日本 テレビ アナウンサー 一覧。 日本テレビの女性アナウンサー一覧&注目女子アナ

日本テレビ「news zero」キャスター&アナウンサー出演者一覧

日本 テレビ アナウンサー 一覧

10位 ラルフ鈴木(らるふすずき)アナウンサー• 氏名:ラルフ 鈴木(らるふ すずき)• 本名:鈴木 崇司(すずき たかし)• 生年月日:1974年4月25日• 年齢:45歳• 血液型:A型• 出身地:東京都杉並区• 出身校:高校… American International School of Vienna、大学…慶應義塾大学法学部 2018年9月まで「NEWS ZERO」の キャスターを務めたラルフ鈴木アナ。 オーストラリア人の母と日本人の父を持つ ハーフで、端正な顔立ちをしています。 ラルフという名前はクリスチャンネームで 「メレンゲの気持ち」で久本雅美さんが ラルフと呼んだのがきっかけだったとか。 海外生活が長かったラルフ鈴木アナは プロを目指すほどのサッカーの腕前です。 テレビで人気のあのオネエタレントは 大学時代に同じクラスだったそうですよ。 詳しくは 9位 山本紘之(やまもとひろゆき)アナウンサー• 名前:山本 紘之(やまもと ひろゆき)• 生年月日:1988年8月9日• 年齢31歳• 血液型:B型• 出身地:千葉県松戸市• 高校…千葉県立柏南高等学校• 大学…明治大学 政治経済部経済学科• 勤務先:日本テレビ 2018年の「NEWSZERO」番組改編で スポーツキャスターに就任した山本アナ。 特技のサッカーはプロにスカウトされる レベルの運動神経の持ち主でもあります。 健康的で爽やかなルックスは好感度も高く 「Going」「キューピー3分クッキング」に 出演し、幅広く活躍している様子です。 中学からサッカーを始めた山本アナは サッカー日本代表選手とも親交が深く、 全日本大学サッカー選手大会や天皇杯で いくつも賞を獲得した経歴の持ち主です。 詳しくは 8位 伊藤遼(いとうりょう)アナウンサー• 名前:伊藤 遼(いとう りょう)• 生年月日:1994年6月• 年齢:24歳• 出身:埼玉県さいたま市• 学歴:高校…埼玉県立春日部高校、大学…明治大学 情報コミュニケーション学部• 勤務:日本テレビアナウンサー部 朝の情報番組「ZIP! 」で火・水曜の スポーツコーナーを担当する入社2年目の フレッシュさの残る伊藤遼アナ。 アイドルのような顔立ちをしていますが アニメが好きで、ジャニーズファンを 公言するなど、ギャップもいいですね。 特技のモノマネはレパートリー30以上で 高校時代から放送部所属の伊藤アナ。 大学時代もアナウンス研究会に所属する等 アナウンサーを目指してきた道のりは長く 努力家な一面は応援したくなりますね。 詳しくは 7位 川畑一志(かわばたいっし)アナウンサー• 氏名:川畑一志(かわばた いっし)• 生年月日:1989年8月21日• 年齢:29歳• 血液型:A型• 出身地:埼玉県狭山市• 高校…開成高校• 大学…慶應義塾大学経済学部• 勤務先:日本テレビ 「Oha! 」で活躍中の川畑一志アナは 三浦翔平さんなどのスターを輩出してきた ジュノンスーパーボーイコンテストにも 出場したことのあるイケメンさんです。 男っぽいというより可愛らしい顔立ちが 特徴で、女子力の高さなどにも定評あり。 大学在学中にはタレント活動も行い、 ドラマにも出演したこともあります。 目立つのは芸能活動だけではなく、 学歴も開成高校や慶應義塾大学の出身で、 嵐の櫻井翔さんと同じ学部だったようです。 詳しくは 6位 大町怜央(おおまちれお)アナウンサー• 名前:大町怜央(おおまちれお)• 生年月日:1995年9月• 年齢:23歳• 高校:修道高等学校• 大学:慶應義塾大学法学部政治学科• 勤務局:日本テレビ• 出身地:広島県呉市 2019年入社の大町怜央アナは小麦色の肌と 吸い込まれそうな目力のある瞳が特徴的な 新人イケメンアナウンサーです。 広島出身の大町アナは慶應義塾大学出身で 小学校から大学まで野球を続けてきた、 筋金入りの野球少年でもあります。 高身長で肩幅の広い男性らしいスタイルに スポーツマンらしく爽やかな大町アナ。 まだまだ知名度は低いかもしれませんが、 今後の活躍に比例して人気も出そうですね! 詳しくは 5位 弘竜太郎(ひろりゅうたろう)アナウンサー• 名前:弘竜太郎(ひろりゅうたろう)• 生年月日:1995年10月• 年齢:23歳• 高校:慶應義塾高等学校• 大学:慶応義塾大学経済学部• 勤務局:日本テレビ• 太眉と目力の強さが特徴的なイケメンで 学生時代に打ち込んでいたラクロスでは 全日本大学選手権に出場した実力者です。 また、バイオリンを14年間続けていたり 「M-1」にも出場経験があるなど、 ツッコミどころ満載のアナウンサーです。 