クリアボディ おにび。 【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【ポケモンソードシールド】|blog.datarank.com

くろいきり

クリアボディ おにび

輝石サニーゴがやばい ポケモン金銀から登場したサンゴを模したポケモン『サニーゴ』 今作のガラル地方では、死んでしまってゴーストタイプになっており、進化先としてサニゴーンが新登場したおかげで 進化の輝石を持てるようになりました。 タイプが単ゴースト 種族値はHP 60、防御 100、特防 100 ポリゴン2には劣りますが、輝石持ちと考えると十分強力な種族値と言えるでしょう。 タイプは単ゴーストなので、 ノーマルと 格闘が 無効、 ゴーストと 悪が 弱点。 ポリゴン2と同じく ほとんどのタイプの技が等倍なので、致命傷を与えるのが非常に難しくなっています。 耐久ポケモンが持つと本当に鬱陶しい特性です。 単ゴーストなので、抜群をとれる技はそう多くありません。 一発で落としきらないと結構な確率でかなしばりになり、回復のスキを与えてしまいます。 持ってる技も凶悪 輝石サニーゴが凶悪なのは、その 技構成によるところが大きいです。 まず『ちからをすいとる』 ソードシールドの新技の中で ピカイチの壊れ性能な技。 相手の攻撃を1ランク下げつつ、相手の攻撃力に応じて自分のHPを回復します。 この 回復量が半端じゃない。 自己再生とかの非じゃないです。 物理型のポケモンと対峙したときは ほぼ全快まで回復します。 その他にも『おにび』、『たたりめ』、『のろい』、『ナイトヘッド』など、耐久ゴーストらしい技を覚えます。 特に鬼火が辛い そして極めつけが、受けた特殊技のダメージを2倍にして返す『ミラーコート』、 そして特防を2段階上げる『ドわすれ』です。 物理相手に圧倒的な強さを誇ってるのに、 特殊にも強くなれる。 なんでこいつにこんなん持たせちゃったかな・・・ 物理ポケモンで対面から勝つのは無謀 先述の要素から、 物理ポケモンで輝石サニーゴに対面から挑むのは無謀です。 タイプ相性で抜群を取れる ミミッキュや ドラパルトでも、普通に殴りかかったら 返り討ちに遭います。 ダイマックスしてようやく何とかなるといったところかと思います。 輝石サニーゴの対策 みがわりがオススメ 『ちからをすいとる』や『おにび』を防げるので、『みがわり』はとても有効な対策です。 テンプレ型であれば、物理と対面したときの輝石サニーゴは、初手に『ちからをすいとる』か『おにび』を撃ってきます。 サニーゴは超鈍足なので、まず上を取られる心配がありません。 身代わりで『鬼火』や『ちからをすいとる』をスカせれば、その後 最低でも1ターンは自由に行動できます。 『つるぎのまい』などで積んでから殴るもよし、変化技を打ち込んでも良いでしょう。 もちろん、初手の身代わりに合わせて『ナイトヘッド』を撃たれる可能性も0ではありません。 ただサニーゴ側からすれば、みがわりを持っているかわからない状態で いきなりナイトヘッドを撃つ選択は悪手と言えるため、可能性は低いです。 ひとつ注意点として、『のろい』はみがわりを貫通します。 最近はのろい持ちのサニーゴも増えているので、油断しないようにしましょう。 トリックやすりかえで進化の輝石を奪う はたきおとすは対策として微妙 長らく輝石対策として有効だった『はたきおとす』 今回はメガストーンやZクリスタルの廃止により、はたきおとすが 非常に強力になりましたが、正直 サニーゴ対策としては微妙です。 なぜかって言うと、 覚えるヤツが大抵物理だから。 ガラルサニーゴは『おにび』『ちからをすいとる』を搭載しているので、物理ポケモンに対する強さは ポリゴン2の非じゃありません。 例えば、ようきAS特化のゴリランダーが、ずぶといHB特化の輝石持ちサニーゴに『はたきおとす』をしても乱数3発です。 ナットレイでも同様の結果になります。 特攻タイプだとサーナイトも『はたきおとす』を使えますが、サニーゴのためにわざわざ搭載するかな?というところ。 はたきおとす単体だとあまり有利にならない ドラパルトでダイホロウ ダイマックス時のゴースト技『ダイホロウ』は、サニーゴに効果抜群をとれる上に 相手の防御を下げる追加効果があります。 いのちのたま持ちの陽気A252ドラパルトなら、防御1段階ダウンのずぶといHBサニーゴに対して 確定1発となっており、『ちからをすいとる』で全回復されたとしても倒し切れます。 特性が『クリアボディ』じゃないと厳しいですが・・・ 特殊技で攻撃する 『ミラーコート』持ちの可能性があるので最善手ではないと思いますが、『おにび』や『ちからをすいとる』の影響を受けない 特攻タイプで殴るのもある程度有効です。 ただ、殴り続けると『のろわれボディ』でかなしばりを食らうので、できれば C上昇させて一撃で仕留めたいところです。

