楽天 カード ゴールド 変更。 楽天ゴールドカードのメリットとは?審査や特典について詳細まとめ

楽天カードをゴールドに切り替える前に注意したい3つのデメリットと10個のメリット

楽天 カード ゴールド 変更

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード 楽天ビジネスカード 国際ブランド MasterCard、JCB、VISA、AMEX MasterCard、JCB、VISA MasterCard、JCB、VISA、AMEX VISA 年会費 永年無料 2,200円(税込み) 11,000円(税込み) 2,200円(税込み) 年齢 満18歳以上 20歳以上 20歳以上 20歳以上 利用可能額 最高100万円 最高200万円 最高300万円 楽天プレミアムカードと合算最高300万円 優待サービス 楽天e-NAVIご登録の際にお好きなコースを以下から1つ選択 A:楽天市場コース B:トラベルコース C:エンタメコース カード付帯保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円) カード盗難保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円) カード盗難保険 国内旅行傷害保険(最高5,000万円) 海外旅行傷害保険(最高5,000万円) 動産総合保険(年間最高300万円) カード盗難保険 あんしんサービス ネット不正あんしん制度 商品未着あんしん制度 カード利用お知らせメール ネット不正あんしん制度 商品未着あんしん制度 カード利用お知らせメール 家族カード 永年無料 550円(税込み) 550円(税込み) その他 国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港のラウンジを無料で利用可能 楽天プレミアム(年会費:4,900円 税込み)が1年間無料 800カ所以上の海外空港ラウンジで使えるプライオリティ・パスが無料 楽天ビジネスカードが使いたいなら、楽天プレミアムカードを申し込む必要がある 非常に「バランスのいいカード」だということが分かるかと思います。 ではメリット、デメリットを洗い出していこうと思います。 楽天ゴールドカードのメリット 年会費が格安の「2,200円(税込み)」 ゴールドカードなので年会費が必要になりますが、安心して下さい。 年会費たったの、2,200円(税込み)です。 年間2,200円払えば、上に出したサービスや制度が利用可能になります。 これはお得としか思えないんですがどうでしょうか? 入会特典で最大5000ポイントが貰える 楽天ゴールドカードを新規で申し込むと、条件に合わせて 最大5000ポイント、楽天ポイントが貰えるんですね。 それに無条件で付いてくる1倍を足して5倍という内訳です。 ) 楽天内のサービスはもちろん、加盟店や街での買い物でもポイントはつきますので、この2倍差なかなか侮れないと思います。 その他にも、対象の楽天サービスを利用することで最大16倍まで到達することが可能です。 関連 その他の特典 セキュリティ面での安心機能• カード利用時にお知らせメールが届く(万が一不正利用されたりした時に、早期発見に繋がります)• 商品未着あんしん制度(楽天市場において、商品の未着にも関わらず店舗との連絡が取れなくなった時、調査の上請求を取り消してもらえる制度)• ネット不正あんしん制度(第三者による不正利用された際に、審査して通れば被害に遭った金額を補償してくれる制度) 国内空港海外のラウンジが年2回無料で利用できる 国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港ラウンジを、年2回無料で使うことができます。 ゴールドカードの本領発揮です。 (一部の海外空港ラウンジ含む) 海外旅行傷害保険がついてくる 海外旅行中の病気やケガを補償してくれるサービスもつきます。 (傷害死亡・後遺障害保険金最高2,000万円を補償) ケガや病気、あるいは携行品の破損等、海外旅行における不慮の事故にも対応してくれます。 