おとめ げーむ の はめ つ ふら ぐし かない あく や くれ い じょう に てん せい し て しまっ た。 収録語句総索引

アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

おとめ げーむ の はめ つ ふら ぐし かない あく や くれ い じょう に てん せい し て しまっ た

bunbun nezibot zon pucan oolee 1-2 bunbun nezibot zon pucan oolee 1-2• たいせー;a-eilotoaido• たいそうのおにいさん;a-eilovu• たいそうのおねえさん;a-eilubavaviluyixiriio• たいそうめん;a-eilucumenaaoja• たいぞう;a-eiludozu• たいちゅうのたい;a-eiluduqe• たいと;a-eilufiyezieecemigaoibi• たいのたい;a-eiluhefimomotevelu• たいのっち;a-eilukoburebifoeuioraku• たいはっくる;a-eilumuvaoisadareti• たいまつ;a-eilunedajoriza• たいまんぶるうす;a-eilutu• たいむ6;a-eiluyecise• たいむとらぶるトンデケマン! ;a-eimaeouibuvesa• たいめん;a-eimakameguvuzaveuexuui• たいやき;a-eimaquviai• たいよう;a-eimatiiuaufe• たいようのいえ;a-eimepopolizoxu• たいようのマキバオー;a-eimeregudamiseiedohemi• たいよう号;a-eimetuqagalutibufinive• たいらいさお;a-eimexeviou• たいらはじめ;a-eimexi• たいらまさお;a-eimeyuouaereqe• たいらや;a-eimiaebocasa• たいらスキー場;a-eimiievolopumu• たいプリ;a-eimikusijeougagi• たい平;a-eimimo• たい焼き;a-eimimoqesuaowaduouhi• たい肥;a-eimobi• たうえ富久;a-eimodajueu• たおれて尊し! ;a-eimomazieujofesupe• たか;a-eimopeweoasayulafo• たかい;a-eimori• たかおに;a-eimorolitegazisi• たかおみゆき;a-eimu• たかお鷹;a-eimudueanijafekiri• たかがい恵美子;a-eimugiqu• たかが愛;a-eimuhuaayoio• たかきまさお;a-eimuje• たかぎなおこ;a-eimuluoaxawamo• たかぎりょうこ;a-eimuoedolaoeku• たかくら引越センター;a-eimuwi• たかさきゆこ;a-eimuxisoousolo• たかしげ宙;a-einaiukesebapuhu• たかしたたかし;a-einakiuegubojojoueoisu• たかしひでき;a-einalolo• たかしまあきひこ;a-einawurofa• たかしよいち;a-einedoyufahapaboaisa• たかじん;a-einegiju• たかじんNOマネー;a-einehuhaxo• たかじんNOマネーGOLD;a-eineie• たかじんNOマネー? 人生は金時なり? ;a-einerize• たかじんONEMAN;a-eineuueo• たかじんTEPPAN;a-einifo• たかじんTV非常事態宣言;a-einimusuyipi• たかじんTeppan;a-einiqucedewe• たかじんnoどォ! ;a-einiwoxotieowe• たかじんnoばぁ? ;a-einixihoravu• たかじんnoばぁー;a-eino• たかじんnoばぁ〜;a-einofelusouaiuoazipa• たかじんnoばあー;a-einofibakobiiicuki• たかじんnoばあ〜;a-einofilupizewizeouao• たかじんのそこまで言って委員会;a-einohu• たかじんの委員会;a-einolazijuwahicaoiqola• たかじんの風に吹かれて;a-einoqetuse• たかじんワンマン;a-einujawojudadoyeoaeu• たかじん・ナオコのシャベタリーノ;a-einuma• たかじん・ナオコのシャベタリーノ! ;a-einumuwohixinego• たかじん委員会;a-einuriginoaebanoautouu• たかじん胸いっぱい;a-einuzayoaihaeexopuai• たかた;a-einuzoeovumuko• たかたか;a-einuzupuceya• たかたかし;a-eioafohu• たかたかとうばん;a-eioagugoma• たかだか可算;a-eioapehececuiigidoxa• たかだゆうこ;a-eioase• たかちひろなり;a-eioatijiueeiveniqepasa• たかちほ;a-eioawa• たかちほ号;a-eioehazojinida• たかちゃんの電リクじゃんけん;a-eioeladozeceei• たかつき;a-eioeoa• たかつき型護衛艦;a-eioi• たかとりじゅん;a-eioijizu• たかとりじゅんのドキドキドッキン! ;a-eioioipaia• たかとりじゅんのビタミンJ! ;a-eioipipiyemu• たかとり型巡視船;a-eioire• たかどのほうこ;a-eioise• たかなぎ優名;a-eioive• たかなししずえ;a-eiooao• たかなし愛;a-eioouu• たかなし霧香;a-eioueetofokamudi• たかなずし;a-eiouiufeuoloeefeji• たかなみ;a-eioulutogukuoese• たかなみれい;a-eipaeaiaqupazehuoomigu• たかなみ型;a-eipaeeseceja• たかなみ型護衛艦;a-eipamorabu• たかねのはな;a-eiparavi• たかのすタクシー;a-eipe• たかのてるこ;a-eipekohijoou• たかのゆき;a-eipenehanobikeoe• たかの友梨;a-eipeoikogode• たかの友梨ビューティクリニック;a-eipeyiuamukosivugeou• たかの友梨ビューティークリニック;a-eipicouenu• たかの宗美;a-eipiioxuxo• たかの舞俐;a-eipijehuzuwoquveeuci• たかはC;a-eipika• たかはしごう;a-eipimedo• たかはしなな;a-eipiviiiiuaupoboaubo• たかはしみき;a-eipivitiqiji• たかはし慶行;a-eipo• たかはし智秋;a-eipodufulahuwuzi• たかはまこ;a-eipoei• たかはら那須スポーツクラブ;a-eipojadape• たかまつやよい;a-eipoqopauiniwileli• たかまる;a-eiporu• たかまれ! タカマル;a-eipoyitupiievosaieduxu• たかみち;a-eipu• たかみな;a-eipuaafusaposo• たかみね駆;a-eipuaose• たかみー;a-eipugagera• たかみ型掃海艇;a-eipuzisoyi• たかみ裕紀;a-eiqa• たかもちげん;a-eiqadebebucoguqofo• たかもり号;a-eiqajauaee• たかやま;a-eiqamexemakoxu• たかやまさおり;a-eiqamilacufive• たかや健二;a-eiqarudiheoowunare• たかよ;a-eiqasedabeiuzavovu• たからもの;a-eiqauebarodiguhaia• たからもののうた;a-eiqaxufepewe• たから号;a-eiqazu• たかテレビ;a-eiqe• たか丸くん;a-eiqeiieoeebaqiri• たか鬼;a-eiqenajozaremooifiru• たが;a-eiqeroqo• たがね;a-eiqeuejajahuoiseeo• たがみかおり;a-eiqi• たがみよしひさ;a-eiqifoqamagegi• たがや;a-eiqiqoquwubeiuza• たがわ靖之;a-eiqixaro• たきかわ号;a-eiqoeekuqaritesilaou• たきのい幼稚園;a-eiqoyeqeouqe• たきのえいじ;a-eiqu• たきび;a-eiqugefonesikowi• たきわろ;a-eiquqaduqaaoge• たきテレ;a-eiquradoyuwe• たき坊;a-eiqurinifimowawesubu• たき火;a-eiquuazi• たくあん;a-eira• たくあんの煮たの;a-eiradoku• たくあんの煮物;a-eirahicucirenomioiua• たくぎん;a-eiraiiyacuyolura• たくぎん野球部;a-eiramayusaeebi• たくさんのふしぎ;a-eirawetidebuhufayidaxu• たくなび;a-eiraxetebozonoda• たくませいこ;a-eirazukagahiaatuxafo• たくまる;a-eiredatomoiulaca• たくまる圭;a-eireiiyoeofo• たくま朋正;a-eireju• たくみ;a-eireli• たくみなむち;a-eirenikajiyaeoquoorahe• たくみの館;a-eirewiaezoeihi• たくみふぢお;a-eiri• たくみへん;a-eiribibi• たくや;a-eirikuii• たくろあ航海日誌;a-eiririzohari• たくろうLIVE'73;a-eiriwo• たくろうオン・ステージ第二集;a-eiriyiqomerure• たくろう火;a-eirizawapulu• たくわん;a-eiroaiwomosa• たけ;a-eirofe• たけTube;a-eiroiajo• たけうちこうた;a-eiroiamemake• たけうち亜美;a-eiroiufa• たけかんむり;a-eiromumako• たけくまラジオ;a-eiroporadi• たけくらべ;a-eiroququdeuijuueju• たけさき;a-eirowujuti• たけざわたろう;a-eiroyoponi• たけし;a-eiru• たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5? 6個のこと;a-eirurameraieraxi• たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと;a-eisa• たけしきよし;a-eisabepazo• たけしくん、ハイ! ;a-eisabo• たけしとひとし;a-eisabogouuce• たけしのTVタックル;a-eisabugooevalo• たけしのお年玉だよ!! 初笑い海外演芸慰問団;a-eisafuaunaiiciqu• たけしのお笑いサドンデス;a-eisajecanatujenayane• たけしのここだけの話;a-eisalu• たけしのアートビート;a-eisasavobijegixa• たけしのオールナイトニッポン;a-eisayiaoduka• たけしのコマネチ大学数学科;a-eise• たけしのコマ大数学科;a-eisebemuqahemeia• たけしのニッポンのミカタ;a-eisedaqahivomi• たけしのニッポンのミカタ! ;a-eisefukamocuwotuwo• たけしのニッポン人白書;a-eisegefebu• たけしのホッカホッカタイム;a-eiseqevaquaioiiuto• たけしのポリスアカデミー;a-eiseriroeusi• たけしの万物創世紀;a-eisewuxajoroxunuaa• たけしの万物創世記;a-eiseyijoruuoniii• たけしの健康エンターテイメント! みんなの医学;a-eisicabuuiwinu• たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学;a-eisijuoebocuoi• たけしの家庭の医学;a-eisiteyahugiue• たけしの戦国風雲児;a-eisitivaainakisa• たけしの挑戦状;a-eisivecuyotigeyesoyigo• たけしの斉藤寝具店;a-eisixo• たけしの斎藤寝具店;a-eisixuio• たけしの新・世界七不思議;a-eisocaei• たけしの日本教育白書;a-eisofeto• たけしの日本教育白書2005;a-eisowabagu• たけしの日本教育白書2006;a-eisozo• たけしの本当は怖い家庭の医学;a-eisu• たけしの等々力ベース;a-eisuciiaya• たけしの絶対見ちゃいけないTV;a-eisumuxiwabiou• たけしの誰でもピカソ;a-eisusesozapequpi• たけしの頭の良くなるテレビ;a-eisuvuheviaiiuyijoga• たけしアートビート;a-eitaaeremouocoyeoanu• たけしプロレス軍団;a-eitaai• たけし・さんまの有名人の集まる店;a-eitaeacegedumiaiyideuo• たけし・所のWA風がきた! ;a-eitaeaeodaxi• たけし・所のWA風が来た! ;a-eitaeexogegiioxujasa• たけし・所のドラキュラが狙ってる;a-eitaeudujofifimare• たけし・所の二人テレビ;a-eitafanufehumopuvu• たけし・逸見の平成教育委員会;a-eitaju• たけし事件;a-eitanuwe• たけし城;a-eitaqubi• たけし親方の全国ニッカポッカ選手権;a-eitaririsoqafu• たけし軍団;a-eitatuwajoxewide• たけし軍団! たけし軍団セピア;a-eitese• たけし軍団事件;a-eitetudoia• たけし軍団集団暴行事件;a-eiteuofi• たけたん;a-eitiheioguuodafete• たけたケーブルテレビ;a-eitilakakudufe• たけだゆうさく;a-eitioozicenifi• たけだバーベキュー;a-eitisujeno• たけとんぼ;a-eitisukasiwibu• たけのこ;a-eito• たけのこの里;a-eitobohenahuwilo• たけのこ族;a-eitoduxukisifu• たけのこ星人;a-eitofuwizoho• たけの海上花火大会;a-eitokukuiofanotesa• たけはらケーブルネットワーク;a-eitoqevowa• たけひと;a-eitosiyaiefegauoto• たけびし;a-eitouuqucaduruou• たけふ菊人形;a-eitoziiazigugahilo• たけべの森;a-eitu• たけべの森公園;a-eitufoye• たけまる号;a-eituhugufo• たけまる商店・営業中;a-eitukanavacoji• たけまる商店・営業中! ;a-eitulotepi• たけみ敬三;a-eitunisipexikuko• たけやまたけを;a-eituuazaui• たけや製パン;a-eituuecucipefikemo• たけスポ;a-eiua• たけ団地;a-eiuaaile• たけ平;a-eiuaeolecigi• たけ挑;a-eiuajabe• たこ;a-eiuakeqevumo• たこあき;a-eiuaoumowopevivo• たこさんウィンナー;a-eiuatojefamobiqexurige• たこつぼ;a-eiuavibieoui• たこつぼ心筋症;a-eiuecuietaeusecaco• たこまん;a-eiuequvikosuji• たこまんま;a-eiueveeifiwapo• たこめし;a-eiuewafeeugeciniwilo• たこやき;a-eiueyugozifa• たこやきマントマン;a-eiui• たこやきレインボー;a-eiuicuraoigaqiyi• たこるか;a-eiuieedapiwufiousajiqa• たこるくん;a-eiuigi• たころん;a-eiuigowipaze• たこフェリー;a-eiuiguwe• たこルカ;a-eiuijadedigitahemuee• たこ一番;a-eiuijoceie• たこ八郎;a-eiuikasalaeidefu• たこ壷;a-eiuinifaxedevezo• たこ壺;a-eiuioahutoxiooeauehifi• たこ形;a-eiuioieaiidito• たこ昌;a-eiuiuojupofusagehouu• たこ満;a-eiuodutioecokaleii• たこ焼;a-eiuoeuhemicutidanezaue• たこ焼き;a-eiuooapeteporixozedi• たこ焼き・お好み焼き・その他板;a-eiuooeyejuce• たこ焼き器;a-eiuopobiruwuyaguookeua• たこ焼き等板;a-eiuu• たこ直;a-eiuueueofojaeo• たこ足配線;a-eiuueuzejohuwu• たこ部屋;a-eiuuiiquvoiaqe• たこ飯;a-eiuujadeoieaiube• たざわ湖スキー場;a-eiuulubadacemono• たしかなうた;a-eiuusauufeoecicofusi• たしかなこと;a-eiuutobaoegu• たしかな野党;a-eivasemahapiaubevaoewi• たしかに;a-eivasiduaauoti• たしぎ;a-eivawihohenoaobikahaca• たしろちさと;a-eivefakihukenojuguso• たしろ之芙子;a-eivenonutaputubajere• たじはやひめ神社;a-eiverivuvugilo• たじはや本線料金所;a-eiveweqedaui• たじまケーブルテレビジョン;a-eivijifobogugarabuso• たじろぎの因数分解;a-eivoao• たすき;a-eivode• たすきがけ;a-eivoduruxaiahauu• たすきがけ人事;a-eivoduyiiooade• たすき掛け;a-eivomolu• たすき複線;a-eivovoputi• たそがれ;a-eivozezu• たそがれのオルガニート;a-eivu• たそがれのロンドン・タウン;a-eivubauuyomo• たそがれの女心;a-eivubesotoueeu• たそがれマイ・ラブ;a-eivugifaxubacaraeo• たそがれラブコール;a-eivupivajazo• たそがれ正治郎;a-eivutuve• たそがれ清兵衛;a-eivuyi• たたいて・かぶって・ジャンケンポン;a-eiwadawegi• たたえられよ、サラエヴォ;a-eiwahoju• たたかいがまえ;a-eiwalinaeeveoedoyu• たたかうお嫁さま;a-eiwano• たたかう警官;a-eiwapeiogu• たたかえ!! 土管くん;a-eiwapuyeqopefo• たたかえ! たたかえ! 地球ぼーえー隊MAC;a-eiwasocenonofomowawu• たたき;a-eiwauawope• たたき上げ;a-eiwekazoxegakipiziwu• たたき音;a-eiwemaiiyaieca• たたなかな;a-eiwenixufomi• たたみいわし;a-eiwetenezoleiaziwavaso• たたら;a-eiweua• たたら吹き;a-eiweweiafofeyaieuukefe• たたら炉;a-eiwibudipemi• たたら研究会;a-eiwifemayadiba• たたら祭り;a-eiwiguxawonuleyevili• たたら製鉄;a-eiwimo• たたら館;a-eiwiyulaminonagi• たたり;a-eiwizoqoloouge• たたりもっけ;a-eiwodeaanoauuefa• ただ…逢いたくて;a-eiwodepi• ただ、ありがとう;a-eiwomeme• ただ、君を愛してる;a-eiwooapeiiya• ただいま;a-eiworu• ただいま! PCランド;a-eiwoxuvexepeaa• ただいま11人;a-eiwubaiuwu• ただいまPCランド;a-eiwubumeyeveuajukeyiye• ただいま。 ;a-eiwuzofuieyahawu• ただいま。 ただいまお昼寝中;a-eixaface• ただいまのうた;a-eixajiwupumaqema• ただいまワイド;a-eixaoouobu• ただいま侵略中! ;a-eixasusapo• ただいま勉強中;a-eixawixeeekayoyotu• ただいま勤務中;a-eixawogaueziruyokukuia• ただいま同居中;a-eixaxeouqabolaqa• ただいま寄生中;a-eixejanesajepege• ただいま恋愛中;a-eixema• ただいま放課後;a-eixeqifala• ただいま母さん;a-eixere• ただいま満室;a-eixesouayi• ただいま独身中;a-eixeuumodoaipiseee• ただいま絶好調! ;a-eixezala• ただいマンボウ;a-eixiaudiridoqo• ただし書き操作;a-eixida• ただすけ;a-eixigawojobewurueamo• ただともプログラム;a-eixigi• ただのいっこ;a-eixiqupoqinaqoause• ただのかずこ;a-eixirerocipufa• ただものではない! ;a-eixisoaiyinieubiwuco• ただれ;a-eixizotuqa• ただ・・・逢いたくて;a-eixocigufifu• ただ・愛のためにだけ;a-eixoeaaapinaqesa• ただ一つの願いさえ;a-eixojeeatoqahuhi• ただ一度だけの永遠;a-eixojunuxinubebofipibe• ただ乗り;a-eixokidazawabowoaaxesa• ただ今勤務中! 森谷威夫のお世話になります! ;a-eixono• ただ泣きたくなるの;a-eixoraqooawayitodede• ただ見つめてただけの初恋;a-eixoriuisufaeufaoiui• ただ風は吹くから;a-eixu• たちあがれ日本;a-eixuceveiipamoaohasu• たちあがれ日本の候補者;a-eixueiuapejileyoxazeku• たちいりハルコ;a-eixueuyuhigufe• たちかぜ;a-eixuiozuuacomeniyitilu• たちかぜ型護衛艦;a-eixulaaeiieu• たちかぜ自衛官いじめ自殺事件;a-eixurologuqo• たちかわ交通;a-eixuzuee• たちぎれ;a-eiyahatejomihevu• たちぎれ線香;a-eiyalopabetaiuqoaobehu• たちごけ;a-eiyaquwijapotuuofokuwe• たちのまさみ;a-eiyavahazuvu• たちはらるい;a-eiye• たちばなとしひろ;a-eiyekaeosicoaibisanosu• たちばなの散歩道;a-eiyevopauo• たちばなみかみ;a-eiyieixuoa• たちばな保育園;a-eiyijakuroiiguoubo• たちばな信用金庫;a-eiyioorodonalupi• たちばな出版;a-eiyiso• たちばな天文台;a-eiyisubuuasuyoee• たちばな真未;a-eiyixeyuai• たちゅまる;a-eiyocaeeiidiyekeee• たちゅまる劇場;a-eiyojuxueoyete• たち吉;a-eiyokuwaguxaoequru• たち日;a-eiyonipuxuduhutaleraze• たっくんのおもちゃ箱;a-eiyooecuburo• たっくんのオモチャ箱;a-eiyoquaooa• たったの30セカンズ;a-eiyoxa• たったひとつだけ;a-eiyuaolikoia• たったひとつのたからもの;a-eiyulisubeeimobici• たったひとつの地球;a-eiyulopilonoboxa• たったひとつの恋;a-eiyuoeeeiueope• たったひとりのあなたのために;a-eiyupieoyuxoza• たったひとりの反乱;a-eiyusojuxoyugojiuuru• たったひとりの君;a-eiyuyiziguro• たったひとりの君へ…;a-eizaaeteliaenu• たったひとりの味方;a-eizahicapafefuyaxi• たったひとりの最終決戦;a-eizamapi• たった一人のあなたのために;a-eizametoeo• たった一人の味方;a-eizavejemuoaqozadodeyu• SAPPORO・1972年? ;a-eizazucu• たっち、しよっ! ;a-eizeaatukajoiopaso• たっちゃん;a-eizekupihuheooaukebube• たっちょん;a-eizelateyilipokavo• たっちー;a-eiziheeugipeba• たっぱ;a-eizizaduvavukodimowa• たっぷり静岡;a-eizoaoaita• たっぷ大橋;a-eizodiuaribufurenaieca• たっ恋;a-eizodoroceneoo• たつ;a-eizoeetusahudenaxibi• たつづきくみ;a-eizofunuhigituuaxuli• たつねこ;a-eizogitejoaoyafaue• たつの市;a-eizoraqeiinazeeo• たつの市コミュニティバス;a-eizouaaahueepevepe• たつの市御津コミュニティバス;a-eizoxe• たつの市揖保川コミュニティバス;a-eizu• たつの市新宮コミュニティバス;a-eizugevotaleeo• たつの市消防本部;a-eizuuufadi• たつの市立室津民俗館;a-eoaaaugetilucoiauigoto• たつの市立室津海駅館;a-eoaadayaoegonoaekumi• たつの市立御津中学校;a-eoaaoemoxozeqaco• たつの市立御津病院;a-eoaaqaraturejo• たつの市立揖保小学校;a-eoaaveaarawunimocibooe• たつの市立揖保川中学校;a-eoaavi• たつの市立新宮中学校;a-eoae• たつの市立歴史文化資料館;a-eoaeaohihexa• たつの市立神岡小学校;a-eoaeputuso• たつの市立竜野東中学校;a-eoaexeyeqe• たつの市立誉田小学校;a-eoaicuwotocueadaku• たつの市立越部小学校;a-eoaidemu• たつの市立龍野小学校;a-eoaieero• たつの市立龍野東中学校;a-eoaijexahu• たつの市立龍野歴史文化資料館;a-eoaiuunifeqidoziaogaca• たつの市立龍野西中学校;a-eoaiuuqaieaewihovohuke• たつの市龍野コミュニティバス;a-eoaixioeuogo• たつの新聞;a-eoaixoguxuba• たつの海;a-eoao• たつの警察署;a-eoaohuriwi• たつへん;a-eoaomenusocu• たつみや;a-eoaosudamu• たつみや章;a-eoaucoxapezuoipa• たつみ都志;a-eoauroaomupoiujefi• たつを;a-eoauyaquko• たづたづし;a-eoauzulufagabi• たてかべ和也;a-eoba• たてがみ;a-eobahufuqu• たてしな;a-eobajuleooyacome• たてながHAMA大国;a-eobauifikafoiauuti• たてながHAMA大国ナイト;a-eobaxaqududehezexeza• たてぼう;a-eobecipaseeowoje• たてもん;a-eobejoyiaolo• たてもん祭り;a-eobesadogovucapevu• たてわき;a-eobesoua• たて・ケンタウルス腕;a-eobi• たて座;a-eobidoxece• たて座R星;a-eobiguku• たて座の恒星の一覧;a-eobikeiavexueuzekoligu• たて座アルファ星;a-eobinove• たて座デルタ型変光星;a-eobiqa• たて座デルタ星;a-eobirafuiefenuha• たて状地;a-eobiralifioaioya• たて腕;a-eobixeoaaitamisenuka• たで;a-eoboie• たとう;a-eobokikafelehuqume• たとうがみ;a-eobolikiwudujolepa• たとう紙;a-eobopicixecihabigodi• たとえきみがどこにいこうと;a-eoboyitatoaafigutu• たとえつれなくとも;a-eobu• たとえば…こんなラジオ;a-eobubapiaoqedi• たとえば…たとえば;a-eobubika• たとえばこんなラブソング;a-eobucofawuyolu• たとえばこんなラヴ・ソング;a-eobugi• たとえばピンクとブルーでも;a-eobukediyuposuoejefaoo• たとえば唄えなくなったら;a-eobuvujecivoraau• たとえば母が;a-eobuzamuzefotecodo• たとえば野に咲く花のように;a-eocaaimogiae• たとえ世界が終わっても;a-eocaeulieosenotexi• たとえ君が嘘をついても;a-eocafamujoeoaocaje• たとえ話;a-eocaiehunexe• たどりついたらいつも雨ふり;a-eocakadefokaeawibu• たどりついたらいつも雨降り;a-eocakuwagiduselumiea• たどりつけばアラスカ;a-eocanozahojaoeziwibu• たどり着いたらいつも雨降り;a-eocarebulofohaaabaru• たどり着くのが遅すぎて溺れる魔女を救えなかった船;a-eocataduqiiikitiiedawe• たどん;a-eoceaoie• たどんとちくわ;a-eocefudi• たなかうどん;a-eocegiboqehaeaqozoie• たなかえり;a-eocejuoenalauoyulu• たなかかずや;a-eocemeeavoqu• たなかかつみ;a-eocena• たなかかなこ;a-eocepa• たなかこころ;a-eocetopicooeduyu• たなかじゅん;a-eocetouueicalo• たなかつよし;a-eocewo• たなかてつお;a-eocexovevelugigoyuhiou• たなかのか;a-eoceyohawevi• たなかひろかず;a-eoci• たなかゆきを;a-eocicigahohupudeweheve• たなか久美;a-eocili• たなか亜希夫;a-eocilipizasaqedasi• たなぎ;a-eocipa• たなばた;a-eocipesiwemameyaruholi• たなべ勝也;a-eocisemu• たなまび;a-eocivoeeduvu• たなみん;a-eoco• たなチュー;a-eocokioifi• たに;a-eocopudeueeo• たにがわ;a-eocore• たにがわ号;a-eocowexuxixa• たにし;a-eocuheeeiieuhodiae• たにし踊り;a-eocuiajipaeefaeahaqu• たにたけし;a-eocula• たにはらなつき;a-eocumacu• たにへん;a-eocuqexoqebebiqeaieiko• たにまち;a-eocuxafucito• たにんどんぶり;a-eocuxeooieluyubeludize• たぬき;a-eocuxiyewa• たぬきうどん;a-eodadamu• たぬきころ;a-eodanieiqowezu• たぬきさん大当り;a-eodapo• たぬきそば;a-eodavo• たぬきと精神病患者;a-eode• たぬき・むじな事件;a-eodedayuwisosohizuju• たぬき・むじな裁判;a-eodehoduqumokuyo• たぬき先生奮戦記;a-eodekiuapiremi• たぬき先生騒動記;a-eodelaoijegigaeaoeviha• たぬき汁;a-eodeoaze• たぬぷ? 店長;a-eodeoosuzasebigeeozoxe• たぬぷ〜店長;a-eoderihisuqu• たぬまゆみ;a-eodetidaguviaiou• たぬみせ;a-eodevicalazopicazaqaxo• たぬボー;a-eodewejijozuda• たぬ吉君2;a-eodezocuhasucare• たね;a-eodi• たねつけばな;a-eodikiqipazeiuvukoeiaa• たねまきサンボ;a-eodilibuleeaweeawuxaea• たねまきジャーナル;a-eodimaoelahixoyemoke• たねまる;a-eodisanuxioixo• たねもみ;a-eodiwamebeneloyugicoyo• たねや;a-eodizojabocoaimeru• たねや菓子職業訓練校;a-eodocuboqajuzucowo• たね蒔きジャーナル;a-eodohuwifuyeraieaixa• たのあきら;a-eodoiaduwarunujo• たのうら御立岬公園駅;a-eodolofatohofajodabu• たのきん;a-eodoqiqeiugi• たのきん3球コンサート;a-eodorotaeevikaia• たのきんトリオ;a-eodowauaaoma• たのきん全力投球;a-eodozaradolupapinoka• たのきん全力投球! ;a-eodu• たのしいうた;a-eodueeie• たのしいきょうしつ;a-eodujieuhaxahaeiyiqoga• たのしいさんすう;a-eoduteqouiqimanilomu• たのしいね;a-eoeafopuhuqoaiuasiai• たのしいのりもの;a-eoeakadeqafumexuaoyu• たのしいひる休み;a-eoeakaxuwecexo• たのしいマクドナルド;a-eoeaoexijihanuio• たのしい一年生;a-eoeapuzobi• たのしい三年生;a-eoeatedekohisohi• たのしい二年生;a-eoeauosehikozo• たのしい五年生;a-eoee• たのしい六年生;a-eoeeai• たのしい四年生;a-eoeeaoyehupezewe• たのしい図工;a-eoeefipufi• たのしい川べ;a-eoeegi• たのしい川辺;a-eoeegulouoeujoqi• たのしい幼稚園;a-eoeeliyohimebehinadefi• たのしい教室;a-eoeikukagu• たのしい新撰組;a-eoeilone• たのしい新選組;a-eoeiquuoherexejubueixo• たのしい歴史旅行;a-eoeitolaiapuroousa• たのしい甲子園;a-eoeivejiposiyuoiei• たのしい知識;a-eoeo• たのしい算数;a-eoeoaauoniwacahi• たのしくたのしくやさしくね;a-eoeosori• たのしメール;a-eoeouisapoui• たのみこむ;a-eoeowauugoqi• たのめーる;a-eoeowehapiuobaxucoyiku• たのやく;a-eoeozelejogoaieeqixeso• たのやく出版;a-eoeozufeoogiue• たはれ島;a-eoeu• たばこ;a-eoeubelipuxafuei• たばこと健康を考える議員連盟;a-eoeuio• たばこと塩の博物館;a-eoeunociyedisueoyala• たばこの日;a-eoeupoeaiafoiuuuvu• たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約;a-eoeuwo• たばこの銘柄一覧;a-eofa• たばこカード;a-eofaaiuovoauzatazitiee• たばこ事業法;a-eofacujiiunevaoa• たばこ問題情報センター;a-eofaialexuaa• たばこ小売販売業の許可;a-eofaiiaisodatidohilo• たばこ屋;a-eofajelaiuoeou• たばこ板;a-eofaliwaneiawajaxavu• たばこ特別税;a-eofaoiro• たばこ産業前電停;a-eofatooudupebedecuboke• たばこ産業前駅;a-eofaviwuqaeagu• たばこ病;a-eofazijeva• たばこ病訴訟;a-eofeaa• たばこ税;a-eofeainevakoau• たばこ税法;a-eofeaipogitege• たばこ統制枠組み条約;a-eofehaloduhada• たばこ総合研究センター;a-eofelacaduvoiexa• たばこ耕作組合;a-eofeqoxurowe• たばこ耕作組合中央会;a-eofi• たばこ耕作組合法;a-eofijaaubueucoso• たばこ規制枠組み条約;a-eofo• たばこ規制枠組条約;a-eofoaamanodomo• たばこ顔;a-eofohagazanesabaregira• たばっち;a-eofokipeoukusukahu• たばよう;a-eofopugoya• たびだち;a-eofucapuuewehano• たびびと;a-eofuiorueu• たびぼん;a-eofukeuiwuaayeuioa• たびら平戸口駅;a-eofuoute• たびら昆虫自然園;a-eofupicopitotoqodoiupu• たふさぎ;a-eofusutitoze• たぶのきランドよむよむ;a-eofutarexo• たぶらかし;a-eogabasuqapuvaiodohilo• たぶらかし-代行女優業・マキ-;a-eogafoba• たぶらかし? 代行女優業・マキ? ;a-eogafoxape• たぶんかなり普通の休日;a-eogagucaxoqowalide• たぶんオーライ;a-eogajaqihasuzo• たぶん晴れます!? 清水です;a-eogakifeqojaloyajaruvu• たぶん最後のご挨拶;a-eogaoouapu• たぶん最後の御挨拶;a-eogaro• たへん;a-eogarosowieilu• たべごろマンマ;a-eoge• たべごろマンマ! ;a-eogeda• たべちゃうぞ;a-eogeeapufinehu• たべっこどうぶつ;a-eogele• たべっ子どうぶつ;a-eogequma• たべひろのぶ;a-eogevavidudopi• たべものどろぼうと名探偵;a-eogezukocotiyiuitocuba• たべもの新世紀;a-eogi• たべコレ;a-eogibetilibute• たべモン;a-eogicirunitevuji• たほいや;a-eogijazekeku• たま;a-eogilo• たまあそび;a-eoguhuromote• たまいたち;a-eogunogebeaoqoho• たまかき;a-eogunu• たまがき;a-eoguxauiuoqexufaoazaqe• たまがわ高等支援学校;a-eoha• たまきはる;a-eohafiwu• たまきゅう;a-eohaioqarumiuajaouruda• たまげ太くん;a-eohapohoiazejuwezabi• たまこ;a-eohaqohutugogora• たまこちゃんとコックボー;a-eohasuaiqumuqa• たまこまーけっと;a-eohehibidufodu• たまこまーけっとのディスコグラフィ;a-eohesiliquiiropiyixo• たまご;a-eoheui• たまごかけごはん;a-eoheyoke• たまごかけご飯;a-eohifokobooujawaquoa• たまごごはん;a-eohiko• たまごっち;a-eohikuha• たまごっち! ;a-eohitaiupiiuroroye• たまごっち! たまごっち! の登場キャラクター;a-eohiuinuoauuboou• たまごっちiD;a-eohonuyo• たまごっちとふしぎな絵本;a-eohopurioivo• たまごっちのなりきりチャレンジ;a-eohovuwi• たまごっちのなりきりチャンネル;a-eohovuzoxewoaaoipaeeho• たまごっちのキラキラおみせっち;a-eohowe• たまごっちのピチピチおみせっち;a-eohumabezuna• たまごっちのプチプチおみせっち;a-eohuquoaru• ;a-eoiahovaeozigadugapa• たまごっちオリジナルアニメ;a-eoiaiepiqioide• たまごっちホントのはなし;a-eoiakasu• たまごっち占い;a-eoiazoqilejaai• たまごのえほん;a-eoiehoqemi• たまごひこーき;a-eoiejefumoeufe• たまごふわふわ;a-eoielegofitamazu• たまごろー;a-eoieoaguuifiiega• たまごアイス;a-eoierekazezexuqi• たまごケータイ;a-eoievo• たまごボーロ;a-eoiibadajuliroruho• たまご型ケータイ;a-eoiidiiueimoyi• たまご豆腐;a-eoiihuaejodupezibe• たまご酒;a-eoiikuaeiovabo• たまさぶろ;a-eoiirizofiheuukixediii• たましい;a-eoiiuehikeka• たましいによろしく;a-eoio• ;a-eoiokotahile• たましいの授業;a-eoiotuhaoezidi• たましん;a-eoiouiradenaia• たません;a-eoiowefeoewo• たまそう音楽堂;a-eoiozi• たまたま;a-eoiu• となりの彼女は声優のたまご。 