今後番組の出演を重ねるなかで、弘アナの そんな才能を披露することがあるのかもしれませんね! 詳しくは 4位 青木源太(あおきげんた)アナウンサー• 名前:青木 源太(あおき げんた)• 生年月日:1983年5月7日• 年齢:35歳• 血液型:O型• 出身地:大阪府泉南郡岬町• 学歴:愛知県岡崎市立葵中学校、愛知県立岡崎高校、慶應義塾大学• 勤務:日本テレビ入社 ジャニーズファンとして有名な青木アナ。 「PON! 」の「ジャニッPON! 」での活躍で 一気に知名度を高めましたね。 キリッとした目が特徴のイケメンですが 高校時代は「家庭部」に所属しており 女子力が高めな男子だったようですね。 またTBSの山本匠晃アナウンサーも 同じ高校の出身で1年後輩だったそうです。 2019年1月の嵐の活動休止の記者会見の際 涙を流しながら熱く質問をするシーンも。 「PON! 」の後続番組「バゲット」の MCに抜擢された青木源太アナの 今後の活躍に期待したいですね! 詳しくは 3位 梅澤廉(うめざわれん)アナウンサー• 名前:梅澤 廉(うめざわ れん)• 生年月日:1993年4月26日• 年齢:25歳• 血液型:A型• 出身地:神奈川県厚木市• 中学…玉川学園中等部• 高校…慶應義塾高校• 大学…慶應義塾大学法学部政治学科• 勤務:日本テレビ2016年入社 「ヒルナンデス! 」のアシスタントの 梅澤廉アナウンサー。 少し天然だったり ドジをしたりする姿も「かわいい」と 人気に拍車をかけています。 スイーツコンシェルジュの資格を所持ち、 趣味・特技は乗馬や茶道なのだそうです。 一方で小学4年生から大学まで野球漬けの 学生だったというギャップもあります。 野球の実力はかなりのものだそうですよ。 番組のロケではサンシャイン池崎さんの 格好をしたりと、番組を盛り上げるために 頑張る姿から一生懸命さが伝わってきて つい応援したいと思うイケメンアナです。 詳しくは 2位 羽鳥慎一(はとりしんいち)アナウンサー• 名前:羽鳥慎一(はとりしんいち)• 生年月日:1971年3月24日• 年齢:48歳• 高校:神奈川県立横浜平沼高等学校• 大学:早稲田大学政治経済学部経済学科• 所属事務所:テイクオフ• 出身地:埼玉県上尾市 元日本テレビなのでここに入れます 「モーニングショー」で司会を務める 元日本テレビの羽鳥慎一アナウンサー。 「好きな男性アナウンサー」でも1位を 獲得するなど、人気アナウンサーです。 「ズームイン!! サタデー」や野球中継など 数々の番組に出演してきた羽鳥アナは 真面目と力の抜けた部分のバランスが 優れており、ずっと活躍しますね。 現在はフリーの羽鳥アナですが、 古巣日テレでも人気番組には継続して 出演していますね。 いい感じに年齢を 重ねてきている羽鳥アナ。 これからも 頑張って欲しいものですね。 詳しくは 1位 桝太一(ますたいち)アナウンサー• 名前:桝太一(ますたいち)• 生年月日:1981年9月4日• 年齢:38歳• 高校:麻布高校• 大学:東京大学大学院農学生命科学研究科• 勤務局:日本テレビ• 出身地:千葉県千葉市若葉区 平日朝の「ZIP! 」の顔といえばこの人。 桝太一アナは、端正な顔立ちに加えて 実力を兼ね備えている人気アナです。 情報番組からバラエティまで幅広い番組を こなすことのできる数少ないアナで、 「好きな男性アナウンサーランキング」では 5年連続1位で殿堂入りを果たしています。 東京大学出身という経歴を持つ桝アナは、 大学院まで生物に関する研究を続けており、 アナウンサーとしては異色の経歴ですが、 その意外性も人気の秘訣かもしれませんね。 プライベートでは、恐妻家と言われていたり 後輩にも敬語を使うなどの紳士的な一面が 垣間見えたりと、親近感や高感度が高く、 これからも活躍が続きそうですね。

次の

【日本テレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】

日本 テレビ アナウンサー 一覧

1990年 -• 1991年 - (アナウンス専門部長)• 1992年 - (アナウンス部専門副部長兼チーフアナウンサー)• 1993年 -• 1994年 -• 1995年 -• 1996年 -• 1997年 - 、• 1998年 - 、• 2000年 -• 2001年 -• 2002年 -• 2003年 -• 2004年 -• 2005年 -• 2006年 - 、• 2008年 -• 2009年 -• 2011年 -• 2012年 - 、• 2013年 -• 2014年 - 、• 2015年 -• 2016年 -• 2017年 - 、• 2018年 - 、• 2019年 -• 2020年 - 、 女性 [ ]• 1980年 - (アナウンス専門部長)• 1990年 - (アナウンス部次長)• 1996年 -• 1998年 -• 2001年 -• 2003年 -• 2010年 -• 2011年 -• 2012年 - 、• 2013年 - 、、• 2014年 - 、• 2015年 - 、• 2016年 - 、• 2017年 - 、• 2018年 - 、、• 2019年 - 、• 他部署へ異動 [ ] 丸かっこ内の数字は編成局アナウンス部在籍期間。 (1985年 - 2003年、取締役常務執行役員。 社長室出向局次長現職出向)• (1986年 - 2006年、情報・制作局次長)• (1987年 - 1996年、事業局24時間テレビ事務局担当副部長)• (1990年 - 1999年、コンプライアンス推進室)• (1991年 - 1999年、総務局総務部長)• (1992年 - 1998年、NTV International代表)• (1996年 - 2004年、報道局ニュースセンタープロデューサー)• (1999年 - 2011年、事業局プロデューサー)• (2002年 - 2006年、編成局制作部)• (2003年 - 2005年、スポーツ局)• (2003年 - 2016年、報道局)• (2004年 - 2010年、情報・制作局プロデューサー)• (2008年 - 2010年、報道局) 女性• P代表取締役社長、日テレイベンツ常務取締役。 グループ戦略室出向局次長現職出向)• (1984年 - 1996年、人事局厚生労務部担当部次長)• (1991年 - 2001年、報道局社会部専門副部長)• (1993年 - 2004年、事業局プロデューサー)• (1993年 - 2003年、スポーツ局プロデューサー)• (1996年 - 2012年、営業局首都圏営業部)• (1997年 - 2005年、営業局スポット営業部)• (2002年 - 2018年、編成局)• (一時期姓が 石田の時期あり)(2006年 - 2018年、インターネット事業局、2016年6月から2018年5月まではアナウンサーとの兼任) 退社・退職者 [ ] 丸かっこ内の数字は日本テレビ在籍期間。 特記事項の無い人物は主にや、、として活動している。 男性 [ ]• (1953年 - 1975年) - より移籍。。 (1953年 -? (1953年 -? ) - より移籍。 (1953年 -? ) - NHK より移籍。 (1953年 -? (1953年 -? ) - NHK より移籍。 (1953年 -? ) - 1997年没。 (1956年 - 1978年)• (1956年 - 1972年) - 退社後フリー。 アナウンサープロダクション『シオノ事務所』代表取締役。 (1956年 - 1994年) - 2018年没。 (1957年 -? ) - 1997年没。 (1957年 -? 2017年現在、東京相撲記者クラブ会友。 (1957年 - 1994年)• (1957年 - 1994年) - 後に報道局へ異動。 (1960年 - 1990年 ) - 退社後、分野を中心としたに転向。 番組出演は2004年まで日本テレビに限定していた。 長女は元NHKアナウンサーの。 (1960年 - 1997年)• (1962年 - 1993年) - 同年へし、その後退職。 (1962年 - 2004年 ) - 2006年4月より『』• (1963年 - 1989年) - 退社後フリー。 (1963年 - 1992年) - より移籍。 定年退職後フリー。 (1964年 - 2001年) - 定年退職を以て引退。 (1965年 - 2002年 ) - 元常務取締役、• (1966年 - 1991年) - 1970年に報道局より異動。 退社後フリー。 (1967年 - 2003年 ) - 元取締役。 (1967年 - 2004年) - 元(現:)取締役社長。 2006年に取締役相談役に就任。 (1968年 - 2006年 ) - 2013年没。 妻は江川範子。 (1968年 - 1972年) - 退社後フリー。 (1969年 - 2011年 ) - ラジオ日本退職後フリー。 (1974年 - 2011年 ) - コンテンツ事業局を経て定年退職後フリー。 (1977年 - 1986年) - 退社後フリー。 2019年4月より。 (1977年 - 2014年 ) - ラジオ日本「小鳩の愛〜eye〜」パーソナリティ。 (1979年 - 2014年 ) - 常務取締役。 (1981年 - 2006年) - 広報局へ異動後退職しフリー。 日テレ学院アナウンススクール講師、。 (1981年 - 2008年) - より移籍。 定年退職後フリー。 会社『パーフェクト・スピーチ』代表取締役社長。 (1982年 - 2019年) - 報道局、出版部、スポーツ局を経て退社。 (1984年 - 2007年) - より移籍。 事業局を経て退社後フリー。 『若林健治アナウンススクール』主宰。 (1985年 - 1991年)• (1988年 - 2005年) - 退社後フリー。 (1994年 - 2011年) - 退社後フリー。 (1997年 - 2006年) - 一般企業勤務。 (1999年 - 2015年) 女性 [ ]• (1953年 -? (1953年 -? (現姓:横田、1954年 -? (現姓:細田、1956年 -? (1956年 -? (現姓:加藤、1956年 -? (1956年 -? (1957年 -? (現姓:小坂、1958年 -? ) - 夫は元日本テレビプロデューサーの小坂敬。 (現姓:斎藤、1958年 -? (1959年 -? (現姓:田矢、1959年 -? (村上姓を経て田原姓、1959年 -? ) - エッセイスト。 2004年没。 夫はの。 (1959年 -? (1959年 -? (1961年 -? (現姓:久保、1961年 -? ) - 夫は、長女は元NHKアナウンサーの久保純子。 (1961年 - 1998年)• (1962年 - 1999年)• (1962年 - 1999年)• (1963年 - 2000年)• (現姓:青尾、1963年 - 2000年 ) - 定年退職を以て引退。 (現姓:守田、1964年 - 2001年)• (1964年 - 2001年)• (現姓:白石、1967年 -? ) - 日テレ学院アナウンススクール講師。 (現姓:神山、1967年 - 2013年 )• (1967年 -? ) - 元日テレ学院アナウンススクール講師。 (現姓:中西、1968年 - 2003年)• (1968年 - 2005年)• (現姓:芦沢、1970年 -? ) - 退社後フリー。 夫は芦沢俊美。 (1974年 - 1981年) - 退社後フリー。 (1974年 - 2010年 ) - 定年退職後、教授に就任。 (1976年 -? ) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師。 (1977年 - 2009年 ) - 在職中に死去。 (1981年 - 1987年) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師、。 (1982年 - 2019年) - 報道局、経理局、営業局、コンプライアンス推進室を経て、退社。 (1983年 - 1995年) - 国際局、広報局を経て退社。 (1986年 - 1994年) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師。 (1987年 - 2007年) - 在職中に死去。 (1988年 - 2000年) - 退社後フリー。 (1988年 - 1996年) - 退社後フリー。 (1989年 - 1995年) - 2001年没。 (1991年 - 2001年) - 報道局を経て退社後フリー。 (1992年 - 1999年) - 退社後フリー。 (1992年 - 2009年) - 退社後フリー。 (1995年 - 2004年) - 退社後フリー。 (1995年 - 2011年) - 報道局を経て退社後フリー。 (1997年 - 2014年) - 退社後フリー。 (1998年 - 2004年) - プロ野球投手と結婚、退社。 (1999年 - 2002年) - スポーツ部を経て退社。 元選手、フリーアナウンサー、日テレ学院アナウンススクール講師、フィギュアスケート、広告宣伝・ブランディング会社『ディオ』代表。 (1999年 - 2010年) - 在職中(育児休暇中)に死去。 (2000年 - 2006年) - のと結婚後、活動を休止。 現在は東京都在住。 (2000年 - 2008年) - 退社後活動休止。 (2000年 - 2016年) - 後にスポーツ局へ異動。 退社後フリー。 (2001年 - 2007年) - 退社後フリー。 (2001年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2002年 - 2012年) - 退社後フリー。 (2002年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2003年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2004年 - 2009年) - 退社後フリー。 (2005年 - 2010年) - 退社後活動休止。 (2006年 - 2012年) - 退社後フリー。 (2007年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2008年 - 2017年) - 退社後フリー。 (2009年 - 2016年) - 退社後フリー。 元日テレ学院アナウンススクール講師。 局契約 [ ]• (1968年 - 1971年) - 元、(局契約)アナウンサー。 NETとの契約満了後に移籍し、「」「」のMCを務めた• (1983年 - 1987年) - 元NHKアナウンサー• (1985年 - 1987年) - 元NHKアナウンサー• (2006年 - 2013年) - 元アナウンサー。 主に・を担当• (2014年 - 2015年) - 元アナウンサー アナウンサー番組 [ ]• (2014年 - ) ラジオ日本• (2012年4月中は放送休止。 ) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2015年6月から2017年5月まではのアナウンサー・運営スタッフとして出向していた。 2016年以前は報道系番組等で本名の「鈴木崇司」で出演していたが、2017年から名義を統一した。 2004年6月28日 - 2012年5月は報道局・キャスター担当部長。 1951年入局。 1940年二次入局。 1950年入局。 1947年後期入局。 後に報道局へ異動し、記者を経てキャスター兼コメンテーター。 国際局長を経て日本テレビアナウンスカレッジ(現・日テレ学院アナウンススクール)の創設に参画。 2000年に定年退職し、その後契約社員として勤務。 1960年入社。 報道局へ異動後、政治部長などを歴任。 福島テレビは系列局なので誤り。 報道局記者として入社。 後に報道局へ異動• 1996年に事業局へ異動。 定年前にアナウンス部教育担当部長を務める。 2003年にラジオ日本へ出向。 エグゼクティブアナウンサー、取締役編成局長、同営業局長を歴任。 2003年にコンテンツ事業局へ異動。 2000年にコンテンツ事業局へ異動。 現在、公益財団法人日本テレビ小鳩文化事業団の業務に従事。 1990年代前半にアナウンサーを退き、人事局勤務を経て関連会社役員を歴任。 1970年入社• 1981年入社• 1992年に事業局へ異動し、定年まで勤務。 1986年に報道局へ異動し、その後事業局、広報局に勤務。 定年を迎えた後も約9年間嘱託でドラマやバラエティの広報を担当。 2001年より関連会社役員を務める。 1994年に編成局・ネットワーク局・営業局等異動し、定年まで勤務。 1993年に報道局へ異動。 出典 [ ]• NHKアナウンサー史編集委員会「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』講談社、1992年12月21日、13頁。 『』 -• 「」 pdf 『日本記者クラブ会報』第577号、、2018年3月10日、 25頁、 2019年4月17日閲覧。 NHKアナウンサー史編集委員会「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』講談社、1992年12月21日、15頁。 , 日本民放クラブ 2017年11月22日閲覧• 1997年にアナウンス部を離れ、代表取締役社長、日本テレビ取締役副社長など重役を歴任。 メディアハウス. 2018年9月21日閲覧。 群馬県立沼田高等学校. 2018年9月19日閲覧。 中村こずえのひとりごと. はまぞう. 2019年4月17日閲覧。 「 」 『社団法人日本映像ソフト協会会報』NO. 121、、2007年4月10日、 13頁、 2017年9月9日閲覧。 朝日新聞 朝日新聞社. 2004年8月13日. の2004年8月13日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 「DJ訪問 江川範子」『週刊朝日』、朝日新聞出版、1978年5月12日、 50頁。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2009年4月23日. 2019年4月17日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2007年2月3日. の2016年5月31日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2001年9月19日. の2001年12月18日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 日刊スポーツ新聞社 日刊スポーツ新聞社. 2010年7月28日. 2019年4月17日閲覧。 参考文献 [ ].

