中村 俊輔 インスタ。 本田圭佑が中村俊輔に言ったあり得ないセリフ・捨て台詞って何?気になる内容は?

トルシエが語る中田英寿、中村俊輔、小野伸二。そして世界の扉を開けた森島寛晃

中村 俊輔 インスタ

私が目撃した、チャンピオンズリーグ名勝負 1 欧州最高峰のコンペティションとして、これまで幾多の伝説をサッカー史に刻んできたUEFAチャンピオンズリーグ。 その名勝負誕生の瞬間にスタジアムで立ち会った『footballista』執筆陣が、当時の興奮や感動を振り返る。 豊福晋氏が見届けた名勝負 06-07 セルティック vs マンチェスター・ユナイテッド 今から10年と少し前、英国の戦いというものがあった。 「バトル・オブ・ブリテン」 もちろんこの時期、(幸いにも)実際には英国で戦争も内紛も起きていない。 UEFAチャンピオンズリーグで対戦するマンチェスター・ユナイテッドとセルティックの試合に、英国メディアが仰々しい名前をつけて煽ったのである。 随分と時が経った今も、このフレーズのことはなぜかはっきりと覚えている。 このカードは結局のところ、グループステージの2試合に過ぎなかった。 だが、イングランドに対して敵意をむき出しにするスコットランドでは、その年の大一番でもあった。 第1戦の舞台はマンチェスターUの本拠オールド・トラッフォード。 一方、マンチェスターUサイドと言えば、もちろん盛り上がってはいたけれど、セルティックを取り巻く熱気と比べるとどこか冷めたところもあった。 それはそうだろう。 彼らは欧州の一流クラブだ。 バルセロナやバイエルンとの試合こそがUEFAチャンピオンズリーグの大一番。 多くの人の心に、そんな想いがあったはずだ。 遥か北、スコットランドリーグのセルティックは、エリートの彼らにしてみれば、田舎からの来客でしかなかった。 オールド・トラッフォードの近くにあった、モーテルとホテルの間くらいの宿に泊まった。 「グラスゴーから来たんだ」と話すと、主はふんと鼻を鳴らし、英国的な皮肉で歓迎してくれた。 「その日本人が活躍するといいね」 マンチェスターの伝統ある夕刊紙の記者に話を聞いても、まるで相手にされなかった。 英国の、マンチェスターの誇り。 この国の歴史と同じく、とても深い。 そうして迎えた一戦。 オールド・トラッフォードで、セルティックは2点を奪った。 壁の上をギリギリで越える、低い弾道の鋭いフリーキックが決まると、駆けつけた緑のサポーターは狂ったようにはしゃいだ。 試合に勝ったのは、地元ファンからすると「いつものように」マンチェスターUだった。 しかし夢の劇場のスコアボードに映し出された選手の名を、彼らは数カ月後にもう1度目にすることになる。 2戦目の朝、古いアパートを出て、いつものように街の東の労働者が朝食を買いに来る売店で新聞を買った。 映画『トレインスポッティング』に出てきそうな、床がチップスの油で滑る店だ。 4年間通ったけれど、最後まで女店主が話すスコットランド英語は理解できなかった。 そして、紙面は街の期待をそのまま凝縮したようなものだった。 それはプレミアリーグほど華やかな舞台の取材経験のないセルティックの番記者も同じだ。 まだあたりが薄暗い朝から、人々の話題は試合のことで持ち切りだった。 グラスゴー住民の半分はセルティックの勝利を願い、青いシャツを着た残りの半分の人たちは惨敗を願った。 いつものように。 試合は1本のフリーキックで決まった。 1戦目よりも遠い距離、左足から放たれたボールは横っ飛びしたオランダ人ゴールキーパーの長い手の先を抜けていった。 スタンドは揺れた。 得点を祝う盛大な音楽。 男達の図太い声が屋根に反響し、上から降ってきた。 実況席からは叫び声が聞こえ、ファンは踊り出した。 スコットランド人がこれほどまでに喜ぶ姿を見るのは初めてのことだった。 マンチェスターUもこれはまずいと攻め立てたけれど、セルティックのゴール前に立つ、少々腹の出たポーランド人が奇跡的なセーブを見せ、最後までネットは揺れなかった。 興奮していたのだろう。 試合が終わってもしばらくの間、セルティックがマンチェスターUより先にグループ突破を決めたことに気がつかなかった。 グイドという名の、スキンヘッドの日曜紙の記者が教えてくれた。 「史上初の決勝ラウンド進出だ。 彼はこのクラブの歴史に残ったんだ。 お前、これから仕事が大変だな」 実際、それからしばらくは幸運なことに、とても忙しかった。 携帯電話が鳴り止まないということが実際に起こるのだということを、たぶん人生で初めて知った。 それからずいぶんと経ったある年の冬、中村俊輔とグラスゴーを歩いた。 街は相変わらず不機嫌そうな灰色の雲で覆われていて、レンガのくすみも10年前のままのように見えた。 人々が話す言葉はもちろん、難解な抑揚に満ちている。 当時通っていたイタリア料理店のナポリ人店主は昔のままの夏蜜柑の笑顔で迎えてくれた。 タクシー運転手も、ホテルの受付も、街行く人も。 誰もがあの夜について語りかけてくる。 「フリーキック、さすがだった」 僕はと言えば、ただそこで観ていただけなのになぜか感謝されることも多くて、日本人であることを誇りに感じたものだ。 セルティックパークで試合を観た。 レベルは決して高くはない。 あの時の魔法の雰囲気はなかったけれど、愛するチームを鼓舞する声は、今も図太く煉瓦のスタンドに響く。 ピッチに迎えられた英雄は、懐かしそうにファンに手を振った。 マンチェスターU相手に決めた2本のフリーキックの映像が流される。 拍手は止まなかった。 時は進み、街も、フットボールも変わっていく。 それでも、かつて心を揺さぶられた記憶というのはいつまでもそこに残り続ける。 バトル・オブ・ブリテンと2本のフリーキックは、10年後の僕にそう教えてくれた。 