大原 宅 建。 【2020年版】宅建(宅建士)全国公開模試|資格の学校TAC[タック]

【宅建士】「資格の大原」の宅建士講座を徹底解説!

大原 宅 建

全国公開模試の解説講義はTAC WEB SCHOOL内のマイページで配信する「Web解説講義」のみです。 その際は受験票(会員証)のご提示が必要です。 郵送でのご請求には応じられませんのでご注意ください。 受験者特典の「法律改正点予想問題」「宅建士重要ポイント厳選50」は、会場受験者では当日マークシート(答案)を提出された方、自宅受験者は上記答案提出締切日(TAC必着)までにマークシート(答案)を提出された方のみ「TAC WEB SCHOOL」マイページにて閲覧が可能です。 マークシート(答案)を提出されなかった方はご覧いただけません。 予めご了承ください。 会場受験は、各会場の定員となり次第申込締切日前に締め切らせていただきます。 予めご了承ください。 下記の期日までにお申込みください。 予めご了承ください。 【注】窓口申込・郵送申込に関わらず、お申込みの受付は 受付先着順となります。 郵送申込の場合、お問い合わせいただいた時点で定員に達していなくても、申込書類等をご送付いただき、受付した時点において、ご希望のクラスが定員に達していた場合は、第2希望以降での調整となりますので、予めご了承ください。 したがいまして、 郵送申込をされる方は専用申込書に必ず第2希望までご記入ください。 また、第1希望・第2希望のいずれも定員の場合は、自宅受験になります。 成績表は、TACがインターネット上で提供しているサービス「TAC WEB SCHOOL」を通して、各受験者の「マイページ」にPDFファイルとしてアップロードいたします。 「マイページ」をご覧いただくためには、マイページの登録が必要になります。 詳細はお申込み後にお渡しする「受験上の注意」をご確認ください。 模試の重要ポイントやアドバイスも満載で、直前期の学習の強い味方になります!復習にご活用ください。 詳細はお申込み後にお渡しする「受験上の注意」をご確認ください。 お申込み前に必ずの動作環境ページをご確認ください。 実際にご受講される端末からTAC WEB SCHOOLにアクセスしていただき、[TAC WEB SCHOOL動作環境のご案内]ボタンから、動作環境チェッカーページへお進みください。 詳細はお申込み後にお渡しする「受験上の注意」をご確認ください。 お申込み前に必ずの動作環境ページをご確認ください。 実際にご受講される端末からTAC WEB SCHOOLにアクセスしていただき、[TAC WEB SCHOOL動作環境のご案内]ボタンから、動作環境チェッカーページへお進みください。

次の

TAC・大原どっち?比較!