次の

【ポケモン剣盾】輝石サニーゴは対策すれば怖くない

クリアボディ おにび

輝石サニーゴがやばい ポケモン金銀から登場したサンゴを模したポケモン『サニーゴ』 今作のガラル地方では、死んでしまってゴーストタイプになっており、進化先としてサニゴーンが新登場したおかげで 進化の輝石を持てるようになりました。 タイプが単ゴースト 種族値はHP 60、防御 100、特防 100 ポリゴン2には劣りますが、輝石持ちと考えると十分強力な種族値と言えるでしょう。 タイプは単ゴーストなので、 ノーマルと 格闘が 無効、 ゴーストと 悪が 弱点。 ポリゴン2と同じく ほとんどのタイプの技が等倍なので、致命傷を与えるのが非常に難しくなっています。 耐久ポケモンが持つと本当に鬱陶しい特性です。 単ゴーストなので、抜群をとれる技はそう多くありません。 一発で落としきらないと結構な確率でかなしばりになり、回復のスキを与えてしまいます。 持ってる技も凶悪 輝石サニーゴが凶悪なのは、その 技構成によるところが大きいです。 まず『ちからをすいとる』 ソードシールドの新技の中で ピカイチの壊れ性能な技。 相手の攻撃を1ランク下げつつ、相手の攻撃力に応じて自分のHPを回復します。 この 回復量が半端じゃない。 自己再生とかの非じゃないです。 物理型のポケモンと対峙したときは ほぼ全快まで回復します。 その他にも『おにび』、『たたりめ』、『のろい』、『ナイトヘッド』など、耐久ゴーストらしい技を覚えます。 特に鬼火が辛い そして極めつけが、受けた特殊技のダメージを2倍にして返す『ミラーコート』、 そして特防を2段階上げる『ドわすれ』です。 物理相手に圧倒的な強さを誇ってるのに、 特殊にも強くなれる。 なんでこいつにこんなん持たせちゃったかな・・・ 物理ポケモンで対面から勝つのは無謀 先述の要素から、 物理ポケモンで輝石サニーゴに対面から挑むのは無謀です。 タイプ相性で抜群を取れる ミミッキュや ドラパルトでも、普通に殴りかかったら 返り討ちに遭います。 ダイマックスしてようやく何とかなるといったところかと思います。 輝石サニーゴの対策 みがわりがオススメ 『ちからをすいとる』や『おにび』を防げるので、『みがわり』はとても有効な対策です。 テンプレ型であれば、物理と対面したときの輝石サニーゴは、初手に『ちからをすいとる』か『おにび』を撃ってきます。 サニーゴは超鈍足なので、まず上を取られる心配がありません。 身代わりで『鬼火』や『ちからをすいとる』をスカせれば、その後 最低でも1ターンは自由に行動できます。 『つるぎのまい』などで積んでから殴るもよし、変化技を打ち込んでも良いでしょう。 もちろん、初手の身代わりに合わせて『ナイトヘッド』を撃たれる可能性も0ではありません。 ただサニーゴ側からすれば、みがわりを持っているかわからない状態で いきなりナイトヘッドを撃つ選択は悪手と言えるため、可能性は低いです。 ひとつ注意点として、『のろい』はみがわりを貫通します。 最近はのろい持ちのサニーゴも増えているので、油断しないようにしましょう。 トリックやすりかえで進化の輝石を奪う はたきおとすは対策として微妙 長らく輝石対策として有効だった『はたきおとす』 今回はメガストーンやZクリスタルの廃止により、はたきおとすが 非常に強力になりましたが、正直 サニーゴ対策としては微妙です。 なぜかって言うと、 覚えるヤツが大抵物理だから。 ガラルサニーゴは『おにび』『ちからをすいとる』を搭載しているので、物理ポケモンに対する強さは ポリゴン2の非じゃありません。 例えば、ようきAS特化のゴリランダーが、ずぶといHB特化の輝石持ちサニーゴに『はたきおとす』をしても乱数3発です。 ナットレイでも同様の結果になります。 特攻タイプだとサーナイトも『はたきおとす』を使えますが、サニーゴのためにわざわざ搭載するかな?というところ。 はたきおとす単体だとあまり有利にならない ドラパルトでダイホロウ ダイマックス時のゴースト技『ダイホロウ』は、サニーゴに効果抜群をとれる上に 相手の防御を下げる追加効果があります。 いのちのたま持ちの陽気A252ドラパルトなら、防御1段階ダウンのずぶといHBサニーゴに対して 確定1発となっており、『ちからをすいとる』で全回復されたとしても倒し切れます。 特性が『クリアボディ』じゃないと厳しいですが・・・ 特殊技で攻撃する 『ミラーコート』持ちの可能性があるので最善手ではないと思いますが、『おにび』や『ちからをすいとる』の影響を受けない 特攻タイプで殴るのもある程度有効です。 ただ、殴り続けると『のろわれボディ』でかなしばりを食らうので、できれば C上昇させて一撃で仕留めたいところです。