衝撃的だった2試合についてたっぷりと語る、必見の内容となっている。 内容で上回る相手にローマのディフェンス陣の奮闘も光った一戦に。 展開的にはシーソーゲームも内容ではバルセロナが圧倒。 他クラブが苦しむセルティックパークでも一味違うバルセロナは必見。 このシーズン一番の出来を見せたと言っても過言ではないミラン。 0-0の結果も、互いに高い集中力を見せた好ゲーム。 攻撃的なスタイルで2試合を通じてアーセナルが前年度王者ミランを圧倒。 若き司令塔セスクの支配力をまざまざと見せ付けた。 しかし、直後のジェラードのPK&このシーズンのアーセナルの象徴セスクが振り切られる形でバベルがダメ押し。 アンフィールドでリバプールが躍動も追加点を奪えずに入ると、最終盤にリーセがまさかのオウンゴール。 天国の母に捧げたランパードのPKはUCL史に残る名シーンに。 UCLにおいて立ちはだかり続けた赤い壁をブルーズがついに撃破した一戦。 ライカールトバルサは終焉を迎えることに。 雨のモスクワ、テリーのスリップ、ロナウド歓喜の涙。 580 スカサカ! 詳しい放送予定、そして今シーズンのUCL放送情報はでご確認ください! Photos: AFLO, Getty Images.

次の

英メディアがセルティックの「究極の25人」を選出 中村俊輔も名を連ねる

中村 俊輔 インスタ

代表時代の中村俊輔 名前 愛称 俊輔、俊さん、シュン 、NAKA ナカ カタカナ ナカムラ シュンスケ ラテン文字 NAKAMURA Shunsuke 基本情報 国籍 生年月日 1978-06-24 (42歳) 出身地 身長 178cm 体重 71kg 選手情報 在籍チーム ポジション 背番号 46 利き足 左足 ユース 1994-1997 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 1997-2002 148 33 2002-2005 81 11 2005-2009 128 29 2009-2010 13 0 2010-2016 横浜F・マリノス 190 35 2017-2019 48 5 2019- 10 1 代表歴 2 1996-1997 11 2 1998-2000 7 1 2000-2010 98 24 1. 国内リーグ戦に限る。 2019年11月26日現在。 2010年6月19日現在。 ( ) 中村 俊輔(なかむら しゅんすけ、 - )は、出身ののである。 ポジションは。 ・所属。 とにを獲得。 Jリーグ史上初のMVP複数回受賞者。 ほかにMVP、2006-07MVPなどの受賞歴がある。 来歴 [ ] プロ入り前 [ ] 横浜市で男4兄弟の四男として生まれた。 俊輔の名前は母親が命名した。 3歳でを蹴りだした。 4歳の時、一家は横浜市に引っ越した。 の体操教室ではにも教えを受けた若林可夫の指導を受けた。 、深園FCに入団し、サッカーを始める。 1991年4月に入学、倍率50倍のセレクションに合格し 1993年から横浜マリノス のジュニアユースに所属し 、2度の全国制覇を経験したが 、への昇格が出来ず 、1994年にへ進学しサッカー部に入部 、1年生次には雑用も経験した。 2年生次にはに出場し、3年生次にはで準優勝を果たした。 クラブ歴 [ ] 横浜マリノス時代 [ ] 、に加入する。 マリノスにおいて最初の2シーズンの背番号は25番だった。 シーズンのJリーグ優秀新人賞を受賞した。 のシーズンから、10番に背番号を変更した。 またこのシーズンにはを初受賞する。 のシーズンは、22歳で 、を受賞した。 Jリーグ最優秀選手賞受賞者の中では最年少である。 レッジーナ時代 [ ] 5月、への招集が有力視されていたが、代表合宿で痛めていた足首のケガが長引いたことや、当時の日本代表監督であったの選考基準に合致しなかったことなどで落選した。 ケガが癒えた直後の同年7月、イタリアののに移籍、レギュラーを確保しプレースキッカーを任され、7得点をあげてセリエA残留に貢献した。 6月、で、3得点をあげ『ブロンズシューズ賞』を受賞。 2003シーズンは出来うる限り代表戦に出場したがコンディションを崩してしまったこと故障を繰り返したことが響いてリーグ戦出場は激減してしまった。 2月、横浜マリノス時代のチームメートの夫人・(当時)の紹介で知り合ったタレント経験のある元ペットショップ店員と結婚。 同年7月、8月に行われた中国大会では、最優秀選手に選ばれた。 セリエA3年目となる2004-2005シーズンは、終盤数戦こそ恥骨炎や膝の負傷などで途中出場があったがほぼスターティングメンバーとして戦いクラブ創設以来の最高順位に貢献。 3月にはからレジーナの歴代ベストイレブンに選出された。 同年6月、で、1得点2アシストをあげベストイレブンに選出。 の監督、にプレーを高く評価されセルティックに移籍することとなった。 セルティック時代 [ ] セルティックでプレーする中村(左、2006年) セリエAで3年間プレーした後、7月に、(SPL)(UEFAヨーロッパリーグランキング10位)の2強の一角であるセルティックへ移籍(移籍金は推定250万ポンド、約4億9000万円)。 リーグ優勝と国内優勝の2冠を獲得した。 9月、に初出場する。 グループリーグ第1戦、で開催された戦でフリーキックによる得点をあげ、から(以下CL)に改編されてからの日本人初得点者となった。 続く対マンチェスター・ユナイテッド戦でもFKから得点、決勝トーナメント進出を果たす。 これはセルティックにとって現行のCLとなって初 、日本人選手としても初めての快挙である。 2006年10月14日、戦で海外リーグ戦における自身初のを決めた。 4月、セルティックのリーグ戦連覇が決まり、実質日本人で初めて欧州リーグで連覇を経験した選手となった。 