大原 宅 建

大原の宅建士講座は、基礎学力や学習期間に合わせて複数の講座コースが用意されております。 全講座に共通する部分として、的を絞った効率的な学習カリキュラムが組まれており、満点を狙うのではなく、合格確実圏内の40問正解を確実に狙う実力を身に付けることが出来ます。 サポート体制も充実してますので、初めて宅建士の学習をされる方でも無理なく試験対策をすることが可能です。 総合評価 テキスト教材 講義教材 講座オリジナルテキスト 2色刷り 教室講義の生収録 WEB視聴/DVD 標準学習期間 サポート体制 単科講座の受講 2ヶ月~• スクーリング• 自習室の利用 可能 「資格の大原」の宅建士講座の特徴と評価 おすすめポイント 講座コースは基礎学力/学習期間/学習スタイルに対応! 冒頭でも紹介した通り、大原の宅建士講座については、初めて宅建士の学習をされる方から学習経験者の方まで基礎学力に応じて様々なコースが用意されております。 また、講義なしのテキスト通信や超短期で合格を目指せるコースなど予算や学習開始時期にも配慮がなされております。 様々な講座コースが併設できるのも大手資格学校だから可能なんでしょうね。 【大原の宅建士講座コース一覧】 対象 講座コース 受講費用 初学者向け 完全合格週2コース・入門パック DVD通信 163,000円 Web通信 154,000円 完全合格週2コース DVD通信 142,000円 Web通信 134,000円 初学者向け 学習経験者向け 速修合格コース DVD通信 106,000円 Web通信 101,000円 コンパクトコース DVD通信 62,000円 Web通信 57,000円 資料通信 39,000円 学習経験者向け 直前対策パック DVD通信 29,000円 直前模試パック 自宅受験 12,000円 全国統一公開模擬試験 自宅受験 2,000円 科目別戦略で40問正解を目指すカリキュラム 大原の学習カリキュラムついては、やみくもに暗記暗記で学習を進めるものではなく、各科目ごとに戦略が設けられており、無駄なく効率よく学習し合格確実圏内の40問正解を目指します。 以下は各科目における目標得点数と戦略の概要となってますので参考まで。 【大原の宅建士講座の学習戦略】 科目名 得点目標 戦略の概要 宅建業法 目標18問正解/20問中 学習量に比例して得点が稼げる科目ですが、引っかけ問題が出題されることが多いので、原則規定と例外規定をしっかり押えることが重要。 一通り知識をインプットした後は、問題を数多く解くことで確実な実力を身に付けます。 権利関係 目標10問正解/14問中 問題文が独特で、不慣れな法律用語が多く登場し結構手こずるのがこの権利関係です。 対策としては、問題文を何度か読み返すことと、出題内容を整理するために図式化してみることです。 また、試験問題は難易度がはっきりしているので簡単な問題を先に攻略するなど、試験時間を有効に使うことも重要。 法令上の制限・税その他 目標12問正解/16問中 都市計画区域・用途区域・斜線制限といった普通の生活では聞きなれない用語や覚えるべき数字が数多く登場し、苦手とする方が多い科目。 概要を理解した上で、これらをしっかりと暗記し、数多くの問題を解くことで目標得点を目指します。 なお、暗記中心の科目である為、学習順番としては一番最後に持って行き、集中的に学習するカリキュラムが組まれてます。 使用するテキストは毎年改訂される大原オリジナル 大原の宅建士講座で使用されるテキストについては、毎年見直しが行われており、本試験で必ずと言っていい程出題される法改正に関する内容も盛り込んだ形で作成されます。 宅建士試験については、情報の鮮度が一番重要な要素となりますので、その点は安心して学習することが出来ます。 また、テキストの作りとしては見やすい2色刷りとなっており、視覚的に理解しやすいイラストや豊富な事例が掲載されてますので、記憶が定着しやすい工夫が随所にちりばめられてます。 