チンチラ 体重。 チンチラとデグーの大きさは?特徴について

『チンチラの体』特徴や役割とは?

チンチラ 体重

チンチラは認知度は低いものの、最近ではペットとして、じわじわと人気がでてきているとっても可愛い小動物です。 ここでは、そんなチンチラの体の特徴や、その役割、扱う際の注意点など紹介したいと思います。 体長は約25センチ、体重は約500グラム チンチラの体長はしっぽの付け根までがだいたい 25~35センチで、体重は 400~700グラム。 メスのほうがオスよりも大きいのが特徴です。 しっぽにはいろいろな役目がある チンチラのしっぽは体長の半分くらいの長さで、とても丈夫です。 そして、 しっぽはさまざまな役割を果たしています。 まず、体を起こして「正座」のように座るとき、しっぽの根元に体重を預けて、後ろに倒れないようにします。 しっぽで体全体を支えることができるのです。 これはカンガルーと似ています。 また、走るときやジャンプするときは、しっぽを伸ばしてバランスをとります。 ほかに、しっぽで気持ちを表現したり、合図を送ったりすることもあります。 たとえば、しっぽを前後に振って、警戒していることを表したり、相手を脅すときもしっぽを振ったりします。 しっぽには長い毛がたくさん生え、ふさふさとしていますが、この毛は 触覚器の役目をしています。 たとえばトンネルなどで、後ろの物体を確かめたりできるのです。 しっぽをつかんで持たない チンチラショーなどでは、しっぽの付け根を持ってチンチラを持ち上げることもあるくらい、しっぽは頑丈になっています。 しかし、ペットとして飼う場合、 しっぽをつかむのは止めてください。 毛が大量に抜けてしまったり、皮膚ごと抜けてしまうこともあります。 チンチラをつかむときは、 両手で胴体を挟むようにすると安全です。 動物病院などでは、獣医さんがチンチラのおなかを診察するとき、しっぽの付け根をつかんで持ち上げることがありますが、これは問題ないことです。 小さな足を器用に使う チンチラの足は体に対してとても小さく、このアンバランスさが、チンチラのかわいさのひとつでもあります。 まず、前足について。 甲は毛で覆われていて、足の裏は毛がなくピンク色です。 指は4本で、ツメもあります。 人間で言う親指はなく、手の平の付け根あたりに突起が2個あり、親指に近い役目をしています。 この突起を「擬指」と呼び、ものをつかむときは、4本の指と2個の擬指を器用に使います。 片手でものをつかむことができるのは、 擬指のおかげでしょう。 後ろ足も甲は毛で覆われていて、足の裏に毛はありません。 後ろ足の指も前足と同様に4本ずつですが、長い指が3本と、もう1本はかかとの中間くらいに短い指がついています。 ツメもあります。 後ろ足はおもにジャンプするときに使います。 なお、走るときは前足と後ろ足の4本を使います。

