ディスティニー ラバーズ。 デスティニーモンスターズとは

【送料無料】 あやしいパートナー 〜Destiny Lovers〜 DVD

ディスティニー ラバーズ

チャン・イーモウ監督で、チャン・ツィイー(中国)、金城武(日台)、アンディ・ラウ(香港)のアジア3大スターが共演する、一大歴史ドラマ・スペクタクル。 ストーリー 中国は唐の時代に、政治の腐敗から各地に反乱勢力が勃興し、特に、「飛刀門」という、小さな刀を投げてひとを殺戮する武術にたけた勢力が大変大きくなり、朝廷も危機感を持っていた。 そこで、「飛刀門」の頭目を暗殺したことから、逆に、刺客が送り込まれたとの噂が。 「飛刀門」が活動する県では、それが誰かを探り出そうと、金城武とアンディ・ラウが遊郭へ。 実は、その刺客が遊郭に働く、盲目なのに剣術にたけたチャン・ツィイーであることがわかり、彼女を捕らえる。 チャン・ツィイーをおとりに「飛刀門」の一派を根こそぎつぶそうと、アンディ・ラウは武術・弓の達人、金城武に、チャン・ツィイーをわざと牢獄から助け出させ、チャン・ツィイーと金城武のいつわりの愛の逃亡が始まる。 県や朝廷から追っ手がやってくるが。。。 このあと、事態が、一転、二転するので、これ以上はストーリーを書かないが、 最初は、チャン・ツィイーと金城武が主役の映画かと思いきや、最後の場面で、アンディ・ラウが意外な存在感をしめす。 しかし、この映画の見所は、まず チャン・ツィイーのたぐいまれな美しさ。 最初の、彼女の踊り・舞が見事に美しい。 彼女は、確か舞踊か武術のどちらか、または両方をもともとやっていたひとなので、その指先から足の先まで、ピンと緊張感をみなぎらせながらも、しなやかに舞う姿は本当に美しい。 また、映画全体の色彩が、本当に見事に美しい。 画面を見ているだけで、ほれぼれするような美しさ。 衣装は、日本のワダエミさんだが、衣装の色彩の美しさと形の美しさが、背景の景色の美しさとあいまって、この色彩感だけでも、この映画をある種、アートの世界にまで、高めていると思う。 また、剣術の戦い、多勢に無勢の戦いでの、緊迫しながらも、やはりほれぼれするような身のこなしで戦う、チャン・ツィイーの優雅さ、 そして金城武も、かなり武術のアクションでは、頑張っている。 「マトリックス」で、世界に紹介されたストップ・モーションのような動きと、 「グリーン・デスティニー」で、ハリウッド資本が香港のワイヤーロープ・アクションをさらに大規模にした。 そのふたつの映画のノウハウがふんだんに使われていることと、思う。 しかし、そうではあっても、やはりその中心を演ずる人間の驚くべき身体能力、 鍛えぬかれ、とぎすまされた技。 チャン・ツィイーの身のこなし方、は、そうした基礎運動能力があってこそのものと思う。 日本の映画や、CFでおなじようなアックションを試みている例はいくつかあるが、やっぱり、この「Lovers」の強靭でいて、しかし優雅な舞のような武術アクションに比較したら、笑ってしまうほどのものだ。 馬を使った戦いのシーンでは、金城武もかなりがんばっている。 彼もやはり一流のアジアの俳優と言えると思う。 「グリーン・ディスティニー」でもあった、竹林での戦いは、えも言われる美しさがある。 こうした、映画全体を貫く色彩感、 強靭で優雅な武術、 これにくわえて、チャン・ツィイーと金城武の、最初はいつわりの恋、いや愛、 この愛する気持ちを心の中に、おさえにおさえて、それでも出てくる静かな、しかし実は深く激しい愛の感情が、 チャン・ツィイーの表情と、金城武の表情からじわりじわりと、しずかにゆっくりと、確かなものとして出てくる。 盲目の役でありながら、ちょっとした表情で演技するチャン・ツィイー。 金城武の演技も素晴しい。 その静かで、クールな愛は、色香さえ匂い立つほどだ。 こうした、繊細で微妙な演技や、心理は、はたして欧米のオーディエンスには理解されえるものなのかどうか、ちょっと知りたくなる。 中国や、日本、そしてアジアの国々では、こうした静かな愛の表現のなかに、深く激しい愛と、一種のエロティシズムを感じることが出来るのだと思う。 映画全体が、ある種の美学、美意識で貫かれている。 チャン・イーモウ監督の、もっとも得意とする表現なのか。 実は、ここにもうひとつの愛が隠されているのだが、これ以上は書かない。 結局、この映画の見所は、映画に一貫してつらぬかれている、この美意識そのものなのかもしれない。 とても素晴しい、ハリウッドには絶対につくれない映画だと思った。 最後のエンド・ロールで、美しくはかない歌を歌う、綺麗なソプラノは、 クラシック歌手のキャサリン・バトルだと思う。 最後まで、見事に美意識が貫かれていた。

