アヒル 部隊。 【決戦】バッタ4億匹 VS 中国アヒル部隊10万羽 : 【2ch】コピペ情報局

【黙示録第5のラッパ】中国にバッタ襲来のリスク高まる 6月までに500倍に急増する恐れ

アヒル 部隊

中国軍の軍事力 中国における軍は、中国人民解放軍という名称で知られています。 この中国人民解放軍は中国の正規軍であり、防衛と建設を行っています。 かつては中国工業紅軍、八路軍、新四軍と呼ばれていましたが、1947年に現在の名称へと変わりました。 Global Firepowerによって、世界各国の軍事力がランキング付けされています。 このランキングでは、55以上の要素を考慮してスコアであるPowerIndexを決定しています。 PowerIndexの値が0に近いほど軍事力が高いことを示しています。 このランキングの2019年版によれば、1位がアメリカで0. 015、2位がロシアで0. 0639、そして 3位に中国で0. 0673となっています。 日本の防衛省が発表した平成30年度版の防衛白書においては、この25年以上の間、国防に対する費用を継続して増加させ、軍事力を強化しています。 2009年に提出された中華人民共和国の軍事力とよばれる報告書にその名称が使用されています。 海空作戦を主として、接近阻止戦略、および領域拒否作戦により成っています。 アメリカ軍の介入を阻止し、中国軍へと軍事バランスを傾けることを目的としています。 このような軍事力増強に加えて、近年においては 情報能力も向上させてきています。 敵の指揮系統を混乱させるような電子戦に向けての対応も始めています。 2018年8月にアメリカの国防省が中国の軍事力についての年次報告書を発表しています。 この報告書では、中国人民解放軍が近代化しており、アメリカ軍への脅威となりつつあるという指摘がなされました。 報告書の中でポイントとされたのは 爆撃機です。 中国軍の保有している爆撃機の運用可能な範囲が拡大してきていると指摘があります。 太平洋上での爆撃機の訓練活動が活発となっていつことに加え、2017年末に日本と韓国の防空識別圏内へと楽劇機が侵入した事例なども挙げられています。 アメリカのトランプ大統領も2019年会計年度の国防予算を大きく増加させるなど、中国軍への対抗意識を明らかにしました。 その約1年後にあたる、2019年5月に同国防省から発表された年次報告書においても、アメリカは警戒を示しました。 中国の習近平国家主席は、2019年1月に台湾の統一に関して武力行使を排除しないという考えを示しています。 2016年から2018年の3年間で、台湾と断交して中国と国交を結んだ国は、台湾と断交した順にサントメ・プリンシペ、パナマ、ブルキナファソ、ドミニカ共和国、エルサルバドルの5か国となっています。 中国が台湾に対する圧力を強めているとして、報告書では中国人民解放軍が台湾有事への準備を進めていると記述しました。 報告書ではその他に、軍事力の近代化に関する点についても述べられました。 様々な手段で他国の軍や軍民両用の技術を獲得していると批判しました。 このことに関しては、中国軍の装備の項目で説明します。 加えて、中国軍がサイバー攻撃や外国への特設の投資によって最先端の技術を不当に獲得していると批判もしました。 その他、習近平の進めている一帯一路が海外へ軍事拠点を広げる足掛かりとなるという指摘もなされています。 習近平が国家主席となり、2015年から2016年にかけて氏は大きな軍事改革を実施しました。 四総部と呼ばれる従来の機関を解体し、15の新しい期間へと置き換えました。 そして従来では陸軍が主軸となっていた体系を大きく変えて、陸・海・空・ロケット・サイバー攻撃を行う部隊が同等の力を持つ組織へとしました。 ここまで示してきたように、中国軍は近隣諸国に対してのみでなく、強大な力を持つアメリカに対しても影響を及ぼすほどの軍事力を有するまでに成長しています。 世界で3番目の軍事力を持つと言われる中国軍が今後どのように動くのか、目が離せない状況になっていると言えるでしょう。 中国軍の階級 中国の軍は元々、 階級制度のない軍隊として任務を行ってきましたが、1955年に彭徳懐国防部長によって階級制が設けられました。 