次の

チンチラの体重の平均は?減少の原因や増やす方法について

チンチラ 体重

この記事の目次• チンチラとペルシャ猫の違い うちの愛猫の先生とニセ蔵。 先生はチンチラシルバーです。 ペットショップで運命の出会いをしました。 先生がうちにやってきたのは生後3ヶ月の頃でしたが、その時は毛色が全体的にすごく真っ白だったんですよね。 「こんなに白いのにチンチラシルバーなの?」と思っていましたが、成長するにつれて先生の背中に黒のラインが1本、キレイに入りました。 そもそもペルシャ猫は「猫界の王様」と呼ばれていますが、チンチラとはどこが違うんでしょうか。 ここがいまいち分からないという人が多いので、分かりやすく説明していきますね。 ペルシャの中でも特別な毛色のチンチラ ペルシャ猫にはたくさんの毛色の種類があります。 それに比べてチンチラの毛色は、• ブルー• シルバー• ゴールデン• ブルーゴールデン の4種類だけになります。 さらに、その毛色の中でもきちんと色の配色の割合が細かく決められています。 チンチラシルバーなら、白いアンダーコートでなければならず、しっぽ・頭・脇腹・背中部分に黒いシェードが入るんです チンチラブルーならば、黒の代わりにブルーが入ることになります。 チンチラゴールデンならば、アンダーコートの色はより明るい毛色になります。 さらにブルーゴールデンの場合にはアンダーコートは明るく青白くなり、毛先にはブルーのシェードが入ります。 このように、チンチラにはかなり細かい毛色の規定があるんですね。 顔つきもちょっと違う ペルシャ猫の顔も色々ありますが、クシャッとしたイメージのペルシャ猫もいます。 鼻が低くつぶれていて、ブサかわといった顔ですね。 それに比べて、チンチラの場合はキレイに整った顔になります。 目が大きくてバランスが良いイメージといいますか。 ペルシャよりもチンチラの方が、体格が少し筋肉質でもありますね。 ペルシャよりも毛の質が軽い チンチラはペルシャに比べてトップコートの毛の質が軽いですが、その分ペルシャよりも毛が絡まりやすい性質をしています。 そのため、毎日ブラッシングを丁寧にしてあげてください。 定期的に飼い主がお手入れをすることで、アンダーコートに通気性を持たせて皮膚の血行を良くしたり皮膚疾患の予防にもなります。 ペルシャのブルーと、雑種猫を交配することで生まれた「チニー」と、「シルバータビー」という猫をさらに交配させることで生まれたシルバースモークの猫。 「銀の子羊」と呼ばれたその猫が、チンチラの始まりとされています。 その当時チンチラという猫種をペルシャから独立させようとする働きもあったのですが、実際のところは毛色以外に目立つ違いがなかったことから申請が見送られたんだとか。 現在は南アフリカなどの1部の団体のみ、チンチラとして独立しているのです。 短めの足がまたかわいいし、目のアイライナーがとてもキレイに入っているので、女性としてはうらやましい限りなんですよね。 低い鼻と丸々した目は、「ドールフェイス」と呼ばれているほどなんですが、それも納得できてしまいますね。 この目の色もグリーンか青と決まっているんです。 チンチラの大きさは中型のコビータイプで、全体的に丸く短い体長をしています。 そして平均体重は、3キロから5. 5キロくらいです 先生は4. 7キロなんで合格ですね。 ちなみに、子猫の時はチンチラの鼻は黒いですが、大人になるとレンガ色に変わります。 チンチラの性格。 人間との距離をほどよく取る チンチラは、基本的にあまり自分から行動を起こすタイプではないです。 いつも物陰から隠れているので、置物のような感じです。 他の猫に比べると運動量が少ないことでどうしても太りやすいので、ご飯の量や種類などを飼い主が配慮してあげる必要があるでしょう。 まぁ、あまりにもお腹が空いている休日の朝 飼い主が起きる時間が平日よりも遅くなるので…… には2階の寝室まで呼びに来てくれますけど。 かなり大人しいので、鳴き声もほとんどありません。 たま~に飼い主の呼び掛けに返事してくれる時がありますが、可愛すぎてみんな「キャー!」となります でも、アンコールは聞いてくれない先生なのでした。 先生は人間に抱っこされるのが苦手だけど、タイミングが合えば長いこと抱っこさせてくれる時も稀にですがあります。 だけど決して人間嫌いではないんですよね。 フローリングに座って親子で遊んだりしていると必ず寄ってきますし、子どもが寝ている時も寄り添って寝るときもあります。 普通猫は触られないと喉をゴロゴロ鳴らさないんじゃないかと思うんですが、先生の場合人間に近づいただけでゴロゴロ聞こえるんですよね。 先生なりに、かなり甘えている証拠なんでしょうか。 近づきすぎず、離れすぎず……先生にとってちょうど良い距離を保っているんでしょうね。 チンチラがかかりやすい病気 チンチラには、どうしてもかかりにくい病気があります。 そしてこの病気が発症してしまうと治療法はなく、最終的には腎不全になってしまうという恐ろしいものです。 他にもチンチラがかかりやすい病気はこちらです。 尿石ができやすい• 白内障などの目の病気• 肥大型心筋症• さまざまな皮膚病• 毛球症• 日頃からたくさんお水が飲めるように配慮してあげたり、目やにや毛のお手入れなどを毎日の習慣にすることが大切です。 チンチラの平均寿命と価格相場 チンチラの平均寿命は15年から20年程度です。 一般的な猫の寿命が15年程度なので、少し長めなのがうれしいですね。 最近は20年以上元気に生きる猫も増えてきましたから、今11才の先生もいつまでも元気でいてほしいものです。 チンチラの価格相場は10万円から25万円程度で、平均すると18万円くらいです。 うちの先生の場合は生後3ヶ月の時で、12万円でした。 真っ白でとっても可愛かったですよ 他のお客さんも色めきだってましたね。 チンチラの月齢や顔つきなどによっても値段は変わります。 基本的に猫は、生後45日以降でないと販売することができなくなっています。 小さい転から飼いたい場合には、45日以降でなるべく早い段階のチンチラを探すことをオススメします。 しかし大人になると顔つきや毛並みなどがかなり変わることもあるので、それが心配な場合にはある程度成長したチンチラをお迎えする選択肢もありますね。 チンチラは、気品あふれるモフモフ毛色の愛すべき猫 ペルシャの中の1つであるチンチラ。 その独特な毛色と端正な顔立ち、アイライナー。 ペルシャよりも毛が絡みやすいので、飼い主からすると手のかかる猫ちゃんでもあります。 でもそこがいいんですよね。 人間との距離をちょうどいい感じで保っているチンチラ。 たまに甘えてくるツンデレ具合がなんとも言えませんよ。