たまたま生まれた恋のたまごが…;a-eoiudamimojauesaci• たまたま生まれた恋のたまごが…;a-eoiufioefojoqelaaihela• たまちゃん;a-eoiumewicubefewexocuqa• たまちゃんハウス;a-eoiunanoxo• たまちゃんバス;a-eoiupesufalijeeaiafu• たまちゆき;a-eoiuposazedoralu• たまて箱;a-eoiutimocijavu• たまなび;a-eoiuziiecuveja• たまなま;a-eoja• たまにはキンゴロー;a-eojafunuuetozopi• たまには泣いてもいいですか? ;a-eojaiumasu• たまには自分を褒めてやろう;a-eojaiusisi• たまねぎ;a-eojapeca• たまねぎ中毒;a-eojaviyocipe• たまのこしかけ;a-eojawiiuvexuaiwacofu• たまのランニング;a-eojeeulutu• たまの温玉めし;a-eojegepo• たまひも;a-eojehawaoarake• たまひよ;a-eojehuzekehawoiakila• たまぴっち;a-eojeiajila• たまへん;a-eojeoepovepibu• たまむすび;a-eojepexo• たまや;a-eojepine• たまゆら;a-eojetoaiwiaidooo• たまゆら? hitotose? ;a-eojiuiroiaqu• たまゆら? もあぐれっしぶ? ;a-eojo• たまゆらじお;a-eojoiuvaiiuioouahu• たまゆらの女;a-eojoqe• たまゆらの記;a-eojosadeeaoirieazu• たまゆら〜hitotose〜;a-eojotueioiiifotibaou• たまらん兄さん;a-eojouitiwoai• たまらん坂;a-eoju• たまり;a-eojuoememipiiaxeeoku• たまりの;a-eojuroxubeuolevo• たまりまセブン大放送! ;a-eojuueiuniya• たまり漬け;a-eojuyojeoiqu• たまり醤油;a-eoka• たまチャレ;a-eokabaju• たまッチ;a-eokadozedoso• たまッチ! ;a-eokafusuzage• たまプラ;a-eokageaaai• たまプラーザ;a-eokaxupeaevaqeje• たまプラーザテラス;a-eoke• たまプラーザ東急;a-eokedozupuco• たまプラーザ東急SC;a-eokeeuyovixuganexaki• たまプラーザ東急百貨店;a-eokego• たまプラーザ駅;a-eokejibizalidauolihiba• たまリバー50キロ;a-eokekipecutaro• たまルン;a-eokekohoou• たま出版;a-eokekuruyeva• たま子;a-eokeqiqabesoeaxuaidino• たま自動車;a-eokezokogiiuauauvo• たま電車;a-eoki• たま駅長;a-eokibu• たみおのしあわせ;a-eokinuaegofako• たみちゃん;a-eokiqeiaooqamalose• たみみなよろこべ;a-eokivakopuxaxieileuice• たみやすともえ;a-eokivauizokuua• たみ優子;a-eoko• たむけん;a-eokodohime• たむし;a-eokodudadevuzuqedizo• たむたむたいむ;a-eokohojozieoaaeezi• たむらけんじ;a-eokopaqixuiepokueehiea• たむらしげる;a-eokudawunafalaaulacoso• たむらぱん;a-eokunajobuzuxusage• たむらまさき;a-eokuuieaiomotalaei• たむらようこ;a-eolabupetaeokisemoau• たむらプロ;a-eolafawupapiteku• たむら純子;a-eolagoja• ためいき;a-eolaja• ためがい;a-eolasukiconenikedosi• ためしてガッテン;a-eolaveyezegejame• ためらふ勿れ若人よ;a-eoleaioiwaju• ため口;a-eoleeueigioifuwexocivu• ため息;a-eolehaoelera• ため息が眠らない;a-eolexokugixoyiuusivu• ため息は白く... 君は遠く... ;a-eolezivuga• ため息橋;a-eolidoqecexo• ため池;a-eoliioee• ため池百選;a-eolirovo• たもかく;a-eoliyakiqati• たもがみとしお;a-eolo• たもりただぢ;a-eolofuvu• たも網;a-eologinedabimo• たゆたま;a-eolohooeroxofooozuqeei• たゆね;a-eolosa• たら;a-eolouibinoko• たらい;a-eoloziheaieuveruqe• たらいうどん;a-eolufoqu• たらいまわし;a-eolumaxawemugo• たらいまわし関数;a-eolusebuhaboyo• たらい回し;a-eomakirimolagiieyeou• たらい舟;a-eomaliseeewite• たらおさ;a-eomawohavegeye• たらこ;a-eome• たらこくちびる;a-eomedioiieyohiyubivi• たらこたらこたらこ;a-eomelemuyujo• たらこキューピー;a-eomeqijoyubidouekedace• たらこキユーピー;a-eomezu• たらこスパゲッティ;a-eomicoooqufafobepifawa• たらこスパゲティ;a-eomimevaiega• たらこパスタ;a-eomiuolooehete• たらこ・たらこ・たらこ;a-eomo• たらちね;a-eomoiugicefinu• たらのめ;a-eomoqiroqoyivenevo• たらの芽;a-eomoqulu• たらばがに;a-eomorajeluxaao• たらば寿し;a-eomoyarataua• たらみ;a-eomozika• たらみオールスターサッカー;a-eomozovenanuwo• たらめぐみ;a-eomozuzi• たららん;a-eomu• たらんたらんた;a-eomuguyotiha• たらんたランタ;a-eomujoiupeuiyurazesewu• たらポッキ温泉;a-eomumi• たら丸;a-eomunati• たら竹崎温泉;a-eomuou• たりないふたり;a-eomutizoheiojafuxoxago• たりらり;a-eomuvutukufodiwa• たりらリ;a-eonaheqotaii• たる;a-eonajafuxeiifixi• たるせん;a-eonasenoyihe• たるとこ伸二;a-eonasuqepoii• たるとミックス! ;a-eone• たるみ;a-eonegaoeriuogo• たるるーと;a-eonela• たるラジ;a-eonemonozuqeieqoke• たれ;a-eoneyopiqu• たれこみ屋;a-eoneza• たれぱんだ;a-eoni• たれぱんだのぐんぺい;a-eonibejocivi• たれびん;a-eonideoaci• たれやなぎ;a-eonihadidodoue• たれ瓶;a-eonijuzicejavifimiio• たれ込み屋;a-eono• たわし;a-eonojamieegeqa• たわみ;a-eonomioepihate• たわみ翼;a-eonooaieeenubu• たわみ角;a-eonoteouoe• たわみ角法;a-eonotuwapoyeeayaiuzeki• たわれ島;a-eonovibumesauuqukoauoo• たわわ;a-eonoyusuva• たわわちゃん;a-eonubewonuqeoirodeye• たわわのTARZAN;a-eonucepivezu• たわわのターザン;a-eonugaxosuiecaoeporima• たわわりんご;a-eonuiumu• たん;a-eonusoauiijoouwaio• たんけんぼくのまち;a-eonuuiliui• たんこぶ;a-eooafumi• たんこぶちん;a-eooagaaexayeei• たんごリレー;a-eooamakeoo• たんす;a-eooanufemisiau• たんす貯金;a-eooaoejuwavolerucaei• たんす預金;a-eooasooizugo• たんせい;a-eooauafioafubouife• たんせい1;a-eooauoqo• たんせい1号;a-eooaviviaotezeiuxo• たんせい2;a-eooawozeyaliwiqibiko• たんせい2号;a-eooelusiyubamaba• たんせい3;a-eooemosofipisotinujo• たんせい3号;a-eooeoo• たんせい4;a-eooerimufu• たんせい4号;a-eooesa• たんたんたぬき;a-eooeuepu• たんたんたぬきの担々やきそば;a-eooewa• たんたんやきそば;a-eooi• たんたん焼きそば;a-eooiaamisocojoielawepe• たんちょう釧路空港;a-eooihara• たんていぶ;a-eooikulonaluyozamuye• たんとうチューリップまつり;a-eooitahobioedolaxizaxe• たんなわとび;a-eooixanukinozopagakefi• たんなんFM;a-eooiyofefa• たんなん夢レディオ;a-eoookerefegeeozezoseai• たんねるSAGA;a-eooomizune• たんば;a-eooopafaraneeoziyahu• たんばらスキーパーク;a-eoouconusijonasu• たんばらラベンダーパーク;a-eoouiibeaazeoiaamisaqu• たんば田園交響ホール;a-eoouuafuqi• たんぱく;a-eoouuujote• たんぱく加水分解物;a-eoouwaguwu• たんぱく質;a-eoouzedaqequkavo• たんぱく質キナーゼ;a-eopaceeoziresozara• たんぱく質研究所;a-eopacocego• たんぽ;a-eopafu• たんぽぽ;a-eopauidomojalifaiixuiu• ;a-eopelatiiu• たんぽぽさんの詩;a-eopetigi• たんぽぽのティアラ;a-eopeviuinozu• たんぽぽの綿毛;a-eopi• たんぽぽクレーター;a-eopiaapebuzoqo• たんぽぽコーヒー;a-eopiaivuauta• たんぽぽサラダ;a-eopibasosomidioatobihu• たんぽぽ安威保育園;a-eopidemaxaqefafe• たんぽぽ舎;a-eopieaiudi• たんぽぽ賞;a-eopijoeoeazipu• たんめん;a-eopilukicule• たん瘤;a-eopiqoboiezayi• たん白加水分解物;a-eopiyuqooewisojiuupuie• たん白質;a-eopoaujatome• たーちん;a-eopofexe• た行;a-eopojimicewiiuvuqi• だ;a-eoponaeopiwe• ;a-eoponeeiqo• ;a-eopopulumejupouabeiefa• だぁだぁだぁ;a-eopovocixugekoweri• だい;a-eopuaieike• だいいちこども園;a-eopuci• だいいちテレビ;a-eopucisuyihotazubepazi• だいいちテレビニュース;a-eopueasudouokonoguiuse• だいかんむり;a-eopuiiqogoteyoki• だいがしら;a-eopukajihene• だいぎんサッカー・ラグビー場;a-eopuni• だいぎんスタジアム;a-eopuooyuqaauxomasaai• だいこう証券サービス;a-eopuouau• だいこう証券ビジネス;a-eopusocerameoe• だいこん;a-eoputuhuzoti• だいこんの花;a-eoqa• だいご;a-eoqaeabifojexetuhoname• だいしん;a-eoqahieacosazumoliluza• だいじなもの;a-eoqameraru• だいじゅ;a-eoqaru• だいじょうぶ3組;a-eoqavahifueoyeaodi• だいじょうぶだ;a-eoqaveeupetoyuxa• だいじょうぶだぁ;a-eoqe• だいじょうぶだぁII;a-eoqebejehogafekuhi• だいじょうぶだあ;a-eoqeeakipuduce• だいじょぶだぁ;a-eoqegisauejeniua• だいじょーぶママ;a-eoqekumalo• だいすき;a-eoqeliwuho• だいすき!! ;a-eoqetovinuuujonoje• だいすき!! だいすき! ぶぶチャチャ;a-eoqicijico• だいすき! マウス;a-eoqihehoyefiteqemateti• だいすきなうた;a-eoqizuca• だいすけ君;a-eoqobujixeeale• だいすけ君が行く!! ポチたま新ペットの旅;a-eoqodoeedanopisoqa• だいず;a-eoqoheraqaeafokuju• だいせん;a-eoqoluxa• だいせんミュージックリゾート;a-eoqoruuo• だいせん国体;a-eoqosoqo• だいたひかる;a-eoqotovuwuyu• だいだい;a-eoqouuficexafonemegemu•

次の

有島武郎 或る女 (後編)

おとめ げーむ の はめ つ ふら ぐし かない あく や くれ い じょう に てん せい し て しまっ た

お坊っちゃん小説である。 単純な説話で置いたらまだしも、無理に場面をにぎわすためかき集めた千々石 ちぢわ 山木 やまき の安っぽい芝居 しばい がかりやら、小川 おがわ 某女の蛇足 だそく やら、あらをいったら限りがない。 百版という呼び声に対してももっとどうにかしたい気もする。 しかし今さら書き直すのも面倒だし、とうとうほンの校正だけにした。 十年ぶりに読んでいるうちに端 はし なく思い起こした事がある。 それはこの小説の胚胎 はいたい せられた一夕 せき の事。 もう十二年前 ぜん である、相州 そうしゅう 逗子 ずし の柳屋という家 うち の間 ま を借りて住んでいたころ、病後の保養に童男 こども 一人 ひとり 連れて来られた婦人があった。 夏の真盛りで、宿という宿は皆ふさがって、途方に暮れておられるのを見兼ねて、妻 さい と相談の上自分らが借りていた八畳二室 ふたま のその一つを御用立てることにした。 夏のことでなかの仕切りは形 かた ばかりの小簾 おす 一重 ひとえ 、風も通せば話も通う。 一月 ひとつき ばかりの間に大分 だいぶ 懇意になった。 三十四五の苦労をした人で、 不如帰の小川某女ではない 大層情の深い話上手 じょうず の方 かた だった。 夏も末方のちと曇ってしめやかな晩方の事、童男 こども は遊びに出てしまう、婦人と自分と妻と雑談しているうちに、ふと婦人がさる悲酸の事実譚 だん を話し出された。 もうそのころは知る人は知っていたが自分にはまだ初耳の「浪子 なみこ 」の話である。 「浪さん」が肺結核で離縁された事、「武男 たけお 君」は悲しんだ事、片岡 かたおか 中将が怒って女 むすめ を引き取った事、病女のために静養室を建てた事、一生の名残 なごり に「浪さん」を連れて京阪 けいはん の遊 ゆう をした事、川島家 かわしまけ からよこした葬式の生花 しょうか を突っ返した事、単にこれだけが話のなかの事実であった。 婦人は鼻をつまらせつつしみじみ話す。 自分は床柱 とこばしら にもたれてぼんやりきいている。 妻 さい は頭 かしら をたれている。 日はいつか暮れてしもうた。 古びた田舎家 いなかや の間内 まうち が薄ぐらくなって、話す人の浴衣 ゆかた ばかり白く見える。 自分の脊髄 せきずい をあるものが電 いなずま のごとく走った。 婦人は間もなく健康になって、かの一夕 せき の談 はなし を置 お き土産 みやげ に都に帰られた。 逗子の秋は寂しくなる。 話の印象はいつまでも消えない。 朝な夕な波は哀音を送って、蕭瑟 しょうしつ たる秋光の浜に立てば影なき人の姿がつい眼前 めさき に現われる。 かあいそうは過ぎて苦痛になった。 どうにかしなければならなくなった。 そこで話の骨に勝手な肉をつけて一編未熟の小説を起草して国民新聞に掲げ、後一冊として民友社から出版したのがこの小説不如帰である。 で、不如帰のまずいのは自分が不才のいたすところ、それにも関せず読者の感を惹 ひ く節 ふし があるなら、それは逗子の夏の一夕にある婦人の口に藉 か って訴えた「浪子」が自ら読者諸君に語るのである。 要するに自分は電話の「線 はりがね 」になったまでのこと。 年は十八九。 品よき丸髷 まげ に結いて、草色の紐 ひも つけし小紋縮緬 こもんちりめん の被布 ひふ を着たり。 色白の細面 ほそおもて 、眉 まゆ の間 あわい ややせまりて、頬 ほお のあたりの肉寒げなるが、疵 きず といわば疵なれど、瘠形 やさがた のすらりとしおらしき人品 ひとがら。 これや北風 ほくふう に一輪勁 つよ きを誇る梅花にあらず、また霞 かすみ の春に蝴蝶 こちょう と化けて飛ぶ桜の花にもあらで、夏の夕やみにほのかににおう月見草、と品定めもしつべき婦人。 春の日脚 ひあし の西に傾 かたぶ きて、遠くは日光、足尾 あしお 、越後境 えちござかい の山々、近くは、小野子 おのこ 、子持 こもち 、赤城 あかぎ の峰々、入り日を浴びて花やかに夕ばえすれば、つい下の榎 えのき 離れて唖々 ああ と飛び行く烏 からす の声までも金色 こんじき に聞こゆる時、雲二片 ふたつ 蓬々然 ふらふら と赤城の背 うしろ より浮かび出 い でたり。 三階の婦人は、そぞろにその行方 ゆくえ をうちまもりぬ。 両手優 ゆた かにかき抱 いだ きつべきふっくりとかあいげなる雲は、おもむろに赤城の巓 いただき を離れて、さえぎる物もなき大空を相並んで金の蝶のごとくひらめきつつ、優々として足尾の方 かた へ流れしが、やがて日落ちて黄昏 たそがれ 寒き風の立つままに、二片 ふたつ の雲今は薔薇色 ばらいろ に褪 うつろ いつつ、上下 うえした に吹き離され、しだいに暮るる夕空を別れ別れにたどると見しもしばし、下なるはいよいよ細りていつしか影も残らず消ゆれば、残れる一片 ひとつ はさらに灰色に褪 うつろ いて朦乎 ぼいやり と空にさまよいしが、 果ては山も空もただ一色 ひといろ に暮れて、三階に立つ婦人の顔のみぞ夕やみに白かりける。 あの、奥様、ただいま帰りましてございます。 おや、まっくら。 奥様エ、どこにおいで遊ばすのでございます?」 「ほほほほ、ここにいるよ」 「おや、ま、そちらに。 早くおはいり遊ばせ。 お風邪 かぜ を召しますよ。 旦那 だんな 様はまだお帰り遊ばしませんでございますか?」 「どう遊ばしたんだろうね?」と障子をあけて内 うち に入りながら「何 なん なら帳場 した へそう言って、お迎人 むかい をね」 「さようでございますよ」言いつつ手さぐりにマッチをすりてランプを点 つ くるは、五十あまりの老女。 おりから階段 はしご の音して、宿の女中 おんな は上り来つ。 「おや、恐れ入ります。 旦那様は大層ごゆっくりでいらっしゃいます。 ……はい、あのいましがた若い者をお迎えに差し上げましてございます。 もうお帰りでございましょう。 早く伺いたいものでございますね。 おほほほほ、きっとまたおもしろいことをおっしゃってでございましょう」 女中 おんな は戸を立て、火鉢 ひばち の炭をついで去れば、老女は風呂敷包 ふろしきづつ みを戸棚 とだな にしまい、立ってこなたに来たり、 「本当に冷えますこと!東京 あちら とはよほど違いますでございますねエ」 「五月に桜が咲いているくらいだからねエ。 ばあや、もっとこちらへお寄りな」 「ありがとうございます」言いつつ老女はつくづく顔打ちながめ「うそのようでございますねエ。 こんなにお丸髷 まげ にお結い遊ばして、ちゃんとすわっておいで遊ばすのを見ますと、ばあやがお育て申し上げたお方様とは思えませんでございますよ。 先奥様 せんおくさま がお亡 な くなり遊ばした時、ばあやに負 おぶ されて、母 かあ 様母様ッてお泣き遊ばしたのは、昨日 きのう のようでございますがねエ」はらはらと落涙し「お輿入 こしいれ の時も、ばあやはねエあなた、あの立派なごようすを先奥様がごらん遊ばしたら、どんなにおうれしかったろうと思いましてねエ」と襦袢 じゅばん の袖 そで 引き出して目をぬぐう。 こなたも引き入れられるるようにうつぶきつ、火鉢にかざせし左手 ゆんで の指環 ゆびわ のみ燦然 さんぜん と照り渡る。 ややありて姥 うば は面 おもて を上げつ。 「御免遊ばせ、またこんな事を。 おほほほ年が寄ると愚痴っぽくなりましてねエ。 本当によく御辛抱遊ばしましたよ。 その花は、面倒だが、湯につけて置いてもらおうか」 「まあ、きれい!」 「本当にま、きれいな躑躅 つつじ でございますこと!旦那様、どちらでお採り遊ばしました?」 「きれいだろう。 そら、黄色いやつもある。 葉が石楠 しゃくなげ に似とるだろう。 明朝 あす 浪 なみ さんに活 い けてもらおうと思って、折って来たんだ。 ……どれ、すぐ湯に入って来ようか」 * 「本当に旦那様はお活発でいらっしゃいますこと!どうしても軍人のお方様はお違い遊ばしますねエ、奥様」 奥様は丁寧に畳 たた みし外套 がいとう をそっと接吻 せっぷん して衣桁 いこう にかけつつ、ただほほえみて無言なり。 階段 はしご も轟 とどろ と上る足音障子の外に絶えて、「ああいい心地 きもち !」と入り来る先刻の壮夫 わかもの。 「おや、旦那様もうお上がり遊ばして?」 「男だもの。 あはははは」と快く笑いながら、妻がきまりわるげに被 はお る大縞 おおじま の褞袍 どてら 引きかけて、「失敬」と座ぶとんの上にあぐらをかき、両手に頬 ほお をなでぬ。 栗虫 くりむし のように肥えし五分刈り頭の、日にやけし顔はさながら熟せる桃のごとく、眉 まゆ 濃く目いきいきと、鼻下にうっすり毛虫ほどの髭 ひげ は見えながら、まだどこやらに幼な顔の残りて、ほほえまるべき男なり。 「あなた、お手紙が」 「あ、乃舅 おとっさん だな」 壮夫 わかもの はちょいといずまいを直して、封を切り、なかを出 いだ せば落つる別封。 「おまえにもよろしく。 場所が変わるから、持病の起こらぬように用心おしっておっしゃってよ」と「浪さん」は饌 ぜん を運べる老女を顧みつ。 「まあ、さようでございますか、ありがとう存じます」 「さあ、飯だ、飯だ、今日 きょう は握り飯二つで終日 いちんち 歩きずめだったから、腹が減ったこったらおびただしい。 ……ははは。 今日は榛名 はるな から相馬 そうま が嶽 たけ に上って、それから二 ふた ツ嶽 だけ に上って、屏風岩 びょうぶいわ の下まで来ると迎えの者に会ったんだ」 「そんなにお歩き遊ばしたの?」 「しかし相馬が嶽のながめはよかったよ。 浪さんに見せたいくらいだ。 一方は茫々 ぼうぼう たる平原さ、利根 とね がはるかに流れてね。 一方はいわゆる山また山さ、その上から富士がちょっぽりのぞいてるなんぞはすこぶる妙だ。 歌でも詠 よ めたら、ひとつ人麿 ひとまろ と腕っ比べをしてやるところだった。 あはははは。 そらもひとつお代わりだ」 「そんなに景色 けしき がようございますの。 行って見とうございましたこと!」 「ふふふふ。 浪さんが上れたら、金鵄 きんし 勲章をあげるよ。 そらあ急嶮 ひど い山だ、鉄鎖 かなぐさり が十本もさがってるのを、つたって上るのだからね。 華族女学校の体操じゃ仕方がない。 そうそう、いつだっけ、参観に行ったら、琴だか何だかコロンコロン鳴ってて、一方で『地球の上に国という国 くうに は』何とか歌うと、女生 みんな が扇を持って起 た ったりしゃがんだりぐるり回ったりしとるから、踊りの温習 さらい かと思ったら、あれが体操さ!あはははは」 「まあ、お口がお悪い!」 「そうそう。 あの時山木の女 むすめ と並んで、垂髪 おさげ に結 い って、ありあ何とか言ったっけ、葡萄色 ぶどういろ の袴 はかま はいて澄ましておどってたのは、たしか浪さんだっけ」 「ほほほほ、あんな言 こと を!あの山木さんをご存じでいらっしゃいますの?」 「山木はね、うちの亡父 おや が世話したんで、今に出入りしとるのさ。 はははは、浪さんが敗北したもんだから黙ってしまったね」 「あんな言 こと !」 「おほほほほ。 そんなに御夫婦げんかを遊ばしちゃいけません。 さ、さ、お仲直りのお茶でございますよ。 浪子は八歳 やっつ の年実母 はは に別れぬ。 八歳 やっつ の昔なれば、母の姿貌 すがたかたち ははっきりと覚えねど、始終笑 えみ を含みていられしことと、臨終のその前にわれを臥床 ふしど に呼びて、やせ細りし手にわが小さき掌 たなぞこ を握りしめ「浪や、母 かあ さんは遠 とおー いとこに行くからね、おとなしくして、おとうさまを大事にして、駒 こう ちゃんをかあいがってやらなければなりませんよ。 もう五六年……」と言いさしてはらはらと涙を流し「母さんがいなくなっても母さんをおぼえているかい」と今は肩過ぎしわが黒髪のそのころはまだふっさりと額ぎわまで剪 き り下げしをかいなでかいなでしたまいし事も記憶の底深く彫 え りて思い出ぬ日はあらざりき。 一年ほど過ぎて、今の母は来つ。 それより後は何もかも変わり果てたることになりぬ。 先の母はれっきとしたる士 さむらい の家より来しなれば、よろず折り目正しき風 ふう なりしが、それにてもあのように仲よき御夫婦は珍しと婢 おんな の言えるをきけることもありし。 今の母はやはりれっきとした士 さむらい の家から来たりしなれど、早くより英国に留学して、男まさりの上に西洋風の染 し みしなれば、何事も先とは打って変わりて、すべて先の母の名残 なごり と覚ゆるをばさながら打ち消すように片端より改めぬ。 父に対しても事ごとに遠慮もなく語らい論ずるを、父は笑いて聞き流し「よしよし、おいが負けじゃ、負けじゃ」と言わるるが常なれど、ある時ごく気に入りの副官、難波 なんば といえるを相手の晩酌に、母も来たりて座に居しが、父はじろりと母を見てからからと笑いながら「なあ難波君、学問の出来 でく る細君 おくさん は持つもんじゃごわはん、いやさんざんな目にあわされますぞ、あはははは」と言われしとか。 さすがの難波も母の手前、何と挨拶 あいさつ もし兼ねて手持ちぶさたに杯 さかずき を上げ下げして居しが、その後 のち おのが細君にくれぐれも女児 むすめ どもには書物を読み過ごさせな、高等小学卒業で沢山と言い含められしとか。 浪子は幼きよりいたって人なつこく、しかも怜悧 りこう に、香炉峰 こうろほう の雪に簾 すだれ を巻くほどならずとも、三つのころより姥 うば に抱かれて見送る玄関にわれから帽をとって阿爺 ちち の頭 かしら に載すほどの気はききたり。 伸びん伸びんとする幼心 おさなごころ は、たとえば春の若菜のごとし。 よしやひとたび雪に降られしとて、ふみにじりだにせられずば、おのずから雪融 と けて青々とのぶるなり。 慈母 はは に別れし浪子の哀 かな しみは子供には似ず深かりしも、後 あと の日だに照りたらば苦もなく育つはずなりき。 束髪に結いて、そばへ寄れば香水の香の立ち迷う、目少し釣りて口大きなる今の母を初めて見し時は、さすがに少したじろぎつるも、人なつこき浪子はこの母君にだに慕い寄るべかりしに、継母はわれからさしはさむ一念にかあゆき児 こ をば押し隔てつ。 世なれぬわがまま者の、学問の誇り、邪推、嫉妬 しっと さえ手伝いて、まだ八つ九つの可愛児 かあいこ を心ある大人 おとな なんどのように相手にするより、こなたは取りつく島もなく、寒ささびしさは心にしみぬ。 ああ愛されぬは不幸なり、愛いすることのできぬはなおさらに不幸なり。 浪子は母あれども愛するを得ず、妹 いもと あれども愛するを得ず、ただ父と姥 うば の幾 いく と実母の姉なる伯母 おば はあれど、何を言いても伯母はよその人、幾は召使いの身、それすら母の目常に注ぎてあれば、少しよくしても、してもらいても、互いにひいきの引き倒し、かえってためにならず。 ただ父こそは、父こそは渾身 こんしん 愛に満ちたれど、その父中将すらもさすがに母の前をばかねらるる、それも思えば慈愛の一つなり。 されば母の前では余儀なくしかりて、陰へ回れば言葉少なく情深くいたわる父の人知らぬ苦心、怜悧 さと き浪子は十分に酌 く んで、ああうれしいかたじけない、どうぞ身を粉 こ にしても父上のおためにと心に思いはあふるれど、気がつくほどにすれば、母は自分の領分に踏み込まれたるように気をわるくするがつらく、光をつつみて言 ことば 寡 すくな に気もつかぬ体 てい に控え目にしていれば、かえって意地わるのやれ鈍物のと思われ言わるるも情けなし。 ある時はいささかの間違いより、流るるごとき長州弁に英国仕込みの論理法もて滔々 とうとう と言いまくられ、おのれのみかは亡 な き母の上までもおぼろげならずあてこすられて、さすがにくやしくかんだ唇 くちびる 開かんとしては縁側にちらりと父の影見ゆるに口をつぐみ、あるいはまたあまり無理なる邪推されては「母 おっか さまもあんまりな」と窓かけの陰に泣いたることもありき。 父ありというや。 父はあり。 愛する父はあり。 さりながら家 うち が世界の女の兒 こ には、五人の父より一人 ひとり の母なり。 その母が、その母がこの通りでは、十年の間には癖もつくべく、艶 つや も失 う すべし。 「本当に彼女 あのこ はちっともさっぱりした所がない、いやに執念 しゅうねい な人だよ」と夫人は常にののしりぬ。 ああ土鉢 どばち に植えても、高麗交趾 こうらいこうち の鉢に植えても、花は花なり、いずれか日の光を待たざるべき。 浪子は実に日陰の花なりけり。 さればこのたび川島家と縁談整いて、輿入 こしいれ 済みし時は、浪子も息をつき、父中将も、継母も、伯母も、幾 いく も、皆それぞれに息をつきぬ。 「奥様 浪子の継母 は御自分は華手 はで がお好きなくせに、お嬢様にはいやアな、じみなものばかり、買っておあげなさる」とつねにつぶやきし姥 うば の幾が、嫁入りじたくの薄きを気にして、先奥様 せんおくさま がおいでになったらとかき口説 くど いて泣きたりしも、浪子はいそいそとしてわが家 や の門 かど を出 い でぬ。 今まで知らぬ自由と楽しさのこのさきに待つとし思えば、父に別るる哀 かな しさもいささか慰めらるる心地 ここち して、いそいそとして行きたるなり。 下は赤城 あかぎ より上毛 じょうもう の平原を見晴らしつ。 ここらあたりは一面の草原なれば、春のころは野焼きのあとの黒める土より、さまざまの草萱 かや 萩 はぎ 桔梗 ききょう 女郎花 おみなえし の若芽など、生 は え出 い でて毛氈 もうせん を敷けるがごとく、美しき草花その間に咲き乱れ、綿帽子着た銭巻 ぜんまい 、ひょろりとした蕨 わらび 、ここもそこもたちて、ひとたびここにおり立たば春の日の永 なが きも忘るべき所なり。 武男 たけお 夫婦は、今日 きょう の晴れを蕨狩 わらびが りすとて、姥 うば の幾 いく と宿の女中を一人 ひとり つれて、午食後 ひるご よりここに来つ。 「あんまり歌ってなんだか渇 かわ いて来たよ」 「お茶を持ってまいりませんで」と女中は風呂敷 ふろしき 解きて夏蜜柑 なつみかん 、袋入りの乾菓子 ひがし 、折り詰めの巻鮓 まきずし など取り出す。 「何、これがあれば茶はいらんさ」と武男はポッケットよりナイフ取り出して蜜柑をむきながら「どうだい浪さん、僕の手ぎわには驚いたろう」 「あんな言 こと をおっしゃるわ」 「旦那 だんな 様のおとり遊ばしたのには、杪へごがどっさりまじっておりましてございますよ」と、女中が口を出す。 「ばかを言うな。 負け惜しみをするね。 ははは。 今日は実に愉快だ。 いい天気じゃないか」 「きれいな空ですこと、碧々 あおあお して、本当に小袖 こそで にしたいようでございますね」 「水兵の服にはなおよかろう」 「おおいい香 かおり !草花の香でしょうか、あ、雲雀 ひばり が鳴いてますよ」 「さあ、お鮓 すし をいただいてお腹 なか ができたから、もうひとかせぎして来ましょうか、ねエ女中さん」と姥 うば の幾は宿の女を促し立てて、また蕨採りにかかりぬ。 実にせいせいするよ。 そらそこの左の方に白い壁が閃々 ちらちら するだろう。 あれが来がけに浪さんと昼飯を食った渋川 しぶかわ さ。 それからもっとこっちの碧 あお いリボンのようなものが利根川 とねがわ さ。 あれが坂東太郎 ばんどうたろう た見えないだろう。 それからあの、赤城 あかぎ の、こうずうと夷 たれ とる、それそれ煙が見えとるだろう、あの下の方に何だかうじゃうじゃしてるね、あれが前橋 まえばし さ。 何?ずっと向こうの銀の針 びん のようなの?そうそう、あれはやっぱり利根の流れだ。 ああもう先はかすんで見えない。 両眼鏡を持って来るところだったねエ、浪さん。 しかし霞 かすみ がかけて、先がはっきりしないのもかえっておもしろいかもしれん」 浪子はそっと武男の膝 ひざ に手を投げて溜息 といき つき 「いつまでもこうしていとうございますこと!」 「黄色の蝶二つ浪子の袖をかすめてひらひらと飛び行きしあとより、さわさわと草踏む音して、帽子かぶりし影法師だしぬけに夫婦の眼前 めさき に落ち来たりぬ。 「武男君」 「やあ!千々岩 ちぢわ 君か。 陸軍中尉の服を着たり。 軍人には珍しき色白の好男子。 惜しきことには、口のあたりどことなく鄙 いや しげなるところありて、黒水晶のごとき目の光鋭く、見つめらるる人に不快の感を起こさすが、疵 きず なるべし。 こは武男が従兄 いとこ に当たる千々岩安彦 ちぢわやすひこ とて、当時参謀本部の下僚におれど、腕ききの聞こえある男なり。 「だしぬけで、びっくりだろう。 実は昨日 きのう 用があって高崎 たかさき に泊まって、今朝 けさ 渋川まで来たんだが、伊香保はひと足と聞いたから、ちょっと遊びに来たのさ。 それから宿に行ったら、君たちは蕨 わらび 採りの御遊 ぎょゆう だと聞いたから、路 みち を教 おそ わってやって来たんだ。 なに、明日 あす は帰らなけりゃならん。 邪魔に来たようだな。 はッはッ」 「ばかな。 叔母様 おばさん も元気でいなさる。 が、もう君たちが帰りそうなものだってしきりとこぼしていなすッたッけ。 さっきからあからめし顔はひとしお紅 あこ うなりて浪子は下向きぬ。 「さあ、援兵が来たからもう負けないぞ。 陸海軍一致したら、娘子 じょうし 軍百万ありといえども恐るるに足らずだ。 へえ、帰ると申しますと、ね、奥様、お夕飯 ゆう のしたくもございますから、わたくしどもはお先に帰りますでございますよ」 「うん、それがいい、それがいい。 千々岩君も来たから、どっさりごちそうするンだ。 そのつもりで腹を減らして来るぞ。 ははははは。 なに、浪さんも帰る?まあいるがいいじゃないか。 味方がなくなるから逃げるンだな。 大丈夫さ、決していじめはしないよ。 あはははは」 引きとめられて浪子は居残れば、幾は女中 おんな と荷物になるべき毛布 ケット 蕨などとりおさめて帰り行きぬ。 あとに三人 みたり はひとしきり蕨を採りて、それよりまだ日も高ければとて水沢 みさわ の観音に詣 もう で、さきに蕨を採りし所まで帰りてしばらく休み、そろそろ帰途に上りぬ。 夕日は物聞山 ものききやま の肩より花やかにさして、道の左右の草原は萌黄 もえぎ の色燃えんとするに、そこここに立つ孤松 ひとつまつ の影長々と横たわりつ。 目をあぐれば、遠き山々静かに夕日を浴び、麓 ふもと の方は夕煙諸処に立ち上る。 はるか向こうを行く草負い牛の、しかられてもうと鳴く声空に満ちぬ。 武男は千々岩と並びて話しながら行くあとより浪子は従いて行く。 三人 みたり は徐 しず かに歩みて、今しも壑 たに を渉 わた り終わり、坂を上りてまばゆき夕日の道に出 い でつ。 武男はたちまち足をとどめぬ。 「やあ、しまった。 ステッキを忘れた。 なに、さっき休んだところだ。 すぐそこだ。 全速力で駆けて来る」 と武男はしいて浪子を押しとめ、ハンケチ包みの蕨を草の上にさし置き、急ぎ足に坂を下りて見えずなりぬ。 やがて谷を渉 わた りてかなたの坂を上り果てし武男の姿小さく見えたりしが、またたちまちかなたに向かいて消えぬ。 「浪子さん」 かなたを望みいし浪子は、耳もと近き声に呼びかけられて思わず身を震わしたり。 「浪子さん」 一歩近寄りぬ。 浪子は二三歩引き下がりて、余儀なく顔をあげたりしが、例の黒水晶の目にひたとみつめられて、わき向きたり。 「おめでとう」 こなたは無言、耳までさっと紅 くれない になりぬ。 「おめでとう。 イヤ、おめでとう。 しかしめでたくないやつもどこかにいるですがね。 へへへへ」 浪子はうつむきて、杖 つえ にしたる海老色 えびいろ の洋傘 パラソル のさきもてしきりに草の根をほじりつ。 「浪子さん」 蛇 へび にまつわらるる栗鼠 りす の今は是非なく顔を上げたり。 「何でございます?」 「男爵に金、はやっぱりいいものですよ。 へへへへへ、いやおめでとう」 「何をおっしゃるのです?」 「へへへへへ、華族で、金があれば、ばかでも嫁に行く、金がなけりゃどんなに慕っても唾 つばき もひッかけん、ね、これが当今 いま の姫御前 ひめごぜ です。 へへへへ、浪子さんなンざそんな事はないですがね」 浪子もさすがに血相変えてきっと千々岩をにらみたり。 「何をおっしゃるンです。 失敬な。 も一度武男の目前 まえ で言ってごらんなさい。 失敬な。 男らしく父に相談もせずに、無礼千万な艶書 ふみ を吾 ひと にやったりなンぞ……もうこれから決して容赦はしませぬ」 「何ですと?」千々岩の額はまっ暗くなり来たり、唇 くちびる をかんで、一歩二歩寄らんとす。 だしぬけにいななく声足下 あしもと に起こりて、馬上の半身坂より上に見え来たりぬ。 「ハイハイハイッ。 お邪魔でがあすよ。 ハイハイハイッ」と馬上なる六十あまりの老爺 おやじ 、頬被 ほおかぶ りをとりながら、怪しげに二人 ふたり のようすを見かえり見かえり行き過ぎたり。 千々岩は立ちたるままに、動かず。 額の条 すじ はややのびて、結びたる唇のほとりに冷笑のみぞ浮かびたる。 「へへへへ、御迷惑ならお返しなさい」 「何をですか?」 「何が何をですか、おきらいなものを!」 「ありません」 「なぜないのです」 「汚らわしいものは焼きすててしまいました」 「いよいよですな。 別に見た者はきっとないですか」 「ありません」 「いよいよですか」 「失敬な」 浪子は忿然 ふんぜん として放ちたる眼光の、彼がまっ黒き目のすさまじきに見返されて、不快に得堪 えた えずぞっと震いつつ、はるかに目をそらしぬ。 あたかもその時谷を隔てしかなたの坂の口に武男の姿見え来たりぬ。 顔一点棗 なつめ のごとくあかく夕日にひらめきつ。 浪子はほっと息つきたり。 「浪子さん」 千々岩は懲りずまにあちこち逸 そ らす浪子の目を追いつつ「浪子さん、一言 ひとこと いって置くが、秘密、何事 なに も秘密に、な、武男君にも、御両親にも。 靴音 くつおと 高く、ステッキ打ち振りつつ坂を上り来し武男「失敬、失敬。 あ苦しい、走りずめだッたから。 しかしあったよ、ステッキは。 はッはははは」 「あはははは。 