2006-07シーズンではリーグトップの12アシストを挙げ、、スコティッシュ・プレミアリーグベストイレブン、を受賞、年間ベストゴール賞 も獲得した。 アジア人の選手による欧州リーグでのMVP獲得は初となる快挙でもあった。 エスパニョール時代 [ ] 2009年6月22日、横浜F・マリノスなどのオファーを断り、のへの移籍が決定した。 Goal. comが報じたところによると、「日本人ミッドフィルダーには大きな期待が寄せられたが、スペインでの最初のシーズンはうまくはいかなかった」。 セルティック時代の恩師が監督を務める所属のよりのオファーを受ける。 しかし、2部への移籍となることなどから中村本人が移籍を拒否 、代理人が説得へ向かうも中村が拒否したことで、エスパニョールに残留することとなった。 2010年2月28日、かつて所属した横浜F・マリノスに移籍が決まった。 横浜F・マリノス時代(第2次) [ ] 2002年以来のJリーグ復帰となったこの2010年シーズンでは、リーグ戦全34試合のうち32試合に出場を果たした。 1月25日、チームは中村俊輔のキャプテン就任を発表し、本人はその中でキャプテン就任について「光栄な事」と語った。 3月29日、に率いるJリーグ TEAM AS ONEの一員として参加した。 は自身初のリーグ年間2桁得点を記録、またJ1第30節大分戦では通算17点目となる直接フリーキックを決め、が持っていたJ1のフリーキック最多得点記録を更新。 しかし、11月に胆のう炎で入院し一時チームを離脱。 1週間後に退院するも、その後チームは失速し9年ぶりのJリーグ優勝を逃してしまった。 それでも、その年のでは史上初の2度目のそして2016年現在最年長でのMVPを受賞した。 この受賞について、古巣セルティックからも公式ホームページを通じて祝福のコメントが送られた。 1月、5季連続となる主将への就任が決まった。 2月16日に左足首の手術を受け、同月20日に退院。 その後4月22日に今季公式戦に初出場を果たすも、5月には肉離れで再離脱となった。 7月19日のガンバ大阪戦で今季はじめてフル出場。 同試合で直接フリーキックを決め、J1直接フリーキック得点ランキング単独1位に躍り出た。 このゴールは7月の月間ベストゴールに選ばれた他 、イギリスメディアからも称賛された。 その後、8月29日の浦和戦、10月3日の仙台戦でも直接フリーキックを決め、日本代表に選出されているG大阪の、浦和の、仙台のと現役日本代表GK全てから得点を決めている。 1月、クラブ史上最長の6季連続となる主将就任が決まった。 開幕戦はインフルエンザの発症により欠場するも、第2節の福岡戦で初出場し、直接フリーキックを決めた。 その一方、の意向が強く反映され、やといった多くの功労者に対して減俸・あるいは戦力外という判断を下したマリノスの強化方針への不信感が強まり、シーズン終了後には「マリノス退団へ」との報道も飛び交った。 年末には、かつて共に日本代表で戦った率いると移籍を視野に交渉した。 ジュビロ磐田時代 [ ] 夜、が速報で磐田との大筋契約合意を伝え 、に両クラブから正式に発表された。 横浜FMからは年俸1億2000万円の提示を受けていたが「サッカーだけに向き合い、燃え尽きたい」と8000万円を提示した磐田への移籍を決めた。 横浜FM側から見ればこの移籍による損失は大きく、公式サイトで声明を出すまでに至っている。 開幕戦のC大阪戦からスタメンでフル出場し、その試合の走行距離は両チーム合わせて一番だった。 3月11日に行われた第3節の戦で移籍後初の得点を得意のフリーキックで決めた。 4月1日、第5節の戦では初のに挑み、3得点に絡む活躍で勝利に貢献した。 最終的には、シーズン30試合5得点を挙げ、昨季13位で残留争いをしていたチームを6位でシーズンを終えるなど加入一年目からチームの中心選手として活躍した。 2018年シーズン序盤は、レギュラーとして出場するも右足の怪我の影響で6月に手術を行った。 9月頃から復帰を果たすもリーグ戦16試合の出場となり、Jリーグで自身初めてとなる無得点でシーズンを終えた。 終了後、同シーズン限りで磐田との契約が切れることを明かし、来季の動向について明言しなかった。 12月14日、『』に磐田の名波監督が出演し、クラブとしてオファーを提示していることを明かした。 2019年1月9日、磐田残留が報じられ 、1月12日、加入後3年目となる2019年シーズンも背番号10を背負い、磐田でプレーすることが明らかになった。 また、40歳は2019年シーズンJ1最年長となる。 開幕戦のとの試合にスタメン出場するも、その後は怪我の影響もあり、移籍が決定した7月まででリーグ戦2試合のみの出場となった。 横浜FC時代 [ ] 2019年7月11日、に移籍することが発表された。 自身初のでのプレーとなる。 7月31日の第25節・戦で移籍後初出場を果たし、10月27日の第38節戦で移籍後初ゴールを決めた。 この得点は、J2の「10月度ベストゴール」に選出された。 怪我の影響もあり、デビュー戦後は欠場する試合もあったものの10試合に出場し、チームのJ1昇格に貢献した。 日本代表 [ ] 、の日本代表に選出され、6試合に出場しカタール戦では1得点を決めた。 、に出場し、コスタリカ戦で1得点を決めた。 初頭には合宿に初参加した。 2月15日のオーストラリア戦でが監督を務めるフル代表に初招集されたが、このときは試合に出場することはできなかった。 同年12月にはU-23日本代表に選出され、クウェート戦で1得点を決めた。 、シドニーオリンピック予選では司令塔に抜擢された。 11月6日、五輪出場へ王手をかけたホーム国立競技場で行われたカザフスタン戦では、1ゴール1アシストの活躍で3-1の勝利に貢献。 