早い対応のお礼。 「お礼メール」書き方とビジネス例文!社内・社外・状況別に紹介

「早い返信ありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

早い対応のお礼

「早い返信ありがとう」は、丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現です。 「ありがとう」はこのままの形で謙譲語にすることはできません。 謙譲語にする場合は「感謝する」などの言葉に言い換え「早い返信感謝いたします」などの表現にします。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 丁寧語よりも尊敬語、謙譲語の方が丁重な表現だとされています。 「早い返信ありがとう」の敬語表現は「早い返信ありがとうございます」です。 丁寧語にあたります。 「早い返信ありがとうございます」をより丁寧な形の敬語にする場合は、「ありがとう」を「感謝する」に言い換え「早い返信を感謝いたします」などの形にします。 「返信」を尊敬語にして「早いご返信ありがとうございます」「早いご返信感謝いたします」という場合もあります。 使い方 「メールを確認いたしました。 早い返信ありがとうございます」「いつも早い返信ありがとうございます。 連絡が取りやすくて大変助かっております」などの使い方をします。 「早い」は言わずに「ご返信ありがとうございます」とだけ言う場合も多いです。 「早い返信ありがとう」のシーン別の使い方 「早い返信ありがとう」は、色々なシーンで使われます。 シーン別に使い方をご紹介します。 メールでの使い方 相手から思ったよりも早く返信が来た時などに使います。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」などの使い方をします。 しかし、目上の人やお客様からの返信のお礼にはあまり使いません。 一緒に仕事をしている同僚や、部下からのメールに対しての返事として送る場合が多いです。 ビジネスシーンでの使い方 「早い返信ありがとうございます」は目上の人に対して使う場合は気を付ける必要があります。 敬語では目上の人の仕事内容や行動指針を目下の人は正確に把握することはできない、という考え方に基づいて言葉を選びます。 返信を早くするか遅くするかは仕事の優先順位にあたりますので、厳密にいうと、目上の人から返信が「早かった」か「遅かった」かは、目下の人には判断できないということになります。 このため、「早い返信ありがとう」ではなく「返信をくださってありがとう」という言葉を返すのが自然です。 「ご返信ありがとうございます」「ご返信感謝いたします」などが適切です。 お客様に対して お客様に対しても「早い返信ありがとう」はあまり使いません。 返信が早くて助かるのは、多くの場合その方が業務を早く進められるためです。 しかし、お客様に「業務が早く進んだ」と伝える必要はない場合が多いため、「早い返信ありがとう」というお礼の言葉は適切ではありません。 「ご返信ありがとうございます」が適切です。 同僚・部下に対して 「早い返信ありがとう」は一緒に業務を進めている同僚に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとう」は「貴方が早く返信してくれるおかげで、仕事がスムーズに進みます」という感謝を伝える言葉ですので、同じ業務についている同僚に対して使うのは適切です。 「早い返信ありがとう」は部下に対しても使うことができます。 部下に使う場合は「貴方の業務の優先順位や速度は適切だ」という肯定の言葉になります。 「早い返信ありがとう」の「早い」には、類義語が多数あります。 それらを使った敬語表現をご紹介します。 早速 「早速」は「反応が早い」という意味です。 「早速出かけることにしよう」「早速ですが」「早速準備する」「早速返事をくれた」などの使い方をします。 「早速のご対応」「早速のお返事」は、よく使われる慣用句的な表現です。 何かサービスや商品などを勧めた後、「それをお願いする」などの返事をすぐに貰った時などに使います。 「早速のご対応、大変感謝いたします」「早速ご対応くださいましてありがとうございます」「早速お返事くださいましてありがとうございます」などの使い方をします。 「早速のご対応」などは、慣用句的な表現なので気にする人は少ないと考えられますが、お客様の反応に対して「早い」「遅い」などのコメントをすることは、本来は失礼にあたります。 「早速のお返事ありがとうございます」などはやや馴れ馴れしい表現です。 早々 「早々」は「そうそう」と読みます。 「本来の時期よりも早く」「その状態になってすぐに」という意味の言葉です。 「会議を早々に退席した」「開会早々に退出者が相次いだ」「入社早々海外出張を言い渡された」などの使い方をします。 「彼は早々と出かけて行った」などの文脈では「はやばや」と読むこともあります。 