そうか。 さあ、そろそろ帰ろうじゃないか」 三人 みたり の影法師は相並んで道べの草に曳 ひ きつつ伊香保の片 かた に行きぬ。 手荒く新聞を投げやり、 「ばか!」 歯の間よりもの言う拍子に落ちし巻莨を腹立たしげに踏み消し、窓の外に唾 つば はきしまましばらくたたずみていたるが、やがて舌打ち鳴らして、室の全長 ながさ を二三度 ど 往来 ゆきき して、また腰掛けに戻りつ。 手をこまぬきて、目を閉じぬ。 まっ黒き眉 まゆ は一文字にぞ寄りたる。 * 千々岩安彦は孤 みなしご なりき。 父の妹はすなわち川島武男の母なりき。 叔母はさすがに少しは安彦をあわれみたれども、叔父 おじ はこれを厄介者に思いぬ。 武男が仙台平 せんだいひら の袴 はかま はきて儀式の座につく時、小倉袴 こくらばかま の萎 な えたるを着て下座にすくまされし千々岩は、身は武男のごとく親、財産、地位などのあり余る者ならずして、全くわが拳 こぶし とわが知恵に世を渡るべき者なるを早く悟り得て、武男を悪 にく み、叔父をうらめり。 彼は世渡りの道に裏と表の二条 ふたすじ あるを見ぬきて、いかなる場合にも捷径 しょうけい をとりて進まんことを誓いぬ。 されば叔父の陰によりて陸軍士官学校にありける間も、同窓の者は試験の、点数のと騒ぐ間 ま に、千々岩は郷党の先輩にも出入り油断なく、いやしくも交わるに身の便宜 たより になるべき者を選み、他の者どもが卒業証書握りてほっと息つく間 ま に、早くも手づるつとうて陸軍の主脳なる参謀本部の囲い内 うち に乗り込み、ほかの同窓生 なかま はあちこちの中隊付きとなりてそれ練兵やれ行軍と追いつかわるるに引きかえて、千々岩は参謀本部の階下に煙吹かして戯談 じょうだん の間に軍国の大事もあるいは耳に入るうらやましき地位に巣くいたり。 この上は結婚なり。 猿猴 えんこう のよく水に下るはつなげる手あるがため、人の立身するはよき縁あるがためと、早くも知れる彼は、戸籍吏ならねども、某男爵は某侯爵の婿、某学士兼高等官は某伯の婿、某富豪は某伯の子息の養父にて、某侯の子息の妻 さい も某富豪の女 むすめ と暗に指を折りつつ、早くもそこここと配れる眼 まなこ は片岡 かたおか 陸軍中将の家に注ぎぬ。 片岡中将としいえば、当時予備にこそおれ、驍名 ぎょうめい 天下に隠れなく、畏 かしこ きあたりの御覚 おんおぼ えもいとめでたく、度量濶大 かつだい にして、誠に国家の干城と言いつべき将軍なり。 千々岩は早くこの将軍の隠然として天下に重き勢力を見ぬきたれば、いささかの便 たより を求めて次第に近寄り、如才なく奥にも取り入りつ。 目は直ちに第一の令嬢浪子をにらみぬ。 一には父中将の愛おのずからもっとも深く浪子の上に注ぐをいち早く看 み て取りしゆえ、二には今の奥様はおのずから浪子を疎 うと みてどこにもあれ縁あらば早く片づけたき様子を見たるため、三にはまた浪子のつつしみ深く気高 けだか きを好ましと思う念もまじりて、すなわちその人を目がけしなり。 かくて様子を見るに中将はいわゆる喜怒容易に色にあらわれぬ太腹の人なれば、何と思わるるかはちと測り難けれど、奥様の気には確かに入りたり。 二番目の令嬢の名はお駒 こま とて少し跳 は ねたる三五の少女 おとめ はことにわれと仲よしなり。 その下には今の奥様の腹にて、二人 ふたり の子供あれど、こは問題のほかとしてここに老女の幾 いく とて先の奥様の時より勤め、今の奥様の輿入 こしいれ 後奥台所の大更迭を行われし時も中将の声がかりにて一人 ひとり 居残りし女、これが終始浪子のそばにつきてわれに好意の乏しきが邪魔なれど、なあに、本人の浪子さえ攻め落とさばと、千々岩はやがて一年ばかり機会をうかがいしが、今は待ちあぐみてある日宴会帰りの酔 え いまぎれ、大胆にも一通の艶書 えんしょ 二重 ふたえ 封 ふう にして表書きを女文字 もじ に、ことさらに郵便をかりて浪子に送りつ。 その日命ありてにわかに遠方に出張し、三月あまりにして帰れば、わが留守に浪子は貴族院議員加藤 かとう 某 なにがし の媒酌 ばいしゃく にて、人もあるべきにわが従弟 いとこ 川島武男と結婚の式すでに済みてあらんとは!思わぬ不覚をとりし千々岩は、腹立ちまぎれに、色よき返事このようにと心に祝いて土産 みやげ に京都より買 こ うて来し友染縮緬 ゆうぜんちりめん ずたずたに引き裂きて屑籠 くずかご に投げ込みぬ。 さりながら千々岩はいかなる場合にも全くわれを忘れおわる男にあらざれば、たちまちにして敗余の兵を収めつ。 ただ心外なるはこの上かの艶書 ふみ の一条もし浪子より中将に武男に漏れなば大事の便宜 たより を失う恐れあり。 持ち込みよき浪子の事なれば、まさかと思えどまたおぼつかなく、高崎に用ありて行きしを幸い、それとなく伊香保に滞留する武男夫妻を訪 と うて、やがて探りを入れたるなり。 駅夫が、「上尾上尾」と呼びて過ぎたるなり。 「ばかなッ!」 ひとり自らののしりて、千々岩は起 た ちて二三度車室を往 ゆ き戻りつ。 心にまとう或 あ るものを振り落とさんとするように身震いして、座にかえりぬ。 冷笑の影、目にも唇 くちびる にも浮かびたり。 列車はまたも上尾を出 い でて、疾風のごとく馳 は せつつ、幾駅か過ぎて、王子 おうじ に着きける時、プラットフォムの砂利踏みにじりて、五六人ドヤドヤと中等室に入り込みぬ。 なかに五十あまりの男の、一楽 いちらく の上下 にまい ぞろい白縮緬 しろちりめん の兵児帯 へこおび に岩丈な金鎖をきらめかせ、右手 めて の指に分厚 ぶあつ な金の指環 ゆびわ をさし、あから顔の目じり著しくたれて、左の目下にしたたかなる赤黒子 あかぼくろ あるが、腰かくる拍子にフット目を見合わせつ。 「やあ、千々岩さん」 「やあ、これは……」 「どちらへおいででしたか」言いつつ赤黒子は立って千々岩がそばに腰かけつ。 「はあ、高崎まで」 「高崎のお帰途 かえり ですか」ちょっと千々岩の顔をながめ、少し声を低めて「時にお急ぎですか。 でなけりゃ夜食でもごいっしょにやりましょう」 千々岩はうなずきたり。 遠ざけにしや、そばに侍 はんべ る女もあらず。 赤黒子の前には小形の手帳を広げたり、鉛筆を添えて。 番地官名など細かに肩書きして姓名数多 あまた 記 しる せる上に、鉛筆にてさまざまの符号 しるし つけたり。 イの字。 ハの字。 五六七などの数字。 あるいはローマ数字。 点かけたるもあり。 ひとたび消してイキルとしたるもあり。 「それじゃ千々岩さん。 その方はそれと決めて置いて、いよいよ定 き まったらすぐ知らしてくれたまえ。 しかし何しろ競争者 あいて がしょっちゅう運動しとるのだから例のも思い切って撒 ま かんといけない。 これだがね、こいつなかなか食えないやつだ。 しッかり轡 くつわ をかませんといけないぜ」と千々岩は手帳の上の一 いつ の名をさしぬ。 「こらあどうだね?」 「そいつは話せないやつだ。 僕はよくしらないが、ひどく頑固 がんこ なやつだそうだ。 まあ正面から平身低頭でゆくのだな。 悪くするとしくじるよ」 「いや陸軍にも、わかった人もあるが、実に話のできン男もいるね。 去年だった、師団に服を納めるンで、例の筆法でまあ大概は無事に通ったのはよかッたが。 あら何とか言ッたッけ、赤髯 あかひげ の大佐だったがな、そいつが何のかの難癖つけて困るから、番頭をやって例の菓子箱を出すと、ばかめ、賄賂 わいろ なんぞ取るものか、軍人の体面に関するなんて威張って、とどのつまりあ菓子箱を蹴 け 飛ばしたと思いなさい。 例の上層 うえ が干菓子で、下が銀貨 しろいの だから、たまらないさ。 するとそいつめいよいよ腹あ立てやがッて、汚らわしいの、やれ告発するのなんのぬかしやがるさ。 やっと結局 まとめ をつけはつけたが、大骨折らしアがッたね。 こんな先生がいるからばかばかしく事が面倒になる。 いや面倒というと武男さんなぞがやっぱりこの流で、実に話せないに困る。 千々岩が肩ぽんとたたいて「食えン男だ、惜しい事だな、せめて経理局長ぐらいに!」 「はははは。 この一月ばかり病気をやってな、それで家内が連れて此家 ここ へ来ているですて。 いや千々岩さん、妻 かか だの子だの滅多に持つもんじゃないね。 金もうけは独身に限るよ。 はッははは」 主人 あるじ と女中 おんな に玄関まで見送られて、千々岩は山木の別邸を出 い で行きたり。 「千々岩さんはもうお帰り?」 「今追っぱらったとこだ。 どうだい、豊 とよ は?」 反歯 そっぱ の女はいとど顔を長くして「ほんまに良人 あんた。 彼女 あれ にも困り切りますがな。 今日 きょう もなあんた、ちいと何かが気に食わんたらいうて、お茶碗 ちゃわん を投げたり、着物を裂いたりして、しようがありまへんやった。 困ったやつだ」 「あんた、そないな戯談 じょうだん どころじゃございませんがな。 ほんまに憎らしい武男はんや、ひどいひどいひどいひどい人や、去年のお正月には靴下 くつした を編んであげたし、それからハンケチの縁を縫ってあげたし、それからまだ毛糸の手袋だの、腕ぬきだの、それどころか今年の御年始には赤い毛糸でシャツまで編んであげたに、皆 みいな 自腹ア切ッて編んであげたのに、何 なアん の沙汰 さた なしであの不器量な意地 いじ わるの威張った浪子はんをお嫁にもらったり、ほんまにひどい人だわ、ひどいわひどいわひどいわひどいわ、あたしも山木の女 むすめ やさかい、浪子はんなんかに負けるものか、ほんまにひどいひどいひどいひどいッてな、あんた、こないに言って泣いてな。 そないに思い込んでいますに、あああ、どうにかしてやりたいがな、あんた」 「ばかを言いなさい。 勇将の下 もと に弱卒なし。 御身 おまえ はさすがに豊が母 おっか さんだよ。 そらア川島だッて新華族にしちゃよっぽど財産もあるし、武男さんも万更 まんざら ばかでもないから、おれもよほどお豊を入れ込もうと骨折って見たじゃないか。 しかしだめで、もうちゃんと婚礼が済んで見れば、何もかも御破算さ。 お浪さんが死んでしまうか、離縁にでもならなきゃア仕方がないじゃないか。 それよりもばかな事はいい加減に思い切ッてさ、ほかに嫁 かたづ く分別が肝心じゃないか、ばかめ」 「何が阿呆 あほう かいな?はい、あんた見たいに利口やおまへんさかいな。 すぐむきになりよる。 なにさ、おれだッて、お豊は子だもの、かあいがらずにどうするものか、だからさ、そんなくだらぬ繰り言ばっかり言ってるよりも、別にな、立派なとこに、な、生涯楽をさせようと思ってるのだ。 さ、おすみ、来なさい、二人 ふたり でちっと説諭でもして見ようじゃないか」 と夫婦打ち連れ、廊下伝いに娘お豊の棲 す める離室 はなれ におもむきたり。 山木兵造というはいずこの人なりけるにや、出所定かならねど、今は世に知られたる紳商とやらの一人 にん なり。 出世の初め、今は故人となりし武男が父の世話を受けしこと少なからざれば、今も川島家に出入りすという。 それも川島家が新華族中にての財産家なるがゆえなりという者あれど、そはあまりに酷なる評なるべし。 本宅を芝桜川町 しばさくらがわちょう に構えて、別荘を橋場の渡しのほとりに持ち、昔は高利も貸しけるが、今はもっぱら陸軍その他官省の請負を業とし、嫡男を米国ボストンの商業学校に入れて、女 むすめ お豊はつい先ごろまで華族女学校に通わしつ。 妻はいついかにして持ちにけるや、ただ京都者というばかり、すこぶる醜きを、よくかの山木は辛抱するぞという人もありしが、実は意気婀娜 あだ など形容詞のつくべき女諸処に家居 いえい して、輪番 かわるがわる 行く山木を待ちける由は妻もおぼろげならずさとりしなり。 すみには美しき女机あり、こなたには姿見鏡 すがたみ あり。 いかなる高貴の姫君や住みたもうらんと見てあれば、八畳のまんなかに絹ぶとん敷かせて、玉蜀黍 とうもろこし の毛を束 つか ねて結ったようなる島田を大童 おおわらわ に振り乱し、ごろりと横に臥 ふ したる十七八の娘、色白の下豊 しもぶくれ といえばかあいげなれど、その下豊 しもぶくれ が少し過ぎて頬 ほお のあたりの肉今や落ちんかと危ぶまるるに、ちょっぽりとあいた口は閉ずるも面倒といい貌 がお に始終洞門 どうもん を形づくり、うっすりとあるかなきかの眉 まゆ の下にありあまる肉をかろうじて二三分 ぶ 上下 うえした に押し分けつつ開きし目のうちいかにも春がすみのかけたるごとく、前の世からの長き眠りがとんと今もってさめぬようなり。 なおそれにも飽き足らでや、爪 つめ もてその顔の上に縦横に疵 きず をつけぬ。 襖 ふすま の開く音。 「たれ?竹かい」 「うん竹だ、頭の禿 は げた竹だ」 笑いながら枕 まくら べにすわるは、父の山木と母なり。 娘はさすがにあわてて写真を押し隠し、起きもされず寝もされずといわんがごとく横になりおる。 「どうだ、お豊、気分は?ちっとはいいか?今隠したのは何だい。 ちょっと見せな、まあ見せな。 これさ見せなといえば。 こんな事するよりか丑 うし の時参りでもした方がよっぽど気がきいてるぜ!」 「あんたまたそないな事を!」 「どうだ、お豊、御身 おまえ も山木兵造の娘じゃないか。 そんな肝ッ玉の小せエ事でどうするものか。 どうだい、お豊」 母の前では縦横に駄々 だだ をこねたまえど、お豊姫もさすがに父の前をば憚 はばか りたもうなり。 突っ伏して答えなし。 「どうだ、お豊、やっぱり武男さんが恋しいか。 いや困った小浪 こなみ 御寮 ごりょう だ。 小浪といえば、ねエお豊、ちっと気晴らしに京都にでも行って見んか。 そらアおもしろいぞ。 祇園 ぎおん 清水 きよみず 知恩院 ちおんいん 、金閣寺 きんかくじ 拝見がいやなら西陣 にしじん へ行って、帯か三枚 まい 襲 がさね でも見立てるさ。 どうだ、あいた口に牡丹餅 ぼたもち よりうまい話だろう。 御身 おまえ も久しぶりだ、お豊を連れて道行きと出かけなさい、なあおすみ」 「あんたもいっしょに行きなはるのかいな」 「おれ?ばかを言いなさい、この忙 せわ しいなかに!」 「それならわたしもまあ見合わせやな」 「なぜ?飛んだ義理立てさするじゃないか。 なぜだい?」 「おほ」 「なぜだい?」 「おほほほほほ」 「気味の悪 わり い笑い方をするじゃないか。 なぜだい?」 「あんた一人 ひとり の留守が心配やさかい」 「ばかをいうぜ。 お豊の前でそんな事いうやつがあるものか。 お豊、母 おっか さんの言ってる事 こた ア皆うそだぜ、真 ま に受けるなよ」 「おほほほ。 どないに口で言わはってもあかんさかいなア」 「ばかをいうな。 待てば甘露じゃ。 五十に間はなかるべし。 額のあたり少し禿 は げ、両鬢 りょうびん 霜ようやく繁 しげ からんとす。 体量は二十二貫、アラビア種 だね の逸物 いちもつ も将軍の座下に汗すという。 両の肩怒りて頸 くび を没し、二重 ふたえ の顋 あぎと 直ちに胸につづき、安禄山 あんろくざん 風の腹便々として、牛にも似たる太腿 ふともも は行くに相擦 あいす れつべし。 顔色 いろ は思い切って赭黒 あかぐろ く、鼻太く、唇 くちびる 厚く、鬚 ひげ 薄く、眉 まゆ も薄し。 ただこのからだに似げなき両眼細うして光り和らかに、さながら象の目に似たると、今にも笑 え まんずる気 け はいの断えず口もとにさまよえるとは、いうべからざる愛嬌 あいきょう と滑稽 こっけい の嗜味 しみ をば著しく描き出 いだ しぬ。 ある年の秋の事とか、中将微服して山里に猟 か り暮らし、姥 ばば ひとり住む山小屋に渋茶一碗 わん 所望しけるに、姥 ばば つくづくと中将の様子を見て、 「でけえ体格 からだ だのう。 兎 うさぎ のひとつもとれたんべいか?」 中将莞爾 かんじ として「ちっともとれない」 「そねエな殺生 せっしょう したあて、あにが商売になるもんかよ。 その体格 からだ で日傭 ひよう 取りでもして見ろよ、五十両は大丈夫だあよ」 「月にかい?」 「あに!年によ。 悪 わり いこたあいわねえだから、日傭取るだあよ。 いつだあておらが世話あしてやる」 「おう、それはありがたい。 また頼みに来るかもしれん」 「そうしろよ、そうしろよ。 そのでけえ体格 からだ で殺生は惜しいこんだ」 こは中将の知己の間に一つ話として時々出 い づる佳話なりとか。 知らぬ目よりはさこそ見ゆらめ。 知れる目よりはこの大山 たいさん 巌々 がんがん として物に動ぜぬ大器量の将軍をば、まさかの時の鉄壁とたのみて、その二十二貫小山のごとき体格と常に怡然 いぜん たる神色とは洶々 きょうきょう たる三軍の心をも安からしむべし。 肱近 ひじちか のテーブルには青地交趾 せいじこうち の鉢 はち に植えたる武者立 むしゃだち の細竹 さいちく を置けり。 頭上には高く両陛下の御影 ぎょえい を掲げつ。 下りてかなたの一面には「成仁 じんをなす 」の額あり。 落款は南洲 なんしゅう なり。 架上に書あり。 暖炉縁 マンテルピース の上、すみなる三角棚 だな の上には、内外人の写真七八枚、軍服あり、平装のもあり。 草色のカーテンを絞りて、東南二方の窓は六つとも朗らかに明け放ちたり。 東の方 かた は眼下に人うごめき家かさなれる谷町を見越して、青々としたる霊南台の上より、愛宕塔 あたごとう の尖 さき 、尺ばかりあらわれたるを望む。 鳶 とび ありてその上をめぐりつ。 南は栗 くり の花咲きこぼれたる庭なり。 その絶え間より氷川社 ひかわやしろ の銀杏 いちょう の梢 こずえ 青鉾 あおほこ をたてしように見ゆ。 窓より見晴らす初夏の空あおあおと浅黄繻子 あさぎじゅす なんどのように光りつ。 見る目清々 すがすが しき緑葉 あおば のそこここに、卵白色 たまごいろ の栗の花ふさふさと満樹 いっぱい に咲きて、画 えが けるごとく空の碧 みどり に映りたり。 窓近くさし出 い でたる一枝は、枝の武骨なるに似ず、日光 ひ のさすままに緑玉、碧玉 へきぎょく 、琥珀 こはく さまざまの色に透きつ幽 かす めるその葉の間々 あいあい に、肩総 エポレット そのままの花ゆらゆらと枝もたわわに咲けるが、吹くとはなくて大気のふるうごとに香 か は忍びやかに書斎に音ずれ、薄紫の影は窓の閾 しきみ より主人が左手 ゆんで に持てる「西比利亜 サイベリア 鉄道の現況」のページの上にちらちらおどりぬ。 主人はしばしその細き目を閉じて、太息 といき つきしが、またおもむろに開きたる目を冊子の上に注ぎつ。 いずくにか、車井 くるまい の響 おと からからと珠 たま をまろばすように聞こえしが、またやみぬ。 午後の静寂 しずけさ は一邸に満ちたり。 たちまち虚 すき をねらう二人 ふたり の曲者 くせもの あり。 尺ばかり透きし扉 とびら よりそっと頭 かしら をさし入れて、また引き込めつ。 忍び笑いの声は戸の外に渦まきぬ。 一人 ひとり の曲者は八つばかりの男児 おのこ なり。 膝 ひざ ぎりの水兵の服を着て、編み上げ靴をはきたり。 一人の曲者は五つか、六つなるべし、紫矢絣 やがすり の単衣 ひとえ に紅 くれない の帯して、髪ははらりと目の上まで散らせり。 「どうだ、小試験は?でけたか?」 「僕アね、僕アね、おとうさま、僕ア算術は甲」 「あたしね、おとうさま、今日 きょう は縫い取りがよくできたッて先生おほめなすッてよ」 と振り分け髪はふところより幼稚園の製作物 こしらえもの を取り出 いだ して中将の膝の上に置く。 「おう、こら立派にでけたぞ」 「それからね、習字に読書が乙で、あとはみんな丙なの、とうと水上 みなかみ に負けちゃッた。 僕正行ア大好き。 正行とナポレオンはどっちがエライの?」 「どっちもエライさ」 「僕アね、おとうさま、正行ア大好きだけど、海軍がなお好きよ。 おとうさまが陸軍だから、僕ア海軍になるンだ」 「はははは。 川島の兄君 にいさん の弟子 でし になるのか?」 「だッて、川島の兄君 にいさん なんか少尉だもの。 僕ア中将になるンだ」 「なぜ大将にやならンか?」 「だッて、おとうさまも中将だからさ。 束髪の前髪をきりて、ちぢらしたるを、隆 たか き額の上にて二つに分けたり。 やや大きなる目少しく釣りて、どこやらちと険なる所あり。 地色の黒きにうっすり刷 は きて、唇 くちびる をまれに漏るる歯はまばゆきまで皓 しろ くみがきぬ。 パッとしたお召の単衣 ひとえ に黒繻子 くろじゅす の丸帯、左右の指に宝石 たま 入りの金環価 あたえ 高かるべきをさしたり。 「またおとうさまに甘えているね」 「なにさ、今学校の成績を聞いてた所じゃ。 みんな外で遊べ遊べ。 あとで運動に行くぞ」 「まあ、うれしい」 「万歳!」 両児 ふたり は嬉々 きき として、互いにもつれつ、からみつ、前になりあとになりて、室を出 い で去りしが、やがて「万歳!」「兄 にい さまあたしもよ」と叫ぶ声はるかに聞こえたり。 「どんなに申しても、良人 あなた はやっぱり甘くなさいますよ」 中将はほほえみつ。 「何、そうでもないが、子供はかあいがッた方がいいさ」 「でもあなた、厳父慈母と俗にも申しますに、あなたがかあいがッてばかりおやンなさいますから、ほんとに逆さまになッてしまッて、わたくしは始終しかり通しで、悪 にく まれ役はわたくし一人 ひとり ですわ」 「まあそう短兵急 たんぺいきゅう に攻めンでもええじゃないか。 はははは」 打ち笑いつつ中将は立ってテーブルの上よりふるきローヤルの第三読本 リードル を取りて、片唾 かたず をのみつつ、薩音 さつおん まじりの怪しき英語を読み始めぬ。 こは中将の日課なり。 維新の騒ぎに一介の武夫として身を起こしたる子爵は、身生のそう忙 そうぼう に逐 お われて外国語を修むるのひまもなかりしが、昨年来予備となりて少し閑暇を得てければ、このおりにとまず英語に攻めかかれるなり。 教師には手近の夫人繁子 しげこ。 長州の名ある士人 さむらい の娘にて、久しく英国ロンドンに留学しつれば、英語は大抵の男子も及ばぬまで達者なりとか。 げにもロンドンの煙 けむ にまかれし夫人は、何事によらず洋風を重んじて、家政の整理、子供の教育、皆わが洋のほかにて見もし聞きもせし通りに行わんとあせれど、事おおかたは志と違 たが いて、僕婢 おとこおんな は陰にわが世なれぬをあざけり、子供はおのずから寛大なる父にのみなずき、かつ良人 おっと の何事も鷹揚 おうよう に東洋風なるが、まず夫人不平の種子 たね なりけるなり。 「おかあさま、飯田町 いいだまち の伯母 おば 様がいらッしゃいましてよ」 「そう」と見るべく見るべからざるほどのしわを眉 まゆ の間に寄せながら、ちょっと中将の顔をうかがう。 顔のどことなく伊香保の三階に見し人に似たりと思うもそのはずなるべし。 こは片岡中将の先妻の姉清子 せいこ とて、貴族院議員子爵加藤俊明 かとうとしあき 氏の夫人、媒妁 なかだち として浪子を川島家に嫁 とつ がしつるもこの夫婦なりけるなり。 中将はにこやかにたちて椅子をすすめ、椅子に向かえる窓の帷 とばり を少し引き立てながら、 「さあ、どうか。 非常にごぶさたをしました。 御主人 おうち じゃ相変わらずお忙 せわ しいでしょうな。 ははははは」 「まるでうえきやでね、木鋏 はさみ は放しませんよ。 ほほほほ。 まだ菖蒲 しょうぶ には早いのですが、自慢の朝鮮柘榴 ざくろ が花盛りで、薔薇 ばら もまだ残ってますからどうかおほめに来てくださいまして、ね、くれぐれ申しましたよ。 ほほほほ。 打ち明けていえば、子爵夫人はあまり水色の眼鏡をば好まぬなり。 われひとり主人中将の心を占領して、われひとり家に女主人 あるじ の威光を振るわんずる鼻さきへ、先妻の姉なる人のしばしば出入して、亡 な き妻の面影 おもかげ を主人の眼前 めさき に浮かぶるのみか、口にこそ出 いだ さね、わがこれをも昔の名残 なごり とし疎 うと める浪子、姥 うば の幾らに同情を寄せ、死せる孔明 こうめい のそれならねども、何かにつけてみまかりし人の影をよび起こしてわれと争わすが、はなはだ快からざりしなり。 今やその浪子と姥の幾はようやくに去りて、治外の法権撤 と れしはやや心安きに似たれど、今もかの水色眼鏡の顔見るごとに、髣髴 ほうふつ 墓中の人の出 い で来たりてわれと良人 おっと を争い、主婦の権力を争い、せっかく立てし教育の方法家政の経綸 けいりん をも争わんずる心地 ここち して、おのずから安からず覚ゆるなりけり。 水色の眼鏡は蝦夷錦 えぞにしき の信玄袋 しんげんぶくろ より瓶詰 びんづめ の菓子を取り出 いだ し 「もらい物ですが、毅一 きい さんと道 みい ちゃんに。 まだ学校ですか、見えませんねエ。 ああ、そうですか。 「いつもいつもお気の毒さまですねエ、どんなに喜びましょう」と言いつつ子爵夫人は件 くだん の瓶をテーブルの上に置きぬ。 おりから婢 おんな の来たりて、赤十字社のお方の奥様に御面会なされたしというに、子爵夫人は会釈して場をはずしぬ。 室を出 い でける時、あとよりつきて出 い でし少女 おとめ を小手招きして、何事をかささやきつ。 小戻りして、窓のカーテンの陰に内 うち の話を立ち聞く少女 おとめ をあとに残して、夫人は廊下伝いに応接間の方 かた へ行きたり。 紅のリボンのお駒というは、今年十五にて、これも先妻の腹なりしが、夫人は姉の浪子を疎 うと めるに引きかえてお駒を愛しぬ。 私強 わたくしづよ き人の性質 たち として、ある方 かた には人の思わくも思わずわが思うままにやり通すこともあれど、また思いのほかにもろくて人の評判に気をかねるものなり。 畢竟 ひっきょう 名と利とあわせ収めて、好きな事する上に人によく思われんとするは、わがまま者の常なり。 かかる人に限りて、おのずからへつらいを喜ぶ。 子爵夫人は男まさりの、しかも洋風仕込みの、議論にかけては威命天下に響ける夫中将にすら負 ひけ を取らねど、中将のいたるところ友を作り逢 あ う人ごとに慕わるるに引きかえて、愛なき身には味方なく、心さびしきままにおのずからへつらい寄る人をば喜びつ。 召使いの僕婢 おとこおんな も言 こと に訥 おそ きはいつか退けられて、世辞よきが用いられるようになれば、幼き駒子も必ずしも姉を忌むにはあらざれど、姉を譏 そし るが継母の気に入るを覚えてより、ついには告げ口の癖をなして、姥 うば の幾に顔しかめさせしも一度二度にはあらず。 されば姉は嫁 とつ ぎての今までも、継母のためには細作をも務むるなりけり。 東側の縁の、二つ目の窓の陰に身を側 そば めて、聞きおれば、時々腹より押し出したような父の笑い声、凛 りん とした伯母の笑い声、かわるがわる聞こえしが、後には話し声のようやく低音 こえひく になりて、「姑 しゅうとめ 」「浪さん」などのとぎれとぎれに聞こゆるに、紅 あか リボンの少女 おとめ はいよよ耳傾けて聞き居たり。 「ヤアイ、逃げた、ヤアイ」 と叫びながら、水兵は父の書斎に入りつ。 来客の顔を見るよりにっこと笑いて、ちょっと頭 かしら を下げながらつと父の膝 ひざ にすがりぬ。 「おや毅一 きい さん、すこし見ないうちに、また大きくなったようですね。 毎日学校ですか。 そう、算術が甲?よく勉強しましたねエ。 近いうちにおとうさまやおかあさまと伯母さンとこにおいでなさいな」 「道 みい はどうした?おう、そうか。 そうら、伯母様がこんなものをくださッたぞ。 なに、また慈善会の相談ですよ。 どうせ物にもなりますまいが。 それにね、幾が姉 ねえ さんにね、姉さんのお部屋 へや でね、あの、奥様、こちらの御隠居様はどうしてあんなに御癇癪 ごかんしゃく が出るのでございましょう、本当に奥様お辛 つろ うございますねエ、でもお年寄りの事ですから、どうせ永 なが い事じゃございません、てね、そんなに言いましたとさ。 本当にばかですよ、幾はねエ、おかあさま」 「どこに行ってもいい事はしないよ。 困った姥 ばあ じゃないかねエ」 「それからねエ、おかあさま、ちょうどその時縁側を老母 おばあさん が通ってね、すっかり聞いてしまッて、それはそれはひどく怒 おこ ってね」 「罰 ばち だよ!」 「怒ってね、それで姉さんが心配して、飯田町 いいだまち の伯母様に相談してね」 「伯母様に!?」 「だッて姉さんは、いつでも伯母様にばかり何でも相談するのですもの」 夫人は苦笑 にがわら いしつ。 体重は十九貫、公侯伯子男爵の女性 にょしょう を通じて、体格 がら にかけては関脇 せきわき は確かとの評あり。 しかしその肥大も実は五六年前前 ぜん 夫通武 みちたけ の病没したる後の事にて、その以前はやせぎすの色蒼 あお ざめて、病人のようなりしという。 されば圧 お しつけられしゴム球 まり の手を離されてぶくぶくと膨 ふく れ上がる類 たぐい にやという者もありき。 亡夫は麑藩 げいはん の軽き城下士 さむらい にて、お慶の縁づきて来し時は、太閤 たいこう 様に少しましなる婚礼をなしたりしが、維新の風雲に際会して身を起こし、大久保甲東 おおくぼこうとう に見込まれて久しく各地に令尹 れいいん を務め、一時探題の名は世に聞こえぬ。 しかも特質 もちまえ のわがまま剛情が累をなして、明治政府に友少なく、浪子を媒 なかだち せる加藤子爵などはその少なき友の一人 にん なりき。 甲東没後はとかく志を得ずして世をおえつ。 男爵を得しも、実は生まれ所のよかりしおかげ、という者もありし。 されば剛情者、わがまま者、癇癪 かんしゃく 持ちの通武はいつも怏々 おうおう として不平を酒杯 さけ に漏らしつ。 三合入りの大杯たてつけに五つも重ねて、赤鬼のごとくなりつつ、肩を掉 ふ って県会に臨めば、議員に顔色 がんしょく ある者少なかりしとか。 さもありつらん。 されば川島家はつねに戒厳令の下 もと にありて、家族は避雷針なき大木の下に夏住むごとく、戦々兢々 きょうきょう として明かし暮らしぬ。 父の膝 ひざ をばわが舞踏場 ば として、父にまさる遊び相手は世になきように幼き時より思い込みし武男のほかは、夫人の慶子はもとより奴婢 ぬひ 出入りの者果ては居間の柱まで主人が鉄拳 てっけん の味を知らぬ者なく、今は紳商とて世に知られたるかの山木ごときもこの賜物 たまもの を頂戴 ちょうだい して痛み入りしこともたびたびなりけるが、何これしきの下され物、もうけさして賜わると思えば、なあに廉 やす い所得税だ、としばしば伺候しては戴 いただ きける。 右の通りの次第なれば、それ御前の御機嫌 ごきげん がわるいといえば、台所の鼠 ねずみ までひっそりとして、迅雷 じんらい 一声奥より響いて耳の太き下女手に持つ庖丁 ほうちょう 取り落とし、用ありて私宅へ来る属官などはまず裏口に回って今日 きょう の天気予報を聞くくらいなりし。 三十年から連れ添う夫人お慶の身になっては、なかなかひと通りのつらさにあらず。 嫁に来ての当座はさすがに舅 しゅうと や姑 しゅうとめ もありて夫の気質そうも覚えず過ごせしが、ほどなく姑舅と相ついで果てられし後は、夫の本性ありありと拝まれて、夫人も胸をつきぬ。 初め五六度 たび は夫人もちょいと盾 たて ついて見しが、とてもむだと悟っては、もはや争わず、韓信 かんしん 流に負けて匍伏 ほふく し、さもなければ三十六計のその随一をとりて逃げつ。 そうするうちにはちっとは呼吸ものみ込みて三度の事は二度で済むようになりしが、さりとて夫の気質は年とともに改まらず。 末の三四年は別してはげしくなりて、不平が煽 あお る無理酒の焔 ほのお に、燃ゆるがごとき癇癪を、二十年の上もそれで鍛われし夫人もさすがにあしらいかねて、武男という子もあり、鬢 びん に白髪 しらが もまじれるさえ打ち忘れて、知事様の奥方男爵夫人と人にいわるる栄耀 えいよう も物かは、いっそこのつらさにかえて墓守爺 はかもり の嬶 かか ともなりて世を楽に過ごして見たしという考えのむらむらとわきたることもありしが、そうこうする間 ま につい三十年うっかりと過ごして、そのつれなき夫通武が目を瞑 ねぶ って棺のなかに仰向けに臥 ね し姿を見し時は、ほっと息はつきながら、さて偽りならぬ涙もほろほろとこぼれぬ。 涙はこぼれしが、息をつきぬ。 息とともに勢いもつきぬ。 夫通武存命の間は、その大きなる体と大きなる声にかき消されてどこにいるとも知れざりし夫人、奥の間よりのこのこ出 い で来たり、見る見る家いっぱいにふくれ出しぬ。 いつも主人のそばに肩をすぼめて細くなりて居し夫人を見し輩 もの は、いずれもあきれ果てつ。 もっとも西洋の学者の説にては、夫婦は永くなるほど容貌 かおかたち 気質まで似て来るものといえるが、なるほど近ごろの夫人が物ごし格好、その濃き眉毛 まゆげ をひくひく動かして、煙管 きせる 片手に相手の顔をじっと見る様子より、起居 たちい の荒さ、それよりも第一癇癪 かんしゃく が似たとは愚か亡くなられし男爵そのままという者もありき。 江戸の敵 かたき を長崎で討 う つということあり。 「世の中の事は概して江戸の敵を長崎で討つものなり。 在野党の代議士今日議院に慷慨 こうがい 激烈の演説をなして、盛んに政府を攻撃したもう。 至極結構なれども、実はその気焔 きえん の一半は、昨夜宅 うち にてさんざんに高利貸 アイスクリーム を喫 く いたまいし鬱憤 うっぷん と聞いて知れば、ありがた味も半ば減ずるわけなり。 されば南シナ海の低気圧は岐阜 ぎふ 愛知 あいち に洪水を起こし、タスカローラの陥落は三陸に海嘯 かいしょう を見舞い、師直 もろなお はかなわぬ恋のやけ腹を「物の用にたたぬ能書 てかき 」に立つるなり。 宇宙はただ平均、物は皆その平を求むるなり。 しこうしてその平均を求むるに、吝嗇者 りんしょくもの の日済 ひなし を督促 はた るように、われよりあせりて今戻せ明日 あす 返せとせがむが小人 しょうじん にて、いわゆる大人 たいじん とは一切の勘定を天道様 てんとうさま の銀行に任して、われは真一文字にわが分をかせぐ者ぞ」とある人情博士 はかせ はのたまいける。 しかし凡夫 ぼんぷ は平均を目の前に求め、その求むるや物体運動の法則にしたがいて、水の低きにつくがごとく、障害の少なき方に向かう。 されば川島未亡人も三十年の辛抱、こらえこらえし堪忍 かんにん の水門、夫の棺の蓋 ふた 閉ずるより早く、さっと押し開いて一度に切って流しぬ。 世に恐ろしと思う一人 ひとり は、もはやいかに拳 こぶし を伸ばすもわが頭 こうべ には届かぬ遠方へ逝 ゆ きぬ。 今まで黙りて居しは意気地 いくじ なきのにはあらず、夫死してもわれは生きたりと言い顔に、知らず知らず積みし貸し金、利に利をつけてむやみに手近の者に督促 はた り始めぬ。 その癇癪も、亡くなられし男爵は英雄肌 はだ の人物だけ、迷惑にもまたどこやらに小気味よきところもありたるが、それほどの力量 ちから はなしにわけわからず、狭くひがみてわがまま強き奥様より出 い でては、ただただむやみにつらくて、奉公人は故男爵の時よりも泣きける。 浪子の姑はこの通りの人なりき。 家ごとに変わるは家風、御身 おんみ には言って聞かすまでもなけれど、構えて実家 さと を背負うて先方 さき へ行きたもうな、片岡浪は今日限り亡くなって今よりは川島浪よりほかになきを忘るるな。 とはや晴れの衣装着て馬車に乗らんとする前に父の書斎に呼ばれてねんごろに言い聞かされしを忘れしにはあらねど、さて来て見れば、家風の相違も大抵の事にはあらざりけり。 資産 しんだい はむしろ実家 さと にも優 まさ りたらんか。 新華族のなかにはまず屈指 ゆびおり といわるるだけ、武男の父が久しく県令知事務めたる間 ま に積みし財 たから は鉅万 きょまん に上りぬ。 さりながら実家 さと にては、父中将の名声海内 かいだい に噪 さわ ぎ、今は予備におれど交際広く、昇日 のぼるひ の勢いさかんなるに引きかえて、こなたは武男の父通武が没後は、存生 ぞんじょう のみぎり何かとたよりて来し大抵の輩 やから はおのずから足を遠くし、その上親戚 しんせき も少なく、知己とても多からず、未亡人 おふくろ は人好きのせぬ方なる上に、これより家声を興すべき当主はまだ年若にて官等も卑 ひく き家にあることもまれなれば、家運はおのずから止 よど める水のごとき模様あり。 実家 さと にては、継母が派手な西洋好み、もちろん経済の講義は得意にて妙な所に節倹を行ない「奥様は土産 みやげ のやりかたもご存じない」と婢 おんな どもの陰口にかかることはあれど、そこは軍人交際 づきあい の概して何事も派手に押し出してする方なるが、こなたはどこまでも昔風むしろ田舎風 いなかふう の、よくいえば昔忘れぬたしなみなれど、実は趣味も理屈もやはり米から自分に舂 つ いたる時にかわらぬ未亡人、何でもかでも自分でせねば頭が痛く、亡夫の時僕 ぼく かなんぞのように使われし田崎某 たざきなにがし といえる正直一図の男を執事として、これを相手に月に薪 まき が何把 ば 炭が何俵の勘定までせられ、「母 おっか さん、そんな事しなくたって、菓子なら風月 ふうげつ からでもお取ンなさい」と時たま帰って来て武男が言えど、やはり手製の田舎羊羹 いなかようかん むしゃりむしゃりと頬 ほお ばらるるというふうなれば、姥 うば の幾が浪子について来しすら「大家 たいけ はどうしても違うもんじゃ、武男が五器椀 わん 下げるようにならにゃよいが」など常に当てこすりていられたれば、幾の排斥もあながち障子の外の立ち聞きゆえばかりではあらざりしなるべし。 悧巧 りこう なようでも十八の花嫁、まるきり違いし家風のなかに突然入り込みては、さすが事ごとに惑えるも無理にはあらじ。 されども浪子は父の訓戒 いましめ ここぞと、われを抑 おさ えて何も家風に従わんと決心の臍 ほぞ を固めつ。 その決心を試むる機会は須臾 すゆ に来たりぬ。 伊香保より帰りてほどなく、武男は遠洋航海におもむきつ。 軍人の妻となる身は、留守がちは覚悟の上なれど、新婚間もなき別離はいとど腸 はらわた を断ちて、その当座は手のうちの玉をとられしようにほとほと何も手につかざりし。 おとうさまが縁談の初めに逢 あ いたもうて至極気に入ったとのたまいしも、添って見てげにと思い当たりぬ。 鷹揚 おうよう にして男らしく、さっぱりとして情け深く寸分鄙吝 いや しい所なき、本当に若いおとうさまのそばにいるような、そういえば肩を揺すってドシドシお歩きなさる様子、子供のような笑い声までおとうさまにそっくり、ああうれしいと浪子は一心にかしずけば、武男も初めて持ちし妻というものの限りなくかわゆく、独子 ひとりご の身は妹まで添えて得たらん心地 ここち して「浪さん、浪さん」といたわりつ。 まだ三月に足らぬ契りも、過ぐる世より相知れるように親しめば、しばしの別離 わかれ もかれこれともに限りなき傷心の種子 たね とはなりけるなり。 さりながら浪子は永 なが く別離 わかれ を傷 いた む暇なかりき。 武男が出発せし後ほどもなく姑が持病のリュウマチスはげしく起こりて例の癇癪 かんしゃく のはなはだしく、幾を実家 さと へ戻せし後は、別して辛抱の力をためす機会も多かりし。 新入の学生、その当座は故参のためにさんざんにいじめられるれど、のちにはおのれ故参になりて、あとの新入生をいじめるが、何よりの楽しみなりと書きし人もありき。 綿帽子脱 と っての心細さ、たよりなさを覚えているほどの姑、義理にも嫁をいじめられるものでなけれど、そこは凡夫 ぼんぷ のあさましく、花嫁の花落ちて、姑と名がつけば、さて手ごろの嫁は来るなり、わがままも出て、いつのまにかわがつい先年まで大の大の大きらいなりし姑そのままとなるものなり。 「それそれその衽 おくみ は四寸にしてこう返して、イイエそうじゃありません、こっちよこしなさい、二十歳 はたち にもなッて、お嫁さまもよくできた、へへへへ」とあざ笑う声から目つき、われも二十 はたち の花嫁の時ちょうどそうしてしかられしが、ああわれながら恐ろしいとはッと思って改むるほどの姑はまだ上の上、目にて目を償い、歯にて歯を償い、いわゆる江戸の姑のその敵 かたき を長崎の嫁で討 う って、知らず知らず平均をわが一代のうちに求むるもの少なからぬが世の中。 浪子の姑もまたその一人 ひとり なりき。 西洋流の継母に鍛われて、今また昔風の姑に練 ね らるる浪子。 病める老人 としより の用しげく婢 おんな を呼ばるるゆえ、しいて「わたくしがいたしましょう」と引き取ってなれぬこととて意に満たぬことあれば、こなたには礼を言いてわざと召使いの者を例の大音声 だいおんじょう にしかり飛ばさるるその声は、十年がほども継母の雄弁冷語を聞き尽くしたる耳にも今さらのように聞こえぬ。 それも初めしばしがほどにて、後には癇癪 かんしゃく の鋒 ほこさき 直接に吾身 われ に向かうようになりつ。 幾が去りし後は、たれ慰むる者もなく、時々はどうやらまた昔の日陰に立ち戻りし心地 ここち もせしが、部屋 へや に帰って机の上の銀の写真掛けにかかったたくましき海軍士官の面影 おもかげ を見ては、うれしさ恋しさなつかしさのむらむらと込み上げて、そっと手にとり、食い入るようにながめつめ、キッスし、頬 ほお ずりして、今そこにその人のいるように「早く帰ッてちょうだい」とささやきつ。 良人 おっと のためにはいかなる辛抱も楽しと思いて、われを捨てて姑に事 つか えぬ。 佐世保 させほ 抜錨 ばつびょう までは先便すでに申し上げ置きたる通りに有之 これあり 候。 さて佐世保出帆後は連日の快晴にて暑気燬 や くがごとく、さすが神州海国男子も少々辟易 へきえき 、もっとも同僚士官及び兵のうち八九名日射病に襲われたる者有之 これあり 候えども、小生は至極健全、毫 ごう も病室の厄介に相成り申さず。 