次の

チンチラの生態、値段、飼い方

チンチラ 体重

繁殖に挑戦する前に まずチンチラの繁殖はメスの 体にとても負担がかかってしまうことを忘れないでください。 妊娠期間は犬猫よりも長く 約4か月かかります。 すごい小さな体で4か月も妊娠期間があるのは相当な負担がかかってしまいます。 可愛い赤ちゃんが見たいからという 軽い気持ちで繁殖をしないようによく計画を立ててから行うようにしてください。 メス親の健康状態に少しでも不安がある場合はやめておいた方が良いでしょう。 妊娠適齢期 チンチラが妊娠できる年齢は 約1歳から2歳前後くらいが適していると言われています。 あまり年齢が高い子は産道に柔軟性がなくなってしまい難産になる可能性があるので繁殖には向きません。 また妊娠には物凄い体力を使うので高齢では負担に耐えることができません。 1歳前後の若い個体で挑戦してみてください。 性成熟と発情時期 メスの性成熟は 約5~8ケ月、オスの性成熟は 約3~6ケ月と言われています。 オスの場合は成熟してしまえばすぐに繁殖に使うことができます。 メスの発情時期は 1ケ月~1ケ月半に1度数日間やってきます。 発情時期は不定期で個体によっても変わってきます。 発情期はメスの膣口が赤くなってぷっくりと開いてきます。 また最初の発情期は気が荒くなったり情緒不安定になる子もいるようです。 オスの場合はメスが受け入れてくればいつでも繁殖することができますが、メスは発情期の間しか交尾することはできません。 繁殖するカラーの組み合わせの注意点 チンチラは繁殖するカラーの組み合わせによっては 致死遺伝子を生み出してしまう危険性があります。 致死遺伝子とは生まれてくることができない、生まれても障害がある、 奇形がある、体が弱い、長生きできないなどの障害がおきる場合があります。 繁殖に挑戦する場合は組み合わせにも注意して行うようにしてください。 またインブリーティング (近親交配)はしてはいけません。 避けるべきカラーの組み合わせ 注意• 相性があり個体によっては 喧嘩してしまうこともあります。 そのためにお見合いが必要になります。 まずはオスとメスの ケージを隣り合わせに置き、両方の反応を観察します。 そのままケージ越しに喧嘩をしないようなら、お散歩の時に一緒に遊ばせて様子を見てみましょう。 メスが甘えるような声を出したり、メスがお尻を突き出すような仕草を見せたら相性が良い可能性が高いです。 相性が良いようでしたらケージを一緒にして様子をみてください。 相性が悪い場合は喧嘩が始まってしまうのでその場合はすぐに別々にしましょう。 交尾が行われたサイン チンチラの交尾は一瞬で終わります。 交尾が成功していた場合メスの膣から 膣栓という白っぽい塊が出てきます。 しかし膣栓が落ちていても交尾がしっかり行われていない場合もあります。 相性が良くても交尾しない個体やなかなか妊娠しない子もいます。 その場合は相手を変えてみるか、安心できる飼育環境を見直すなどの工夫をしてみてください。 中には妊娠しにくい個体もいるので無理に繁殖しないように注意してください 妊娠の兆候 妊娠1か月目では体の変化も体重の増加もまだありません。 2ケ月くらい経つとお腹が少し硬くなり、徐々に体重が増加してきます。 食欲もだんだんとあがってきます。 3ケ月たつとお腹も大きくなり体重もしっかりと増えて、見た目で妊娠していると確認することができます。 この時期になったらいつもよりも 栄養価の高いエサを多めに与えるようにして下さい。 