多部未華子 あやしい彼女 歌。 あやしい彼女 : 作品情報

あやしい彼女 : 作品情報

多部未華子 あやしい彼女 歌

2016年4月1日エイプリルフールに公開となる映画『あやしい彼女』から、主人公・節子を演じる多部未華子の本格的な熱唱シーンを収めた本編映像が公開された。 多部未華子の本格歌唱シーンが解禁!映画『あやしい彼女』 可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部未華子)。 その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。 望むような人生を生きられなかった主人公に訪れた2度目の青春!突然若返った彼女は、こうなったらとことん好きなように生きてやる!と髪型も服装もチェンジ、家族も名前も捨て去って、新たな人生をスタート。 そんな彼女の天声の歌声は、魂を震わせ、たちまち周囲を魅了していく。 実の娘の心配をよそに、イケメン音楽プロデューサーにスカウトされ、しがないバンドマンの孫とまさかのバンドデビュー!? 長年彼女に想いを寄せる幼馴染の次郎も巻き込みながら、初めて思い通りの人生を歩む節子……そんな彼女が最後に気づく大切なものとは? 映画『あやしい彼女』は、毒舌・皮肉屋・頑固と三拍子の揃った73歳おばあちゃんが、ある日突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる爆笑と感動の物語。 本作では「見上げてごらん夜の星を」「真赤な太陽」「悲しくてやりきれない」と60年代の名曲たちが登場。 この楽曲すべてを多部未華子自信が熱唱していることでも話題となっている。 このたび解禁となった映像は、多部未華子演じる節子が率いるバンド「怪しい彼女」がネットで話題になったことで、初めて人気音楽番組への出演が決まり、ザ・フォーク・クルセイダーズの「悲しくてやりきれない」のカバーを披露するシーン。 これまで予告映像などで歌声などは聴くことができたが、1コーラス分歌唱する映像は初解禁となる。 本作で多部未華子が主演に抜擢された理由のひとつが、メガホンをとる水田伸生監督がたまたま観劇した舞台「キレイ~神様と待ち合わせした女~2014」で生歌を聴き「彼女ならいける」と太鼓判を押したこと。 しかし、多部は歌に強い苦手意識を持っていたため、撮影前の多忙なスケジュールの中、3か月もの音楽特訓を敢行したとのこと。 劇中歌プロデュースとして楽曲のアレンジを手掛けた音楽プロデューサーの小林武史は「まるで別人のようになっている」と評すほどに成長し、要潤はじめ共演者からも絶賛されている。 映画『あやしい彼女』は2016年4月1日、エイプリルフールに全国ロードショー。

次の

多部未華子、『あやしい彼女』で歌に苦戦!

