琵琶湖ボートリプレイ。 ボートレース琵琶湖の狙い目

レースリプレイ|ボートレース平和島

琵琶湖ボートリプレイ

基本情報 水質 淡水になります。 淡水の特徴は、海水と比べて浮力がなく、水面が硬い事です。 体重が重いレーサーや新人で淡水に慣れていないレーサーには走りにくい水質になります。 競走水面 湖になります。 琵琶湖は周辺の山々から雪解け水が入り込む春から初夏にかけて水位が上がり、真夏から冬場にかけて水位が下がります。 水位が上がっている季節や追い風が吹くとうねりが起こり、レーサーには波乗り技術が求められる。 また、モーターのパワーがないと波を超えられない状況になるため、モーター調整がうまくいっていないレーサーは、思い通りに操舵する事が難しい。 使用可能チルト -0. 5、0、0. 5、1. 0、1. 5の5種類から選択が可能です。 モーターの調整方法とレーサーの腕によっては、角度の高いチルトを選択することができるレース場になります。 ただし、ほとんどの場合は-0. 5、0のいずれかを用いるレーサーが多いです。 開催時間 デイレースになりますが、季節によってはサマータイムを導入して開始時間を少し遅らせて開催する場合があります。 6レースが企画レースになります。 1レース 1号艇にAランクレーサー 5レース 1号艇に当節主力レーサー 2号艇にAランクレーサー 6レース 1. 4号艇にAランクレーサー コース別入着率 1コース 1着率約42% 2連率約60% 3連率約75% 2コース 1着率約19% 2連率約45% 3連率約60% 3コース 1着率約17% 2連率約35% 3連率約50% 4コース 1着率約15% 2連率約35% 3連率約55% 5コース 1着率約5% 2連率約15% 3連率約30% 6コース 1着率約3% 2連率約10% 3連率約25% *傾向をつかんで頂く事を優先して鋳ますので、大まかに記載していますが、大きく違ってはおりません。 出目データ 【3連単】 1位 123 約7% 2位 124 約5% 3位 132 約4% 4位 134 約4% 5位 143 約3% コースレイアウト 1マーク入り口付近 44m 1マーク道中 71m 1マーク出口 98m 2マーク入り口付近 73m 2マーク道中 135m 2マーク出口付近 70m ボートレース琵琶湖の狙い目 ボートレース琵琶湖は、淡水である事からモーターのパワーやレーサーの腕が結果に反映されやすいレース場である上、コースレイアウトや水面に発生するうねりが更に予想を難しくしています。 更に、インコースの有利を打ち消す原因として標高の高さがあります。 標高が高いと酸素が少ないため、モーターのパワーを最大限に引き出すまでに時間がかかります。 助走距離の短いスロー勢には不利に働くと言う事です。 これだけ多くのインコース不利の要因があるので、新人レーサーやボートレース琵琶湖や江戸川、福岡などの波やうねりの多いレース場を走りなれないレーサーには、難水面に映ります。 これらの事からボートレース琵琶湖の狙い目は・・・ 本線 1. 2着を1コース艇及び2~4コース艇の折り返し 3着は流し 穴狙い 1着艇を1~4コース艇の内2艇 2着を1~4コース艇の内2艇 3着は流し となります。 ボートレース琵琶湖の狙い目のまとめ ボートレース琵琶湖は、インコース不利と言われる条件が揃っているレース場になります。 他のレース場ですと、うねりが発生した場合や向かい風の場合など特定の条件を設定できますが、複数同時に発生したり開催期間中に毎日違う条件が発生したりしますので常に現在の状況に目を光らせインコースが不利になるか有利になるか検討する必要があります。 特にうねりや波への対応力はレーサーの勝率だけで見ても分からず【波やうねりはレーランクと勝率を打ち消す】と言われていまので、出場レーサーの波乗り技術は事前に検討する必要があります。 この様に予想する上で検討するファクターが他のレース場と違う為、ロジックを変えないと的中が難しいレース場になります。 予想習熟度が上がってからの勝負をお薦めします。 【まとめ】• インコースの信頼度は低め。 入るレーサーによっては思い切って外してみても良い• コースを熟知している地元レーサーや波乗り技術の高いレーサーが有利• 気象条件が重要なファクターとなる• ボートレース予想のセオリーに縛られすぎると大けがをする可能性が高い。

