カンタス 航空。 カンタスの口コミと航空券情報 (画像付き)

カンタス航空

カンタス 航空

フルフラットになる座席でしたが、小細工なしで座席を2メートルおきに配置しただけなので、全席通路アクセスなどは不可能でした。 スタッフはフレンドリーながら面倒見が良く、快適でした。 古い機材なので、騒音はやや大きめでした。 今はやりのスタッガード配列で、プライバシーもあり快適でした。 食事は復路の昼食以外は軽食でしたが、全体的にサービスが遅く、特に往路は夜行便なのに軽食が離陸後2時間程度かかるなど、問題点もあるように思います。 食事自体は大変おおいしいです。 カンタスは比較的ワインの品ぞろえは豊富です。 赤白だけでなく、それ以上の勉強をしておくとクルーと相談しながら最適なワインが楽しめると思います。 逆にビールはオーストラリアのローカルビールさえ搭載していない感じでした。 羽田-オセアニア ビジネスクラス 2015年09月頃一人旅で渡航.

次の

オーストラリア

カンタス 航空

カンタス航空 格安航空券情報• 札幌 新千歳空港 発• ホバート タスマニア島• 2020-07-07 2020-07-12• クライストチャーチ• 2020-10-01 2020-10-08• シドニー オーストラリア• 2020-10-26 2020-11-09• パース• 2020-09-24 2020-09-27• 東京 羽田空港 発• シドニー オーストラリア• 2020-10-07 2020-10-08• メルボルン• 2020-11-24 2020-11-29• ウェリントン• 2020-06-27 2020-12-25• アデレード• 2020-06-28 2020-07-05• 東京 成田空港 発• ブリスベン• 2020-06-24 2020-06-30• メルボルン• 2020-07-08 2020-07-14• シドニー オーストラリア• 2020-11-14 2020-11-22• ホバート タスマニア島• 2020-08-04 2020-08-09• 名古屋 中部国際空港 発• アデレード• 2020-08-13 2020-08-15• シドニー オーストラリア• 2020-06-22 2020-06-26• エアーズロック• 2020-07-23 2020-07-27• アリススプリングス• 2020-09-04 2020-09-10• 大阪 関西国際空港 発• シドニー オーストラリア• 2020-06-29 2020-07-02• メルボルン• 2020-06-24 2020-06-30• オークランド ニュージーランド• 2020-09-24 2020-09-28• ケアンズ• 2020-09-29 2020-10-05• 福岡 福岡空港 発• クイーンズタウン• 2020-09-14 2020-09-22• シドニー オーストラリア• 2020-10-19 2020-11-01• メルボルン• 2020-10-14 2020-10-18• ブリスベン• 2020-06-24 2020-09-24 オーストラリアの世界遺産、グレートバリアリーフでダイビングをするためにケアンズに旅行に行くことにしました。 いろいろ格安航空券を調べた結果、今回はカンタス航空で行くことに。 ケアンズまでの直行便がなくシドニー乗継ですが、羽田を夜の10時発なので当日は仕事に行ってから出発することにしました。 仕事の後、羽田国際空港に向かいカンタス航空のカウンターでチェックインし航空券をもらった後は、空港内のシャワーですっきり。 カンタス航空ではエコノミークラスでも30kgまでの荷物を預けることができます。 今回は1週間だけの旅行なのでそれほど重くなりませんでしたが、ワーキングホリデーなど長期でオーストラリアに行く人にはありがたいのではないでしょうか。 航空券に示されている搭乗口に向かい、ケアンズへ!カンタス航空の座席は広々と座りやすく、機内食も2種類から3種類とバリエーションが増え大満足。 今回はチキンをチョイスして美味しくいただきました。 食事後も時たま飲み物などを配ってくれ、サービスに大満足。 9時間のフライトでシドニー到着後はカンタス航空のシャトルバスでターミナル3のカンタス航空国内線に簡単に乗り継ぐことができました。 ケアンズでは美しい海でダイビングを満喫でき、充実した休暇を過ごすことができました。 オーストラリアのメルボルンに住んでいる息子夫婦に会いに行ってきました。 近頃ではインターネットで航空券を予約できるそうですが、どうやって航空券を予約していいものかわからず旅行会社で手配してもらいました。 予約して頂いた航空券はカンタス航空というオーストラリアの航空会社のもので、成田からメルボルンまで直行便だとか。 乗継がないということなので、英語が分からない私たちにも安心です。 成田空港ではカンタス航空のカウンターで荷物を預けたのですが、主人も私もスーツケースの中は息子たちへのお土産でいっぱいで、重さが制限を超えないか心配になったほど。 無事にスーツケースを預け荷物検査、出国審査などを終え出発まで免税店などを見ていました。 カンタス航空は当然日本の航空会社ではありませんので、客室乗務員の方々は外国の方ばかりです。 ちょっと心配になりましたが、日本人の乗務員の方も数名いらっしゃったので用がある時はいつも日本人の方に尋ねていました。 思ったより座席も座り心地が良く、食事は味も量も十分なものでした。 夜の出発だったということもあり、食事をいただいたあとは仮眠を取りました。 気が付けば2回目のお食事の時間になり、思ったより長さを感じない飛行機の旅だったように思います。 メルボルンでは息子達と町を観光したりして過ごしました。 まるで西洋のような素敵な町で、ぜひまた訪れたいと思っております。 商用でシドニーを訪れました。 今回は航空券は自分で手配しなければならず、インターネットで探したところカンタス航空の直行便があったので迷わず予約。 今回は1週間と短い出張のため、乗継などでできるだけ時間をロスしたくなかったのです。 しかもカンタス航空は創業以来90年以上も無事故という記録を持つ、安全性の高い航空会社。 しかも羽田夜10時発なので、当日もギリギリまで会社で仕事をしていました。 当日はオンラインでチェックインを行い、印刷した航空券と手荷物だけで機内へ。 今回航空券に示されている座席は非常口近くの、ちょっと足元にゆとりのある席。 追加料金を払ってでも背の高い私には足を伸ばせるスペースが貴重なんです。 ただ、いつも思うことですがカンタス航空は他の航空会社に比べて男性の客室乗務員の割合が多いように思います。 考えれば体力仕事なので男性向けなのかもしれないですが。 機内食は3種類から選べます。 日本食もあるのが嬉しいです。 機内で見れる映画などのプログラムも充実していて、十分リラックスできる航空会社なのではないかと思いました。 メルボルン• ブリスベン• シドニー オーストラリア.

次の

カンタス航空72便急降下事故

カンタス 航空

フルフラットになる座席でしたが、小細工なしで座席を2メートルおきに配置しただけなので、全席通路アクセスなどは不可能でした。 スタッフはフレンドリーながら面倒見が良く、快適でした。 古い機材なので、騒音はやや大きめでした。 今はやりのスタッガード配列で、プライバシーもあり快適でした。 食事は復路の昼食以外は軽食でしたが、全体的にサービスが遅く、特に往路は夜行便なのに軽食が離陸後2時間程度かかるなど、問題点もあるように思います。 食事自体は大変おおいしいです。 カンタスは比較的ワインの品ぞろえは豊富です。 赤白だけでなく、それ以上の勉強をしておくとクルーと相談しながら最適なワインが楽しめると思います。 逆にビールはオーストラリアのローカルビールさえ搭載していない感じでした。 羽田-オセアニア ビジネスクラス 2015年09月頃一人旅で渡航.

次の