美腸スープ。 【スッキリ】atsushiの『魔法の美腸スープ』が話題に!気になるレシピをチェック

【Atsushi流レシピ】ダイエットにもおすすめ! 美肌&美腸に効く食事・メニューまとめ

美腸スープ

長ネギは斜め切りにする。 ごぼうは皮つきのまま輪切りにする。 2、鍋にごま油を入れ、中火で熱する。 (1)のにんにく、しょうがを入れ、炒める。 3、香りが立ったら、(1)の長ネギ、ごぼう、牛肉を加えて炒める。 4、火が通ったら水を加え、あくを取りながら3分ほど煮る。 5、食べやすくほぐしたしめじを加え、1分ほど煮る。 6、<A>を加えてひと煮立ちさせる。 7、仕上げに白すりごま、一味唐辛子をふって完成です。 にんにく、玉ねぎをみじん切りにする。 アスパラガスは根元の皮をむいて、一口大に切る。 トマトは一口大に切る。 鍋にオリーブオイルを中火で熱し、(1)のにんにく、玉ねぎを炒める。 香りが立ったら豚ひき肉を加えて炒める。 (1)のトマトを(3)に加えて炒める。 火が通ったら水、固形コンソメ、塩を加えてひと煮立ちさせる。 豆乳を加え、フツフツとしてきたら火を弱め、沸騰させないように混ぜながら3分ほど煮る。 (1)のアスパラガスを加え、ひと煮立ちさせたら完成です。 500wは1. 2倍、700wは0. 8倍の時間で対応して下さい。

次の

スッキリ!Atsushiさんのレンジで簡単!美腸スープレシピ【黒酢のポークサワーオイスタースープ・豆腐と豆乳のスープ】の作り方。

美腸スープ

ポークトマト豆乳スープの作り方!魔法の美腸スープ 豚肉のイノシン酸とトマトと玉ねぎのグルタミン酸のスープの食物繊維たっぷりのおいしいスープ。 豚肉はビタミンB1が豊富で疲労回復効果が期待できる。 トマトのリコピンには紫外線による肌ダメージに有効な働きがある。 またリコピンは熱に強く、油を一緒にとると体内への吸収率アップ。 材料(3食分) 豚ひき肉:200g アスパラガス:3本 塩:少々 トマト:2個 にんにく:2片 オリーブオイル:大さじ1 玉ねぎ:1個 豆乳:400ml 水:100ml 固形コンソメスープのもと:2個 作り方 1. 鍋にオリーブオイルを入れ、中火で熱する 2. みじん切りにしたにんにくと玉ねぎを軽く炒める 3. 豚ひき肉を加えて炒める 4. 一口大にカットしたトマトを加えて炒める 5. 食材に火が通ったら水を加え、固形コンソメ・塩で味を調える 6. コンソメが溶けたら豆乳を加え、沸騰させないように3分ほど煮る 7. カットしたアスパラガスを加えて一煮立ちさせて完成。 魔法の美腸スープの効果 ・腸の働きが活発になる ・低糖質で高タンパク質 ・低カロリー ・夏バテ防止にも効果が期待できる ・10分で作れる 牛肉とごぼうのスープの作り方 牛肉のイノシン酸と長ネギと昆布だしのグルタミン酸でおいしさアップ。 牛肉にはLカルニチンが含まれ、脂肪燃焼効果が期待できる。 ごぼうは食物繊維が豊富で腸の働きが活発になり美腸につながる。 しめじは低糖質、低カロリー、食物繊維が豊富。 美腸にも効果が期待できる。 材料(3食分) 牛薄切り肉(赤身):200g しょうが:20g みそ:大さじ2 水:600ml ごぼう:200g 長ネギ:1本 かりゅう昆布だしのもの:大さじ1 白すりごま:大さじ2 しめじ:100g にんにく:2片 酒:大さじ2 ごま油:大さじ1 一味唐辛子:適量 作り方 1. 鍋にごま油を入れて中火で熱する。 みじん切りにしたにんにく、千切りにしたショウガを入れて炒める。 香りがたったら、斜め切りにした長ネギを加える。 ごぼうは皮をむかずに、輪切りにする。 牛肉を加えて炒める。 火が通ったら水を加え、あくを取りながら3分ほど煮る。 最後にしめじを加え、1分ほど煮る。 かりゅう昆布だしのもと・酒・みそを加え、仕上げに白すりごまを加えて完成。 Atsushiさんのレシピ本.

次の

[スッキリ]Atsushi美腸スープ 豚肉とレンコンの豆乳みそスープ

美腸スープ

「やせる」ことは過程であり、決して人生の目的ではありません。 目指すべきは身体と心が健康で満ち足りた状態の自分。 美肌キープ、アンチエイジング、ウェイトコントロールはその大切な要素です。 なりたい自分に近づく、でも無理な努力はしない。 毎日の生活に等身大で取り入れられて、気がついたらダイエットも完了している、3つのとっておきスープレシピをどうぞ。 コロコロの具がかわいい。 毎朝食べたい、やさしいおだしのポトフ 繊維とミネラルの多い根菜類は、ぜひ毎日の食事に取り入れたい具材。 たっぷり煮込んでだしでやさしく味をまとめ、さわやかな青じそでアクセントをつけます。 かたまり肉をサイコロ型に切って存在感をアップ。 朝、このスープとパンでも満足感たっぷりです。 青じそはみじん切りにする。 豚肉は塩をもみ込む。 2いためる なべを熱して豚肉を入れ、中火で3分いため、焼き色がついたらじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、キャベツの順に加えて1分ほどいためる。 3煮る Aを加え、煮立ったらふたをして弱火にし、10分ほど煮る。 豚肉に火が通ったら火を止め、青じそを加えてまぜる。 元気がないときこそ、強いスープを。 きのことほたての酸辣湯 体力が落ちていていたり、心配事があったりで、どうにも食欲がないとき。 やさしい食べ物で胃腸をいたわっても回復しないのなら、逆にパワーにあふれる食べ物で自然の波動を身体にチャージしてみて。 辛みと酸味を、うまみの強いほたてときのこでさらにパワフルに。 きのこは石づきを除き、しめじは小さくほぐし、えのきだけは長さを半分に切り、しいたけは四つ割りにする。 2いためて煮る なべにごま油を熱し、きのこ、ほたてを入れて中火で2分ほどいため、Aを加える。 煮立ったら弱火にして5分ほど煮る。 3仕上げる かたくり粉を同量の水でといて2に加えまぜ、卵を割りほぐして回し入れる。 フワッと浮き上がってきたら、酢を加えてさっとまぜる。 器に盛り、万能ねぎを散らしてラー油を振る。 シンプルにしょうがを効かせて。 手羽先とかぶのコラーゲンスープ 美肌といえばコラーゲン。 煮込んだ手羽先はいちばん手軽なコラーゲン補給源として活用したいもの。 火が通りやすいのに煮崩れにくいかぶは、コトコトと煮て味をたっぷりしみこませてください。 毎日、朝にも夜にも食べたい、飽きのこない味つけです。 キャベツは2等分のくし形に切る。 2焼く フライパンにごま油大さじ1、しょうがを入れて弱火でいため、香りが立ったら手羽先を加えて中火で焼く。 焼き色がついたらA、かぶを加える。 3煮る 煮立ったらキャベツを加えてふたをし、弱めの中火で10分ほど煮る。 Bで調味し、仕上げにごま油少々をたらす。 器に盛って黒こしょうを振る。

次の