次の

壮大なロマンあるスケールの大きい映画を教えて下さい。

ディスティニー ラバーズ

お気持ちわかります。 私も「HERO」を観た時、映画好きの友人が絶賛するほどにはのめりこめず、「色」の美しさとそれを心情に絡めた綺麗な映画、という印象しかもてませんでした。 ただ、今回のLOVERSはチャン・ツィイーの舞が華麗でそれだけでも期待が高まりましたしもともと歴史物が好きなので絶対観よう!と思っていました。 監督やスタッフが「HERO」と同じだということを実は観てから知りました。 「HEROみたいだな-」と思っていたので。 結果としては満足しています。 衣装と踊りだけでも価値はあったかな、と思います。 金城武の日本脱出は正解だったと思うし。 #1さんもお書きになっているように、「HERO」が無音で色が氾濫していたイメ-ジだったことを考えると「音」の印象は確かにありますね。 特に最初のうち。 でも矢の音だけでなく耳元で囁かれるような愛のかけひきの言葉、呼吸音もなのでなかなかに官能的でドキッとします。 耳障りではないと思うのですが・・・。 私の場合はこの通りだったな、と思ってます。 お返事ありがとうございます。 「グリーンディスティニー」が楽しめて「HERO」は少し不得手だったのですね。 私もこの2作品は印象が違っています。 「グリーンディスティニー」はアン・リー監督作品だったかな? 「HERO」「LOVERS」はチャン・イーモウ監督作品ですよね。 スタッフは確か一部は「グリーン・ディスティニィー」とも重なってた気がしますが・・・ 「LOVERS」は映像、自然の風景の描き方などは「HERO」より1歩進めた感覚がします。 テーマは「LOVERS」は「愛」になるのだと思います。 私個人としての見所はやはりコンビを組んでの3本目となるチャン・ツィイーの踊り、アクション だと思います。

次の

Destiny loversとは (デスティニーラバーズとは) [単語記事]