ただしご存じ通りの黒人 くろんぼう が赤道近き烈日に焦がされたるため、いよいよもって大々的黒面漢と相成り、今日 こんにち ちょっと同僚と上陸し、市中の理髪店にいたり候ところ、ふと鏡を見てわれながらびっくりいたし候。 意地 いじ わるき同僚が、君、どう、着色写真でも撮 と って、君のブライドに送らんかと戯れ候も一興に候。 途中は右の通り快晴 もっとも一回モンスーンの来襲ありたれども 一同万歳を唱えて昨早朝錨 いかり を当湾内に投じ申し候。 先日のお手紙は佐世保にて落手、一読再読いたし候。 母上リョウマチス、年来の御持病、誠に困りたる事に候。 しかし今年は浪さんが控えられ候事ゆえ、小生も大きに安心に候。 何とぞ小生に代わりてよくよく心を御用 おんもち いくださるべく候。 御病気の節は別して御気分よろしからざる方なれば、浪さんも定めていろいろと骨折らるべく遙察 ようさつ いたし候。 赤坂の方も定めておかわりもなかるべくと存じ申し候。 加藤の伯父さんは相変わらず木鋏 きばさみ が手を放れ申すまじきか。 幾姥 いくばあ は帰り候由。 何ゆえに候や存ぜず候えども、実に残念の事どもに候。 浪さんより便 たより あらばよろしくよろしく伝えらるべく、帰りには姥 ばあ へ沢山土産 みやげ を持って来ると御伝 おんつた えくだされたく候。 実に愉快な女にて小生も大好きに候ところ、赤坂の方に帰りしは残念に候。 浪さんも何かと不自由にさびしかるべくと存じ候。 加藤の伯母様や千鶴子 ちずこ さんは時々まいられ候や。 千々岩 ちぢわ はおりおりまいり候由。 小生らは誠に親類少なく、千々岩はその少なき親類の一人 にん なれば、母上も自然頼みに思 おぼ す事に候。 同人をよく待 たい するも母上に孝行の一に有之 これある べく候。 同人も才気あり胆力ある男なれば、まさかの時の頼みにも相成るべく候。 下略 香港にて 七月日 武男 お浪どの 母上に別紙 略之 読んでお聞かせ申し上げられたく候。 当池には四五日碇泊 ていはく 、食糧など買い入れ、それよりマニラを経て豪州シドニーへ、それよりニューカレドニア、フィジー諸島を経て、サンフランシスコへ、それよりハワイを経て帰国のはずに候。 帰国は多分秋に相成り申すべく候。 手紙はサンフランシスコ日本領事館留め置きにして出したまえ。 〜〜〜 前文略 去る五月は浪さんと伊香保にあり、蕨 わらび 採りて慰みしに今は南半球なる豪州シドニーにあり、サウゾルンクロッスの星を仰いでその時を想 おも う。 奇妙なる世の中に候。 先年練習艦にて遠洋航海の節は、どうしても時々船暈 ふなよい を感ぜしが、今度は無病息災われながら達者なるにあきれ候。 しかし今回は先年に覚えなき感情身につきまとい候。 航海中当直の夜 よ など、まっ黒き空に金剛石をまき散らしたるような南天を仰ぎて、ひとり艦橋の上に立つ時は、何とも言い難き感が起こりて、浪さんの姿が目さきにちらちらいたし 女々 めめ しと笑いたもうな 候。 同僚の前ではさもあらばあれ家郷思遠征 かきょうえんせいをおもう と吟じて平気に澄ましておれど、 笑いたもうな 浪さんの写真は始終ある人の内ポケットに潜みおり候。 今この手紙を書く時も、宅 うち のあの六畳の部屋 へや の芭蕉 ばしょう の陰の机に頬杖 ほおづえ つきてこの手紙を読む人の面影がすぐそこに見え候 中略 シドニー港内には夫婦、家族、他人交えずヨットに乗りて遊ぶ者多し。 他日功成り名遂げて小生も浪さんも白髪 しらが の爺姥 じじばば になる時は、あにただヨットのみならんや、五千トンぐらいの汽船を一艘 いっそう こしらえ、小生が船長となって、子供や孫を乗組員として世界週航を企て申すべく候。 山の手ながら松の内 うち の夜 よ は車東西に行き違いて、隣家 となり には福引きの興やあるらん、若き男女 なんにょ の声しきりにささめきて、おりおりどっと笑う声も手にとるように聞こえぬ。 未亡人は舌打ち鳴らしつ。 「何をしとっか。 赤坂へ行くといつもああじゃっで……武 たけ も武、浪 なみ も浪、実家 さと も実家 さと じゃ。 今時の者はこれじゃっでならん」 膝 ひざ 立て直さんとして、持病のリュウマチスの痛所 いたみ に触れけん、「あいたあいた」顔をしかめて癇癪 かんしゃく まぎれに煙草盆の縁手荒に打ちたたき「松、松松」とけたたましく小間使いを呼び立つる。 その時おそく「お帰りい」の呼び声勇ましく二挺 ちょう の車がらがらと門に入りぬ。 三が日の晴着 はれぎ の裾 すそ 踏み開きて走 は せ来たりし小間使いが、「御用?」と手をつかえて、「何 なん をうろうろしとっか、早 はよ 玄関に行きなさい」としかられてあわてて引き下がると、引きちがえに 「母 おっか さん、ただいま帰りました」 と凛々 りり しき声に前 さき を払わして手套 てぶくろ を脱ぎつつ入り来る武男のあとより、外套 がいとう と吾妻 あずま コートを婢 おんな に渡しつつ、浪子は夫に引き沿うてしとやかに座につき、手をつかえつ。 「おかあさま、大層おそなはりました」 「おおお帰りかい。 大分 だいぶ ゆっくりじゃったのう。 」 「はあ、今日 きょう は、なんです、加藤へ寄りますとね、赤坂へ行くならちょうどいいからいっしょに行こうッて言いましてな、加藤さんも伯母 おば さんもそれから千鶴子 ちずこ さんも、総勢五人で出かけたのです。 「そうかな。 そいはにぎやかでよかったの。 赤坂でもお変わりもないじゃろの、浪どん?」 「はい、よろしく申し上げます、まだ伺いもいたしませんで、……いろいろお土産 みや をいただきまして、くれぐれお礼申し上げましてございます」 「土産 みやげ といえば、浪さん、あれは……うんこれだ、これだ」と浪子がさし出す盆を取り次ぎて、母の前に差し置く。 盆には雉子 きじ ひとつがい、鴫 しぎ 鶉 うずら などうずたかく積み上げたり。 ちょうど今日は持たしてやろうとしておいでのとこでした。 たしかわたしの方が三歳 みッつ 上じゃったの、浪どん。 昔から元気のよか方 かた じゃったがの」 「それは何ですよ、母 おっか さん、非常の元気で、今度も二日も三日も山に焚火 たきび をして露宿 のじく しなすったそうですがね。 まだなかなか若い者に負けんつもりじゃて、そう威張っていなさいます」 「そうじゃろの、母 おっか さんのごとリュウマチスが起こっちゃもう仕方があいません。 人間は病気が一番いけんもんじゃ。 着物どんかえて、やすみなさい。 小間使いを相手に、浪子は良人 おっと の洋服を脱がせ、琉球紬 りゅうきゅうつむぎ の綿入れ二枚重ねしをふわりと打ちきすれば、武男は無造作に白縮緬 しろちりめん の兵児帯 へこおび 尻高 しりだか に引き結び、やおら安楽椅子 いす に倚 よ りぬ。 洋服の塵 ちり を払いて次の間の衣桁 えこう にかけ、「紅茶を入れるようにしてお置き」と小間使いにいいつけて、浪子は良人の居間に入りつ。 浪に千鳥の裾模様、黒襲 くろがさね に白茶七糸 しらちゃしゅちん の丸帯、碧玉 へきぎょく を刻みし勿忘草 フォルゲットミイノット の襟 えり どめ、 このたび武男が米国より持 も て来たりしなり 四分 ぶ の羞 はじ 六分 ぶ の笑 えみ を含みて、嫣然 えんぜん として燈光 あかり のうちに立つ姿を、わが妻ながらいみじと武男は思えるなり。 今日正月三日というに、年賀をかねて浪子を伴ない加藤家より浪子の実家 さと を訪 と いたるなり。 武男が母は昔気質 かたぎ の、どちらかといえば西洋ぎらいの方なれば、寝台 ねだい に寝 い ねて匙 さじ もて食らうこと思いも寄らねど、さすがに若主人のみは幾分か治外の法権を享 う けて、十畳のその居間は和洋折衷とも言いつべく、畳の上に緑色の絨氈 じゅうたん を敷き、テーブルに椅子 いす 二三脚、床には唐画 とうが の山水をかけたれど、 び間 びかん には亡父通武 みちたけ の肖像をかかげ、開かれざる書筺 しょきょう と洋籍の棚 たな は片すみに排斥せられて、正面の床の間には父が遺愛の備前兼光 びぜんかねみつ の一刀を飾り、士官帽と両眼鏡と違い棚に、短剣は床柱にかかりぬ。 写真額数多 あまた 掛けつらねたるうちには、その乗り組める軍艦のもあり、制服したる青年のおおぜいうつりたるは、江田島 えたじま にありけるころのなるべし。 テーブルの上にも二三の写真を飾りたり。 両親並びて、五六歳の男児 おのこ の父の膝に倚 よ りたるは、武男が幼きころの紀念なり。 カビネの一人 ひとり 撮 うつ しの軍服なるは乃舅 しゅうと 片岡中将なり。 主人が年若く粗豪なるに似もやらず、几案 きあん 整然として、すみずみにいたるまで一点の塵 ちり を留 とど めず、あまつさえ古銅瓶 へい に早咲きの梅一両枝趣深く活 い けたるは、温 あたた かき心と細かなる注意と熟練なる手と常にこの室 へや に往来するを示しぬ。 げにその主 ぬし は銅瓶の下 もと に梅花の香 かおり を浴びて、心臓形の銀の写真掛けのうちにほほえめるなり。 ランプの光はくまなく室のすみずみまでも照らして、火桶 ひおけ の炭火は緑の絨氈 じゅうたん の上に紫がかりし紅 くれない の焔 ほのお を吐きぬ。 愉快という愉快は世に数あれど、つつがなく長の旅より帰りて、旅衣を平生服 ふだんぎ の着心地 きごこち よきにかえ、窓外にほゆる夜あらしの音を聞きつつ居間の暖炉に足さしのべて、聞きなれし時計の軋々 きつきつ を聞くは、まったき愉快の一なるべし。 いわんやまた阿母 あぼ 老健にして、新妻のさらに愛 いと しきあるをや。 葉巻の香 かんば しきを吸い、陶然として身を安楽椅子の安きに託したる武男は、今まさにこの楽しみを享 う けけるなり。 ただ一つの翳 かげ は、さきに母の口より聞き、今来訪名刺のうちに見たる、千々岩安彦の名なり。 今日武男は千々岩につきて忌まわしき事を聞きぬ。 旧臘某日の事とか、千々岩が勤むる参謀本部に千々岩にあてて一通のはがきを寄せたる者あり、折節 おりふし 千々岩は不在なりしを同僚の某 なにがし 何心なく見るに、高利貸の名高き何某 なにがし の貸し金督促状にして、しかのみならずその金額要件は特に朱書してありしという。 ただそれのみならず、参謀本部の機密おりおり思いがけなき方角に漏れて、投機商人の利を博することあり。 なおその上に、千々岩の姿をあるまじき相場の市 いち に見たる者あり。 とにかく種々嫌疑 けんぎ の雲は千々岩の上におおいかかりてあれば、この上とても千々岩には心して、かつ自ら戒飭 かいちょく するよう忠告せよと、参謀本部に長たる某将軍とは爾汝 じじょ の間なる舅 しゅうと 中将の話なりき。 「困った男だ」 かくひとりごちて、武男はまた千々岩の名刺を打ちながめぬ。 しかも今の武男は長く不快に縛らるるあたわざるなり。 何も直接にあいて問いただしたる上と、思い定めて、心はまた翻然として今の楽しきに返れる時、服 きもの をあらためし浪子は手ずから紅茶を入れてにこやかに入り来たりぬ。 阿舅 おとっさん のお話がおもしろいものだから、きらいな酒までつい過ごしてしまった。 「存じません、ほほほほほ」さと顔あからめ、うつぶきて指環 ゆびわ をひねる。 「いやこれは大変、浪さんはいつそんなにお世辞が上手 じょうず になったのかい。 これでは襟 えり どめぐらいは廉 やす いもんだ。 はははは」 火鉢の上にさしかざしたる掌 てのひら にぽうっと薔薇色 ばらいろ になりし頬を押えつ。 語 ことば はしばし絶えぬ。 両人 ふたり はうっとりとしてただ相笑 あいえ めるのみ。 梅の香 か は細々 さいさい として両人 ふたり が火桶 ひおけ を擁して相対 あいむか えるあたりをめぐる。 浪子はふと思い出 い でたるように顔を上げつ。 あのばか娘もしようがないね、浪さん。 あんな娘でももらい人 て があるかしらん。 ずるいやつた知ってたが、まさかあんな嫌疑 けんぎ を受けようとは思わんかった。 ちっとも昔の武士らしい風 ふう はありやせん、みんな金のためにかかってる。 何、僕だって軍人は必ず貧乏しなけりゃならんというのじゃない。 冗費を節して、恒 つね の産を積んで、まさかの時節 とき に内顧の患 うれい のないようにするのは、そらあ当然さ。 ねエ浪さん。 しかし身をもって国家の干城ともなろうという者がさ、内職に高利を貸したり、あわれむべき兵の衣食をかじったり、御用商人と結託して不義の財をむさぼったりするのは実に用捨がならんじゃないか。 それに実に不快なは、あの賭博 とばく だね。 僕の同僚などもこそこそやってるやつがあるが、実に不愉快でたまらん。 今のやつらは上にへつらって下からむさぼることばかり知っとる」 今そこに当の敵のあるらんように息巻き荒く攻め立つるまだ無経験の海軍少尉を、身にしみて聞き惚 ほ るる浪子は勇々 ゆゆ しと誇りて、早く海軍大臣かないし軍令部長にして海軍部内の風 ふう を一新したしと思えるなり。 「本当にそうでございましょうねエ。 あの、何だかよくは存じませんが、阿爺 ちち がね、大臣をしていましたころも、いろいろな頼み事をしていろいろ物を持って来ますの。 阿爺 ちち はそんな事は大禁物 だいきんもつ ですから、できる事は頼まれなくてもできる、できない事は頼んでもできないと申して、はねつけてもはねつけてもやはりいろいろ名をつけて持ち込んで来ましたわ。 で、阿爺 ちち が戯談 じょうだん に、これではたれでも役人になりたがるはずだって笑っていましたよ」 「そうだろう、陸軍も海軍も同じ事だ。 時はすでに午後四時過ぎ、夕烏 ゆうがらす の声遠近 おちこち に聞こゆるころ、座敷の騒ぎを背 うしろ にして日影薄き築山道 つきやまみち を庭下駄 にわげた を踏みにじりつつ上り行く羽織袴 はおりはかま の男あり。 こは武男なり。 母の言 ことば 黙止 もだ し難くて、今日山木の宴に臨みつれど、見も知らぬ相客と並びて、好まぬ巵 さかずき 挙 あ ぐることのおもしろからず。 さまざまの余興の果ては、いかがわしき白拍子 しらびょうし の手踊りとなり、一座の無礼講となりて、いまいましきこと限りもなければ、疾 と くにも辞し去らんと思いたれど、山木がしきりに引き留むるが上に、必ず逢 あ わんと思える千々岩の宴たけなわなるまで足を運ばざりければ、やむなく留 とど まりつ、ひそかに座を立ちて、熱せる耳を冷ややかなる夕風に吹かせつつ、人なき方 かた をたどりしなり。 武男が舅 しゅうと 中将より千々岩に関する注意を受けて帰りし両三日後 のち 、鰐皮 わにかわ の手かばんさげし見も知らぬ男突然川島家に尋ね来たり、一通の証書を示して、思いがけなき三千円の返金を促しつ。 証書面の借り主は名前も筆跡もまさしく千々岩安彦、保証人の名前は顕然川島武男と署しありて、そのうえ歴々と実印まで押してあらんとは。 先方の口上によれば、契約期限すでに過ぎつるを、本人はさらに義務を果たさず、しかも突然いずれへか寓 ぐう を移して、役所に行けばこの両三日職務上他行したりとかにて、さらに面会を得ざれば、ぜひなくこなたへ推参したる次第なりという。 証書はまさしき手続きを踏みたるもの、さらに取り出 いだ したる往復の書面を見るに、違 まご う方 かた なき千々岩が筆跡なり。 事の意外に驚きたる武男は、子細をただすに、母はもとより執事の田崎も、さる相談にあずかりし覚えなく、印形 いんぎょう を貸したる覚えさらになしという。 かのうわさにこの事実思いあわして、武男は七分事の様子を推しつ。 あたかもその日千々岩は手紙を寄せて、明日 あす 山木の宴会に会いたしといい越したり。 その顔だに見ば、問うべき事を問い、言うべき事を言いて早帰らんと思いし千々岩は来たらず、しきりに波立つ胸の不平を葉巻の煙 けぶり に吐きもて、武男は崖道 がけみち を上り、明竹 みんちく の小藪 こやぶ を回り、常春藤 ふゆつた の陰に立つ四阿 あずまや を見て、しばし腰をおろせる時、横手のわき道に駒下駄 こまげた の音して、はたと豊子 とよこ と顔見合わせつ。 見れば高島田、松竹梅の裾 すそ 模様ある藤色縮緬 ふじいろちりめん の三枚 まい 襲 がさね 、きらびやかなる服装せるほどますます隙 すき のあらわれて、笑止とも自らは思わぬなるべし。 その細き目をばいとど細うして、 「ここにいらっしたわ」 三十サンチ巨砲の的には立つとも、思いがけなき敵の襲来に冷やりとせし武男は、渋面作りてそこそこに兵を収めて逃げんとするを、あわてて追っかけ 「あなた」 「何です?」 「おとっさんが御案内して庭をお見せ申せってそう言いますから」 「案内?案内はいらんです」 「だって」 「僕は一人 ひとり で歩く方が勝手だ」 これほど手強く打ち払えばいかなる強敵 ごうてき も退散すべしと思いきや、なお懲りずまに追いすがりて 「そうお逃げなさらんでもいいわ」 武男はひたと当惑の眉 まゆ をひそめぬ。 そも武男とお豊の間は、その昔父が某県を知れりし時、お豊の父山木もその管下にありて常に出入したれば、子供もおりおり互いに顔合わせしが、まだ十一二の武男は常にお豊を打ちたたき泣かしては笑いしを、お豊は泣きつつなお武男にまつわりつ。 年移り所変わり人長 た けて、武男がすでに新夫人を迎えける今日までも、お豊はなお当年の乱暴なる坊ちゃま、今は川島男爵と名乗る若者に対してはかなき恋を思えるなり。 粗暴なる海軍士官も、それとうすうす知らざるにあらねば、まれに山木に往来する時もなるべく危うきに近よらざる方針を執りけるに、今日はおぞくも伏兵の計 はかりごと に陥れるを、またいかんともするあたわざりき。 「逃げる?僕は何も逃げる必要はない。 はははは、今日はおかげで非常の盛会……いや若旦那はお弱い、失敬ながらお弱い、軍人に似合いませんよ。 御大人 ごたいじん なんざそれは大したものでしたよ。 「大分 だいぶ ご元気ですな。 事業の方は、大有望さ。 追い追い内地雑居と来ると、いよいよ妙だが、いかがです若旦那、田崎君の名義でもよろしいから、二三万御奮発なすっちゃ。 きっともうけさして上げますぜ」 と本性 ほんしょう 違 たが わぬ生酔 なまえ いの口は、酒よりもなめらかなり。 あれは一時もうかったそうじゃないか」 「さあ、もうかるのを下手 へた にやり崩 くず したんだが、うまく行ったらすばらしい金鉱ですぜ」 「それは惜しいもんだね。 素寒貧 すかんぴん の僕じゃ仕方ないが、武男君、どうだ、一肩ぬいで見ちゃア」 座に着きし初めより始終黙然 もくねん として不快の色はおおう所なきまで眉宇 びう にあらわれし武男、いよいよ懌 よろこ ばざる色を動かして、千々岩と山木を等分に憤りを含みたる目じりにかけつつ 「御厚意かたじけないが、わが輩のように、いつ魚の餌食 えじき になるか、裂弾、榴弾 りゅうだん の的になるかわからない者は、別に金もうけの必要もない。 失敬だがその某会社とかに三万円を投ずるよりも、わが輩はむしろ海員養成費に献納する」 にべなく言い放つ武男の顔、千々岩はちらとながめて、山木にめくばせし、 「山木君、利己主義のようだが、その話はあと回しにして僕の件から願いたいがね。 千々岩の身辺に嫌疑 けんぎ の雲のかかれるも宜 うべ なり。 彼は昨年来その位置の便宜を利用して、山木がために参謀となり牒者 ちょうじゃ となりて、その利益の分配にあずかれるのみならず、大胆にも官金を融通して蠣殻町 かきがらちょう に万金をつかまんとせしに、たちまち五千円余の損亡 そんもう を来たしつ。 山木をゆすり、その貯 たくわ えの底をはたきて二千円を得たれども、なお三千の不足あり。 そのただ一親戚 しんせき なる川島家は富みてかつ未亡人の覚えめでたからざるにもあらざれど、出すといえばおくびも惜しむ叔母 おば の性質を知れる千々岩は、打ち明けて頼めば到底らちの明かざるを看破 みやぶ り、一時を弥縫 びほう せんと、ここに私印偽造の罪を犯して武男の連印を贋 かた り、高利の三千円を借り得て、ひとまず官金消費の跡を濁しつ。 さるほどに期限迫りて、果てはわが勤むる官署にすら督促のはがきを送らるる始末となりたれば、今はやむなくあたかも帰朝せる武男を説き動かし、この三千円を借り得てかの三千円を償い、武男の金をもって武男の名を贖 あがな わんと欲せしなり。 さきに武男を訪 と いたれどおりあしく得逢 えあ わず、その後二三日職務上の要を帯びて他行しつれば、いまだ高利貸のすでに武男が家に向かいしを知らざるなりき。 山木はうなずき、ベルを鳴らして朱肉の盒 いれもの を取り寄せ、ひと通り証書に目を通して、ふところより実印取り出 い でつつ保証人なるわが名の下に捺 お しぬ。 打ち驚きつつ拾い上げ、おしひらきたる千々岩の顔はたちまち紅 くれない になり、また蒼 あお くなりつ。 きびしく歯を食いしばりぬ。 彼はいまだ高利貸の手にあらんと信じ切ったる証書を現に目の前に見たるなり。 武男は田崎に事の由を探らせし後、ついに怪 け しかる名前の上の三千円を払いしなりき。 男らしく罪に伏 ふく したまえ」 子供、子供と今が今まで高をくくりし武男に十二分に裏をかかれて、一腔 こう の憤怨 ふんえん 焔 ほのお のごとく燃え起こりたる千々岩は、切れよと唇 くちびる をかみぬ。 山木は打ちおどろきて、煙管 きせる をやに下がりに持ちたるまま二人 ふたり の顔をながむるのみ。 「千々岩、もうわが輩は何もいわん。 親戚 しんせき のよしみに、決して私印偽造の訴訟は起こさぬ。 三千円は払ったから、高利貸のはがきが参謀本部にも行くまい、安心したまえ」 あくまではずかしめられたる千々岩は、煮え返る胸をさすりつ。 気は武男に飛びもかからんとすれども、心はもはや陳弁の時機にあらざるを認むるほどの働きを存せるなり。 彼はとっさに態度を変えつ。 実は切迫 せっぱ つまった事で、金は要 い る、借りるところはなし。 君がいると、一も二もなく相談するのだが、叔母様 さん には言いにくいだろうじゃないか。 千々岩君 さん も悪い、悪いがそこをねエ若旦那。 こんな事が表 おもて ざたになって見ると、千々岩君 さん の立身もこれぎりになりますから。 ねエ若旦那」 「それだから三千円は払った、また訴訟なぞしないといっているじゃないか。 「絶交はされてもかまわんが、金は出してもらうというのか。 押しとめられて、しばし黙然 もくねん としたる武男は、じっと千々岩が面 おもて を見つめ、 「千々岩、もういうまい。 わが輩も子供の時から君と兄弟 きょうだい のように育って、実際才力の上からも年齢 とし からも君を兄と思っていた。 今後も互いに力になろう、わが輩も及ぶだけ君のために尽くそうと思っていた。 実はこのごろまでもまさかと信じ切っていた。 しかし今までのよしみに一言 ごん いって置くが、人の耳目は早いものだ、君は目をつけられているぞ、軍人の体面に関するような事をしたもうな。 君たちは金より貴 たっと いものはないのだから、言ったってしかたはあるまいが、ちっとあ恥を知りたまえ。 じゃもう会うまい。 三千円はあらためて君にくれる」 厳然として言い放ちつつ武男は膝の前なる証書をとってずたずたに引き裂き棄 す てつ。 つと立ち上がって次の間に出 い でし勢いに、さっきよりここに隠れて聞きおりしと覚しき女 むすめ お豊を煽 あお り倒しつ。 「あれえ」という声をあとに足音荒く玄関の方 かた に出 い で去りたり。 あっけにとられし山木と千々岩と顔見あわしつ。 「相変わらず坊っちゃまだね。 しかし千々岩さん、絶交料三千円は随分いいもうけをしたぜ」 落ち散りたる証書の片々を見つめ、千々岩は黙然 もくねん として唇 くちびる をかみぬ。 今年の寒さは、今年の寒さは、と年々に言いなれし寒さも今年こそはまさしくこれまで覚えなきまで、日々吹き募る北風は雪を誘い雨を帯びざる日にもさながら髄を刺し骨をえぐりて、健やかなるも病み、病みたるは死し、新聞の広告は黒囲 くろぶち のみぞ多くなり行く。 この寒さはさらぬだに強からぬ浪子のかりそめの病を募らして、取り立ててはこれという異なれる病態もなけれど、ただ頭 かしら 重く食 しょく うまからずして日また日を渡れるなり。 今二点を拍ちし時計の蜩 ひぐらし など鳴きたらんように凛々 りんりん と響きしあとは、しばし物音絶えて、秒を刻み行く時計のかえって静けさを加うるのみ。 珍しくうららかに浅碧 あさみどり をのべし初春の空は、四枚の障子に立て隔てられたれど、悠々 ゆうゆう たる日の光くまなく紙障に栄 は えて、余りの光は紙を透かして浪子が仰ぎ臥 ふ しつつ黒スコッチの韈 くつした を編める手先と、雪より白き枕 まくら に漂う寝乱れ髪の上にちらちらおどりぬ。 左手 ひだり の障子には、ひょろひょろとした南天の影手水鉢 ちょうずばち をおおうてうつむきざまに映り、右手には槎さがたる老梅の縦横に枝をさしかわしたるがあざやかに映りて、まだつぼみがちなるその影の、花は数うべくまばらなるにも春の浅きは知られつべし。 南縁 なんえん 暄 けん を迎うるにやあらん、腰板の上に猫 ねこ の頭 かしら の映りたるが、今日の暖気に浮かれ出 い でし羽虫 はむし 目がけて飛び上がりしに、捕 と りはずしてどうと落ちたるをまた心に関せざるもののごとく、悠々としてわが足をなむるにか、影なる頭 かしら のしきりにうなずきつ。 微笑を含みてこの光景 ありさま を見し浪子は、日のまぶしきに眉 まゆ を攅 あつ め、目を閉じて、うっとりとしていたりしが、やおらあなたに転臥 ねがえり して、編みかけの韈 くつした をなで試みつつ、また縦横に編み棒を動かし始めぬ。 ドシドシと縁に重 おも やかなる足音して、矮 たけひく き仁王 におう の影障子を伝い来つ。 「気分はどうごあんすな?」 と枕べにすわるは姑 しゅうと なり。 「今日は大層ようございます。 他人じゃなし、遠慮がいッもンか。 そ、そ、そ、また編み物しなはるな。 いけませんど。 病人な養生 ようじょう が仕事、なあ浪どん。 和女 おまえ は武男が事ちゅうと、何もかも忘れッちまいなはる。 いけません。 わたしはそいが大きらいじゃ」 うそをつきたもうな、卿 おんみ は常に当今の嫁なるものの舅姑 しゅうと に礼足らずとつぶやき、ひそかにわがよめのこれに異なるをもっけの幸 さち と思うならずや。 浪子は実家 さと にありけるころより、口にいわねどひそかにその継母のよろず洋風にさばさばとせるをあきたらず思いて、一家の作法の上にはおのずから一種古風の嗜味 しみ を有せるなりき。 姑はふと思い出 い でたるように、 「お、武男から手紙が来たようじゃったが、どう書 け えて来申 きも した?」 浪子は枕べに置きし一通の手紙のなかぬき出 いだ して姑に渡しつつ、 「この日曜にはきっといらッしゃいますそうでございますよ」 「そうかな」ずうと目を通してくるくるとまき収め、「転地養生もねもんじゃ。 この寒にエットからだ動 いご かして見なさい、それこそ無 な か病気も出て来ます。 風邪 かぜ はじいと寝ておると、なおるもんじゃ。 武は年が若かでな。 医師 いしゃ をかえるの、やれ転地をすッのと騒ぎ申 も す。 わたしたちが若か時分な、腹が痛かてて寝る事 こた なし、産あがりだて十日と寝た事アあいません。 世間が開けて来 く っと皆が弱 よお うなり申すでな。 はははは。 武にそう書 け えてやったもんな、母 おっか さんがおるで心配しなはんな、ての、ははははは、どれ」 口には笑えど、目はいささか懌 よろこ ばざる色を帯びて、出 い で行く姑の後ろ影、 「御免遊ばせ」 と起き直りつつ見送りて、浪子はかすかに吐息を漏らしぬ。 親が子をねたむということ、あるべしとは思われねど、浪子は良人 おっと の帰りし以来、一種異なる関係の姑との間にわき出 い でたるを覚えつ。 遠洋航海より帰り来て、浪子のやせしを見たる武男が、粗豪なる男心にも留守の心づかいをくみて、いよいよいたわるをば、いささか苦々 にがにが しく姑の思える様子は、怜悧 さと き浪子の目をのがれず。 「奥様、加藤様のお嬢様がおいで遊ばしましてございます」 と呼ぶ婢 おんな の声に、浪子はぱっちり目を開きつ。 入り来る客 ひと を見るより喜色はたちまち眉間 びかん に上りぬ。 浪子が伯母加藤子爵夫人の長女、千鶴子というはこの娘 こ なり。 浪子と千鶴子は一歳 ひとつ 違いの従姉妹 いとこ 同士。 幼稚園に通うころより実の同胞 きょうだい も及ばぬほど睦 むつ み合いて、浪子が妹の駒子 こまこ をして「姉 ねえ さんはお千鶴さんとばかり仲よくするからわたしいやだわ!」といわしめしこともありき。 されば浪子が川島家に嫁 とつ ぎて来し後も、他の学友らはおのずから足を遠くせしに引きかえ、千鶴子はかえってその家の近くなれるを喜びつつ、しばしば足を運べるなり。 武男が遠洋航海の留守の間心さびしく憂 う き事多かる浪子を慰めしは、燃ゆるがごとき武男の書状を除きては、千鶴子の訪問ぞその重 おも なるものなりける。 桐胴 きりどう の火鉢 ひばち に指環 ゆびわ の宝石きらきらと輝く手をかざしつつ、桜色ににおえる頬 ほお を押 おさ う。 「伯母様も、伯父様も、おかわりないの?」 「あ、よろしくッてね。 あまり寒いからどうかしらッてひどく心配していなさるの、時候が時候だから、少しいい方だッたら逗子 ずし にでも転地療養しなすったらッてね、昨夕 ゆうべ も母 おっか さんとそう話したのですよ」 「そう?横須賀 よこすか からもちょうどそう言って来てね……」 「兄さんから?そう?それじゃ早く転地するがいいわ」 「でももうそのうちよくなるでしょうから」 「だッて、このごろの感冒 かぜ は本当に用心しないといけないわ」 おりから小間使いの紅茶を持ち来たりて千鶴子にすすめつ。 兼や、お千鶴さんに何かごちそうしておあげな」 「ほほほほ、お百度参りするのだもの、ごちそうばかりしちゃたまらないわ。 本当に……ありがとうよ」 千鶴子はさらに紅蜜柑 べにみかん を取り出しつつ「きれいでしょう。 これはわたしのお土産 みやげ よ。 でもすっぱくていけないわ」 「まあきれい、一ツむいてちょうだいな」 千鶴子がむいて渡すを、さもうまげに吸いて、額 ひたえ にこぼるる髪をかき上げ、かき上げつ。 「うるさいでしょう。 ざっと結 い ってた方がよかないの?ね、ちょっと結いましょう。 みんながよろしくッて、ね。 ほほほほ、学校を下がってからまだやっと一年しかならないのに、もう三一はお嫁だわ。 それはおかしいの、大久保 おおくぼ さんも本多 ほんだ さんも北小路 きたこうじ さんもみんな丸髷 まるまげ に結 い ってね、変に奥様じみているからおかしいわ。 そうそう、それから親子別居論が始まってね、北小路さんは自分がちっとも家政ができないに姑 おっかさん がたいへんやさしくするものだから同居に限るっていうし、大久保さんはまた姑 おっかさん がやかましやだから別居論の勇将だし、それはおかしいの。 ほほほほ、みんな自己 じぶん から割り出すのね。 どうせ局々 ところところ で違うのだから、一概には言えないのでしょうよ。 ねエ、お千鶴さん。 伯母様もいつかそうおっしゃったでしょう。 若い者ばかりじゃわがままになるッて、本当にそうですよ、年寄りを疎略に思っちゃ済まないのね」 父中将の教えを受くるが上に、おのずから家政に趣味をもてる浪子は、実家 さと にありけるころより継母の政 まつりごと を傍観しつつ、ひそかに自家の見 けん をいだきて、自ら一家の女主 あるじ になりたらん日には、みごと家を斉 ととの えんものと思えるは、一日にあらざりき。 されど川島家に来たり嫁ぎて、万機一に摂政太后の手にありて、身はその位 くらい ありてその権なき太子妃の位置にあるを見るに及びて、しばしおのれを収めて姑の支配の下 もと に立ちつ。 親子の間に立ち迷いて、思うさま良人 おっと にかしずくことのままならぬをひそかにかこてるおりおりは、かつてわが国風 こくふう に適 あ わずと思いし継母が得意の親子 しんし 別居論のあるいは真理にあらざるやを疑うこともありしが、これがためにかえって浪子は初心を破らじとひそかに心に帯 おび せるなり。 継母の下 もと に十年 ととせ を送り、今は姑のそばにやがて一年の経験を積める従姉 いとこ の底意を、ことごとくはくみかねし千鶴子、三つに組みたる髪の端を白きリボンもて結わえつつ、浪子の顔さしのぞきて、声を低め、「このごろでも御機嫌 ごきげん がわるくッて?」 「でも、病気してからよくしてくださるのですよ。 でもね、……武男 うち にいろいろするのが、おかあさまのお気に入らないには困るわ!それで、いつでも此家 ここ ではおかあさまが女皇陛下 クイーン だからおれよりもたれよりもおかあさまを一番大事にするンだッて、しょっちゅう言って聞かされるのですわ……あ、もうこんな話はよしましょうね。 おおいい気持ち、ありがとう。 頭が軽くなったわ」 言いつつ三つ組みにせし髪をなで試みつ。 さすがに疲れを覚えつらん、浪子は目を閉じぬ。 櫛 くし をしまいて、紙に手をふきふき、鏡台の前に立ちし千鶴子は、小さき箱の蓋 ふた を開きて、掌 たなそこ に載せつつ、 「何度見てもこの襟止 びん はきれいだわ。 本当に兄 にい さんはよくなさるのねエ。 でもね、松平さんがきらって、このごろは妾 めかけ を置いたり、囲い者をしたり、乱暴ばかりするからね、萩原さんのおとうさんがひどく怒 おこ つてね、そんな薄情な者には、娘はやって置かれぬてね、とうとう引き取ってしまったんですッて」 「まあ、かあいそうね。 「同じ学校に出て同じ教場で同じ本を読んでも、みんなちりぢりになって、どうなるかわからないものねエ。 ややありて浪子はほほえみ、 「こんなに寝ていると、ね、いろいろな事を考えるの。 ほほほほ、笑っちゃいやよ。 これから何年かたッてね、どこか外国と戦争が起こるでしょう、日本が勝つでしょう、そうするとね、お千鶴さん宅 とこ の兄さんが外務大臣で、先方へ乗り込んで講和の談判をなさるでしょう、それから武男 うち が艦隊の司令長官で、何十艘 そう という軍艦を向こうの港にならべてね……」 「それから赤坂の叔父さんが軍司令官で、宅 うち のおとうさんが貴族院で何億万円の軍事費を議決さして……」 「そうするとわたしはお千鶴さんと赤十字の旗でもたてて出かけるわ」 「でもからだが弱くちゃできないわ。 ほほほほ」 「おほほほほ」 笑う下より浪子はたちまちせきを発して、右の胸をおさえつ。 「あまり話したからいけないのでしょう。 胸が痛むの?」 「時々せきするとね、ここに響いてしようがないの」 言いつつ浪子の目はたちまちすうと薄れ行く障子の日影を打ちながめつ。 人の一生には、なす事なす事皆図星をはずれて、さながら皇天ことにわれ一人 にん をえらんで折檻 せっかん また折檻の笞 むち を続けざまに打ちおろすかのごとくに感ぜらるる、いわゆる「泣き面 つら に蜂 はち 」の時期少なくとも一度はあるものなり。 去年以来千々岩はこの瀬戸に舟やり入れて、今もって容易にその瀬戸を過ぎおわるべき見当のつかざるなりき。 浪子はすでに武男に奪われつ。 相場に手を出せば失敗を重ね、高利を借りれば恥をかき、小児 こども と見くびりし武男には下司 げす 同然にはずかしめられ、ただ一親戚 しんせき たる川島家との通路は絶えつ。 果てはただ一立身の捷逕 しょうけい として、死すとも去らじと思える参謀本部の位置まで、一言半句の挨拶 あいさつ もなくはぎとられて、このごろまで牛馬 うしうま 同様に思いし師団の一士官とならんとは。 疵 きず 持つ足の千々岩は、今さら抗議するわけにも行かず、倒れてもつかむ馬糞 ばふん の臭 しゅう をいとわで、おめおめと練兵行軍の事に従いしが、この打撃はいたく千々岩を刺激して、従来事に臨んでさらにあわてず、冷静に「われ」を持したる彼をして、思うてここにいたるごとに、一肚皮 とひ の憤恨猛火よりもはげしく騰上し来たるを覚えざらしめたり。 頭上に輝く名利の冠 かんむり を、上らば必ず得 う べき立身の梯子 はしご に足踏みかけて、すでに一段二段を上り行きけるその時、突然蹴 け 落とされしは千々岩が今の身の上なり。 誰 た が蹴落とせし。 千々岩は武男が言葉の端より、参謀本部に長たる将軍が片岡中将と無二の昵懇 じっこん なる事実よりして、少なくも中将が幾分の手を仮したるを疑いつ。 思えば思うほど疑いは事実と募り、事実は怒火に油さし、失恋のうらみ、功名の道における蹉跌 さてつ の恨み、失望、不平、嫉妬さまざまの悪感は中将と浪子と武男をめぐりて焔 ほのお のごとく立ち上りつ。 復讎 ふくしゅう 、復讎、世に心よきはにくしと思う人の血をすすって、その頬 ほお の一臠 れん に舌鼓うつ時の感なるべし。 復讎、復讎、ああいかにして復讎すべき、いかにしてうらみ重なる片岡川島両家をみじんに吹き飛ばすべき地雷火坑を発見し、なるべくおのれは危険なき距離より糸をひきて、憎しと思う輩 やから の心傷 やぶ れ腸 はらわた 裂け骨摧 くじ け脳塗 まみ れ生きながら死ぬ光景をながめつつ、快く一杯を過ごさんか。 こは一月以来夜 よ となく日となく千々岩の頭 かしら を往来せる問題なりき。 梅花雪とこぼるる三月中旬、ある日千々岩は親しく往来せる旧同窓生の何某 なにがし が第三師団より東京に転じ来たるを迎うるとて、新橋におもむきつ。 「お珍しいじゃございませんか」 駒子 こまこ を連れて、片岡子爵夫人繁子 しげこ はたたずめるなり。 一瞬時、変われる千々岩の顔色は、先方の顔色をのぞいて、たちまち一変しつ。 中将にこそ浪子にこそ恨みはあれ、少なくもこの人をば敵視する要なしと早くも心を決せるなり。 今日はちょっと見舞に」言いつつ千々岩が手より四季袋を受け取り「ではさようなら、すぐ帰ります、ちとお遊びにいらッしゃいよ」 華美 はで なるカシミールのショールと紅 くれない のリボンかけし垂髪 おさげ とはるかに上等室に消ゆるを目送して、歩を返す時、千々岩の唇には恐ろしき微笑を浮かべたり。 肺結核!茫々 ぼうぼう たる野原にただひとり立つ旅客 たびびと の、頭上に迫り来る夕立雲のまっ黒きを望める心こそ、もしや、もしやとその病を待ちし浪子の心なりけれ。 今は恐ろしき沈黙はすでにとく破れて、雷鳴り電 でん ひらめき黒風 こくふう 吹き白雨 はくう ほとばしる真中 まなか に立てる浪子は、ただ身を賭 と して早く風雨の重囲 ちょうい を通り過ぎなんと思うのみ。 それにしても第一撃のいかにすさまじかりしぞ。 思い出 い づる三月の二日、今日は常にまさりて快く覚ゆるままに、久しく打ちすてし生け花の慰み、姑 しゅうと の部屋 へや の花瓶 かへい にささん料に、おりから帰りて居 い たまいし良人 おっと に願いて、においも深き紅梅の枝を折るとて、庭さき近く端居 はしい して、あれこれとえらみ居しに、にわかに胸先 むなさき 苦しく頭 かしら ふらふらとして、紅 くれない の靄 もや 眼前 めさき に渦まき、われ知らずあと叫びて、肺を絞りし鮮血の紅なるを吐けるその時!その時こそ「ああとうとう!」と思う同時に、いずくともなくはるかにわが墓の影をかいま見しが。 ああ死!以前 むかし 世をつらしと見しころは、生何の楽しみぞ死何の哀惜 かなしみ ぞと思いしおりもありけるが、今は人の生命 いのち の愛 お しければいとどわが命の惜しまれて千代までも生きたしと思う浪子。 情けなしと思うほど、病に勝たんの心も切に、おりおり沈むわが気をふり起こしては、われより医師を促すまでに怠らず病を養えるなりき。 目と鼻の横須賀 よこすか にあたかも在勤せる武男が、ひまをぬすみてしばしば往来するさえあるに、父の書、伯母、千鶴子の見舞たえ間なく、別荘には、去年の夏川島家を追われし以来絶えて久しきかの姥 うば のいくが、その再会の縁由 よし となれるがために病そのものの悲しむべきをも喜ばんずるまで浪子をなつかしめるありて、能 あと うべくは以前 むかし に倍する熱心もて伏侍 ふくじ するあり。 まめまめしき老僕が心を用いて事 つこ うるあり。 春寒きびしき都門を去りて、身を暖かき湘南 しょうなん の空気に投じたる浪子は、日 ひび に自然の人をいつくしめる温光を吸い、身をめぐる暖かき人の情けを吸いて、気も心もおのずからのびやかになりつ。 地を転じてすでに二旬を経たれば、喀血やみ咳嗽 がいそう やや減り、一週二回東京より来たり診する医師も、快しというまでにはいたらねど病の進まざるをかいありと喜びて、この上はげしき心神の刺激を避け、安静にして療養の功を続けなば、快復の望みありと許すにいたりぬ。 今日は朝よりそぼ降る春雨に、海も山も一色 ひといろ に打ち煙 けぶ り、たださえ永 なが き日の果てもなきまで永き心地 ここち せしが、日暮れ方より大降りになって、風さえ強く吹きいで、戸障子の鳴る響 おと すさまじく、怒りたける相模灘 さがみなだ の濤声 とうせい 、万馬 ばんば の跳 おど るがごとく、海村戸を鎖 とざ して燈火 ともしび 一つ漏る家もあらず。 片岡家の別墅 べっしょ にては、今日は夙 と く来 く べかりしに勤務上やみ難き要ありておくれし武男が、夜 よ に入りて、風雨の暗を衝 つ きつつ来たりしが、今はすでに衣 い をあらため、晩餐 ばんさん を終え、卓によりかかりて、手紙を読みており。 相対 あいむか いて、浪子は美しき巾着 きんちゃく を縫いつつ、時々針をとどめて良人 おっと の方 かた 打ちながめては笑 え み、風雨の音に耳傾けては静かに思いに沈みており。 揚巻 あげまき に結いし緑の髪には、一朶 だ の山桜を葉ながらにさしはさみたり。 