しかし彭徳懐の次に国防部長となった林彪が毛沢東の思想に基づいて軍を治めることとなり、1965年、階級制度は廃止されます。 そして1988年に廃止されていた階級制度が復活し、現在の体系へと変わったのです。 中国人民解放軍の階級は、まず大きく士官と下士官・兵に分類されます。 そして、そのそれぞれがさらに分類されています。 士官は階級の高い順に将官、佐官、尉官と大別されます。 そして将官は、上将、中将、少将に、佐官は大校、上校、中校、少校に、尉官は上尉、中尉、少尉と階級分けされています。 下士官・兵は大きく高級士官、中級士官、初級士官、兵に分けられます。 高級士官は一級軍士長、二級軍士長、三級軍士長に、中級士官は四級軍士長、上士に、初級士官は中士と下士に、兵は上等兵と列兵(陸軍と空軍)、水兵(海軍)に階級分けされます。 中国軍の装備 ここからは、中国軍の装備について説明します。 まずは戦車の紹介からとなります。 世界各国で戦車はこれまでに多数開発されてきました。 現代における戦車はほぼ主戦闘戦車と呼ばれているものになります。 これは主力戦車とも呼ばれており、戦場においてその戦車単体で戦闘が可能である戦車のことを指しています。 この種類の戦車が生まれたのは第二次世界大戦後であり、開発された時期によって、第1世代主力戦車、第2世代主力戦車、第2. 5世代主力戦車、といったように分類されています。 59式戦車 乗員は4名、全長9. 0m、速度は時速45kmであり、100mmライフル砲を搭載しています。 また、この戦車のシリーズで120mmのライフル砲を搭載するモデルも近年においては生産されてきています。 最初のモデルの生産が行われるようになったのは、 1963年頃からとなります。 少し触れましたが、この戦車から派生した車種が多数存在しています。 62式軽戦車 この戦車は、前述した59式戦車を踏まえて制作された 中国産の戦車となっています。 乗員は4名で、時速60kmで運行します。 59式よりもスケールを小さくするよう設計されており、全長は7. 9mとなっています。 搭載しているエンジンは59式のものと同等レベルで、車体重量が15tも軽くなっているため、重量に対する出力の割合が向上しています。 そのため地盤の緩い場所や、傾きの激しい土地において力を発揮することができる仕様となっています 69式戦車 この戦車も、前述した62式戦車と同様に59式戦車を踏まえて作られた戦車となります。 乗員は4名で、全長は9. 22m、速度は時速50kmの性能を有しています。 主砲として搭載されているのは100mmのライフル砲であり、エンジンは59式戦車と同レベルの出力を有しています。 また、ほぼ同様の構造と性能を有している79式戦車と呼ばれるものも存在します。 こちらの戦車には、105mmのライフルを搭載しており、装甲を貫くのに特化した装弾筒付翼安定徹甲弾、爆発力が前方に集中している成形炸薬弾、砲や艦船の非装甲部分の破壊や、人の殺傷を目的とする榴弾などの発射が可能なようになっています。 このライフルは83式であり、同様のライフル砲が後述する80式戦車、88式戦車にも使用されています。 80式戦車 これは前述した79戦車を踏まえて開発された、第2世代主力戦車となっています。 乗員は4名で、全長は9. 3m、最高時速は60kmとなっています。 武装105mm砲、重機関銃と機関銃を搭載している他、弾道コンピュータ、レーザー測遠機といった射撃統制装置も存在します。 この戦車は基本的に輸出仕様でした。 88式戦車 この戦車は80式戦車と同時期に開発されたものですが、80式戦車とは異なり、国内向けとなっています。 乗員は4名、全長は9. 32mであり、前述したように105mmのライフル砲を搭載しています。 そしてこの88式戦車をベースにして制作されたのが96式戦車となります。 ここまでは主力戦車を説明してきましたが、ここからは歩兵戦闘車の紹介です。 歩兵戦闘車とは 機動力、火力、防護力を併せ持った歩兵用の戦闘車になります。 人民解放軍の保有している歩兵戦闘車は、86式のものと04式が挙げられます。 