「早々に返信をくださいましてありがとうございます」「早々のご返信ありがとうございます」などは、あまり使わない言い回しですが意味は通じます。 迅速 「迅速」は「非常に速い」という意味です。 「早い返信ありがとうございます」の「早い」という部分をより強く表現したい場合は「迅速な返信ありがとうございます」などの表現をします。 また、「迅速」は目上の人に対して使用しても問題ありません。 基本的には「早い」「早速」などは、目上の人の仕事対応に対して使わない方がよいでしょう。 しかし、「迅速」は「仕事の進め方が適切だ」というような意味ではなく、速度自体を賞賛しているようなニュアンスのある言葉であるため、例外的に目上の人に使っても問題ありません。 「迅速なご返信ありがとうございます。 大変助かりました」「迅速にご返信くださいまして感謝いたします」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」を使わない方が良い場面 目上の人の仕事に対して「早い」「遅い」などのコメントをするのは失礼にあたる場合が多いです。 「早いことを感謝する」という言葉であっても、目上の人に対して、仕事の優先順位や速度を意見する形になります。 目上の人には「早い返信ありがとうございます」ではなく「ご返信ありがとうございます」という言葉を使うようにしましょう。 お客様に対しても「早い」「遅い」などの言葉をかけるべきではありません。 早い返信は、自分たちの業務を遅滞なく遂行できるという点で助かる、という場合が多いです。 しかし、それはお客様が気にかける事ではないため、その点について礼を言うと返って失礼にあたることがあります。 「ご返信ありがとうございます」という言葉が適切です。 「早い返信ありがとう」に似た場面で使う敬語表現 一緒に仕事をしている上司に対してであれば「迅速な返信ありがとうございます」などの言葉を使用することができます。 しかし、お客様や部署が違うなどで同じ仕事をしているわけでは無い目上の人に対して「迅速な返信ありがとう」は使いません。 一緒に仕事をしているわけではない相手の、仕事の速さを賞賛するのは不自然であるためです。 では、そのような相手に対して「こちら業務を気づかって早く返信するなどの心配りをしてくれてありがとう、助かっている」という感謝を伝えたい場合はどうしたらよいのでしょうか。 そのような場面でよく使用される言葉をいくつかご紹介します。 格別のお取り計らい 「早く返信するなどして、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という気持ちを伝えるような場面でよく使用される言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「他よりも特にこちらに気にかけて、うまくいくように都合を合わせてくれている」という意味です。 「平素より格別のお取り計らいをいただきまして、誠にありがとうございます」「いつも格別のお取り計らいをいただきまして感謝しております」などの使い方をします。 「早い返信ありがとう」は基本的には目上の人に対して使用しません。 「早い」という言葉には、仕事の速度が適切であるということをこちらが判断しているようなニュアンスが僅かにあります。 このため、目上の人に対して「早い」と伝えたい時には速さを称賛しているようなニュアンスがある「迅速」を使います。 「迅速なご返信ありがとうございます」であれば、目上の人に対して使っても問題ありません。 「早い返信をしてくれるなど、こちらの業務を気づかってくれてありがとう」という意味で「早い返信ありがとう」と言いたいというような場面では、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」「お気にかけていただきましてありがとうございます」「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などの表現をします。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を使いこなそう! 「早い返信ありがとう」は丁寧語の形で敬語にします。 「早い返信ありがとうございます」「早いご返信ありがとうございます」が、この言葉の敬語表現にあたります。 同僚や部下に対して使うことが多い表現です。 「早い返信ありがとうございます。 おかげで今日中に仕上げることができそうです」などの使い方をします。 目上の人に対しては「早い返信ありがとう」ではなく「迅速なご返信ありがとうございます」という言葉を使います。 お客様に対しては「早い」という言葉は基本的に使いません。 「お心遣いいただきましてありがとうございます」などの言葉で感謝を伝えます。 「早い返信ありがとう」の敬語表現を押さえて使いこなせるようになりましょう。