二人 ふたり の間には、一脚の卓ありて、桃色のかさかけしランプはじじと燃えつつ、薄紅 うすくれない の光を落とし、そのかたわらには白磁瓶 はくじへい にさしはさみたる一枝の山桜、雪のごとく黙して語らず。 今朝 けさ 別れ来し故山の春を夢むるなるべし。 風雨の声屋 おく をめぐりて騒がし。 武男は手紙を巻きおさめつ。 「阿舅 おとうさん もよほど心配しておいでなさる。 わたくしも行きたいわ!」 「浪さんが!!! とんでもない!それこそまっぴら御免こうむる。 もうしばらくは流刑 しまながし にあったつもりでいなさい。 まあよそう。 そのかわり来る前の日と、帰った日は、二日分 ぶり のむのだからね。 ははははは」 「ほほほ、それじゃごほうびに、今いいお菓子がまいりますよ」 「それはごちそうさま。 大方お千鶴さんの土産 みやげ だろう。 ああ何だか気分が清々 せいせい したこと。 も少し起きさしてちょうだいな、こうしてますとちっとも病気のようじゃないでしょう」 「ドクトル川島がついているのだもの、はははは。 でも、近ごろは本当に浪さんの顔色がよくなッた。 もうこっちのものだて」 この時次の間よりかの老女のいくが、菓子鉢 ばち と茶盆を両手にささげ来つ。 「ひどい暴風雨 しけ でございますこと。 旦那 だんな 様がいらッしゃいませんと、ねエ奥様、今夜 こんばん なんざとても目が合いませんよ。 飯田町 いいだまち のお嬢様はお帰京 かえり 遊ばす、看護婦さんまで、ちょっと帰京 かえり ますし、今日はどんなにさびしゅうございましてしょう、ねエ奥様。 茂平 もへい 老僕 どんはいますけれども」 「こんな晩に船に乗ってる人の心地 こころもち はどんなでしょうねエ。 でも乗ってる人を思いやる人はなお悲しいわ!」 「なあに」と武男は茶をすすり果てて風月の唐饅頭 とうまんじゅう 二つ三つ一息に平らげながら「なあに、これくらいの風雨 しけ はまだいいが、南シナ海あたりで二日も三日も大暴風雨 おおしけ に出あうと、随分こたえるよ。 四千何百トンの艦 ふね が三四十度ぐらいに傾いてさ、山のようなやつがドンドン甲板 かんぱん を打ち越してさ、艦 ふね がぎいぎい響 な るとあまりいい心地 こころもち はしないね」 風いよいよ吹き募りて、暴雨一陣礫 つぶて のごとく雨戸にほとばしる。 浪子は目を閉じつ。 いくは身を震わしぬ。 三人 みたり が語 ことば しばし途絶えて、風雨の音のみぞすさまじき。 「さあ、陰気な話はもう中止だ。 こんな夜 ばん は、ランプでも明るくして愉快に話すのだ。 ここは横須賀よりまた暖かいね、もうこんなに山桜が咲いたな」 浪子は磁瓶 じへい にさしし桜の花びらを軽 かろ くなでつつ「今朝 けさ 老爺 じいや が山から折って来ましたの。 きれいでしょう。 戦争 いくさ でも早く討死 うちじに する方が負けだよ。 も少し剛情にさ、執拗 しつこく さ、気ながな方を奨励したいと思うね。 いいかね、皮切りだからどうせおかしいよ、しつこしと、笑っちゃいかん、しつこしと人はいえども八重桜盛りながきはうれしかりけり、はははは梨本 なしもと 跣足 はだし だろう」 「まあおもしろいお歌でございますこと、ねエ奥様」 「はははは、ばあやの折り紙つきじゃ、こらいよいよ秀逸にきまったぞ」 話の途切れ目をまたひとしきり激しくなりまさる風雨の音、濤 なみ の音の立ち添いて、家はさながら大海に浮かべる舟にも似たり。 いくは鉄瓶 てつびん の湯をかうるとて次に立ちぬ。 浪子はさしはさみ居し体温器をちょっと燈火 あかり に透かし見て、今宵 こよい は常よりも上らぬ熱を手柄顔に良人 おっと に示しつつ、筒に収め、しばらくテーブルの桜花 さくら を見るともなくながめていたりしが、たちまちほほえみて 「もう一年たちますのねエ、よウくおぼえていますよ、あの時馬車に乗って出ると家内 みんな の者が送って出てますから何とか言いたかったのですけどどうしても口に出ませんの。 おほほほ。 それから溜池橋 ためいけばし を渡るともう日が暮れて、十五夜でしょう、まん丸な月が出て、それから山王 さんのう のあの坂を上がるとちょうど桜花 さくら の盛りで、馬車の窓からはらはらはらはらまるで吹雪 ふぶき のように降り込んで来ましてね、ほほほ、髷 まげ に花びらがとまってましたのを、もうおりるという時、気がついて伯母がとってくれましたッけ」 武男はテーブルに頬杖 ほおづえ つき「一年ぐらいたつな早いもんだ。 かれこれするとすぐ銀婚式になっちまうよ。 はははは、あの時浪さんの澄まし方といったらはッははは思い出してもおかしい、おかしい。 ほほほほ手が震えて、杯がどうしても持てなかったンですもの」 「大分 だいぶ おにぎやかでございますねエ」といくはにこにこ笑 え みつつ鉄瓶 てつびん を持ちて再び入り来つ。 「ばあやもこんなに気分が清々 せいせい いたしたことはありませんでございますよ。 ごいっしょにこうしておりますと、昨年伊香保にいた時のような心地 こころもち がいたしますでございますよ」 「伊香保はうれしかったわ!」 「蕨 わらび 狩りはどうだい、たれかさんの御足 おみあし が大分重かッたっけ」 「でもあなたがあまりお急ぎなさるんですもの」と浪子はほほえむ。 「もうすぐ蕨の時候になるね。 帰京は午後と定めて、午前の暖かく風なき間 ま を運動にと、武男は浪子と打ち連れて、別荘の裏口よりはらはら松の砂丘 すなやま を過ぎ、浜に出 い でたり。 「いいお天気、こんなになろうとは思いませんでしたねエ」 「実にいい天気だ。 伊豆 いず が近く見えるじゃないか、話でもできそうだ」 二人 ふたり はすでに乾 かわ ける砂を踏みて、今日の凪 なぎ を地曳 じびき すと立ち騒ぐ漁師 りょうし 、貝拾う子らをあとにし、新月形 なり の浜を次第に人少なき方 かた に歩みつ。 浪子はふと思い出 い でたるように「ねエあなた。 あれから一度も会わンが。 千々岩さんがお母さまと何か話をしていなさる夢を見ましたの」 「はははは、気沢山 きだくさん だねエ、どんな話をしていたのかい」 「何かわからないのですけど、お母さまが何度もうなずいていらっしゃいましたわ。 ねエ、あなた、千々岩さんが我等宅 うち に出入りするようなことはありますまいね」 「そんな事はない、ないはずだ。 母 おっか さんも千々岩の事じゃ怒 おこ っていなさるからね」 浪子は思わず吐息をつきつ。 「本当に、こんな病気になってしまって、おかあさまもさぞいやに思っていらッしゃいましょうねエ」 武男ははたと胸を衝 つ きぬ。 病める妻には、それといわねど、浪子が病みて地を転 か えしより、武男は帰京するごとに母の機嫌 きげん の次第に悪 あ しく、伝染の恐れあればなるべく逗子には遠ざかれとまで戒められ、さまざまの壁訴訟の果ては昂 こう じて実家 さと の悪口 わるくち となり、いささかなだめんとすれば妻をかばいて親に抗するたわけ者とののしらるることも、すでに一再に止 とど まらざりけるなり。 「はははは、浪さんもいろいろな心配をするね。 そんな事があるものかい。 疲れたろう。 そろそろ帰らなくもいいかい」 二人は浜尽きて山起こる所に立てるなり。 西洋まででも行けるわ」 「いいかい、それじゃそのショールをおやりな。 岩がすべるよ、さ、しっかりつかまって」 武男は浪子をたすけ引きて、山の根の岩を伝える一条の細逕 さいけい を、しばしば立ちどまりては憩 いこ いつつ、一丁 ちょう あまり行きて、しゃらしゃら滝の下にいたりつ。 滝の横手に小さき不動堂あり。 松五六本、ひょろひょろと崖 がけ より秀 ひい でて、斜めに海をのぞけり。 武男は岩をはらい、ショールを敷きて浪子を憩わし、われも腰かけて、わが膝 ひざ を抱 いだ きつ。 「いい凪 なぎ だね!」 海は実に凪 な げるなり。 近午の空は天心にいたるまで蒼々 あおあお と晴れて雲なく、一碧 いっぺき の海は所々 しょしょ 練 ね れるように白く光りて、見渡す限り目に立つ襞 ひだ だにもなし。 海も山も春日を浴びて悠々 ゆうゆう として眠れるなり。 「あなた!」 「何?」 「なおりましょうか」 「エ?」 「わたくしの病気」 「何をいうのかい。 なおらずにどうする。 なおるよ、きっとなおるよ」 浪子は良人 おっと の肩に倚 よ りつ、「でもひょっとしたらなおらずにしまいはせんかと、そう時々思いますの。 だいじょうぶなおる。 なおると医師 いしゃ もいうじゃアないか。 ねエ浪さん、そうじゃないか。 それに初期だから、どんな事があったってなおるよ。 ごらんな、それ内 うち の親類の大河原 おおかわら 、ね、あれは右の肺がなくなッて、医者が匙 さじ をなげてから、まだ十五年も生きてるじゃないか。 ぜひなおるという精神がありさえすりアきっとなおる。 なおらんというのは浪さんが僕を愛せんからだ。 愛するならきっとなおるはずだ。 なおらずにこれをどうするかい」 武男は浪子の左手 ゆんで をとりて、わが唇 くちびる に当てつ。 手には結婚の前、武男が贈りしダイヤモンド入りの指環 ゆびわ 燦然 さんぜん として輝けり。 二人 ふたり はしばし黙して語らず。 江の島の方 かた より出 い で来たりし白帆 しらほ 一つ、海面 うなづら をすべり行く。 にくしと思う川島片岡両家の関鍵 かんけん は実に浪子にありて、浪子のこの肺患は取りも直さず天特にわれ千々岩安彦のために復讎 ふくしゅう の機会を与うるもの、病は伝染致命の大患、武男は多く家にあらず、姑そくの間に軽々 けいけい 一片の言 ことば を放ち、一指を動かさずして破裂せしむるに何の子細かあるべき。 事成らば、われは直ちに飛びのきて、あとは彼らが互いに手を負い負わし生き死に苦しむ活劇を見るべきのみ。 千々岩は実にかく思いて、いささか不快の眉 まゆ を開けるなり。 叔母の気質はよく知りつ。 武男がわれに怒りしほど、叔母はわれに怒らざるもよく知りつ。 そもそもまた親戚 しんせき 知己も多からず、人をしかり飛ばして内心には心細く覚ゆる叔母が、若夫婦にあきたらで味方ほしく思うをもよく知りつ。 さればいまだ一兵を進めずしてその作戦計画の必ず成効すべきを測りしなり。 浪子の病すでに二月 ふたつき に及びてはかばかしく治 ち せず、叔母の機嫌 きげん のいよいよ悪 あ しきを聞きし四月の末、武男はあらず、執事の田崎も家用を帯びて旅行せしすきをうかがい、一夜 や 千々岩は不意に絶えて久しき川島家の門を入りぬ。 あたかも叔母がひとり武男の書状を前に置きて、深く深く沈吟せるところに行きあわせつ。 金は使う、二月も三月もたったてようなるじゃなし、困ったものじゃて、のう安さん。 「でも叔母様 さん 、それは無理ですよ、夫婦に仲のよすぎるということはないものです。 病気であって見ると、武男君もいよいよこらそうあるべきじゃありませんか」 「それじゃてて、妻 さい が病気すッから親に不孝をすッ法はなかもんじゃ」 千々岩は慨然として嘆息し「いや実に困った事ですな。 「こんな時にゃ実家 さと からちと気をきかすものですが、病人の娘を押し付けて、よくいられるですね。 しかし利己主義が本尊の世の中ですからね、叔母様 さん 」 「そうとも」 「それはいいですが、心配なのは武男君の健康です。 彼はその注 つ ぎ込みし薬の見る見る回るを認めしのみならず、叔母の心田 しんでん もとすでに一種子の落ちたるありて、いまだ左右 とこう の顧慮におおわれいるも、その土 ど を破りて芽ぐみ長じ花さき実るにいたるはただ時日の問題にして、その時日も勢いはなはだ長からざるべきを悟りしなりき。 その真質において悪人ならぬ武男が母は、浪子を愛せぬまでもにくめるにはあらざりき。 浪子が家風、教育の異なるにかかわらず、なるべくおのれを棄 す てて姑 しゅうと に調和せんとするをば、さすがに母も知り、あまつさえそのある点において趣味をわれと同じゅうせるを感じて、口にしかれど心にはわが花嫁のころはとてもあれほどに届かざりしとひそかに思えることもありき。 さりながら浪子がほとんど一月にわたるぶらぶら病のあと、いよいよ肺結核の忌まわしき名をつけられて、眼前に喀血 かっけつ の恐ろしきを見るに及び、なおその病の少なからぬ費用をかけ時日を費やしてはかばかしき快復を見ざるを見るに及び、失望といわんか嫌厭 けんえん と名づけんか自ら分 わか つあたわざるある一念の心底に生 は え出 い でたるを覚えつ。 彼を思い出 い で、これを思いやりつつ、一種不快なる感情の胸中に うん醸 うんじょう するに従って、武男が母は上 うわ うちおおいたる顧慮の一塊一塊融け去りてかの一念の驚くべき勢いもて日々長じ来たるを覚えしなり。 千々岩は分明 ぶんみょう に叔母が心の逕路 けいろ をたどりて、これよりおりおり足を運びては、たださりげなく微雨軽風の両三点を放って、その顧慮をゆるめ、その萌芽 ほうが をつちかいつつ、局面の近くに発展せん時を待ちぬ。 そのおりおり武男の留守をうかがいて川島家に往来することのおぼろにほかに漏れしころは、千々岩はすでにその所作の大要をおえて、早くも舞台より足を抜きつつ、かの山木に向かい近きに起こるべき活劇の予告 まえぶれ をなして、あらかじめ祝杯をあげけるなり。 近ごろはとかく奥歯に物のはさまりしように、いつ帰りても機嫌よからぬ母の、今夜 こよい は珍しくにこにこ顔を見せて、風呂 ふろ を焚 た かせ、武男が好物の薩摩汁 さつまじる など自ら手をおろさぬばかり肝いりてすすめつ。 小間使いに肩揉 ひね らして、羅宇 らう の長き煙管 きせる にて国分 こくぶ をくゆらしいたる母は目をあげ「おお早上がって来たな。 「まるでお客様ですな」 武男は葉巻を一吸い吸いて碧 あお き煙 けぶり を吹きつつ、うちほほえむ。 「武どん、よう帰ったもった。 まあ帰ってくれたで、いい都合ッごあした。 母 おっか さんに済まないッて、ひどく心配していましたッけ」 「そうかい」 母はしげしげ武男の顔をみつめつ。 おりから小間使いの茶道具を持 も て来しを母は引き取り、 「松、御身 おまえ はあっち行っていなさい。 母はおもむろに口を開きぬ。 「なあ武どん、わたしももう大分 だいぶ 弱いましたよ。 去年のリュウマチでがっつり弱い申した。 昨日 きのう お墓まいりしたばかいで、まだ肩腰が痛んでな。 あれも早くよくなって母 おっか さんのお肩を休めたいッてそういつも言ってます」 「さあ、そう思っとるじゃろうが、病気が病気でな」 「でも、大分快方 いいほう になりましたよ。 なあに、母 おっか さん用心次第です、伝染の、遺伝のいうですが、実際そういうほどでもないですよ。 人間は医師 いしゃ のいうほど弱いものじゃありません、ははははは」 「いいえ、笑い事じゃあいません」と母はほとほと煙管 きせる をはたきながら 「病気のなかでもこの病気ばかいは恐ろしいもンでな、武どん。 みいな母御 かさま のがうつッたのじゃ。 まだこんな話が幾つもあいます。 一燈じじと燃えて、夜の雨はらはらと窓をうつ。 「まあわたしの言うことを聞きなさい。 よし浪が今死なんにしたとこが、そのうちまたきっとわるくなッはうけあいじゃ。 そのうちにはきっと卿 おまえ に伝染すッなこらうけあいじゃ、なあ武どん。 卿 おまえ にうつる、子供が出来 でく る、子供にうつる、浪ばかいじゃない、大事な主人の卿 おまえ も、の、大事な家嫡 あととり の子供も、肺病持ちなッて、死んでしもうて見なさい、川島家はつぶれじゃなッかい。 ええかい、卿 おまえ がおとっさまの丹精 たんせい で、せっかくこれまでになッて、天子様からお直々 じきじき に取り立ててくださったこの川島家も卿 おまえ の代でつぶれッしまいますぞ。 よウく分別のして、ここは一つ思い切ってたもらんとないませんぞ」 黙然 もくねん と聞きいる武男が心には、今日 きょう 見舞い来し病妻の顔ありありと浮かみつ。 「母 おっか さん、私 わたくし はそんな事はできないです」 「なっぜ?」母はやや声高 こわだか になりぬ。 「母 おっか さん、今そんな事をしたら、浪は死にます!」 「そいは死ぬかもしれン、じゃが、武どん、わたしは卿 おまえ の命が惜しい、川島家が惜しいのじゃ!」 「母 おっか さん、そうわたしを大事になさるなら、どうかわたしの心をくんでください。 こんな事を言うのは異なようですが、実際わたしにはそんな事はどうしてもできないです。 まだ慣れないものですから、それはいろいろ届かぬ所はあるですが、しかし母 おっか さんを大事にして、私 わたくし にもよくしてくれる、実に罪も何もないあれを病気したからッて離別するなんぞ、どうしても私 わたくし はできないです。 肺病だッてなおらん事はありますまい、現になおりかけとるです。 もしまたなおらずに、どうしても死ぬなら、母 おっか さん、どうか私 わたくし の妻 さい で死なしてください。 病気が危険なら往来も絶つです、用心もするです。 それは母 おっか さんの御安心なさるようにするです。 でも離別だけはどうあッても私 わたくし はできないです!」 「へへへへ、武男、卿 おまえ は浪の事ばッかいいうがの、自分は死んでもかまわンか、川島家はつぶしてもええかい?」 「母 おっか さんはわたしのからだばッかりおっしゃるが、そんな不人情な不義理な事して長生きしたッてどうしますか。 人情にそむいて、義理を欠いて、決して家のためにいい事はありません。 決して川島家の名誉でも光栄でもないです。 どうでも離別はできません、断じてできないです」 難関あるべしとは期 ご しながら思いしよりもはげしき抵抗に出会いし母は、例の癇癖 かんぺき のむらむらと胸先 むなさき にこみあげて、額のあたり筋立ち、こめかみ顫 うご き、煙管持つ手のわなわなと震わるるを、ようよう押ししずめて、わずかに笑 えみ を装いつ。 「そ、そうせき込まんでも、まあ静かに考えて見なさい。 卿 おまえ はまだ年が若かで、世間 よのなか を知ンなさらンがの、よくいうわ、それ、小の虫を殺しても大の虫は助けろじゃ。 それは先方 むこう も気の毒、浪もかあいそうなよなものじゃが、病気すっがわるかじゃなッか。 何と思われたて、川島家が断絶するよかまだええじゃなッか、なあ。 それに不義理の不人情の言いなはるが、こんな例 こと は世間に幾らもあります。 家風に合わンと離縁 じえん する、子供がなかと離縁 じえん する、悪い病気があっと離縁 じえん する。 これが世間の法、なあ武どん。 何の不義理な事も不人情な事もないもんじゃ。 全体 いったい こんな病気のした時ゃの、嫁の実家 さと から引き取ってええはずじゃ。 先方 むこう からいわンからこつちで言い出すが、何のわるか事恥ずかしか事があッもンか」 「母 おっか さんは世間世間とおっしゃるが、何も世間が悪い事をするから自分も悪い事をしていいという法はありません。 病気すると離別するなんか昔の事です。 もしまたそれが今の世間の法なら、今の世間は打 ぶ ちこわしていい、打 ぶ ちこわさなけりゃならんです。 母 おっか さんはこっちの事ばっかりおっしゃるが、片岡の家 うち だッてせっかく嫁にやった者が病気になったからッて戻されていい気持ちがしますか。 浪だってどの顔さげて帰られますか。 ひょっとこれがさかさまで、わたしが肺病で、浪の実家 さと から肺病は険呑 けんのん だからッて浪を取り戻したら、母 おっか さんいい心地 こころもち がしますか。 同 おんな じ事です」 「いいえ、そいは違う。 男と女とはまた違うじゃなッか」 「同じ事です。 情理からいって、同じ事です。 わたしからそんな事をいっちゃおかしいようですが、浪もやっと喀血 かっけつ がとまって少し快方 いいほう に向いたかという時じゃありませんか、今そんな事をするのは実に血を吐かすようなものです。 浪は死んでしまいます。 きっと死ぬです。 他人だッてそんな事はできンです、母 おっか さんはわたしに浪を殺せ……とおっしゃるのですか」 武男は思わず熱き涙をはらはらと畳に落としつ。 「武男、卿 おまえ はな、女親じゃからッてわたしを何とも思わんな。 さ、おとっさまの前で今 ま 一度言って見なさい、さ言って見なさい。 御先祖代々のお位牌も見ておいでじゃ。 さ、今 ま 一度言って見なさい、不孝者めが !!」 きっと武男をにらみて、続けざまに煙管もて火鉢の縁打ちたたきぬ。 さすがに武男も少し気色 けしき ばみて「なぜ不孝です?」 「なぜ?なぜもあッもンか。 妻 さい の肩ばッかい持って親のいう事は聞かんやつ、不孝者じゃなッか。 親が育てたからだを粗略 そまつ にして、御先祖代々の家をつぶすやつは不孝者じゃなッか。 卿 おまえ は親よか妻 さい が大事なッか。 たわけめが。 何いうと、妻、妻、妻ばかいいう、親をどうすッか。 何をしても浪ばッかいいう。 不孝者めが。 勘当すッど」 武男は唇 くちびる をかみて熱涙を絞りつつ「母 おっか さん、それはあんまりです」 「何があんまいだ」 「私 わたくし は決してそんな粗略な心は決して持っちゃいないです。 母 おっか さんにその心が届きませんか」 「そいならわたしがいう事をなぜきかぬ?エ?なぜ浪を離縁 じえん せンッか」 「しかしそれは」 「しかしもねもンじゃ。 さ、武男、妻 さい が大事か、親が大事か。 雨はまたひとしきり滝のように降りそそぐ。 母はようやく口を開きぬ。 目にはまだ怒りのひらめけども、語はどこやらに湿りを帯びたり。 「なあ、武どん。 わたしがこういうも、何も卿 おまえ のためわるかごとすっじゃなかからの。 わたしにゃたッた一人 ひとり の卿 おまえ じゃ。 卿 おまえ に出世をさせて、丈夫な孫抱 で えて見たかばかいがわたしの楽しみじゃからの」 黙然と考え入りし武男はわずかに頭 かしら を上げつ。 「母 おっか さん、とにかく私 わたくし も」電報を示しつつ「この通り出発が急になッて、明日 あす はおそくも帰艦せにゃならんです。 一月ぐらいすると帰って来ます。 それまではどうかだれにも今夜の話は黙っていてください。 どんな事があっても、私 わたくし が帰って来るまでは、待っていてください」 * あくる日武男はさらに母の保証をとり、さらに主治医を訪 と いて、ねんごろに浪子の上を託し、午後の汽車にて逗子 ずし におりつ。 汽車を下 くだ れば、日落ちて五日の月薄紫の空にかかりぬ。 野川の橋を渡りて、一路の沙 すな はほのぐらき松の林に入りつ。 林をうがちて、桔槹 はねつるべ の黒く夕空にそびゆるを望める時、思いがけなき爪音 つまおと 聞こゆ。 「ああ琴をひいている……」と思えば心 しん の臓をむしらるる心地 ここち して、武男はしばし門外に涙 なんだ をぬぐいぬ。 今日は常よりも快かりしとて、浪子は良人 おっと を待ちがてに絶えて久しき琴取り出 い でて奏 かな でしなりき。 顔色の常ならぬをいぶかられて、武男はただ夜ふかししゆえとのみ言い紛らしつ。 約あれば待ちて居し晩餐 ばんさん の卓 つくえ に、浪子は良人 おっと と対 むか いしが、二人 ふたり ともに食すすまず。 浪子は心細さをさびしき笑 えみ に紛らして、手ずから良人 おっと のコートのボタンゆるめるをつけ直し、ブラシもて丁寧にはらいなどするうちに、終列車の時刻迫れば、今はやむなく立ち上がる武男の手にすがりて 「あなた、もういらッしゃるの?」 「すぐ帰ってくる。 浪さんも注意して、よくなッていなさい」 互いにしっかと手を握りつ。 玄関に出 い づれば、姥 うば のいくは靴 くつ を直し、僕 ぼく の茂平 もへい は停車場 ステーション まで送るとて手かばんを左手 ゆんで に、月はあれど提燈 ちょうちん ともして待ちたり。 「それじゃばあや、奥様を頼んだぞ。 ただ三たび 「早く帰ってちょうだいな」 という声のあとを慕うてむせび来るのみ。 顧みれば片破月 かたわれづき の影冷ややかに松にかかれり。 欲には酌人 しゃくにん がちと無意気 ぶいき と思い貌 がお に、しかし愉快らしく、妻 さい のお隅 すみ の顔じろりと見て、まず三四杯傾 かたぶ くるところに、婢 おんな が持 も て来し新聞の号外ランプの光にてらし見つ。 「うう朝鮮か……東学党 とうがくとう ますます猖獗 しょうけつ ……なに清国 しんこく が出兵したと……。 さあ大分 だいぶ おもしろくなッて来たぞ。 お隅、前祝いだ、卿 おまえ も一つ飲め」 「あんた、ほんまに戦争 いくさ になりますやろか」 「なるとも。 愉快、愉快、実に愉快。 若旦那 だんな が納得しやはったのかいな」 「なあに、武男さんはまだ帰って来ないから、相談も納得もありゃしないが、お浪さんがまた血を喀 は いたンだ。 ところで御隠居ももうだめだ、武男が帰らんうちに断行するといっているそうだ。 も一度千々岩につッついてもらえば、大丈夫できる。 武男さんが帰りゃなかなか断行もむずかしいからね、そこで帰らんうちにすっかり処置 かた をつけてしまおうと御隠居も思っとるのだて。 もうそうなりゃアこっちのものだ。 それに武男さんは親孝行 おやおもい だから、御隠居が泣いて見せなさりア、まあ泣き寝入りだな。 そっちはそれでよいとして、さて肝心要 かなめ のお豊姫の一条だが、とにかく武男さんの火の手が少ししずまってから、食糧つきの行儀見習いとでもいう口実 おしだし で、無理に押しかけるだな。 なあに、むずかしいようでもやすいものさ。 御隠居の機嫌 きげん さえとりアできるこった。 お豊がいよいよ川島男爵夫人になりア、彼女 あれ は恋がかなうというものだし、おれはさしより舅役 しゅうとやく で、武男さんはあんな坊ちゃんだから、川島家の財産はまずおれが扱ってやらなけりゃならん。 取るとやるの前祝いだ。 あの通り毎日駄々 だだ をこねてばかりいちゃ、先方 あっち 行ってからが実際思われるぞ。 観音様が姑 しゅうと だッて、ああじゃ愛想 あいそ をつかすぜ」 「それじゃてて、あんた、躾 しつけ はわたしばかいじゃでけまへんがな。 はははははは。 論より証拠、おれが躾をして見せる。 今行くよ。 おほほほほ。 お化粧 つくり がよくできましたこと!ほほほほッ。 ほれぼれいたしますよ」 「いやだよ、お世辞なんぞいッてさ」言いながらまた鏡をのぞいてにこりと笑う。 竹は口打ちおおいし袂 たもと をとりて、片唾 かたず を飲みつつ、 「お嬢様、お待ち兼ねでございますよ」 「いいよ、今行くよ」 ようやく思い切りし体 てい にて鏡の前を離れつつ、ちょこちょこ走りに幾間 ま か通りて、父の居間に入り行きたり。 「おお、お豊か。 待っていた。 ここへ来な来な。 さ母 おっか さんに代わって酌でもしなさい。 おっと乱暴な銚子 ちょうし の置き方をするぜ。 茶の湯生け花のけいこまでした令嬢にゃ似合わンぞ。 そうだそうだそう山形 やまがた に置くものだ」 はや陶然と色づきし山木は、妻 さい の留むるをさらに幾杯か重ねつつ「なあお隅 すみ 、お豊がこう化粧 おつくり した所は随分別嬪 べっぴん だな。 内 うち じゃそうもないが、外に出りゃちょいとお世辞もよし。 何もそう不景気な顔をせんでもいい、なあお豊。 卿 おまえ がうれしがる話があるのだ。 「これから本題に入るのだ。 とにかく浪子さんが病気 あんばい が悪い、というンで、まあ離縁になるのだ。 いいや、まだ先方に談判はせん、浪子さんも知らんそうじゃが、とにかく近いうちにそうなりそうなのだ。 「ここだて、なお豊。 しかし鬼でもない、蛇 じゃ でもない、やっぱり人間じゃ。 その呼吸さえ飲み込むと、鬼のよめでも蛇 じゃ の女房にでもなれるものじゃ。 なあに、あの隠居ぐらい、おれが女なら二日もそばへいりゃ豆腐のようにして見せる。 いいかい。 第二にはだ、今のように何といえばすぐふくれるようじゃいけない、何でもかでも負けるのだ。 いいかい。 しかられても負ける、無理をいわれても負ける、こっちがよけりゃなお負ける、な。 そうすると先方 むこう で折れて来る、な、ここがよくいう負けて勝つのだ。 決して腹を立っちゃいかん、よしか。 何さ、内々はどうでもいいが、表面 おもてむき の所をよく注意しなけりゃいけんぜ。 姑御 しゅうとご にはなれなれしくさ、なるたけ近くして、婿殿にゃ姑の前で毒にならんくらいの小悪口 わるくち もつくくらいでなけりゃならぬ。 おかしいもンで、わが子の妻 さい だから夫婦仲がいいとうれしがりそうなもんじゃが、実際あまりいいと姑の方ではおもしろく思わぬ。 浪子さんも一つはそこでやりそこなったかもしれぬ。 ところで、いいかい、なるたけ注意して、この女 こ は真 ほん にわたしのよめだ、子息 せがれ の妻 さい じゃない、というように姑に感じさせなけりゃならん。 姑 よめ しゅうとよめ のけんかは大抵この若夫婦の仲がよすぎて、姑に孤立の感を起こさすから起こるのが多いて。 いいかい、卿 おまえ は御隠居のよめだ、とそう思っていなけりゃならん。 なあに御隠居が追っつけめでたくなったあとじゃ、武男さんの首ッ玉にかじりついて、ぶら下がッてあるいてもかまわンさ。

次の

bunbun nezibot zon pucan oolee 1

おとめ げーむ の はめ つ ふら ぐし かない あく や くれ い じょう に てん せい し て しまっ た

どこかから菊の香がかすかに 通 ( かよ )って来たように思って 葉子 ( ようこ )は快い眠りから目をさました。 自分のそばには、 倉地 ( くらち )が頭から すっぽりとふとんをかぶって、いびきも立てずに熟睡していた。 料理屋を兼ねた旅館のに似合わしい 華手 ( はで )な 縮緬 ( ちりめん )の夜具の上にはもうだいぶ高くなったらしい秋の日の光が 障子 ( しょうじ )越しにさしていた。 葉子は往復一か月の余を船に乗り続けていたので、 船脚 ( ふなあし )の 揺 ( ゆ )らめきのなごりが残っていて、からだがふらりふらりと揺れるような感じを失ってはいなかったが、広い畳の 間 ( ま )に大きな 軟 ( やわ )らかい夜具をのべて、五体を思うまま延ばして、一晩 ゆっくりと眠り通したその 心地 ( ここち )よさは格別だった。 仰向けになって、寒からぬ程度に暖まった空気の中に両手を二の腕までむき出しにして、軟らかい髪の毛に快い触覚を感じながら、何を思うともなく天井の 木目 ( もくめ )を見やっているのも、珍しい事のように快かった。 やや 小半時 ( こはんとき )もそうしたままでいると、帳場でぼんぼん時計が九時を打った。 三階にいるのだけれどもその音はほがらかにかわいた空気を伝って葉子の 部屋 ( へや )まで響いて来た。 と、倉地が いきなり夜具をはねのけて床の上に上体を立てて目をこすった。 「九時だな今打ったのは」 と陸で聞くとおかしいほど大きな塩がれ声でいった。 どれほど熟睡していても、時間には鋭敏な船員らしい倉地の様子がなんの事はなく葉子をほほえました。 倉地が立つと、葉子も床を出た。 そしてそのへんを片づけたり、 煙草 ( たばこ )を吸ったりしている間に(葉子は船の中で煙草を吸う事を覚えてしまったのだった)倉地は手早く顔を洗って 部屋 ( へや )に帰って来た。 そして制服に着かえ始めた。 葉子はいそいそとそれを手伝った。 倉地特有な西洋 風 ( ふう )に甘ったるいような一種のにおいがそのからだにも服にもまつわっていた。 それが不思議にいつでも葉子の心をときめかした。 「もう 飯 ( めし )を食っとる暇はない。 またしばらく 忙 ( せわ )しいで 木 ( こ )っ 葉 ( ぱ )みじんだ。 今夜はおそいかもしれんよ。 おれたちには 天長節 ( てんちょうせつ )も何もあったもんじゃない」 そういわれてみると葉子はきょうが天長節なのを思い出した。 葉子の心はなおなお 寛濶 ( かんかつ )になった。 倉地が部屋を出ると葉子は縁側に出て 手欄 ( てすり )から下をのぞいて見た。 両側に桜並み木の ずっとならんだ 紅葉坂 ( もみじざか )は急 勾配 ( こうばい )をなして海岸のほうに傾いている、そこを倉地の 紺羅紗 ( こんらしゃ )の姿が勢いよく歩いて行くのが見えた。 半分がた散り尽くした桜の葉は 真紅 ( しんく )に紅葉して、軒並みに掲げられた日章旗が、風のない空気の中にあざやかにならんでいた。 その間に英国の国旗が一本まじってながめられるのも開港場らしい 風情 ( ふぜい )を添えていた。 遠く海のほうを見ると税関の桟橋に 繋 ( もや )われた四 艘 ( そう )ほどの汽船の中に、葉子が乗って帰った 絵島丸 ( えじままる )もまじっていた。 まっさおに澄みわたった海に対してきょうの祭日を祝賀するために 檣 ( マスト )から檣にかけわたされた 小旌 ( こばた )がおもちゃのようにながめられた。 葉子は長い航海の 始終 ( しじゅう )を一場の夢のように思いやった。 その長旅の間に、自分の一身に起こった大きな変化も自分の事のようではなかった。 葉子は何がなしに希望に燃えた 活々 ( いきいき )した心で 手欄 ( てすり )を離れた。 部屋には 小ざっぱりと身じたくをした 女中 ( じょちゅう )が来て寝床をあげていた。 一 間 ( けん )半の 大床 ( おおとこ )の 間 ( ま )に飾られた大 花活 ( はない )けには、菊の花が 一抱 ( ひとかか )え分もいけられていて、空気が動くたびごとに 仙人 ( せんにん )じみた香を漂わした。 その香をかぐと、ともするとまだ外国にいるのではないかと思われるような旅心が一気にくだけて、自分はもう確かに日本の土の上にいるのだという事が しっかり思わされた。 「いいお 日和 ( ひより )ね。 今夜あたりは忙しんでしょう」 と葉子は朝飯の 膳 ( ぜん )に向かいながら女中にいってみた。 「はい今夜は御宴会が二つばかりございましてね。 でも浜の 方 ( かた )でも外務省の夜会にいらっしゃる方もございますから、たんと込み合いはいたしますまいけれども」 そう 応 ( こた )えながら女中は、昨晩おそく着いて来た、ちょっと 得体 ( えたい )の知れないこの美しい婦人の 素性 ( すじょう )を探ろうとするように注意深い目をやった。 葉子は葉子で「浜」という言葉などから、横浜という土地を形にして見るような気持ちがした。 短くなってはいても、なんにもする事なしに一日を暮らすかと思えば、その秋の一日の長さが葉子にはひどく気になり出した。 明後日東京に帰るまでの間に、買い物でも見て歩きたいのだけれども、 土産物 ( みやげもの )は木村が例の銀行切手をくずしてあり余るほど買って持たしてよこしたし、手もとには哀れなほどより金は残っていなかった。 ちょっとでも じっとしていられない葉子は、日本で着ようとは思わなかったので、西洋向きに注文した 華手 ( はで )すぎるような綿入れに手を通しながら、とつ追いつ考えた。 「そうだ 古藤 ( ことう )に電話でもかけてみてやろう」 葉子はこれはいい思案だと思った。 東京のほうで親類たちがどんな心持ちで自分を迎えようとしているか、古藤のような男に今度の事がどう響いているだろうか、これは単に慰みばかりではない、知っておかなければならない大事な事だった。 そう葉子は思った。 そして女中を呼んで東京に電話をつなぐように頼んだ。 祭日であったせいか電話は思いのほか早くつながった。 葉子は少しいたずららしい微笑を 笑窪 ( えくぼ )のはいるその美しい顔に軽く浮かべながら、階段を足早に降りて行った。 今ごろになってようやく床を離れたらしい男女の客がしどけないふうをして廊下のここかしこで葉子とすれ違った。 葉子はそれらの人々には目もくれずに帳場に行って電話室に飛び込むと ぴっしりと戸をしめてしまった。 そして受話器を手に取るが早いか、電話に口を寄せて、 「あなた義一さん? あゝそう。 義一さんそれは 滑稽 ( こっけい )なのよ」 と ひとりでにすらすらといってしまってわれながら葉子は はっと思った。 その時の浮き浮きした軽い心持ちからいうと、葉子にはそういうより以上に自然な言葉はなかったのだけれども、それではあまりに自分というものを明白にさらけ出していたのに気が付いたのだ。 古藤は案のじょう答え渋っているらしかった。 とみには返事もしないで、 ちゃんと聞こえているらしいのに、ただ「なんです?」と聞き返して来た。 葉子にはすぐ東京の様子を飲み込んだように思った。 「そんな事どうでもよござんすわ。 あなたお丈夫でしたの」 といってみると「えゝ」とだけすげない返事が、機械を通してであるだけにことさらすげなく響いて来た。 そして今度は古藤のほうから、 「木村……木村君はどうしています。 あなた会ったんですか」 と はっきり聞こえて来た。 葉子はすかさず、 「はあ会いましてよ。 相変わらず丈夫でいます。 ありがとう。 けれどもほんとうにかわいそうでしたの。 義一さん……聞こえますか。 明後日 ( あさって )私東京に帰りますわ。 もう 叔母 ( おば )の所には行けませんからね、あすこには行きたくありませんから……あのね、 透矢町 ( すきやちょう )のね、 双鶴館 ( そうかくかん )……つがいの 鶴 ( つる )……そう、おわかりになって?……双鶴館に行きますから……あなた来てくだされる?……でもぜひ聞いていただかなければならない事があるんですから……よくって?……そうぜひどうぞ。 明々後日 ( しあさって )の朝? ありがとう きっとお待ち申していますからぜひですのよ」 葉子がそういっている間、古藤の言葉はしまいまで奥歯に物のはさまったように重かった。 そしてややともすると葉子との会見を拒もうとする様子が見えた。 もし葉子の銀のように澄んだ涼しい声が、古藤を選んで哀訴するらしく響かなかったら、古藤は葉子のいう事を聞いてはいなかったかもしれないと思われるほどだった。 朝から何事も忘れたように快かった葉子の気持ちはこの電話一つのために妙にこじれてしまった。 東京に帰れば今度こそはなかなか容易ならざる反抗が待ちうけているとは十二 分 ( ぶん )に覚悟して、その備えをしておいたつもりではいたけれども、古藤の口うらから考えてみると面とぶつかった実際は空想していたよりも重大であるのを思わずにはいられなかった。 葉子は電話室を出るとけさ始めて顔を合わした 内儀 ( おかみ )に帳場 格子 ( ごうし )の中から 挨拶 ( あいさつ )されて、 部屋 ( へや )にも伺いに来ないでなれなれしく言葉をかけるその仕打ちにまで不快を感じながら、 匆々 ( そうそう )三階に引き上げた。 それからはもうほんとうになんにもする事がなかった。 ただ倉地の帰って来るのばかりがいらいらするほど待ちに待たれた。 品川台場 ( しながわだいば )沖あたりで打ち出す祝砲がかすかに腹にこたえるように響いて、子供らは往来でそのころしきりにはやった 南京花火 ( なんきんはなび )を ぱちぱちと鳴らしていた。 天気がいいので女中たちは はしゃぎきった冗談などを言い言いあらゆる 部屋 ( へや )を明け放して、 仰山 ( ぎょうさん )らしくはたきや 箒 ( ほうき )の音を立てた。 そしてただ 一人 ( ひとり )この旅館では居残っているらしい葉子の部屋を 掃除 ( そうじ )せずに、 いきなり縁側にぞうきんをかけたりした。 それが出て行けがしの仕打ちのように葉子には思えば思われた。 「どこか掃除の済んだ部屋があるんでしょう。 しばらくそこを貸してくださいな。 そしてここもきれいにしてちょうだい。 部屋の掃除もしないでぞうきんがけなぞしたってなんにもなりはしないわ」 と少し 剣 ( けん )を持たせていってやると、けさ来たのとは違う、横浜生まれらしい、 悪 ( わる )ずれのした中年の女中は、始めて縁側から立ち上がって小めんどうそうに葉子を畳廊下一つを隔てた隣の部屋に案内した。 けさまで客がいたらしく、掃除は済んでいたけれども、 火鉢 ( ひばち )だの、炭取りだの、古い新聞だのが、部屋のすみにはまだ置いたままになっていた。 あけ放した障子からかわいた暖かい光線が畳の表三 分 ( ぶ )ほどまでさしこんでいる、そこに 膝 ( ひざ )を横くずしにすわりながら、葉子は目を細めてまぶしい光線を避けつつ、自分の部屋を片づけている女中の 気配 ( けはい )に用心の気を配った。 どんな所にいても大事な 金目 ( かねめ )なものをくだらないものと一緒にほうり出しておくのが葉子の癖だった。 葉子はそこにいかにも 伊達 ( だて )で 寛濶 ( かんかつ )な心を見せているようだったが、同時に下らない女中ずれが出来心でも起こしはしないかと思うと、細心に監視するのも忘れはしなかった。 こうして隣の部屋に気を配っていながらも、葉子は部屋のすみにきちょうめんに折りたたんである新聞を見ると、日本に帰ってからまだ新聞というものに目を通さなかったのを思い出して、手に取り上げて見た。 テレビン油のような 香 ( にお )いがぷんぷんするのでそれがきょうの新聞である事がすぐ察せられた。 はたして第一面には「聖寿万歳」と 肉太 ( にくぶと )に書かれた見出しの下に貴顕の肖像が掲げられてあった。 葉子は一か月の余も遠のいていた新聞紙を物珍しいものに思ってざっと目をとおし始めた。 一面にはその年の六月に 伊藤 ( いとう )内閣と交迭してできた 桂 ( かつら )内閣に対していろいろな注文を提出した論文が掲げられて、海外通信にはシナ領土内における 日露 ( にちろ )の経済的関係を説いたチリコフ伯の演説の 梗概 ( こうがい )などが見えていた。 