持続 化 給付 金 入金 され た。 持続化給付金、入金されました。5/1初日の申請直後から、書類の不備に気付くも...

持続化給付金

持続 化 給付 金 入金 され た

新型コロナウィルス対策の目玉の一つで売上が半減した中小企業等に最大200万、個人事業主に100万円を支給する「」がちょっとトラブルとなっています。 当初からアナウンスされていた申請後、 2週間を超えてもまだ入金されていない方が多いことからツイッターを中心にネット上で大きな騒ぎとなっているのです。 持続化給付金は売上が大きく下がってしまった会社や個人への給付ですから資金繰りがギリギリで予定に組み込んで考えていた方も多いと思われます。 その方たちにとっては予定どうりに入金されないのは死活問題の話ですよね。 私も下記の通り持続化給付金を受付開始初日の早い時間に申請を出していますが、まだ入金されていませんし、なにも連絡を頂いておりません。 民間事業であれば予定より遅れるならば連絡するのが普通なのでしょうけどね・・・。 8日の時点で2万3千件• 11日の時点で2万7千件• 14日の時点で8万件 申請数は初日5月1日の17時の時点で56,000件(サーバーダウンがあったため少ない) 5月15日時点で申請数は90万を超えたそうです。 つまり、入金されているのは現状1割にも満たないということになります。 また、初日に申請した多くの方が入金されていないのに後日申請された方で入金されている方がいるという謎仕様も不満となっていのが現状です。 持続化給付金の入金が遅い理由 それではなぜ持続化給付金の入金が遅れているのかを考えていきましょう。 そもそもの処理能力が足りてない まず考えられるのが処理能力の問題でしょう。 受付開始から2週間が経った14日の時点で振り込みされたのが8万件です。 土日もなく作業しているとのことですから単純計算すると 1日6,000件くらい処理能力ということになります。 ですから現状の申請がどんどん増えている状況には対応できていないということが考えられますね。 現状の処理能力では90万件を処理するのに150日掛かりますから2週間での給付は到底無理というものです。 まだまだ申請は増えていくのが予想されますしね。 実際、 持続化給付金の処理担当と思われる求人が出ていますね。 急に決まった制度ですから体制部分から構築しているというのが現状なのでしょう。 後述しますが、いきなり採用しても本当に審査できるのか?という疑問もありますし・・・ ルール変更で審査が滞る また、途中でルール変更したのも大きいと思われます。 当初は10万円未満は切り捨てというルールでしたが、全額支給すべきという世論が多く8日夜に急遽 1円単位での支給というルール変更を行いました。 この影響で審査が遅くなったのも否めないでしょう。 申請書類がバラバラ 審査に時間が掛かる理由として申請書類がたくさんあり、会社や事業主によって違うという点も挙げられるでしょう。 売上台帳一つとってもしても使っている会計ソフトによって異なりますし、人によっては手書きやエクセルで作ったものまで許容されています。 それら書類を一見して判断できるものなのでしょうか? また、売り上げの計上方法も会社によってバラバラなのです。 現金主義だったり、 実現主義だったり、 発生主義だったりします。 また、発生主義でも 期中は現金主義でやっておいて期末に発生主義にしている企業も多いです。 このあたりを審査しようとするといろいろな企業で経理経験が豊富な人でないとなかなかハードルは高いと思われます。 そんな人材を急に大量に集めるなんて無理でしょうしね・・・現状の求人をみるとそのような人物を探しているわけでもないでしょうから機械的に判断しているでしょうが・・・ 不正な申請が多い すでに募集前から予想されていたことですが、不正な申請が多いとのこと。 持続化給付金は前年の決算書と今年の売上台帳(書式自由)で50%以上の売上低下を確認します。 これら書類は個人事業主や中小企業が自分たちで作る資料となります。 売上を条件を満たす程度に落としておいてその月以降につじつま合わせ。 なんてこともありえます。 実際ある税理士は入金を止めて来月に回して条件満たせば良いという風に発言されていましたね。 こういった行為のどこまでが許されるのかまったく線引が曖昧の状況ですから審査も大変でしょう。 また、持続化給付金の申請には前年の確定申告が必要となりますが、今まで脱税していたとか確定申告しなくてよいくらい所得がすくないとかで一度も確定申告をしていないのに持続化給付金用の申請をするなんて話をよく聞きます。 前年の確定申告を修正申告して条件を満たすように変えている方もいるとの話まであります。 それらを指南する人まで出てきている始末・・・ こんな状況ではそれらを判別しようとしたらかなりの時間がかかっても仕方ないでしょう。 ただし、不正申請はかなり重い罰則もありますので絶対そのような行為はやめましょうね。 >> 新型コロナウィルスの影響をどう判断? 今回の提出書類で疑問だったのが新型コロナウィルスの影響で売り上げ減少したことを証明するのが売り上げ台帳だったことです。 それだと売り上げが他の理由で下がったのかが判別できないんですよね。 そのため、業種によって入金状況に大きな差があるという話もあるのです。 明らかに新型コロナウィルスの影響が大きい業種の方は入金が早く、そうでない業種の方は遅いという。。。 このあたりも遅れている理由になっている気がします。 ただし、このあたり、現状の書類だけだと判断つかないと思うのです。 どう判断しているんでしょうか。 謎です。 持続化給付金はいつ入金されるのか? それでは持続化給付金はいつ入金されるのでしょう? これは正直わかりません。 2週間程度ということですから程度の部分で遊びをもたせても初日申請の方は数日以内に入金もしくは連絡くるものだと思いますが・・・ 人はいつなのかがわからないと不満を持つ ぜひ、担当の方に知っていただきたいことがあります。 それは人は遅刻したことを怒るんではない、 いつ来るかわからないのがイライラのもとなのです。 理由があって遅延するのは仕方ないと思います。 しかし、連絡しない、いつ入金あるのかわからないというのが一番いけないのです。 ですから今どういう状況でどんな作業をしているのかをマイページで表示するようにするだけでネット上の怒りはかなり収まるとおもわれます。 ぜひ検討してみてください。 まとめ 今回は「持続化給付金の入金が遅れている理由。 いつ入金されるのか?」と題して持続化給付金について見てきました。 現状の状況を見ると処理が追いついていないのが明白です。 急に決まったことですからある程度は仕方ないと思いますので、情報公開をもう少し行うだけで現状の混乱は治まってくるでしょう。 ぜひそのあたりを検討していただきたいものです。 フェイスブックページ、ツイッターはじめました。 「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです•