普段の食事の量では足りなくて元気な赤ちゃんを産むことができません。 チモシーの他にアルファルファなどの高栄養の牧草も混ぜて与えると良いでしょう。 ペレットも普段よりも多めに与えても問題ありません。 出産直前 出産直前になると寝ていることが多くなります。 個体によってはフーフー鳴く子もいるようです。 その状態が1週間前後続いてようやく出産になります。 生まれてくる数は平均 1~3匹と言われています。 体格が大きかったり系統的に多産の場合は4~8匹生まれることもあるようです。 また動物病院で エコーで診てもらえば何匹生まれるか事前に知ることができます。 また出産してもお腹の中にまだ 1匹取り残されているトラブルもあるようなので、事前に何匹生まれるか確認しておいた方が安心だと思います。 出産準備 ケージのレイアウトを安全なものに 出産直前のメスは身体も重くなり思うように動けなくなります。 ジャンプ力もなくなるのでステップから落ちてしまったり、狭い所は通りづらくなります。 ケージの中は複雑なレイアウトはやめてシンプルなものにしましょう。 また生まれてくる赤ちゃんはとても体が小さいです。 そのためスノコの穴に足を引っかけたり、ケージの網の隙間から抜け出してしまうかもしれません。 すのこにはマットを敷くか取り外したほうが安全です。 ケージの網は隙間が小さいものと交換するしかないでしょう。 床置きのヒーターを用意しよう チンチラは生まれてきた赤ちゃんの 体を舐めて濡れている体を乾かします。 しかし複数生まれてくる場合は全員出産してからでないと 体を乾かすことができません。 そのため濡れたままだと体温が低下して弱ってしまう場合があります。 そうならないように 床置きのヒーターを敷いておけば安心です。 季節に関係なく敷いておいた方が良いでしょう。 オスは別のケージに移そう 出産 2週間前くらいになるとメスは イライラしたり、体を守る本能から 攻撃的になってきます。 そのためオスと喧嘩になる場合があるので 別のケージに移しておきましょう。 いよいよ出産 チンチラの出産は深夜から明け方に行われることが多いようです。 陣痛がはじまり破水をして赤ちゃんが生まれてきます。 出血もして血だらけになる場合もあるようです。 すべての赤ちゃんを産み落とすと体から 胎盤が出てきます。 その胎盤をメスは食べて体の栄養にします。 子育て チンチラの赤ちゃんは早成性でほとんど体が出来上がった状態で生まれてきます。 そのため 一週間くらいはママのお乳を飲みますが、そのあとはママと同じペレットや牧草などを食べることができます。 お乳は2か所しか出ない 注意しなくてはいけないのがチンチラ のお乳は3~4個ついていると言われていますが、 お乳が出るのは2か所しかないようです。 そのため 3匹以上生まれた場合はお乳の取り合いになってしまいます。 喧嘩したり、お乳が飲めなくて成長不良になってしまう子もでてきます。 赤ちゃんが成長しているかは体重で確かめることができます。 頻繁に体重を量って体重が増えていない子はお乳を上手く飲めていないということです。 その場合は飼い主自らミルクを与えて 人工保育をする必要があります。 人工保育 人工保育のミルクは ヤギ用のミルクが適しています。 シリンジや注射器などで飲ませましょう。 赤ちゃんの口は小さく飲める量も少量です。 最初は舐める程度で少しずつ与えてください。 慣れてきて自分で吸い付くようになっても 勢いよく流し込むのは危険です。 勢いよく流し込むと肺炎になってしまう場合があるので注意しましょう。

次の