次の

ボートレース琵琶湖の狙い目

琵琶湖ボートリプレイ

基本情報 水質 淡水になります。 淡水の特徴は、海水と比べて浮力がなく、水面が硬い事です。 体重が重いレーサーや新人で淡水に慣れていないレーサーには走りにくい水質になります。 競走水面 湖になります。 琵琶湖は周辺の山々から雪解け水が入り込む春から初夏にかけて水位が上がり、真夏から冬場にかけて水位が下がります。 水位が上がっている季節や追い風が吹くとうねりが起こり、レーサーには波乗り技術が求められる。 また、モーターのパワーがないと波を超えられない状況になるため、モーター調整がうまくいっていないレーサーは、思い通りに操舵する事が難しい。 使用可能チルト -0. 5、0、0. 5、1. 0、1. 5の5種類から選択が可能です。 モーターの調整方法とレーサーの腕によっては、角度の高いチルトを選択することができるレース場になります。 ただし、ほとんどの場合は-0. 5、0のいずれかを用いるレーサーが多いです。 開催時間 デイレースになりますが、季節によってはサマータイムを導入して開始時間を少し遅らせて開催する場合があります。 6レースが企画レースになります。 1レース 1号艇にAランクレーサー 5レース 1号艇に当節主力レーサー 2号艇にAランクレーサー 6レース 1. 4号艇にAランクレーサー コース別入着率 1コース 1着率約42% 2連率約60% 3連率約75% 2コース 1着率約19% 2連率約45% 3連率約60% 3コース 1着率約17% 2連率約35% 3連率約50% 4コース 1着率約15% 2連率約35% 3連率約55% 5コース 1着率約5% 2連率約15% 3連率約30% 6コース 1着率約3% 2連率約10% 3連率約25% *傾向をつかんで頂く事を優先して鋳ますので、大まかに記載していますが、大きく違ってはおりません。 出目データ 【3連単】 1位 123 約7% 2位 124 約5% 3位 132 約4% 4位 134 約4% 5位 143 約3% コースレイアウト 1マーク入り口付近 44m 1マーク道中 71m 1マーク出口 98m 2マーク入り口付近 73m 2マーク道中 135m 2マーク出口付近 70m ボートレース琵琶湖の狙い目 ボートレース琵琶湖は、淡水である事からモーターのパワーやレーサーの腕が結果に反映されやすいレース場である上、コースレイアウトや水面に発生するうねりが更に予想を難しくしています。 更に、インコースの有利を打ち消す原因として標高の高さがあります。 標高が高いと酸素が少ないため、モーターのパワーを最大限に引き出すまでに時間がかかります。 助走距離の短いスロー勢には不利に働くと言う事です。 これだけ多くのインコース不利の要因があるので、新人レーサーやボートレース琵琶湖や江戸川、福岡などの波やうねりの多いレース場を走りなれないレーサーには、難水面に映ります。 これらの事からボートレース琵琶湖の狙い目は・・・ 本線 1. 2着を1コース艇及び2~4コース艇の折り返し 3着は流し 穴狙い 1着艇を1~4コース艇の内2艇 2着を1~4コース艇の内2艇 3着は流し となります。 ボートレース琵琶湖の狙い目のまとめ ボートレース琵琶湖は、インコース不利と言われる条件が揃っているレース場になります。 他のレース場ですと、うねりが発生した場合や向かい風の場合など特定の条件を設定できますが、複数同時に発生したり開催期間中に毎日違う条件が発生したりしますので常に現在の状況に目を光らせインコースが不利になるか有利になるか検討する必要があります。 特にうねりや波への対応力はレーサーの勝率だけで見ても分からず【波やうねりはレーランクと勝率を打ち消す】と言われていまので、出場レーサーの波乗り技術は事前に検討する必要があります。 この様に予想する上で検討するファクターが他のレース場と違う為、ロジックを変えないと的中が難しいレース場になります。 予想習熟度が上がってからの勝負をお薦めします。 【まとめ】• インコースの信頼度は低め。 入るレーサーによっては思い切って外してみても良い• コースを熟知している地元レーサーや波乗り技術の高いレーサーが有利• 気象条件が重要なファクターとなる• ボートレース予想のセオリーに縛られすぎると大けがをする可能性が高い。