86式歩兵戦闘車は、元々ソビエト連邦が初めて開発したBMP-1と呼ばれる車種になります。 86式は、これをコピーして製造したものとなっています。 中国がコピーを始めたのは、1980年代に入ってからのことであり、さらに中国からイランに渡ったことで後にイランでもコピー生産されました。 全長は約6. 7m、乗員数は8名ですが歩兵を8名配備することが可能になっています。 路上の整っている土地においては時速65km、荒れている土地では時速45km、水上では時速8kmで運行することが可能です。 主砲は73mmの滑腔砲となっています。 滑腔砲とは、現代の戦車砲で最も一般的な、旋条のない砲のことを指します。 従来の戦車砲には旋条を刻み、弾を回転させ弾道を安定させるようにしていました。 しかしその回転により抵抗が発生し、威力が減少するというデメリットがあったため発射される際に回転しないようにしたものが滑腔砲です。 それに対して04式歩兵戦闘車は、中国にて開発されたものとなっています。 先に述べた86式歩兵戦闘車の後継車両として位置づけられています。 乗員は3名、歩兵を7人配備することが可能であり、路上の整った土地では時速65kmで運行することが可能です。 水上では時速8kmで移動することができます。 主砲は1分で約10発の発射が可能な100mmの低圧砲となっています。 この主砲からは、爆発によって周囲に弾丸の破片が飛散する性質を持った破片効果榴弾や、装甲を貫くのに特化した装弾筒付翼安定徹甲弾に加え、対戦車のミサイルも発射することが可能となっています。 火砲 火砲とは、大きな弾丸を発射する機器のことを指し、一般的には大砲と呼ばれるものです。 軍事用語では火砲という名称で呼ばれています。 まずは榴弾砲から紹介したいと思います。 榴弾砲は、17世紀ごろに一般化した火砲の一種で、カノン砲と臼砲の中間にあたる種類、そして火砲において基本的なものとなりました。 援護物の後方のターゲットを攻撃する、砲台を上方から攻撃するといった目的で使用されます。 先述したカノン砲は、ガンとも呼ばれる火砲の一種で、平らな弾道で遠距離に位置している目標物を射撃することが可能となっています。 口径が同程度である他の火器と比較して大型であり、牽引されるもの、自走するもの、固定砲架として使われるものと様々です。 ここからは人民解放軍の使用している榴弾砲のさらに詳細な種類について記述します。 83式152mm自走榴弾砲 榴弾砲とカノン砲の両方の性質を保有している火器であり、中国においてはこの形式の火器が一般的なものとなっています。 時速55kmでの運行が可能であり、450kmの移動もできます。 1970年代に開発が始まり、1990年代の改装によって、レーザー誘導砲弾も使用できるようになりました。 05式155mm自走榴弾砲 これは、59-1式130mmのものに取って代わるものとして開発された火器で、PLZ-05とも呼ばれます。 中国人民革命軍事博物館にて、2007年に発表されました。 重量は35トン、乗員は4名で、時速56kmで運行可能となっています。 このモデルの自走榴弾砲には、PLZ-52と呼ばれるものも存在しています。 PLZ-52はPLZ-45というモデルと外観が似ていますが、車体が若干異なっています。 総重量は43トン、最高時速65kmで走行することが可能です。 主に輸出用として製造されているモデルとなっています。 次に紹介するのは、07式122m自走榴弾砲です。 89式122mm自走榴弾砲の後継モデルとして開発された火砲になります。 総重量は24. 5トン、乗員は5名、時速65kmで運行することが可能です。 車体は、前述した04式歩兵戦闘車を改良したモデルとなっています。 主砲は122mmの榴弾砲であり、これは旧ソビエト連邦のD-30 122mm榴弾砲をベースにして製造されたものとなっています。 航空機 まずは、Z-9と呼ばれるヘリコプターです。 初飛行が行われたのは1992年のことで、NATOのコードネームはHaitun(イルカという意味)です。 同モデルでいくつかの機体が製造されています。 Z-9のシリーズは、フランスのエアバス・ヘリコプターズ社の機体AS 365Nをライセンス生産したものとなります。 