沖縄 タイムス。 タイムスプレス

沖縄戦デジタルアーカイブ「戦世からぬ伝言」

沖縄 タイムス

ご注意• 「朝日ID」は、朝日新聞社が提供するサービスを便利に使うことができるオンライン共通IDです。 登録は無料です。 朝日新聞デジタルの購読料金お支払いは朝日IDに登録したクレジットカードにより決済されます。 お支払い方法はクレジットカードのみとなります。 ご利用可能なクレジットカードはJCB・VISA・Master・Diners・AMEXの5種類です。 朝日新聞デジタルは月単位での購読契約となります。 また毎月1日に購読契約は自動更新されます。 沖縄タイムス(宅配)の月ぎめ購読料金が別途かかります。 朝日新聞デジタルは朝日新聞社との契約、沖縄タイムス(宅配)は沖縄タイムス販売所との契約となります。 朝日新聞デジタルの料金が無料期間中でも、沖縄タイムス(宅配)の購読料金は掛かります。 朝日新聞デジタルと沖縄タイムス(宅配)の購読料金決済はそれぞれ別となります。 沖縄タイムス(宅配)を購読中の方は、沖縄タイムス(宅配)について、そのままの契約および支払い方法をご継続いただけます。 よくあるご質問 Q現在、沖縄タイムス(宅配)を購読していません。 朝日新聞デジタルの沖縄タイムス・ダブルコースに申し込みたいが、沖縄タイムス(宅配)もこのページから同時に購読手続きできますか。 A沖縄タイムス(宅配)のお申し込みは、このページでは受け付けておりません。 沖縄タイムスホームページのかフリーダイヤル0120-21-9674 午前9時~午後5時(月~金)からお申し込み下さい。 Q沖縄県のニュースは掲載されていますか。 A掲載されています。 朝刊の「地域発」の九州・沖縄面のほか、MYセレクトの「沖縄県」面に掲載されています。 Q沖縄タイムス(宅配)を購読中で、朝日新聞デジタルのデジタルコースを購読中。 沖縄タイムス・ダブルコースへのコース変更はできますか。 Aコース変更は受け付けておりません。 購読中のデジタルコースを解約した上で、あらためてこのページから朝日新聞デジタルをお申し込み下さい。 Q朝日新聞デジタルを解約する場合、沖縄タイムス(宅配)も同時に解約できますか A沖縄タイムス(宅配)の解約手続きは、お客様ご自身で現在、新聞をお届けしている沖縄タイムス販売所との間でしていただく必要がございます。 Qお問い合わせ先を教えて欲しい A朝日新聞デジタルのサービスに関するお問い合わせは、専用無料ダイヤル0120-383-636[受付時間 平日9-18時、土曜9-17時]へ。 沖縄タイムス(宅配)に関するお問い合わせは、フリーダイヤル0120-21-9674 午前9時~午後5時(月~金)へ。

次の

次亜塩素酸水で新型コロナ不活化「30秒以下で」 北海道大学とエナジック社が実証

沖縄 タイムス

還元水生成器の製造・販売などを手掛けるエナジックインターナショナル(大城博成代表)は13日までに、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターと協力し、消毒殺菌効果がある「次亜塩素酸水」に、新型コロナウイルスの感染性を失わせる不活化効果があることを実証した。 実証実験は4月27日~5月3日、同センターの高田礼人教授が実施した。 同センター保有の新型コロナウイルスを蒸留水と次亜塩素酸水にそれぞれ混ぜて、30秒、1分、5分、10分の反応時間ごとに、感染性を持つウイルスの数(感染価)を測定した。 pH2・7以下、有効塩素濃度40ppmの次亜塩素酸水を使った。 蒸留水の感染価は10分経過後も横ばいだった一方、次亜塩素酸水の感染価は1ミリリットル当たり1千万個以上のウイルスが、30秒で検出限界以下まで減少し、そのまま推移した。 実験室を平均的な室温の23~24度に設定して2回試したが、どちらも同様の結果が得られた。 次亜塩素酸水は水と食塩を電気分解して生成される。 実験を主導したエナジック教育福祉財団理事で北海道大の玉城英彦名誉教授(疫学、今帰仁村出身)は「次亜塩素酸水は新型コロナをほぼ瞬時に不活化している」と指摘。 「安全で手に入りやすく、アルコールに比べ皮膚への刺激も少ない。 新型コロナの感染予防で、手指用の消毒液として推奨できる」と話した。

