取りサインをしてもらいます。 交付記録郵便のオプションサービス料金は、レターパックプラスの料金の中に含まれています。 レターパックについて、更に以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。 郵便物の大きさや重さによって配達にかかる料金が変わりますので、郵便物の窓口で郵便物の大きさや重量、つけたいオプションを伝えて料金を計算してもらった方が確実です。 ゆうパックのセキュリティサービス ゆうパック専用につけることができるオプションです。 引き受けから配達までの配達の過程を記録して、万が一、荷物が届かなかったり破損した場合に、最高損害要償額50万円までの実損額を賠償してくれるものです。 貴重品や高価な荷物を送るときにオプションとしてつけておくと安心できます。 ただし、現金を送ることはできませんので注意してください。 また、引き換え金額が30万円を超える場合、普通郵便なら一般書留に、ゆうパックならセキュリティサービスをオプションとしてつけなければなりませんので、注意してくださいね。 配達日指定 友人や家族・知り合いなどのお誕生日や記念日にプレゼントやカードを送りたいときに、配達日指定をオプションで付けると、指定した日に相手に郵便物や荷物を配達してくれるサービスです。 日曜日や祝祭日などの休日に関係なく相手に届けてくれますので、非常に便利です。 また、記念日等だけでなく、平日に郵便物や荷物を受け取ることができない人にも、指定した日に届けてくれますので安心して送ることができます。

次の

郵便局で切手の交換手数料っていくら?切手で払うこともできるの?