ライセンス生産とは、例えば外国企業のような他の企業が開発した製品を、ライセンス料を支払って生産する方式のことを指します。 原型機のSA365Cを改良した量産機がSA365Nであり、さらにエンジンを改良し尾の調整を行ったものがSA365N1となっています。 このSA365N1のエンジンをさらに改良したものがAS365N2であり、中国軍で使用されているZ-9AはこのAS365N2の改良型となります。 Z-9A-100と呼ばれる機体がプロトタイプであり、これをベースにした汎用型のヘリコプターがZ-9Bとなります。 Z-9Bの乗員は2名ですが、定員は武装兵士10名となっています。 最高速度は時速315kmで、約1000kmを飛行することが可能となっています。 続いて、WZ-10の説明に移ります。 この航空機は、中国において初めてとなる、攻撃用のヘリコプターとなっています。 乗員は2名で、重量は5. 1トン、最高速度は時速274km程度です。 初めて飛行が行われたのは2003年のことであり、主に南京軍区にて使用されます。 小型の火器 つまり小型の拳銃系統に関して紹介したいと思います。 拳銃は、その構造によって3種類に大別することができます。 まずは銃身が一本で、弾丸も1発しか装填することのできない「単発式」、そして薬莢を納めた弾倉が回転する「回転式拳銃」、そして半自動式、セミオートマティックという名称で呼ばれる「半自動式拳銃」です。 半自動式拳銃は、世間一般には自動拳銃やオートマティックと呼ばれていますが、その正式な名称からもわかる通り、全ての行程が自動化されているというわけではありません。 半自動式拳銃において自動化されている行程は、発射後の排莢と、弾丸が送られるという点になります。 中国人民解放軍の装備に使用されている半自動式拳銃の1つが、92式拳銃です。 そしてそのタイプは大きく3つに分けられています。 1つが、 QSZ-92-5. 8で、装填することのできる弾丸数は20発(+1発)となっています。 重量は760gで、弾丸の銃口における初速は秒速470mから490mです。 この拳銃に込められる弾丸は、5. トカレフ弾の代替としての弾丸であり、一般には防弾チョッキと呼ばれるボディアーマーを貫通することが目的の弾丸として開発されました。 もう1つが、QSZ-92-9で、こちらに装填することのできる弾丸数は15発(+1発)です。 重量は前述したQSZ-92-5. 8と同様に760gであり、銃口における弾丸初速は秒速350mから370m程度となっています。 この弾丸の特徴としては、反動は弱く、均一な弾道であるということが挙げられます。 世界的にも広く使われている弾丸であり、民間においても使用している例もあります。 続いて紹介するのは、54式拳銃です。 ベースとなったのは、旧ソビエト連邦の製造していたトカレフ拳銃となります。 まずは旧ソビエト連邦の製造した部品を使用して中国国内で組み上げるという、いわゆるノックダウン生産方式で製造が始まりました。 その後、部品の製造からも自国で全て賄い、純国産のトカレフを1954年に開発しました。 その拳銃が54式拳銃となります。 この拳銃の特徴としては、銃口の初速が、ベースとなったトカレフよりも早いということが挙げられます。 オリジナルのトカレフの銃口初速は秒速420mですが、54式拳銃は秒速500mに達します。 自動小銃 自動小銃とは、自動で連続発射の行程が行われる、個人携帯用の火器のことを指しています。 これが世界で主として使用されている小銃のタイプであり、全自動と半自動を併せ持った機構になっています。 半自動機構は、弾丸の装填だけが自動であり、発射する際に引き金を引く必要があるものです。 中国人民解放軍がそれまでに使用していた81式の自動小銃の後継として開発された自動小銃が95式自動小銃となります。 通常のモデルを含めて、全部で8種類のモデルが存在しています。 通常のモデルはQBZ-95という名称であり、銃口の初速は秒速930m、一分間あたり650発の弾を発射することが可能となっています。 続いて、03式自動小銃の説明となります。 