楽天モバイル wifi。 楽天モバイルのポケットWiFiは格安

楽天モバイルはポケットWiFiにおすすめ!料金プランや3つのメリットを解説

楽天モバイル wifi

楽天モバイルのポケットWi-Fi【Aterm MR05LN】とは では、Aterm MR05LNというポケットWi-Fiを販売しています。 ここでは、Aterm MR05LNの特徴について解説します。 混雑するエリアでも高速通信が可能 キャリアアグリゲーション LTE-Advanced 375Mbps に対応していて、2GHz、1. 5Ghz、800Mhzの3つの周波数を束ねる技術を搭載しています。 さらに、電波状況のよいアンテナを優先して接続したり、ノイズを除去する周波数ダイバーシティ効果を発揮できるので、電波が繋がりにくい場合でも速度の低下が起こりにくいです。 アドオンセルにより、インターネットに接続している人が多いエリアや昼間や夜間の混雑しやすい時間帯でも、安定した高速通信が可能になっています。 大容量バッテリー搭載で最大14時間通信可能 連続通信時間 約14時間 Wi-Fi通信時 連続待受時間 約500時間 Bluetoothによるリモート起動 前モデルのAterm MR04LNの2,300mAhから、2,500mAhにバッテリーが増えたことにより、連続通信時間は14時間、連続待受時間も500時間に伸びています。 バッテリー容量が増えているのに、前モデルと同じサイズを維持しているので持ち歩きやすいです。 出張や外出時でも、充電やバッテリー切れを気にせず使うことができます。 デュアルSIM対応 SIMカードを2枚同時に使用できるデュアルSIMに対応しています。 デュアルSIMなら、1枚は仕事用でもう1枚はプライベート用などの使い分けが可能です。 通信量や時間などを自動で判別してSIMの切替を行ってくれるので、ユーザーの行動を的確にサポートできます。 切り替えにかかる時間は約10秒なので、待ち時間のストレスもありません。 楽天モバイルのポケットWi-Fi【Aterm MR05LN】の詳細 楽天モバイルのポケットWi-Fiの本体価格や料金プラン、対応エリアなどの詳細について解説します。 端末代金が高いと感じる場合は、契約前に楽天カードに新規入会すれば楽天ポイントを端末料金として使えるので、2,000円割引が適用可能です。 さらに、分割払いを選択した場合は、楽天カードでの支払いで分割手数料が0円になるのでお得に購入できます。 データ通信量 プラン名 月額料金 ベーシックプラン 525円 3. 1GBプラン 900円 5GBプラン 1,450円 10GBプラン 2,260円 20GBプラン 4,050円 30GBプラン 5,450円 データSIMには最低利用期間がないので、手軽に始めることができます。 最低利用期間がないので、いつ解約しても解約金は発生しません。 自分の使用量に合ったデータ容量を選べるので、いつでもコース変更できます。 ベーシックプランの通信速度のみ、最大200kbpsです。 ベーシックプラン以外のプランでも、月間データ容量を超過すると最大通信速度が200kbpsに制限されます。 データ使い放題プランUN-LIMIT2. 0 楽天モバイルのポケットWi-Fiは、データ使い放題プランのUN-LIMIT2. 0でも利用できます。 データ使い放題プランのUN-LIMIT2. 0は、楽天モバイルの自社回線エリア内であれば、データ容量が完全使い放題になります。 楽天回線エリア外ではパートナー回線を利用できるのですが、使い放題ではありません。 パートナー回線内では、1ヶ月に使えるデータ容量が5GBで、超過時は最大1Mbpsの速度に制限されます。 現在300万名を対象として、1年間月額基本料金の2,980円が無料になるキャンペーンを実施中です。 さらにオンライン契約で楽天ポイントを3,000ポイント貰うことができます。 申し込み時の事務手数料3,300円分相当の還元や、対象製品とプランをセットで購入すると、最大で15,000ポイントがプレゼントされるので、合計で最大21,300ポイントの還元が受けられます。 スマホ交換保証 故障や紛失時に新品同等の製品と交換してもらえるオプションサービスです。 加入できるのは購入時だけなので、万が一のトラブルに備える場合、加入をおすすめします。 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県であれば、最短で当日中に配達してもらうことが可能です。 交換品の受け取りは、自宅だけでなくコンビニ受け取りや宅配ロッカーも選べます。 月額料金は500円で、機種の交換費用は一律6,000円です。 故障受付は、電話やWeb、楽天ショップで対応しています。 