次の

社内対応お礼メール|メール例文.com

早い対応のお礼

「お礼のメール」書き方のポイント ビジネスでお礼メールを書く時のポイントを紹介します。 相手が社外の取引先やお客様であっても、社内の上司や同僚であっても、注意すべきポイントは同じです。 お礼のメールは間をおかずにすぐに送る 感謝の気持ちを伝えるお礼のメールは、時間をおかずにできるだけ早く送ることが大切です。 例えば、打ち合わせのお礼メールであれば当日が好ましく、遅くとも翌日には送るように心掛けます。 協力していただいたことなどへのお礼メールも、後回しにせず、迅速に送ることが大切です。 基本フレーズは「~いただき、ありがとうございます」 お礼の言葉は、「深く感謝申し上げます」などの手紙で使われる言い回しよりも、口語調の柔らかいフレーズの方がメールでは好感が持たれます。 基本フレーズは「~いただき、ありがとうございます」「~くださり、ありがとうございます」が適しています。 複数の事柄についてお礼を述べる場合は、「ありがとうございます」を続けて使うと雑な印象になってしまうため、別の表現を使います。 「また、~の件につきましても重ねてお礼申し上げます」などの表現です。 何に、どのように感謝しているのかを具体的に伝える 「何に」「どのように」感謝しているのかを具体的に伝えることも大切です。 感謝の気持ちを丁寧に伝え、儀礼的な挨拶にならないように配慮します。 例文:• ご多忙のところ、お時間をいただき、ありがとうございました。 おかげ様で…• お力添えをいただき、ありがとうございました。 無事… することができました。 「お礼のメール」ビジネス例文 状況別のお礼メールの例文を紹介します。 訪問のお礼・打ち合わせのお礼(社外・お客様へ) 営業の訪問や打ち合わせのお礼メールでは、話し合いの内容についても具体的な事柄に触れるのがポイントです。 儀礼的な定型文にならないようにすることと、内容の振り返りや次回の確認を双方で共有することができます。 このたびはお忙しい中、貴重なお時間をいただき、まことにありがとうございました。 〇〇様にいただきました〇〇のご指摘をふまえ、最適なご提案ができるよう、すぐに検討を進めてまいります。 他に何か気になる点がございましたら、どんなことでも結構ですのでご連絡いただきたく存じます。 どうぞよろしくお願い致します。 メール署名 食事のお礼(上司へ) 上司に食事などをご馳走してもらった時のお例は、翌日の朝に直接伝えるのが基本です。 週末にかかって時間が空いてしまう時などは、簡潔なお礼を自分のパソコンやスマートフォンから送るのも一案です。 件名:食事会のお礼 〇〇部長 お疲れさまです。 昨日はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。 仕事をする上で参考になるお話しをいろいろと伺うことができ、大変勉強になりました。 まだまだ至らない点が多く、ご心配をおかけしますが、今後ともよろしくお願いいたします。 どうぞ良い週末をお過ごしくださいませ。 (メール署名) 協力へのお礼(社内へ) 社内の複数の人へ、協力いただいたお礼をメールで送る時の例文です。 感謝の気持ちと、協力いただいたことの具体的な成果についても触れるようにします。 直接会った時にそれぞれの人にお礼を言うことを前提に書いているため、「取り急ぎメールにて」と最後に述べています。 社外の取引先からの協力へのお礼メールも場合も書き方は同様です。 社外の人へは「いつもお世話になっております」が一般的な挨拶文です。 件名:〇〇へのご協力のお礼 〇〇チームの皆様 お疲れさまです。 このたびの〇〇につきまして、皆様お忙しい中、多大なるご協力をいただき、まことにありがとうございました。 おかげさまで目標の… を達成することができ、大成功を収めることができました。 これもひとえに皆様のお力添えの結果だと感謝の気持ちでいっぱいです。 今後もお力をお借りすることがあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。 取り急ぎ、メールにてお礼申し上げます。 (メール署名) 上司からのメールへの返信 上司から何らかの配慮をしていただいた時などの返信メールの例文です。 具体的な事柄を挙げて、感謝の気持ちを伝えるようにします。 件名:昨日いただいたメールのお礼 〇〇部長 お疲れさまです。 お忙しい中、ご丁寧なメールをいただきありがとうございます。 おかげさまで、… をすることができました。 特に… につきましては、大変ありがたく思っております。 部長の細やかなお心遣いにいつも感謝しております。 今後とも、ご指導よろしくお願いいたします。 (メール署名) 「お礼の言葉」フレーズ集 お礼メールでよく使われるフレーズを紹介します。 感謝の言葉 <感謝の言葉・基本フレーズ>• 「~いただき、ありがとうございます」• 「~くださり、まことにありがとうございます」 <感謝の言葉・その他のフレーズ>• 「重ねてお礼申し上げます」• 「ありがたく思っております」• 「感謝いたしております」• 「まことに恐れ入ります」 具体的な内容を示す言葉 「~いただき、ありがとうございます」と感謝の言葉を述べる時には、具体的な内容を示してお礼を述べます。 具体的な内容の表し方を紹介します。 お心遣いをいただき、• 結構な品をお贈りいただき• 丁重なお中元(お歳暮)の品をご恵贈いただき、• お忙しい中お時間をいただき、• ご丁寧なおもてなしにあずかり、• お気遣いいただき、• ご配慮くださり、• ご足労いただき、• お力添えをいただき、 まとめ お礼メールはすぐに送ることと、具体的な事柄を挙げて感謝の気持ちを述べることが基本です。 また、簡潔な内容をこまめに送ることもポイントです。 手間ひまをかけることで、信頼関係が深まり、ビジネスを円滑に進めることができるのです。 さらに、いつも同じ文面にならないよう、表現力を磨くことも大切です。

次の

早い対応のお礼を敬語で表すと?早速と早々と迅速の違いは?|ドクモバ!