発射速度は一分間あたり650発で、銃口の初速は秒速930mとなっています。 ベースになっているのは前述した95式自動小銃ですが、95式自動小銃の課題点を改良し製造されたため、結果的には大きく異なる設計とないrました。 中国軍の特殊部隊 中国軍の特殊部隊は数多く存在しています。 特殊部隊の主要な役割は 、テロ対策、軍事情報収集、特殊作戦などが挙げられます。 中国における特殊作戦部隊の規模は、7000から14000部隊と推定されています。 高度先端技術条件下における限定的で局地的な戦争の際の迅速な対応を取る部隊として、戦闘の役割は意図されています。 現代の、特殊戦に対して人民解放軍が注目したのは1980年代半ばのことでした。 中国軍は、それまでは毛沢東の掲げていた、全人民で戦争に立ち向かうという「人民戦争」という立ち位置から、そこから前述した高度先端技術条件下における、限定的な戦争へと移行したのです。 中国の領土全域に対する戦争ではなく、局地的、かつ短期間の対立が起こると予期されていたことに加え、人民解放軍とベトナムとの特殊部隊との経験より、特殊部隊という存在の価値を中国側が実感することとなったのです。 それでは、具体的にどのような特殊部隊が存在しており、それぞれどのような活動をしているのか、紹介していきたいと思います。 中国陸軍の特殊部隊 北京軍区で活動しているのが「 東方神剣」と呼ばれる中国特殊部隊になります。 この中国特殊部隊には約3000人の兵士が属しており、その全員が様々な種類の作戦を実行することが可能なため、国の精鋭部隊となっています。 次は、 広州軍区の特殊部隊「華南之剣」です。 こちらは1988年に人民解放軍における最初の特殊偵察群となっています。 2000年には部隊が拡大して、アメリカ軍のNavy SEALsと同様に、陸・空・海における作戦を遂行可能である、人民解放軍における最初の特殊作戦部隊となりました。 行っている訓練には、クロスカントリーのランニング、クライミング、水泳、射撃があります。 それに加えて兵士はGPS、暗視などを含む15種の先進技術に精通している必要もあります。 続いて、 済南軍区の特殊部隊である、「雄鷹」です。 この中国特殊部隊の兵士は、持久力を向上させる訓練を受けています。 具体的には12分以内で3300m以上を走ることができる能力と言われています。 アメリカのNavy SEALsと同様に陸海空の作戦を遂行することが可能であるとされます。 次は 蘭州軍区の中国特殊部隊です。 この地区の 中国特殊部隊は「暗夜之虎」と呼ばれています。 この部隊が作られたのは第二次世界大戦のときであり、2000年に設立された、中国では初めてとなるテロ対策部隊の本拠地となっています。 続いては、 瀋陽軍区の「東北猛虎」と呼ばれる中国特殊部隊です。 この部隊は、陸・空・海での任務遂行のための訓練に加えて、荒野において少人数のグループで生き残ることができるような訓練もなされています。 人工的な避難所や食べ物の存在しない森、山、砂漠や草原といった厳しい環境で3ヶ月~4ヶ月の訓練が行われるのです。 5000回以上のパラシュート着陸訓練、1000時間以上のスキューバダイビングの訓練といったことも行われています。 次に紹介するのは、 成都軍区の中国特殊部隊である「西南之鷹」です。 この中国特殊部隊は、1992年に設立され、ターゲットの特定、破壊工作、攻撃、緊急避難などに特化しています。 デジタル化された陸軍兵士システム、機動力の高い陸上兵器、新しく高度な装備や戦術の試用にこの特殊部隊が関わりました。 海軍の中国特殊部隊 海軍の中国特殊部隊には、 蛟竜と呼ばれるものがあります。 この部隊の活動で、公にされたものの中で最初のものは、国連の任務の一環として他の国々と協力して2008年の12月に行われました。 ソマリアの海賊から商業船を保護し護衛するために、中国の軍艦に同行するという任務でした。 それ以降、この部隊は300日に渡って、アデン湾での違法な海賊行為防止の使命に携わっています。 蛟竜のJiaolong Assaultチームは、2015年のイエメン南北戦争中に、イエメン南部のアデン港から多数の外国人と中国人を避難させる助けとなっています。 