楽天ゴールドカードのデメリット デメリットというか、注意点もいくつか書いておきますね。 年会費が2200円かかる• 色が微妙にくすんだゴールドをしている(プレミアムカードは完全なゴールドです)• カード番号が変わるので、支払いなどで登録してあるカード番号を変更しなければならない。 家族カードを利用していた場合、そちらも再度申し込まなければならない。 切替前のカードでEdy機能付きカードをご利用していた場合、楽天ゴールドカードにEdy残高の引継ぎはできない。 「カードを切り替えるにあたり必要な作業がある」というだけで、金銭的なデメリットは何もありません。 (ゴールドカードにすることで楽天ポイントアップしますしね) ただ、楽天ゴールドカードに限らず、楽天系列のカードを使っている限り 「急な利用停止」や「強制解約」の可能性があることは覚えておいたほうがいいでしょう。 切替方法の手順は、• 引き落とし口座• 切替前のカードの残債務 は、そのまま自動的に引き継がれる為、お手続きは不要です。 いきなり楽天ゴールドカードの審査は通るのか? さて、ノーマルの楽天カードも持っていない方が、いきなりゴールドを申し込んで通るのでしょうか? 楽天系列のカードには、年会費1万円くらい払って利用できる『 』という、もう1ランク上のカードが存在します。 関連 そのことを踏まえると楽天ゴールドカードは、『お手軽なゴールドカード』という立ち位置なんではないでしょうか?楽天からしたら、 「年間2,200円払ってもらえればゴールドカード発行しますよ」ぐらいの感覚だと思います。 審査に不安がある方はこちらがおすすめ ちなみにですが、 楽天カードは審査が緩いという噂がありますが、それは全くのデマです。 正確には「」に書いてあるとおり、一昔は緩い傾向があったと思います。 じゃなければ当時ブラックリストの私が審査通る訳ありませんので。 笑 ですが最近はまず通らないと思ったほうが間違いあありません。 根拠は上の記事内に書いてあります。 ですので、万が一審査に落ちるかもしれないと心当たりがある方はこちらのカードを受けてみることをおすすめします。

次の

楽天ゴールドカードへ切り替えた!楽天カードから変更したメリット・特典・やることリストを紹介

楽天 カード ゴールド 変更

この記事の目次• 楽天カードをゴールドカードに切り替えるメリット10個 通常の楽天カードは年会費無料でポイントも貯まりますが、楽天ゴールドカードへ切り替えることでどのようなメリットが生まれるのかをまとめていきます。 全部で10つのメリットがあるので1つ1つ見ていきましょう。 新規入会特典 2,000ポイント+カード利用特典 3,000~6,000ポイント(ランクによって変動)のポイントが付与されます。 ただし楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替える方は1,000ポイントのみが付与されます。 通常ポイントより+1ポイントとなるだけで、年間にすると大幅にお得になります。 利用できる空港は、 国内主要空港ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国・仁川国際空港です。 ラウンジというものは、空港の中にある特別な場所であり、静かなゆったりとした空間の中ソファーでくつろぐことができるのでとても贅沢な気持ちを味わえます。 ドリンクも無料で提供されているので、コーヒーを飲みながら新聞や雑誌を読んで過ごすことができます。 このように搭乗時間までゆっくりとラウンジで休憩できるのは嬉しいメリットとなっています。 海外旅行損害保険(最高2,000万円)• 手荷物宅配サービスが通常より300円オフ• これまでの楽天カードに付帯していた「海外お土産優待サービス」や「空港パーキング優待」、「防寒具一時預かり」や現地ラウンジの利用などももちろん利用できます。 また、海外でのお買い物でも 100円につき1ポイントが付与されます。 楽天市場以外でのお買い物なら 100円=0.5マイルが貯まります。 