楽天モバイル ポケットWiFiの対応エリア 楽天モバイル ポケットWiFiは楽天回線とパートナー回線 au回線 で対応エリアが異なります。 楽天回線エリア 楽天回線のエリアは、現在首都圏が中心となっています。 エリアはどんどん拡大しているので、現在のエリアや今後の拡大エリアは、楽天モバイル公式サイトのエリアマップかにアクセスして確認しましょう。 楽天エリア内であれば、楽天モバイル のポケットWiFiが使い放題なので、容量の上限を気にする必要はありません。 ただし、楽天モバイルのエリア内でもビルなどの遮蔽物があったり、地下にいる場合は電波が繋がりにくくなることがあります。 楽天回線エリア外にいるときは、パートナー回線を使用できます。 パートナー回線エリア パートナー回線エリアではau回線によるローミング接続が利用できます。 パートナー回線エリアも、楽天回線エリアと同様に、楽天モバイル公式サイトのエリアマップから確認可能です。 最初に発表されたUN-LIMITでは、パートナー回線エリアでのデータ容量が2GBとなっていましたが、UN-LIMIT2. 0では月5GBまで増量されています。 また、超過後の速度も最大128kbpsから最大1Mbpsになりました。 容量超過後の制限はなく使い放題なので、パートナー回線エリアで使用する機会が多い人にとってはありがたい変更点です。 楽天モバイルポケットWi-Fi利用者の口コミ・評判まとめ 楽天モバイルのWi-Fiポケット利用者は、速度や繋がりやすさに関して、どのような感想を持っているのでしょうか。 ここでは、楽天モバイルのポケットWi-Fiを実際に利用している人の口コミ・評判を紹介します。 ホームルータとして問題なく使える 楽天モバイル自社回線simをaterm mr05lnに入れてホームルーターとして使ってて、今日は初めてのテレワーク。 PCもスマホもストレスなくwifi利用できていました。 十分な速度が出ないときがある 楽天モバイルが不安定なのか近くの工事が何か影響してるのか知らんけど1Mbps出てなかった。 (Aterm MR05LNにMNOのSIM入れてる) 5分後で15M、さらに5分後に26M、今は4M。 エリアマップでは十分エリア内なんだけど。 — Shimamoo Shimamoo エリアマップ内では楽天回線エリアとなっている場所でも、地下や屋内、商業ビルなどの遮蔽物、地下などは電波が悪くて繋がらない場合があります。 楽天モバイルのポケットWi-FiとWiMAXを比較 楽天モバイルとのポケットWi-FiとWiMAXにはどのような違いがあるのでしょうか。 ここでは、楽天モバイルのポケットWi-FiとWiMAXを比較します。 契約期間中に解約すると解約金が請求されてしまいますが、楽天モバイルには最低利用期間がありません。 急に使わなくなる可能性がある場合や、短期間の利用を考えている人におすすめです。 現在2,980円の月額料金が1年間無料になるキャンペーンを行っているので、1年間だけ楽天モバイルのポケットWi-Fiを試してみたいという人にもおすすめです。 WiMAX カシモWiMAX 出典: 自社回線エリアを利用できるようになったので、楽天モバイルのポケットWi-Fiでも楽天回線エリア内であれば、WiMAXや固定回線に匹敵する速度が出ます。 しかし、楽天回線エリアは現在首都圏を中心とした一部の地域のみで利用できるので、通信エリアの広さでは全国で使えるWiMAXに及びません。 楽天回線のエリア外で安定した高速通信を求める人には、WiMAXがおすすめです。 ただし、WiMAXには最低利用期間が設定されているので、2年や3年などの長期間利用する人でないと、解約金が発生して損をする可能性があります。 ついては、こちの記事でカシモWiMAXの特徴や実際のユーザーの口コミとあわせて詳しく解説しています。 楽天モバイルのポケットWi-Fiを上手に活用しよう 楽天モバイルのポケットWi-Fiでは、自分が利用する容量を選べるデータSIMか、データ容量無制限のUN-LIMIT2. 0のどちらかのプランを選ぶことができます。 端末本体価格は高めですが、分割払いにしたり楽天カード払いにすることで、月々の負担金額を減らすことが可能です。 楽天回線の対応エリアは首都圏が中心となっているので、地方の人には恩恵が少ないですが、パートナー回線エリアが使用できるのは心強いです。 特に、2,980円の月額料金が1年間無料になるというのは、コスト的にも大きなメリットになります。 楽天モバイルのポケットWi-Fiを試してみたいという人は、このキャンペーンを逃す手はありません。 楽天モバイルのポケットWi-Fiを上手に活用して、インターネットを手軽に楽しみましょう。

