腰 が 痛い 理由。 仰向けで寝ると腰が痛い原因と簡単にできる解消方法

仰向けで寝ると腰が痛い原因と簡単にできる解消方法

腰 が 痛い 理由

後ろに反ると腰が痛い症状を治したい!! この記事を読んでいるあなたは、上記のような事を考えていませんか? 実際に、後ろに反ると腰が痛い人は当院にも多く来られています。 しかし、結論から申しますと、 1〜3回以内の施術で痛みが改善するケースが多いです。 後ろに反ると腰が痛い人の多くは、当院に来る前に病院や整体に通ったりしています。 しかし、そこでは治らなくて当院に来られる人が多いです。 他の場所で治らなかった人に話を聞いていると、ある 共通点がある事に気がつきました。 それは、 原因や治療法が違うと言う事です。 え?原因や治療法が違う? って気になるとは思いますが、それはこの記事を読む事ではっきりします。 この記事では、後ろに反ると腰が痛い人の 原因や 治し方、 実際の改善例などを紹介させていただきます。 この記事を最後まで読む事で、 あなたの腰痛が改善できる可能性がありますので、最後まで読んでください。 後ろに反ると腰が痛い時に考える事 後ろに反ると腰が痛い場合、まずはそれがどの程度の重症度なのかを確認する必要があります。 状態によっては自分で何かしてしまうと、 症状が悪化してしまう可能性があるからです。 手術が必要なケースか? 後ろに反ると腰が痛い場合、以下のような症状が出ている人は手術が必要になる可能性が出てきます。 足全体に痺れが出る• おしりや足の感覚が鈍い もちろんこの症状があるからと言って、必ず手術が必要になる訳ではありません。 しっかりとした施術によって、症状が改善するケースもあります。 ですが、このような症状が出ている場合は、自分で無理に運動をしたりしない方がいいです。 手術が不要なケースか? 後ろに反ると腰が痛い場合、以下のような症状は手術なしで改善できるケースが多いです。 痛みは腰だけにしか出ない• 部分的に痺れが出る• 少し痺れが出る• じっとしていれば痛くない このようなケースでは、筋膜などの組織が原因になっているケースが多いので、施術によって改善できる事が多いです。 かと言って、自己流の運動や無理なストレッチなどで症状が悪化してしまう人もいるので、無理はしないようにしましょう。 後ろに反ると腰が痛い原因と治し方3つ 後ろに反ると腰が痛い場合に考えられる原因は以下の3つです。 腰の骨の問題• 筋力が弱い• 筋肉が弱い 1. 腰の骨の問題 今までは、腰が痛いとレントゲンを撮って腰の骨の状態などを確認していました。 なので、人によっては 腰の骨の〇〇が問題です! と言われた事がある人もいると思います。 それで、腰を牽引して引っ張ったりする治療法が一般的でした。 しかし、近年になって腰の骨は腰痛の有無に関わらず、 誰しもが加齢によって変形してくる事がわかってきています。 つまり、腰が痛くない人でも腰の骨は変形していると言う事です。 なので、 『腰の骨の問題=腰の痛み』 ではない事が最近になってわかってきています。 じゃあ、何が問題なんですか? って思うと思いますので、それについては後ほど解説をします。 筋力が弱い 後ろに反ると腰が痛いとよく言われるのが、筋力が弱いです。 腹筋や背筋が弱いと言われたり、 インナーマッスルが弱いと言われたり、色々な事を言われると思います。 これについても昔は筋力が弱いと腰痛になると言われてきました。 しかし、これについても近年になって違う事がわかってきています。 具体的には、 筋力が弱くても腰痛にならない人がたくさんいますし、実際に筋トレをしても 逆に腰痛が悪化してしまう人が多いからです。 なので、後ろに反ると腰が痛い人がむやみに 筋トレをするのは危険です。 実際に、筋トレをしなくても腰痛が改善するケースは圧倒的に多いので、筋力が弱いと言うのも後ろに反ると腰が痛い事には関係がない事が多いです。 筋肉が硬い 後ろに反ると腰が痛い人は、 腰の筋肉が硬いと言われたり、 股関節の筋肉が硬いと言われる事が多いです。 これを見るとわかりますが、本来であれば腰を反る時に腰だけでなく股関節も反るのが正しいのですが、股関節が硬いと、腰だけで反ってしまいます。 そのため、腰をマッサージしたり、股関節のストレッチをしたりします。 具体的には、以下のようなストレッチです。 腸腰筋のストレッチ 確かに、これですこし腰痛が軽減する人もいます。 しかし、 治らない人もたくさんいます。 なぜでしょう? それは、筋肉が問題ではなく、筋肉を包んでいる 筋膜が問題だからです。 後ろに反ると腰が痛い人が治らない理由 後ろに反ると腰が痛い人が治らないのは、原因や治療法の考え方が違います。 今までは、筋肉や腰の骨が原因と考えられていましたが、最近になってそれらを包んでいる 筋膜が原因と言う事がわかってきています。 本当の原因は筋肉を包む筋膜だから 筋膜は筋肉や関節、神経などを包んでいる組織です。 腰痛の約 85%は、さまざまな検査をしても「この神経が圧迫されている」といった明確な原因が見つからない腰痛なのです。 実際に筋膜は痛みに影響する事がわかってきています。 筋膜は,機械的受容器と侵害受容器を含む多くの知覚性神経終末によって高密度に神経を分布されている。 そして,それは急性の筋筋膜痛症候群の原因になりうる。 引用: なので、後ろに反ると腰が痛いケースの多くは筋膜が問題になってる事が多いんです。 そう言われてもイメージしにくいと思いますので、実際の改善例を紹介します。 実際の改善例を紹介 今回紹介するKさんは後ろに反ると腰が痛い症状で悩んでおられました。 実際に腰を後ろに反ってもらうと、この辺りで痛みが出る状態です。 次は、Kさんの筋膜で硬くなっている場所がないか調べました。 すると、以下の場所で筋膜が硬い場所を確認できました。 このように、痛い場所は腰ですが、筋膜が硬い場所は以下の場所でした。 太モモの外側• ふくらはぎの外側• 臀部 一見、腰痛には関係なさそうですが、この画像を見ると腰の筋膜がいろんな場所に繋がってる事がわかると思います。 引用: なので、腰が痛くてもふくらはぎが原因だったり、背中が原因だったりするんです。 次は、この硬くなっている筋膜をほぐしました。 その結果、後ろに反ると腰が痛い症状が その場で改善しました。

