シビック エヴァ。 『エヴァンゲリオン』×ホンダ・シビックのコラボプロジェクト始動!

シビック × エヴァンゲリオン スペシャルコラボプロジェクト始動

シビック エヴァ

新型 シビック タイプR マイナーチェンジについて 「シビック タイプR」のマイナーチェンジにより、フロントバンパー、リヤバンパーの形状を変更。 よりカーボン素材を多く使うことで軽量化を行う。 サスペンションの変更やAT車もラインナップされれる可能性もある。 安全運転支援システム Honda SENSINGのバージョンアップも行われ、「前方衝突警告」「車線逸脱警告」「衝突緩和ブレーキ」「道路逸脱緩和」「車線維持支援」「低速追従付きのアダプティブクルーズコントロール」などを採用する。 DABラジオ、Apple CarPlay、Android Autoを組み込んだ7インチインフォテインメントシステムも採用。 選択したドライブモードに応じて調整するエンジンサウンドエンハンスメントシステム「Active Sound Control(ASC)アクティブサウンドコントロール」を採用。 原音にスピーカーを介した調整音によりサウンドメイキングにより、迫力あるエンジンサウンドを演出。 ASCは、走行モードが「スポーツ」および「+Rモード」のときは常時作動し、「コンフォート」では加速中のみ作動。 サスペンションには、乗り心地を向上させるための最新のダンパーやグリップを向上させるための剛性の高いリアブッシング、多くの変更が加えらる。 「フロントサスペンションとステアリングシステムの改訂により、ステアリングのフィーリングがさらに向上。 新しいブレーキパッドとツーピースローターが装備。 データロガー機能「Honda LogR」も搭載する。 データロガー機能「Honda LogR」 ホンダ初となるType R専用のデータロガー機能「Honda LogR」も搭載。 7インチインフォテインメントシステムにコーナリング時のGやラップタイムや採点などを表示Googleマップを使用したパフォーマンストレースとリプレイや詳細な車両情報を表示、このデータをスマートフォンに転送などが可能。 シビック タイプRについて ホンダは新型シビックタイプRのフルモデルチェンジを行い、日本では2017年7月27日に正式発表、9月29日に発売する。 価格:450万360円 税込 同日に新型シビックシリーズの3モデル「」「」「シビックタイプR」が発売開始される。 縦に並んだ開口部からフロントのタイヤハウス内に空気を導き、タイヤ前方の気流を整流してドラッグ低減を図る「エアカーテン」。 ダウンフォースを発生させてリアタイヤのグリップ力を高める「ボルテックスジェネレーター」とリアスポイラー センターコンソールのナビは純正オプションで、基本はオーディオレスの8スピーカー(4スピーカー+4トゥイーター) シビックタイプR ニュルブルクリンク北コースのFFラップレコード最速となる ニュルブルクリンク北コースのFFラップレコード最速は でタイムは、 ホンダの新型シビック Type Rが保持していた ラップレコードの7分50秒63よりも短い7分49秒21である。 しかし、 今回のフルモデルチェンジで進化を遂げ新型ゴルフ GTI クラブスポーツSの ラップレコードを5秒41短い7分43秒80になり最速タイムを更新した。 国内製造ではなくイギリスの工場で製造している、逆輸入と言う形で販売をスタートする。 高剛性なハイテン材を使い、シート骨格の構造を刷新して約10%軽量化したTYPE R専用シートを採用。 シフトノブの後方にシリアルナンバー入りアルミ製エンブレムを装着している。 TYPE Rの専用アルミホイールは材質を高ヤング率として軽量・高剛性を実現。 ブレンボ製4ピストンアルミモノブロックキャリパーを採用マスターパワーも新設計して、ドライバーの踏力に合わせて制動力が自在にコントロール可能 ホンダはをデトロイトとロサンゼルスで2015年9月16日に量産モデルの正式発表した。 シビックタイプRのスペックについて 新 2. アダプティブダンパーを装備。 リアウイングの軽量化やフロントエアカーテン、ルーフラインのボルテックスジェネレーターなど現行モデルよりエアロダイナミクスが向上。 ハイスピードでもクラストップの安定性を誇る。 20インチアルミホイール&SportContact 6を採用。 「Apple CarPlay」と「Android Auto」対応7インチタッチスクリーンディスプレイ、12スピーカー540Wプレミアムサウンドシステム、インテリアにはレザーのステアリングホイールとシフトブーツ アルミシフトノブ ペダルを採用した。 650mm 4. 520mm 4. 560mm 全幅 1,800mm 1. 875mm 全高 1,415mm 1. 435mm ホイールベース 2,700mm エンジン 1. 5L 4気筒ターボ エンジン VTECTurbo L15B 1. 5L 4気筒ターボ エンジン VTEC Turbo L15C 2.

次の

『エヴァンゲリオン』×ホンダ・シビックのコラボプロジェクト始動!