次の

沖縄の美・食・住・楽を発信|株式会社タイムス住宅新聞社

沖縄 タイムス

八重山日報編集長 仲新城誠著「翁長知事と沖縄メディア」が産経新聞出版から発売されました。 (こちらの書籍は書店等でお求めてください。 当サイトでは扱っておりません。 ) 《エスカレートする翁長氏の行動は、いずれも県紙2紙をはじめとした沖縄メディアが事前に煽ってきたものだ。 翁長氏の知事就任以来、沖縄県の強硬姿勢と沖縄メディアの翼賛報道は、相互に増幅を繰り返しているように見える。 言ってみれば、翁長氏は沖縄メディアの「脚本・演出」を忠実に実現する、偉大な「主演俳優」なのだ》 「はじめに」より 沖縄に「言論の自由」はない!• 「尖閣の地元紙」から見た虚構の沖縄-はじめに• 第1章 翁長知事とは何者か• 第2章 「異論」が封じられた辺野古問題• 第3章 地元メディアが語らない尖閣の危機• 第4章 与那国自衛隊配備を歪めるもの• 第5章 教育現場も支配する地元メディア• 第6章 イデオロギー「平和教育」の嘘• 巻末付録 沖縄2紙の「トンデモ社説」• ラジオ沖縄防衛情報局 紹介 ラジオ沖縄防衛情報局をご支援下さっている皆様、誠にありがとうございます。 この番組は、現在の沖縄の封殺された異常な情報空間を正そうという趣旨に基づいて制作されています。 今、多くの県民が地元マスコミメディアの流す報道に強い疑念を持ちはじめています。 その疑念に歯に衣着せぬストレートな言説で応える地上波番組は、今までほとんどありませんでした。 そういう意味においては、求めに応じてこの番組は生まれたといえます。 タイムリーな番組である一方、わずか出力20ワットの地域コミュニティFMラジオである為、その非力さは否めません。 偏向メディアの方がはるかに大きな情報発信力を有しています。 これらに対抗するには、強い表現方法を用いるに如くはありません。 そうでなければ偏向メディアの巨大なウソに抗することはかないません。 元より私達は、偏向メディアに対し番組に異議があるなら公開の場で議論致しましょうと呼びかけておりますが、未だ彼らに応じる気配がありません。 公開質問状を地元二紙に送付したこともありますがお返事がありません。 これで分かる事は返答できない非道を彼らは行っているという事です。 今一度ラジオ沖縄防衛情報局は申し上げたい。 番組冒頭のナレーションに革新政治家、左翼学者文化人、地元二紙をはじめとするメディア、基地反対活動家は、耳を傾けその非を改められたい。 番組ファンの皆様には、感謝とともに変わらぬご支援をお願い申し上げます。 コミュニティFM局への応援のお願い ラジオ番組「沖縄防衛情報局」を配信しているコミュニティFM局が沖縄タイムスによりさまざま圧力がかかっております。 正す会では皆様に沖縄タイムスに屈するようなことがないようにコミュニティFM局に対して応援をして頂くようお願いします。 応援する(聴取者の声)ことによってコミュニティFM局が不当な沖縄タイムスの圧力に対抗できると考えております。 ラジオ番組「沖縄防衛情報局」を配信しているコミュニティFM局は以下の通りです。 応援メッセージは各局のFAXかお問い合せメールへお願いします。 オキラジ fax:098-933-1854 okinawa fm854. com• 新着情報 現在、問い合わせが殺到中ですので、ご返信、ご回答に時間がかかっております。 大変ご迷惑をおかけしています。 ご了承下さい。 また、当会から返信メールを送信してもGメールが受信拒否されてエラーで返ってくるケースが発生しています。 当会のメールアドレス(okinawa. tadasu gmail. com)の受信拒否設定解除または受信設定をお願いします。 会員の皆様におきましては、当会より発送したお知らせや資料等がお引っ越し等により宛先不明で戻りが発生しています。 賛助会員募集のページでご用件を「登録情報の変更」を選択し、変更事項をその他の欄にてお知らせください。 宛先不明で戻りが続く当該会員に対しては、経費節減のために発送リストから除外しますのでご注意下さい。

次の