まやく。 麻薬カルテル

兵庫県ホームページ

まやく

習慣性および耽溺性 たんできせい があり、連用することによって慢性中毒をおこし、禁断症状を現す一連の薬物の総称で、麻薬取締法で指定された薬物および植物をいう。 習慣性とは、薬物を連用した際にその薬物に対する欲求をおこすことをいい、精神的な依存性を示す。 耽溺性とは、薬物の連用によってその薬物に対する欲求が強くなり、投与を中止すれば身体的・精神的な混乱を生ずることをいう。 なお、麻薬は従来narcotic drugとよばれ、単にnarcoticといえば麻酔薬のことであったが、現在では国際的に麻薬をさすようになっている。 [幸保文治] 種類麻薬には天然麻薬と合成麻薬とがある。 天然麻薬としては、アヘンおよびアヘンより抽出されたモルヒネやコデインなどのアヘンアルカロイド、モルヒネの誘導体オキシメテバノール、コカ葉から抽出されたコカインがある。 合成麻薬には、塩酸ペチジンやクエン酸フェンタニールがある。 コデインおよびジヒドロコデイン、オキシメテバノールは鎮咳 ちんがい 剤として用いられ、アヘンの製剤は鎮痛・鎮静・止瀉 ししゃ 剤として、またアヘンアルカロイド、塩酸モルヒネ、塩酸ペチジン、フェンタニール、ドロモランは鎮痛および麻酔補助剤として用いられる。 塩酸エチルモルヒネ(オイヒニン)は鎮咳・鎮痛および眼局所血管の拡張をもたらすことから点眼薬として用いられる。 塩酸コカインは局所麻酔剤として点眼用に、またブロンプトン混液に塩酸モルヒネと配合して処方される。 現在、日本で医療用麻薬として市販されているものには、アヘンアルカロイド系製剤として、アヘンそのものの製剤であるアヘン末、アヘン散、アヘン錠、アヘンチンキ、アヘンより抽出したアルカロイドおよびモルヒネ系製剤である塩酸アヘンアルカロイド、同注射液、塩酸エチルモルヒネ、塩酸モルヒネ、同錠、同注射液があり、コデイン系ではリン酸コデイン、同錠、同十倍散、リン酸ジヒドロコデイン、同十倍散、その他オキシメテバノール散、同錠、同注射液がある。 配合剤ではアヘン・トコン散(ドーフル散)が内服用で、注射剤にはアヘンアルカロイド・アトロピン注射液、アヘンアルカロイド・スコポラミン注射液、弱アヘンアルカロイド・スコポラミン注射液、複方オキシコドン注射液、複方オキシコドン・アトロピン注射液、モルヒネ・アトロピン注射液がある。 コカアルカロイド系では塩酸コカインがあり、合成麻薬では塩酸ペチジン、同注射液、クエン酸フェンタニール注射液、配合剤ではタラモナール(クエン酸フェンタニールとドロペリドールの配合剤)、ペチロルファン注射液(塩酸ペチジンと酒石酸レバロルファンとの配合剤)、弱ペチロルファン注射液がある。 なお、1953年(昭和28)制定の麻薬取締法(昭和28年法律14号、現、麻薬及び向精神薬取締法)の別表に記載されている麻薬は、アヘンアルカロイド系麻薬として21種、コカアルカロイド系麻薬として5種、合成麻薬として54種の薬物であったが、63年の政令第327号によって、アヘンアルカロイド系麻薬2種、合成麻薬13種がさらに追加指定され、その後も追加がなされている。 また、家庭麻薬とはリン酸コデインおよびリン酸ジヒドロコデインの百倍散以下の濃度の製剤をいい、製造には免許を必要とするが、その製品の取扱いは麻薬取締法の対象とならない。 実際には前述の医療用麻薬以外は使われていない。 とくに、ジエチルアセチルモルヒネ(ヘロイン)は鎮痛作用も強力であるが副作用や耽溺性も大きく、日本では使用を禁止している。 麻薬のもっとも有効な使用例としては、癌 がん の末期の疼痛 とうつう に対する緩和がある。 モルヒネコカイン混液(ブロンプトン混液)がその例である。 また、手術の前後、および狭心症発作の場合にもモルヒネがよく用いられる。 [幸保文治] 法規制麻薬統制は一国だけではその取締りが困難なので、国内的だけでなく国際的にもその対応が必要である。 国内的にみると、わが国における麻薬の取締りは江戸時代末期からあり、1857年(安政4)の日蘭 らん 追加条約をはじめ、当時のアメリカとの修好通商条約のなかに、アヘンの輸入を厳禁する旨の規定がある。 この禁令は明治維新政府もこれを継承し、麻薬に関する法令を逐次整備する措置を講じ、大正、昭和と引き継がれて、麻薬取締法(昭和28年法律14号)に及んでいる。 この間における関係法規の制定は、販売鴉片烟 あへんえん 律(1870年)より旧麻薬取締法(1948年)に至るまで17の多きに達している。 旧麻薬取締法は従来の取締規定を集大成したものであったが、一方で国際交流の拡大に伴い、麻薬の国際的な不正取引や大規模な密輸事犯が増加したために、より効果的な取締りの必要から、昭和28年の麻薬取締法が制定された。 ところが1960年(昭和35)ごろから麻薬犯罪が逐年増加をみせ、その内容も悪質化し中毒者も増加したため、1963年にその一部を改正し、中毒者の措置入院制度を新設し罰則の対象とした。 1970年にはさらに改正がなされ、LSDも麻薬として規制されることとなった。 1990年(平成2)施行の麻薬及び向精神薬取締法は麻薬取締法の一部を改正し、向精神薬を規制対象に加えたものである。 さらに1992年には、麻薬および向精神薬の不正取引を防止するため、いわゆる麻薬二法が施行された。 