シビック エヴァ

今後、特設サイトでは『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開に向けて、コラボ動画などのオリジナルコンテンツが順次公開されていきます。 シビックは、革新的なスタイリングと個性際立つ走りで、操る喜びの提供を目指したクルマです。 キャンペーン期間中は、ハッシュタグ「#シン・アオヤマ作戦」「#シン・シビック」と共に、特設サイトを中心にコラボコンテンツが順次公開される予定です。 どうぞご期待ください。 サイトトップではシリーズの世界観を表現した謎のカウントダウンが進行中。 タイマーがゼロになった時に何が起こるのか、ご期待くださいませ。 >> 【画像: 】 【オリジナル動画も制作中】 「エヴァンゲリオン」シリーズに登場するシンジ、アスカ、レイがそれぞれシビックと共演するオリジナル動画も現在鋭意制作中です。 1995年のTVシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」の放送から始まり、コミック・映画・ゲームなどさまざまなメディアに展開、社会現象を巻き起こしました。 2007年から始まった「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズは、時代性を捉えたキャラクター造形や、ミステリアスで奥深いストーリーによって、若者を中心に幅広い年代の男女に受け入れられています。 斬新かつスタイリッシュな映像表現は一般の視聴者だけでなく、国内外問わず多数のクリエーターに影響を与えています。 2020年6月27日には『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開されます。 2020年1月に、セダンと同時にハッチバックがモデルチェンジし、デザインの進化とともにサンルーフ オプション設定 などを追加し、機能的かつスポーティーなシルエットをさらに磨きあげました。 また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプに標準装備し、新たな機能を追加しています。

次の

ホンダ 新型 シビック タイプR マイナーチェンジ 2020年8月発売

シビック エヴァ

新型 シビック タイプR マイナーチェンジについて 「シビック タイプR」のマイナーチェンジにより、フロントバンパー、リヤバンパーの形状を変更。 よりカーボン素材を多く使うことで軽量化を行う。 サスペンションの変更やAT車もラインナップされれる可能性もある。 安全運転支援システム Honda SENSINGのバージョンアップも行われ、「前方衝突警告」「車線逸脱警告」「衝突緩和ブレーキ」「道路逸脱緩和」「車線維持支援」「低速追従付きのアダプティブクルーズコントロール」などを採用する。 DABラジオ、Apple CarPlay、Android Autoを組み込んだ7インチインフォテインメントシステムも採用。 選択したドライブモードに応じて調整するエンジンサウンドエンハンスメントシステム「Active Sound Control(ASC)アクティブサウンドコントロール」を採用。 原音にスピーカーを介した調整音によりサウンドメイキングにより、迫力あるエンジンサウンドを演出。 ASCは、走行モードが「スポーツ」および「+Rモード」のときは常時作動し、「コンフォート」では加速中のみ作動。 サスペンションには、乗り心地を向上させるための最新のダンパーやグリップを向上させるための剛性の高いリアブッシング、多くの変更が加えらる。 「フロントサスペンションとステアリングシステムの改訂により、ステアリングのフィーリングがさらに向上。 新しいブレーキパッドとツーピースローターが装備。 データロガー機能「Honda LogR」も搭載する。 データロガー機能「Honda LogR」 ホンダ初となるType R専用のデータロガー機能「Honda LogR」も搭載。 7インチインフォテインメントシステムにコーナリング時のGやラップタイムや採点などを表示Googleマップを使用したパフォーマンストレースとリプレイや詳細な車両情報を表示、このデータをスマートフォンに転送などが可能。 シビック タイプRについて ホンダは新型シビックタイプRのフルモデルチェンジを行い、日本では2017年7月27日に正式発表、9月29日に発売する。 価格:450万360円 税込 同日に新型シビックシリーズの3モデル「」「」「シビックタイプR」が発売開始される。 縦に並んだ開口部からフロントのタイヤハウス内に空気を導き、タイヤ前方の気流を整流してドラッグ低減を図る「エアカーテン」。 ダウンフォースを発生させてリアタイヤのグリップ力を高める「ボルテックスジェネレーター」とリアスポイラー センターコンソールのナビは純正オプションで、基本はオーディオレスの8スピーカー(4スピーカー+4トゥイーター) シビックタイプR ニュルブルクリンク北コースのFFラップレコード最速となる ニュルブルクリンク北コースのFFラップレコード最速は でタイムは、 ホンダの新型シビック Type Rが保持していた ラップレコードの7分50秒63よりも短い7分49秒21である。 しかし、 今回のフルモデルチェンジで進化を遂げ新型ゴルフ GTI クラブスポーツSの ラップレコードを5秒41短い7分43秒80になり最速タイムを更新した。 国内製造ではなくイギリスの工場で製造している、逆輸入と言う形で販売をスタートする。 高剛性なハイテン材を使い、シート骨格の構造を刷新して約10%軽量化したTYPE R専用シートを採用。 シフトノブの後方にシリアルナンバー入りアルミ製エンブレムを装着している。 TYPE Rの専用アルミホイールは材質を高ヤング率として軽量・高剛性を実現。 ブレンボ製4ピストンアルミモノブロックキャリパーを採用マスターパワーも新設計して、ドライバーの踏力に合わせて制動力が自在にコントロール可能 ホンダはをデトロイトとロサンゼルスで2015年9月16日に量産モデルの正式発表した。 シビックタイプRのスペックについて 新 2. アダプティブダンパーを装備。 リアウイングの軽量化やフロントエアカーテン、ルーフラインのボルテックスジェネレーターなど現行モデルよりエアロダイナミクスが向上。 ハイスピードでもクラストップの安定性を誇る。 20インチアルミホイール&SportContact 6を採用。 「Apple CarPlay」と「Android Auto」対応7インチタッチスクリーンディスプレイ、12スピーカー540Wプレミアムサウンドシステム、インテリアにはレザーのステアリングホイールとシフトブーツ アルミシフトノブ ペダルを採用した。 650mm 4. 520mm 4. 560mm 全幅 1,800mm 1. 875mm 全高 1,415mm 1. 435mm ホイールベース 2,700mm エンジン 1. 5L 4気筒ターボ エンジン VTECTurbo L15B 1. 5L 4気筒ターボ エンジン VTEC Turbo L15C 2.

次の