2020 年 3 月 20 日 人類 滅亡。 「2020年3月21日」に人類滅亡!インド暦とマヤ暦の終わりが一致!

「2020年3月20日は人類滅亡にだそうです。」隼人のぱぱのブログ | 中年エロおやじのページか?

2020 年 3 月 20 日 人類 滅亡

ことの発端は、「2012年人類滅亡」で話題になった「マヤ暦の終末説」にある。 古代で使用されていた マヤ暦が「2012年12月21日」に区切りを迎えるということから、その日に人類は滅亡すると解釈されたのだ。 当時のオカルト・スピリチュアル界隈の騒動を記憶している人も多いだろう。 しかし実際には、2012年12月21日の後は新たなサイクルとしてカレンダーが始まるというだけで、そこですべてが終了するというわけではなかったのだ。 その後もマヤ暦の研究者により、「 4年に一度のうるう年を考慮に入れていなかった」と計算ミスを訂正した「 2015年9月3日人類滅亡説」が出され、その次は、マヤ暦と聖書の記述から考察した「 2019年12月21日人類滅亡説」……。 このように、「 マヤ暦の終末説」は少しずつ修正を加えられており、人類滅亡の日はズルズルと延長されている。 すでに賞味期限切れ気味の「マヤ暦の終末説」ではあるが、実は今、している。 マヤ暦をフランスの科学者が計算し直すと、 正しい終末の日は 「 2020年3月」であったという。 さらにはこの日付は、 インドのスーリヤ寺院に残されたインド暦の終わりとも一致していたのである。 この予言によれば、オリオン座ので大爆発が起きて、発生した強烈なガンマー線によりが消滅、地球上が焼き尽くされて生物が死に絶えるという。 過去の「 マヤ暦の終末説」の示す人類滅亡の日にはことごとく何もなかったので、それゆえ、 またか……と呆れる人も多いだろう。 2020年3月のは、 宇宙の暦によるスタートの日であり、この「 宇宙元旦」に次元上昇()が起きるなどと、多くの人々が3月の重大さを説いているのだ。 その中でも最も注目されているのが、「 2020年3月にゲートが閉じる」という話であろう。 この潮流を作ったとされるのが作家・ナー講師の 並木良和氏であるという。 (参考: 並木氏によれば、 2020年3月に「目覚めのゲート」が閉まるという。 2017年に徐々に開き始めたこのゲートは、 2018年から2020年3月までは大きく開いているのだが、以降は徐々に閉じていき、2021年のには完全に閉じてしまうという。 それゆえ、3月に閉まり始めるというゲートに対して、どのような準備と心構えで挑む必要があるのかと、並木氏は自身の講演会やなどを通じて発信している。 「」「次元上昇」という言葉は、今から10年ほど前、ちょうど「2012年マヤ暦終末論」あたりからスピリチュアル業界で広まった言葉だ。 人類が今の3次元から5次元などのより高い次元に移行することをいう。 並木氏によれば今、地球はどんどん次元上昇しているという。 すでに14万4千人が目覚めが予定されている。 その予定されている人々が目覚めなかった場合、人々の波動が重くなり、地球はその重みをふるい落として開放されようとしてするため、自然災害が増えてしまうというのだ。 目覚めを予定されている14万4千人の人々がどんどん目覚めれば、周囲の人たちも目覚めていき、地球全体ができるというのである。 並木氏は今、スピリチュアル界隈ではとても人気がある。 このような混沌とした時代だからこそ彼の理論が心に響く人々が多いのかもしれない。 振り返れば、「2012年マヤの終末論」が流行した時、次元上昇もずいぶんと話題となった。 当時、「2012年12月21日にが起こる」とスピリチュアル界隈でもかなりのブームとなった。 身体が消えてなくなったり光に包まれるなどといった超常現象が起こると、信じて疑わない人も少なからずいたのだ。 しかし、実際、 2012年12月21日には何も起きなかった。 ただし、2012年からじわじわと人類の滅亡のカウントダウンが始まったという解釈もあるので、あながちハズレたとも言い切れないだろう。 そして、筆者が以前インタビューした、オカルトエリートで人気バンド「」の和嶋慎治氏によれば、「 今が中」だという。 次元上昇は一瞬で終わるものではなく、結構な時間がかかるものという説もあるので、2012年にが始まって今も続いているとも解釈できるのだ。 死まであと100日と明示されたワニの生活を描く4コマ漫画で、 2019年12月12日からスタートしている。 そのワニが死ぬ100日目が2020年3月なのである。 この漫画の最終回が「マヤ終末論」、「インド暦の終わり」、さらには「ゲートが閉まる」日と重なるのは偶然なのだろうか? 最近ではの漫画『』がが予言的中させたという説から、『100日後に死ぬワニ』も何かを予言をしているのかもしれない。 あるいは、きくちゆうき氏が未来人で何らかのメッセージを漫画を通して現代人に伝えようとしているのかもしれない。 ともかく、2020年3月に一体何が起きるのか? dream-kb.

次の

「2020年3月21日」に人類滅亡!インド暦とマヤ暦の終わりが一致!