全ゴールに絡み、自身直接FKによる3点目の追加点を叩き込み、勝利を確実なものとした。 、代表に選出され、にて4試合に先発出場した。 2月13日には、 のシンガポール戦でフル代表として初出場し、同月16日にブルネイ戦にてフル代表初得点を決める。 アジアカップ本戦では優勝とベストイレブンを受賞した。 、3月24日ので行われたフランス代表戦に先発出場するも、当時の世界王者を相手に0-5で大敗する衝撃的なゲームとなり、前半のみの出場で終わる。 さらに所属する横浜FMが残留争いに巻き込まれた影響もあり、代表の招集から遠ざかり、年内最後のイタリア戦には召集されるも、ベンチのまま出場できずに終わった。 2月には東京、の壁面への日本代表オフィシャル・ユニフォーム、巨大広告に起用されるなど 、への招集が有力視されていたが、5月、代表合宿で痛めていた足首のケガが長引いたことや 、当時の日本代表監督であったの選考基準に合致しなかったことなどで落選した。 しかし、ジーコが代表監督になると、再び招集され6月、で、3得点をあげ 『ブロンズシュー賞』を受賞した。 では、決勝戦において日本の全3得点に絡み 、最優秀選手に選ばれた。 6月、で、1得点 をあげベストイレブンに選出。 の監督、にプレーを高く評価されセルティックに移籍することとなった。 6月、に選出された。 中村は、当時の代表監督に中心選手として重要視され、グループリーグ全3試合にフル出場したが、2敗1分で敗退した。 第1戦の戦での得点が、自身のW杯における唯一の得点となった。 3月24日、・は、発足してからの初選出となり、2アシストで勝利に貢献した。 で行われたでは、グループリーグ第2戦の対戦において64分から途中出場するにとどまった。 2010年7月1日には、このワールドカップを最後に日本代表を引退する意思を表明した。 プレースタイル [ ] フリーキックを蹴る中村俊輔 の名手とされており、特に直接を得意としている。 ゴールに対して角度のあまりない位置から助走するのが特徴で、軸足を地面に滑り込ませるように踏み込み、勢いそのままに上半身を押し出しながら巻き上げるように足を振り抜く、独特のフォーム(画像を参照)である。 元々は大きく弧を描くキックを得意としていたが、レッジーナ移籍以降はスピードに重点を置いたキックを多用する。 プロサッカー関係者の評価 [ ] レッジーナ時代には、監督のは「ナカムラはのようなもので、FWもできるし、MFもできる。 素質のある選手はDFを抜くこともパスも出せるんだ」と評した。 は中村について「創造性があって、相手をかわす能力を持った選手だ」と評した。 セルティック時代には、契約した数日後に参加した練習でFKをどの選手が蹴るかのコンテストがあり、そこで10本中10得点を決めてFKキッカーを任されるようになった。 指揮官であるストラカンは「彼は天才だ」という言葉を残し、巷でタックルができない選手だと批判されていることについて異議を唱えた。 チームメイトであったは「ナカは技術面ではチームでナンバー1だ。 他にもやら上手い選手はいるけど、ナカは別格」と述べている。 エスパニョールでチームメイトであったは「ナカはチーム内で一番技術が高い選手だ」と述べた。 元日本代表監督であったは2010年5月、守備能力を考えた場合、中村をW杯で起用しないことも検討するべきとコメントした。 はインタビューにて日本人選手について問われた際、中村のテクニックを称賛している。 は2009年9月5日のとの親善試合(オランダ・エンスヘーデ)の後半18分に、FKキッカーをめぐり、当時絶対的な存在だった中村と衝突したが、「後にも先にも、シュンさんよりFKがうまいと思ったことは一度もない。 ただ、あの時は蹴りたかったから主張した」と述べている。 はセットプレーにおいて影響を受けた選手を問われた際、「セルティックにいたナカムラだ。 彼は世界一だよ」と述べた。 スポーツ科学の見地から [ ] 体育専門学群教授の浅井武(サッカー方法論)は、中村がフリーキックで蹴る「カーブシュート」の回転速度は毎秒7. 5回転程度、ボールのスピードは時速99. 7~101キロで(これは世界有数の高速だという。 )、25メートル飛ぶ間に横に3メートル以上曲がるとみる。 また、ボールの回転軸が斜めであるため、ゴール付近で急激に落ちる軌道になるという。 浅井は「中村は体を傾け、全身のバネを使って、大きなパワーを生み出している」とも言う。 また、ボールが無回転で揺れる、いわゆる「ブレ球」のシュートを打つことがある。 浅井は一般的な「ブレ玉」の蹴り方として、 1 ボールの中心をける 2 足を押し出すようにける(並進運動) 3 強くける(時速72キロ以上)の3点を挙げるが、総合保健体育科学センター体育科学部准教授の布目寛幸(スポーツ科学, スポーツバイオメカニクス)は、中村との蹴り方を比較分析した上、中村の「ブレ玉」の蹴り方について「本田より内側(インサイド寄り)の得意とする部分でけっている。 それ以外の原理は同じだ。 」と指摘した。 ピッチに入り乱れる選手の位置を瞬時に把握し、的確なプレーにつなげるには、「スポーツビジョン」(スポーツに必要な視力)と視野の広さが必要と言われる。 その中でもサッカーでは、わずかなスペースを見つける能力であるの重要性が指摘されている。 スポーツビジョン研究会代表の真下一策は、「選手の位置関係を立体的に認識するのが深視力。 日本代表らJリーグのトップ選手と、それ以外の選手を比較すると、深視力だけが、最も開きがあった。 」「糸を引くようなパスを次々通す人は、位置関係を俯瞰できる能力にたけている。 」と述べ、また中村の深視力について過去に中村を指導した経験を持つアカデミーセンターコーチの池田誠剛は、「シュンは深視力の数値が良かった。 