チャーハン レシピ 玉ねぎ。 失敗しないシーフードチャーハンのレシピ・作り方

基本のチャーハンを丁寧に美味しく作るレシピ/作り方:白ごはん.com

チャーハン レシピ 玉ねぎ

最初に生肉を入れます。 (炊飯器の底に入れ、しっかり加熱します) 2. 肉の次に 玉ねぎを炊飯器の底に入れます。 次に ねぎを重ねて入れます。 生米を上から入れます。 鶏ガラスープの素・醤油を投入 6. 540ccの水を入れます。 フタをして、 「通常モード」で炊きます。 ご飯が炊けたら、 溶かした卵を投入。 卵は保温の余熱で十分火が通るということです。 お米の周りを卵でコーティングするように、しゃもじで混ぜていきます。 ごま油を投入。 全体をかき混ぜたら、 またフタをします。 保温モードで約3分蒸らします。 フタをあけ、お皿に盛り付けです。 先に材料を揃えておくことで、あっという間に炊飯器でパラパラチャーハンが完成していました。 ポイントは卵とごま油! お店のようなパラパラチャーハンの完成です! 炊飯器で調理する際、一番重要なのは、 炊飯器の底に、お肉を入れるということ。 チャーハンを作る場合は、先にお肉を底に敷くように入れ、その上に玉ねぎ・ねぎを追加し、その上から生米を投入していました。 ちょっと固めが美味しいということで、水は少し少な目にしているということです。 パラパラにしてくれるのは卵とごま油! 炊きあがったお米に溶いた卵を追加し、お米を卵でコーティング。 しゃもじでしっかりとかき混ぜます。 ごま油を加え、 炊飯器の「保温」の状態で約3分。 たったこれだけで、お店のようなパラパラチャーハンに仕上がるということです。 とても美味しそうでした! 片付けもラクチン!炊飯器レシピはありがたい 炊飯器レシピは片付けがラクチン、というのも魅力ですね。 材料を先に揃え、手順通りに作ることで、美味しい料理が完成します。 チャーハンを作る家庭は多いと思いますが、人数が多い場合、パラパラに作るのは意外と難しいです。 少量ずつ、だと調整しながらパラパラにできるのですが、4人分、という材料の場合は、大きな中華鍋を使ったとしても、量が多い場合は難しそうです。 家庭用の場合、火力が弱いので、 炊飯器でパラパラに出来る、というのはありがたいですね! また、片付けがラクチン、というのも魅力です。 洗うのは炊飯器のみ!中華鍋の場合、鍋を洗い、お皿を洗い、ひと手間かかってしまいます。 炊飯器だと焦げ付きもないので、片付けるのもラクチンで助かりますね。 炊飯器料理研究家・阿部剛子さんは、炊飯器を使った料理を研究している方ですが、アイデアが素晴らしいです! 炊飯器の機能をうまく活用し、料理ごとにうまく炊飯器を使いこなしています。 炊飯器1台でできるレシピはとてもラクチンなのでありがたいですね! 完成したパラパラチャーハンはパラパラに完成していて、とても美味しそうでした。 家でも作ってみようと思います。

次の

玉ねぎを使ったチャーハン人気レシピ!パラパラのコツやアレンジも!