次の

持続化給付金 申請から入金までのおおよその目安や気づいた点を…

持続 化 給付 金 入金 され た

持続化給付金、マイページ。 個人情報の箇所は黒く塗ってあります。 (お察しください) 初日申請してから毎日、マイページ開いてますが変わらずの画面です。 不備連絡もなしなので、不備なし入金の処理にそろそろというとこでしょうか。 だから、申請画面を見ても、実際に振込が済んでいるかどうかは分かりません。 審査の進捗状況も不明です。 入金確認は、通帳を見るか、入金後しばらく経って届くハガキの通知を確認して下さい。 持続化給付金は1日申請の分の給付もまだ全ては完了ていないと推測 持続化給付金は、ある程度番号順に処理されている模様です。 ただし、完全に番号順だと、どれくらい処理が進んでいるか分かりやすいのですが、それが分からないようにするためか、ランダムで選んでいるような申請番号が先に振り込みされていることもあります。 1日の申請も10万件以上の申込みがあったようなので、13日の水曜日になっても1日申請したもので、まだ振込まれていないものが多数あります。 持続化給付金 5月1日昼頃申し込み完了。 23000番台。 宮崎県、地方銀行、法人。 添付資料等の不備メール及びマイページでの知らせなし。 5月13日15時時点、振り込みされてない。 20日までには何卒。 — 👹小童子👹 codooji 8日の入金は、GWなど休日に作業を進めた結果の入金説 5月8日に24000件の振り込みがあったと報道されました。 恐らく、これは初日の特別対応だと考えられます。 GW中などにも対応して、振込準備をされたのではないでしょうか?1週間での入金なので早すぎます。 経済産業省のホームページを見ると、持続化給付金は通常2週間程度の振込となっています。 1日申請の分は14日で2週間 今後の入金のタイミングは申請から2週間以上になってくる可能性もあります。 ただ、そうすると1日申請の分はそろそろ入金のタイミングとなるはずです。 こんな情報もあります。 思います…って。 確実では無いのか。 1日申請 持続化給付金 特例 13000番台 13日 水 本日も入金なし 不備メールもなし — すいーと 2nPm3KWy0sJqsxz 14日は入金があったという声が再び多くなり、報道もされるのではないかと推測しています。 ただ、上記の情報がデマだという声もあるので真偽は不明です。 まとめ 持続化給付金の入金確認方法について見てきました。 基本的に自分で口座をチェックする方法が一番です。 何度も通帳を記帳したり、インターネットバンキングを開けたりと面倒ではありますが。 後は、気長に振込の通知のハガキを待つ方法もあります。 申請画面は、基本的に何の変化もありません。 おすすめ記事.