」と証言している。 その他 [ ] 中村のフリーキックは世界的にも評価が高く、海外メディアが選出する名キッカーのランキングにも度々選出されている。 またにおいても能力値は概ね高く設定されており、15,000人以上の選手が実名で登場する『』ではフリーキック能力値9位となっている。 2020年1月に放送されたスポーツバラエティ番組『』(テレビ朝日)では、サッカーボールでは無くでいつものスタイルで蹴り、25mの距離にある直径70cmの的に一発で当てた。 これについて英新聞『Scottish Sun』は、「セルティックの英雄である中村がラグビーボールで的にヒットさせる驚愕のテクニックを披露」と取り上げた。 2020年4月、イギリスメディアの選ぶ21世紀の日本代表ベスト11に選ばれた。 人物 [ ] 2004年に一般女性と結婚し、子どもが5人(息子4人、娘1人)いる。 2012年にはからベストファーザー賞に選ばれている。 代表のチームメイトである、やと仲が良い。 かつてチームメイトだったを「師匠のような存在」と慕っている。 解説者のと親交がある。 所属クラブ [ ] アマチュア経歴• 1985年 - 1991年 深園FC• 1994年 - 1997年 プロ経歴• 1997年 - 2002年7月• 2002年8月 - 2005年7月• 2005年8月 - 2009年6月• 2009年6月 - 2010年2月• 2010年2月 - 2016年 横浜F・マリノス• 2017年 - 2019年7月• 2019年7月 - 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 25 27 5 3 0 1 0 31 5 33 9 4 1 0 0 37 10 10 26 7 4 0 3 1 33 8 30 5 4 1 2 0 36 6 24 3 6 2 1 0 31 5 8 4 - - 8 4 イタリア リーグ戦 オープン杯 期間通算 10 32 7 4 1 - 36 8 16 2 2 0 - 18 2 33 2 0 0 - 33 2 スコットランド リーグ戦 期間通算 25 33 6 4 0 1 0 38 6 37 9 0 0 5 0 42 9 26 6 0 0 4 1 30 7 32 8 3 1 2 0 37 9 スペイン リーグ戦 オープン杯 期間通算 7 13 0 2 0 - 15 0 日本 リーグ戦 期間通算 横浜FM 25 J1 32 5 1 0 2 1 35 6 24 4 2 0 5 2 31 6 31 6 3 0 5 2 39 8 33 10 10 2 6 1 49 13 10 32 3 1 0 0 0 33 3 19 3 0 0 2 0 21 3 19 4 1 1 3 1 23 6 30 5 0 0 1 0 31 5 16 0 2 0 0 0 18 0 2 0 0 0 0 0 2 0 46 10 1 - 1 0 11 1 J1 通算 日本 J1 386 73 41 7 31 8 458 88 日本 J2 10 1 - 1 0 11 1 イタリア セリエA 81 11 6 1 - 87 12 スコットランド S・プレミア 128 29 7 1 12 1 147 31 スペイン プリメーラ 13 0 2 0 - 15 0 総通算 619 114 56 9 44 9 718 132 その他の公式戦• 2000年• 2試合0得点• 2003年• 残留・昇格プレーオフ 1試合0得点• 2007年• 予備予選3回戦 2試合0得点• 2014年• 1試合0得点• 2018年• 1試合0得点 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 2006-07 25 8 2 2007-08 4 0 2008-09 5 0 2014 10 5 0 通算 UEFA 17 2 出場歴• 1997年3月8日 公式戦初出場 - 予選 vs戦• 1997年4月16日 Jリーグ初出場 - J 1st第2節 vs戦• 1997年5月3日 Jリーグ初得点 - J 1st第6節 vs戦 三ツ沢公園球技場• 1998年11月14日 達成 - J 2nd第17節 vsベルマーレ平塚戦• 2000年2月13日 フル代表初出場 - アジアカップ予選 vs戦• 2000年2月16日 フル代表初得点 - アジアカップ予選 vs戦 マカオ• 2002年8月18日 セリエA初出場・初得点 - 予選 vs戦• 2005年8月6日 スコティッシュ・プレミアリーグ初出場 - 第2節 vs• 2005年8月28日 スコティッシュ・プレミアリーグ初得点 - 第5節 vs イースト・エンド・パーク• 2006年9月13日 UEFAチャンピオンズリーグ初得点 - グループリーグ第1戦 vs戦• 2019年7月13日 J2リーグ初出場 - 第25節vs戦(ニッパツ三ツ沢球技場)• 2019年10月27日 J2リーグ初得点 - 第38節vs戦(ニッパツ三ツ沢球技場) 代表歴 [ ] 出場大会など [ ] 各本大会での成績は以下の通り。 年代別代表• U-20代表 1996年 ベスト4 6試合出場 1得点 1997年 ベスト8 5試合出場 1得点• U-23代表 1998年 2次リーグ敗退 3試合出場 1得点 2000年 ベスト8 4試合出場 0得点 フル代表 2000年 優勝 5試合出場 0得点 2003年 グループリーグ敗退 2試合出場 3得点 2004年 優勝 6試合出場 2得点 2005年 グループリーグ敗退 3試合出場 1得点 2006年 グループリーグ敗退 3試合出場 1得点 2007年 ベスト4 6試合出場 2得点 2010年 ベスト16 1試合出場 0得点 試合数 [ ]• 国際Aマッチ 98試合 24得点(2000年 - 2010年)• 先発出場試合数89、交代出場試合数9、警告7、退場0 年 出場 得点 2000 16 3 1 0 6 2 8 4 2004 15 3 2005 11 3 6 1 2007 10 4 2008 9 2 2009 11 2 5 0 通算 98 24 ゴール [ ] 開催年月日 開催地 対戦チーム 勝敗 試合概要 出典 1. 