早い対応のお礼

この表現は「いつも早急のご対応ありがとうございます。 今後ともよろしくお願いいたします」といった、汎用性の高い表現に使うことができます。 また「早急のご対応ありがとうございます。 当方といたしましてもいち早い解決が叶いますよう尽力いたします」といった形で、フォーマルな要素が強い文章に使うこともできます。 早急のご対応という言い回しについては、ありがとうございますをはじめとした感謝の言葉に添える形で使うことが多いので、下記の関連記事も併せて読んでおくと様々な場面に適した表現が使えるようになることでしょう。 感謝の気持ちを伝える方法を身に付けるのにうってつけの記事ですので、こちらも是非読んでみましょう。 早急のご対応という表現を使って相手方への感謝を伝える場合に、ありがとうございますという表現だけではなく「感謝いたします」という表現を使うこともできます。 「早急のご対応に感謝いたします」という表現は、「おかげ様で新幹線に間に合いました。 早急のご対応に感謝いたします」といった形で使うことができます。 例えば「早急のご対応につきましてはいつも頭が下がる思いでございます。 今後とも変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます」といった形で使うことができます。 直接的にありがとうございますという伝える以外にも、このような形で相手に対しての深い感謝の気持ちを伝える方法もありますので、覚えておきましょう。 例えば「この度は早急のご対応のおかげで危機的状況を乗り切ることができました」といった形で使うことができます。 この例文であればこの後にお礼の言葉を添える流れになるかと思います。 早急のご対応という表現は、その後すぐに早い対応へのお礼の言葉が続くのが一般的ですが、このようにお礼の言葉を続けないパターンで使うこともできますので覚えておきましょう。 例えば「締め切りが経過しておりますので早急のご対応よろしくお願いいたします」といった形で使います。 この表現は催促になっていますが、相手に早急のご対応を求めると強制感が強い表現になりがちです。 そのため、このような言い回しを使うのはどうしても使わなければならないシーンに限定した方がいいでしょう。 このような言い回しが目立つようになると、相手方からの印象が悪くなるので注意が必要です。 英語でお礼を伝える表現には2つのパターンがあり、ダイレクトに「ありがとう」と伝える方法と「感謝する」という動詞表現でお礼の気持ちを表す方法に分かれます。 ここではまず「感謝する」を表現する2つの動詞を紹介します。 1つ目は「appreciate」という動詞です。 この言葉は「感謝する」という動詞表現においてよく使われる表現であり、純粋な感謝を表す言い回しです。 2つ目は「be動詞+grateful」の表現です。 この表現も「感謝する」を意味しますが「恩を感じている」というニュアンスがあり、より深い感謝を表します。 「感謝する」という表現の例文• ・「感謝する」という表現の例文• ・We are grateful for your speedy response. 「ありがとう」という表現は例文の通り「サンキュー」で表すのですが、「so mush」という表現を入れることでさらに深い感謝を表すことができます。 ビジネスにおいてお礼を伝える場合にはこの表現を積極的に使いましょう。 また「ご対応」という部分にもいくつかの伝え方があります。 「action」は行動を表す単語であり、「handling」は配慮した対応を表す言い回しになります。 そして「response」という動詞については一般的な対応を表しますが「返答」や「反応」とも訳すことができます。 状況に応じて使い分けましょう。 「ありがとう」という表現の例文• ・Thank you so much for your quick handling. (早急のご対応いただき誠にありがとうございます)• ・Thank you so much for your your swift action. 「迅速」という言葉を使う場合には、特に素早く対応をしてもらった時に使う表現になりますので、毎回このような表現をお礼に添えると使うごとに効果が薄れていきます。 そのため多用は禁物です。 例えば「おかげ様で納期に間に合わせることができました。 迅速なご対応に心より感謝申し上げます」といった使い方をします。 このようなお礼のビジネスメールを送ることで、相手方との良好な関係性の継続が期待できることでしょう。 この表現は深いお礼の気持ちを伝えたい時に使う言い回しになります。 