次の

持続化給付金申請から入金まで

持続 化 給付 金 入金 され た

1社目=コンパニオン派遣業• 2社目=配膳サービス業 「通常2週間程度で入金」とのことだったので、日数もカウントしました。 お役所の言う日数はきっと平日だけカウントだろうなと想像してましたが、実際 平日だけでカウントすると確かに2週間以内ですね。 通知来る前に入金に気付く可能性高い気がするけど、このハガキの必要性はいかに? メールで通知してMYページで確認ではダメなんでしょうか… 申請時に戸惑った対象月 前年と比べて50%以下の売上になっている月を対象月として選択しますが、ここで戸惑ったのは決算期とのタイミング。 うちの場合は、毎年4月から3月の1年で決算です。 当初は対象月を4月にしようと考えましたが、そうすると2019年4月~2020年3月の申告書が必要になる…しかし4月~5月中はまさに決算処理中で申告書はできあがってもいない状況。 申告書が手元に来るであろう6月まで申請自体ができないの?となってしまうわけです。 時期的にこういう企業は多いんじゃないでしょうか? 一応これには特例があって、前々年の申告書でも代用可能となってますが、何となく特例対応は避けたかったんですよね。 それによって時間がかかるとか、何か不都合になったら嫌だなと… うちの場合は、3月から既に前年の50%以下になっていましたので、結果的には対象月を3月にして、2018年4月~2019年3月の前々年の申告書ではありますが、特例ではない通常申請をすることができました。 ちょっとしたミスはスルー!? 申請をしていく中で、金融機関コードを入力する箇所がありますが、「0005」なのを「0051」と入力してしまってる事に後から気付きました。 一度申請してしまったらこちらからは修正ができないので、これが不備にあたるのか問合せをしてみましたが、「不備があったら連絡が行きますのでお待ちいただけませんか?」というどちらでもない返事だったので、ただ黙って待つことに・・・ 不備対応になったら更に時間がかかりそうで嫌だなと思ってましたが、そのまま特に不備連絡もないままで入金に至りました。 ただ、「よくある不備」のページで、 「通帳の金融機関コードと登録された金融機関コードが一致しない」というのがありますので、 不備である事は間違いないようですが、私の場合は 修正を求められることなく終了しました。 LINEで問合せできる! 上記の金融機関コードをミスした際、問合せ先を探してみたところ、LINEでの問合せが可能な事に気付き、ちょっと驚きました。 早速友達追加して指示通りに進んで行くと、よくある自動チャットの応答のような形で進み、ありがちな回答ばかりで必要な回答に出会えず終了! ・・・かと思いきや、 「解決されてない場合はオペレーターへお繋ぎしますか?」とのメッセージ。 ゴールデンウィークの連休中だったため、まさかと思いながら試しに進んでみたら応答があり、明らかに人間が対応してくれました。 笑 しかも最大15分かかるかも…という所、1分以内でした。 ただ、回答内容は上記した通りの、YESでもNOでもなく、額面通りという感じではありましたが、連休中に対応している事には驚きました。 持続化給付金申請の難易度は!? 人によって大きく異なると思いますが、一応私の個人的見解です。 ちなみに私は自分で割と何でもやってしまうタイプです。 創業時の登記申請、リーマンショック後の雇用調整助成金やその他補助金など、ほとんど自分でやってきました。 このホームページも土台は別としてアレンジは自分でやってるくらいなので、WEBにも多少明るいほうだと思います。 その目線で参考になるかどうかは分かりませんが… 今までの国や自治体の制度への申請の中では 一番簡単だと感じました。 必要書類に関しても、法人ならまず確実に既にあるものだけで、何かまとめたり新しく作ったりする必要もありません。 個人事業主の場合で、手帳に売上つけてて、個人的に見られたくない部分が見えてしまう…という場合などは作り直しもありだと思いますが、それにしても、そこまで手間のかかるものにもならないでしょう。 オンライン申請のみというのは、賛否あるかと思いますが、お役所言葉を解読しながら細かな書類に記入するのって相当苦痛です。 しかも項目多すぎて、記入欄を見落としそうな様式が多いので、それと比較したらすごく楽だと感じました。 ただ、オンラインに慣れてない方から見れば、十分難易度高いかなとも思います。 それでも、 有料で誰かにやってもらうレベルではないかなというのが感想です。 また、運良く不備がなかったため、不備があった際にかかる時間などは全く分からない状況です。 2週間経ってやっと不備が来た!という話も聞きますので、一つでも不備があれば1ヶ月はかかる可能性も!? 5月が最低売上という事業者さんも多いかと思いますので、ここから更に申請が増えていくのではないでしょうか? 私の時と今、そしてこれからでは全く比較にならない可能性もあるかもしれません。 兼業コンパニオンでも申請中 自分の会社2社分の申請の他に、うちに籍を置くコンパニオンの子の申請も一緒にやってみました。 昼職との兼業のため事業収入としても少なく、給付額100万未満での申請です。 申請番号は126万台です。 夜職がかつての状況に戻るにはまだまだ時間がかかりそうですから、活用できるものは是非活用したいですね!.

次の