ディスティニー ラバーズ

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2013年1月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2009年4月) My Little Lover 別名 マイラバ 出身地 ジャンル 活動期間 - レーベル ( - 、 - ) ( - ) (2009年 - 2014年) 公式サイト メンバー akko() (1995年 - ) 旧メンバー () (1995年 - 2002年) () (1995年 - 2006年) My Little Lover(マイ・リトル・ラバー)は、の。 以前は、が所属していたが、現在はボーカルのakkoのとして活動している。 現在の所属レコード会社は。 略称は「マイラバ」。 メンバー [ ] 現在のメンバー [ ] akko(あっこ)/ 1973-01-10 (47歳)、で生まれ、で育った。 本名は赤松 亜希子(あかまつ あきこ)。 趣味は、。 結成時から在籍する唯一のメンバー。 中学からにかけてに打ち込んでいたが、怪我や才能の限界により断念。 5歳の頃からピアノを習っていたこともあり、へ進学した。 に、MY LITTLE LOVERのキーボードを担当していた小林と結婚したが、元日に離婚。 離婚後、女手ひとつで娘2人を育てており、スケジュールもそれに合わせて組んでいる。 に一般男性と2度目の結婚を果たした。 テレビ番組『』で、弾いたことのないアコースティックを35万円で衝動買いした。 その後猛練習し、2008年12月ので披露していた。 過去のメンバー [ ] (こばやし たけし)/ 生まれ。 血液型は。 1stアルバム『evergreen』からメンバーに加入。 ほとんど全ての作詞作曲、編曲を行い、バンドのだった。 や音楽番組ではを演奏していたこともある。 2006年にエイベックスへ移籍した際、メンバーから脱退しているが、MY LITTLE LOVER の公式ホームページ上には小林のプロファイルが記載されており、脱退後も楽曲提供、アレンジ、プロデュースを行っている。 所属事務所()の社長でもある。 (ふじい けんじ)/ 生まれ。 血液型は。 に脱退。 ギターの演奏力も高く、小林からの評価も高い。 また、作曲も行っていた。 来歴 [ ] デビュー [ ] が、知人に紹介され関心を持ったakkoと、かねてよりデビューさせたかったというギタリストのの2人組ユニットをプロデュースする形で MY LITTLE LOVERとして、にデビューさせた。 曲は小林がほぼ全て作詞、作曲、アレンジした。 二人はテレビにも出演したこともあり、『』(最高位7位)(1995年5月1日)、『』(最高位11位)(1995年7月3日)はいずれも50万枚を超え、新人としては高セールスを見せた。 さらに翌月『』(1995年8月21日)を発売。 ドラマ主題歌でもあったこの曲が、180万枚を超える大ヒットとなり、トップミュージシャンとして認知されることになる。 また、小林はのプロデューサーとしても大ブレイクしている最中で、その手腕の高さが評価された。 その冬には1stアルバム『 』をリリース。 約280万枚を売り上げた。 また、アルバム発表時から小林がMY LITTLE LOVERの一員、キーボードメンバーとして正式加入し3人になった。 、akkoと小林が結婚したことを発表、同時に妊娠もしており出産のため活動休止に入った。 一回目の活動休止を経て [ ] この後は長期でシングルを単発的に出すこととなった。 その中で1stアルバムで提示した世界観とは異なった様々なスタイルが発表される。 『』(1996年4月22日)が100万枚を超える大ヒット。 同年中に『』(1996年10月28日)、『』(1996年12月2日)とシングルを発表。 『』(1997年6月25日)ではMY LITTLE LOVER featuring AKKO名義で発表され、akkoと3人の女性という奇抜な編成でメディアに登場した。 『』(1997年8月20日)はCMにも使われヒット。 その後も『』(1997年11月12日)(初の12cmシングル)、『』(1998年1月21日)とシングルリリースが続いた。 そしてようやく2ndアルバム『 』(1998年3月4日)が発売される。 しかしアルバムのコンセプト上、約2年にわたって発売されたシングル曲の半数が収録されず、次作へ見送られたものとなった。 アルバムからわずか2ヶ月後には早くも新曲としてシングル『』(1998年5月13日)発売。 ドラマに使われ、50万枚のヒットとなる。 小林も「このヒットがすごく嬉しかった」と語っている。 さらに『』(1998年7月23日)を両A面シングルとしてリリースした。 3rdアルバム『 』(1998年9月2日)を発表。 前アルバムから5か月という、異例の早さであった。 収録の半分以上がシングル曲が占めるこのアルバムは80万枚程度と大きなセールスをみせる。 さらに同年末に、既発曲のアレンジ違いなどを収録したコンセプトアルバム『 』(1998年12月9日)を発売した。 ここまで、ちょうどMr. Childrenの休止期間とも重なっていたが、この年はリリースラッシュとなった(また、小林はこの年にラジオのパーソナリティもしていた)。 