次の

「腰が痛い」ときの自己診断~あなたの腰痛はどのタイプ? どうすれば治る?:「腰が痛い」ときの対処法 ~この方法で痛み解消:日経Gooday(グッデイ)

腰 が 痛い 理由

腰痛度チェック• 同じ姿勢を続けて仕事をすることが多い• 姿勢が悪くよく指摘される• 肥満気味である• 立ちっぱなしの仕事をしている• パソコンを使った座りっぱなしの仕事をしている• ぎっくり腰を経験したことがある• 腹筋のトレーニングをしていない• 頻繁にひざの痛みを感じる• 持病でヘルニアがある• カルシウムを含む食品摂取が少ない 1つの質問で「はいなら10点」で「いいえなら0点」で数えてください。 10点〜30点(腰痛の問題は少ないですが、予防だけはしておきましょう。 30点〜60点(腰痛気味です。 無理をしすぎると腰痛が悪化する可能性が)• 60点〜80点(腰痛の可能性が高い:常に腰に痛みがありませんか?急性の腰痛に注意が必要です。 80点〜100点(腰痛に注意:腰痛が悪化する可能性があります。 早めの受診を心がけてください。 ) 椎間板ヘルニアチェック• 前かがみになると足がつりやすい• 寝返りをするのがつらい• 排尿がしにくい感じがある• 腰痛の時に腰に鈍痛を感じる• 猫背で背骨が曲がっている• 股関節痛がある• つま先や、かかとで立つことが困難• 慢性的に腰痛がある• 下肢に痛みやしびれを感じる• 一定の距離以上歩くとしびれや痛みがでる 1つの質問で「はいなら10点」で「いいえなら0点」で数えてください。 10点〜30点:椎間板ヘルニア予備軍です。 その後の症状を見て判断しましょう。 30点〜50点:椎間板ヘルニアの可能性があります。 生活習慣を見直してみましょう。 放置しておくと悪化してしまうため、早めの対策を考えましょう。 50点〜100点:椎間板ヘルニアの可能性が比較的高い。 下肢のしびれや痛みが強いが強くなる前に早めに整形外科専門医を受診しましょう。 腰痛の起きた原因 一番多いのが原因不明の腰痛です。 全体の14. 3%をしめています。 続いて多いのがスポーツをしている時に腰痛になったケースです。 スポーツをしていると鍛えてはいるのですが、怪我もつきものですよね。 もちろん体の軸になっている腰にも負担がかかります。 その結果腰痛もちになるケース多いです。 次いで重いものを持ち上げた時にぎっくり腰になるケースが続きます。 他にも長時間のパソコンをしていて腰痛になったり、立ちっぱなしの仕事のために腰痛がおきるケースが多くなっています。 仕事をしていると姿勢をかえれなくなる事も多く、その状態が続くことで痛みの症状がでてきます。 ストレスや疲れなども理由として考えられます。 カイロプラクティックという言葉は聞いた事があるけど、どんな治療をしてくれるのかが不安。 そういった声から弊社のスタッフが体験レポートをしてきました。 カイロプラクティックによる治療や、腰痛の原因になる部分など詳しく説明していただきました。 カイロプラクティックを体験するのを迷っていた人はぜひ、よんでいただきた記事です。 日頃から腰痛の症状がある患者さんをみていることで、原因になる部分を調べて改善してくれます。 親身になって症状を聞いてくれるのもうれしいポイントですよね。 ぎっくり腰になって痛くて動けない。 なんて時のためのアシシング方法やぎっくり腰になってから立ち上がる方法も解説。 普段から心がけているだけて、腰痛の予防にもなり、緊急時の起き上がり方をおぼえておくとぎっくり腰を発症した時に落ち着いて対応することができますよ。 人は常に腰に負担のかかる動きをします。 下にものを落として拾う、重いものを持ち上げるときに腰をふんばり持ち上げる、 布団から起きあがるときにも腰を使っています。 知らず知らずのうちにその動作が腰に負担をかけているのも事実なんです。 日常の動き方を見直しすことが大事ですが、腰周りの筋肉をつける事も効果が高いんです。 まずは腰痛チェックの項目で腰痛に該当するか調べてみましょう。 あてはまる項目が多いときには、生活習慣の改善が必要になるますよ。 運営スタッフも腰痛があり、それぞれの原因要素も違いました。 ですが、カイロプラクティック院長の施術体験や技師からの説明を聞いて日常生活の改善をし腰痛予防に心がけました。 その結果、腰痛に悩まされることはなくなりました。 大切な事は自分の体の状態を知ることです。 あなたの腰痛にはどんな治療が最適なのか調べていきましょう。