国際的には幾たびかの条約の締結と協力機構の設置がなされている。 すなわち、条約については、すでに早く1909年にアメリカ大統領T・ルーズベルトの提唱で開催された上海 シャンハイ での国際会議がきっかけで、そこでアヘンの不正使用が討議されて以来、幾たびかの国際会議が開催され、多くの国際条約が締結されてきた。 それは1912年の「国際あへん条約及び最終議定書」から「1961年の麻薬に関する単一条約」に至るまでおよそ10の条約となっている。 また協力機構については、1945年に発足した国際連合は当然、麻薬取締りに関して重要な役割を果たしているが、内部機構としては麻薬委員会、世界保健機関(WHO)、国際麻薬統制委員会などがある。 さらに国連以外の機関としては、国際刑事警察機構(ICPO)、関税協力理事会などがある。 [大橋 薫・清水新二] 麻薬中毒の問題性麻薬は依存性薬物であるから、麻薬を濫用して一度陶酔感を覚えた場合、ふたたび摂取したいとの欲求(精神的依存)を生じ、また身体的にもそれによって平衡が保たれている状態(身体的依存)が形成され、その結果、薬効が切れると苦痛を伴う離脱症状が生じることなどから、自ら麻薬を断つことがきわめて困難となるほか、当初の薬効を得たいため、薬物によってはしだいに使用量が増大する(耐性)特性を有しており、連用すると依存形成に至ることが多い。 [大橋 薫・清水新二] 麻薬犯罪日本の麻薬犯罪は第二次世界大戦まではほとんど社会問題とはならず、戦後に深刻な様相を呈するに至った。 1951年(昭和26)以降の薬物事犯検挙人員の推移をみると、麻薬(及び向精神薬)取締法違反は昭和20年代・30年代における発生が著しく、そのピーク時の1963年には検挙件数2135件、検挙人員2571人の多きを数えるに至った。 しかし同年に総合的な対策が実施されると、その数は急激に減少し、1965年以降はいっそう減少傾向をたどって、昭和50年代以降は件数、人員ともに昭和30年代の10分の1となった。 しかし、昭和60年代以降は増加の傾向にあり、とくに薬物濫用者層が、青少年や主婦など一般市民層へ広がっており、問題は深刻化している。 とりわけ圧倒的に有機溶剤使用が多かった青少年の間で覚醒 せい 剤使用が拡がり始めている。 「エス」(アメリカで覚醒剤がspeedとよばれることからその頭文字をもじったもの)と隠語化したり、注射器を使うかわりに、アルミファイルを使うスニフィングという鼻腔吸引法での使用や、ダイエット薬がわりに使用するなど、これまでになかった覚醒剤使用行動がみられ懸念される。 覚醒剤は組織暴力団などとも関連し、違法でありこわいというイメージが強かったが、今やダイエット薬がわりとしてのエスはそうした印象を薄められている。 鼻腔吸引の手軽さに加え、携帯電話からモバイルサイトに容易にアクセスし、簡単に入手できるようになっているなど、覚醒剤は青少年にとってもきわめて身近なものとなっており、社会問題化している。 あへん法違反は、昭和20年代はもちろん、30年代前半は、件数、人員とも100以下と問題にならなかったが、30年代後半から40年代なかばごろにかけて急増し、一時は件数、人員とも1100余りを数えた。 しかしその後はまた減少し今日に至っている。 一方、大麻取締法違反は、昭和20年代・30年代はとるに足らない数であったが、40年代なかばより急増傾向にあり、とくに50年代には件数、人員ともに千数百となり、1995年(平成7)には違反者は2103人に上り無視できない。 かつては麻薬(及び向精神薬)取締法違反の大部分は暴力団関係者であったが、一般の市民にも広がっており、あへん法違反や大麻取締法違反は暴力団関係者のほかに風俗営業関係者や芸能人なども目だつ。 しかし国際的にみると日本の薬物汚染は欧米諸国と比較して、なお軽度の段階にある。 個人的使用に限定しながらもコーヒーハウスでマリファナが購入できるオランダや、HIV感染や犯罪を防止するなどの目的で、ヘロイン乱用者に公費で規定量のヘロイン投与サービスを行うことを国民投票で決めたスイスのチューリッヒの場合などを典型に、ヨーロッパでは違法薬物使用が市民社会に拡散している。 そのために、政府は違法性薬物使用を認めないまでも、個人使用する現状がある以上、注射器の回し打ちなどによるHIV感染の拡大防止を優先し、害を最小限にした使用法(ハーム・リダクション・アプローチ)を受けいれるという現実対応的施策を導入している。 これらの国では違法薬物と社会との共存を事実上受け入れざるを得ない状況にあるといえる。 しかし、日本はその共存を拒否し、「ダメ、絶対」(財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センターによる薬物乱用防止標語)というゼロ・トレランス・アプローチをとっている。 この性質は,習慣性を生じる原因ともなり,しだいに用量を増やさなくては初めの効果が得られない状態,すなわち耐性を生じるとともに,いわゆるモルヒネ依存,モルヒネ中毒をきたすため,麻薬に指定されている。 [モルヒネの生理作用] 少量で強い鎮痛作用に加え,呼吸抑制作用を現し,さらに睡眠におちいる。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

