チャーハン 作り方 初心者。 【美味しいチャーハンの作り方!】ちょっとの工夫でチャーハンが「パラパラ」に

栄養も◎ヘルシーなチャーハンの作り方!おすすめの人気レシピ厳選20

チャーハン 作り方 初心者

チャーハンの下ごしらえ まず、チャーハンを作る前にご飯を炊くところからスタートします(今回は2人分で1. 5合炊、炊き上がり約450~500gほど)。 というのも チャーハンを作るには炊き立てのご飯を少し冷ますくらいが、ご飯の表面が崩れていないので粘りが出にくく、くっつきにくいパラパラのチャーハンになる!と思います。 5合分の米を研いで水加減をしたあとに そこから大さじ1の水を抜くくらいの、ちょっと少なめの水加減で硬めにごはんを炊きます。 その場合は大さじ2の水を抜くくらいの水分量で炊きましょう!炊き立て以外の方法は下の補足にて。 ご飯が炊けたらすぐに、バットや大きな平皿に取り出して広げて粗熱を取ります。 粗熱を取る時間は5~10分くらいで、冷ましすぎないことも大切です。 基本のチャーハンに合わせる具は長ねぎと卵。 こちらはご飯を冷ます間に長ねぎを切るとよいです。 ねぎはみじん切りにして、容器に入れておきます。 卵2個分はボウルに割って箸でほぐします。 塩ひとつまみ(分量外)を加えて、しっかり混ぜ合わせておきます。 写真では中華鍋を使っていますが、大きめのフライパンでもOKです。 卵を入れる前に、しっかり油が熱くなるまで加熱します(中華鍋の場合は煙が出てくるくらいまでしっかり!)。 卵を炒める時は少しだけ火を落とします。 それから卵を入れ、箸ですぐ全体を混ぜ合わせます。 卵全体が半熟になって固まれば、卵液を入れていたボウルにすぐに取り出します。 くっつきやすいフライパンや鍋の場合は、一度洗って乾かすか、キッチンペーパーなどでさっと汚れをふき取ってから次へ移るとよいです。 ここからは終始強火でチャーハンを仕上げていきます。 油がしっかり熱くなれば、ねぎのみじん切りを入れてさっと炒めます。 ねぎをさっと炒めたら、すぐに粗熱を取っておいたご飯を加えます。 ヘラの先でご飯の全体を6~7回、ほぐすようにつついて、鍋を振って、またご飯を同じようにほぐすということを何度か繰り返します。 ご飯を炒める時間は1分ちょっとくらい。 上の流れを繰り返して、強火で炒めながらご飯を温めつつ、しっかりほぐします。 ご飯とねぎを炒めたら、卵を戻し入れます。 卵をヘラの先でほぐしながら、前の工程のように、鍋を振りながら炒めます。 チャーシューなどを加えるなら、ねぎと一緒のタイミングで入れるとよいです。 ご飯は保温時間が長かったり、しゃもじで何度も混ぜることで、表面が崩れて粘りも出やすくなります。 そういった粘りの出やすい、くっつきやすいご飯でチャーハンを作るよりも、炊き立てがやはり作りやすさの面でも味の面でもおすすめです。 炊き立て以外なら、炊き立てのごはんを急速冷凍したものなどがよいです。 お米の品種によっても、炊きあがりの粒感がしっかりしているかどうか、粘りが出やすいかどうか、など違いがあります。 品種をいろいろ試してみるのも面白いです(参考までに、上の写真のとき含め、私はつや姫で作ったチャーハンが好きです)。