1stステージ:1回 2000年• :1回 2001年• :1回 2013年 セルティックFC• :3回 2005-06、2006-07、2007-08• :1回 2006-07• :2回 2005-06、2008-09 個人タイトル [ ]• Jリーグ優秀新人賞 1997年• 敢闘賞 1999年• Jリーグ優秀選手賞:7回 1999年 - 2001年、2012年 - 2013年、2015年、2017年• :3回 1999年 - 2000年、2013年• :2回 2000年、2013年• :2回 2000年、2013年• :2回 2013年3月、2015年10月• Jリーグ月間ベストゴール賞:1回(2017年5月)• ベストイレブン 2013年• AFC All Star Team 2000年• ベストイレブン:2回 2000年、2004年• MVP:1回 2004年• :1回 2006-07• :1回 2006-07• ベストイレブン:1回 2006-07• スコットランドリーグスポンサー年間最優秀選手賞:1回 2006-07• スコティッシュプレミアリーグ年間ベストゴール:1回 2006-07 ダンディユナイテッド戦• セルティック・ゴール・オブ・ザ・シーズン:1回 2007-08 レンジャーズ戦 記録 [ ]• 通算のによる得点:24(歴代1位) その他 [ ]• 殊勲賞:1回 2000年• Jリーグ部門:1回 2000年 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• (テレビ朝日)• (テレビ朝日) W杯の特別企画で、絵かき歌に挑戦した。 (2012年 - 2015年 日本テレビ) CM [ ]• 2001年• 『サッカー狂症候群 中村俊輔篇』 2002年• 「リカルデント」 2003年• 「」 2005年 - との共演• 「」 2008年 - 熊本限定• 「ポカリスエット」 2008年 - 『機能篇』• 「」 2005年 - との共演• 「ウイニングイレブン10」 2006年 - ジーコとの共演• 2006年 -2010年• 『For Your JUST篇』• 『ヤマダに新戦力篇』• 2006年 - との共演• 「トビラを開けよう」キャンペーン 2006年• 「i のある仕事を」キャンペーン 2006年 - 2008年• 「」 2009年 - 2010年• 「 skin protection」 2010年• 「バーコードフットボーラー」 2014年2月 -• 「黒ラベル」大人エレベーター・35歳編(2014年3月 - )• 中村俊輔本人をイメージした、「メシア10」の広告など他多数• 「」(2015年)との共演• 「」(2015年) PV [ ]• 「だから一歩前に踏み出して」 2009年 出版 [ ] 執筆書籍 [ ]• 2005年 Ciao! - 中村俊輔イタリア日記()• 2008年 察知力()• 2009年 夢をかなえるサッカーノート() 関連書籍 [ ]• 2000年 中村俊輔 - 世界へはなつシュート(、北条正士)• 2001年 シュンスケ! - 中村俊輔ファンタジスタへの予感()• 2001年 天才レフティー、中村俊輔(、中村俊輔担当記者グループ)• 2002年 中村俊輔 飛翔 (ラインブックス、中村俊輔担当記者グループ)• 2002年 中村俊輔 リスタート (文藝春秋、佐藤俊)• 2003年 黄金のカルテット 中村俊輔物語(、本郷陽二)• 2003年 海を渡ったヒーローたち - 中村俊輔・・・(汐文社、本郷陽二)• 2003年 『プライド』 中村俊輔 オフィシャルドキュメントブック(ソニー・マガジンズ、藤沼正明)• 2004年 中村俊輔 栄光への疾走(、中村俊輔取材班)• 2005年 SHUNSUKE 中村俊輔 イタリアの軌跡(、アルフレード・ペドゥッラ)• 2006年 中村俊輔フォトブック 「NAKAMURA SHUNSUKE」(、横内禎久)• 2007年 LEGEND OF THE ATHLETE 中村俊輔物語(、工藤晋・大内冬樹)• 2007年 ファンタジスタ中村俊輔(汐文社、本郷陽二)• 2007年 中村俊輔世界をかける背番号10(ファンタジスタ)(、矢内由美子) DVD [ ]• SHUNSUKE• FANTASISTA Shunsuke Nakamura IN SCOTLAND GLASGOW• 中村俊輔DVDバイオグラフィー 2002 - 2005• セルティック 2005 - 2006シーズン リーグチャンピオンへの軌跡• SHUNSUKE NAKAMURA THE SECRET OF DIRECT FREE KICK 中村俊輔 直接フリーキックの極意 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• この日は、アルゼンチンで開かれていた第11回ワールドカップ決勝戦の前日であった スポーツスーパースター|4中村俊輔より。 ただし、同チームが2年連続全国優勝を果たした3年生時は10番を背負いながら控え選手だった(『中村俊輔物語』より)。 中村本人は、当時のプレーが悪かったから昇格できなかったのだと語っているが(著書 察知力)、当時の担当者はチームの平均身長が170cmのところ、俊輔は160cmに満たない身長が原因だったと述懐している。 