模擬試験は本試験での問題的中率がすこぶる高い 大原の模擬試験は、専属講師陣が本試験を徹底分析し予想問題を作成しているため、本試験での問題的中率が非常に高く、模擬試験での問題の実に50%近くが本試験でも出題されております。 大原の講座を受講する方はもちろん模擬試験も付いてきますが、受講されない方、独学で試験対策をされる方についても、大原の模擬試験はぜひとも受験しておきたいですね。 受講生サポートは資格スクールでは最高水準の内容 資格スクールの代表的なサポートとして挙げられる質問受付については、回数無制限で可能なのはもちろん、方法としては電話での質問も可能なので分からないところは直接講師に聞くことが出来ます。 電話で質問が出来る時点でサポートとしてはかなり手厚い また、他にも教室講義が受講できるスクーリング制度や大原の校舎内の自習室を自由に利用できるなど、学習環境に関するサポートが非常に充実してます。 【大原の受講生サポート】 受講生サポート 内容 質問サポート 質問方法については、以下の方法で回数無制限で行うことが出来ます。 ・電話を利用した質問 受付時間:月~土の11~19時 ・FAXによる質問 24時間受付 回答目安:3日間 ・郵送による質問 回答目安:3日間 教室聴講制度 スクーリング 申込みをしている講座コースと同じ通学講座の講義を無料で参加することが出来ます。 自習室・教室の利用 大原では一部の教室を自習室として開放しており、受講生であれば期間中は大原のどの校舎でも予約なし&回数無制限で利用することが出来ます。 割引制度が豊富&給付金対象講座もアリ 大原では、以下のような割引制度が用意されておりますので、条件が合えば一般の受講費用から大幅に割り引いた価格で受講することが可能です。 また、完全合格週2コース・入門パック/完全合格週2コース/速修合格コースについては 教育訓練給付制度の指定講座となっており、講座修了後に受講費用の20%がハローワークより支給されますので、 実質20%OFFでの受講が可能です。 割引制度とは別扱いとなるため、併用出来る方はかなりお得に受講することが出来ます。 そう、予算を考えなければ・・・ 大手資格学校であるがゆえに、諸々の経費がかかっているため受講費用としても少々割高になってしまう点は仕方がない部分かもしれません。。 まぁ、割引制度が使える方なら比較的リーズナブルな価格にまで落とすことが可能なので、実際に値引きした費用で他の講座と比較した上で検討されるのがベターかと思います。 管理人的「資格の大原」の宅建士講座の診断結果 質問対応が充実している点や自習室や校内設備が整っている点など、受講生が試験対策をするうえで必要なものほとんど揃っているので、宅建士の試験勉強に集中して取り組みたいという方には非常におすすめできる講座だと言えます。 カリキュラムに関してもインプットとアウトプットのバランスがよく、模試での実力確認も出来ますので、きっちりとこなせばよっぽどのことがない限り不合格になることは少ないと思います。 で、大原は通学講座/通信講座の2つが併設されておりますが、費用的にはどちらもあまり変わらないので、もし近くに大原の校舎がある方は通学講座を選ばれることをオススメします。 やはり、実際に学校に通って学習することで自分自身を勉強する方向に追い込むことも出来ますし、画面で見る講義と実際に生で見る講義とでは臨場感において格段の差があります。 また、周りに同じ志を持った方々がいる点も非常に心強いと言えます。 どうしても独りで試験勉強をしていると、続けるも辞めるも自由なのでどうしても甘い方向に流れがちですが、周りに頑張っている人がいるというのがモチベーション維持にも繋がってきますので、今まで勉強が長続きしなかった方はこういう通学講座の環境に飛び込んでみるのも選択肢の一つとして考えてもよいと言えます。 こういう方におすすめです!.