裏ワザとして、ANAマイレージモール経由で楽天市場でお買い物をすると200円ごとに1マイルがANAマイレージクラブのマイル口座へ直接加算されます。 この金額はゴールドカードとしては非常に安い年会費です。 JCBゴールドや三井住友VISAゴールドカードは初年度無料ですが、次年度からはそれぞれ10,000円となるのでよく考えないといけないですね。 その点楽天ゴールドカードは 2,200円と気軽にランクアップできる年会費となっています。 しかし、ゴールドカードへ切り替えることで無料へとお得になります。 これで、実質的な年会費の差はかなり縮まりましたね。 海外旅行などへ行く際にもこのような限度額アップは嬉しいメリットとなっています。 限度額の決定基準は楽天独自の審査によって決まります。 ネット不正安心制度• カード盗難保険、紛失・盗難の24時間フリーダイヤル受付• 不正対策のための利用通知 このほかにも、楽天市場でのトラブル対策として「商品未着安心制度」など、クレジットカードの利用を行う上での補償が行われています。 楽天ゴールドカードに切り替えることで紙の明細書が無料になるのは嬉しいメリットです。 あまり目立たないメリットですが、紙の明細の方が使いやすいという方にはオススメするポイントです。 \無料カードより断然お得!/ 新規で楽天ゴールドカードを作る3つのメリット 楽天ゴールドカードへ新規入会&利用でポイントを受け取ることができます。 ただしこれは楽天カードを持っていない人の場合なので、通常カードから切り替える場合は 1,000ポイントのみとなります。 もし新規入会をご検討中の方にもわかりやすく特典内容をお伝えしていきます。 特典1:新規入会&利用で2,000ポイント 楽天ゴールドカードへの入会手続きをすると 2,000ポイントがもらえます。 カードが届いたら 「楽天eーNAVI」へカード番号や個人情報を登録することで、楽天カードをオンラインで手続きできるサービスが利用できるようになります。 登録を行わないと2,000ポイントは受け取れません。 特典2:初回利用で最大6,000ポイント カードが届いた日から翌月末までに1円以上のお買い物を1回以上行うことで 最大9,000ポイントが受け取れます。 会員ランクによって付与されるポイントが違い、レギュラー・シルバー会員なら3,000ポイント、ゴールド会員なら4,000ポイント、プラチナ会員なら6,000ポイントとなります。 特典3:自動的に1,000ポイント 楽天ゴールドカードへ新規入会、通常楽天カードから切り替える方どちらも特典として1,000ポイントが受け取れます。 進呈日は申し込み日の2ヶ月後の20日ごろになっています。 切り替えることで新規入会特典ポイントは1,000ポイントとなってしまいますが、これまでの楽天カードよりもポイント還元率は1%アップされます。 楽天カードをゴールドカードに切り替えた時に起きる3つのデメリット やはり気になるのが楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替えることで生じるデメリットです。 実は大きなデメリットが起きてしまうので、切り替える際にはよく検討をしてください。 番号が変わってしまう これまでの楽天カードで使っていたクレジットカード番号が、切り替えることによって変わってしまいます。 これによって光熱費や年金などの支払いを楽天カードで行っていた人は全て変更手続きを行わないといけなくなります。 Edyが引き継げない 楽天カードに付帯していた楽天Edyを利用していた方は、チャージポイントを引き継ぐことができなくなるので要注意。 全て使い切ってしまうなどの対処を行わなければいけません。 家族カードが解除されてしまう 楽天カードで家族カードを利用していた場合、楽天ゴールドカードへ切り替えることで家族カードが自動的に解除されてしまうのでこちらも要注意です。 楽天ゴールドカードでも家族カードを作ることができますが、これまでのように無料ではなく、1人につき550円(税込)がかかります。 最大8倍!