多部未華子 あやしい彼女 歌

『あやしい彼女』で多部未華子が美声を披露! [c]2016「あやカノ」製作委員会[c]2014 CJ E&M CORPORATION 韓国でメガヒットしたコメディ『怪しい彼女』 14 を、『謝罪の王様』 13 の水田伸生監督がリメイクした『あやしい彼女』 2016年4月1日公開 の撮影現場を直撃。 主演の多部未華子が演じたのは、見た目は20歳だけど、中身は73歳のおばあちゃんという強烈なヒロインだ。 この日は、多部が美声を披露する歌唱シーンが都内のスタジオで撮影された。 73歳のカツ 倍賞美津子 は、頑固で毒舌、おせっかいのおばあちゃんだが、ある日、写真館で写真を撮られた瞬間、20歳の自分に若返ってしまう!カツは、失われた青春を取り戻そうとして別人・大鳥節子 多部未華子 となり、歌手になる夢を追いかけたり、ほのかな恋に心をときめかせたりしていく。 この日、多部とバンドのメンバーたちは、オーロラのような演出が施されたステージに登壇。 カメラは合計5台も用意され、クレーンを使った流麗なカメラワークで多部たちをとらえていく。 多部が歌うのは、ザ・フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」だ。 彼女の澄んだ歌声に、取材陣は魅せられていく。 何テークかリハーサルをした後、多部は本番で歌いながら一筋の涙を流し、私たちの目をくぎづけにした。 本来は73歳のカツ 倍賞美津子 である大鳥節子役を演じた多部は、役作りに苦労したようだ。 「人生経験がすごく大事なキャラクターなので、倍賞さんのアドバイスを頭に入れつつ、想像でやるしかなくて、そこが難しかったです」。 水田監督は多部のコメディエンヌぶりを絶賛する。 「未華子ちゃん、お笑いの間が完璧なんです。 テークを重ねても、間が狂わないというのは天性ですね」。 多部について、要は「普段は非常に女の子らしい方なんです。 でも、 73歳のカツから20歳の姿に 見た目が入れ替わった多部ちゃんは、極端に言うとドスがきいたというか、芯の強い女性になっていました。 僕が演じた小林は、彼女の歌声の才能に惹かれるのですが、真摯に人と向き合う姿を見ていても、すごく魅力的だと思いました」と感心する。 北村も「多部さんはパワフルに演じられていて、僕自身もすごく刺激を受けましたし、学ぶことが多かったです。 だから撮影をしていても楽しいです」と感激する。 小林武史から直々に歌の指導を受けたという多部。 「最後のライブシーンは、ゲストの方もたくさん来てくださって、パワーをもらいました。 実際の歌はレコーディングしたものですが、生で歌うアーティストさんを改めてすごいんだなと思いました。 いまは尊敬しかないです」と恐縮する。 要は、多部演じる節子がのど自慢大会に出演するシーンがとても印象深かったと振り返る。 「初めて彼女の歌声を聴くシーンですが、失礼ながら『本当に多部ちゃんが歌っているの?』と聞いてしまったくらいです。 本当に多才だなと。 誰が聴いてもすごく上手だなと思うでしょうね」。 水田監督も同シーンについて「長回しで撮ったシーンでしたが、 要 潤さん、1回もまばたきをしなかったんです。 『すごいですね』と言ったら『いや、ただ、見とれていただけです』とおっしゃって」と言うと、要も「歌っている姿がすごくかわいいんです」とうなずく。 話を聞けば聞くほど、期待感が高まる『あやしい彼女』。 多部未華子のユニークなコメディエンヌぶりと、心ふるわす美声が解禁となるのは来年の春なので、心待ちにして。

次の

多部未華子が怪しい彼女でボーカルデビュー!バンドキャストの腕前は?

多部未華子 あやしい彼女 歌

2016年4月1日エイプリルフールに公開となる映画『あやしい彼女』から、主人公・節子を演じる多部未華子の本格的な熱唱シーンを収めた本編映像が公開された。 多部未華子の本格歌唱シーンが解禁!映画『あやしい彼女』 可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部未華子)。 その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。 望むような人生を生きられなかった主人公に訪れた2度目の青春!突然若返った彼女は、こうなったらとことん好きなように生きてやる!と髪型も服装もチェンジ、家族も名前も捨て去って、新たな人生をスタート。 そんな彼女の天声の歌声は、魂を震わせ、たちまち周囲を魅了していく。 実の娘の心配をよそに、イケメン音楽プロデューサーにスカウトされ、しがないバンドマンの孫とまさかのバンドデビュー!? 長年彼女に想いを寄せる幼馴染の次郎も巻き込みながら、初めて思い通りの人生を歩む節子……そんな彼女が最後に気づく大切なものとは? 映画『あやしい彼女』は、毒舌・皮肉屋・頑固と三拍子の揃った73歳おばあちゃんが、ある日突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる爆笑と感動の物語。 本作では「見上げてごらん夜の星を」「真赤な太陽」「悲しくてやりきれない」と60年代の名曲たちが登場。 この楽曲すべてを多部未華子自信が熱唱していることでも話題となっている。 このたび解禁となった映像は、多部未華子演じる節子が率いるバンド「怪しい彼女」がネットで話題になったことで、初めて人気音楽番組への出演が決まり、ザ・フォーク・クルセイダーズの「悲しくてやりきれない」のカバーを披露するシーン。 これまで予告映像などで歌声などは聴くことができたが、1コーラス分歌唱する映像は初解禁となる。 本作で多部未華子が主演に抜擢された理由のひとつが、メガホンをとる水田伸生監督がたまたま観劇した舞台「キレイ~神様と待ち合わせした女~2014」で生歌を聴き「彼女ならいける」と太鼓判を押したこと。 しかし、多部は歌に強い苦手意識を持っていたため、撮影前の多忙なスケジュールの中、3か月もの音楽特訓を敢行したとのこと。 劇中歌プロデュースとして楽曲のアレンジを手掛けた音楽プロデューサーの小林武史は「まるで別人のようになっている」と評すほどに成長し、要潤はじめ共演者からも絶賛されている。 映画『あやしい彼女』は2016年4月1日、エイプリルフールに全国ロードショー。

次の