空軍の中国特殊部隊 空軍の中国特殊部隊は「雷神」という名称であり、中国人民解放軍の空挺部隊の偵察作戦の訓練を受けています。 ITを基盤とした環境下で戦略的抑止力、攻撃、タスク管理を実行することが可能です。 近年においては、2015年にカザフスタンにて開催された中国特殊部隊国際競争において1位を獲得するという結果を残しています。 また、同年にロシアで開催された国際陸軍競技大会にも参加し、空挺小隊競技会において優勝しています。 中国軍の給料 中国人民解放軍の給料については、ある程度公開されているデータが存在します。 中国に限らず、基本的に軍事費については機密性の高い国が多いため詳細がわからないということも少なくありません。 ここからは中国の軍事費がどのような体系になっているのか、そしてそのうち公表されているデータに関して説明していきたいと思います。 中国軍事経費は、軍事予算経費、国防後備力量建設費、国防動員費、軍事援助費、国防科研事業費、武装警察部隊予算経費、軍事予算外経費に分類することができます。 このうち、中国軍事予算経費はさらに、生活費、公務費、事業費、教育訓練費、装備維修管理費、移動装備維修管理費など全部で15余りの項目に分類されます。 そして、生活費の中に幹部給料、志願兵給料等が含まれるかたちになっています。 中国人民解放軍の給料については、一度引き上げが検討されました。 しかし、経済の悪化を受けて給与改革は延期されることとなりました。 司令官の昇給分は2万元で、結果として年収が5万元に達する予定となっていました。 このことから、司令官の年収が3万元であるということがわかります。 ここで中国国内の平均賃金のデータに目を向けてみましょう。 全国の都市・町部における民営企業の平均年収が4万5761元、非民営企業が7万4318元となっています。 この水準と比較すると、中国人民解放軍に従事している軍人の受け取る給与は低い水準にあるということがわかるかと思います。 前述した昇給案では、その他、昇給される額は、連隊長が9000元、大隊長が7000元、中隊長が6000元、小隊長が5000元のように予定されていました。 先にも説明したように中国人民解放軍の給与水準は高いとはいえない現状であり、それを改革して 国有企業と同等レベルの水準に上げようとしていました。 しかし、2015年末、中国の経済が悪化しているという状況であり、200万人存在する中国軍人の給料を昇給するための資金が不足しているという理由から急に給与の改革は延期される運びとなってしまいました。 給与が改善されると思っていたところに、急に撤回が行われたことによって軍の内部からは不満の声が高まっていたようです。 特に下士官や兵士といった層の不満が大きく、一部の地方軍においては職務を放棄する動きも見られたとのことです。 まとめ 中国の軍である人民解放軍は近年、急速に進化し近代化しつつあり、世界各国への影響が大きくなっていると言えます。 中国軍の装備に関しても、コピー生産から国内生産にシフトしたことによって、ノウハウや能力といったことも着実に向上しつつあると考えることができるでしょう。 しかし中国軍事力が高まる一方で、従事する軍人の待遇が課題の1つとなっています。 国内企業の平均的な給与よりも低い水準であり、軍人の士気低下や志願者の減少などの影響が考えられます。 様々な動向を見せる中国ですが、近隣国である日本は特に、中国の軍事力拡大による影響を注視していく必要があると言えるでしょう。

次の

【黙示録第5のラッパ】中国にバッタ襲来のリスク高まる 6月までに500倍に急増する恐れ

アヒル 部隊