楽天カードをゴールドカードに切り替えてポイントを効率よく貯める活用方法 楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替えることで期待できるのはポイント還元率がアップするということ。 この点を活かしてどんどんポイントを貯める活用法をご紹介します。 全て利用すると 最大8倍のポイントがもらえるようになるのでとってもお得になります。 アプリ限定タイムセールやポイントが当たるラッキーくじも見逃せません。 そのほかのお得な活用法 ポイントをより効率よく貯めるにはまだまだ方法があります。 ポン!カン!!キャンペーンでポイント最大4倍• 楽天カード感謝デーで2%以上のポイント還元• ENEOS(エネオス)利用で2%のポイント還元• 楽天提携店の利用で2%のポイント還元 楽天市場でもたくさんのポイントアップキャンペーンを行っています。 そのほかでも楽天と提携をしているガソリンスタンドやお店の利用をすることで、効率よく貯めることができます。 また、光熱費や年金などの固定費の支払いも楽天ゴールドカードで行うことで 100円につき1ポイントが毎月付くのでお得です。 税金の支払いは銀行から引き落としをするよりも、 楽天Edyにチャージを行ってからコンビニで支払うことでチャージポイントが付与されます。 入会方法は? 楽天ゴールドカードへの新規入会・楽天カードからの切り替えどちらも楽天公式サイトから入会手続きが行えます。 審査に落ちることはあるの? すでに楽天カードをお持ちの方は楽天ゴールドカードへ切り替える際の審査は通過しやすいと言われていますが、場合によっては落ちてしまうこともあります。 基準については情報公開されていません。 インビテーションが届くことはあるの? まれにインビテーション(招待状)が届くことがあるようです。 この場合年会費が5年間無料となるようですが、こちらについても対象者の基準等は公開されていません。 申込条件は? 20歳以上の安定した収入がある人、こちらが条件となっています。 限度額は? 最高200万円となりますが、限度額については審査によって決定されます。 家族カードはどうするの? 1人につき年会費550円(税込)で利用することができます。 引き落とし口座も変わるの? 引き落とし口座については楽天カードで利用をしていた口座をそのまま利用できます。 楽天カードを退会して楽天ゴールドカードへ新規入会することは可能? 新規入会特典を狙ったこのような方法は新規入会&利用ではなく再入会となり、審査結果によっては不可になる可能性もあります。 まとめ 楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替えることで年会費が発生するのがデメリットであることは間違いありませんが、ニーズによっては、そのデメリットを上回るメリットがあります。

次の

楽天カードのブランド(VISA/MasterCard/JCBなど)の違いを比較!おすすめ&変更方法は?

楽天 カード ゴールド 変更

「 楽天ゴールドカードって楽天カードとは何が違うの?」「楽天カードよりオススメできるの?」と思っていませんか? 「」の記事でも解説しているように、楽天カードはたくさんあるクレジットカードの中で、利用者数No. 1です。 そんな満足度が高い楽天カードの上位ランクである「 楽天ゴールドカード」は、どれくらいお得なのでしょうか?楽天カードから乗りかえた方が良いのでしょうか? 結論を言うと、 普段から楽天市場を使っている方なら、楽天ゴールドカードにしましょう! 私は初めは楽天カードを愛用していましたが、現在では楽天ゴールドカードをメインに使っています。 というのも、 圧倒的にもらえるポイントが増えるからです!実際、私も に乗り換えてから、毎月もらえるポイントが激増して、とっても満足してます! この記事では、楽天ゴールドカードのメリットと他のゴールドカードとの比較にも触れながら、「どのような人に楽天ゴールドカードが向いているのか」実際の口コミをまじえて解説していきます。 これを読めば、楽天ゴールドカードのメリットがはっきり理解でき、「楽天ゴールドカードと楽天カードのどちらにした方が良いか」が分かります。 