次の

【PJNO 35位】超速バンドリドラパキッス

クリアボディ おにび

ドラパルトセキタンザンの情報を集めていたら、 やましょーさんの構築記事を発見したという流れです。 やましょーさんのPTの中から先制技が強い ローブシンと ミミッキュ 、なみのり以外に蒸気機関を発動させるための アシレーヌ を採用させ ていただきました。 残り1体は、バンギラス+ドリュウズ+ トゲキッスの並びが厳しかったので、 この3体に強い ナットレイ を入れてPTが完成いたしました。 そうなると、相手のポケモンのHPが自然と先制技圏内に入りやすくなります。 特性 じょうききかん 「みず」or「ほのお」タイプの技を受けると素早さが最大まで上がる。 最大まで上がるは、6段階上がることであり、 倍率で言えば 4倍になります。 つまり、じょうききかんが発動した状態のセキタンザンのS実数値は328。 これは、最速すなかきドリュウズや最速ようりょくそフシギバナよりも速い数値となります。 弱点保険&蒸気機関が発動すれば、基本どのポケモンにも抜かれずに上から高火力でごり押しが可能です。 物理型 今回、セキタンザンが物理型の理由として、キョダイフンセキの威力にあります。 特殊型のセキタンザンのベースとなる技が「げんしのちから」なので威力110、物理型は「いわなだれ」なので 威力130となります。 これにより、 キョダイマックスラプラス を乱数1発で落とすことができます。 (ラプラスのDは高いので、特殊型だと落とせません) また、現在のダブルランクマッチにおける、いかくを持ったメジャーポケモンは ガオガエン とウィンディ ですが 、セキタンザンはこの2体に対して弱点を取れます。 例え、いかくを受けたとしても高火力で落としきれます。 さらに、 だいばくはつを技構成に入れることで、キョダイダイマックスを使わない戦法を取ることができました。 これは初手の不利対面で「なみのり」と合わせて使うことで、相手の初手に圧倒的な負担を押し付けつつ、裏に繋げることができます。 特に、トゲキッス+水ロトムの対面になった時はよく使いました。 4つ目の技として トリトドン 対策の ソーラービームを採用していま すが、トリトドンが最近見当たらないので「まもる」に変えてもいいかもしれません。 なみのりを使えるポケモンは何体かいますが、ねこだまし無効& だいばくはつ無効が強いので採用。 ゴーストダイブは1ターン相手の攻撃をかわすことができるため、 キョダイフンセキとの相性抜群です。 そして サイドチェンジですが、ドラパルトセキタンザンの相性補完が優れているため、 かなり強力に働きます。 セキタンザンへの水技をサイドチェンジでドラパルトが半減で受け ることができ、 ドラパルトへの氷技をセキタンザンが半減で受けることが可能です。 参考にした記事は壁対策としてサイコファングを入れていましたが 、 自分は ドラパルトがバンドリに対して何も有効打を持っていないと 思い、この2体を無力化する方法として おにびを採用しました。 タスキを持っているので安定しておにびを打つことができます。 また、最近は物理型ドラパルトも多く、 ドラパルトにおにびを打つこともありました。 5%~ 67. 8% 対バンドリ最終兵器。 セキタンザンの苦手なバンドリを滅ぼすことができるポケモンです。 特性はマッハパンチを最大火力で放つことができる 「 てつのこぶし」にしました。 