ピル デメリット。 [2020年最新]ピルのメリット・デメリット[日本の服用率がわずか1%]

ピル服用歴10年くらいの私が語るピルのメリット、デメリット

ピル デメリット

実は妊娠のリスクがある ピルの避妊率はほぼ100%です。 8%以上と説明しているサイトもあります。 ただし、「 356日ちゃんと同じ時間に毎日飲んでいる」が仮定です。 これがかなり難易度が高いのです。 生活リズムがある程度一定の人でしたら忘れなければ大丈夫ですが、寝る時間や起きる時間が不規則な方は何か工夫が必要そうです。 飲み忘れても、次の日に前日飲むはずだった分も飲めば大丈夫と病院で案内はされるとは思いますが、避妊の確率は下がってしまうと言えます。 365日ずっと継続することは思っている以上に大変です。 」「婦人科には極力行きたくない。。 」 そんな悩みをお持ちの女性に知ってほしい「生理前の不快感(PMS のためのサプリメント」があるんです。 ピルに頼らずデリケートな女性の 美容と 健康をサポートします。 「毎日のピルの服用はハードルが高い!」「いつも彼とのナイトタイムのとき避妊(ゴム)してるけど、やっぱりそれだけじゃ心配。。 」「盛り上がって避妊しないときもある。。 」 「ピルを毎日飲むことはお金もかかり、忘れそうで自信がない。 でも避妊薬には頼りたい時もある。

次の

ピル

ピル デメリット

子宮内膜が厚くなることを抑えるため、出血量が少なくなったり、子宮収縮が軽くなったりする効果があります。 また、月経周期が改善されることや出血量が抑えられることで、貧血を改善します。 それ以外にも、ピルを使用することで以下のような避妊以外の効果もあります。 長期間のピルの服用により効果が発現します。 ピルを使用することでメリットがあるように、以下のようなデメリットも存在します。 そのため、脳梗塞や心筋梗塞など、血液で血管がつまる病気が起こりやすくなるのです。 また、服用を開始して1~2か月は、吐き気や乳房の張りなどの症状や少量の不正性器出血を起こすことがあります。 これは、身体の中のホルモンのバランスが、ピルの服用によって崩れるためです。 ピルの内服を継続して身体が慣れてくれば軽減するでしょう。 これは、ピルを服用することで心臓や血管の障害、脳血管障害、血栓症などのリスクが上がるためです。 最後に 子宮筋腫では、出血を軽くして貧血の進行を抑えるためにピルを処方されることがあります。 服用する際は、医師の指示通りに内服して定期的に診察を受けるようにしましょう。 また、ピルは効果が出る前に副作用が出て様々な症状が出ます。 使用を継続してくると徐々に身体が慣れてきますが、日常生活に支障が出るなどの不具合を感じたら医師に相談しましょう。

次の

ピルの種類と特徴をアスリート目線で紹介!メリットやデメリットとは?

ピル デメリット

避妊具の種類と避妊率 今までさまざまな避妊方法が試されてきました。 現在も使われている避妊方法の一部と、それぞれの避妊の効果を下に挙げます。 ピル:0. 子宮内避妊器具(IUD):0. 2-0. 女性用コンドーム:5• 男性用コンドーム:2• (避妊せず):85 (参考:. ) 横の数字は 「パール指数」という避妊の効果を示す値です。 パール指数とは、100人の女性が1年間避妊を続けたときに、妊娠する数です。 要するに、1年間で避妊に失敗して妊娠する確率(パーセント)のことです。 上の数字はそれぞれの避妊方法を正しく継続して使った場合のもので、たとえばコンドームを正しく使わなかった場合などがあるとこの数字より妊娠が多くなります。 パール指数を見比べると、避妊具を使っても妊娠してしまう確率が意外に高いと驚くのではないでしょうか。 また男性用コンドームよりも、子宮内避妊器具、ピル、不妊手術の方が避妊効果は高いことが分かります。 以下では避妊具を使う方法のメリット・デメリットなどを、ピルとも比較して説明します。 ほかの避妊方法:経口避妊薬(ピル) 避妊具を使う方法と比較するため、ほかの避妊方法の例として経口避妊薬(ピル)についても説明します。 ピルは産婦人科などの医療機関で処方されています。 一般的に「ピル」と呼ばれる薬の多くは、 卵胞ホルモンと黄体 ホルモンという2種類の女性ホルモンの合剤です。 ピルの中にも種類があり、配合の度合いや毎日服用するかどうかについては、それぞれの製剤によって違いがあります。 ピルは避妊目的で使うものだけでなく、さまざまな治療目的で使われることがあります。 避妊目的で使われるピルは、現在では 低用量ピルと呼ばれる種類のものが主流です。 低用量ピルは、排卵を抑制する作用に加え、 子宮内膜や子宮頸管粘膜にも影響することで、避妊効果を現します。 飲み忘れなく正しくピルを続けていれば、高い避妊効果が得られます。 高い効果の一方で、薬による副作用にも注意が必要です。 頭痛や吐き気、などの副作用のほか、きわめてまれとされますが、 血栓症などの重大な副作用が現れる可能性もあります。 そのため特に注意するべきと考えられる人などではピルが使えないと判断されることがあります。 ピルを使いたいと思った時には、特に注意するべき持病や生活背景がないかを医師と十分相談すること、ピルを飲んでいる時期に何らかの症状などを感じたら早めに相談すること、副作用が疑われた場合には医師と相談したうえ服用中止など適切な対応を決めることなどがとても大切です。 まとめると、ピルには以下のようなメリット・デメリットがあります。

次の