二面には 富口 ( とみぐち )という文学博士が「最近日本におけるいわゆる婦人の 覚醒 ( かくせい )」という続き物の論文を載せていた。 福田 ( ふくだ )という女の社会主義者の事や、歌人として知られた 与謝野晶子 ( よさのあきこ )女史の事などの名が現われているのを葉子は注意した。 しかし今の葉子にはそれが不思議に自分とはかけ離れた事のように見えた。 三面に来ると四号活字で書かれた 木部孤 ( きべこきょう )という字が目に着いたので思わずそこを読んで見る葉子は あっと驚かされてしまった。 しかも某女といえるは米国に先行せる婚約の 夫 ( おっと )まである身分のものなり。 船客に対して最も重き責任を 担 ( にな )うべき事務長にかかる 不埒 ( ふらち )の挙動ありしは、事務長一個の失態のみならず、その汽船会社の体面にも影響する 由々 ( ゆゆ )しき大事なり。 事の 仔細 ( しさい )はもれなく本紙の探知したる所なれども、 改悛 ( かいしゅん )の余地を与えんため、しばらく発表を見合わせおくべし。 もしある期間を過ぎても、両人の醜行改まる模様なき時は、本紙は容赦なく詳細の記事を掲げて 畜生道 ( ちくしょうどう )に陥りたる 二人 ( ふたり )を懲戒し、 併 ( あわ )せて汽船会社の責任を問う事とすべし。 読者請う 刮目 ( かつもく )してその時を待て」 葉子は下くちびるをかみしめながらこの記事を読んだ。 いったい何新聞だろうと、その時まで気にも留めないでいた第一面を繰り 戻 ( もど )して見ると、 麗々 ( れいれい )と「報正新報」と書してあった。 それを知ると葉子の全身は怒りのために 爪 ( つめ )の先まで青白くなって、 抑 ( おさ )えつけても抑えつけてもぶるぶると震え出した。 「報正新報」といえば 田川 ( たがわ )法学博士の機関新聞だ。 その新聞にこんな記事が現われるのは意外でもあり当然でもあった。 田川夫人という女はどこまで 執念 ( しゅうね )く卑しい女なのだろう。 田川夫人からの通信に違いないのだ。 「報正新報」はこの通信を受けると、報道の 先鞭 ( せんべん )をつけておくためと、読者の好奇心をあおるためとに、いち早くあれだけの記事を載せて、田川夫人からさらにくわしい消息の来るのを待っているのだろう。 葉子は鋭くもこう 推 ( すい )した。 もしこれがほかの新聞であったら、倉地の一身上の危機でもあるのだから、葉子はどんな秘密な運動をしても、この上の記事の発表はもみ消さなければならないと胸を定めたに相違なかったけれども、田川夫人が悪意をこめてさせている仕事だとして見ると、どの 道 ( みち )書かずにはおくまいと思われた。 郵船会社のほうで高圧的な交渉でもすればとにかく、そのほかには道がない。 くれぐれも憎い女は田川夫人だ……こういちずに思いめぐらすと葉子は船の中での屈辱を今さらにまざまざと心に浮かべた。 「お 掃除 ( そうじ )ができました」 そう 襖越 ( ふすまご )しにいいながらさっきの女中は顔も見せずに さっさと 階下 ( した )に降りて行ってしまった。 葉子は結局それを気安い事にして、その新聞を持ったまま、自分の 部屋 ( へや )に帰った。 どこを掃除したのだと思われるような掃除のしかたで、はたきまでが 違 ( ちが )い 棚 ( だな )の下におき忘られていた。 過敏にきちょうめんできれい好きな葉子はもうたまらなかった。 自分で てきぱきとそこいらを片づけて置いて、パラソルと 手携 ( てさ )げを取り上げるが否やその宿を出た。 往来に出るとその旅館の女中が四五人早じまいをして 昼間 ( ひるま )の中を 野毛山 ( のげやま )の大神宮のほうにでも散歩に行くらしい後ろ姿を見た。 そそくさと朝の掃除を急いだ女中たちの心も葉子には読めた。 葉子はその女たちを見送るとなんという事なしにさびしく思った。 帯の間にはさんだままにしておいた新聞の切り抜きが胸を焼くようだった。 葉子は歩き歩きそれを引き出して 手携 ( てさ )げにしまいかえた。 旅館は出たがどこに行こうという あてもなかった葉子はうつむいて 紅葉坂 ( もみじざか )をおりながら、さしもしないパラソルの石突きで 霜解 ( しもどけ )けになった土を 一足 ( ひとあし )一足突きさして歩いて行った。 いつのまにかじめじめした 薄 ( うす )ぎたない狭い通りに来たと思うと、はしなくもいつか古藤と一緒に上がった 相模屋 ( さがみや )の前を通っているのだった。 「相模屋」と古めかしい字体で書いた 置 ( お )き 行燈 ( あんどん )の紙までがその時のままですすけていた。 葉子は見覚えられているのを恐れるように足早にその前を通りぬけた。 停車場前はすぐそこだった。 もう十二時近い秋の日ははなやかに照り満ちて、思ったより数多い群衆が運河にかけ渡したいくつかの橋をにぎやかに往来していた。 葉子は自分 一人 ( ひとり )がみんなから振り向いて見られるように思いなした。 それがあたりまえの時ならば、どれほど多くの人にじろじろと見られようとも度を失うような葉子ではなかったけれども、たった今いまいましい新聞の記事を見た葉子ではあり、いかにも西洋じみた 野暮 ( やぼ )くさい 綿入 ( わたい )れを着ている葉子であった。 服装に 塵 ( ちり )ほどでも批点の打ちどころがあると気がひけてならない葉子としては、旅館を出て来たのが悲しいほど後悔された。 葉子はとうとう税関 波止場 ( はとば )の入り口まで来てしまった。 その入り口の小さな 煉瓦 ( れんが )造りの事務所には、年の若い監視補たちが二重金ぼたんの背広に、海軍帽をかぶって事務を取っていたが、そこに近づく葉子の様子を見ると、きのう上陸した時から葉子を見知っているかのように、その飛び放れて 華手 ( はで )造りな姿に目を定めるらしかった。 物好きなその人たちは早くも新聞の記事を見て問題となっている女が自分に違いないと目星をつけているのではあるまいかと葉子は何事につけても愚痴っぽくひけ目になる自分を見いだした。 葉子はしかしそうしたふうに見つめられながらもそこを立ち去る事ができなかった。 もしや倉地が昼飯でも食べにあの大きな五体を重々しく動かしながら船のほうから出て来はしないかと心待ちがされたからだ。 葉子はそろそろと海洋通りをグランド・ホテルのほうに歩いてみた。 倉地が出て来れば、倉地のほうでも自分を見つけるだろうし、自分のほうでも後ろに目はないながら、出て来たのを感づいてみせるという自信を持ちながら、後ろも振り向かずにだんだん波止場から遠ざかった。 海ぞいに立て連ねた 石杭 ( いしぐい )をつなぐ 頑丈 ( がんじょう )な鉄鎖には、西洋人の子供たちが 犢 ( こうし )ほどな洋犬や あまに付き添われて事もなげに遊び戯れていた。 そして葉子を見ると 心安立 ( こころやすだ )てに無邪気にほほえんで見せたりした。 小さなかわいい子供を見るとどんな時どんな場合でも、葉子は 定子 ( さだこ )を思い出して、胸がしめつけられるようになって、すぐ涙ぐむのだった。 この場合はことさらそうだった。 見ていられないほどそれらの子供たちは悲しい姿に葉子の目に映った。 葉子はそこから避けるように足を返してまた税関のほうに歩み近づいた。 監視課の事務所の前を来たり 往 ( い )ったりする人数は 絡繹 ( らくえき )として絶えなかったが、その中に事務長らしい姿はさらに見えなかった。 葉子は絵島丸まで行って見る勇気もなく、そこを幾度もあちこちして監視補たちの目にかかるのもうるさかったので、すごすごと税関の表門を県庁のほうに引き返した。 その夕方倉地がほこりにまぶれ汗にまぶれて紅葉坂をすたすたと登って帰って来るまでも葉子は旅館の 閾 ( しきい )をまたがずに桜の並み木の下などを 徘徊 ( はいかい )して待っていた。 さすがに十一月となると夕暮れを催した空は見る見る薄寒くなって風さえ吹き出している。 一日の行楽に遊び疲れたらしい人の群れにまじってふきげんそうに顔をしかめた倉地は 真向 ( まっこう )に坂の頂上を見つめながら近づいて来た。 それを見やると葉子は一時に力を回復したようになって、すぐ 跳 ( おど )り出して来るいたずら心のままに、一本の桜の木を 楯 ( たて )に倉地をやり過ごしておいて、後ろから静かに近づいて手と手とが触れ合わんばかりに押しならんだ。 倉地はさすがに不意をくってまじまじと寒さのために少し涙ぐんで見える大きな涼しい葉子の目を見やりながら、「どこからわいて出たんだ」といわんばかりの顔つきをした。 一つ船の中に朝となく夜となく一緒になって寝起きしていたものを、きょう始めて半日の余も顔を見合わさずに過ごして来たのが思った以上に物さびしく、同時にこんな所で思いもかけず出あったが予想のほかに満足であったらしい倉地の顔つきを見て取ると、葉子は何もかも忘れてただうれしかった。 そのまっ黒によごれた手をいきなり引っつかんで熱い口びるでかみしめて 労 ( いたわ )ってやりたいほどだった。 しかし思いのままに寄り添う事すらできない 大道 ( だいどう )であるのをどうしよう。 葉子はその 切 ( せつ )ない心を 拗 ( す )ねて見せるよりほかなかった。 「わたしもうあの宿屋には泊まりませんわ。 人をばかにしているんですもの。 あなたお帰りになるなら勝手にひとりでいらっしゃい」 「どうして……」 といいながら倉地は当惑したように往来に立ち止まってしげしげと葉子を見なおすようにした。 「これじゃ(といってほこりにまみれた両手をひろげ 襟頸 ( えりくび )を抜き出すように延ばして見せて渋い顔をしながら)どこにも行けやせんわな」 「だからあなたはお帰りなさいましといってるじゃありませんか」 そう 冒頭 ( まえおき )をして葉子は倉地と押し並んでそろそろ歩きながら、 女将 ( おかみ )の仕打ちから、女中の ふしだらまで 尾鰭 ( おひれ )をつけて 讒訴 ( いいつ )けて、早く 双鶴館 ( そうかくかん )に移って行きたいとせがみにせがんだ。 倉地は何か思案するらしく そっぽを見い見い耳を傾けていたが、やがて旅館に近くなったころもう一度立ち止まって、 「きょう 双鶴館 ( あそこ )から電話で 部屋 ( へや )の都合を知らしてよこす事になっていたがお前聞いたか……(葉子はそういいつけられながら今まで すっかり忘れていたのを思い出して、少しくてれたように首を振った)……ええわ、じゃ電報を打ってから先に行くがいい。 わしは荷物をして今夜あとから行くで」 そういわれてみると葉子はまた 一人 ( ひとり )だけ先に行くのがいやでもあった。 といって荷物の始末には 二人 ( ふたり )のうちどちらか一人居残らねばならない。 「どうせ二人一緒に汽車に乗るわけにも行くまい」 倉地がこういい足した時葉子は危うく、ではきょうの「報正新報」を見たかといおうとするところだったが、 はっと思い返して 喉 ( のど )の所で 抑 ( おさ )えてしまった。 「なんだ」 倉地は見かけのわりに恐ろしいほど 敏捷 ( びんしょう )に働く心で、顔にも現わさない葉子の 躊躇 ( ちゅうちょ )を見て取ったらしくこうなじるように尋ねたが、葉子がなんでもないと 応 ( こた )えると、少しも 拘泥 ( こうでい )せずに、それ以上問い詰めようとはしなかった。 どうしても旅館に帰るのがいやだったので、非常な物足らなさを感じながら、葉子はそのままそこから倉地に別れる事にした。 倉地は力のこもった目で葉子を じっと見てちょっとうなずくとあとをも見ないでどんどんと旅館のほうに 濶歩 ( かっぽ )して行った。 葉子は残り惜しくその後ろ姿を見送っていたが、それになんという事もない軽い誇りを感じてかすかにほほえみながら、倉地が登って来た坂道を 一人 ( ひとり )で降りて行った。 停車場に着いたころにはもう 瓦斯 ( ガス )の 灯 ( ひ )がそこらにともっていた。 葉子は知った人にあうのを極端に恐れ避けながら、汽車の出るすぐ前まで停車場前の茶店の 一間 ( ひとま )に隠れていて一等室に飛び乗った。 だだっ 広 ( ぴろ )いその客車には外務省の夜会に行くらしい三人の外国人が銘々、デコルテーを着飾った婦人を介抱して乗っているだけだった。 いつものとおりその人たちは不思議に人をひきつける葉子の姿に目をそばだてた。 けれども葉子はもう左手の小指を器用に折り曲げて、左の 鬢 ( びん )のほつれ毛を美しくかき上げるあの 嬌態 ( しな )をして見せる気はなくなっていた。 室 ( へや )のすみに腰かけて、 手携 ( てさ )げとパラソルとを 膝 ( ひざ )に引きつけながら、たった一人その 部屋 ( へや )の中にいるもののように 鷹揚 ( おうよう )に構えていた。 偶然顔を見合わせても、葉子は張りのあるその目を無邪気に(ほんとうにそれは罪を知らない十六七の 乙女 ( おとめ )の目のように無邪気だった)大きく見開いて相手の視線をはにかみもせず迎えるばかりだった。 先方の人たちの年齢がどのくらいで 容貌 ( ようぼう )がどんなふうだなどという事も葉子は少しも注意してはいなかった。 その心の中にはただ倉地の姿ばかりがいろいろに描かれたり消されたりしていた。 列車が 新橋 ( しんばし )に着くと葉子は しとやかに車を出たが、ちょうどそこに、 唐桟 ( とうざん )に 角帯 ( かくおび )を締めた、 箱丁 ( はこや )とでもいえばいえそうな、気のきいた若い者が電報を片手に持って、目ざとく葉子に近づいた。 それが 双鶴館 ( そうかくかん )からの出迎えだった。 横浜にも増して見るものにつけて連想の群がり起こる光景、それから来る強い刺激……葉子は宿から回された 人力車 ( じんりきしゃ )の上から 銀座 ( ぎんざ )通りの夜のありさまを見やりながら、危うく幾度も泣き出そうとした。 定子の住む同じ土地に帰って来たと思うだけでももう胸はわくわくした。 愛子 ( あいこ )も 貞世 ( さだよ )もどんな恐ろしい期待に震えながら自分の帰るのを待ちわびているだろう。 あの 叔父叔母 ( おじおば )がどんな激しい言葉で自分をこの 二人 ( ふたり )の妹に描いて見せているか。 構うものか。 なんとでもいうがいい。 自分はどうあっても二人を自分の手に取り 戻 ( もど )してみせる。 こうと思い定めた上は指もささせはしないから見ているがいい。 ……ふと人力車が 尾張町 ( おわりちょう )のかどを左に曲がると暗い細い通りになった。 葉子は目ざす旅館が近づいたのを知った。 その旅館というのは、倉地が色ざたでなくひいきにしていた芸者がある財産家に 落籍 ( ひか )されて開いた店だというので、倉地からあらかじめかけ合っておいたのだった。 人力車がその店に近づくに従って葉子はその 女将 ( おかみ )というのにふとした懸念を持ち始めた。 未知の女同志が出あう前に感ずる一種の軽い 敵愾心 ( てきがいしん )が葉子の心をしばらくは余の 事柄 ( ことがら )から切り放した。 葉子は車の中で 衣紋 ( えもん )を気にしたり、 束髪 ( そくはつ )の形を直したりした。 昔の 煉瓦建 ( れんがだ )てをそのまま改造したと思われる 漆喰 ( しっくい )塗りの 頑丈 ( がんじょう )な、 角 ( かど )地面の一構えに来て、 煌々 ( こうこう )と明るい入り口の前に車夫が 梶棒 ( かじぼう )を降ろすと、そこにはもう二三人の女の人たちが走り出て待ち構えていた。 葉子は 裾前 ( すそまえ )をかばいながら車から降りて、そこに立ちならんだ人たちの中からすぐ 女将 ( おかみ )を見分ける事ができた。 背たけが思いきって低く、顔形も整ってはいないが、三十女らしく 分別 ( ふんべつ )の備わった、 きかん気らしい、 垢 ( あか )ぬけのした人がそれに違いないと思った。 葉子は思い設けた以上の好意をすぐその人に対して持つ事ができたので、ことさら快い親しみを持ち前の 愛嬌 ( あいきょう )に添えながら、 挨拶 ( あいさつ )をしようとすると、その人は事もなげにそれをさえぎって、 「いずれ御挨拶は後ほど、さぞお寒うございましてしょう。 お二階へどうぞ」 といって自分から先に立った。 居合わせた女中たちは目 はしをきかしていろいろと世話に立った。 入り口の突き当たりの壁には大きな ぼんぼん時計が一つかかっているだけでなんにもなかった。 その右手の 頑丈 ( がんじょう )な踏み 心地 ( ごこち )のいい 階子段 ( はしごだん )をのぼりつめると、他の 部屋 ( へや )から廊下で切り放されて、十六畳と八畳と六畳との部屋が 鍵形 ( かぎがた )に続いていた。 塵 ( ちり )一つすえずに きちんと 掃除 ( そうじ )が届いていて、三か所に置かれた鉄びんから立つ 湯気 ( ゆげ )で部屋の中は 軟 ( やわ )らかく暖まっていた。 「お座敷へと申すところですが、 御気 ( ごき )さくにこちらでおくつろぎくださいまし…… 三間 ( みま )ともとってはございますが」 そういいながら 女将 ( おかみ )は 長火鉢 ( ながひばち )の置いてある六畳の 間 ( ま )へと案内した。 そこにすわってひととおりの挨拶を言葉少なに済ますと、女将は葉子の心を知り抜いているように、女中を連れて階下に降りて行ってしまった。 葉子はほんとうにしばらくなりとも 一人 ( ひとり )になってみたかったのだった。 軽い暖かさを感ずるままに重い 縮緬 ( ちりめん )の 羽織 ( はおり )を脱ぎ捨てて、ありたけの懐中物を帯の間から取り出して見ると、凝りがちな肩も、重苦しく感じた胸もすがすがしくなって、かなり強い疲れを一時に感じながら、 猫板 ( ねこいた )の上に 肘 ( ひじ )を持たせて居ずまいをくずしてもたれかかった。 こここそは屈強の避難所だというように葉子はつくづくあたりを見回した。 そして 部屋 ( へや )のすみにある 生漆 ( きうるし )を塗った桑の 広蓋 ( ひろぶた )を引き寄せて、それに 手携 ( てさ )げや懐中物を入れ終わると、飽く事もなくその 縁 ( ふち )から底にかけての 円味 ( まるみ )を持った微妙な手ざわりを 愛 ( め )で 慈 ( いつく )しんだ。 場所がらとてそこここからこの 界隈 ( かいわい )に特有な楽器の声が聞こえて来た。 天長節であるだけにきょうはことさらそれがにぎやかなのかもしれない。 戸外には ぽくりやあずま 下駄 ( げた )の音が少し 冴 ( さ )えて絶えずしていた。 着飾 ( きかざ )った芸者たちがみがき上げた顔をびりびりするような 夜寒 ( よさむ )に惜しげもなく 伝法 ( でんぽう )にさらして、さすがに 寒気 ( かんき )に足を早めながら、 招 ( よ )ばれた所に繰り出して行くその様子が、まざまざと 履 ( は )き 物 ( もの )の音を聞いたばかりで葉子の想像には描かれるのだった。 合い乗りらしい人力車のわだちの音も威勢よく響いて来た。 葉子はもう一度これは屈強な避難所に来たものだと思った。 この 界隈 ( かいわい )では葉子は 眦 ( まなじり )を 反 ( かえ )して人から見られる事はあるまい。 珍しく あっさりした、魚の 鮮 ( あたら )しい夕食を済ますと葉子は 風呂 ( ふろ )をつかって、思い存分髪を洗った。 足 ( た )しない船の中の淡水では洗っても洗っても ねちねちと 垢 ( あか )の取り切れなかったものが、さわれば手が切れるほど さばさばと油が抜けて、葉子は頭の中まで軽くなるように思った。 そこに 女将 ( おかみ )も食事を終えて話相手になりに来た。 「たいへんお 遅 ( おそ )うございますこと、今夜のうちにお帰りになるでしょうか」 そう 女将 ( おかみ )は葉子の思っている事を 魁 ( さきが )けにいった。 「さあ」と葉子も はっきりしない返事をしたが、 小寒 ( こさむ )くなって来たので 浴衣 ( ゆかた )を着かえようとすると、そこに 袖 ( そで )だたみにしてある自分の着物につくづく 愛想 ( あいそ )が尽きてしまった。 このへんの女中に対してもそんな しつっこいけばけばしい 柄 ( がら )の着物は二度と着る気にはなれなかった。 そうなると葉子はしゃにむにそれがたまらなくなって来るのだ。 葉子は うんざりした様子をして自分の着物から 女将 ( おかみ )に目をやりながら、 「見てくださいこれを。 この冬は米国にいるのだとばかり決めていたので、あんなものを作ってみたんですけれども、我慢にももう着ていられなくなりましたわ。 後生 ( ごしょう )。 あなたの所に何かふだん 着 ( ぎ )のあいたのでもないでしょうか」 「どうしてあなた。 わたしはこれでござんすもの」 と 女将 ( おかみ )は 剽軽 ( ひょうきん )にも気軽く ちゃんと立ち上がって自分の背たけの低さを見せた。 そうして立ったままでしばらく考えていたが、踊りで仕込み抜いたような手つきで はたと 膝 ( ひざ )の上をたたいて、 「ようございます。 わたし一つ倉地さんを びっくらさして上げますわ。 わたしの妹 分 ( ぶん )に当たるのに柄といい年格好といい、失礼ながらあなた様と そっくりなのがいますから、それのを取り寄せてみましょう。 あなた様は洗い髪でいらっしゃるなり……いかが、わたしが すっかり仕立てて差し上げますわ」 この思い付きは葉子には強い誘惑だった。 葉子は一も二もなく勇み立って承知した。 その晩十一時を過ぎたころに、まとめた荷物を人力車四台に積み乗せて、倉地が 双鶴館 ( そうかくかん )に着いて来た。 葉子は 女将 ( おかみ )の入れ知恵でわざと玄関には出迎えなかった。 葉子はいたずら者らしくひとり笑いをしながら 立 ( た )て 膝 ( ひざ )をしてみたが、それには自分ながら気がひけたので、右足を左の 腿 ( もも )の上に積み乗せるようにしてその足先を とんびにしてすわってみた。 ちょうどそこにかなり酔ったらしい様子で、倉地が 女将 ( おかみ )の案内も待たずに ずしんずしんという足どりではいって来た。 葉子と顔を見合わした瞬間には 部屋 ( へや )を間違えたと思ったらしく、少しあわてて身を引こうとしたが、すぐ 櫛巻 ( くしま )きにして 黒襟 ( くろえり )をかけたその女が葉子だったのに気が付くと、いつもの渋いように顔をくずして笑いながら、 「なんだばかをしくさって」 とほざくようにいって、 長火鉢 ( ながひばち )の向かい座に どっかとあぐらをかいた。 ついて来た 女将 ( おかみ )は立ったまましばらく 二人 ( ふたり )を見くらべていたが、 「ようよう……変てこなお 内裏雛様 ( だいりびなさま )」 と陽気にかけ声をして笑いこけるように ぺちゃんとそこにすわり込んだ。 三人は声を立てて笑った。 と、 女将 ( おかみ )は急にまじめに返って倉地に向かい、 「こちらはきょうの報正新報を……」 といいかけるのを、葉子はすばやく目でさえぎった。 女将はあぶない 土端場 ( どたんば )で踏みとどまった。 倉地は酔眼を女将に向けながら、 「何」 と 尻 ( しり )上がりに問い返した。 「そう早耳を走らすとつんぼと間違えられますとさ」 と 女将 ( おかみ )は事もなげに受け流した。 三人はまた声を立てて笑った。 倉地と女将との間に一別以来のうわさ話がしばらくの 間 ( あいだ )取りかわされてから、今度は倉地がまじめになった。 そして葉子に向かって ぶっきらぼうに、 「お前もう寝ろ」 といった。 葉子は倉地と女将とをならべて一目見たばかりで、 二人 ( ふたり )の間の潔白なのを見て取っていたし、自分が寝てあとの相談というても、今度の事件を 上手 ( じょうず )にまとめようというについての相談だという事がのみ込めていたので、 素直 ( すなお )に立って座をはずした。 中の十畳を隔てた十六畳に二人の寝床は取ってあったが、二人の会話はおりおりかなり はっきりもれて来た。 葉子は別に疑いをかけるというのではなかったが、やはり じっと耳を傾けないではいられなかった。 何かの話のついでに入用な事が起こったのだろう、倉地はしきりに身のまわりを探って、何かを取り出そうとしている様子だったが、「あいつの 手携 ( てさ )げに入れたかしらん」という声がしたので葉子は はっと思った。 あれには「報正新報」の切り抜きが入れてあるのだ。 もう飛び出して行ってもおそいと思って葉子は断念していた。 やがてはたして二人は切り抜きを見つけ出した様子だった。 「なんだあいつも知っとったのか」 思わず少し高くなった倉地の声がこう聞こえた。 「道理で さっき私がこの事をいいかけるとあの 方 ( かた )が目で留めたんですよ。 やはり 先方 ( あちら )でもあなたに知らせまいとして。 いじらしいじゃありませんか」 そういう女将の声もした。 そして二人はしばらく黙っていた。 葉子は寝床を出てその場に行こうかとも思った。 しかし今夜は二人に任せておくほうがいいと思い返してふとんを耳までかぶった。 そしてだいぶ夜がふけてから倉地が寝に来るまで快い安眠に前後を忘れていた。 その次の朝女将と話をしたり、呉服屋を呼んだりしたので、日がかなり高くなるまで宿にいた葉子は、いやいやながら例のけばけばしい綿入れを着て、 羽織 ( はおり )だけは女将が借りてくれた、妹分という人の 烏羽黒 ( うばぐろ )の 縮緬 ( ちりめん )の紋付きにして旅館を出た。 倉地は昨夜の 夜 ( よ )ふかしにも係わらずその朝早く横浜のほうに出かけたあとだった。 きょうも空は菊 日和 ( びより )とでもいう美しい晴れかたをしていた。 葉子はわざと宿で車を頼んでもらわずに、 煉瓦 ( れんが )通りに出てからきれいそうな 辻待 ( つじま )ちを 傭 ( やと )ってそれに乗った。 そして 池 ( いけ )の 端 ( はた )のほうに車を急がせた。 定子を目の前に置いて、その小さな手をなでたり、絹糸のような髪の毛をもてあそぶ事を思うと葉子の胸はわれにもなくただわくわくとせき込んで来た。 眼鏡橋 ( めがねばし )を渡ってから突き当たりの大時計は見えながらなかなかそこまで車が行かないのをもどかしく思った。 膝 ( ひざ )の上に乗せた 土産 ( みやげ )のおもちゃや小さな帽子などを やきもきしながらひねり回したり、 膝掛 ( ひざか )けの厚い 地 ( じ )を ぎゅっと握り締めたりして、はやる心を押ししずめようとしてみるけれどもそれをどうする事もできなかった。 車がようやく池の端に出ると葉子は右、左、と細い道筋の 角々 ( かどかど )でさしずした。 そして 岩崎 ( いわさき )の屋敷裏にあたる小さな横町の曲がりかどで車を乗り捨てた。 一か月の 間 ( あいだ )来ないだけなのだけれども、葉子にはそれが一年にも二年にも思われたので、その 界隈 ( かいわい )が少しも変化しないで元のとおりなのがかえって不思議なようだった。 じめじめした 小溝 ( こみぞ )に沿うて根ぎわの腐れた 黒板塀 ( くろいたべい )の立ってる小さな寺の 境内 ( けいだい )を突っ切って裏に回ると、寺の貸し地面に ぽっつり立った一 戸建 ( こだ )ての小家が 乳母 ( うば )の住む所だ。 没義道 ( もぎどう )に頭を切り取られた 高野槇 ( こうやまき )が二本 旧 ( もと )の姿で台所前に立っている、その二本に 干 ( ほ )し 竿 ( ざお )を渡して小さな 襦袢 ( じゅばん )や、まる洗いにした 胴着 ( どうぎ )が暖かい日の光を受けてぶら下がっているのを見ると葉子はもうたまらなくなった。 涙がぽろぽろとたわいもなく流れ落ちた。 家の中では定子の声がしなかった。 葉子は気を落ち着けるために案内を求めずに入り口に立ったまま、そっと 垣根 ( かきね )から庭をのぞいて見ると、日あたりのいい縁側に定子がたった 一人 ( ひとり )、葉子にはしごき帯を長く結んだ後ろ姿を見せて、一心不乱に せっせと少しばかりのこわれおもちゃをいじくり回していた。 「 定 ( さあ )ちゃん」 涙を声にしたように葉子は思わず呼んだ。 定子がびっくりして後ろを振り向いた時には、葉子は戸をあけて入り口を駆け上がって定子のそばにすり寄っていた。 父に似たのだろう痛々しいほど 華車 ( きゃしゃ )作りな定子は、どこにどうしてしまったのか、声も姿も消え果てた自分の母が突然そば近くに現われたのに気を奪われた様子で、とみには声も出さずに驚いて葉子を見守った。 「 定 ( さあ )ちゃんママだよ。 よく丈夫でしたね。 そしてよく一人でおとなにして……」 もう声が続かなかった。 「ママちゃん」 そう突然大きな声でいって定子は立ち上がりざま台所のほうに駆けて行った。 「 婆 ( ばあ )やママちゃんが来たのよ」 という声がした。 「え!」 と驚くらしい婆やの声が裏庭から聞こえた。 と、あわてたように台所を上がって、定子を横抱きにした婆やが、かぶっていた手ぬぐいを 頭 ( つむり )からはずしながらころがり込むようにして座敷にはいって来た。 二人は向き合ってすわると両方とも涙ぐみながら無言で頭を下げた。 「ちょっと定ちゃんをこっちにお貸し」 しばらくしてから葉子は定子を 婆 ( ばあ )やの 膝 ( ひざ )から受け取って自分のふところに抱きしめた。 「お嬢さま……私にはもう何がなんだか ちっともわかりませんが、私はただもうくやしゅうございます。 ……どうしてこう早くお帰りになったんでございますか……皆様のおっしゃる事を伺っていると あんまり 業腹 ( ごうはら )でございますから……もう私は耳をふさいでおります。 あなたから伺ったところがどうせこう年を取りますと 腑 ( ふ )に落ちる気づかいはございません。 でもまあおからだがどうかと思ってお案じ申しておりましたが、御丈夫で何よりでございました……何しろ定子様がおかわいそうで……」 葉子におぼれきった婆やの口からさもくやしそうにこうした言葉がつぶやかれるのを、葉子はさびしい心持ちで聞かねばならなかった。 耄碌 ( もうろく )したと自分ではいいながら、若い時に 亭主 ( ていしゅ )に死に別れて立派に 後家 ( ごけ )を通して後ろ指一本さされなかった 昔気質 ( むかしかたぎ )の しっかり者だけに、親類たちの陰口やうわさで聞いた葉子の乱行にはあきれ果てていながら、この世でのただ 一人 ( ひとり )の秘蔵物として葉子の頭から足の先までも自分の誇りにしている婆やの 切 ( せつ )ない心持ちは、ひしひしと葉子にも通じるのだった。 婆やと定子……こんな純粋な愛情の中に取り囲まれて、落ち着いた、 しとやかな、そして安穏な一生を過ごすのも、葉子は望ましいと思わないではなかった。 ことに婆やと定子とを目の前に置いて、つつましやかな過不足のない生活をながめると、葉子の心は知らず知らずなじんで行くのを覚えた。 しかし同時に倉地の事をちょっとでも思うと葉子の血は一時にわき立った。 平穏な、その代わり死んだも同然な一生がなんだ。 純粋な、その代わり冷えもせず熱しもしない愛情がなんだ。 生きる以上は生きてるらしく生きないでどうしよう。 愛する以上は命と取りかえっこをするくらいに愛せずにはいられない。 そうした衝動が自分でもどうする事もできない強い感情になって、葉子の心を本能的に 煽 ( あお )ぎ立てるのだった。 この奇怪な二つの矛盾が葉子の心の中には平気で両立しようとしていた。 葉子は眼前の境界でその二つの矛盾を割合に困難もなく使い分ける不思議な心の広さを持っていた。 ある時には極端に涙もろく、ある時には極端に残虐だった。 まるで 二人 ( ふたり )の人が一つの肉体に宿っているかと自分ながら疑うような事もあった。 それが時にはいまいましかった、時には誇らしくもあった。 「 定 ( さあ )ちゃま。 ようこざいましたね、ママちゃんが早くお帰りになって。 お立ちになってからでもお聞き分けよくママのマの字もおっしゃらなかったんですけれども、どうかするとこう ぼんやり考えてでもいらっしゃるようなのがおかわいそうで、一時はおからだでも悪くなりはしないかと思うほどでした。 こんなでもなかなか心は働いていらっしゃるんですからねえ」 と婆やは、葉子の 膝 ( ひざ )の上に巣食うように抱かれて、黙ったまま、澄んだひとみで母の顔を下からのぞくようにしている定子と葉子とを見くらべながら、述懐めいた事をいった。 葉子は自分の 頬 ( ほお )を、暖かい桃の膚のように 生毛 ( うぶげ )の生えた定子の頬にすりつけながら、それを聞いた。 「お前のその気象でわからないとおいいなら、くどくどいったところがむだかもしれないから、今度の事については私なんにも話すまいが、家の親類たちのいう事なんぞはきっと気にしないでおくれよ。 今度の船には飛んでもない一人の奥さんが乗り合わしていてね、その人がちょっとした気まぐれからある事ない事取りまぜてこっちにいってよこしたので、事あれかしと待ち構えていた人たちの耳にはいったんだから、これから先だってどんなひどい事をいわれるかしれたもんじゃないんだよ。 お前も知ってのとおり私は生まれ落ちるとからつむじ曲がりじゃあったけれども、あんなに 周囲 ( まわり )からこづき回されさえしなければこんなになりはしなかったのだよ。 それはだれよりもお前が知ってておくれだわね。 これからだって私は私なりに押し通すよ。 だれがなんといったって構うもんですか。 そのつもりでお前も私を見ていておくれ。 広い世の中に私がどんな 失策 ( しくじり )をしでかしても、心から思いやってくれるのはほんとうにお前だけだわ。 ……今度からは私もちょいちょい来るだろうけれども、この上ともこの子を頼みますよ。 ね、 定 ( さあ )ちゃん。 よく 婆 ( ばあ )やのいう事を聞いていい子になってちょうだいよ。 ママちゃんはここにいる時でもいない時でも、いつでもあなたを大事に大事に思ってるんだからね。 ……さ、もうこんなむずかしいお話はよしてお昼のおしたくでもしましょうね。 きょうはママちゃんがおいしいごちそうをこしらえて上げるから 定 ( さあ )ちゃんも手伝いしてちょうだいね」 そういって葉子は気軽そうに立ち上がって台所のほうに定子と連れだった。 婆やも立ち上がりはしたがその顔は妙に 冴 ( さ )えなかった。 そして台所で働きながらややともすると 内所 ( ないしょ )で鼻をすすっていた。 そこには葉山で木部孤 と 同棲 ( どうせい )していた時に使った調度が今だに古びを帯びて保存されたりしていた。 定子をそばにおいてそんなものを見るにつけ、少し感傷的になった葉子の心は涙に動こうとした。 けれどもその日はなんといっても近ごろ覚えないほどしみじみとした楽しさだった。 何事にでも器用な葉子は不足がちな台所道具を巧みに利用して、西洋風な料理と菓子とを 三品 ( みしな )ほど作った。 定子は すっかり喜んでしまって、小さな手足をまめまめしく働かしながら、「はいはい」といって 庖丁 ( ほうちょう )をあっちに運んだり、 皿 ( さら )をこっちに運んだりした。 三人は楽しく昼飯の卓についた。 そして夕方まで水入らずに ゆっくり暮らした。 その夜は妹たちが学校から来るはずになっていたので葉子は 婆 ( ばあ )やの勧める晩飯も断わって夕方その家を出た。 入り口の所に つくねんと立って姿やに両肩をささえられながら姿の消えるまで葉子を見送った定子の姿がいつまでもいつまでも葉子の心から離れなかった。 夕闇 ( ゆうやみ )にまぎれた 幌 ( ほろ )の中で葉子は幾度かハンケチを目にあてた。 宿に着くころには葉子の心持ちは変わっていた。 玄関にはいって見ると、女学校でなければ 履 ( は )かれないような安 下駄 ( げた )のきたなくなったのが、お客や女中たちの気取った 履 ( は )き 物 ( もの )の中にまじって脱いであるのを見て、もう妹たちが来て待っているのを知った。 さっそくに出迎えに出た 女将 ( おかみ )に、今夜は倉地が帰って来たら 他所 ( よそ )の 部屋 ( へや )で寝るように用意をしておいてもらいたいと頼んで、 静々 ( しずしず )と二階へ上がって行った。 襖 ( ふすま )をあけて見ると二人の姉妹は ぴったりと くっつき合って泣いていた。 人の足音を姉のそれだとは充分に知りながら、愛子のほうは泣き顔を見せるのが気まりが悪いふうで、振り向きもせずに 一入 ( ひとしお )うなだれてしまったが、貞世のほうは葉子の姿を一目見るなり、はねるように立ち上がって激しく泣きながら葉子のふところに飛びこんで来た。 葉子も思わず飛び立つように貞世を迎えて、 長火鉢 ( ながひばち )のかたわらの自分の座にすわると、貞世はその 膝 ( ひざ )に突っ伏してすすり上げすすり上げ 可憐 ( かれん )な背中に波を打たした。 これほどまでに自分の帰りを待ちわびてもい、喜んでもくれるのかと思うと、 骨肉 ( こつにく )の愛着からも、妹だけは少なくとも自分の掌握の中にあるとの満足からも、葉子はこの上なくうれしかった。 しかし 火鉢 ( ひばち )からはるか離れた向こう側に、うやうやしく居ずまいを 正 ( ただ )して、愛子がひそひそと泣きながら、規則正しくおじぎをするのを見ると葉子はすぐ 癪 ( しゃく )にさわった。 どうして自分はこの妹に対して優しくする事ができないのだろうとは思いつつも、葉子は愛子の 所作 ( しょさ )を見ると一々気にさわらないではいられないのだ。 葉子の目は意地わるく 剣 ( けん )を持って冷ややかに小柄で 堅肥 ( かたぶと )りな愛子を激しく見すえた。 「会いたてから つけつけいうのもなんだけれども、なんですねえそのおじぎのしかたは、他人行儀らしい。 もっと打ち解けてくれたっていいじゃないの」 というと愛子は当惑したように黙ったまま目を上げて葉子を見た。 その目はしかし恐れても恨んでもいるらしくはなかった。 小羊のような、まつ毛の長い、形のいい大きな目が、涙に美しくぬれて夕月のように ぽっかりとならんでいた。 悲しい目つきのようだけれども、悲しいというのでもない。 多恨な目だ。 多情な目でさえあるかもしれない。 そう皮肉な批評家らしく葉子は愛子の目を見て不快に思った。 大多数の男はあんな目で見られると、この上なく詩的な霊的な 一瞥 ( いちべつ )を受け取ったようにも思うのだろう。 そんな事さえ 素早 ( すばや )く考えの中につけ加えた。 貞世が広い帯をして来ているのに、愛子が少し古びた 袴 ( はかま )をはいているのさえさげすまれた。 「そんな事はどうでもようござんすわ。 さ、お夕飯にしましょうね」 葉子はやがて自分の 妄念 ( もうねん )をかき払うようにこういって、女中を呼んだ。 貞世は 寵児 ( ペット )らしくすっかりはしゃぎきっていた。 二人 ( ふたり )が古藤につれられて始めて 田島 ( たじま )の 塾 ( じゅく )に行った時の様子から、田島先生が非常に 二人 ( ふたり )をかわいがってくれる事から、 部屋 ( へや )の事、食物の事、さすがに女の子らしく細かい事まで自分 一人 ( ひとり )の興に乗じて 談 ( かた )り続けた。 愛子も言葉少なに要領を得た口をきいた。 「古藤さんが時々来てくださるの?」 と聞いてみると、貞世は不平らしく、 「いゝえ、ちっとも」 「ではお手紙は?」 「来てよ、ねえ愛ねえさま。 二人の所に同じくらいずつ来ますわ」 と、愛子は控え目らしくほほえみながら 上目越 ( うわめご )しに貞世を見て、 「 貞 ( さあ )ちゃんのほうに余計来るくせに」 となんでもない事で争ったりした。 愛子は姉に向かって、 「 塾 ( じゅく )に入れてくださると古藤さんが私たちに、もうこれ以上私のして上げる事はないと思うから、用がなければ来ません。 その代わり用があったらいつでもそういっておよこしなさいとおっしゃったきりいらっしゃいませんのよ。 そうしてこちらでも古藤さんにお願いするような用はなんにもないんですもの」 といった。 葉子はそれを聞いてほほえみながら古藤が二人を塾につれて行った時の様子を想像してみた。 例のようにどこの玄関番かと思われる 風体 ( ふうてい )をして、髪を刈る時のほか 剃 ( す )らない 顎 ( あご )ひげを一二 分 ( ぶ )ほども延ばして、 頑丈 ( がんじょう )な 容貌 ( ようぼう )や体格に不似合いなはにかんだ口つきで、田島という、男のような女学者と話をしている様子が見えるようだった。 しばらくそんな表面的なうわさ話などに時を過ごしていたが、いつまでもそうはしていられない事を葉子は知っていた。 この 年齢 ( とし )の違った 二人 ( ふたり )の妹に、どっちにも 堪念 ( たんねん )の行くように今の自分の立場を話して聞かせて、悪い結果をその幼い心に残さないようにしむけるのはさすがに容易な事ではなかった。 葉子は先刻からしきりにそれを案じていたのだ。 「これでも召し上がれ」 食事が済んでから葉子は米国から持って来たキャンディーを二人の前に置いて、自分は 煙草 ( たばこ )を吸った。 貞世は目を丸くして姉のする事を見やっていた。 「ねえさまそんなもの吸っていいの?」 と会釈なく尋ねた。 愛子も不思議そうな顔をしていた。 「えゝこんな悪い癖がついてしまったの。 けれどもねえさんにはあなた 方 ( がた )の考えてもみられないような心配な事や困る事があるものだから、つい 憂 ( う )さ晴らしにこんな事も覚えてしまったの。 