次の

朝起きたら腰が痛い5つの原因と対処法

腰 が 痛い 理由

Contents• 仰向けに寝ると腰が痛い?その原因とは 仰向けに寝ると、腰が痛くなんてしまう原因は 主に二つあります。 寝る時に腰が沈み過ぎてしまって、寝姿勢がくの字になっている• 寝る時に腰が浮いてしまい、背中が反ってしまっている 寝る時に腰が沈み過ぎてしまって、寝姿勢がくの字になっている この原因は マットレスが柔らかすぎる事が一番の要因です。 人の身体は肩と腰の部分に一番圧力がかかるようになっている為、 マットレスが柔らかすぎると、腰が必要以上に沈んでしまいます。 人間の理想的な寝姿勢は立っている状態と同じく まっすぐな姿勢なのですが、腰が沈み過ぎるとくの字になってしまい、 腰への負荷が大きくなってしまう為、腰が痛くなってしまうんです。 寝る時に腰が浮いてしまい、背中が反ってしまっている これは布団や硬いベッドで寝ている人に多いのですが、 寝る時に腰が浮いてしまっている為、背中が反ってしまい、 腰に負荷がかかって腰が痛くなってしまうのです。 人の身体は完全なまっすぐでは無く、 背中から見ると肩胛骨とお尻の部分が出っ張って ゆるいS字カーブの様になっています。 その為、布団や硬いベッドで寝ると 出っ張った腰が沈まずに腰がベッドから浮いてしまう為、 背中が反って腰に負担をかけてしまうんです。 ランキング発表 今日から出来る解消方法 なんとなく仰向けで寝ると腰が痛くなる原因を掴めてきたんじゃないでしょうか。 では、そんな腰が痛くなる原因を踏まえて 今すぐに出来る超簡単な解消方法をご紹介したいと思います。 その方法とは 膝を立てて、膝の裏にクッションを挟む事 です。 実はこれ、私は昔から気づいてやっていた事なんですが、 眠りの技法という本でも紹介されていました! ポイントは腰にかかる負担をどの様に軽減するのかという事なんですが、 膝を立てる事で腰への負荷を分散する事が出来ます。 実際に試してみるとわかるのですが、 普通に仰向けに寝た状態から膝を立ててみて下さい。 そうすると、浮いていた腰とベッドとの密着感が上がるのがわかりますか? 実は腰とベッドが密着する事で、今まで腰にかかっていた重量を 背中全体で分散する事が出来る為、腰がとっても楽になるんです。 その際、足の裏にクッションを挟む事で 体勢が安定する為、自然に眠る事が出来る様になります。 ランキング発表 寝姿勢で腰痛を軽減 ちなみに、仰向けの状態で膝を立てる以外にも 今すぐ出来る解消方法があります。 それが 横向き寝で寝る事 です。 実は、あまり知られていないのですが、 横向き寝というのは仰向け、うつぶせと比べても 最も身体への負担が低い寝方で、 腰への負担が最も軽くなる寝方なんです。 実際に寝てみると分かりますが、腰に負担がかからない為、 腰痛持ちの人にとっては非常に楽な寝方になります。 また、横向き寝のポイントが2つあります。 枕の高さ• 足と足の間にクッションを挟む 枕の高さ 横向き寝をする際に重要なのが、枕の高さです。 横向きで寝ると仰向けで寝るよりも 肩の高さの分、枕を高くする必要が出てきます。 そうしないと、頭が下に落ちてしまう為、 身体がゆがんでしまう可能性があるのです。 そこで、横向き寝の時におすすめなのが、 中央が凹んで、サイドが高めになっている枕です。 仰向けの際には中央の凹んだ部分を使いつつ、 横向きになった時には高めになっているサイドを使えば どんな寝姿勢でも無理の無い寝方が出来ます。 足と足の間にクッションを挟む もう一つのポイントが横向き寝の際に 足と足の間にクッションを挟む事です。 横向き寝であろうと、それ以外の寝方であろうと 気をつけなければいけないのが、 背骨が水平になっているかどうかです。 足と足の間にクッションを挟む事で 横向きの時の体勢が安定する為、 背骨をまっすぐ水平に保つ事が出来ます。

次の