トヨエツ 常盤 貴子。 トヨエツ「汗だくだった」 25年前のドラマ「愛していると言ってくれ」振り返る

トヨエツ「愛していると言ってくれ」北川悦吏子氏の狙い明かす 常盤貴子も“秘話”に驚き「知らなかった」

トヨエツ 常盤 貴子

「愛していると言ってくれ」再放送も話題 「愛していると言ってくれ」は、2020年5月31日から6月21日までの毎週日曜日14:00〜17:00に、「2020特別版」が放送され、「最高すぎる」「懐かしい」と話題に。 モルモットまみれの晃次と、それを見て笑う紘子。 今、ハマりにハマってるドラマ 愛してると言ってくれ 美しすぎる常盤貴子と豊川悦司 放送されてた25年前は見てなかったので今見ると毎回楽しみで、放送日が待ち遠しいくらい。 主題歌 LOVE LOVE LOVE もいいですね😊 教えてくれたヒロくんありがとうございます〜😄👍トヨエツに似てる〜😉 — 愛樹 akiwelove はい、どんどん引き込まれていきます・・・。 名前を言ってるだけ 言っているだけなのに どんどん 引き込まれてく もう💦 意味わかりません — よゆのこ yunokoyo51 常盤貴子さんの豊かな表情も本当に素敵です。 井の頭公園に行く度にこのドラマを思い出す。 () リモート同窓会で 豊川悦司「常盤さんもね、めちゃめちゃピチピチしていた頃だったから」 常盤貴子「 私、パンパンでしたよね」 と言う会話があったのですが 「いえいえ、どうみても 今の方がパンパンですよ」という意見も。 「愛していると言ってくれ」の撮影当時の常盤貴子さんは 23歳、現在は 48歳ですから、変化していても当然でしょう。 2020年3月の「櫻井・有吉THE夜会」に出演した際も、 「太った?」と話題になっていました。 ( 常盤貴子、太りましたね。 — ま。 rG0wohfuCGku7YS 常盤貴子、太ったなあ! — 沼津太郎 08231974 うーん、確かにちょっと 貫禄がでたような。。。 () この番組の少し前の、2020年2月に行われた記者会見では、 変わらぬ美貌を披露されていたのですが。。。 () 衣装やズームのカメラの影響もあると思いますが、 もしかすると、コロナ自粛で太ってしまったのかも? 逆に「親近感が湧く!」という声も上がっています。 常盤貴子のおでこと前髪がヤバイ? 同じく「愛していると言ってくれ 2020特別版」で 「ハゲた?」「ヤバイ」と話題になっているのが、常盤貴子さんの おでこと前髪。 () 生え際にややクセがあるのが特徴的です。 おろしていると目立たないのですが、向かって 左側の生え際が特に段になっていますね。

次の

トヨエツ「ピチピチしてた頃…」、常盤貴子「MAXパンパン」

トヨエツ 常盤 貴子

俳優の豊川悦司、常盤貴子が主演を務めたドラマ『愛していると言ってくれ』(TBS系/1995年)の2020年特別版第4弾がTBSにて21日に放送。 2人が魅せた美しい最終回に、視聴者からは「この最終回、何度見ても泣いてしまうわ…」「やっぱり何度見てもキュンキュンする」「素敵なラストシーンでした」といった投稿や、「トヨエツロス」「トヨエツが素敵すぎて現実に戻れない」といった声が相次いでいる。 聴覚障害を持った新進青年画家の晃次(豊川)と、アルバイトをしながら劇団で演技の勉強を続ける女優の卵・紘子(常盤)の言葉を超えた愛を描く。 21日に放送された特別版の第4弾は、10話「悲劇」、11話「別離」、12話「僕の声」を放送。 中でも紆余曲折を経た晃次が紘子の名前を声に出して叫ぶシーンが放送された第12話(最終回)は視聴率28. 1%を記録した「伝説の回」といっても過言ではない。 幼いころ友人にからかわれたことがトラウマで声を出すことが出来なくなっていた晃次は、この時はじめて「だから紘子が愛してると言ってくれと言われた時、言えなかった」と明かす。 そんな「名シーン」の連続の今回の放送に対し、SNSには「このドラマ今見ても全てがどストライク」「何度見ても切なくて泣ける」「永遠に好きなドラマ」と感動の声が殺到。 また、晃次を演じた豊川に対して、「ほんとトヨエツのかっこよさ爆発してるわ」「男も惚れる男前…」「豊悦さんの透き通った濁りのない瞳に心が洗われました」「トヨエツの指先から溢れ出る色気が半端なかった」といった声が数多く寄せられた。 また、1ヵ月に渡った再放送に、思わず「トヨエツロス」になってしまったファンも続出している。 さらに、豊川と常盤が作品について語り合う「リモート同窓会」のコーナーでは撮影当時、プライベートではあまり会話がなかったこと、常盤はこの作品で豊川から言われた一言がきっかけで女優として大きく成長できたこと、豊川は耳栓をして撮影に臨んでいた裏話などが明かされた。 こちらにも「シーンの説明、役作りについて聞いているのが楽しかった」との声が寄せられていた。