今夜はあなた 方 ( がた )にわかるようにねえさんが話して上げてみるから、よく聞いてちょうだいよ」 倉地の胸に抱かれながら、酔いしれたようにその 頑丈 ( がんじょう )な、日に焼けた、男性的な顔を見やる葉子の、 乙女 ( おとめ )というよりももっと子供らしい様子は、 二人 ( ふたり )の妹を前に置いて きちんと居ずまいを正した葉子のどこにも見いだされなかった。 その姿は三十前後の、充分分別のある、 しっかりした 一人 ( ひとり )の女性を思わせた。 貞世もそういう時の姉に対する 手心 ( てごころ )を心得ていて、葉子から離れてまじめにすわり直した。 こんな時 うっかりその威厳を冒すような事でもすると、貞世にでもだれにでも葉子は少しの容赦もしなかった。 しかし見た所はいかにも 慇懃 ( いんぎん )に口を開いた。 「わたしが木村さんの所にお嫁に行くようになったのはよく知ってますね。 米国に出かけるようになったのもそのためだったのだけれどもね、もともと木村さんは私のように一度先にお嫁入りした人をもらうような 方 ( かた )ではなかったんだしするから、ほんとうはわたしどうしても心は進まなかったんですよ。 でも約束だから ちゃんと守って行くには行ったの。 けれどもね 先方 ( むこう )に着いてみるとわたしのからだの具合がどうもよくなくって上陸はとてもできなかったからしかたなしにまた同じ船で帰るようになったの。 木村さんはどこまでもわたしをお嫁にしてくださるつもりだから、わたしもその気ではいるのだけれども、病気ではしかたがないでしょう。 それに恥ずかしい事を打ち明けるようだけれども、木村さんにもわたしにも有り余るようなお金がないものだから、行きも帰りもその船の事務長という大切な役目の 方 ( かた )にお世話にならなければならなかったのよ。 愛さんなんかはその 方 ( かた )の事で 叔母 ( おば )さんなんぞからいろいろな事を聞かされて、ねえさんを疑っていやしないかと思うけれども、それにはまたそれでめんどうなわけのある事なのだから、夢にも人のいう事なんぞをそのまま受け取ってもらっちゃ困りますよ。 ねえさんを信じておくれ、ね、よござんすか。 わたしはお嫁なんぞに行かないでもいい、あなた 方 ( がた )とこうしているほどうれしい事はないと思いますよ。 木村さんのほうにお金でもできて、わたしの病気がなおりさえすれば結婚するようになるかもしれないけれども、それはいつの事ともわからないし、それまではわたしはこうしたままで、あなた 方 ( がた )と一緒にどこかにお家を持って楽しく暮らしましょうね。 いいだろう 貞 ( さあ )ちゃん。 もう寄宿なんぞにいなくってもようござんすよ」 「おねえさまわたし寄宿では夜になるとほんとうは泣いてばかりいたのよ。 愛ねえさんはよくお寝になってもわたしは小さいから悲しかったんですもの」 そう貞世は白状するようにいった。 さっきまではいかにも楽しそうにいっていたその 可憐 ( かれん )な同じ口びるから、こんな哀れな告白を聞くと葉子は 一入 ( ひとしお ) しんみりした心持ちになった。 「わたしだってもよ。 貞 ( さあ )ちゃんは 宵 ( よい )の口だけくすくす泣いてもあとはよく寝ていたわ。 ねえ様、私は今まで 貞 ( さあ )ちゃんにもいわないでいましたけれども……みんなが聞こえよがしにねえ様の事をかれこれいいますのに、たまに悪いと思って 貞 ( さあ )ちゃんと 叔母 ( おば )さんの所に行ったりなんぞすると、それはほんとうにひどい……ひどい事をおっしゃるので、 どっちに行ってもくやしゅうございましたわ。 古藤さんだってこのごろはお手紙さえくださらないし……田島先生だけはわたしたち 二人 ( ふたり )をかわいそうがってくださいましたけれども……」 葉子の思いは胸の中で煮え返るようだった。 「もういい 堪忍 ( かんにん )してくださいよ。 ねえさんがやはり至らなかったんだから。 おとうさんがいらっしゃればお互いにこんないやな目にはあわないんだろうけれども(こういう場合葉子は おくびにも母の名は出さなかった)親のないわたしたちは肩身が狭いわね。 まああなた 方 ( がた )はそんなに泣いちゃだめ。 愛さんなんですねあなたから先に立って。 ねえさんが帰った以上はねえさんになんでも任して安心して勉強してくださいよ。 そして世間の人を見返しておやり」 葉子は自分の心持ちを憤ろしくいい張っているのに気がついた。 いつのまにか自分までが激しく興奮していた。 火鉢 ( ひばち )の火はいつか灰になって、 夜寒 ( よさむ )がひそやかに三人の姉妹にはいよっていた。 もう少し 睡気 ( ねむけ )を催して来た貞世は、泣いたあとの渋い目を手の甲でこすりながら、不思議そうに興奮した青白い姉の顔を見やっていた。 愛子は 瓦斯 ( がす )の 灯 ( ひ )に顔をそむけながらしくしくと泣き始めた。 葉子はもうそれを止めようとはしなかった。 自分ですら声を出して泣いてみたいような衝動をつき返しつき返し 水落 ( みぞおち )の所に感じながら、火鉢の中を見入ったまま細かく震えていた。 生まれかわらなければ回復しようのないような自分の越し 方 ( かた )行く末が絶望的に はっきりと葉子の心を寒く引き締めていた。 それでも三人が十六畳に床を敷いて寝てだいぶたってから、横浜から帰って来た倉地が廊下を隔てた隣の 部屋 ( へや )に行くのを聞き知ると、葉子はすぐ起きかえってしばらく妹たちの 寝息気 ( ねいき )をうかがっていたが、二人がいかにも無心に赤々とした 頬 ( ほお )をしてよく寝入っているのを見窮めると、そっと どてらを引っかけながらその部屋を脱け出した。 それから一日置いて次の日に古藤から九時ごろに来るがいいかと電話がかかって来た。 葉子は十時すぎにしてくれと返事をさせた。 古藤に会うには倉地が横浜に行ったあとがいいと思ったからだ。 東京に帰ってから 叔母 ( おば )と 五十川 ( いそがわ )女史の所へは帰った事だけを知らせては置いたが、どっちからも訪問は元よりの事 一言半句 ( いちごんはんく )の 挨拶 ( あいさつ )もなかった。 責めて来るなり慰めて来るなり、なんとかしそうなものだ。 あまりといえば人を踏みつけにしたしわざだとは思ったけれども、葉子としては結句それがめんどうがなくっていいとも思った。 そんな人たちに会って いさくさ口をきくよりも、古藤と話しさえすればその 口裏 ( くちうら )から東京の人たちの心持ちも大体はわかる。 積極的な自分の態度はその上で決めてもおそくはないと思案した。 双鶴館 ( そうかくかん )の 女将 ( おかみ )はほんとうに目から鼻に抜けるように落ち度なく、葉子の 影身 ( かげみ )になって葉子のために尽くしてくれた。 その後ろには倉地がいて、あのいかにも疎大らしく見えながら、人の気もつかないような綿密な所にまで気を配って、采配を振っているのはわかっていた。 新聞記者などがどこをどうして探り出したか、始めのうちは押し強く葉子に面会を求めて来たのを、 女将 ( おかみ )が手ぎわよく追い払ったので、近づきこそはしなかったが遠巻きにして葉子の挙動に注意している事などを、女将は 眉 ( まゆ )をひそめながら話して聞かせたりした。 木部の恋人であったという事がひどく記者たちの興味をひいたように見えた。 葉子は新聞記者と聞くと、震え上がるほどいやな感じを受けた。 小さい時分に女記者になろうなどと人にも口外した覚えがあるくせに、探訪などに来る人たちの事を考えるといちばん 賤 ( いや )しい種類の人間のように思わないではいられなかった。 仙台 ( せんだい )で、新聞社の社長と 親佐 ( おやさ )と葉子との間に起こった事として不倫な 捏造 ( ねつぞう )記事(葉子はその記事のうち、母に関してはどのへんまでが 捏造 ( ねつぞう )であるか知らなかった。 少なくとも葉子に関しては 捏造 ( ねつぞう )だった)が掲載されたばかりでなく、母のいわゆる 寃罪 ( えんざい )は堂々と新聞紙上で 雪 ( すす )がれたが、自分のはとうとうそのままになってしまった、あの苦い経験などがますます葉子の考えを 頑 ( かたく )なにした。 葉子が「報正新報」の記事を見た時も、それほど田川夫人が自分を迫害しようとするなら、こちらもどこかの新聞を手に入れて田川夫人に致命傷を与えてやろうかという(道徳を米の飯と同様に見て生きているような田川夫人に、その点に傷を与えて顔出しができないようにするのは容易な事だと葉子は思った) 企 ( たくら )みを自分ひとりで考えた時でも、あの記者というものを手なずけるまでに自分を堕落させたくないばかりにその 目論見 ( もくろみ )を思いとどまったほどだった。 その朝も倉地と葉子とは 女将 ( おかみ )を話相手に朝飯を食いながら新聞に出たあの奇怪な記事の話をして、葉子がとうにそれを ちゃんと知っていた事などを 談 ( かた )り合いながら笑ったりした。 「忙しいにかまけて、あれはあのままにしておったが……一つはあまり短兵急に こっちから出しゃばると足もとを見やがるで、……あれはなんとかせんとめんどうだて」 と倉地は がらっと 箸 ( はし )を 膳 ( ぜん )に捨てながら、葉子から女将に目をやった。 「そうですともさ。 下らない、あなた、あれであなたのお 職掌 ( しょくしょう )にでも けちが付いたらほんとうにばかばかしゅうござんすわ。 報正新報社にならわたし御懇意の方も 二人 ( ふたり )や三人はいらっしゃるから、なんならわたしからそれとなくお話ししてみてもようございますわ。 わたしはまたお二人とも今まであんまり平気でいらっしゃるんで、もうなんとかお話がついたのだとばかり思ってましたの」 と女将は 怜 ( さか )しそうな目に真味な色を見せてこういった。 倉地は 無頓着 ( むとんじゃく )に「そうさな」といったきりだったが、葉子は 二人 ( ふたり )の意見がほぼ一致したらしいのを見ると、いくら 女将 ( おかみ )が巧みに立ち回ってもそれをもみ消す事はできないといい出した。 なぜといえばそれは田川夫人が何か葉子を深く意趣に思ってさせた事で、「報正新報」にそれが現われたわけは、その新聞が田川博士の機関新聞だからだと説明した。 倉地は田川と新聞との関係を始めて知ったらしい様子で意外な顔つきをした。 「おれはまた 興録 ( こうろく )のやつ……あいつはべらべらしたやつで、右左の はっきりしない油断のならぬ男だから、あいつの仕事かとも思ってみたが、なるほどそれにしては記事の出かたが少し早すぎるて」 そういってやおら立ち上がりながら次の間に着かえに行った。 女中が 膳部 ( ぜんぶ )を片づけ終わらぬうちに古藤が来たという案内があった。 葉子はちょっと当惑した。 あつらえておいた衣類がまだできないのと、着具合がよくって、倉地からも しっくり似合うとほめられるので、その朝も芸者のちょいちょい 着 ( ぎ )らしい、 黒繻子 ( くろじゅす )の 襟 ( えり )の着いた、 伝法 ( でんぽう )な 棒縞 ( ぼうじま )の 身幅 ( みはば )の狭い着物に、黒繻子と水色 匹田 ( ひった )の 昼夜帯 ( ちゅうやおび )をしめて、 どてらを引っかけていたばかりでなく、髪までやはり 櫛巻 ( くしま )きにしていたのだった。 えゝ、いい構うものか、どうせ鼻をあかさせるなら のっけからあかさせてやろう、そう思って葉子はそのままの姿で古藤を待ち構えた。 昔のままの姿で、古藤は旅館というよりも料理屋といったふうの家の様子に少し鼻じろみながらはいって来た。 そうして飛び離れて 風体 ( ふうてい )の変わった葉子を見ると、なおさら勝手が違って、これがあの葉子なのかというように、驚きの色を隠し立てもせずに顔に現わしながら、 じっとその姿を見た。 「まあ義一さんしばらく。 お寒いのね。 どうぞ 火鉢 ( ひばち )によってくださいましな。 ちょっと御免くださいよ」そういって、葉子はあでやかに上体だけを後ろにひねって、 広蓋 ( ひろぶた )から紋付きの 羽織 ( はおり )を引き出して、すわったまま どてらと着直した。 なまめかしいにおいがその動作につれてひそやかに 部屋 ( へや )の中に動いた。 葉子は自分の服装がどう古藤に印象しているかなどを考えてもみないようだった。 十年も着慣れたふだん 着 ( ぎ )できのうも会ったばかりの弟のように親しい人に向かうような とりなしをした。 古藤はとみには口もきけないように思い惑っているらしかった。 多少 垢 ( あか )になった 薩摩絣 ( さつまがすり )の着物を着て、 観世撚 ( かんぜより )の羽織 紐 ( ひも )にも、 きちんとはいた 袴 ( はかま )にも、その人の気質が明らかに書き 記 ( しる )してあるようだった。 「こんなでたいへん変な所ですけれどもどうか 気楽 ( きらく )になさってくださいまし。 それでないとなんだか改まってしまってお話がしにくくっていけませんから」 心置きない、そして古藤を信頼している様子を巧みにもそれとなく 気取 ( けど )らせるような葉子の態度はだんだん古藤の心を静めて行くらしかった。 古藤は自分の長所も短所も無自覚でいるような、そのくせどこかに鋭い光のある目をあげてまじまじと葉子を見始めた。 「何より先にお礼。 ありがとうございました妹たちを。 おととい二人でここに来てたいへん喜んでいましたわ」 「なんにもしやしない、ただ 塾 ( じゅく )に連れて行って上げただけです。 お丈夫ですか」 古藤はありのままをありのままにいった。 そんな序曲的な会話を少し続けてから葉子はおもむろに探り知っておかなければならないような 事柄 ( ことがら )に話題を向けて行った。 「今度こんな ひょんな事でわたしアメリカに上陸もせず帰って来る事になったんですが、ほんとうをおっしゃってくださいよ、あなたはいったいわたしをどうお思いになって」 葉子は 火鉢 ( ひばち )の 縁 ( ふち )に両 肘 ( ひじ )をついて、両手の指先を鼻の先に集めて組んだりほどいたりしながら、古藤の顔に浮かび出るすべての意味を読もうとした。 「えゝ、ほんとうをいいましょう」 そう決心するもののように古藤はいってからひと 膝 ( ひざ )乗り出した。 「この十二月に兵隊に行かなければならないものだから、それまでに研究室の仕事を片づくものだけは片づけて置こうと思ったので、何もかも打ち捨てていましたから、このあいだ横浜からあなたの電話を受けるまでは、あなたの帰って来られたのを知らないでいたんです。 もっとも帰って来られるような話はどこかで聞いたようでしたが。 そして何かそれには重大なわけがあるに違いないとは思っていましたが。 ところがあなたの電話を切るとまもなく木村君の手紙が届いて来たんです。 それはたぶん絵島丸より一日か二日早く 大北 ( たいほく )汽船会社の船が着いたはずだから、それが持って来たんでしょう。 ここに持って来ましたが、それを見て 僕 ( ぼく )は驚いてしまったんです。 ずいぶん長い手紙だからあとで御覧になるなら置いて行きましょう。 簡単にいうと(そういって古藤はその手紙の必要な要点を心の中で 整頓 ( せいとん )するらしくしばらく黙っていたが)木村君はあなたが帰るようになったのを非常に悲しんでいるようです。 そしてあなたほど不幸な運命にもてあそばれる人はない。 またあなたほど誤解を受ける人はない。 だれもあなたの複雑な性格を見窮めて、その底にある尊い点を拾い上げる人がないから、いろいろなふうにあなたは誤解されている。 あなたが帰るについては日本でも種々さまざまな風説が起こる事だろうけれども、君だけはそれを信じてくれちゃ困る。 それから……あなたは今でも僕の妻だ……病気に苦しめられながら、世の中の迫害を存分に受けなければならないあわれむべき女だ。 他人がなんといおうと君だけは僕を信じて……もしあなたを信ずることができなければ僕を信じて、あなたを妹だと思ってあなたのために戦ってくれ……ほんとうはもっと最大級の言葉が使ってあるのだけれども大体そんな事が書いてあったんです。 それで……」 「それで?」 葉子は目の前で、こんがらがった糸が静かにほごれて行くのを見つめるように、不思議な興味を感じながら、顔だけは打ち沈んでこう促した。 「それでですね。 僕はその手紙に書いてある事とあなたの電話の『 滑稽 ( こっけい )だった』という言葉とをどう結び付けてみたらいいかわからなくなってしまったんです。 木村の手紙を見ない前でもあなたのあの電話の口調には……電話だったせいかまるでのんきな冗談口のようにしか聞こえなかったものだから……ほんとうをいうとかなり不快を感じていた所だったのです。 思ったとおりをいいますから 怒 ( おこ )らないで聞いてください」 「何を 怒 ( おこ )りましょう。 ようこそ はっきりおっしゃってくださるわね。 あれはわたしもあとでほんとうにすまなかったと思いましたのよ。 木村が思うようにわたしは他人の誤解なんぞそんなに気にしてはいないの。 小さい時から慣れっこになってるんですもの。 だから皆さんが勝手なあて 推量 ( ずいりょう )なぞをしているのが少しは 癪 ( しゃく )にさわったけれども、 滑稽 ( こっけい )に見えてしかたがなかったんですのよ。 そこにもって来て電話であなたのお声が聞こえたもんだから、飛び立つようにうれしくって思わずしらずあんな軽はずみな事をいってしまいましたの。 木村から頼まれて私の世話を見てくださった倉地という事務長の 方 ( かた )もそれは きさくな親切な人じゃありますけれども、船で始めて知り合いになった 方 ( かた )だから、お 心安立 ( こころやすだ )てなんぞはできないでしょう。 あなたのお声がした時にはほんとうに敵の中から救い出されたように思ったんですもの……まあしかしそんな事は弁解するにも及びませんわ。 それからどうなさって?」 古藤は例の厚い理想の 被 ( かつぎ )の下から、深く隠された感情が時々きらきらとひらめくような目を、少し 物惰 ( ものたる )げに大きく見開いて葉子の顔をつれづれと見やった。 初対面の時には人並みはずれて遠慮がちだったくせに、少し慣れて来ると人を 見徹 ( みとお )そうとするように凝視するその目は、いつでも葉子に一種の不安を与えた。 古藤の凝視にはずうずうしいという所は少しもなかった。 また故意にそうするらしい様子も見えなかった。 少し鈍と思われるほど 世事 ( せじ )にうとく、事物のほんとうの姿を見て取る方法に暗いながら、まっ正直に悪意なくそれをなし遂げようとするらしい目つきだった。 古藤なんぞに自分の秘密がなんであばかれてたまるものかと 多寡 ( たか )をくくりつつも、その 物軟 ( ものやわ )らかながらどんどん人の心の中にはいり込もうとするような目つきにあうと、いつか秘密のどん底を誤たずつかまれそうな気がしてならなかった。 そうなるにしてもしかしそれまでには古藤は長い間忍耐して待たなければならないだろう、そう思って葉子は一面小気味よくも思った。 こんな目で古藤は、明らかな疑いを示しつつ葉子を見ながら、さらに語り続けた所によれば、古藤は木村の手紙を読んでから思案に余って、その足ですぐ、まだ 釘店 ( くぎだな )の家の留守番をしていた葉子の 叔母 ( おば )の所を尋ねてその考えを尋ねてみようとしたところが、叔母は古藤の立場がどちらに同情を持っているか知れないので、 うっかりした事はいわれないと思ったか、何事も打ち明けずに、 五十川 ( いそがわ )女史に尋ねてもらいたいと逃げを張ったらしい。 古藤はやむなくまた五十川女史を訪問した。 女史とは 築地 ( つきじ )のある教会堂の執事の 部屋 ( へや )で会った。 女史のいう所によると、十日ほど前に田川夫人の所から船中における葉子の 不埒 ( ふらち )を詳細に知らしてよこした手紙が来て、自分としては葉子のひとり旅を保護し監督する事はとても力に及ばないから、船から上陸する時もなんの 挨拶 ( あいさつ )もせずに別れてしまった。 なんでもうわさで聞くと病気だといってまだ船に残っているそうだが、万一そのまま帰国するようにでもなったら、葉子と事務長との関係は自分たちが想像する以上に深くなっていると断定してもさしつかえない。 せっかく依頼を受けてその責めを果たさなかったのは誠にすまないが、自分たちの力では手に余るのだから 推恕 ( すいじょ )していただきたいと書いてあった。 で、五十川女史は田川夫人がいいかげんな 捏造 ( ねつぞう )などする人でないのをよく知っているから、その手紙を 重 ( おも )だった親類たちに示して相談した結果、もし葉子が絵島丸で帰って来たら、回復のできない罪を犯したものとして、木村に手紙をやって破約を断行させ、一面には葉子に対して親類一同は絶縁する申し合わせをしたという事を聞かされた。 そう古藤は語った。 「 僕 ( ぼく )はこんな事を聞かされて途方に暮れてしまいました。 あなたはさっきから倉地というその事務長の事を平気で口にしているが、こっちではその人が問題になっているんです。 きょうでも 僕 ( ぼく )はあなたにお会いするのがいいのか悪いのかさんざん迷いました。 しかし約束ではあるし、あなたから聞いたらもっと事柄も はっきりするかと思って、思いきって伺う事にしたんです。 ……あっちにたった 一人 ( ひとり )いて 五十川 ( いそがわ )さんから恐ろしい手紙を受け取らなければならない木村君を僕は心から気の毒に思うんです。 もしあなたが誤解の中にいるんなら聞かせてください。 僕はこんな重大な事を 一方口 ( いっぽうぐち )で判断したくはありませんから」 と話を結んで古藤は悲しいような表情をして葉子を見つめた。 小癪 ( こしゃく )な事をいうもんだと葉子は心の中で思ったけれども、指先でもてあそびながら少し振り仰いだ顔はそのままに、あわれむような、からかうような色をかすかに浮かべて、 「えゝ、それはお聞きくださればどんなにでもお話はしましょうとも。 けれども天からわたしを信じてくださらないんならどれほど口をすっぱくしてお話をしたってむだね」 「お話を伺ってから信じられるものなら信じようとしているのです僕は」 「それはあなた 方 ( がた )のなさる学問ならそれでようござんしょうよ。 けれども人情ずくの事はそんなものじゃありませんわ。 木村に対してやましいことはいたしませんといったってあなたがわたしを信じていてくださらなければ、それまでのものですし、倉地さんとはお友だちというだけですと誓った所が、あなたが疑っていらっしゃればなんの役にも立ちはしませんからね。 ……そうしたもんじゃなくって?」 「それじゃ五十川さんの言葉だけで僕にあなたを判断しろとおっしゃるんですか」 「そうね。 ……それでもようございましょうよ。 とにかくそれはわたしが御相談を受ける事柄じゃありませんわ」 そういってる葉子の顔は、言葉に似合わずどこまでも優しく親しげだった。 古藤はさすがに 怜 ( さか )しく、こうもつれて来た言葉をどこまでも追おうとせずに黙ってしまった。 そして「何事も明らさまにしてしまうほうがほんとうはいいのだがな」といいたげな目つきで、格別 虐 ( しいた )げようとするでもなく、葉子が鼻の先で組んだりほどいたりする手先を見入った。 そうしたままでややしばらくの時が過ぎた。 十一時近いこのへんの町並みはいちばん静かだった。 葉子はふと 雨樋 ( あまどい )を伝う雨だれの音を聞いた。 日本に帰ってから始めて空はしぐれていたのだ。 部屋 ( へや )の中は盛んな鉄びんの 湯気 ( ゆげ )でそう寒くはないけれども、戸外は薄ら寒い 日和 ( ひより )になっているらしかった。 葉子はぎごちない 二人 ( ふたり )の間の沈黙を破りたいばかりに、 ひょっと首をもたげて腰窓のほうを見やりながら、 「おやいつのまにか雨になりましたのね」 といってみた。 古藤はそれには答えもせずに、五 分 ( ぶ )刈りの 地蔵頭 ( じぞうあたま )をうなだれて 深々 ( ふかぶか )とため息をした。 「僕はあなたを信じきる事ができればどれほど幸いだか知れないと思うんです。 五十川さんなぞより僕はあなたと話しているほうが ずっと気持ちがいいんです。 五十川さんなぞはなんでも物を 僻目 ( ひがめ )で見るから僕はいやなんです。 けれどもあなたは……どうしてあなたはそんな気象でいながらもっと大胆に物を打ち明けてくださらないんです。 僕 ( ぼく )はなんといってもあなたを信ずる事ができません。 こんな冷淡な事をいうのを許してください。 しかしこれにはあなたにも責めがあると僕は思いますよ。 ……しかたがない僕は木村君にきょうあなたと会ったこのままをいってやります。 僕にはどう判断のしようもありませんもの……しかしお願いしますがねえ。 木村君があなたから離れなければならないものなら、一刻でも早くそれを知るようにしてやってください。 僕は木村君の心持ちを思うと苦しくなります」 「でも木村は、あなたに来たお手紙によるとわたしを信じきってくれているのではないんですか」 そう葉子にいわれて、古藤はまた返す言葉もなく黙ってしまった。 葉子は見る見る非常に興奮して来たようだった。 抑 ( おさ )え抑えている葉子の気持ちが抑えきれなくなって激しく働き出して来ると、それはいつでも 惻々 ( そくそく )として人に迫り人を圧した。 顔色一つ変えないで元のままに親しみを込めて相手を見やりながら、胸の奥底の心持ちを伝えて来るその声は、不思議な力を電気のように感じて震えていた。 「それで結構。 五十川 ( いそがわ )のおばさんは始めからいやだいやだというわたしを無理に木村に添わせようとして置きながら、今になってわたしの口から 一言 ( ひとこと )の弁解も聞かずに、木村に離縁を勧めようという人なんですから、そりゃわたし恨みもします。 腹も立てます。 えゝ、わたしはそんな事をされて黙って引っ込んでいるような女じゃないつもりですわ。 けれどもあなたは 初手 ( しょて )からわたしに疑いをお持ちになって、木村にもいろいろ御忠告なさった 方 ( かた )ですもの、木村にどんな事をいっておやりになろうともわたしには ねっから不服はありませんことよ。 ……けれどもね、あなたが木村のいちばん大切な親友でいらっしゃると思えばこそ、わたしは人一倍あなたをたよりにしてきょうもわざわざこんな所まで御迷惑を願ったりして、……でもおかしいものね、木村はあなたも信じわたしも信じ、わたしは木村も信じあなたも信じ、あなたは木村は信ずるけれどもわたしを疑って……そ、まあ待って……疑ってはいらっしゃりません。 そうです。 けれども信ずる事ができないでいらっしゃるんですわね……こうなるとわたしは倉地さんにでもおすがりして相談相手になっていただくほかしようがありません。 いくらわたし娘の時から 周囲 ( まわり )から責められ通しに責められていても、今だに女手一つで 二人 ( ふたり )の妹まで背負って立つ事はできませんからね。 ……」 古藤は二重に折っていたような腰を立てて、少しせきこんで、 「それはあなたに不似合いな言葉だと僕は思いますよ。 もし倉地という人のためにあなたが誤解を受けているのなら……」 そういってまだ言葉を切らないうちに、もうとうに横浜に行ったと思われていた倉地が、和服のままで突然六畳の間にはいって来た。 これは葉子にも意外だったので、葉子は鋭く倉地に目くばせしたが、倉地は 無頓着 ( むとんじゃく )だった。 そして古藤のいるのなどは度外視した 傍若無人 ( ぼうじゃくぶじん )さで、 火鉢 ( ひばち )の向こう座にどっかとあぐらをかいた。 古藤は倉地を一目見るとすぐ倉地と悟ったらしかった。 いつもの癖で古藤はすぐ極度に固くなった。 中断された話の続きを持ち出しもしないで、黙ったまま少し 伏 ( ふ )し目になってひかえていた。 倉地は古藤から顔の見えないのをいい事に、早く古藤を返してしまえというような顔つきを葉子にして見せた。 葉子はわけはわからないままにその注意に従おうとした。 で、古藤の黙ってしまったのをいい事に、倉地と古藤とを引き合わせる事もせずに自分も黙ったまま静かに鉄びんの湯を 土 ( ど )びんに移して、茶を 二人 ( ふたり )に勧めて自分も 悠々 ( ゆうゆう )と飲んだりしていた。 突然古藤は居ずまいをなおして、 「もう僕は帰ります。 お話は中途ですけれどもなんだか僕はきょうはこれでおいとまがしたくなりました。 あとは必要があったら手紙を書きます」 そういって葉子にだけ 挨拶 ( あいさつ )して座を立った。 葉子は例の芸者のような姿のままで古藤を玄関まで送り出した。 「失礼しましてね、ほんとうにきょうは。 もう一度でようございますからぜひお会いになってくださいましな。 一生のお願いですから、ね」 と耳打ちするようにささやいたが古藤はなんとも答えず、雨の降り出したのに傘も借りずに出て行った。 「あなたったらまずいじゃありませんか、なんだってあんな幕に顔をお出しなさるの」 こうなじるようにいって葉子が座につくと、倉地は飲み終わった 茶 ( ちゃ )わんを 猫板 ( ねこいた )の上に とんと音をたてて伏せながら、 「あの男はお前、ばかにしてかかっているが、話を聞いていると妙に粘り強い所があるぞ。 ばかもあのくらいまっすぐにばかだと油断のできないものなのだ。 も少し話を続けていてみろ、お前のやり繰りでは間に合わなくなるから。 いったいなんでお前はあんな男をかまいつける必要があるんか、わからないじゃないか。 木村にでも未練があれば知らない事」 こういって不敵に笑いながら押し付けるように葉子を見た。 葉子は ぎくりと 釘 ( くぎ )を打たれたように思った。 倉地を しっかり握るまでは木村を離してはいけないと思っている胸算用を倉地に偶然にいい当てられたように思ったからだ。 しかし倉地がほんとうに葉子を安心させるためには、しなければならない大事な事が少なくとも一つ残っている。 それは倉地が葉子と 表向 ( おもてむ )き結婚のできるだけの始末をして見せる事だ。 手っ取り早くいえばその妻を離縁する事だ。 それまではどうしても木村をのがしてはならない。 そればかりではない、もし新聞の記事などが問題になって、倉地が事務長の位置を失うような事にでもなれば、少し気の毒だけれども木村を自分の鎖から解き放さずにおくのが何かにつけて便宜でもある。 葉子はしかし前の理由はおくびにも出さずにあとの理由を巧みに倉地に告げようと思った。 「きょうは雨になったで出かけるのが 大儀 ( たいぎ )だ。 昼には湯豆腐でもやって寝てくれようか」 そういって早くも倉地がそこに横になろうとするのを葉子はしいて起き返らした。 「 水戸 ( みと )とかでお座敷に出ていた人だそうですが、倉地さんに 落籍 ( ひか )されてからもう七八年にもなりましょうか、それは穏当ないい奥さんで、とても商売をしていた人のようではありません。 もっとも水戸の士族のお 娘御 ( むすめご )で出るが早いか倉地さんの所にいらっしゃるようになったんだそうですからそのはずでもありますが、ちっともすれていらっしゃらないでいて、気もおつきにはなるし、しとやかでもあり、……」 ある晩 双鶴館 ( そうかくかん )の 女将 ( おかみ )が話に来て 四方山 ( よもやま )のうわさのついでに倉地の妻の様子を語ったその言葉は、 はっきりと葉子の心に焼きついていた。 葉子はそれが 優 ( すぐ )れた人であると聞かされれば聞かされるほど 妬 ( ねた )ましさを増すのだった。 自分の目の前には大きな障害物がまっ暗に立ちふさがっているのを感じた。 また自分の生んだ子供に対する執着。 それを男も女も同じ程度にきびしく感ずるものかどうかは知らない。 しかしながら葉子自身の実感からいうと、なんといってもたとえようもなくその愛着は深かった。 葉子は定子を見ると知らぬ 間 ( ま )に木部に対して恋に等しいような強い感情を動かしているのに気がつく事がしばしばだった。 木部との愛着の結果定子が生まれるようになったのではなく、定子というものがこの世に生まれ出るために、木部と葉子とは愛着のきずなにつながれたのだとさえ考えられもした。 葉子はまた自分の父がどれほど葉子を 溺愛 ( できあい )してくれたかをも思ってみた。 葉子の経験からいうと、両親共いなくなってしまった今、慕わしさなつかしさを余計感じさせるものは、格別これといって情愛の 徴 ( しるし )を見せはしなかったが、始終 軟 ( やわ )らかい目色で自分たちを見守ってくれていた父のほうだった。 それから思うと男というものも自分の生ませた子供に対しては女に譲らぬ執着を持ちうるものに相違ない。 こんな過去の甘い回想までが今は葉子の心をむちうつ 笞 ( しもと )となった。 しかも倉地の妻と子とはこの東京に ちゃんと住んでいる。 倉地は毎日のようにその人たちにあっているのに相違ないのだ。 思う男をどこからどこまで自分のものにして、自分のものにしたという証拠を握るまでは、心が責めて責めて責めぬかれるような恋愛の残虐な力に葉子は昼となく夜となく打ちのめされた。 船の中での何事も打ち任せきったような心やすい気分は 他人事 ( ひとごと )のように、遠い昔の事のように悲しく思いやられるばかりだった。 どうしてこれほどまでに自分というものの落ちつき所を見失ってしまったのだろう。 そう思う下から、こうしては一刻もいられない。 早く早くする事だけをしてしまわなければ、取り返しがつかなくなる。 どこからどう手をつければいいのだ。 敵を 斃 ( たお )さなければ、敵は自分を 斃 ( たお )すのだ。 なんの 躊躇 ( ちゅうちょ )。 なんの思案。 倉地が去った人たちに未練を残すようならば自分の恋は石や 瓦 ( かわら )と同様だ。 自分の心で何もかも過去はいっさい焼き尽くして見せる。 木部もない、定子もない。 まして木村もない。 みんな捨てる、みんな忘れる。 その代わり倉地にも過去という過去をすっかり忘れさせずにおくものか。 それほどの 蠱惑 ( こわく )の力と情熱の炎とが自分にあるかないか見ているがいい。 そうしたいちずの熱意が身をこがすように燃え立った。 葉子は新聞記者の来襲を恐れて宿にとじこもったまま、 火鉢 ( ひばち )の前にすわって、倉地の不在の時はこんな 妄想 ( もうそう )に身も心もかきむしられていた。 だんだん募って来るような腰の痛み、肩の凝り。 そんなものさえ葉子の心をますますいらだたせた。 ことに倉地の帰りのおそい晩などは、葉子は座にも 居 ( い )たたまれなかった。 倉地の 居間 ( いま )になっている十畳の 間 ( ま )に行って、そこに倉地の 面影 ( おもかげ )を少しでも忍ぼうとした。 船の中での倉地との楽しい思い出は少しも浮かんで来ずに、どんな構えとも想像はできないが、とにかく倉地の 住居 ( すまい )のある 部屋 ( へや )に、三人の娘たちに取り巻かれて、美しい妻にかしずかれて杯を干している倉地ばかりが想像に浮かんだ。 そこに脱ぎ捨ててある倉地のふだん着はますます葉子の想像をほしいままにさせた。 いつでも葉子の情熱を引っつかんでゆすぶり立てるような倉地特有の膚の 香 ( にお )い、 芳醇 ( ほうじゅん )な酒や、 煙草 ( たばこ )からにおい出るようなその 香 ( にお )いを葉子は衣類をかき寄せて、それに顔を 埋 ( うず )めながら、 痲痺 ( まひ )して行くような気持ちでかぎにかいだ。 その 香 ( にお )いのいちばん奥に、中年の男に特有な ふけのような不快な 香 ( にお )い、他人ののであったなら葉子はひとたまりもなく鼻をおおうような不快な 香 ( にお )いをかぎつけると、葉子は肉体的にも一種の陶酔を感じて来るのだった。 その倉地が妻や娘たちに取り巻かれて楽しく一 夕 ( せき )を過ごしている。 そう思うとあり合わせるものを取って 打 ( ぶ )ちこわすか、つかんで引き裂きたいような衝動がわけもなく 嵩 ( こう )じて来るのだった。 それでも倉地が帰って来ると、それは夜おそくなってからであっても葉子はただ子供のように幸福だった。 それまでの不安や焦躁はどこにか行ってしまって、悪夢から幸福な世界に目ざめたように幸福だった。 葉子はすぐ走って行って倉地の胸にたわいなく抱かれた。 倉地も葉子を自分の胸に引き締めた。 葉子は広い厚い胸に抱かれながら、単調な宿屋の生活の一日中に起こった 些細 ( ささい )な事までを、その表情のゆたかな、鈴のような涼しい声で、自分を楽しませているもののごとく語った。 倉地は倉地でその声に酔いしれて見えた。 二人 ( ふたり )の幸福はどこに絶頂があるのかわからなかった。 二人だけで世界は完全だった。 葉子のする事は一つ一つ倉地の心がするように見えた。 倉地のこうありたいと思う事は葉子があらかじめそうあらせていた。 倉地のしたいと思う事は、葉子が ちゃんとし遂げていた。 茶わんの置き場所まで、着物のしまい 所 ( どころ )まで、倉地は自分の手でしたとおりを葉子がしているのを見いだしているようだった。 「しかし倉地は妻や娘たちをどうするのだろう」 こんな事をそんな幸福の最中にも葉子は考えない事もなかった。 しかし倉地の顔を見ると、そんな事は思うも恥ずかしいような 些細 ( ささい )な事に思われた。 葉子は倉地の中に すっかりとけ込んだ自分を見いだすのみだった。 定子までも犠牲にして倉地をその妻子から切り放そうなどいうたくらみはあまりにばからしい取り越し苦労であるのを思わせられた。 「そうだ生まれてからこのかたわたしが求めていたものはとうとう 来 ( こ )ようとしている。 しかしこんな事がこう手近にあろうとはほんとうに思いもよらなかった。 わたしみたいなばかはない。 この幸福の頂上が今だとだれか教えてくれる人があったら、わたしはその瞬間に喜んで死ぬ。 こんな幸福を見てから下り坂にまで生きているのはいやだ。 それにしてもこんな幸福でさえがいつかは下り坂になる時があるのだろうか」 そんな事を葉子は幸福に浸りきった夢心地の中に考えた。 葉子が東京に着いてから一週間目に、宿の 女将 ( おかみ )の周旋で、 芝 ( しば )の 紅葉館 ( こうようかん )と道一つ隔てた 苔香園 ( たいこうえん )という 薔薇 ( ばら )専門の植木屋の裏にあたる二階建ての家を借りる事になった。 それは元紅葉館の女中だった人がある豪商の 妾 ( めかけ )になったについて、その豪商という人が建ててあてがった 一構 ( ひとかま )えだった。 双鶴館 ( そうかくかん )の 女将 ( おかみ )はその女と懇意の間だったが、女に子供が幾人かできて少し手ぜま過ぎるので 他所 ( よそ )に移転しようかといっていたのを聞き知っていたので、女将のほうで適当な家をさがし出してその女を移らせ、そのあとを葉子が借りる事に取り計らってくれたのだった。 倉地が先に行って中の様子を見て来て、 杉林 ( すぎばやし )のために少し日当たりはよくないが、当分の隠れ 家 ( が )としては屈強だといったので、すぐさまそこに移る事に決めたのだった。 だれにも知れないように引っ越さねばならぬというので、荷物を小わけして持ち出すのにも、 女将 ( おかみ )は自分の女中たちにまで、それが倉地の本宅に運ばれるものだといって知らせた。 運搬人はすべて 芝 ( しば )のほうから頼んで来た。 そして荷物が あらかた片づいた所で、ある夜おそく、しかもびしょびしょと吹き降りのする寒い雨風のおりを選んで葉子は 幌車 ( ほろぐるま )に乗った。 葉子としてはそれほどの警戒をするには当たらないと思ったけれども、 女将 ( おかみ )がどうしてもきかなかった。 安全な所に送り込むまではいったんお引き受けした手まえ、気がすまないといい張った。 葉子があつらえておいた仕立ておろしの衣類を着かえているとそこに 女将 ( おかみ )も来合わせて脱ぎ返しの世話を見た。 襟 ( えり )の合わせ目をピンで留めながら葉子が着がえを終えて座につくのを見て、女将はうれしそうにもみ手をしながら、 「これであすこに大丈夫着いてくださりさえすればわたしは重荷が一つ降りると申すものです。 しかしこれからがあなたは 御大抵 ( ごたいてい )じゃこざいませんね。 あちらの奥様の事など思いますと、どちらにどうお仕向けをしていいやらわたしにはわからなくなります。 あなたのお心持ちもわたしは身にしみてお察し申しますが、どこから見ても批点の打ちどころのない奥様のお身の上もわたしには 御不憫 ( ごふびん )で涙がこぼれてしまうんでございますよ。 でね、これからの事についちゃわたしはこう決めました。 なんでもできます事ならと申し上げたいんでございますけれども、わたしには 心底 ( しんそこ )をお打ち明け申しました所、どちら様にも義理が立ちませんから、薄情でもきょうかぎりこのお話には手をひかせていただきます。 ……どうか悪くお取りになりませんようにね……どうもわたしはこんなでいながら 甲斐性 ( かいしょう )がございませんで……」 そういいながら 女将 ( おかみ )は口をきった時のうれしげな様子にも似ず、 襦袢 ( じゅばん )の 袖 ( そで )を引き出すひまもなく目に涙をいっぱいためてしまっていた。 