次の

琵琶湖競艇場の特徴や予想・オッズ情報、ライブ動画やレース結果

琵琶湖ボートリプレイ

琵琶湖競艇場の特徴 琵琶湖競艇場のある場所は海抜85mと高い位置にあるため、 気圧が低くモーターの機力が出にくいという特徴があります。 これは出力低減モーター導入以前からの問題であり、現在のモーターであればその影響は尚更のことです。 このことが原因で、今も変わらず 「インが弱い競艇場」といった特徴があります。 有利と言われるインコースも、琵琶湖競艇場では過度な期待は禁物ということですね。 ただ、インが弱い競艇場ではセンターやアウトコースが勝つ可能性が高くなるため、 高配当に期待できるといった特徴もあります。 水面の特徴 琵琶湖競艇場の水質は淡水のため硬く、 モーターの機力による「差」が出やすいといった特徴があります。 これに加えて、気圧が低くモーターのパワーが出にくいことから、モーターそのものの機力の違いは大きいと言えます。 このため、予想をするにあたって モーターの勝率や整備記録のチェックは欠かせませんね。 また、この他に季節的な特徴もあります。 春~夏にかけては雪解け水が流れ込んで水位が高くなることから、 うねりが発生しやすくなります。 秋~冬にかけては渇水期で水位が低くなるため、水面状況が安定しやすいといった特徴あり。 安定した水面ではスピード戦になることが多く、琵琶湖競艇場の特徴からセンターやアウトコースの艇が有利と考えられますね。 風の影響 琵琶湖競艇場では、 風による影響がレースの結果に大きく影響すると言えます。 午前中のレースではホーム側向かい風となることが多く、モーターの機力が出にくい事に加えて風向きに逆らうため、出足が悪くなりやすいです。 これはスロー勢には不利な状況で、 ダッシュ勢にとっては大きなアドバンテージに! しかし、午後になると風向きは追い風へと変化し、水面にうねりが発生してきます。 このことから全速ターンが難しくなり、 午前とは逆にインコースに有利な条件へと変化するんです! 舟券の予想をするには、その時の風向きや風速のチェックを忘れずにしましょう。 レース展開としてはインコースが弱いため、 ダッシュ勢カドの4コースによるマクリや差しによる決まり手が多く見られます。 特にインコースが不利な条件の時には、4コースの艇に注目ですね。 予想ポイントまとめ 年間を通して1コースの勝率は高くなく、2コースとセンター勢の勝率の差が小さい琵琶湖競艇場。 このことから、インだからといった過度な期待は捨て、 モーター・水面・風といった情報を取り入れた予想を心掛けたいですね。 特に4コースのマクリと差しを使い分けた戦法が強く、状況によっては推して考えたいところ。 高めの配当も狙える競艇場のため、予想がハマったときには大きそうですね。 開催日程 琵琶湖競艇場のレース開催日程は、こちらから見ることができます。 予想・オッズ情報 琵琶湖競艇場のレース予想やオッズ情報は、こちらから見ることができます。 ライブ&リプレイ動画・レース結果 琵琶湖競艇場のライブ動画、レース結果はこちらから見ることができます。

次の