『中村俊輔物語』では体格差を個人技で補おうとしたが、そのプレイスタイルがチームの方針に合わなかったことから出場機会を失っていったという。 1学年上には、同級生(ジュニアユースでもチームメイトだった)に、1学年下にやがいる。 からCLとして再編成される以前のチャンピオンズカップにおける初得点者は、1978-79年大会の。 UEFAチャンピオンズカップだった40年前に優勝している。 1992年からCLとして再編成される以前のチャンピオンズカップでは1979年にが進出している。 近年の欧州リーグでの優勝に関してはがセリエA・で優勝。 ダンディーユナイテッド戦のループシュート。 1992年の再編成後、UEFAチャンピオンズリーグ本戦における、日本人初得点。 出典 [ ]• 2001年. 2012年6月16日閲覧。 ゲキサカ. 2012年6月16日閲覧。 ゲキサカ. 2012年6月16日閲覧。 でしあわせライフ 2007年7月8日. 2012年6月16日閲覧。 Jリーグ公式サイト 2011年4月17日閲覧。 2013年4月4日, at the. Jリーグ公式サイト 2011年4月17日閲覧。 2009年3月1日. 2011年4月3日閲覧。 nikkansports. com. 2005年3月5日時点のよりアーカイブ。 2015年1月26日閲覧。 誌の選定による。 Sportiva 2011年4月22日. 2011年5月23日閲覧。 スポーツ報知 2006年10月15日. 2009年3月1日閲覧。 guardian. uk 2009年6月22日、2011年4月15日閲覧。 Goal. com 2009年12月29日、2011年4月15日閲覧。 com 2010年2月11日、2011年4月15日閲覧。 スポーツナビ、2010年3月1日、2011年4月15日閲覧。 - Goal. com、2010年2月2日• スポーツナビ 2010年2月28日、2011年4月15日閲覧。 横浜Fマリノス. 2011年4月26日閲覧。 横浜Fマリノス 2011年1月25日。 同年4月11日閲覧。 2011年3月29日。 同年4月11日閲覧。 サッカーキング 2013年12月11日. 2015年4月21日閲覧。 nikkansports. com 2015年1月31日。 2015年2月25日閲覧。 nikkansports. com 2015年2月21日。 2015年2月25日閲覧。 サッカーキング 2015年5月3日. 2015年5月3日閲覧。 スポーツ報知 2015年7月20日. 2015年8月12日閲覧。 サッカーキング 2015年8月11日. 2015年8月31日閲覧。 サッカーキング 2015年7月22日. 2015年8月31日閲覧。 フットボールチャンネル 2015年10月3日. 2015年8月31日閲覧。 nikkansports. com 2016年1月28日。 2016年2月10日閲覧。 日刊スポーツ 2016年3月6日. 2016年3月6日閲覧。 2016年12月30日. 2017年1月8日閲覧。 2017年1月7日. プレスリリース , , 2017年1月8日 , 2017年1月8日閲覧。 2017年1月8日. 2017年1月8日閲覧。 プレスリリース , 横浜F・マリノス, 2017年1月8日 , 2017年1月8日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年2月26日. 2017年3月14日閲覧。 朝日新聞. 2017年3月11日. サッカーキング 2018年6月14日• SOCCCER DIGEST Web 2018年12月9日. 2019年1月15日閲覧。 日刊スポーツ 2018年12月16日. 2019年1月15日閲覧。 Sponichi Annex 2019年1月9日. 2019年1月15日閲覧。 プレスリリース , ジュビロ磐田, 2019年1月12日 , 2019年1月15日閲覧。 スポニチ 2019年2月7日• ゲキサカ 2019年6月14日• 横浜FC2019年7月11日• football-zone 2019年11月8日• 2008年6月14日までに中村が出場した全ての年代の代表の試合の一覧を見ることができる。 Sports Watch、2009年4月18日• 日本サッカー協会 最終更新日2010年06月29日、2011年4月13日閲覧。 2011年5月28日閲覧。 スポニチ 最終更新日不明、2011年4月17日閲覧。 シブヤ経済新聞 2002年2月22日. 2011年5月11日閲覧。 com 2011年4月15日閲覧。 FIFA. com. 2011年4月19日閲覧。 sportsnavi 2004年8月7日. 2011年4月28日閲覧。 日本サッカー協会 2005年5月22日. 2011年4月19日閲覧。 nifty 2005年7月1日. 2011年4月19日閲覧。 BBC SPORT 2005年7月29日. 2011年4月19日閲覧。 SAMURAI BLUE. 2011年4月26日閲覧。 SAMURAI BLUE. 2011年4月26日閲覧。 SAMURAI BLUE. 2011年4月26日閲覧。 SAMURAI BLUE. 2011年4月26日閲覧。 スポーツニッポン 2010年7月1日. 2010年7月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年9月24日閲覧。 -Daily Mail 2009年 4年 7日• 指揮官絶賛「俊輔はバッジオ」 SerieA. jp、2004年9月14日• 共同通信、2002年12月7日• football-zone、2018年9月5日• -Celtic Secure Second Successive Championship! 