そして、ここで再び活動休止期間に入る。 ニューヨークへ移住 [ ] 休止期間のうちに、小林夫妻はニューヨークへ移住、専用の録音スタジオも現地に作った。 また2人目の娘が生まれ、akkoは育児に追われる日々を過ごすことになる。 そうした2年半以上の沈黙を経て、2001年2月28日、アルバムからの先行シングルとして『』を発表。 続く2001年4月18日に『』が発売される。 翌月2001年5月16日に4枚目のアルバム『 』が発売。 積極的な宣伝を行い、小林は「最高傑作ができた」と自信をうかがわせたが、ブランクの長さや大きなヒットシングルがなかったこともあり、売り上げは10万枚に届かなかった。 藤井脱退 [ ] 、正式に藤井が脱退し、小林とakko2名の形態となった。 2人での最初のシングル『』(2002年9月4日)を発売。 曲の内容は前年にニューヨークでテロが起こったことも関連している。 2004年にアルバム『 』を発表。 シングル曲を一切含まない、すべて書き下ろしのオリジナルアルバムで、大規模な宣伝は行われず、メディア露出も雑誌インタビュー程度と少なめであった。 その後、同名映画の主題歌「」を収録したシングル『(2004年4月28日)』を発売。 その後はまたしても長い沈黙期間に入る。 小林の脱退 [ ] 7月、小林が脱退し、akkoのソロプロジェクトへと形を変えへの移籍が発表される。 さらにグループの正式名称を MY LITTLE LOVERから My Little Loverへ改めた。 小林は作詞、作曲、編曲に関わっていないが、キーボーディストとして数曲参加しており、アルバムにはエグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされている。 度から週刊誌でも度々噂は流れていたが、1月に小林とakkoが離婚したことが正式に発表された。 小林は「自分はメンバーではないが、ただ、マイラバの事務所の社長としてマイラバとの付き合いはずっと続きます」と語っている。 2008年3月から5月までシングルを2曲、小林武史の作曲で出すと発表し、3曲目はアルバム作品として5月に発売された。 デビュー日のに1夜限りのアニバーサリーライブを決行。 ゲストで小林が出演。 同日に7枚目のアルバム『 』を発売。 に、小林武史とが主催の野外フェスティバル、に初出演。 数日後には HIGHER GROUND 2008や 、8月にはと、立て続けに野外フェスティバルに出演した。 近年は歌番組やトーク番組にもときおり登場し、限定配信のアコースティックアレンジアルバム『 』でもストア内ランキング1位を獲得した。 「音のない世界」は『』主題歌、「時のベル」は・CMソングと両A面2曲のダブルタイアップ。 同年11月に8枚目のアルバム『 』を発売。 デビュー15周年、20周年 [ ] はMy Little Loverがデビューして15周年目の節目に当たり、愛知、大阪、東京の3ヶ所でのツアーを開催。 同年にはより、のオリジナルストラップが付属したデビュー15年記念CD(雑誌サイズCD)『』を書店流通商品として発売。 CDには新曲「ハーモニー」と、自身の代表曲をメドレーにした「15th anniversary digest」を収録。 初版発行部数は20万部だったが、発売3日目にさらに10万部の重版が決定した。 同年にはベストアルバム『』が発売された。 に古巣のトイズファクトリーに移籍。 デビュー20周年を記念した豪華2枚組スペシャルアルバム『』が発売された。 エピソード [ ] 小林は、知人から「音大の子で将来の進路について悩んでる子がいるんだけどアドバイスしてくれない?」とのことでakkoを紹介され、初めて対面している。 小林は「akkoより歌がうまい子はいくらでもいたが、akkoの持つ透明性に惹かれた。 」と話している。 小林は1stアルバム『evergreen』の完成度、売上げがあまりに良かったため、これで解散したほうがいいんじゃないかと考えもあったという。 だが、「自分は誰かに『やめてくれ』、って言われるまでは作曲を続けていきたいと思っているんです」と語るように、そもそも作曲が好きだとのことである。 ブレイクし続けていた『ALICE』に続く重要なシングルに、自身作曲で、とてもレベルが高いと感じていた『あいのうた』をakkoに歌わせシングルにするか迷った、という。 その結果『』が作られる。 これまでの曲に比べるとやや地味な印象、暗い歌詞が目立つが、コード進行などもかなり斬新で、力が入っているのがわかる。 akkoと藤井の2人で出演していた頃は『』に出るとから「デートの帰りですか? 」と冷やかされていた。 小林との対談で、は女性シンガーと、男性ギタリストという組み合わせに「その手があったかー、と感心した」と斬新だったと話している。 シングル『Shuffle』(1997年8月20日)でテレビ出演するときはサックス担当に女性ダンサーを使っており、そのパフォーマンスが話題になった。 初期シングルの作詞クレジット「KATE」は「Kenji Akko Takeshi Ensemble」の意味で、女性が作詞しているイメージを作るために小林が付けた名前であるが、実際には3人での作詞は行っておらず、小林のMY LITTLE LOVER加入を機に作詞者名は「小林武史」に変わっている。 