次の

宅建(通信希望) TACとLEC迷っています・・・

大原 宅 建

LECはもともと法律系を柱として業容拡大してきた学校で、法律系の資格のノウハウと実績を持っています。 会計資格も税理士などでは法律(税法)の範疇に入ります。 LECは特に通信講座では強みを発揮します。 大原・TACに比べると多少割安感があります。 LECのWeb講義は、基本的に音声ダウンロードが標準装備されている(他社は基本的に別料金が必要)おり、スマホにダウンロードすればオフラインで視聴でき、PCやスマホ・タブレットで視聴しても視聴履歴が引き継がれるなど、 特にオンラインでの学習者を応援することに非常に力を入れているため、 Webをメインに学習していこうと考えている方にはベストです。 またLECの講座は、学校に通う<通学クラス(自宅学習フォロー付)>、自宅学習の<通信クラス>のいずれかを選んで受講でき、自宅学習の映像講義は、Web動画(音声ダウンロード付)か、DVDのいずれかを選択するスタイルです。 通学クラスにも、通信クラスと同じ映像講義の学習フォローが付くので、より万全の体制で学習を進めることができます。 資格試験のタイミングにも寄りますが、時々、 申込みの早割サービスやクーポン発行を行っているため、国家資格の受験で、講義付きの通信学習を考えておられる方は、上記のの申請はお得になります。 とにかく早く専門学校から情報をもらって学習を始めたい方には向いています。 サポートは費用がその都度掛かる部分もありますが、おすすめできる学校です。 TAC TACはもともと会計を柱としてスタートしているので、簿記や税理士・会計士等では非常にノウハウと実績がある学校です。 Webの「i-support」という、受講生と講師や受講生同士でサポートし合えるウェブシステムがあります。 そのためモチベーションが下がった時なども頻繁にアクセスし、 他の受講生の学習状況をチェックしてあなた自身のやる気につなげることが出来ます。 受講講座別の よくある質問のデータベース閲覧ができるため、先生に質問したいけれどもそもそもどうやって質問すればよいか分からないといった悩みも、過去の受験生の質問事例で解決できたりします。 意外とこれは使えます。 さらにTACでは通信講座にチューター制度 一人ひとりカルテを作っての電話相談 、質問カード等、通信生にも板書議事録付きなど、手厚いサポートがありますので、 価格は高いですがかなりオススメできるサポート内容になっています。 大原 大原は、言わずと知れた会計に強い大手専門学校です。 こちらもTACと同じく会計係を柱として学校運営をしてきた経緯があります。 質問体制については、専用質問フォームによる質問というのが基本にあり、郵送・電話・メールでの質問受付体制が整備されています。 質問受け付け電話も日・祝日も9:00~15:00の間でサポートしてくれますので、休日に電話質問したい場合にも早めに電話するとつながりやすいでしょう。 通学の人には常駐講師のサポートが手厚いのですが、 通信講座の場合は基本はメール・電話のみのサポートになっています。 チューター制度は無料で利用登録できます。 希望者のみになりますが、登録すると専任講師が定期的に電話でアドバイスをしてくれます。 大原の教室が近い方には、予約不要で無料の自習室が使えるというのはありがたいですね。 大手資格予備校の大原・TAC・LECを全体的に比較 <講師の質> 講師の質に関しては、通学講座の場合は当たり外れがあるでしょう。 例えば、その資格を 合格したばかりの方が講師になられた場合とベテランの講師では教え方や情報量が違うでしょうし、授業の後いつまでも残って質問に対する回答をしてくれる講師もいれば すぐに帰宅する講師もいるでしょう。 人それぞれなので、一概に決めることはできません。 自分がどんなタイプの講師と合うかによって決めましょう。 通信制の場合は一般的に人気講師が担当することが多いので当たり外れは少ないです。 TAC・大原・LEC論点別の特徴 <教材と学習形態の種類> 教材と学習形態に関しては、3社とも大手だけあってほぼ全てのニーズに応えています。 追加のメディアなども出てきている場合がありますので詳細は各社サイトでご確認ください。 サイトにはLECのみ追加費用が掛かる可能性があるとなっています。 ただし一番リーズナブルなのでご自身の質問の頻度を考えて選べば良いでしょう。 サポートを頻繁に使いたい方は大原・TAC寄りでしょうし、自力で解決することをメインにしたい方はLEC寄りでしょう。 <大原> 電話やe-mailなどの質問受付体制が整っている。 また、日・祝日も質問電話受付時間9:00~15:00で受け付けてもらえます。 <TAC> 通信講座の場合は「質問カード」による回答、Web通信講座の場合はよくある質問のデータベース化やメールで質問ができる「i-support」 インターネット がある。 電話で講師に直接質問できる「質問電話」も利用できます。 土日祝も電話での質問対応をしています。 <LEC> インターネットフォローが充実しており、受講生は「質問・受講相談[教えてチューター]」を使っていつでも質問できます。 その他資格によっては、テレホンチューター制度 LEC専任講師・スタッフに電話で直接質問・あらかじめ予約が必要)があります。 受講生相互の交流[教えてメイト]は、よくある質問のデータベース化もされており、受講生は専用のホームページ「Myページ」を活用して学習を進めることができます。 <スクーリング制度> <大原> 答案練習・模擬試験の他、講義も自由に参加できます。 (通信生の参加可能回数はコースによって異なる。 ) <TAC> 答案練習・模擬試験の他、講義も自由に参加できます。 (通信生の参加可能回数はコースによって異なる。 ) <LEC> 主にインプット講座が対象で、希望クラスが定員に達していないことが条件 通学受講生優先。 事前に受講される本校への連絡が必要です。 LEC加盟校・LEC提携校につきましてはスクーリングはなし。

次の