image credit: この先も多くの降水によりバッタの繁殖は加速すると予測されており、4月には4000億匹近くにまで数が膨れ上がって中国へ襲来する可能性があることから、FAOは中国当局に警告と対策を促した。 パキスタンにアヒル軍を派遣してバッタの襲来を阻止!? 中国は、過去にもバッタ襲来によって大きな被害がもたらされており、「蝗害(こうがい)」と呼ばれる大天災として歴史上古くから数多く記録されている。 新しいところでは、2000年にバッタ対策として新疆ウイグル自治区で「アヒル軍」の配備が講じられた。 "Duck troops" gather at the border to face locust swarms — CGTN CGTNOfficial 中国に隣接するパキスタンでは深刻な被害がもたらされており、今回のバッタによる被害は過去20年で最も大きいと伝えられている。 中国当局では、過去の例もあることから、バッタは中国の食糧安全保障に対する脅威とみている。 そのため、隣接するパキスタンからの侵入を防ぐことが何より重要としているのだ。 そこで、浙江省にある農業科学学院の主任研究員Lu Lizhi氏が、10万羽の水鳥(アヒル)軍が前線(パキスタン)へ派遣される予定であることを発表したと伝えられた。 Lu氏は、このように述べている。 アヒルは、「生物兵器」となります。 というのも、1羽のアヒルは1日に200匹のバッタを食べるからです。 ニワトリはアヒルと比べても1日あたり70匹ほどしか食べません。 アヒルは集団行動が好きなのでニワトリよりも管理しやすく、農薬よりも効果的なのです。 Lu氏いわく、このプロジェクトは中国の専門家らがパキスタンに派遣され、状況を精査したうえで、蝗害に対する大流行を阻止するために執り行われることになるという。 実際にはアヒル軍の派遣はないとする専門家 しかし、アヒル軍のパキスタンへの派遣はありえないという。 駆除専門家チームの一員で中国農業大学の教授であるチャン・ロング氏は、「水が必要なアヒルにとって、パキスタンの砂漠地帯は非常に気温が高く、活躍することができない」と語る。 バッタの駆除には化学農薬または生物農薬の使用を勧めているという。 案としてはパキスタンのシンド州、バローチスターン州、パンジャーブ州があがって A trial will take place in the coming months, after whichthe squadron will be sent to Pakistan's Sindh, Balochistan and Punjab provinces いるみたい。 それら州の地図を見ると川・湖が全く無いわけではないようで鳥が活動できるのではという場所と被害地が重なっているようなら彼らが活躍する可能性はもしかしたらあるの…かも? 気温どのくらい違うんだろうな。 大量に食べたあとは出るものもあるわけで、それらが乾燥・飛散したらどうなるんだろうとか彼らの待遇とか気になる部分もあるけれども。 高い草や樹上の群れに届かないのはもどかしいだろうな。

次の

【朗報】中国父さん、迫り来るイナゴ4000億匹に対しアヒル10万羽を動員し一大決戦へ!

アヒル 部隊

人気記事ランキング• 157件のビュー 0 件のコメント• 58件のビュー 0 件のコメント• 50件のビュー 0 件のコメント• 36件のビュー 0 件のコメント• 30件のビュー 0 件のコメント• 29件のビュー 0 件のコメント• 24件のビュー 0 件のコメント• 22件のビュー 0 件のコメント• 22件のビュー 0 件のコメント• 19件のビュー 0 件のコメント• 17件のビュー 0 件のコメント• 16件のビュー 0 件のコメント• 16件のビュー 0 件のコメント• 15件のビュー 0 件のコメント• 14件のビュー 0 件のコメント 年間人気記事ランキング• 35,682件のビュー 0 件のコメント• 15,110件のビュー 0 件のコメント• 15,038件のビュー 1 件のコメント• 13,193件のビュー 1 件のコメント• 7,688件のビュー 0 件のコメント• 6,088件のビュー 0 件のコメント• 5,480件のビュー 0 件のコメント• 5,104件のビュー 0 件のコメント• 4,043件のビュー 0 件のコメント• 3,894件のビュー 0 件のコメント• 3,673件のビュー 0 件のコメント• 3,274件のビュー 0 件のコメント• 3,169件のビュー 0 件のコメント• 3,078件のビュー 0 件のコメント• 2,692件のビュー 1 件のコメント.

次の