次の

基本のチャーハンを丁寧に美味しく作るレシピ/作り方:白ごはん.com

チャーハン 作り方 初心者

でも味に深みが出る気がするのでシャンタン等を入れるのをおすすめします。 あとネギはなくてもちゃんとチャーハンにはなりますが、今回大量に家にあったので加えときました。 作り方 まずはネギをみじん切りにしていきます。 ご存じの方も多いとは思いますが こうやって縦に切り込みを入れた後に こうやって切っていきます。 チャーハンの具で大切なのは、お米と同じ大きさに切ることです。 そうすることで口に入れたときにパラパラ感を味わえます。 ネギ以外の具を入れるときにも試してみてください。 具を切り終わったらフライパンにごま油を入れて熱し、ネギを投入していきます。 具を炒めるときのポイントは、水分をここで飛ばしておくことです。 水分が残っているとチャーハンがベチャってなってしまいます。 ちなみによく見ると全然お米サイズに切れてないですね… ネギが炒められたらご飯を投入します。 ここでちょっとだけごま油を追加します。 油を足したらベチャベチャになっちゃうんじゃないの?と思う方も多いと思いますが、油が十分にないとごはん同士がくっついてしまいます。 実際中華料理屋さんのチャーハンも結構な量油を使っています。 ご飯も炒められたら卵を入れます。 火力は最大にして卵は溶いておいてご飯の上にかけます。 ここから切るようにしてご飯を混ぜていきます。 ポイントはフライパンをほとんど振らないことです。 よく中華屋さんで中華鍋を振るうのを見ると思いますが、家庭用のコンロでは火力が弱いためフライパンを振るとフライパンの温度が下がってしまってパラパラに作れません。 また卵を入れたらどんどん卵に火が通っていくため、素早く混ぜるのがコツです。 よく先に卵を入れてその上からご飯を入れる方法が紹介されていますが、卵がご飯に混ざる前に固まってしまったりと難しいので、私はこっちの手順がおすすめです。 (実際は本格中華も先に卵を入れます。 ) 他にも先にご飯と卵を混ぜてから炒めるとテクニックがいらずパラパラにできるという方法もありますが、洗い物が増えてしまうので私はあまりやらないです。 十分混ざってきたら創味シャンタンを入れて軽く混ぜ、味を見ながら塩コショウで味を調えていきます。 この時は火は弱くしましょう。 慣れていない方は切ってしまってもいいです。 調味料が混ざったらお皿に盛って完成です。 今回具は長ネギだけでしたが、ベーコンやチャーシュー、ピーマンなどを入れてもおいしいです。 基本的には作り方は変わりませんので、お好きな具で試してみてください。

次の

【美味しいチャーハンの作り方!】ちょっとの工夫でチャーハンが「パラパラ」に

チャーハン 作り方 初心者

基本のチャーハンを作ってみましょう いろいろな具材を入れるのもよいですが、今回はシンプルな材料で作る基本の作り方です。 【材料】一人前• 卵・・・・・1個• 長ねぎ・・・・・10センチ• ご飯・・・・・一膳(200g)• 鶏ガラスープの素・・・・・小さじ1 ウェイパーでもOKです• 塩胡椒・・・・・適量• ごま油・・・・・小さじ2 【作り方】• 長ネギは粗みじん切りにして、卵はボウルに入れて溶きほぐします。 溶きほぐして卵に中にご飯を入れてまんべんなく混ぜ合わせます。 これをすることで米粒一つ一つに卵液がコーティングされてムラのない綺麗な黄金チャーハンに仕上がります。 炒め鍋に分量のごま油を熱したら、ボウルに混ぜ合わせて置いたご飯を入れます。 中火でヘラやフライ返しでご飯を切るようにほぐすように炒めてください。 炒めるときのコツは 鍋底に焼き付けるようなイメージでゆっくり混ぜるようにするとよいです。 炒める途中でフライパンをふる必要はありません、無理に振らなくても大丈夫です。 ご飯が飛び散ったりしたら大変ですので。 ご飯がほぐれてパラパラになるまで約7~8分かかりますので気長に炒めます。 ある程度ほぐれてきましたら、みじん切りにしておいたねぎを入れて混ぜ合わせ炒めます。 火が通ったら、分量の塩胡椒、鶏ガラスープの素で味付けをしてお皿に盛って完成です。 スポンサーリンク 家庭でチャーハンを美味しく作るポイント• 卵液とご飯はあらかじめボウルで混ぜ合わせて準備しておく。 具がシンプルで少ないほうがパラパラチャーハンになりやすいです。 ご飯は温かいものを使った方が卵と混ざりやすく炒めやすいです。 具を増やしたいときにはあらかじめ先に炒めて置いて最後に混ぜ合わせるとよいです。 出来れば深さのあるテフロン加工の大きめの炒め鍋がおすすめです。 まとめ チャーハンと聞くと、プロの方がよく中華鍋を勢いよく振って作っているのを想像しますが、家庭用の熱源はそれほど高くないので、あんな派手なパフォーマンスは必要ありません。 というよりやらない方が良いです。 鍋を火元から離すことにより鍋の温度が下がってしまいます。 火の通り具合も悪くなりますし、調理時間も長くなりますので慣れないことはやらない方がいいです。 私は比較的大きな中華鍋で2人分で作っていますがそれでも返すのは1回くらいでヘラで混ぜ合わせてやれば綺麗に火が十分通って美味しいチャーハンが出来上がります。 今回はシンプルな材料だけで作る簡単で美味しいチャーハンの作り方を紹介しました。 初心者の方でも具の量が卵とねぎだけなのでパラパラチャーハンになりやすいです、基本の作り方をしっかりマスターしてからいろんなレパートリーを増やすと楽しいと思います。 自分だけのオリジナルを見つけて是非作って見てくださいね。 カテゴリー• 131•

次の