樹脂 バンパー 傷 消し。 自分で出来る、無塗装バンパーのスリキズ補修。

バンパーの傷をコンパウンドで補修する方法!自力でできる簡単修理 [カーメンテナンス] All About

樹脂 バンパー 傷 消し

なぜマツダのバンパーは未塗装の樹脂が使われているのか? 以前、気になってマツダ本体につながりのある方に聞いたことがあります。 自分「なぜマツダは樹脂で仕上げるんですかー?」 その方「いや、欧州では樹脂で末端を仕上げていないとダメなんです。 全て塗装されていると逆に何故樹脂で縁を仕上げないの?となる」 ということが原因の一つのようです。 確かに、BMWをはじめとする欧州の自動車のフェンダー付近は樹脂が使われているものが多い。 欧州を戦場としているマツダだからこそ樹脂の未塗装仕上げになっていたわけです。 日本だと、 樹脂の未塗装バンパーと言われると貨物車の廉価グレードのイメージですが、国によって価値観は大きく違うわけですね。 マツダが意識していることが丸わかりななんかは未塗装樹脂部分が減ってきているので、今後はマツダの樹脂の未塗装部分が減っていくような気もしますが・・・w まぁそんなことは別に大きなことではなくて、 辛いのは、 傷が着いた時に補修が難しく交換するのが一般的になってしまうことです。 我が家のCX-5のフロントバンパーの下の部分ももれなく 目立って目立って仕方がない擦り傷が入ってしまいました・・・。 変形を伴っているというひどいレベルの損傷ではないため、 これをどうにか誤魔化してみたいと思います。 CX-5の未塗装樹脂部分の傷を誤魔化してみる 未塗装樹脂部分の傷に対して一番やってはいけないこと。 それは、 コンパウンドで磨くこと。 余計に傷が目立ってしまう結末になってしまうので、やってしまいがちですがとりあえずやらないほうがいいと思います。 一番無難な方法は、 全体にツヤを出してあげること。 これによって白く変色していた部分も黒っぽくツヤが出て傷が目立たなくなります。 あくまでも艶出しであって傷自体は残っていますが、かなりわかりにくくなると思います。 その艶出し用品の筆頭が、• こういった樹脂の未塗装部分の艶出し剤です。 もちろん、コレから試してみる艶出しアイテムよりも、上記の艶出し剤の方が専用品ということもあり、仕上がり、耐久性共に一番。 近づいて確認するとバレますが、離れてしまえば本当にわかりにくいレベルにまで回復すると思います。 おそらく艶出し剤の容量、コスト、耐久性を考えればPROSTAFFの未塗装樹脂のブラックコートが鉄板でしょう。 購入する際には、よく見ておかないと容量が少ない商品なども多数ありますので気を付けてください。 ですが、 今回は、樹脂の艶出し剤という専用剤ではなく、もっと違う方法で試してみたいと思います。 タイヤワックス、靴墨でCX-5の樹脂の未塗装部分の傷を誤魔化してみる 今回の我が家のCX-5の樹脂の未塗装部分の傷は割と広めに広がっている。 そのため、 深い傷の部分は靴墨を使い、薄い傷や全体的な樹脂部分のツヤを出すためにタイヤワックスを使ってなんとか誤魔化してみることにします。 かなりえぐられている未塗装の樹脂部分に靴墨。 全体的なボカシの意味合いと浅い傷に対してタイヤワックスという構成で誤魔化して行きました。 使うタイヤワックスはこんな感じのごく普通のタイヤワックス。 こんな感じのものです。 タイヤワックスと靴墨で誤魔化す際のメリットは、• すでに持っている可能性がある事• 近所のホームセンターなどでも気軽に入手可能• 失敗してもやり直すことが簡単 こんな感じです。 我が家にもストックしてあった黒の靴墨が一つあったので未塗装樹脂部分の変色が激しい部分に対して靴墨を塗り込んでいきます。 すでに深い傷の部分全体に靴墨を塗り込んでしまった後の画像ですが、 白く変色した傷がわからなくなっています。 この状態だと傷の付いた未塗装樹脂の補修した一部分のみツヤツヤ、テカテカになってしまいますので、 全体的にタイヤワックスでツヤを出しておきます。 こうすると・・・ 光の当たり方次第ですが、 周りからみても気づかれる可能性がかなり低いレベルの傷の見え方にまで回復します。 この時点では樹脂の未塗装部分の中央開口部分、ちょうどインタークーラーの前あたりにはタイヤワックスを吹き付けていませんのでもっと離れてみると色味が変わってしまいますが、ここまで離れてもあのはっきりと目視できていた傷がわかりにくくなっていると思います。 ちなみに今回は艶出し剤という意味で、 靴墨、タイヤワックスを使っていますが、艶出しという意味であれば、• ホームセンターなどで販売されている安いシリコンスプレーなどでも代用は可能です。 塗装しているわけではないので保守は必要です 満足できるレベルに樹脂の未塗装部分の傷を誤魔化すことができたわけですが、 塗装したわけではありませんので、時間とともに傷が見えてくることになります。 保管状況にもよりますので一概に維持できる期間はわかりませんが、ツヤがなくなっていくと傷が目立ってきてしまうことになりますのでまた同じ作業を繰り返してあげると・・・。 この繰り返しです。 耐久性で考えれば、樹脂の未塗装部分専用の艶出し剤が一番期待できますが、それでも再施工の必要性は出てくることになるので、傷の深さと保管状況でどんな材料を使えばいいのか? 考えるしかないと思います。