チャーハン レシピ 玉ねぎ

チャーハンの下ごしらえ まず、チャーハンを作る前にご飯を炊くところからスタートします(今回は2人分で1. 5合炊、炊き上がり約450~500gほど)。 というのも チャーハンを作るには炊き立てのご飯を少し冷ますくらいが、ご飯の表面が崩れていないので粘りが出にくく、くっつきにくいパラパラのチャーハンになる!と思います。 5合分の米を研いで水加減をしたあとに そこから大さじ1の水を抜くくらいの、ちょっと少なめの水加減で硬めにごはんを炊きます。 その場合は大さじ2の水を抜くくらいの水分量で炊きましょう!炊き立て以外の方法は下の補足にて。 ご飯が炊けたらすぐに、バットや大きな平皿に取り出して広げて粗熱を取ります。 粗熱を取る時間は5~10分くらいで、冷ましすぎないことも大切です。 基本のチャーハンに合わせる具は長ねぎと卵。 こちらはご飯を冷ます間に長ねぎを切るとよいです。 ねぎはみじん切りにして、容器に入れておきます。 卵2個分はボウルに割って箸でほぐします。 塩ひとつまみ(分量外)を加えて、しっかり混ぜ合わせておきます。 写真では中華鍋を使っていますが、大きめのフライパンでもOKです。 卵を入れる前に、しっかり油が熱くなるまで加熱します(中華鍋の場合は煙が出てくるくらいまでしっかり!)。 卵を炒める時は少しだけ火を落とします。 それから卵を入れ、箸ですぐ全体を混ぜ合わせます。 卵全体が半熟になって固まれば、卵液を入れていたボウルにすぐに取り出します。 くっつきやすいフライパンや鍋の場合は、一度洗って乾かすか、キッチンペーパーなどでさっと汚れをふき取ってから次へ移るとよいです。 ここからは終始強火でチャーハンを仕上げていきます。 油がしっかり熱くなれば、ねぎのみじん切りを入れてさっと炒めます。 ねぎをさっと炒めたら、すぐに粗熱を取っておいたご飯を加えます。 ヘラの先でご飯の全体を6~7回、ほぐすようにつついて、鍋を振って、またご飯を同じようにほぐすということを何度か繰り返します。 ご飯を炒める時間は1分ちょっとくらい。 上の流れを繰り返して、強火で炒めながらご飯を温めつつ、しっかりほぐします。 ご飯とねぎを炒めたら、卵を戻し入れます。 卵をヘラの先でほぐしながら、前の工程のように、鍋を振りながら炒めます。 チャーシューなどを加えるなら、ねぎと一緒のタイミングで入れるとよいです。 ご飯は保温時間が長かったり、しゃもじで何度も混ぜることで、表面が崩れて粘りも出やすくなります。 そういった粘りの出やすい、くっつきやすいご飯でチャーハンを作るよりも、炊き立てがやはり作りやすさの面でも味の面でもおすすめです。 炊き立て以外なら、炊き立てのごはんを急速冷凍したものなどがよいです。 お米の品種によっても、炊きあがりの粒感がしっかりしているかどうか、粘りが出やすいかどうか、など違いがあります。 品種をいろいろ試してみるのも面白いです(参考までに、上の写真のとき含め、私はつや姫で作ったチャーハンが好きです)。

