霞ヶ浦 高等 学校。 オープンスクール2020

進学

霞ヶ浦 高等 学校

女の子の場合、 髪は肩についてはいけない、伸ばしたいのなら縛る ベストやセーターを脱いではいけない という校則があります。 男の子は追加の校則はありませんが、体育会系の先生が多いので男子に厳しいので、女の子より怒られます。 共通の校則の場合、 学校指定靴下が好ましいが、無い場合はマークが着いていない そこまで大きくないマーク1つだけの靴下なら良し 色が似ている靴下を履いても良い 携帯電話の持ち込みは良いが、朝の会が始まる前に携帯を籠の中に入れる事。 基本的に学校内では使わず、保護者に連絡を取りたい場合は職員室の前、もしくは昇降口先生の前で電話する事 くらいなので、普通もしくは少し厳しめくらいだと思います。 総合的にはとても良いと思います。 霞ヶ浦附属中には「放課後学習会」というものがあり、プリントなどで1年から3年が集まって放課後に勉強できます。 勿論プリントを持ち帰ることだってできます。 しかも、県立は偏差値60以上の学校であれば受けられるので勿論県立の過去問も授業で受けることができますし、国立の茨城高専も狙うことが出来るので茨城高専の過去問も解くことができます。 授業の速度は普通の中学より少し早めに終わります。 他の私立中学とは違い、エスカレーター式で高校に行かなくても良いので結構県立を選ぶ人が多かったりしました。 受験が近付くと英語と数学は県立組と私立組で別れて授業をします。 受けたい学校に合わせて授業をするのでとても良いと思います。

次の

入試情報

霞ヶ浦 高等 学校

概要 [編集 ] 部、部、部、部は、強豪校として知られている。 部も、・などに毎年出場している。 硬式テニス部も全国大会に多々出場し優秀な成績を修めている。 部もの、の、のに出場している。 野球部は2000年代後半以降、県内では上位進出の常連校となるも、全国大会出場はあと一歩のところで逃してきた(秋は2007年・2010年・2012年・2013年・2015年に翌春の出場目安の手前である関東大会準々決勝で敗退。 夏の県大会は2008年・2010年・2011年・2013年・2014年・2017年に決勝で敗退。 しかも2008年・2011年・2013年は負け)。 しかし、2015年は夏の県大会決勝戦でを下して選手権初出場を決め、2019年は夏の県大会決勝戦でに圧勝して4年ぶり2回目の選手権出場を決めた。 開校以来男子校だったが、度から女子を受け入れるようになり男女共学となった。 これにより茨城県内には公立・私立とも男子校が無くなった。 近年、進学に力を入れ始めているが、午前授業が多かったり、定期考査(午前のみ4日間)の後に試験処理として生徒は家庭学習という名の休みがある。 これを聞いた中学生が多く受験、入学している。 沿革 [編集 ]• - 併設の()として 霞ヶ浦農業学校が開校。 - に伴い、 霞ヶ浦農業学校併設開校(翌年募集停止)。 - 霞ヶ浦農業学校を改組して、 霞ヶ浦高等学校(・)開校。 - 農業科を廃止。 - のが・に就任。 理事長にはまで、校長には1990年まで在任した。 - 防音校舎が一部落成(私立高校の防音校舎は全国初)。 - 総合体育館落成。 2004年 - 女子生徒の受け入れ開始、となる。 - 霞南至健中学校開校。 - 霞南至健中学校一期生が卒業。 - 霞南至健中学校を 霞ヶ浦高等学校附属中学校へ校名変更。 教育課程の類型 [編集 ] 霞ヶ浦高等学校附属中学校 [編集 ] 霞ヶ浦高等学校附属中学校から霞ヶ浦高等学校「特進選抜コース」に内部進学するコース、難関高校を目指すコースが選択できる。 中高連携コース(中高一貫コース):霞ヶ浦高等学校特進選抜コースとともに中高一貫教育を行う6年制コース。 外部の生徒とともに霞ヶ浦高等学校の入試を受験する。 特進選抜コースに進学できる生徒のほとんどは特待生になっている。 外部受験コース(高校受験対策コース): 茨城県立高等学校(一定規準以上の学校のみ)の入学試験合格を目標とする3年制コース。 霞ヶ浦高等学校 [編集 ] 霞ヶ浦高等学校では3つのコースによってカリキュラムが異なる。 特進選抜コース 『有名国公立大学の現役合格をめざす』• 特進コース(特進Sコース・特進Zコース)『国公立・私立大学の現役合格をめざす』• 総合進学コース 『短大・専門・就職など多岐にわたる進路にこたえる』 霞ヶ浦高校の著名な出身者 [編集 ]• (レスリング・代表)• (セーリング・銅メダリスト)• (レスリング・銅メダリスト) 元霞ヶ浦高校教諭• (レスリング・銅メダリスト)• (レスリング・銅メダリスト)• (総合格闘家)• (1990年第62回選抜高等学校野球大会出場時の正捕手、元プロ野球選手)• (2015年第97回全国高等学校野球選手権大会出場時のエース、プロ野球選手)• (2015年第97回全国高等学校野球選手権大会出場、プロ野球選手)• (レスリング・銀メダリスト)• (レスリング・55㎏級銅メダリスト)• (プロ野球選手・)• (プロ野球選手・) 脚注及び参照 [編集 ] [].