次の

ニッポン放送のアナウンサーの一覧

日本 テレビ アナウンサー 一覧

1990年 -• 1991年 - (アナウンス専門部長)• 1992年 - (アナウンス部専門副部長兼チーフアナウンサー)• 1993年 -• 1994年 -• 1995年 -• 1996年 -• 1997年 - 、• 1998年 - 、• 2000年 -• 2001年 -• 2002年 -• 2003年 -• 2004年 -• 2005年 -• 2006年 - 、• 2008年 -• 2009年 -• 2011年 -• 2012年 - 、• 2013年 -• 2014年 - 、• 2015年 -• 2016年 -• 2017年 - 、• 2018年 - 、• 2019年 -• 2020年 - 、 女性 [ ]• 1980年 - (アナウンス専門部長)• 1990年 - (アナウンス部次長)• 1996年 -• 1998年 -• 2001年 -• 2003年 -• 2010年 -• 2011年 -• 2012年 - 、• 2013年 - 、、• 2014年 - 、• 2015年 - 、• 2016年 - 、• 2017年 - 、• 2018年 - 、、• 2019年 - 、• 他部署へ異動 [ ] 丸かっこ内の数字は編成局アナウンス部在籍期間。 (1985年 - 2003年、取締役常務執行役員。 社長室出向局次長現職出向)• (1986年 - 2006年、情報・制作局次長)• (1987年 - 1996年、事業局24時間テレビ事務局担当副部長)• (1990年 - 1999年、コンプライアンス推進室)• (1991年 - 1999年、総務局総務部長)• (1992年 - 1998年、NTV International代表)• (1996年 - 2004年、報道局ニュースセンタープロデューサー)• (1999年 - 2011年、事業局プロデューサー)• (2002年 - 2006年、編成局制作部)• (2003年 - 2005年、スポーツ局)• (2003年 - 2016年、報道局)• (2004年 - 2010年、情報・制作局プロデューサー)• (2008年 - 2010年、報道局) 女性• P代表取締役社長、日テレイベンツ常務取締役。 グループ戦略室出向局次長現職出向)• (1984年 - 1996年、人事局厚生労務部担当部次長)• (1991年 - 2001年、報道局社会部専門副部長)• (1993年 - 2004年、事業局プロデューサー)• (1993年 - 2003年、スポーツ局プロデューサー)• (1996年 - 2012年、営業局首都圏営業部)• (1997年 - 2005年、営業局スポット営業部)• (2002年 - 2018年、編成局)• (一時期姓が 石田の時期あり)(2006年 - 2018年、インターネット事業局、2016年6月から2018年5月まではアナウンサーとの兼任) 退社・退職者 [ ] 丸かっこ内の数字は日本テレビ在籍期間。 特記事項の無い人物は主にや、、として活動している。 男性 [ ]• (1953年 - 1975年) - より移籍。。 (1953年 -? (1953年 -? ) - より移籍。 (1953年 -? ) - NHK より移籍。 (1953年 -? (1953年 -? ) - NHK より移籍。 (1953年 -? ) - 1997年没。 (1956年 - 1978年)• (1956年 - 1972年) - 退社後フリー。 アナウンサープロダクション『シオノ事務所』代表取締役。 (1956年 - 1994年) - 2018年没。 (1957年 -? ) - 1997年没。 (1957年 -? 2017年現在、東京相撲記者クラブ会友。 (1957年 - 1994年)• (1957年 - 1994年) - 後に報道局へ異動。 (1960年 - 1990年 ) - 退社後、分野を中心としたに転向。 番組出演は2004年まで日本テレビに限定していた。 長女は元NHKアナウンサーの。 (1960年 - 1997年)• (1962年 - 1993年) - 同年へし、その後退職。 (1962年 - 2004年 ) - 2006年4月より『』• (1963年 - 1989年) - 退社後フリー。 (1963年 - 1992年) - より移籍。 定年退職後フリー。 (1964年 - 2001年) - 定年退職を以て引退。 (1965年 - 2002年 ) - 元常務取締役、• (1966年 - 1991年) - 1970年に報道局より異動。 退社後フリー。 (1967年 - 2003年 ) - 元取締役。 (1967年 - 2004年) - 元(現:)取締役社長。 2006年に取締役相談役に就任。 (1968年 - 2006年 ) - 2013年没。 妻は江川範子。 (1968年 - 1972年) - 退社後フリー。 (1969年 - 2011年 ) - ラジオ日本退職後フリー。 (1974年 - 2011年 ) - コンテンツ事業局を経て定年退職後フリー。 (1977年 - 1986年) - 退社後フリー。 2019年4月より。 (1977年 - 2014年 ) - ラジオ日本「小鳩の愛〜eye〜」パーソナリティ。 (1979年 - 2014年 ) - 常務取締役。 (1981年 - 2006年) - 広報局へ異動後退職しフリー。 日テレ学院アナウンススクール講師、。 (1981年 - 2008年) - より移籍。 定年退職後フリー。 会社『パーフェクト・スピーチ』代表取締役社長。 (1982年 - 2019年) - 報道局、出版部、スポーツ局を経て退社。 (1984年 - 2007年) - より移籍。 事業局を経て退社後フリー。 『若林健治アナウンススクール』主宰。 (1985年 - 1991年)• (1988年 - 2005年) - 退社後フリー。 (1994年 - 2011年) - 退社後フリー。 (1997年 - 2006年) - 一般企業勤務。 (1999年 - 2015年) 女性 [ ]• (1953年 -? (1953年 -? (現姓:横田、1954年 -? (現姓:細田、1956年 -? (1956年 -? (現姓:加藤、1956年 -? (1956年 -? (1957年 -? (現姓:小坂、1958年 -? ) - 夫は元日本テレビプロデューサーの小坂敬。 (現姓:斎藤、1958年 -? (1959年 -? (現姓:田矢、1959年 -? (村上姓を経て田原姓、1959年 -? ) - エッセイスト。 2004年没。 夫はの。 (1959年 -? (1959年 -? (1961年 -? (現姓:久保、1961年 -? ) - 夫は、長女は元NHKアナウンサーの久保純子。 (1961年 - 1998年)• (1962年 - 1999年)• (1962年 - 1999年)• (1963年 - 2000年)• (現姓:青尾、1963年 - 2000年 ) - 定年退職を以て引退。 (現姓:守田、1964年 - 2001年)• (1964年 - 2001年)• (現姓:白石、1967年 -? ) - 日テレ学院アナウンススクール講師。 (現姓:神山、1967年 - 2013年 )• (1967年 -? ) - 元日テレ学院アナウンススクール講師。 (現姓:中西、1968年 - 2003年)• (1968年 - 2005年)• (現姓:芦沢、1970年 -? ) - 退社後フリー。 夫は芦沢俊美。 (1974年 - 1981年) - 退社後フリー。 (1974年 - 2010年 ) - 定年退職後、教授に就任。 (1976年 -? ) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師。 (1977年 - 2009年 ) - 在職中に死去。 (1981年 - 1987年) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師、。 (1982年 - 2019年) - 報道局、経理局、営業局、コンプライアンス推進室を経て、退社。 (1983年 - 1995年) - 国際局、広報局を経て退社。 (1986年 - 1994年) - 退社後フリー。 日テレ学院アナウンススクール講師。 (1987年 - 2007年) - 在職中に死去。 (1988年 - 2000年) - 退社後フリー。 (1988年 - 1996年) - 退社後フリー。 (1989年 - 1995年) - 2001年没。 (1991年 - 2001年) - 報道局を経て退社後フリー。 (1992年 - 1999年) - 退社後フリー。 (1992年 - 2009年) - 退社後フリー。 (1995年 - 2004年) - 退社後フリー。 (1995年 - 2011年) - 報道局を経て退社後フリー。 (1997年 - 2014年) - 退社後フリー。 (1998年 - 2004年) - プロ野球投手と結婚、退社。 (1999年 - 2002年) - スポーツ部を経て退社。 元選手、フリーアナウンサー、日テレ学院アナウンススクール講師、フィギュアスケート、広告宣伝・ブランディング会社『ディオ』代表。 (1999年 - 2010年) - 在職中(育児休暇中)に死去。 (2000年 - 2006年) - のと結婚後、活動を休止。 現在は東京都在住。 (2000年 - 2008年) - 退社後活動休止。 (2000年 - 2016年) - 後にスポーツ局へ異動。 退社後フリー。 (2001年 - 2007年) - 退社後フリー。 (2001年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2002年 - 2012年) - 退社後フリー。 (2002年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2003年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2004年 - 2009年) - 退社後フリー。 (2005年 - 2010年) - 退社後活動休止。 (2006年 - 2012年) - 退社後フリー。 (2007年 - 2011年) - 退社後フリー。 (2008年 - 2017年) - 退社後フリー。 (2009年 - 2016年) - 退社後フリー。 元日テレ学院アナウンススクール講師。 局契約 [ ]• (1968年 - 1971年) - 元、(局契約)アナウンサー。 NETとの契約満了後に移籍し、「」「」のMCを務めた• (1983年 - 1987年) - 元NHKアナウンサー• (1985年 - 1987年) - 元NHKアナウンサー• (2006年 - 2013年) - 元アナウンサー。 主に・を担当• (2014年 - 2015年) - 元アナウンサー アナウンサー番組 [ ]• (2014年 - ) ラジオ日本• (2012年4月中は放送休止。 ) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2015年6月から2017年5月まではのアナウンサー・運営スタッフとして出向していた。 2016年以前は報道系番組等で本名の「鈴木崇司」で出演していたが、2017年から名義を統一した。 2004年6月28日 - 2012年5月は報道局・キャスター担当部長。 1951年入局。 1940年二次入局。 1950年入局。 1947年後期入局。 後に報道局へ異動し、記者を経てキャスター兼コメンテーター。 国際局長を経て日本テレビアナウンスカレッジ(現・日テレ学院アナウンススクール)の創設に参画。 2000年に定年退職し、その後契約社員として勤務。 1960年入社。 報道局へ異動後、政治部長などを歴任。 福島テレビは系列局なので誤り。 報道局記者として入社。 後に報道局へ異動• 1996年に事業局へ異動。 定年前にアナウンス部教育担当部長を務める。 2003年にラジオ日本へ出向。 エグゼクティブアナウンサー、取締役編成局長、同営業局長を歴任。 2003年にコンテンツ事業局へ異動。 2000年にコンテンツ事業局へ異動。 現在、公益財団法人日本テレビ小鳩文化事業団の業務に従事。 1990年代前半にアナウンサーを退き、人事局勤務を経て関連会社役員を歴任。 1970年入社• 1981年入社• 1992年に事業局へ異動し、定年まで勤務。 1986年に報道局へ異動し、その後事業局、広報局に勤務。 定年を迎えた後も約9年間嘱託でドラマやバラエティの広報を担当。 2001年より関連会社役員を務める。 1994年に編成局・ネットワーク局・営業局等異動し、定年まで勤務。 1993年に報道局へ異動。 出典 [ ]• NHKアナウンサー史編集委員会「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』講談社、1992年12月21日、13頁。 『』 -• 「」 pdf 『日本記者クラブ会報』第577号、、2018年3月10日、 25頁、 2019年4月17日閲覧。 NHKアナウンサー史編集委員会「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』講談社、1992年12月21日、15頁。 , 日本民放クラブ 2017年11月22日閲覧• 1997年にアナウンス部を離れ、代表取締役社長、日本テレビ取締役副社長など重役を歴任。 メディアハウス. 2018年9月21日閲覧。 群馬県立沼田高等学校. 2018年9月19日閲覧。 中村こずえのひとりごと. はまぞう. 2019年4月17日閲覧。 「 」 『社団法人日本映像ソフト協会会報』NO. 121、、2007年4月10日、 13頁、 2017年9月9日閲覧。 朝日新聞 朝日新聞社. 2004年8月13日. の2004年8月13日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 「DJ訪問 江川範子」『週刊朝日』、朝日新聞出版、1978年5月12日、 50頁。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2009年4月23日. 2019年4月17日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2007年2月3日. の2016年5月31日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 スポーツニッポン スポーツニッポン新聞社. 2001年9月19日. の2001年12月18日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 日刊スポーツ新聞社 日刊スポーツ新聞社. 2010年7月28日. 2019年4月17日閲覧。 参考文献 [ ].

次の