次の

バンパーの未塗装樹脂部分の傷は簡単に靴墨で隠して補修できる!

樹脂 バンパー 傷 消し

ソフト99工房の 塗装スプレー。 車のバンパーのこすり傷を修理する際には 必ず塗装が必要になると思います。 そこで塗装スプレーで作業を行うのですが 最近の車はカラーが出しにくいものも 多いので必ずご自身の 車体カラーを 確認し用意するようにしてください。 塗装が途中で色が違うことに気がついても どうしようもなくなってしまいますので 注意が必要です。 またこれとは別に クリアスプレーを 使用すれば艶出しも同時に行えるので 必要であれば用意しておきましょう。 車のバンパーのこすり傷を直す方法は? ここまで車のバンパーのこすり傷を修理するための グッズをご紹介してきました。 ここからは実際に自分で車のバンパーのこすり傷を 修理する方法をご紹介したいと思います。 joyfulhonda. jp まず最初にするのがこすり傷のついた部分を 平らにする作業です。 車のバンパーはこすると樹脂が尖ってしまったり 傷の部分が バリバリになっていたりすることがあります。 その時に使用するのが サンドペーパー。 この車のバンパーは樹脂であるため 番手の高い800番などで平らにしていきましょう。 またバリがひどい時は 先に カッターなどで 尖った部分を落とし そのあとサンドペーパーで擦るようにしましょう。 この時、サンドペーパーにカスが 詰まってしまうので水で濡らしながら 行うようにしましょう。 carview. jp お次は パテを盛る作業です。 バンパー用のパテを使い、 車のバンパーのこすり傷の 段差を埋めていきましょう。 この時のコツとして こすり傷の一番 深い部分を中心にして そこに多めに盛り、そこから 周りに広げていくようにしましょう。 少し広めに広げてパテを塗ったら 綺麗に整えていく作業に入ります。 way-nifty. com パテを綺麗に塗ったら塗装に入る前に もう一度ペーパー掛けをして塗装面を整えていきます。 この時の注意として パテを塗っていない綺麗な部分との Sponsored Links 段差を無くしていくようにしましょう。 塗装面がツルツルしてくるまで 綺麗にペーパー掛けをしたらお次は 塗装に取り掛かっていきます。 joyfulhonda. jp パテを盛った部分を綺麗に整えたら 次は塗装に入るのですが その前に塗装面の 脱脂作業を行います。 この時、 シリコンオフを使い、 塗装面についたペーパー掛けのカスや 埃を落としていきましょう。 なるべく 毛の立たないタオルや布を 使ってふき取るようにしましょう。 ここで埃などが付いていると 塗装した際に埃の上に塗料が乗ってしまい ガタガタな塗装になってしまいます。 なので注意して綺麗にしましょう。 blog6. fc2. com シリコンオフで脱脂したあとは マスキング作業に入ります。 補修の際はかなり大事な作業になりますので 丁寧に行いましょう。 この作業のコツとして先に 大きく範囲を取り その上にかぶせるように こすり傷の補修箇所 塗装する部分 まで マスキングしましょう。 これで他のパーツやボディに塗料が かからないようになるのでやっと塗装作業に入ります。 com これからいざ塗装に入るのですが 最初に サフェーサー プラサフ を塗っていきます。 サフェーサーも塗料と同じで、 一回で塗ろうとすると液ダレしてしまうので サッサと右から左に大きく吹いていくようにしましょう。 この時焦ってベタ塗りしてしまうと 塗装の際に汚くなってしまうので 薄く綺麗に塗りあげましょう。 goo. jp サフェーサーが完璧に乾いたら また サンドペーパーで塗装面を整えます。 この時使うサンドペーパーは 1000番などのかなり細かい番手を使いましょう。 サフェーサーが落ちないように 擦って細かな段差も無くしていったら また脱脂の作業に入ります。 5〜7の手順を繰り返し 完璧にサフェーサーが塗装面に乗り 綺麗に下地を作ります。 jp サフェーサーで下地を作ったら やっと カラー塗装に入ります。 一番気になる塗装のコツですが 薄く、細かくが大事ですよ。 サフェーサーの時と同じで サッサと一方方向に吹き数回に分けて 色が乗っていくのを確認していきましょう。 ここで 液ダレをしてしまっては 今までの工程が台無しになってしまいます。 なので焦らずに色が綺麗にかかるように 塗装していきましょう。 youtube. com 塗装を施したら最後の仕上げに クリアを 吹きつきましょう。 カラーを塗装した時に なにか足りないと思いますが このクリアを吹けばしっかり 艶が出てくるので 最後までしっかり作業をしていきましょう。 ここで焦ってしまいクリアを厚く塗りすぎると クリアはカラー塗料よりも 液ダレしやすいので この作業でも入念に気をつけて行ってください。 この記事を読んだ方からは、 こちらの記事も人気です。 <関連記事> ・ ・ ・ ・ ・ ・ これで車の バンパーの修理作業は 完了になりますがいかがでしたでしょうか? 最後に完璧に乾燥した 3日後などに コンパウンドなどで 触ってもわからないような細かな 凸凹を取り除くことができるので そちらも忘れずに行いましょう。 また車のバンパーでは修理箇所によっては、 修理費用が 10万円以上となる場合もあります。 そうなると車を買い換えた方が良い場合もありますので、 一度、現在のお車の 買取相場をチェックしてみてもいいかもしれませんね。 ちなみに買取価格はやっぱり高い方が良いと思います。 現在、一番高くで買い取ってくれるのは、車一括査定ですが、 車一括査定ですが、 何回も電話やメールがきてうっとうしいですよね。 そこでおすすめなのが以下のです。 バンパーの修理費用が気になる方は、 ぜひ、一度、 車の買取相場もチェックしてから修理をしてみてくださいね。 以上今回は『バンパーのこすり傷を修理する方法!自分で直すやり方や方法って?』の記事でした。

