アパホテル プライド。 【公式】アパホテル(アパ直)|ブランドコンセプト

【公式】アパホテル(アパ直)|ブランドコンセプト

アパホテル プライド

「最上級グレード」を謳うアパホテルプライド国会議事堂前、オープン初日に行ってみた これぞ「日本の中心で歴史修正主義を叫ぶ」ってヤツだろう。 あのアパホテルが3月19日、新たなホテルをオープンさせた。 「アパホテルプライド国会議事堂前」。 その名の通り、国会議事堂や首相官邸の真裏、議員会館までも歩いて1分ちょっとという立地。 「全客室の高級化」「アパホテル最上級グレード」を謳った、アパのなかでももっとも高級なホテルの第一弾らしい。 そして、アパグループ代表の元谷外志雄氏自身もゴリゴリの右派歴史修正主義者で、2016年には、その元谷氏が「南京虐殺はなかった」などと主張した歴史修正本がアパホテルの客室に設置されていることを外国人観光客が指摘、国際問題に発展。 さらに、その後はユダヤ陰謀論まで展開し、海外メディアで批判を浴びた。 そんなアパが、日本の政治機能の中心地にホテルをおっ立てたのである。 立地を考えると、このホテルには、首相官邸や議員会館に出入りする人間が数多く宿泊するはずだ。 要人はさすがに利用しないだろうが、海外の政府関係者やジャーナリストが泊まる可能性もあるだろう。 もし、アパがこのホテルにまで例の元谷本を置いていたら、日本の政治の中心から世界に向けてリビジョニズムが発信される恥ずかしい事態になりかねない。 大丈夫なのか、と心配になり、オープン初日、一般客として宿泊してみた。 ちょうど日が落ちた永田町。 デモで賑わう議員会館の前を通り、国会議事堂を望む交差点の坂を下ると、「APA」の文字が光る真新しい建物が見えてくる。 玄関前には、ホテル開業を祝う花、花、花。 だが、気になったのは、祝花の送り主にマスコミの名前がたくさんあったことだ。 思想が一致している産経新聞はもちろん、テレビ朝日、テレビ東京、フジテレビ、読売テレビ、毎日放送といったキー局の名前まであった。 マスコミからの祝花の一部 アパがマスコミに大量の広告を出稿するスポンサーであることは知っていたが、社会の公器たるテレビ局が歴史修正主義を拡散するホテルにここまで露骨にしっぽをふっているとは……。 こみ上げる怒りをなんとか抑えて、建物のなかへ入っていく。 すると、目の前に広がったのは、まさに「最上級グレード」な空間……と言いたいところだが、ウェスティンとかハイアットみたいなの想像してはいけない。 ロビーも広くはないし、チェックインシステムは機械化され、インテリアも普通のアパホテルより豪華という程度。 ただ、やたら目立っていたものがふたつあった。 ひとつは、シャンデリア。 不似合いなくらい派手なシャンデリアが、エントランスとロビーにたくさん吊り下げられている。 そしてもうひとつは、ロビーのど真ん中にあった。 大きな台がしつらえられ、そのうえに、例の元谷代表が「南京虐殺はなかった」という主張をした「藤誠志」名義の著書『理論近現代史学』シリーズが、ズラリと陳列されていたのである。

