ペイペイ 残高 ゲット と は。 【ペイペイジャンボ】最大1,000%還元!対象ストア・注意点を完全ガイド【2020年6月版】

PayPay(ペイペイ)の還元で残高が付与されるのはいつ!?残高付与の流れを徹底解説

ペイペイ 残高 ゲット と は

もくじ• PayPay残高って実は4種類もある 一口に「PayPay残高」と言っても、実は4種類もあり、それぞれ• PayPayマネー:自分が直接チャージした残高()• PayPayマネーライト:ソフトバンクなどからまとめて支払いしたお金の残高()• PayPayボーナス:キャンペーンで獲得したお金の残高()• PayPayボーナスライト: キャンペーンで獲得したお金の残高で 有効期限あり() というものが存在します。 「どれがPayPayボーナスライト?」などユーザー側からは分かりづらい 「有効期限が存在する」となると「勿体ないから忘れない内に消費してしまいたい!」と思うのが心情かと思いますが、通常の画面を操作している範囲では、いったい残高のいくら分が「PayPayボーナスライト」なのかわかりません。 上記の場合、PayPayボーナスライトは0円で期限がある金額は無いことが分かります。 送金機能・わりかん機能を使用する前に注意 今回の確認が役に立つタイミングとしては、 「送金」「わりかん」機能を使用する直前にあります。 PayPay残高は十分あるにもかかわらず送金できない事態が発生しうるのは、 「PayPayボーナスはあるけど、PayPayマネーが無い時」がそれに当たります。 なぜなら「PayPayマネーは送金・わりかんに使用可」なのに対し 「PayPayボーナスは送金・わりかんに使用不可」というためです。 有効期限が存在する「ボーナスライト」から先に使用される形式ですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回はPayPay残高の内訳を確認する方法をご紹介いたしました。 今回のキャッシュレス・ポイント還元事業と各ペイ系事業者の動きを、 現役世代ですら情報整理するのが難しいのにお年寄りや疎い方にとっては、おおよそ首の突っ込めるものではないかもしれませんね。。 とはいえ、残高内容をしっかり把握して、上手な支払い&出納管理を目指してみてくださいませ!.

次の

お支払い後にPayPayボーナスが付与されない

ペイペイ 残高 ゲット と は

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」などキャンペーンや買い物での支払いでゲットしたPayPayボーナス&付与予定日を確認する方法です。 [2019年11月28日 更新] 2019年12月1日からPayPayボーナスの付与時期が変更されます。 11月までは、翌月20日前後に付与でしたが、12月1日以降は、支払いの翌日から起算して30日後に決済ごとに付与となります。 サービス開始時に「100億円あげちゃうキャンペーン」で一世を風靡したPayPay。 第2弾も開催されましたが、第1弾と比べるとショボかった。。 キャンペーン終了後、PayPayの還元率は 基本0. 条件を満たせば3%現在の基本還元率は1. 5%となっています。 100億円あげちゃうキャンペーンなど各キャンペーンや買い物でどれぐらいのPayPay残高をゲットしたか、いつPayPay残高が付与されるのか確認したいという人もいるかと思います。 決済履歴の詳細や残高付与日など確認方法をまとめてみましたので、気になる人はチェックしてみてください。 この記事では、 PayPayのキャンペーンや買い物でゲットしたPayPayボーナス(還元率)&付与予定日を確認する方法を紹介しています。 PayPayに還元される残高(還元率)&付与予定日を確認する方法 付与予定のPayPayボーナス全てを確認する方法 iPhoneでもAndroidでもいいのでPayPayアプリを起動します。 下のメニューにある「残高」をタップします。 残高が表示されます。 表示されている金額の下にある「内訳をみる」をタップします。 画面下にボーナス付与の処理中の暫定ポイントの金額が表示されます。 またPayPay合算残高およびPayPayライト、PayPayボーナスがそれぞれ表示されます。 利用履歴から付与される予定のPayPayボーナスを個別に確認する方法 PayPayアプリを起動します。 画面下のメニューで「残高」を選択すると過去に自分が使ったPayPay決済履歴が表示されます。 いつ付与されるか?を確認する場合は処理中となっている決済履歴をタップします。 自分は100億円あげちゃうキャンペーンの期間中にPayPayで支払った5,000円分の決済が全額還元に当選しました(めっちゃ嬉しかったです) この決済の残高付与は2019年1月10日となっていました。 100億円あげちゃうキャンペーンが開催された2018年12月で利用した決済の残高還元は1月8日~1月10日と案内されていますが、自分のアカウントに付与されるものはすべて1月10日のようでした。 PayPay100億円あげちゃうキャンペーンのレシートからも確認できる PayPayアプリを起動したら直近の利用履歴の[すべてを見る]を押します。 または設定の[レシート]を選択します。 次にレシート一覧が表示されるので、PayPay残高をどれぐらいゲットしたのか確認したい決済を選択します。 決済した店名や日時、金額が表示されるので数秒待ちます。 ゲットしたPayPay残高の付与予定日もここで確認できます。 [関連記事・リンク] ・ ・ ・ ・ PayPayをよりおトクに使うならワイモバイルがオススメ! YahooショッピングやPayPayモールでの買い物がさらにおトクに PayPayをよりおトクに使いたいのであれば、ワイモバイル回線の契約がオススメです。 ソフトバンク回線の契約でもいいのですが、ワイモバイル回線の方が月額費用も安くコスパがいいと思います。 これにより、PayPayモールやYahooショッピングでのポイント倍率がアップします。 さらにPayPayモールで開催される100億円あげちゃうキャンペーンなどを絡めると最大で20%還元となり、かなりおトクにPayPayが使えるようになります。 ワイモバイルは今なら契約事務手数料も無料!2年縛りもない 現在、ワイモバイルオンラインストアではSIMのみ契約でも「契約手数料無料」キャンペーンを行っています。 機種購入も考えている人は、端末割引も行われています。 現在契約できるプランは、2年縛りもないので不要になれば、回線を解約してもOKです。 PayPayをよりおトクに使いたいのであれば、ワイモバイル回線の契約がオススメです(もちろんソフトバンク回線でもいいですが、ちょっとお値段が。。