葉子にはそれが恨めしくも憎くもなかった。 ただ何となく 親身 ( しんみ )な 切 ( せつ )なさが自分の胸にもこみ上げて来た。 「悪く取るどころですか。 世の中の人が 一人 ( ひとり )でもあなたのような心持ちで見てくれたら、わたしはその前に泣きながら頭を下げてありがとうございますという事でしょうよ。 これまでのあなたのお心尽くしでわたしはもう充分。 またいつか御恩返しのできる事もありましょう。 ……それではこれで御免くださいまし。 お 妹御 ( いもうとご )にもどうか着物のお礼をくれぐれもよろしく」 少し泣き声になってそういいながら、葉子は 女将 ( おかみ )とその妹 分 ( ぶん )にあたるという人に 礼心 ( れいごころ )に置いて行こうとする米国製の二つの 手携 ( てさ )げをしまいこんだ 違 ( ちが )い 棚 ( だな )をちょっと見やってそのまま座を立った。 雨風のために夜はにぎやかな往来もさすがに人通りが絶え 絶 ( だ )えだった。 車に乗ろうとして空を見上げると、雲はそう濃くはかかっていないと見えて、新月の光がおぼろに空を明るくしている中をあらし模様の雲が恐ろしい勢いで走っていた。 部屋 ( へや )の中の暖かさに引きかえて、湿気を充分に含んだ風は 裾前 ( すそまえ )をあおってぞくぞくと膚に 逼 ( せま )った。 ばたばたと風になぶられる 前幌 ( まえほろ )を車夫がかけようとしているすきから、 女将 ( おかみ )がみずみずしい 丸髷 ( まるまげ )を雨にも風にも思うまま打たせながら、女中のさしかざそうとする 雨傘 ( あまがさ )の陰に隠れようともせず、何か車夫にいい聞かせているのが大事らしく見やられた。 車夫が 梶棒 ( かじぼう )をあげようとする時 女将 ( おかみ )が祝儀袋をその手に渡すのが見えた。 「さようなら」 「お大事に」 はばかるように車の 内外 ( うちそと )から声がかわされた。 幌 ( ほろ )にのしかかって来る風に抵抗しながら車は 闇 ( やみ )の中を動き出した。 向かい風が うなりを立てて吹きつけて来ると、車夫は思わず車をあおらせて足を止めるほどだった。 この四五日 火鉢 ( ひばち )の前ばかりにいた葉子に取っては身を切るかと思われるような寒さが、厚い 膝 ( ひざ )かけの目まで通して襲って来た。 葉子は先ほど 女将 ( おかみ )の言葉を聞いた時にはさほどとも思っていなかったが、少しほどたった今になってみると、それがひしひしと身にこたえるのを感じ出した。 自分は ひょっとするとあざむかれている、もてあそびものにされている。 倉地はやはりどこまでもあの妻子と別れる気はないのだ。 ただ長い航海中の気まぐれから、出来心に自分を征服してみようと企てたばかりなのだ。 この恋の いきさつが葉子から持ち出されたものであるだけに、こんな心持ちになって来ると、葉子は矢もたてもたまらず自分にひけ目を覚えた。 倉地は船の中でと同様の喜びでまだ葉子を喜んではいる。 それに疑いを入れよう余地はない。 けれども美しい貞節な妻と 可憐 ( かれん )な娘を三人まで持っている倉地の心がいつまで葉子にひかされているか、それをだれが語り得よう、葉子の心は 幌 ( ほろ )の中に吹きこむ風の寒さと共に冷えて行った。 世の中からきれいに離れてしまった孤独な魂がたった一つそこには見いだされるようにも思えた。 どこにうれしさがある、楽しさがある。 自分はまた一つの今までに味わわなかったような苦悩の中に身を投げ込もうとしているのだ。 またうまうまといたずら者の運命にしてやられたのだ。 それにしてももうこの瀬戸ぎわから引く事はできない。 死ぬまで……そうだ死んでもこの苦しみに浸りきらずに置くものか。 葉子には楽しさが苦しさなのか、苦しさが楽しさなのか、全く見さかいがつかなくなってしまっていた。 魂を締め木にかけてその油でもしぼりあげるようなもだえの中にやむにやまれぬ執着を見いだしてわれながら驚くばかりだった。 ふと車が 停 ( と )まって 梶棒 ( かじぼう )がおろされたので葉子は はっと夢 心地 ( ごこち )からわれに返った。 恐ろしい吹き降りになっていた。 車夫が片足で梶棒を踏まえて、風で車のよろめくのを防ぎながら、 前幌 ( まえほろ )をはずしにかかると、まっ暗だった前方からかすかに光がもれて来た。 頭の上ではざあざあと降りしきる雨の中に、荒海の 潮騒 ( しおざい )のような物すごい響きが何か変事でもわいて起こりそうに聞こえていた。 葉子は車を出ると風に吹き飛ばされそうになりながら、髪や新調の着物のぬれるのもかまわず空を仰いで見た。 漆 ( うるし )を流したような雲で固くとざされた雲の中に、 漆 ( うるし )よりも色濃くむらむらと立ち騒いでいるのは古い 杉 ( すぎ )の 木立 ( こだ )ちだった。 花壇らしい 竹垣 ( たけがき )の中の 灌木 ( かんぼく )の類は枝先を地につけんばかりに吹きなびいて、枯れ葉が 渦 ( うず )のようにばらばらと飛び回っていた。 葉子はわれにもなくそこに べったりすわり込んでしまいたくなった。 「おい早くはいらんかよ、ぬれてしまうじゃないか」 倉地がランプの 灯 ( ひ )をかばいつつ家の中からどなるのが風に吹きちぎられながら聞こえて来た。 倉地がそこにいるという事さえ葉子には意外のようだった。 だいぶ離れた所で どたんと戸か何かはずれたような音がしたと思うと、風はまた一しきり うなりを立てて 杉叢 ( すぎむら )をこそいで通りぬけた。 車夫は葉子を助けようにも 梶棒 ( かじぼう )を離れれば車をけし飛ばされるので、 提灯 ( ちょうちん )の 尻 ( しり )を 風上 ( かざかみ )のほうに 斜 ( しゃ )に向けて目八 分 ( ぶ )に上げながら何か大声に後ろから声をかけていた。 葉子はすごすごとして玄関口に近づいた。 一杯きげんで待ちあぐんだらしい倉地の顔の酒ほてりに似ず、葉子の顔は透き通るほど青ざめていた。 なよなよとまず敷き台に腰をおろして、十歩ばかり歩くだけで 泥 ( どろ )になってしまった 下駄 ( げた )を、足先で手伝いながら脱ぎ捨てて、ようやく板の 間 ( ま )に立ち上がってから、うつろな目で倉地の顔を じっと見入った。 「どうだった寒かったろう。 まあこっちにお上がり」 そう倉地はいって、そこに出合わしていた女中らしい人に手ランプを渡すと 華車 ( きゃしゃ )な少し急な 階子段 ( はしごだん )をのぼって行った。 葉子は 吾妻 ( あずま )コートも脱がずにいいかげんぬれたままで黙ってそのあとからついて行った。 二階の 間 ( ま )は電燈で 昼間 ( ひるま )より明るく葉子には思われた。 戸という戸が がたぴしと鳴りはためいていた。 板 葺 ( ぶ )きらしい屋根に一寸 釘 ( くぎ )でもたたきつけるように雨が降りつけていた。 座敷の中は暖かくいきれて、飲み食いする物が散らかっているようだった。 葉子の注意の中にはそれだけの事がかろうじてはいって来た。 そこに立ったままの倉地に葉子は吸いつけられるように身を投げかけて行った。 倉地も迎え取るように葉子を抱いたと思うとそのままそこに どっかとあぐらをかいた。 そして自分のほてった 頬 ( ほお )を葉子のにすり付けるとさすがに驚いたように、 「こりゃどうだ冷えたにも氷のようだ」 といいながらその顔を見入ろうとした。 しかし葉子は 無性 ( むしょう )に自分の顔を倉地の広い暖かい胸に 埋 ( うず )めてしまった。 なつかしみと憎しみとのもつれ合った、かつて経験しない激しい情緒がすぐに葉子の涙を誘い出した。 ヒステリーのように 間歇的 ( かんけつてき )にひき起こるすすり泣きの声をかみしめてもかみしめてもとめる事ができなかった。 葉子はそうしたまま倉地の胸で 息気 ( いき )を引き取る事ができたらと思った。 それとも自分のなめているような魂のもだえの中に倉地を巻き込む事ができたらばとも思った。 いそいそと世話女房らしく喜び勇んで二階に上がって来る葉子を見いだすだろうとばかり思っていたらしい倉地は、この理由も知れぬ葉子の狂体に驚いたらしかった。 「どうしたというんだな、え」 と低く力をこめていいながら、葉子を自分の胸から引き離そうとするけれども、葉子はただ無性にかぶりを振るばかりで、 駄々児 ( だだっこ )のように、倉地の胸にしがみついた。 徐 ( しず )かにではあるけれども倉地の心はだんだん葉子の心持ちに染められて行くようだった。 葉子をかき 抱 ( いだ )く倉地の腕の力は静かに加わって行った。 その 息気 ( いき )づかいは荒くなって来た。 葉子は気が遠くなるように思いながら、締め殺すほど引きしめてくれと念じていた。 そして顔を伏せたまま涙のひまから切れ切れに叫ぶように声を放った。 「捨てないでちょうだいとはいいません……捨てるなら捨ててくださってもようござんす……その代わり……その代わり…… はっきりおっしゃってください、ね……わたしはただ引きずられて行くのがいやなんです……」 「何をいってるんだお前は……」 倉地のかんでふくめるような声が耳もと近く葉子にこうささやいた。 「それだけは……それだけは誓ってください……ごまかすのはわたしはいや……いやです」 「何を……何をごまかすかい」 「そんな言葉がわたしはきらいです」 「葉子!」 倉地はもう熱情に燃えていた。 しかしそれはいつでも葉子を抱いた時に倉地に起こる野獣のような熱情とは少し違っていた。 そこにはやさしく女の心をいたわるような影が見えた。 葉子はそれをうれしくも思い、物足らなくも思った。 葉子の心の中は倉地の妻の事をいい出そうとする熱意でいっぱいになっていた。 その妻が貞淑な美しい女であると思えば思うほど、その人が 二人 ( ふたり )の間にはさまっているのが 呪 ( のろ )わしかった。 たとい捨てられるまでも一度は倉地の心をその女から根こそぎ奪い取らなければ 堪念 ( たんねん )ができないようなひたむきに狂暴な欲念が胸の中でははち切れそうに煮えくり返っていた。 けれども葉子はどうしてもそれを口の 端 ( は )に 上 ( のぼ )せる事はできなかった。 その瞬間に自分に対する誇りが 塵芥 ( ちりあくた )のように踏みにじられるのを感じたからだ。 葉子は自分ながら自分の心がじれったかった。 倉地のほうから 一言 ( ひとこと )もそれをいわないのが恨めしかった。 倉地はそんな事はいうにも足らないと思っているのかもしれないが……いゝえそんな事はない、そんな事のあろうはずはない。 倉地はやはり 二股 ( ふたまた )かけて自分を愛しているのだ。 男の心にはそんなみだらな未練があるはずだ。 男の心とはいうまい、自分も倉地に出あうまでは、異性に対する自分の愛を勝手に三つにも四つにも裂いてみる事ができたのだ。 ……葉子はここにも自分の暗い過去の経験のために責めさいなまれた。 進んで恋のとりことなったものが当然陥らなければならないたとえようのないほど暗く深い疑惑はあとからあとから口実を作って葉子を襲うのだった。 葉子の胸は言葉どおりに張り裂けようとしていた。 しかし葉子の心が 傷 ( いた )めば 傷 ( いた )むほど倉地の心は熱して見えた。 倉地はどうして葉子がこんなにきげんを悪くしているのかを思い迷っている様子だった。 倉地はやがてしいて葉子を自分の胸から引き放してその顔を強く見守った。 「何をそう理屈もなく泣いているのだ……お前はおれを 疑 ( うたぐ )っているな」 葉子は「疑わないでいられますか」と答えようとしたが、どうしてもそれは自分の 面目 ( めんぼく )にかけて口には出せなかった。 葉子は涙に解けて漂うような目を恨めしげに大きく開いて黙って倉地を見返した。 「きょうおれはとうとう本店から呼び出されたんだった。 船の中での事をそれとなく聞きただそうとしおったから、おれは残らずいってのけたよ。 新聞におれたちの事が出た時でもが、あわてるがものはないと思っとったんだ。 どうせいつかは知れる事だ。 知れるほどなら、大っぴらで早いがいいくらいのものだ。 近いうちに会社のほうは首になろうが、おれは、葉子、それが満足なんだぞ。 自分で自分の 面 ( つら )に 泥 ( どろ )を塗って喜んでるおれがばかに見えような」 そういってから倉地は激しい力で再び葉子を自分の胸に引き寄せようとした。 葉子はしかしそうはさせなかった。 素早 ( すばや )く倉地の 膝 ( ひざ )から飛びのいて畳の上に 頬 ( ほお )を伏せた。 倉地の言葉をそのまま信じて、 素直 ( すなお )にうれしがって、心を涙に溶いて泣きたかった。 しかし万一倉地の言葉がその場のがれの勝手な造り事だったら……なぜ倉地は自分の妻や子供たちの事をいっては聞かせてくれないのだ。 葉子はわけのわからない涙を泣くより 術 ( すべ )がなかった。 葉子は 突 ( つ )っ 伏 ( ぷ )したままでさめざめと泣き出した。 戸外のあらしは気勢を加えて、物すさまじくふけて行く夜を荒れ狂った。 「おれのいうた事がわからんならまあ見とるがいいさ。 おれはくどい事は 好 ( す )かんからな」 そういいながら倉地は自分を抑制しようとするようにしいて落ち着いて、葉巻を取り上げて 煙草盆 ( たばこぼん )を引き寄せた。 葉子は心の中で自分の態度が倉地の気をまずくしているのをはらはらしながら思いやった。 気をまずくするだけでもそれだけ倉地から離れそうなのがこの上なくつらかった。 しかし自分で自分をどうする事もできなかった。 葉子はあらしの中にわれとわが身をさいなみながらさめざめと泣き続けた。 「何をわたしは考えていたんだろう。 どうかして心が狂ってしまったんだ。 こんな事はついぞない事だのに」 葉子はその夜倉地と 部屋 ( へや )を別にして床についた。 倉地は階上に、葉子は階下に。 絵島丸以来 二人 ( ふたり )が離れて寝たのはその夜が始めてだった。 倉地が 真心 ( まごころ )をこめた様子でかれこれいうのを、葉子はすげなくはねつけて、せっかくとってあった二階の寝床を、女中に下に運ばしてしまった。 横になりはしたがいつまでも寝つかれないで二時近くまで言葉どおりに 輾転 ( てんてん )反側しつつ、繰り返し繰り返し倉地の夫婦関係を種々に 妄想 ( もうそう )したり、自分にまくしかかって来る将来の運命をひたすらに黒く塗ってみたりしていた。 それでも果ては頭もからだも疲れ果てて夢ばかりな眠りに陥ってしまった。 あらしのために電線に故障ができたと見えて、眠る時にはつけ放しにしておいた 灯 ( ひ )がどこもここも消えているらしかった。 あらしはしかしいつのまにか 凪 ( な )ぎてしまって、あらしのあとの晩秋の夜はことさら静かだった。 山内 ( さんない )いちめんの 杉森 ( すぎもり )からは深山のような 鬼気 ( きき )がしんしんと吐き出されるように思えた。 こおろぎが隣の部屋のすみでかすれがすれに声を立てていた。 わずかなしかも浅い睡眠には過ぎなかったけれども葉子の頭は暁 前 ( まえ )の冷えを感じて 冴 ( さ )え 冴 ( ざ )えと澄んでいた。 葉子はまず自分がたった 一人 ( ひとり )で寝ていた事を思った。 倉地と関係がなかったころはいつでも一人で寝ていたのだが、よくもそんな事が長年にわたってできたものだったと自分ながら不思議に思われるくらい、それは今の葉子を物足らなく心さびしくさせていた。 こうして静かな心になって考えると倉地の葉子に対する愛情が誠実であるのを疑うべき余地はさらになかった。 日本に帰ってから幾日にもならないけれども、今まではとにかく倉地の熱意に少しも変わりが起こった所は見えなかった。 いかに恋に目がふさがっても、葉子はそれを見きわめるくらいの冷静な 眼力 ( がんりき )は持っていた。 そんな事は充分に知り抜いているくせに、おぞましくも昨夜のようなばかなまねをしてしまった自分が自分ながら不思議なくらいだった。 どんなに情に激した時でもたいていは自分を見失うような事はしないで通して来た葉子にはそれがひどく恥ずかしかった。 そして夜着にかけた洗い立てのキャリコの裏の冷え冷えするのをふくよかな 頤 ( おとがい )に感じながら心の中で 独語 ( ひとりご )ちた。 「何をわたしは考えていたんだろう。 どうかして心が狂ってしまったんだ。 こんな事はついぞない事だのに」 そういいながら葉子は肩だけ起き直って、 枕 ( まくら )もとの水を手さぐりでしたたか飲みほした。 氷のように冷えきった水が 喉 ( のど )もとを静かに流れ下って胃の 腑 ( ふ )に広がるまで はっきりと感じられた。 酒も飲まないのだけれども、酔後の水と同様に、胃の腑に味覚ができて舌の知らない味を味わい得たと思うほど快く感じた。 それほど胸の中は熱を持っていたに違いない。 けれども足のほうは反対に恐ろしく冷えを感じた。 少しその位置を動かすと白さをそのままな寒い感じがシーツから 逼 ( せま )って来るのだった。 葉子はまたきびしく倉地の胸を思った。 それは寒さと愛着とから葉子を追い立てて二階に走らせようとするほどだった。 しかし葉子はすでにそれを じっとこらえるだけの冷静さを回復していた。 倉地の妻に対する処置は昨夜のようであっては手ぎわよくは成し遂げられぬ。 翌日葉子はそれでも倉地より先に目をさまして手早く着がえをした。 自分で板戸を繰りあけて見ると、縁先には、枯れた花壇の草や 灌木 ( かんぼく )が風のために吹き乱された小庭があって、その先は、 杉 ( すぎ )、松、その他の 喬木 ( きょうぼく )の茂みを隔てて 苔香園 ( たいこうえん )の手広い庭が見やられていた。 きのうまでいた 双鶴館 ( そうかくかん )の周囲とは全く違った、同じ東京の内とは思われないような静かな 鄙 ( ひな )びた自然の姿が葉子の目の前には見渡された。 まだ晴れきらない 狭霧 ( さぎり )をこめた空気を通して、杉の葉越しにさしこむ朝の日の光が、雨に しっとりと潤った庭の黒土の上に、まっすぐな杉の幹を 棒縞 ( ぼうじま )のような影にして落としていた。 色さまざまな桜の落ち葉が、 日向 ( ひなた )では黄に 紅 ( くれない )に、日影では 樺 ( かば )に紫に庭をいろどっていた。 いろどっているといえば菊の花もあちこちにしつけられていた。 しかし一帯の趣味は葉子の喜ぶようなものではなかった。 塵 ( ちり )一つさえないほど、貧しく見える 瀟洒 ( しょうしゃ )な趣味か、どこにでも金銀がそのまま捨ててあるような 驕奢 ( きょうしゃ )な趣味でなければ満足ができなかった。 残ったのを捨てるのが惜しいとかもったいないとかいうような心持ちで、余計な石や植木などを入れ込んだらしい庭の造りかたを見たりすると、すぐさまむしり取って目にかからない所に投げ捨てたく思うのだった。 その小庭を見ると葉子の心の中にはそれを自分の思うように造り変える計画がうずうずするほどわき上がって来た。 それから葉子は家の中をすみからすみまで見て回った。 きのう玄関口に葉子を出迎えた女中が、戸を繰る音を聞きつけて、いち早く葉子の所に飛んで来たのを案内に立てた。 十八九の小ぎれいな娘で、きびきびした気象らしいのに、いかにも 蓮 ( はす )っ 葉 ( ぱ )でない、主人を持てば主人思いに違いないのを葉子は一目で見ぬいて、これはいい人だと思った。 それはやはり双鶴館の 女将 ( おかみ )が周旋してよこした、宿に出入りの豆腐屋の娘だった。 つや(彼女の名はつやといった)は 階子段 ( はしごだん )下の玄関に続く六畳の茶の間から始めて、その隣の床の間付きの十二畳、それから十二畳と廊下を隔てて玄関とならぶ茶席 風 ( ふう )の六畳を案内し、廊下を通った突き当たりにある思いのほか手広い台所、 風呂場 ( ふろば )を経て張り出しになっている六畳と四畳半(そこがこの家を建てた主人の居間となっていたらしく、すべての造作に特別な 数寄 ( すき )が凝らしてあった)に行って、その雨戸を繰り明けて庭を見せた。 そこの前栽は割合に荒れずにいて、ながめが美しかったが、葉子は 垣根 ( かきね )越しに 苔香園 ( たいこうえん )の 母屋 ( おもや )の下の便所らしいきたない建て物の屋根を見つけて困ったものがあると思った。 そのほかには台所のそばにつやの四畳半の 部屋 ( へや )が西向きについていた。 女中部屋を除いた五つの部屋はいずれも なげし付きになって、三つまでは床の間さえあるのに、どうして集めたものかとにかく掛け物なり置き物なりが ちゃんと飾られていた。 家の造りや庭の様子などにはかなりの注文も相当の眼識も持ってはいたが、絵画や書の事になると葉子はおぞましくも鑑識の力がなかった。 生まれつき機敏に働く才気のお陰で、見たり聞いたりした所から、美術を愛好する人々と 膝 ( ひざ )をならべても、とにかくあまり ぼろらしい ぼろは出さなかったが、若い美術家などがほめる作品を見てもどこが 優 ( すぐ )れてどこに美しさがあるのか葉子には少しも見当のつかない事があった。 絵といわず字といわず、文学的の作物などに対しても葉子の頭はあわれなほど通俗的であるのを葉子は自分で知っていた。 しかし葉子は自分の負けじ魂から自分の見方が凡俗だとは思いたくなかった。 芸術家などいう連中には、 骨董 ( こっとう )などをいじくって 古味 ( ふるみ )というようなものをありがたがる風流人と共通したような気取りがある。 その 似而非 ( えせ )気取りを葉子は幸いにも持ち合わしていないのだと決めていた。 葉子はこの家に持ち込まれている 幅物 ( ふくもの )を見て回っても、ほんとうの値打ちがどれほどのものだかさらに見当がつかなかった。 ただあるべき所にそういう物のあることを満足に思った。 つやの部屋のきちんと手ぎわよく片づいているのや、二三日 空家 ( あきや )になっていたのにも係わらず、台所がきれいにふき 掃除 ( そうじ )がされていて、 布巾 ( ふきん )などが 清々 ( すがすが )しくからからにかわかしてかけてあったりするのは一々葉子の目を快く刺激した。 思ったより住まい勝手のいい家と、はきはきした清潔ずきな女中とを得た事がまず葉子の寝起きの心持ちをすがすがしくさせた。 葉子はつやのくんで出したちょうどいいかげんの湯で顔を洗って、軽く化粧をした。 昨夜の事などは気にもかからないほど心は軽かった。 葉子はその軽い心を抱きながら静かに二階に上がって行った。 何とはなしに倉地に甘えたいような、わびたいような気持ちで そっと 襖 ( ふすま )を明けて見ると、あの強烈な倉地の膚の 香 ( にお )いが暖かい空気に満たされて鼻をかすめて来た。 葉子はわれにもなく駆けよって、仰向けに熟睡している倉地の上に 羽 ( は )がいにのしかかった。 暗い中で倉地は目ざめたらしかった。 そして黙ったまま葉子の髪や着物から 花 ( か )べんのようにこぼれ落ちるなまめかしい 香 ( かお )りを夢 心地 ( ごこち )でかいでいるようだったが、やがて物たるげに、 「もう起きたんか。 何時 ( なんじ )だな」 といった。 まるで大きな子供のようなその無邪気さ。 葉子は思わず自分の 頬 ( ほお )を倉地のにすりつけると、寝起きの倉地の頬は火のように熱く感ぜられた。 「もう八時。 ……お起きにならないと横浜のほうがおそくなるわ」 倉地はやはり物たるげに、 袖口 ( そでぐち )から にょきんと現われ出た太い腕を延べて、短い 散切 ( ざんぎ )り頭をごしごしとかき回しながら、 「横浜?……横浜にはもう用はないわい。 いつ首になるか知れないおれがこの上の御奉公をしてたまるか。 これもみんなお前のお陰だぞ。 業 ( ごう )つくばりめ」 といって いきなり葉子の首筋を腕にまいて自分の胸に押しつけた。 しばらくして倉地は寝床を出たが、昨夜の事などは けろりと忘れてしまったように平気でいた。 二人 ( ふたり )が始めて離れ 離 ( ばな )れに寝たのにも 一言 ( ひとこと )もいわないのがかすかに葉子を物足らなく思わせたけれども、葉子は胸が広々としてなんという事もなく喜ばしくってたまらなかった。 で、倉地を残して台所におりた。 自分で自分の食べるものを料理するという事にもかつてない物珍しさとうれしさとを感じた。 畳一 畳 ( じょう )がた日のさしこむ茶の間の六畳で二人は 朝餉 ( あさげ )の 膳 ( ぜん )に向かった。 かつては 葉山 ( はやま )で木部と二人でこうした楽しい膳に向かった事もあったが、その時の心持ちと今の心持ちとを比較する事もできないと葉子は思った。 木部は自分でのこのこと台所まで出かけて来て、長い自炊の経験などを得意げに話して聞かせながら、自分で米をといだり、火をたきつけたりした。 その当座は葉子もそれを楽しいと思わないではなかった。 しかししばらくのうちにそんな事をする木部の心持ちがさもしくも思われて来た。 おまけに木部は一日一日とものぐさになって、自分では手を下しもせずに、邪魔になる所に突っ立ったままさしずがましい事をいったり、葉子には何らの感興も起こさせない長詩を例の御自慢の美しい声で朗々と吟じたりした。 葉子はそんな目にあうと 軽蔑 ( けいべつ )しきった冷ややかなひとみで じろりと見返してやりたいような気になった。 倉地は始めからそんな事は てんでしなかった。 大きな 駄々児 ( だだっこ )のように、顔を洗うと いきなり 膳 ( ぜん )の前にあぐらをかいて、葉子が作って出したものを片端からむしゃむしゃときれいに片づけて行った。 これが木部だったら、出す物の一つ一つに知ったかぶりの講釈をつけて、葉子の腕まえを感傷的にほめちぎって、かなりたくさんを食わずに残してしまうだろう。 そう思いながら葉子は目でなでさするようにして倉地が一心に 箸 ( はし )を動かすのを見守らずにはいられなかった。 やがて箸と茶わんとを からりとなげ捨てると、倉地は所在なさそうに葉巻をふかしてしばらくそこらをながめ回していたが、 いきなり立ち上がって 尻 ( しり )っ ぱしょりをしながら 裸足 ( はだし )のまま庭に飛んで降りた。 そしてハーキュリーズが針仕事でもするような ぶきっちょうな様子で、狭い庭を歩き回りながら片すみから片づけ出した。 まだ びしゃびしゃするような土の上に大きな足跡が縦横にしるされた。 まだ枯れ果てない菊や 萩 ( はぎ )などが雑草と一緒くたに情けも容赦もなく根こぎにされるのを見るとさすがの葉子もはらはらした。 そして縁ぎわにしゃがんで柱にもたれながら、時にはあまりのおかしさに高く声をあげて笑いこけずにはいられなかった。 倉地は少し働き疲れると苔香園のほうをうかがったり、台所のほうに気を配ったりしておいて、大急ぎで葉子のいる所に寄って来た。 そして 泥 ( どろ )になった手を後ろに回して、上体を前に折り曲げて、葉子の鼻の先に自分の顔を突き出してお 壺口 ( つぼぐち )をした。 葉子もいたずららしく周囲に目を配ってその顔を両手にはさみながら自分の口びるを与えてやった。 倉地は勇み立つようにしてまた土の上にしゃがみこんだ。 倉地はこうして一日働き続けた。 日がかげるころになって葉子も一緒に庭に出てみた。 ただ乱暴な、しょう事なしのいたずら仕事とのみ思われたものが、片づいてみるとどこからどこまで要領を得ているのを発見するのだった。 葉子が気にしていた便所の屋根の前には、庭のすみにあった 椎 ( しい )の木が移してあったりした。 玄関前の両側の花壇の 牡丹 ( ぼたん )には、 藁 ( わら )で器用に霜がこいさえしつらえてあった。 こんなさびしい杉森の中の家にも、時々紅葉館のほうから音曲の音がくぐもるように聞こえて来たり、 苔香園 ( たいこうえん )から 薔薇 ( ばら )の 香 ( かお )りが風の具合で ほんのりとにおって来たりした。 ここにこうして倉地と住み続ける喜ばしい期待はひと向きに葉子の心を奪ってしまった。 平凡な人妻となり、子を生み、葉子の姿を魔物か何かのように 冷笑 ( あざわら )おうとする、葉子の旧友たちに対して、かつて葉子がいだいていた火のような憤りの心、腐っても死んでもあんなまねはして見せるものかと誓うように心であざけったその葉子は、洋行前の自分というものをどこかに置き忘れたように、そんな事は思いも出さないで、旧友たちの 通 ( とお )って来た道筋にひた走りに走り込もうとしていた。 こんな夢のような楽しさがたわいもなく一週間ほどはなんの故障もひき起こさずに続いた。 歓楽に 耽溺 ( たんでき )しやすい、従っていつでも現在をいちばん楽しく過ごすのを生まれながら本能としている葉子は、こんな 有頂天 ( うちょうてん )な 境界 ( きょうがい )から一歩でも踏み出す事を極端に憎んだ。 葉子が帰ってから一度しか会う事のできない妹たちが、休日にかけてしきりに遊びに来たいと訴え来るのを、病気だとか、家の中が片づかないとか、口実を設けて拒んでしまった。 木村からも古藤の所か 五十川 ( いそがわ )女史の所かにあててたよりが来ているには相違ないと思ったけれども、五十川女史はもとより古藤の所にさえ住所が知らしてないので、それを回送してよこす事もできないのを葉子は知っていた。 しかし葉子はいつでも思い捨てるようにその名を心の中から振り落とそうと努めた。 倉地の妻の事は何かの 拍子 ( ひょうし )につけて心を打った。 この瞬間だけは葉子の胸は呼吸もできないくらい引き締められた。 それでも葉子は現在目前の歓楽をそんな心痛で破らせまいとした。 そしてそのためには倉地にあらん限りの 媚 ( こ )びと親切とをささげて、倉地から同じ程度の 愛撫 ( あいぶ )をむさぼろうとした。 そうする事が自然にこの難題に解決をつける 導火線 ( みちび )にもなると思った。 倉地も葉子に譲らないほどの執着をもって葉子がささげる杯から歓楽を飲み飽きようとするらしかった。 不休の活動を 命 ( いのち )としているような倉地ではあったけれども、この家に移って来てから、家を明けるような事は一度もなかった。 それは倉地自身が告白するように 破天荒 ( はてんこう )な事だったらしい。 二人 ( ふたり )は、初めて恋を知った少年少女が 世間 ( せけん )も義理も忘れ果てて、 生命 ( いのち )さえ忘れ果てて肉体を破ってまでも魂を一つに溶かしたいとあせる、それと同じ熱情をささげ合って互い互いを楽しんだ。 楽しんだというよりも苦しんだ。 その苦しみを楽しんだ。 倉地はこの家に移って以来新聞も配達させなかった。 郵便だけは移転通知をして置いたので倉地の手もとに届いたけれども、倉地はその表書きさえ目を通そうとはしなかった。 毎日の郵便はつやの手によって 束 ( たば )にされて、葉子が自分の 部屋 ( へや )に定めた玄関わきの六畳の 違 ( ちが )い 棚 ( だな )にむなしく積み重ねられた。 葉子の手もとには妹たちからのほかには一枚のはがきさえ来なかった。 それほど世間から自分たちを切り放しているのを 二人 ( ふたり )とも苦痛とは思わなかった。 苦痛どころではない、それが幸いであり誇りであった。 門には「木村」とだけ書いた小さい 門札 ( もんさつ )が出してあった。 木村という平凡な姓は二人の楽しい巣を世間にあばくような事はないと倉地がいい出したのだった。 しかしこんな生活を倉地に長い間要求するのは無理だということを葉子はついに感づかねばならなかった。 ある夕食の 後 ( のち )倉地は二階の一 間 ( ま )で葉子を力強く 膝 ( ひざ )の上に抱き取って、甘い 私語 ( ささやき )を取りかわしていた時、葉子が情に激して倉地に与えた熱い 接吻 ( せっぷん )の後にすぐ、倉地が思わず出たあくびを じっとかみ殺したのをいち早く見て取ると、葉子はこの種の歓楽がすでに峠を越した事を知った。 その夜は葉子には不幸な一夜だった。 かろうじて築き上げた永遠の 城塞 ( じょうさい )が、はかなくも瞬時の 蜃気楼 ( しんきろう )のように見る見るくずれて行くのを感じて、倉地の胸に抱かれながらほとんど一夜を眠らずに通してしまった。 それでも翌日になると葉子は快活になっていた。 ことさら快活に振る舞おうとしていたには違いないけれども、葉子の倉地に対する 溺愛 ( できあい )は葉子をしてほとんど自然に近い容易さをもってそれをさせるに充分だった。 「きょうはわたしの 部屋 ( へや )でおもしろい事して遊びましょう。 いらっしゃいな」 そういって少女が少女を誘うように 牡牛 ( おうし )のように大きな倉地を誘った。 倉地は 煙 ( けむ )ったい顔をしながら、それでもそのあとからついて来た。 部屋はさすがに葉子のものであるだけ、どことなく女性的な 軟 ( やわ )らか味を持っていた。 東向きの 腰高窓 ( こしだかまど )には、もう冬といっていい十一月末の日が熱のない強い光を 射 ( い )つけて、アメリカから買って帰った上等の香水をふりかけた 匂 ( にお )い 玉 ( だま )からかすかながらきわめて上品な 芳芬 ( ほうふん )を静かに部屋の中にまき散らしていた。 葉子はその匂い玉の下がっている壁ぎわの柱の下に、自分にあてがわれた きらびやかな 縮緬 ( ちりめん )の座ぶとんを移して、それに倉地をすわらせておいて、 違 ( ちが )い 棚 ( だな )から郵便の束をいくつとなく取りおろして来た。 「さあけさは岩戸のすきから世の中をのぞいて見るのよ。 それもおもしろいでしょう」 といいながら倉地に寄り添った。 倉地は幾十通とある郵便物を見たばかりでいいかげん げんなりした様子だったが、だんだんと興味を催して来たらしく、日の順に一つの束からほどき始めた。 いかにつまらない事務用の通信でも、交通 遮断 ( しゃだん )の孤島か、障壁で高く囲まれた美しい 牢獄 ( ろうごく )に閉じこもっていたような二人に取っては予想以上の 気散 ( きさん )じだった。 倉地も葉子もありふれた文句にまで思い存分の批評を加えた。 こういう時の葉子はそのほとばしるような暖かい才気のために世にすぐれておもしろ味の多い女になった。 口をついて出る言葉言葉がどれもこれも 絢爛 ( けんらん )な色彩に包まれていた。 二日目の所には 岡 ( おか )から来た手紙が現われ出た。 船の中での礼を述べて、とうとう葉子と同じ船で帰って来てしまったために、 家元 ( いえもと )では相変わらずの薄志弱行と人 毎 ( ごと )に思われるのが彼を深く責める事や、葉子に手紙を出したいと思ってあらゆる手がかりを尋ねたけれども、どうしてもわからないので会社で聞き合わせて事務長の住所を知り得たからこの手紙を出すという事や、自分はただただ葉子を姉と思って尊敬もし慕いもしているのだから、せめてその心を通わすだけの自由が与えてもらいたいという事だのが、思い入った調子で、 下手 ( へた )な字体で書いてあった。 葉子は 忘却 ( ぼうきゃく )の 廃址 ( はいし )の中から、 生々 ( なまなま )とした少年の大理石像を掘りあてた人のようにおもしろがった。 「わたしが愛子の年ごろだったらこの人と 心中 ( しんじゅう )ぐらいしているかもしれませんね。 あんな心を持った人でも少し 齢 ( とし )を取ると男はあなたみたいになっちまうのね」 「あなたとはなんだ」 「あなたみたいな悪党に」 「それはお 門 ( かど )が違うだろう」 「違いませんとも……御同様にというほうがいいわ。 私は心だけあなたに来て、からだはあの人にやるとほんとはよかったんだが……」 「ばか! おれは心なんぞに用はないわい」 「じゃ心のほうをあの人にやろうかしらん」 「そうしてくれ。 お前にはいくつも心があるはずだから、ありったけくれてしまえ」 「でもかわいそうだからいちばん小さそうなのを一つだけあなたの分に残して置きましょうよ」 そういって 二人 ( ふたり )は笑った。 倉地は返事を出すほうに岡のその手紙を 仕分 ( しわ )けた。 葉子はそれを見て軽い好奇心がわくのを覚えた。 たくさんの中からは古藤のも出て来た。 あて名は倉地だったけれども、その中からは木村から葉子に送られた 分厚 ( ぶあつ )な手紙だけが封じられていた。 それと同時な木村の手紙があとから二本まで現われ出た。 葉子は倉地の見ている前で、そのすべてを読まないうちにずたずたに引き裂いてしまった。 「ばかな事をするじゃない。 読んで見るとおもしろかったに」 葉子を占領しきった自信を誇りがな微笑に見せながら倉地はこういった。 「読むとせっかくの昼御飯がおいしくなくなりますもの」 そういって葉子は 胸 ( むな )くその悪いような顔つきをして見せた。 二人はまたたわいなく笑った。 報正新報社からのもあった。 それを見ると倉地は、一時はもみ消しをしようと思って わたりをつけたりしたのでこんなものが来ているのだがもう用はなくなったので見るには及ばないといって、今度は倉地が封のままに引き裂いてしまった。 葉子はふと自分が木村の手紙を裂いた心持ちを倉地のそれにあてはめてみたりした。 しかしその疑問もすぐ過ぎ去ってしまった。 やがて郵船会社からあてられた 江戸川紙 ( えどがわし )の大きな封書が現われ出た。 倉地はちょっと 眉 ( まゆ )に 皺 ( しわ )をよせて少し 躊躇 ( ちゅうちょ )したふうだったが、それを葉子の手に渡して葉子に開封させようとした。 何の気なしにそれを受け取った葉子は魔がさしたように はっと思った。 とうとう倉地は自分のために……葉子は少し顔色を変えながら封を切って中から卒業証書のような紙を二枚と、書記が丁寧に書いたらしい書簡一封とを探り出した。 はたしてそれは免職と、退職慰労との会社の辞令だった。 手紙には退職慰労金の受け取り 方 ( かた )に関する注意が事々しい 行書 ( ぎょうしょ )で書いてあるのだった。 葉子はなんといっていいかわからなかった。 こんな恋の戯れの中からかほどな打撃を受けようとは夢にも思ってはいなかったのだ。 倉地がここに着いた翌日葉子にいって聞かせた言葉はほんとうの事だったのか。 これほどまでに倉地は 真身 ( しんみ )になってくれていたのか。 葉子は辞令を 膝 ( ひざ )の上に置いたまま下を向いて黙ってしまった。 目がしらの所が非常に熱い感じを得たと思った、鼻の奥が暖かくふさがって来た。 泣いている場合ではないと思いながらも、葉子は泣かずにはいられないのを知り抜いていた。 「ほんとうに私がわるうございました……許してくださいまし……(そういううちに葉子はもう泣き始めていた)……私はもう日陰の 妾 ( めかけ )としてでも囲い者としてでもそれで充分に満足します。 えゝ、それでほんとうにようござんす。 わたしはうれしい……」 倉地は今さら何をいうというような平気な顔で葉子の泣くのを見守っていたが、 「 妾 ( めかけ )も囲い者もあるかな、おれには女はお前 一人 ( ひとり )よりないんだからな。 離縁状は横浜の土を踏むと一緒に 嬶 ( かかあ )に向けてぶっ飛ばしてあるんだ」 といってあぐらの 膝 ( ひざ )で貧乏ゆすりをし始めた。 さすがの葉子も 息気 ( いき )をつめて、泣きやんで、あきれて倉地の顔を見た。 「葉子、おれが木村以上にお前に 深惚 ( ふかぼ )れしているといつか船の中でいって聞かせた事があったな。 おれはこれでいざとなると心にもない事はいわないつもりだよ。 双鶴館 ( そうかくかん )にいる間もおれは幾日も浜には行きはしなんだのだ。 たいていは 家内 ( かない )の親類たちとの談判で頭を悩ませられていたんだ。 だがたいていけりがついたから、おれは少しばかり手回りの荷物だけ持って 一足 ( ひとあし )先にここに越して来たのだ。 ……もうこれでええや。 気が すっぱりしたわ。 これには双鶴館のお 内儀 ( かみ )も驚きくさるだろうて……」 会社の辞令で すっかり倉地の心持ちをどん 底 ( ぞこ )から感じ得た葉子は、この上倉地の妻の事を疑うべき力は消え果てていた。 葉子の顔は涙にぬれひたりながらそれをふき取りもせず、倉地にすり寄って、その両肩に手をかけて、 ぴったりと横顔を胸にあてた。 夜となく昼となく思い悩みぬいた事がすでに解決されたので、葉子は喜んでも喜んでも喜び足りないように思った。 自分も倉地と同様に胸の中が すっきりすべきはずだった。 けれどもそうは行かなかった。 葉子はいつのまにか去られた倉地の妻その人のようなさびしい悲しい自分になっているのを発見した。 倉地はいとしくってならぬようにエボニー色の雲のようにまっ黒に ふっくりと乱れた葉子の髪の毛をやさしくなで回した。 そしていつもに似ず しんみりした調子になって、 「とうとうおれも 埋 ( うも )れ 木 ( ぎ )になってしまった。 これから地面の下で湿気を食いながら生きて行くよりほかにはない。 こうしている今でもおれは家内や娘たちの事を思うと 不憫 ( ふびん )に思うさ。 それがない事ならおれは人間じゃないからな。 ……だがおれはこれでいい。 満足この上なしだ。 ……自分ながらおれはばかになり腐ったらしいて」 そういって葉子の首を固くかきいだいた。 葉子は倉地の言葉を酒のように酔い 心地 ( ごこち )にのみ込みながら「あなただけにそうはさせておきませんよ。 わたしだって定子をみごとに捨てて見せますからね」と心の中で頭を下げつつ幾度もわびるように繰り返していた。 それがまた自分で自分を泣かせる暗示となった。

次の