次の

アパホテルプライド<国会議事堂前>(全室禁煙) 宿泊プラン一覧【楽天トラベル】

アパホテル プライド

> > > アパホテルプライド〈国会議事堂前〉 アパホテルプライド〈国会議事堂前〉は、アパマンションが東京都千代田区永田町に新設した地上17階、高さ59. 83m(最高62. 33m)、客室500室の宿泊特化型ホテルです。 設計は日企設計、施工はイチケン、管理・運営はアパホテル。 2019年3月19日に開業しました。 2019年3月24日撮影 概要 名 称 アパホテルプライド〈国会議事堂前〉 計画名 仮称 アパホテル〈国会議事堂前駅前〉 所在地 東京都千代田区永田町2丁目59-1他(地番) 東京都千代田区永田町2丁目10-2(住居表示) 最寄駅 東京メトロ千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前」駅 徒歩1分 東京メトロ銀座線・南北線 「溜池山王」駅 徒歩1分 東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」駅 徒歩6分 建築主 アパマンション株式会社 設 計 株式会社 日企設計 施 工 株式会社 イチケン 用 途 ホテル(500室) 敷地面積 1,369. 12㎡ 建築面積 920. 33㎡ 延床面積 8,073. 84㎡ 構 造 鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造) 基礎工法 杭基礎 階 数 地上17階、地下0階 高 さ 59. 83m(最高62. 93m 着 工 2017年5月30日 竣 工 2019年1月15日 開 業 2019年3月19日 備 考 管理・運営:アパホテル株式会社 最終更新日:2019年3月24日 地図 建設地は「ザ・キャピトルホテル東急」が入る「東急キャピトルタワー」(地上29階・高さ120. 3m)の北側隣接地です。 客室はスタンダードルーム(11㎡)486室、ツインルーム(15㎡)12室、デラックスダブルルーム(21㎡)1室、デラックスツイン(32㎡)1室を用意。 露天風呂付大浴場、展望テラス、レストランも備えています。 2019年3月撮影 2019年3月24日撮影。 南東側から見ています。 東京メトロ千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前駅」及び東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王駅」の5番出入口から徒歩1分の場所に誕生しました。 東側から。 ホテルの向かい側に衆議院議員会館があるほか、国会議事堂や首相官邸などが近接しています。 北東側から。 そんな環境に立地しているため「プライド」と名付け、全客室の高級化を図っています。 黒鏡面塗装やレザー張りを採用した家具仕上げとしたほか、照明付きガラス棚、デスクとベッドの間のデザインカーテン、オリジナルシャンデリアを導入しています。 その左手。 「東急キャピトルタワー」です。 移動しました。 北西側からです。 アパホテルとしては東京都内5棟目の全室禁煙ホテルだそうです。 その右手。 「東急キャピトルタワー」が聳えています。 西側から。 全室に大型4K液晶テレビを設置しています。 スタンダードルームは50型、ツインは55型、DXダブル・DXツインは65型です。 振り変えると日枝神社の石段がありました。 南西側から。 桜は5分咲きくらいでしょうか。 さきほどの石段を上りました。 日枝神社です。 振り変えると正面にホテルが見えました。 最上階の17階に大浴場・露天風呂「玄要の湯」や、国会議事堂や都心の夜景を一望できる展望テラスを設けています。 HPを見ると「湯ったり日帰りプラン」も用意されていました。 日枝神社は賑わっていました。

次の

アパホテルの最上級ブランド「アパホテルプライド」を2,370円で体験してきた

アパホテル プライド

アパ最上級ブランド「プライド」、ロビーはめちゃ豪華でしたが客室はどうでしょうか。 はい、どーん。 どうですか? 狭いけど、ベッドはでかい。 アパらしい。 レースのカーテンがかかってます。 天井灯はシンプルながらシャンデリアですね。 壁紙が少し毒々しいw 鏡が大きいのと、スペースが有効活用されていることもあって、意外と窮屈感は感じません。 枕元には折鶴が。 日本的。 枕元に電源があるのはうれしいですね。 ベッドでスマホ充電できるから。 バスルームはユニットバスですが、アパによくあるこの楕円形みたいな特殊なかたちのバスタブです。 少ない湯量でしっかり入浴できるかたちなんだそうな、これが。 アメニティーは必要なものはそろってます。 でも、俺は2泊とも大浴場に行ったので部屋で入浴はしませんでした。 人がいつもいたので写真は撮れませんでしたが、露天風呂もあっていい感じでしたよ。 タオルは客室から持っていかないと脱衣所にはないので注意。 そして、湯上がりには、展望テラスって場所も用意されています。 男湯のすぐ隣ですが、景色見ながらドリンクでも飲んで夕涼みしてよ、って場所ですね。 あ、ドリンクは自動販売機で有料です。 ラウンジではありません。 窓はあかないので風にはあたれないけど、外国人がたくさんいた。 部屋は狭いから、何人かで集まってお喋りするのにいいのかも。 そして最後に、朝食も紹介します。 朝食会場けっこー混んでて、時間によっては入るまで少し待たされるようでした。 店内も人が多かったので写真撮り忘れた。 汗 唯一撮ってたのが、これです。 和食中心かな。 もちろんパンやスクランブルエッグなどもありましたが。 朝食のレベルとしては、まぁ少しがんばってるビジネスホテル、って感じです。 悪くはないですがさほど力を入れている感じでもありませんでした。 ただ、混雑している店内をまわりしているだけあって、スタッフはみんなキビキビ動いてて感じ良かったです。 英語もペラペラでした。 今回これで、2泊朝食付きで宿泊代は合計15000円ぐらいでした。 国会議事堂前というエリアで1泊1万円きってこのクオリティーなら十分じゃないでしょうか。 すぐ近くにはキャピトル東急ホテルがありますが、そっちはいったいいくらするんだ、って話ですよ。 コスパで考えたらアパホテルはありだと思います。 今後このアパ最上級の「プライド」ブランドで全国にホテル展開していくんでしょうかね。 毎回アパに泊まろうとは思わないけど、コスト圧縮のためにたまに泊まるのはありだな、と思います。

次の