ぜひ、参考にしてくださいね。 初めに:楽天ゴールドカードの特徴まとめ 楽天ゴールドカードでは、年会費が2,160円(税込)かかります。 しかし、楽天市場で「ポイント5倍」「空港ラウンジ年間2回無料」など、通常の楽天カードよりメリットが向上しているのが特徴です。 簡単に、の機能についてまとめました。 私はもともと楽天カードを使っていたのですが、 楽天ゴールドカードのメリットを知って、楽天カードから乗りかえてメインで使用するようになりました。 楽天カードを発行:+2倍• 楽天カードを楽天銀行から引き落とし:+1倍• 楽天保険を楽天カードでお支払い : +1倍• 楽天市場アプリで買い物:+0. 楽天証券で月1回以上のポイント投資:+1倍• 楽天モバイルを利用:+2倍• 楽天TVを利用:+1倍• 楽天ブランドアベニューで買い物:+1倍• 楽天ブックスで買い物:+0. 楽天Koboで買い物:+0. 楽天トラベルを利用:+1倍• しかし、郵送の場合だと1回82円の料金が発生します。 追加メリット一覧• 国内の主要空港や、ハワイ・仁川空港のラウンジが 年2回無料!• 世界38拠点の現地デスクが、あなたの旅をサポート! 追加メリット1:国内の主要空港やハワイ・仁川空港のラウンジが年2回無料! 楽天ゴールド会員だと無料でラウンジ使えてVIP気分が味わえる — びーす baklog01 楽天ゴールドカードは、 国内の主要空港や一部の海外空港のクレジットカードラウンジが年2回無料で利用できます。 通常利用でのクレジットカードラウンジの料金は、1,000円ほどです。 つまり 年に2回利用すれば、ほぼ年会費の元を取れる仕組みになっています。 注意したいのが、ラウンジ利用の数え方。 9月1日〜8月31日までを1年間として、利用回数を数えます。 例えば夏休みの旅行で行きが8月、帰りが9月となる場合は、回数がリセットされるので注意しましょう! 札幌へ戻り中。 楽天ゴールドカードを所有していれば、「ニューヨーク」「ホノルル」「パリ」「ミラノ」「上海」など、世界38ヶ所の現地デスクが利用可能です。 現地デスクでは、一般的に3つのサービスを受けられます。 ・緊急時の対応 ・現地情報の紹介 ・各種予約・手配 楽天ゴールドカードのトラベルデスクは、世界の主要国をほぼ網羅しているので、 安心して海外旅行に行けますね。 ・年会費が2,160円(税込) ・カードのデザインがない 楽天ゴールドカードのデメリットは、年会費がかかることでしょう。 楽天カードと楽天ゴールドカードのどちらにすべきかは、この年会費を基準に選ぶことになります。 こちらに関しては後々「」で詳しく解説します! また、カードデザインのバリエーションが少ないというデメリットもあります。 楽天カードは種類が豊富ですが、楽天ゴールドカードは1種類しかありません。 楽天ゴールドカードって他のゴールドカードと比べてどうなの?徹底比較! 一見、メリットばかりの。 しかし、他のゴールドカードとも比較して検討したいですよね。 そこで、楽天ゴールドカードと人気がある主要ゴールドカードとの比較表を作ってみました!比較要素としては、以下を設定しています。 (補足)公式の「」を見ることで、次のポイントアップ日程がわかります。 また、「」の記事でも解説しているように、ポイント優待店の多さも魅力的です。 このように 楽天ゴールドカードは、ポイントがザックザクに貯まるサービスが、他に比べて圧倒的に充実しています。 「 普段使い」だからこそ、ポイントがたまるサービスは多い方が嬉しいですよね。 また、 年会費も2,160円 税込 なので、他のゴールドカードよりも圧倒的に安いです。 私もゴールドカードを使っていますが、SPUやキャンペーンなどの利用で、年間何万ポイントも獲得しています。 他のゴールドカードでは、年会費のほとんどが10,800円だったり、無料でも50万円以上の買い物が必要だったりと、差は歴然です。 言わば楽天ゴールドカードは、「普段使い」に特化した 最強のコスパゴールドカードと言えます。 全てではありませんが、楽天ゴールドカードと併用することで、お得になるキャンペーンがあります。 例えば、下記のようなキャンペーンがあります。 