漢字 読み。 読み間違いが多い漢字111選

【漢検】漢字検定WEB問題集

漢字 読み

正しく読めていると自信満々に使っていたその言葉、実は全然違う読み方かもしれません。 今回はそんな間違えがちな漢字の読み方をご紹介していきます。 あなたは、「訃報」はなんと読むかわかりますか…? (1)「訃報」の読み方は「けいほう」? 「訃報」は誰かが亡くなったときに使われる言葉ですよね。 しかし、この漢字の読み方は、「けいほう」ではありませんよ…!この漢字の読み方の正解は「ふほう」です。 正しく使えている人も多い言葉ですが、意外と読めない人も多いんです。 人前で読み間違えてしまうと、反感を買ってしまう可能性もあるので十分に注意してくださいね! (2)「愛猫」の読み方は「あいねこ」? これも簡単そうで読めていない人が多い漢字です。 「愛猫」は「あいねこ」と読んでいる人はいませんか?この漢字の読み方は、正しくは「あいびょう」です。 なんでこんなに難しい読み方をするの!と思う方もいるかもしれませんが、「愛犬」は「あいけん」であって「あいいぬ」ではありませんよね。 そう考えると納得できます…! (3)「他人事」の読み方は「たにんごと」? 「他人事」はなんと読んでいましたか?「たにんごと」と読んでしまっている人は間違えています…!この漢字の読み方は「ひとごと」です。 「他人」とあるのになぜ「ひと」と読むのか不思議ですよね。 なぜこういう漢字になったのかというと、「ひとごと」を「人事」と書いてしまうと、「じんじ」と読んでしまうことから「他人事」という書き方をするようになったんだとか! (4)「貼付」の読み方は「はりつけ」? 「貼付」の読み方はなんでしょうか?「はりつけ」と読みたくなりますが、違います。 この漢字の読み方は「ちょうふ」です。 しかし、ひらがなが入っていると「貼り付け」となるので、「はりつけ」と読みたくなりますよね。 ひらがながないときには「ちょうふ」という読み方になるので注意してくださいね…! 読めないと恥ずかしい思いをしてしまうかも…! 簡単そうに見える漢字でも、意外と読めていなかった…。 使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処、又は、削除致します。 また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他如何なる損害に関して、一切当サイトは責任を負いません。 当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。 また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や文章、画像などの著作権所有者様からの削除依頼は、メールフォームよりご連絡下さい。 直ちに対処致します。

次の

難読漢字 外来語:漢字辞典ネット

漢字 読み

どこかで聞いたことがあっても、漢字を知らないと「え、これなんて読むの?」と戸惑ってしまうもの。 そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。 「些か」の読み方、知っていますか? 「些か」の読み方は? 私は「些か」の文字を見たとき「些」を「砦(とりで)」と見間違えてしまいました(もちろん「とりでか」なんて言葉を聞いたことがないので「違うだろうなあ…」とは思っていましたが)。 「些」はあまり馴染みがないように感じますが、「些細(ささい)なこと」などに用いられる漢字です。 「些細」なら「あ、知ってる!」と思った方も少なくないのでは?でも、だからといって「些か」を「さか」と読むのは間違いです。 幾らか。 自己の事柄については謙遜を、他者の事柄については婉曲を表し、「かなり」の意で用いられることがある。 現代語では「〇〇〇かも」の形をとる。 二 数量・程度がわずかであるさま。 重大でないさま。 出典元:三省堂 大辞林第三版 です。 例文には「腕には些か自信がある」「それは些か問題だ」などが挙げられています。 どこかで聞いたこと、ありませんか? 正解は… 正解は 「いささか」です。 また「些か」の他に 「聊か」と書くこともできます。 こちらも読みは同じ「いささか」です。 「些か」も「聊か」も常用漢字表外の漢字で、現代では「いささか」とひらがなで用いられることが一般的です。 「些」と「聊」で使い分けなければならない…というわけでもありません。 ただ「些細」でおなじみの「些か」のほうが、読みと意味が覚えやすいのではないでしょうか。 ビジネスシーンに便利な「些か」 なお「些か」はビジネスシーンで用いるのに便利な言葉です。 ビジネスシーンで「ちょっと」「少し」と表現すると軽く聞こえてしまうところを「些か」に置き換えることができます。 相手が使った「些か」の意味が「少し」なのか「かなり」なのかを読み取るのは、相手の話し方やシチュエーション次第なところもあり、難しく感じるかもしれませんが、言い換えることでビジネスシーンに適した表現になる、とても便利な言葉とも言えます。

次の

都道府県名の漢字テスト|ちびむすドリル【小学生】

漢字 読み

どこかで聞いたことがあっても、漢字を知らないと「え、これなんて読むの?」と戸惑ってしまうもの。 そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。 「些か」の読み方、知っていますか? 「些か」の読み方は? 私は「些か」の文字を見たとき「些」を「砦(とりで)」と見間違えてしまいました(もちろん「とりでか」なんて言葉を聞いたことがないので「違うだろうなあ…」とは思っていましたが)。 「些」はあまり馴染みがないように感じますが、「些細(ささい)なこと」などに用いられる漢字です。 「些細」なら「あ、知ってる!」と思った方も少なくないのでは?でも、だからといって「些か」を「さか」と読むのは間違いです。 幾らか。 自己の事柄については謙遜を、他者の事柄については婉曲を表し、「かなり」の意で用いられることがある。 現代語では「〇〇〇かも」の形をとる。 二 数量・程度がわずかであるさま。 重大でないさま。 出典元:三省堂 大辞林第三版 です。 例文には「腕には些か自信がある」「それは些か問題だ」などが挙げられています。 どこかで聞いたこと、ありませんか? 正解は… 正解は 「いささか」です。 また「些か」の他に 「聊か」と書くこともできます。 こちらも読みは同じ「いささか」です。 「些か」も「聊か」も常用漢字表外の漢字で、現代では「いささか」とひらがなで用いられることが一般的です。 「些」と「聊」で使い分けなければならない…というわけでもありません。 ただ「些細」でおなじみの「些か」のほうが、読みと意味が覚えやすいのではないでしょうか。 ビジネスシーンに便利な「些か」 なお「些か」はビジネスシーンで用いるのに便利な言葉です。 ビジネスシーンで「ちょっと」「少し」と表現すると軽く聞こえてしまうところを「些か」に置き換えることができます。 相手が使った「些か」の意味が「少し」なのか「かなり」なのかを読み取るのは、相手の話し方やシチュエーション次第なところもあり、難しく感じるかもしれませんが、言い換えることでビジネスシーンに適した表現になる、とても便利な言葉とも言えます。

次の