次の

楽天モバイルUN

楽天モバイル wifi

格安SIMカードのなかには付加サービスとしてWi-Fiスポット(公衆無線LAN)が無料で利用できる特典をウリにしているSIMもありますが、楽天モバイルにはこのような特典はあるのでしょうか? また、Wi-Fiスポットを追加料金無しで利用できる格安SIMとくらべて楽天モバイルSIMの料金は安いのでしょうか? 残念ながら、楽天モバイルSIMの契約者が無料で利用できるWi-Fiスポットはありません。 Wi-Fiスポットを使いたい場合は、 ・楽天モバイル以外のWi-Fiスポットを追加料金無しで利用できる格安SIMを契約する ・有料Wi-Fi(有料公衆無線LAN)サービスに申し込む どちらかの方法がありますが、本文中でしているように、楽天モバイルSIMと無料Wi-Fiスポット付きSIMの月額料金を比較すると、無料Wi-Fiスポット付きSIMを契約するほうがお得です。 Wi-Fiスポットを無料で利用できるからその分料金が高いという訳では無いとわかりました。 「OCN モバイル ONE」のスポット数も健闘しています。 比較する月額料金は、データ専用(SMSなし)プランなのですが、ワイヤレスゲートの5GB・10GBはSMSなしプランが無いのでSMSありプランの月額料金を採用しています。 容量は楽天モバイルにある容量だけを比較していますので、楽天モバイル以外のSIMにはここに載っていないプランがあるSIMもあります。 容量3. 1GBでは楽天モバイル以外のSIMは3GBの料金を記載し、括弧内に1GBあたりの料金を記載しています。 楽天モバイル BIG SIM ワイヤレスゲート OCN モバイル ONE 0GB 525円 ー 445円 ー 3. 高速データ容量0GBではWIRELESS GATEの方が80円安いですし、3GBでもWIRELESS GATEの方が1GBあたり6円安く、5GBではOCN モバイル ONEが同額で、ワイヤレスゲートはSMSありにもかかわらず172円安いです。 有料のWi-Fiスポットサービス 楽天モバイルのSIMカードを使いながらWi-Fiスポットも使いたいという場合は、有料のWi-Fiスポットサービスへの申し込みが必要です。 残念ながら楽天系列のWi-Fiスポットサービスはありませんでした。

次の

楽天モバイルWiFi by エコネクトは本当に必要なのか完全検証

楽天モバイル wifi

スポンサーリンク この時にやることは2つだけ 1、SSID アクセスポイント の設定 まず1つ目はSSIDと呼ばれる無線LANのアクセスポイントの設定です。 めちゃめちゃ簡単なのでご安心を。 こちらは、僕の自宅のWi-Fiブロードバンド機器です。 SSIDはここに書かれています。 見ると僕のWi-Fiは、 SSID アクセスポイント が「 HUMAX〜」から始まる英数字なのが分かります。 この英数字は、Wi-Fiルーターによってちがいます。 Wi-Fiを右にスライドすると、ズラッとアクセスポイントが出るので、その中から自宅Wi-Fi機器のSSIDを選べばいいのです。 2、パスワード PASS KEY を打ち込む 次にPASS KEYを打ち込めば終わりです。 先ほどのSSIDよりかは多少難しいかもしれませんが、実際は ただ英数字を打ち込むだけなので御安心を。 PASS KEYと書かれてる右に、英数字が書かれています。 これでやることは終了です。 パソコンのWi-Fi接続とやり方が全く一緒なので、一度でもWi-Fiを接続された方ならスムーズに出来ると思います。 初めての方でも大丈夫です。 接続されると、「接続されました」という文字が出ます。 「HUMAX」と接続されました! Wi-Fiを活用するとこんなに違う こちらは、楽天モバイルsimアプリから見た、直近3日間の通信量です。 こうして見て分かる通り、3日間で540MB消費していいところを、200も使っていないのが分かります。 これには理由があり、それは自宅にいる間はWi-Fiを接続させてるからです。 外出してる間にしか通信量は消費しません。 キャリアから楽天モバイル、格安SIMにすると通信量が少ないのが心配でなかなか移行できない。 と思われる方も多いかと思います。 そこでWi-Fiを活用できる環境にある方なら積極的に使っていきましょう。 すると格安SIMでもこんなに通信量を抑えることが出来ます。 逆に言えば、自宅にWi-Fiがあるのにキャリアを使ってる方はもったいないです。 早く格安SIMにしたほうがいいです。

次の