楽天銀行 :支払い口座を楽天銀行にすることで、普通預金利が40倍!• 楽天証券:楽天カードで積立を行うと、ポイントがもらえる! 決済額の100円につき1ポイント付与 このように 楽天カード+他の楽天サービスを併用することで、さらにお得になるパターンがあります。 上手く利用することで、ポイントはもちろん、それ以外でもお得なメリット受けることができるのです。 比較まとめ これら3つの根拠から、 他のゴールドカードと比べると「普段使い」において楽天ゴールドカードが一番コスパが良いと判断しました。 もちろん 楽天サービスを使わない方は、一番コスパが良いカードとは言えません。 しかし、普段の生活のほとんどが楽天でまかなえるようになっています。 変にバラバラで利用するよりも、 楽天のサービスで統一すると非常にお得になるのです。 来年は200,000を目指そう〜! — hastamanana hastamanana9 私も楽天ゴールドカードがあって、普段の生活がとても楽になっています。 では、ここからは「どのような人が、楽天カードより楽天ゴールドカードを使うべきか?また、乗り換えるべきか?」を具体的に見ていきましょう! 3. 楽天カードでなく楽天ゴールドカードを使うべき人! ここまで読んで「楽天ゴールドカードが楽天カードからどれぐらいパワーアップしたのかも分かったし、他のゴールドカードとも比較できた!」「 でも、結局どんな人が楽天ゴールドカードを使ったら良いの?」と思うかもしれませんね。 楽天カードを発行:+2倍• 楽天カードを楽天銀行から引き落とし:+1倍• 楽天保険を楽天カードでお支払い : +1倍• 楽天市場アプリで買い物:+0. 楽天証券で月1回以上のポイント投資:+1倍• 楽天モバイルを利用:+2倍• 楽天TVを利用:+1倍• 楽天ブランドアベニューで買い物:+1倍• 楽天ブックスで買い物:+0. 楽天Koboで買い物:+0. 楽天トラベルを利用:+1倍• しかし、楽天ゴールドカードにすれば、540円分が無料になります。 正確に言えば、楽天ゴールドカードの年会費2,160円の一部になるからです。 例えば、楽天市場で買い物をしたとしましょう。 「年間で162,000円もの利用はきつい…」と思うかもしれませんが、 ガスや電気などの支払いをカードにすれば現実的になります。 また楽天ETCカードを利用すると、100円につき1ポイントつきます。 車を利用している方は「年会費が実質1,620円(税込)」となるため、とってもお得なのです。 飛行機での国内旅行でラウンジを使いたい人 楽天ゴールドカードなら年間2回利用、国内の主要空港なら、ほぼ全てで利用が可能です。 空港ラウンジを通常利用するとき、 料金は約1,000円かかります。 つまり、 空港ラウンジの無料分を利用するだけで、元が取れます! 私も楽天ゴールドカード(家族カード)。 かなり前に空港にいないといけないので、その時間の過ごし方に悩みますよね。 そんなとき、空港ラウンドはとっても役に立ちます。 ゆったりとした空間で友達とおしゃべりしたり、集中して作業することも可能! 旅行でラウンジを使いたい人は、2回の利用枠を消費するだけで元が取れるのでオススメです。 楽天ゴールドカードがオススメな人まとめ!• 海外旅行傷害保険の仕組みは。 楽天カードと同じ?• 審査基準は楽天カードより厳しいの?• カードを解約したくなったら、どうすればいいの? それぞれ見ていきましょう。 海外旅行傷害保険の仕組みは楽天カードと同じ? 同じです。 楽天カードと楽天ゴールドカードは共に、海外旅行傷害保険の適用に条件があります。 ・自宅から出発空港までの交通費 ・海外旅行代金 これらの どちらかを「 楽天カード・楽天ゴールドで決済する」という条件を満たさなくてはいけません。 自宅から出発空港までの交通費の場合、「 公共交通乗用具」に指定されているものになります。 公共交通乗用具とは、航空法、鉄道事業法、海上運送法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空機、電車、船舶、バスss、タクシーなどを指します。 