次の

【画像】常盤貴子が太って劣化?顔がパンパンでおでこと前髪もヤバイ?

トヨエツ 常盤 貴子

1992年、『NIGHT HEAD』 武田真治さんとともに注目を浴びたのが『NIGHT HEAD』1992年トヨエツ29歳の時です。 身長186㎝の堂々たる風情で存在感抜群のトヨエツでした。 今よりずっと細くて(と言っても今が太っているわけではありません)、 髪も短かく「青年」という言葉が合う感じ。 役柄的にちょっと暗めのイメージで、ミステリアスな役があっていました。 このころは、もう一人の主役武田真治さんはまだ筋肉体操の前で 笑 、今とは全く違う中性的な魅力でした。 トヨエツにしても武田真治さんにしても人は変わるものですね。 1995年『愛してると言ってくれ 豊川悦司さんの代表作ともいえる「愛してると言ってくれ」は1995年の放送で、ヒロインは常盤貴子さんでした。 聴覚に障害がある画家「榊 晃次」と女優の卵「水野 紘子」のラブストーリーを豊川悦治さんと常盤貴子さんがさわやかに演じ切りました。 それまでどちらかというと屈折した役が多かった常盤貴子さんがのびのびとした明るい役を生き生きと演じた印象があります。 そして何と言ってもトヨエツのかっこよさ! ラフな白いシャツ あれは素材は麻?)があんなに似合う男性がいただろうか!?という驚きをもってみていました。 トヨエツが本当に新進気鋭の画家に見えてきたものです。 年齢を重ねてからのトヨエツはちょっと違う路線だけれど、あのころは さわやかなイケメン! でした。 最終回だったかしら? 二人が海の近くの別荘?で暖炉の火を見ながら語り合うシーンがあったように思うのですが 記憶違いだったらごめんなさい)、こんなうまい具合に海の別荘に行けるのか!?と思う反面、その美しい光景に引き込まれて「アリ、アリ!トヨエツなら、これは有り!」と思ったものです。 毎週がとても楽しみで、回を重ねると、放送の終了が近づいてそれが残念!と思っていた女性は数限りなくいたはずです。 そのころは、まだなかった言葉だけれど、放送終了後は「トヨエツロス」でしたね。 そしてこの二人が、25年の年月が過ぎると こうなる、というのが、本当に年月の重みを感じます。 素敵に年齢を重ねるお二人の25年間はきっと素敵な25年間だったのでしょうね。 Sponsored Link 1997年『青い鳥』 「愛していると言ってくれ」から2年「青い鳥」が放送されると知り、トヨエツファンはどれほど喜んだことでしょう! 今回もやはりトヨエツはかっこよく、ヒロインの夏川結衣さんは美しく、ロケもまたよかったのですが、「愛しているといってくれ」ほどには盛り上がらなかったように記憶しています。 「青い鳥」が劣ったのではなく、それだけ『愛していると言ってくれ』が私たちに峻烈な印象を残していったのだと思います。 2012年『ビューティフルレイン』 トヨエツは人気の俳優さんなので、これまで本当にたくさんの映画やドラマに出演しました。 が、一時ドラマからは離れた時期があり 13年ぶりのドラマの主演となったのが「ビューティフルレイン」でした。 その空白の間は映画のほうに力を入れていて映画の主演作品は多数あります。 あのイケメンもよいパパになったか!というのが第一印象でした。 若い頃の尖った感じがなくなり、その代わり温かみが感じられました。 見た目も若い頃よりふっくらした印象ですね。 TVで久しぶりにトヨエツを見たとき、「え?トヨエツ!?」と驚いたものです。 このナビゲーターとしてトヨエツと常盤貴子さんが出演されました。

次の