次の

ペイペイとは?使い始め(登録)から支払いまでの流れ

ペイペイ 残高 ゲット と は

複数の支払い方法は併用できない スマホで利用できる電子決済サービス「PayPay(ペイペイ)」( PayPayはじめ特典」というキャンペーンが実施されている。 もらったPayPay残高にいくらか足して欲しいものを買おう、と考える人は多いだろう。 ここでまず注意が必要なのは、PayPayには「PayPay残高」「Yahoo! マネー」「クレジットカード」と3種類の支払い方法が用意されているが、 複数の支払い方法を併用して決済することはできない。 わかりやすくいうと、まず先にPayPay残高で500円分を支払い、足りない分をクレジットカードで払う、ということはできないのだ。 PayPay残高を使って支払うには、購入金額以上の残高が必須となる。 つまり、 足りない場合は事前にPayPay残高へのチャージが必要だ。 なおPayPay残高が足りない場合は、自動的に次はYahoo! マネー、最後はクレジットカードを使って全額が支払われる。 PayPay残高の有効期限に注意! PayPay残高の種類は2種類 電子マネーである PayPay残高には、2つの種類がある。 「PayPayライト」と「PayPayボーナス」だ。 PayPayライトは金融機関口座や登録クレジットカード(Yahoo! JAPANカードのみ)からチャージできる。 それに対し、PayPayボーナスは特典やキャンペーンで付与されるものだ。 買い物の支払いに使う場合、PayPayライトとPayPayボーナスで使い勝手に差があるわけではないが、 PayPayボーナスの残高から優先して先に使われる。 PayPay残高はアプリの「残高」で確認できる。 「内訳を見る」ではPayPayライトとPayPayボーナスそれぞれの残高もわかる。 PayPayボーナスもPayPayライトも有効期限がある なお注意したいのは、PayPayボーナスもPayPayライトも有効期限があるということ。 どちらかの残高額が変動してから2年後が期限となっている。 つまり一度でも使えば期限が2年後に延長されるため、日常的に利用していればほとんど気にする必要はないだろう。 PayPay残高は現金には戻せない! チャージしすぎたPayPayライトや、還元されたPayPayボーナスは、現金に変えることはできるのだろうか。 これは 現時点では出金機能は用意されていないので、できない。 ただし、PayPay公式の「よくある質問」には、銀行口座に出金する機能については今後提供予定、と記載されている。 具体的な時期や方法については不明だが、今後の発表や提供を待ちたい。 PayPay残高の銀行口座出金機能は、今後の提供が予定されている。 (2018年12月14日現在) PayPayで買えないものがある! PayPayは便利なサービスで、対応店舗も急激に増えているが、各店舗が販売している商品、または提供しているサービスの代金をすべてPayPayで支払えるというわけではない。 PayPayで買えないものもあるのだ。 たとえばコンビニではいち早くファミリーマートがPayPayに対応した。 ファミリーマートでは非常に多くの商品とサービスが提供されているが、公共料金の支払いや宅急便の送料、他の電子マネーへのチャージ、Amazonギフト券やiTunesカードといったプリペイドカード類などはPayPayでは支払えない。 またAmazon. jpや楽天市場といったショッピングサイトでコンビニ払いを選択し、PayPayで支払うといったこともできない。 ファミリーマートではPayPay以外にも「LINE Pay」などさまざまなバーコード決済に対応しているが、バーコード決済で払えない商品やサービスは共通だ。 (2018年12月14日現在) ポイントの付与率に注意! PayPayで支払えるが、現金とは少し扱いが違う、というケースもある。 家電量販店でよくあるのが、 独自ポイントの付与率が異なる場合だ。 これはPayPayだけに限ったことではなく他の電子マネーやクレジットカードで支払った場合、つまり現金以外で支払うとよくあることだが、注意しよう。 PayPayは新しいサービスだけに、まだ戸惑うところもあるはず。 お店のレジに行ってから慌てないよう、独特のポイントは確認しておこう。

次の