多くの楽曲でAKKOの声はで収録されている。 略歴 [ ]• シングル3枚をリリース後、12月5日リリースの1stアルバム「evergreen」から音楽プロデューサーの小林がキーボードでメンバーに加入。 :akkoと小林が結婚。 出産のため、半年間活動を休止。 :「ANIMAL LIFE」(MY LITTLE LOVER featuring akko名義)で活動を再開。 :「DESTINY」がフジテレビ ドラマ「」の主題歌としてリリース。 50万枚を超える大ヒットとなった。 :akkoが次女出産。 活動を再度休止。 :「Shooting star 〜シューティングスター〜」にて活動を再開。 小林家は一時期生活の拠点をに構えたこともあり、akkoはを自宅にて目撃している。 :藤井が脱退し、小林夫妻2名の形態となった。 :初の全国ツアーを行う。 :「 2003」に出演。 :エイベックスに移籍。 これを機に小林は再びプロデューサーへと退き、MY LITTLE LOVERはakkoのソロプロジェクトとして活動を再開した。 シングル『り・ぼん』、アルバム『akko』をリリース。 :シングル「あふれる」はakkoが作詞、元メンバーの小林が作曲・編曲・プロデュース。 5月から全国ツアーを開始。 :元日に小林とakkoが離婚。 アンコールにスペシャルゲストとして小林が登場。 :に初出演。 :OORONG RECORDSに移籍。 に出演。 :デビュー15周年。 5月1日:古巣トイズファクトリーに移籍。 デビュー20周年。 ディスコグラフィ [ ]• MY LITTLE LOVERの作品のタイトルの正式な表記(「singles」なのか「Singles」なのか、など)には公式サイト内の「works」・CDのパッケージ・チャートなどで諸説あるが、ここでは公式サイト内の「works」に従って記述する。 アルバム「」発売と同時にから発売されていた旧アルバム9作が2008年5月1日にから再発売された。 参加作品 [ ]• ()(1994年12月12日) 1. everybody goes -秩序のない現代にドロップキック- (バックコーラスでakkoが参加• (Mr. Children)(2001年8月22日) 2. 花 (コーラスでakkoが参加)• (2002年5月22日) 2. 風をあつめて タイアップ一覧 [ ] 楽曲 タイアップ 白いカイト 「」CM曲 Hello, Again 〜昔からある場所〜 系ドラマ「」主題歌 ALICE 森永製菓「」CMソング NOW AND THEN 〜失われた時を求めて〜 日本テレビ系テレビドラマ「」オープニング・テーマ、映画「」挿入歌 YES 〜free flower〜 映画「」劇中歌 ANIMAL LIFE 「」CMソング Private eyes 角川書店「角川MINI文庫」CMソング 空の下で 日産自動車「ウイングロード」CMソング DESTINY 系ドラマ「」主題歌 Naked 資生堂「セレンシュア」CMソング CRAZY LOVE 「ナチュラルズ」CMソング Days 「JAL夏の北海道『地平線リゾート』」CMソング Shooting star 〜シューティングスター〜 日本テレビ系ドラマ「」オープニング・テーマ 日傘 〜japanese beauty〜 「」CMソング 深呼吸の必要 映画「」主題歌 インスピレーション オリジナルドラマ「」主題歌 あふれる フジテレビ系ドラマ「」挿入歌 ラビリンス CMソング イニシャル 系列「」エンディングテーマ 音のない世界 TBS系40周年記念ドラマ「」主題歌 時のベル 「」CMソング blue sky 「DANONE BODY-ism」CMソング ひこうき雲 「」主題歌 リトル・プリンス 「」キャンペーンソング ターミナル 映画「」主題歌 VIDEO [ ]• Sign of Thursday(1998年12月3日) DVD [ ]• 2001年12月12日• 書籍 [ ]• ALICE IN WONDERLAND(1996年10月31日) CD-ROM付き。 female akko(信藤三雄 著)(1997年9月5日)• リトルラヴァーの探しかた(akko 著)(1997年11月11日)• CD収録内容 Tokyo Tower/ランデブー/Private eyes(re-mix) ラジオ番組 [ ]• MY LITTLE LOVERの()• acoakko radio()• acoakko smilink Radio(TOKYO FM)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (TBS)• (フジテレビ)• (TBS)• (フジテレビ)• (日本テレビ、2010年5月29日)• (NHK、2015年11月28日) 他 受賞歴 [ ]• 1998年• 第17回 主題歌賞(『Destiny』、ドラマ『』主題歌) 脚注 [ ] []• 「」『』2010年4月22日号。 2016年4月16日. 2020年5月30日閲覧。 外部リンク [ ]• :公式サイト• - (2009年7月25日 - )• mllofficial -• mllakko -•

次の