次の

進学

霞ヶ浦 高等 学校

概要 [ ] 部、部、部、部は、強豪校として知られている。 部も、・などに毎年出場している。 硬式テニス部も全国大会に多々出場し優秀な成績を修めている。 部もの、の、のに出場している。 野球部は2000年代後半以降、県内では上位進出の常連校となるも、全国大会出場はあと一歩のところで逃してきた(秋は2007年・2010年・2012年・2013年・2015年に翌春の出場目安の手前である関東大会準々決勝で敗退。 夏の県大会は2008年・2010年・2011年・2013年・2014年・2017年に決勝で敗退。 しかも2008年・2011年・2013年は負け)。 しかし、2015年は夏の県大会決勝戦でを下して選手権初出場を決め、2019年は夏の県大会決勝戦でに圧勝して4年ぶり2回目の選手権出場を決めた。 開校以来男子校だったが、度から女子を受け入れるようになり男女共学となった。 これにより茨城県内には公立・私立とも男子校が無くなった。 近年、進学に力を入れ始めているが、午前授業が多かったり、定期考査(午前のみ4日間)の後に試験処理として生徒は家庭学習という名の休みがある。 これを聞いた中学生が多く受験、入学している。 沿革 [ ]• - 併設の()として 霞ヶ浦農業学校が開校。 - に伴い、 霞ヶ浦農業学校併設開校(翌年募集停止)。 - 霞ヶ浦農業学校を改組して、 霞ヶ浦高等学校(・)開校。 - 農業科を廃止。 - のが・に就任。 理事長にはまで、校長には1990年まで在任した。 - 防音校舎が一部落成(私立高校の防音校舎は全国初)。 - 総合体育館落成。 2004年 - 女子生徒の受け入れ開始、となる。 - 霞南至健中学校開校。 - 霞南至健中学校一期生が卒業。 - 霞南至健中学校を 霞ヶ浦高等学校附属中学校へ校名変更。 教育課程の類型 [ ] 霞ヶ浦高等学校附属中学校 [ ] 霞ヶ浦高等学校附属中学校から霞ヶ浦高等学校「特進選抜コース」に内部進学するコース、難関高校を目指すコースが選択できる。 中高連携コース(中高一貫コース):霞ヶ浦高等学校特進選抜コースとともに中高一貫教育を行う6年制コース。 外部の生徒とともに霞ヶ浦高等学校の入試を受験する。 特進選抜コースに進学できる生徒のほとんどは特待生になっている。 外部受験コース(高校受験対策コース): 茨城県立高等学校(一定規準以上の学校のみ)の入学試験合格を目標とする3年制コース。 霞ヶ浦高等学校 [ ] 霞ヶ浦高等学校では3つのコースによってカリキュラムが異なる。 特進選抜コース 『有名国公立大学の現役合格をめざす』• 特進コース(特進Sコース・特進Zコース)『国公立・私立大学の現役合格をめざす』• 総合進学コース 『短大・専門・就職など多岐にわたる進路にこたえる』 霞ヶ浦高校の著名な出身者 [ ]• (レスリング・代表)• (セーリング・銅メダリスト)• (レスリング・銅メダリスト) 元霞ヶ浦高校教諭• (レスリング・銅メダリスト)• (レスリング・銅メダリスト)• (総合格闘家)• (1990年第62回選抜高等学校野球大会出場時の正捕手、元プロ野球選手)• (2015年第97回全国高等学校野球選手権大会出場時のエース、プロ野球選手)• (2015年第97回全国高等学校野球選手権大会出場、プロ野球選手)• (レスリング・銀メダリスト)• (レスリング・55㎏級銅メダリスト)• (プロ野球選手・)• (プロ野球選手・) 脚注及び参照 [ ] [].

次の