なんだか難しく書いてありますが、 普段から使う公共交通機関なら適用されますので、安心してください。 海外旅行代金については、「 募集型企画旅行」という条件があります。 これには、 旅行会社が行う「ツアー」が当てはまります。 そのため、自分でホテルやレジャー費の支払いを行っても適用されません。 でもツアーではなく、自分でホテルの予約などをしたいときってありますよね。 その場合は、出発空港への移動を「 公共交通機関」で行い、かつ 移動費用を「楽天カード・楽天ゴールドカードで決済する」必要があります。 より詳しく知りたい方は、公式の「」をご覧ください。 審査基準は楽天カードより厳しい? この質問に関しては、はっきりとお答えすることができません。 というのも、 通常の楽天カードと同様に、楽天から審査基準がはっきりと提示されているわけではないからです。 「楽天カードは誰にでも作れるカード」という評判が流れていますが、これは憶測にすぎません。 ポイントは、他のクレジットカードでの支払い状況です。 普段から支払いを怠っていると、信用は下がります。 当然、審査に通らない確率は上がってしまいますよね。 信用が下がることをしていない以上、楽天ゴールドカードの審査を通る可能性は十分にあるでしょう。 とりあえずは 審査落ちを気にせず、申請してみることをオススメします。 カードを解約したくなったらどうすればいいの? カードの解約は「」へ、 電話での解約のみ手続きが可能です。 詳しくは、公式サイトのページをご確認ください。 キャンペーンを使って楽天ゴールドカードを1番お得に申し込む方法! 現在、ではさまざまなキャンペーンが行われています。 その中には、キャンペーンのエントリーまでに期限が設けられているものもあるので、早めに活用しましょう! ここでは、現在行われている楽天ゴールドカードのキャンペーン情報はこちらの記事にまとめていますので、ご覧くださいませ。 ここを抑えておけば、後で後悔せずにすみます。 楽天ゴールドカードのキャンペーン情報 STEP1. 公式サイトから申し込む まずは、下記からにアクセスし「カンタン申し込み」を押しします。 先に楽天会員への登録が必要です。 STEP2. 項目に入力する カード発行はとても簡単!入力していけばいいだけです。 しかし、中には少し 気をつけるべき点もありますので、そこのみ解説します。 自動リボサービス申し込み 自動リボサービスは「申し込まない」を強く推奨します! リボ払いはうまく使えばお得になることもありますが、 自動リボはオススメできません! リボ払いとは、月々の支払い額を一定にする返済方法です。 分割支払いと似ていますが、ちょっと違います。 分割払いは分割回数で手数料が変わるのに対して、 リボ払いの場合は支払い残高に対して手数料が一定となります。 しかも、この 手数料は毎月かかる点に注意です。 例えば、リボお支払いコース10,000円で10万円を返済していくとしましょう!一般的に、支払額はだんだん少なくなっていきます。 しかし!自動リボにしてしまうと、リボ残高が増え続け、その分だけ手数料も増えていきます。 そのため、 自動リボはオススメしません。 ちなみに、 自動リボ解除は楽天カードの「楽天e-Navi」からできます。 Edyオートチャージ設定 Edyを楽天カードに付帯させるのはオススメですが、 Edyをそれほど使う予定のない方はオートチャージ設定は「申し込まない」で良いでしょう。 まとめ ただでさえ便利な「楽天カード」の上位版である。 その真髄は楽天カードと同じく、楽天市場の買い物するとポイント還元率が上がる「SPU」にあります。 そんな「楽天経済圏」で生きるようになると、楽天ゴールドカードは圧倒的なパフォーマンスを発揮します。 一度この太っ腹な還元率を体験すると、抜け出せないくらいの中毒性があります。 私も、普段のお買い物はほぼ全て楽天市場です。 もちろん、楽天市場を利用されない方は、楽天ゴールドカードにする必要はないでしょう。 そんな方でも、 年会費無料の楽天カードは1枚は作っておくと何かと便利なクレジットカードです。 この記事が参考になったのなら幸いです。

次の