大きなメリットを受けた時やリスクを回避した時に使います。 ちょっとした場面で使うと大袈裟で嘘くさくなるので使う場面は考えましょう。 例えば「懸命の作業により故障は回避することができました。 早急なご対応に厚く御礼申し上げます」といった形で使います。 「早急なご対応」という言葉を使うと「いただき」という言葉にも繋げられますので、「早急のご対応」と一緒に使い分けることで表現力の向上が期待できることでしょう。 「早急」や「迅速」という言葉に比べて「早速」という言葉はフォーマルな印象に欠ける表現ですが、距離が近い人に使うと他の言葉よりも相手に対して自然で感謝の気持ちが伝わりやすい言い回しになります。 例えば「早速のご返信誠にありがとうございます。 すでに発送の手配を済ませましたので、到着を楽しみにお待ちください」といった形で使うことができます。 例文のようなやや親近感のある表現が使えることもビジネスにおいてコミュニケーションを深めていくのに重要になってきますので、この表現も押さえておきましょう。 この表現は非常に丁寧な印象のある表現なのですが、「早々のご対応」という表現は目上の人に対して使える敬語表現としては十分ではない表現です。 そのため、ビジネスメールでは限られた相手にだけ使える表現になります。 「迅速な」「早急な」「早速の」など、他に敬語表現として使える類語表現が多数ありますので、こちらを使うようにした方が、ビジネスメールの中における敬語表現としては妥当だと言えます。 ただし「早々のご対応」という表現がビジネスメールにおいて完全にアウトな表現ではありませんので、使う状況を考えましょう。 一見間違っていないように見えるのですが、正しくは「迅速な対応をしていただき」という表現になります。 「ご」を付けると敬語表現になり、「ご対応」と「していただく」という敬語が重なるために「対応」という表現になります。 二重敬語という表現があり、これは日本語として間違った表現になります。 例えば「お伺いさせていただく」という表現は「伺う」という謙譲語と「させていただく」という謙譲語が重なった表現です。 「ご対応していただく」も「ご対応」と「していただく」が重なった二重敬語に当たり、間違った敬語に該当するのです。 早急のご対応という言葉が使いこなせていても、他の敬語表現が間違っているビジネスメールは相手に対していい印象を与えません。 そのため、ビジネスメールの送り方のに必要な敬語表現をしっかり学ぶ必要があります。 ビジネスメールにおける敬語表現は出来ているからといって加点になるというよりは、出来ていないことに対する減点の要素が大きくなっています。 正しい敬語を使えていつも笑顔で礼儀正しいといういくつかのプラスの要素が重なっていれば加点になる場合もありますが、相手からの印象を下げないよう正しい敬語を使いましょう。 この2つの表現は接続詞の使い方を間違えやすいので注意が必要です。 例えば「早急のご対応ありがとうございます」と言いますが「早急のご対応していただきありがとうございます」というと、違和感のある表現になります。 「早急のご対応ありがとうございます」「早急にご対応していただきありがとうございます」が正しい表現となります。 また「早急にご対応いただきありがとうございます」「早急にご対応いただき心よりお礼申し上げます」などといった表現が使えるようになるとコミュニケーションがよりスムーズになることでしょう。 早急のご対応という言葉を使ってお礼を伝えたとしても、相手方に対する感謝の気持ちがなければ、そのビジネスメールから相手への感謝は伝わらないことでしょう。 そのため、メールには感謝の気持ちを込める必要があります。 例えば早い対応をしてもらったから何に対して助かったのか、どんなメリットがあったのかという具体的な内容を添えると相手方への感謝の気持ちがより伝わりやすくなります。 またいつも感謝している旨や、恩返しをしたい旨を添えるのも有効な文章表現と言えます。 早急のご対応やその派生表現を使いこなそう! 早急のご対応という言葉を添えながらありがとうございますとお礼を伝えることで、ビジネスメールにおけるコミュニケーションが円滑に進んでいくことでしょう。 早い対応へのお礼について早急のご対応という言葉を正しい敬語と一緒に使うことで相手方の印象が上がりビジネスが良い方向へ進んでいくケースが少なくありません。 ここで紹介した早い対応へのお礼の表現である「早急のご対応」という言葉と、その派生表現の使い方をマスターして、ビジネスメールをはじめとする仕事のシーンで役立ててもらえたらうれしいことこの上ありません!.

次の