また、「こんじょう」ではなく「てつのこぶし」にすることで、 トゲキッス やミロカロス を乱数で倒すことができます。 乱数で倒せるということは、キョダイフンセキと組み合わせることで確定1発へとなります。 ローブシンは構築によってHA振りかAD振りに分かれることが多いポケモンですが、AD振りだと役割対象であるダイマックスドリュウズのダイアースで落とされる場面が何度かあったので、特殊方面の耐久は無視してHA振りにしました。 とつげきチョッキを持たせることで、 セキタンザンの苦手な水タイプ(ミロカロスや水ロトム) に安定した後出しができるようになりました。 技構成は ジャイロボール、パワーウィップ、 はたきおとすまでは確定であるが、 今回はパワーウィップの命中不安が怖いので 安定行動ができる タネばくだんを採用しました。 パワーウィップを当てる自信がある方はボディプレスなんかを入れるのもありかもしれません。 また、ナットレイもセキタンザンの特性「じょうききかん」と相性補完が優れています。 ナットレイと相手の炎タイプポケモンor炎技が使えるポケモンがいた場合に、裏のセキタンザンを繰り出すことで、特性を発動することができます。 みずタイプの技で素早さが上がると思いがちになってしまいますが、ほのお技でも素早さは上がります。 実際にこのムーブをしてセキタンザンを活躍させたことが何回かあるので覚えておいて損はないと思います。 剣盾でアクアジェットを覚えるポケモン中で耐久が高く、 ドラパルトに対して一致弱点技を使うことができるアシレーヌを採 用しました。 特性が「うるおいボイス」ではない理由として、現環境では「 ちょすい」の特性を持つラプラスがいるため、ハイパーボイスで相手を回復させる可能性があります。 キョダイフンセキで削るのがメインのPTで相手を回復させる行為はなるべく避けたいと思い、 「げきりゅう」にしました。 持ち物の 「ソクノのみ」 はロトムとダイマックスジュラルドンのダイサンダー対策で採用しました。 これにより、 わるだくみを一回積んだロトムの10万ボルトも耐え、 対面で強く動かすことができます。 ドラパルトセキタンザン以外のポケモンが軒並み遅いポケモンばかりなので、 トリックルームも搭載しています。 持ち物はかげうちの火力を上げるために「のろいのおふだ」を選択。 ゴーストダイブはドラパルトで先述した通り、ターンを稼ぐことができます。 トリックルームは裏からミミッキュを出して詰めの展開に使うことが多かったです。 当初はトリックルームを使わなくても活躍できるようにAS型にしていましたが、トリックルームを使いたい場面でAS型だと耐久が足りず、落とされることがあったのでHA型にしました。 選出・立ち回り 基本選出 先発: + 後発:残りから選択 ほとんどの相手はこれで大丈夫です。 裏は相手のPTを見て選びましょう。 「なみのり+キョダイフンセキ」 コンボはねこだましが効かないので、 かなり安定して行うことができます。 VSバンドリ 先発: + 後発: +残りから選択 初手行動はドラパルトがバンドリのどちらかに鬼火を打ちます。 ナットレイはダイマックスしてドリュウズにダイソウゲン。 バンギラスは弱点保険を持っている可能性が高いので、 ダイマックスしてもナットレイのダイスチルやダイソウゲンを当て ないようにします。 VSトゲキッス水ロトム 先発: + 後発: +残りから選択 初手セキタンザンドラパルトで「なみのり+だいばくはつ」or「サイドチェンジ+にキョダイフンセキ」のどちらかです。 