麻薬 (まやく)とは【ピクシブ百科事典】

まやく

詳細は「」を参照 歴史 [ ] に入るとが状態となり、多数のカルテルが抗争 や摘発 により盛衰を繰り返している。 主な人物 [ ] コロンビア [ ]• - メデジン・カルテルのボス。 1993年に射殺。 メキシコ [ ]• - グアダラハラ・カルテルのボス。 - シナロア・カルテルの最高幹部。 別名エル・チャポ。 - フアレス・カルテルのボス。 1997年に死亡。 - ロス・セタスを創設。 2002年に射殺。 - ロス・セタスの最高幹部。 2012年に射殺。 ミャンマー [ ]• 主な麻薬カルテルの組織 [ ] [ ]• [ ]• グアダラハラ・カルテル• (2010年、最高幹部がされたことにより解散)• [ ]• ミャンマー [ ] および少数民族組織の性格も有しており、ワ州連合軍のように政府から公認された支配地()を有する組織もある。 また、麻薬カルテルのリーダーは「 麻薬王」と俗称され、を築くなどミャンマー社会および経済において多大な影響力を持つ。 近年はと呼ばれるの製造販売にも進出している。 - リーダーのパオ・ユーチャンは「3代目麻薬王」と言われる。 モン・タイ軍 - 「2代目麻薬王」と俗称される首領であったの投降により解体。 - 「初代麻薬王」。 ミャンマー政府に投降後は、政商・実業家として活躍。 これらのほかにも複数の麻薬カルテル(中国出身の(別名:林明賢)率いる、に逮捕されたNaw Kham(後述)など)が存在しており、彼らも規模の大小こそあるもののミャンマー社会に影響を及ぼしている。 過去には、や(でに侵入した)も麻薬ビジネスに関わっていたといわれている。 麻薬カルテルの拠点や抗争の舞台となった主な都市 [ ]• シウダー・フアレス : 詳細はの項参照• チワワ : 詳細はの項参照• 麻薬カルテルが登場する作品 [ ] 映画 [ ]• の(小説では)が登場する。 カルテルランド• 皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇• - 2011年の中国による実在のミャンマーの麻薬商人 の摘発を映画化したもの。 なお、Naw Kham逮捕の直接の理由は、麻薬取引におけるトラブルからメコン川の船において中国人の船員13人を殺害した容疑であった(「」事件)。 Naw Khamは摘発後に中国において死刑判決が下され、2013年に刑が執行された。 ドラマ [ ]• 小説 [ ]• 犬の力• ザ・カルテル• 野蛮なやつら• 血と暴力の国(上記の『ノーカントリー』の原作本) ノンフィクション [ ]• アヘン王国潜入記 - 著者のは中国経由でワ州連合軍支配下のミャンマー・ワ州に滞在。 同軍のリーダー・パオにも接見している。 漫画 [ ]• - 麻薬を資金源にして私設軍隊を築く元刑事が登場する。 ゲーム [ ]• のサンエスペリートという国家が舞台。 主人公のエージェントが麻薬カルテルと手を組み敵対カルテルの壊滅とのをすることになる• が舞台。 主人公とのエージェントである彼の兄と上司が協力してカルテル壊滅を目指す• 出典 [ ].

次の

兵庫県ホームページ

まやく

学校生活• 学生用Webサービス• 学事暦・行事• 学生生活について• 授業・定期試験について• 学業に関する届出について• 転学科・編入 転入 について• 各種証明書の交付について• 各種証明書の申請方法のご紹介• 奨学金・教育ローン• 教員・施設・後援会• セミナー・講演・学会• 認定実務実習指導薬剤師養成講習会 ,•

次の