欧州通信、2007年10月3日• スポーツナビ. 2010年3月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年3月24日閲覧。 2010年5月26日. 2011年5月28日閲覧。 サッカーキング 2013年1月17日. 2015年5月23日閲覧。 日刊スポーツ 2015年9月6日. 2015年9月6日閲覧。 サッカーキング 2015年11月22日. 2015年11月23日閲覧。 YOMIURI ONLINE 2010年6月17日. 2011年4月19日閲覧。 読売新聞は「カーブボール」の具体例として2006年11月にUEFAチャンピオンズ・リーグ、セルティック対マンチェスター・ユナイテッドの試合で決めたフリーキックを挙げる。 YOMIURI ONLINE 2010年6月9日. 2011年4月19日閲覧。 この中で中村本人は「無回転を狙う時は、足で押すようなイメージ」と発言している。 また、読売新聞は「ブレ玉の」具体例として2010年3月20日の横浜対川崎の試合で決めたゴールを挙げる。 YOMIURI ONLINE 2010年7月10日. 2011年5月28日閲覧。 theWORLD 2016年2月18日. 2016年9月16日閲覧。 Football ZONE WEB 2016年4月11日. 2016年9月16日閲覧。 Football ZONE WEB 2016年9月16日. 2016年9月16日閲覧。 the WORLD 2020年1月5日• Yahoo! ニュース. 2020年4月29日閲覧。 2012年6月6日. 2012年6月16日閲覧。 Sponichi Annex 2018年11月7日. 2019年1月30日閲覧。 FOOTBALL CHANNEL 2018年12月11日. 2019年1月30日閲覧。 フットボールチャンネル 2017年8月12日. 2018年1月21日閲覧。 日本サッカー協会 最終更新日2010年06月29日 2011年4月13日閲覧。 横浜Fマリノス 2011年4月13日閲覧。 2011年11月19日, at the. Celtic Football Club 2011年4月13日閲覧。 JOMO ALL STAR SOCCER 1999年7月31日. 2011年4月29日閲覧。 2017年3月11日. 2017年3月11日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - による選手データ (日本語)• — 主催大会成績 (英語)• - National-Football-Teams. com (英語)• - Soccerbase (英語)•

次の

中村俊輔ってなぜ嫌われてるんですか?

中村 俊輔 インスタ

出演したNHKドラマ劇中にも登場 5月8日(金)にNHK総合で放送され、ムロも出演したテレワークドラマ「転・コウ・生」(脚本:森下佳子、出演:柴咲コウ、高橋一生、ムロツヨシ)にもこのインスタライブが取り上げられたほどで(柴咲コウがムロツヨシの肉体と入れ替わってインスタライブをやるはめになる傑作ドラマ)夜11時40分という遅い時間ながら、NHK総合で彼のインスタライブが宣伝された形にもなった。 翌日のライブでは、ドラマのパロディもやって(ムロが柴咲コウの口調を真似る)、インタラクティブな楽しみを提供してくれた。 それによって配信を観る人が増えたかは定かではないが、毎日、2~3万人ほどが見ているようである。 吉田羊、有村架純、中村倫也、広瀬姉妹らが集っている 開始時間を8時16分にしたのは朝ドラに気を使ってかぶらないようにしたから。 かつて、朝ドラ「ごちそうさん」(13年後期)に出演していたムロらしい配慮である。 最初のうちは朝ドラを見た感想を多く語っていて、それが細かいプロの目線でなかなかおもしろかった。 いまもネタバレに配慮しながらちょくちょく語っている。 インスタのコメント欄に、吉田羊や有村架純などが参加するサプライズもある。 最近は「中村さんちの自宅から」という動画を配信している中村倫也の話題も。 さらに広瀬アリス、すずが参加したりも。 豪華芸能人が集っているのである。 このときの小栗旬の発言が生々しくてびっくりしたものだが、ムロ自身もある朝のインスタライブで、4月にあるはずだった映画の撮影が緊急事態宣言のためなくなったのだとじつにさらりと流すように語り、そうか、本来、毎日映画の現場に行く予定が家にこもらなくてはならなくなり、行き場をなくしたエネルギーを毎朝のインスタライブにぶつけているのかなと勝手に想像した。 これはあくまで私の想像であるが。 — 2018年 8月月10日午前2時38分PDT ライブをやっているムロに感じる、明るすぎず暗すぎず、でもどこか虚無的であるところは、ライブを見ている私たちが共通して抱いている閉塞感でもあって、ムロは自分が率先して大声で叫ぶことによって私達にもガス抜きをさせてくれているのかなとも思える。 もちろん、毎日、頭と体を動かしていないと鈍るという用心もあるだろう。 ムロツヨシのライブは、ただだらだらゆっくりした口調でしゃべっているだけのように見えて、意外と考え抜かれたコンセプチュアルな印象がある。 というのは、前述したように、毎日、ほぼ同じ行為を豆に繰り返していること。 視線をちょっと斜めに向けてしゃべるところまで。 このように同じ行為を毎日続けることはまるで修行のようではないか。 最後に叫んだあとは、医療や介護をはじめとしたいま日本で働いているすべての人へねぎらいのメッセージも忘れない。

次の