2020 年 3 月 20 日 人類 滅亡

1984年にユネスコ世界遺産に登録されています。 画像引用:wikipedia この話の出どころは、 「インド暦」というものが発端のようです。 ところが、調べてみても「インド暦」というものが出て来ない。 太陽暦を元にした「インド国定暦」のことなのか、それとも太陰太陽暦を元にした「ヒンドゥー暦」なのかが釈然としません。 まぁそれはさておき、インドのスーリヤ寺院に伝わる「インド暦」とやらを見てみると、 2020年3月20日以降の日付がないんだとか。 それが転じて、「終末の日なんじゃねーか」と言われているらしいのです。 現地では、 「カルキが現れて一つの時代を終わらせる」とウワサされているんだとか。 カルキは水道水に混ざってるやつのことではなく、ヒンドゥー教における最高神の1柱である 「ヴィシュヌ」の10番目の化身のこと。 悪がはびこる時代に現れ、世界を破壊するとされています。 マヤ文明では独自の 「ロングカウントカレンダー(長期暦)」という暦を持っていました。 彼らの単位である「13バクトゥン(5125年)」が1サイクルとなっていて、それを西暦に換算すると、1サイクル(1つの時代)の終わりが2012年12月21日だとされたのです。 マヤ族的には次のバクトゥン(サイクル)に入るだけのことだったのですが、これが転じて 「人類滅亡の日なんだ!」と騒ぎ出したことは皆さんご周知の通り。 そして、何事もなく2012年が過ぎたものの、 実は計算間違いでした テヘ と、2012年以降に言い出した連中がいたんですよ。 ベテルギウスは老齢の恒星で、ずいぶん前から「そろそろ寿命なんじゃないか」とウワサされている星。 事実、2019年10月頃より観測史上最も暗くなり「爆発前の兆候かも?」と言われましたが、2020年2月に入ると再び光が強くなり、爆発はしばらく先だろうという見解が示されました。 しかし、オカルト界隈ではどこ吹く風。 インドとマヤの2つの説を照らし合わせ、超新星爆発を起こす日こそが 「3月20日なんじゃないか!?」という予言が爆誕したのです。 爆発するとどーなんの? 質量の高い星は、爆発を起こす際に大量のガンマ線を放出します。 この現象を 「ガンマ線バースト」と呼び、4億4000万年の地球(オルドビス紀)で起きた生命大量絶滅の原因もコレだと考えられています。 決してオカルトな話ではないのですよ! ベテルギウスによるガンマ線バーストが地球にまで影響を与えた場合、オゾン層を破壊されただけで人類大ピンチとなります。 なので、仮に予言通り3月20日に爆発が観測されたとしたら、 「人類(というか地球上の生命)滅亡」も科学的にあり得る話なんです。 しかし、超新星爆発によるガンマ線放出には指向性があることが分かっていて、ベテルギウスの自転軸から考えると地球に直撃する恐れはないだろうとされました。

次の

2020年3月20日人類滅亡説|神代ネム@note毎日更新|note

2020 年 3 月 20 日 人類 滅亡

1984年にユネスコ世界遺産に登録されています。 画像引用:wikipedia この話の出どころは、 「インド暦」というものが発端のようです。 ところが、調べてみても「インド暦」というものが出て来ない。 太陽暦を元にした「インド国定暦」のことなのか、それとも太陰太陽暦を元にした「ヒンドゥー暦」なのかが釈然としません。 まぁそれはさておき、インドのスーリヤ寺院に伝わる「インド暦」とやらを見てみると、 2020年3月20日以降の日付がないんだとか。 それが転じて、「終末の日なんじゃねーか」と言われているらしいのです。 現地では、 「カルキが現れて一つの時代を終わらせる」とウワサされているんだとか。 カルキは水道水に混ざってるやつのことではなく、ヒンドゥー教における最高神の1柱である 「ヴィシュヌ」の10番目の化身のこと。 悪がはびこる時代に現れ、世界を破壊するとされています。 マヤ文明では独自の 「ロングカウントカレンダー(長期暦)」という暦を持っていました。 彼らの単位である「13バクトゥン(5125年)」が1サイクルとなっていて、それを西暦に換算すると、1サイクル(1つの時代)の終わりが2012年12月21日だとされたのです。 マヤ族的には次のバクトゥン(サイクル)に入るだけのことだったのですが、これが転じて 「人類滅亡の日なんだ!」と騒ぎ出したことは皆さんご周知の通り。 そして、何事もなく2012年が過ぎたものの、 実は計算間違いでした テヘ と、2012年以降に言い出した連中がいたんですよ。 ベテルギウスは老齢の恒星で、ずいぶん前から「そろそろ寿命なんじゃないか」とウワサされている星。 事実、2019年10月頃より観測史上最も暗くなり「爆発前の兆候かも?」と言われましたが、2020年2月に入ると再び光が強くなり、爆発はしばらく先だろうという見解が示されました。 しかし、オカルト界隈ではどこ吹く風。 インドとマヤの2つの説を照らし合わせ、超新星爆発を起こす日こそが 「3月20日なんじゃないか!?」という予言が爆誕したのです。 爆発するとどーなんの? 質量の高い星は、爆発を起こす際に大量のガンマ線を放出します。 この現象を 「ガンマ線バースト」と呼び、4億4000万年の地球(オルドビス紀)で起きた生命大量絶滅の原因もコレだと考えられています。 決してオカルトな話ではないのですよ! ベテルギウスによるガンマ線バーストが地球にまで影響を与えた場合、オゾン層を破壊されただけで人類大ピンチとなります。 なので、仮に予言通り3月20日に爆発が観測されたとしたら、 「人類(というか地球上の生命)滅亡」も科学的にあり得る話なんです。 しかし、超新星爆発によるガンマ線放出には指向性があることが分かっていて、ベテルギウスの自転軸から考えると地球に直撃する恐れはないだろうとされました。

次の