前者は裏のポケモンで相手のポケモンが見れる場合、後者はセキタンザンが必要かキョダイフンセキで削りたい相手がいる場合に動かします。 サイドチェンジを使った場合、ほぼ100%でドラパルトにダイストリームが当たって、雨状態になりますが、 雨でもドラパルトのなみのりはセキタンザンに半分届かないので構わずコンボしましょう! VSフシギバナ入り晴れPT(リザードン、コータス、キュウコンなど) 先発; + 後発: +残りから選択 セキタンザンドラパルトは晴れPTに対して強いですが、注意すべきはフシギバナです。 こいつは今作で「だいちのちから」を習得したのでセキタンザンに4倍ダメージを与えることができます。 また、フシギバナがこだわりスカーフ型の場合、じょうききかんを発動させる前にねむりごなで眠らせる戦法や、ようりょくそが加わることでS6段階上昇セキタンザンより速く動くことができます。 そのため、サイドチェンジで「ねむりごな」や「だいちのちから」をよけるのが重要です。 最近、きあいのタスキ型のフシギバナで結果を残している方もいるので、フシギバナの持ち物をしっかりと把握するのが勝敗を分けます。 さいごに 拙い文章でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。 またこのサイトで記事が投稿できるように頑張ります。 自分のブログにも今回の構築記事を載せているので、見ていただけると嬉しいです。 ここでは載せきれなかった選出パターンなども記載しています。 レンタルチームID:0000 0008 RKJH 7R パーティ作成者 アル トリックルーム大好きな奴、最高レートシングルoras1983・SM19xx・ダブルusm1965、剣盾最終22位。 ポケカのメインデッキは水です。 世界に行きたい男。 WCS 世界大会 に3年連続で観戦に行ったり、海外大会に出場したり。 現在お仕事募集中。 ポケモンカードのほうが得意だが、本人はゲーム部門で世界大会に出場したいらしい。 <主な実績> Anaheim Open 2017 海外大会 ゲーム部門 優勝 、 Oceania International Championships 2018 海外大会 ゲーム部門 73位、 ウェルカムフェスタ ほんきをだすバトル 3位、 ポケモンカード2017全国大会 41位、 ポケモンカード シティリーグ シーズン3 大阪 優勝、 PJCS2019 全国大会 カードゲーム部門 ベスト32 関連する記事• 2020. 26 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. イエッ […][…]• 2020. 19 6月20日 土 ・6月21日 日 の2日間、海外の公式オンライン大会「Players Cup」のVG […][…]• 2020. 05 レンタルチームID:0000 0002 J2P1 DV 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 17 レンタルチームID:0000 0008 VH6R 32 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 19 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. ふぶき […][…].

次の