郵便 切手 は いくら

「自分が昔集めていた切手が出てきた。 」 「家族が集めていた切手が出てきた。 」 「収集をやめてしまった。 」 そんな理由で家に大量に切手がある方。 処分に困っていませんか? 捨てるのはもったいない。 けど使えるかどうかも分からない。 そんな使わなくなった古い切手などは郵便局で交換してもらうことができます。 また、郵便物の支払いに利用することもできます。 ただし、交換には手数料がかかることや、現金にはできないことなどいくつか細かいルールが存在します。 今回は郵便局で切手を交換してもらうための手順と方法、切手で郵便料金を支払う方法を解説します。 併せて、郵便局よりもお得に切手を交換できるかもしれない方法も解説していますので、是非参考にしてください。 もくじ• 郵便局で切手の交換をしてもらう手順 昔の切手は郵便局に持っていくことで、現行の新しい切手と交換してもらうことができますし、切手のほかにもはがきやレターパックといった物にも交換が可能です。 例えば、額面50円の切手2枚(計100円)を持っていたとします。 これを郵便局に持っていくと現行の100円切手に換えられます。 逆に10円切手10枚(計100円)に交換してもらうことも可能です。 ただし、この際に、交換手数料が1枚につき5円かかります。 こちらから600円切手を持ち込んで、100円切手6枚にした場合、かかる手数料は5円です。 細かい額面の切手を持ち込んで、大きい額面1枚に換えると損をします。 また、10円以下の切手を交換する際は5円ではなく額面の半額が手数料となります。 2円の切手なら1円。 5円の切手なら2. 5円で端数切捨てで2円。 額面の小さい切手を大量に持ち込んで交換した場合、合計額の半分が手数料になります。 切手ではなく、往復はがきに換える場合ははがき1枚につき10円。 レターパックに換える場合はレターパック1枚につき41円。 切手同士の交換とは違ってこちらは「交換する物1枚に対して」手数料がかかります。 レターパックプラスとライトで価格が違いますが、どちらも手数料は41円です。 この手数料が非常にややこしいので、持ち込む際はよく理解しておきましょう。 切手で郵便料金を支払える? 郵便局の商品ではなく、ゆうパックや定形外などの郵便サービスを利用する際にも、切手で料金を支払うことができます。 例えば定形外料金が500円だった場合、100円切手5枚で支払うことができます。 しかもこの場合、手数料等はかかりません。 注意点はあくまで、郵便局の窓口支払いのみの対応で、コンビニ等では切手支払いはできないので注意してください。 交換と郵便物の支払い、どちらも破れたり、汚れたりしている切手は使えませんのでこちらも注意してください。 実は切手の交換や支払いは損をします! 郵便局で切手の交換や支払いができるのは分かってもらえたと思いますが、実はこの方法で切手を使用するのはお勧めしません。 絶対に損をするからです。 交換には手数料がかかるので、500円の切手は495円分にしかなりません。 そのため、「絶対に損」をしてしまうのです。 また、もう一つの理由として、「古い切手は業者に高く売れる可能性がある」という点です。 額面5円でも、貴重な切手なら数千円、数万円になるかもしれません。 そんな高価な切手も、郵便局に持っていってしまえば額面分の価値(1円~1000円)しかありません。 郵便局で交換してもらおうとしているその切手、実は貴重なプレミア切手かもしれません。 だとしたらそんな貴重な切手を、数十円の現行の切手に換えるなんてもったいないと思いませんか? 古ければ古いほどプレミア切手である可能性は高いです。 郵便局に持ち込む前に、まずはお手持ちの切手が「プレミア切手」かどうかを確認しましょう。 交換はそれからでも遅くないはずです。 買取業者に買い取ってもらうのが一番いい ネットには古い切手、使用済みの切手、現行切手を買い取ってくれる業者がいます。 特に古い切手の場合、額面以上のプレミア価格で買い取ってくれる場合もあるため、郵便局で切手を交換するより、買取業者に売ったほうが得をする場合が多いです。 一例を挙げると、1956年に発行された「切手趣味週間 市川えび蔵 写楽」。 これを郵便局に持っていくと、額面は10円ですからわずか10円の価値しかありません。 実際は手数料を取られるので、5円程度の価値しかありません。 しかし、コレクターにはたまらない逸品で、ご覧の通り、Amazonでは600~1500円の価格で取引されています。 買取業者ならこういったプレミア切手の価値を正確に査定し買い取ってくれます。 この切手なら少なくとも数百円にはなるでしょう。 交換では5円程度の価値しかなかった切手が、数百円の現金に換わるのです。 大量にあればそれだけで、数千円にはなりますね。 また、万が一使用済みのものでも、切手が貴重だとか、珍しい消印の場合は買い取ってもらえます。 使用済みを郵便局に持っていっても1円の価値もありません。 このように買い取り業者に持っていくことで、本来わずかな価値にしかならない切手が、まとまった金額になるかもしれないのです。 もちろん、万が一査定してもらって査定額に納得がいかない、もしくはプレミア品がなかった。 そういう場合は返却してもらって郵便局に持っていけばいいだけの話です。 どちらにしても、郵便局に持っていく前に、プレミア切手が紛れていないか見てもらうべきでしょう。 ・昔の切手は同額の切手、はがき、レターパック等に交換可能 ・持ち込んだ切手が額面10円以上は1枚につき5円の手数料 ・持ち込んだ切手が額面10円以下は半額が手数料(端数切捨て) ・はがきに換える場合ははがき1枚につき10円の手数料 ・レターパックの場合レターパック1枚につき41円 また、郵便物を出す際の支払いにも現金の代わりとして使用することができます。 しかしこのような交換や使い方では、どんなに古くて貴重な切手でも、10円の切手は10円以下の価値でしかありません。 もし、その中に、コレクターが集めているような数千円以上もする貴重な切手があったらこのような使い方は絶対に損ですよね。 切手というのは、実用品、金券的な物であると同時に「コレクション」としての側面も持っています。 世の中には古くて貴重な切手を、何千円も出して購入するコレクターがいるのです。 そんなコレクションとしての価値を理解し、査定、買取をしてくれるのは専門の買取業者だけです。 家にある切手は、郵便局ではなく、まずはネットで買取業者を探して査定依頼をしてみましょう。

次の