次の

バター香る洋風えびチャーハンのレシピ/作り方:白ごはん.com

チャーハン レシピ 玉ねぎ

こんにちは。 元高級中華職人です。 炒飯に玉ねぎ、おかしくないですよ。 長ねぎとは違った、しっとりとした甘みがあって、好きな方は意外に多いのです。 ただし、作り方をよくご存じなく、ものにできない方が多くみられるのが残念です。 玉ねぎには長ねぎより水分が多く含まれていますし、独特の辛味やアクがあります。 裏を返せば、長ねぎにはない、深い旨みの成分があるのです。 玉ねぎを荒微塵に切っていただいたら、鍋に油を引き、下炒めしてみてください。 炒め加減は、中火で玉ねぎが飴色に変わる寸前まででお皿に取り出します。 このあと、鍋を強火で煙が立つまで熱し、油返しをしてから溶き玉子を加え、ぐるぐる半熟にしたら、ほのかに温かさが残ったご飯を入れ、玉子とご飯が混ざりあったところで下炒めしておいた玉ねぎと塩を入れ、最後に醤油をほんの少しだけ鍋肌にかけ回して仕上げてみてください。 玉子と玉ねぎだけなのに、深くて優しい甘みのある素晴らしい炒飯ができますよ。 うまくできたら、感想を聞かせていただけると嬉しいですね。 結婚もある種の「異文化交流」ですからね。 下着の着方から新聞の読み方にいたるまで なにもかも違っていて、ほんとに驚くやら 戸惑うやら・・ ~にきまってる! みたいな言い方されると 腹は立つし・・ 今となっては懐かしい思い出です。 結婚して20年も経ちました。 どちらからともなく同化しました。 で、本題のネギですが、 わたしはどちらも使い分けますよ。 玉ねぎのときはバターで炒めて エビなどの具が合います。 甘味がでて、洋風味のチャーハンになり 子供たちには受けますね。 コーンスープとサラダを添えて・・・。 長ネギだと、キリッとした和風味になります。 サラダオイルで炒めて 卵とかゴマ、枝豆などの具が合います。 仕上がりにおかかを散らすのも美味しい。 お酒を飲んだ後とかにいいです。 とろろ昆布のすっきりしたすまし汁と おひたしか漬物を添えます。 新婚なのかな。 結婚もある種の「異文化交流」ですからね。 下着の着方から新聞の読み方にいたるまで なにもかも違っていて、ほんとに驚くやら 戸惑うやら・・ ~にきまってる! みたいな言い方されると 腹は立つし・・ 今となっては懐かしい思い出です。 結婚して20年も経ちました。 どちらからともなく同化しました。 A ベストアンサー 私もプロです。 私の経営する料理教室では、生徒さんに下記のように教えています。 パラパラっと綺麗に出来ますよ。 <材 料> ご飯/茶碗3杯、 味覇(ウエイパー)/大匙2弱、 お湯/大匙1、 卵/2個、 ごま油/小匙2、 塩胡椒・醤油/適量、 具(ウインナー、肉、鮭、エビ、イカ、ネギ類) <作り方> 1)味覇(ウエイパー)をお湯で溶いて、そこに卵を入れしっかり混ぜる 2)ボールに、ご飯と卵と具を入れ、塩コショウ少々を入れ、しっかり混ぜ合わせる 3)熱したフライパンにごま油を入れ、ご飯を炒める。 (強めの中火で手早くパラッと仕上げる) 4)最後に、お好みで塩コショウ、醤油などで味を調整する。 美味しいものを作って下さい。 A ベストアンサー なんかぐちゃぐちゃなこと言う人もいますが・・・。 この場合は消費期限ではないですか? 1 消費期限=概ね5日以内に消費するべき物で、これを過ぎると安全性は保証されません。 2 賞味期限=概ね5日を過ぎて消費されるもので、期限内は本来の味を損なわないというものです。 安全性を保証する期限ではありません。 なお、 1 も 2 も同様に、メーカーの指定した条件で保存した場合のみの基準です。 生鮮品は概ね消費期限、豚肉も同じです。 したがって今回のケースは、期限を過ぎて食べて何かあっても販売者はしりませんよというものです。 ただし、こうした期限はあくまで原則に過ぎませんので、これよりももつものもあれば逆の場合もあります。 安全率を考慮してあるのも事実ですが、まあ生鮮品は期限内に消費するに越したことはありません。 豚肉の場合であれば、傷んできたら臭い・べたつき・変色のいずれかの変化がでてきます。 あくまで自己責任で、五感を働かせましょう。 なお、豚肉の寄生虫が日本で問題になったのは遙か昔の話。 現在ではほぼ考えなくていいです。 余計なことかも知れませんが、こと身の安全に関わる質問をここでするのは感心しません。 回答は玉石混合、間違って食中毒でもおこしたら大変ですよ。 なんかぐちゃぐちゃなこと言う人もいますが・・・。 この場合は消費期限ではないですか? 1 消費期限=概ね5日以内に消費するべき物で、これを過ぎると安全性は保証されません。 2 賞味期限=概ね5日を過ぎて消費されるもので、期限内は本来の味を損なわないというものです。 安全性を保証する期限ではありません。 なお、 1 も 2 も同様に、メーカーの指定した条件で保存した場合のみの基準です。 生鮮品は概ね消費期限、豚肉も同じです。 したがって今回のケースは、期限を過ぎて食べて何か...

次の