次の

バンパーの未塗装樹脂部分の傷は簡単に靴墨で隠して補修できる!

樹脂 バンパー 傷 消し

バンパーの傷をコンパウンドで補修する方法は? バンパーには衝撃を受けたときに自身が損傷することで車体にダメージが伝わらないようにするという役割がある。 つまり、キズ付くのが宿命ともいえるパーツなわけで、コーナー部分は特にキズ付きやすい。 ところが、近年のクルマはボディと一体化したデザインになっているため、ちょっとでもキズ付くと、とにかく目立つ。 樹脂バンパーはサビに犯される心配がないため、ガードレールにコスった程度のキズなら放っておいても差し支えないが、新車で買ったばかりという状況だったら我慢ならないはず。 そんなときは補修にチャレンジしてみたい。 浅い擦りキズでも意外に目立ち、見た目のハデさに騙されて本格的な補修が必要と考えがちだが、塗装表面に異物が付着していたり浅い溝が入っているだけというケースが大半。 コンパウンドで磨くだけできれいに消し去ることができるからだ。 さて、ボディーの塗装は基本的に2~3層の「積層構造」になっている。 まず、鉄板面に接する1層目は「アンダーコート」と呼ばれる灰色の下地塗装が施されていて、滑らかな面を造ると共に上塗り塗料の密着をよくするという役割を担っている。 そして、その上に顔料が入った「上塗り塗料」が塗布されるている。 これがソリッド色の場合(補修塗装ではさらにクリアを塗布することもある)で、メタリック色は2層目にメタリック粒子を含んだベース塗装(この部分が光を反射してキラキラ光る)が施されており、その上に透明な「クリア塗料」が上塗りとして塗布されている。 そのクリア層に浅いキズが入ると光を乱反射して白っぽく、塗料カスが付着するとその色が浮き出して見えるのだ。

次の