余市 燻製 屋。 『へらがにの燻製』by めたぼ : 南保留太郎商店 燻製屋 (ナンポトメタロウショウテン クンセイヤ)

2020年 南保留太郎商店 燻製屋へ行く前に!見どころをチェック

余市 燻製 屋

まずHPを見ていただくと分かるとおり、素敵な燻製専門店様です。 ・新巻鮭燻製 ・インディアンスモーク ・にしん燻製 ・いぶり鰊 ・ぺったら ・ホッケ燻製 ・甘えび燻製 ・カレイ燻製 ・いか燻製 ・たこトンビ燻製 ・ほたて燻製 ・燻し奴 ・たこ足燻製 ・サーモンリング ・たこボッチ燻製 ・燻玉 上記が現在ネットで紹介されている商品です。 自分はたこの燻製とニシンの燻製と鮭の燻製を食べましたが、これは本当に美味しいいです。 まず何より素材がいいです。 燻製は保存食ではありますが、新鮮な物で良質な物を燻製にするほど美味しく仕上がります。 ココの燻製は間違いなく良質の食材が使用されています。 そして煙感。 スモークが程よく効いて商品によってもスモーキーさが違うこだわりが感じられました。 変更等ある場合がございますのでで確認ください。 …1260円 スモーク ポトフ(スモーク風味が美味です!) 燻製野菜や、スモークチキン、ベーコンなどを煮込みました! …1260円 スモーク ボルシチ(ロシアの代表的な料理) 積丹で本格的に栽培されたビーツを使ったシチューです! …1080円 スモークチキンとベーコンのオレンジソース煮 燻製した鶏肉をオレンジをたっぷり使いじっくりと煮込みました。 変更等ある場合がございますのでで確認ください。 住所:北海道余市郡余市町港町88空間 席数 :24席 (テーブル席のみ) 個室 :無 貸切 :不可 禁煙・喫煙 全面喫煙可 駐車場 :有 店舗横敷地内10台まで可能 空間・設備 :オシャレな空間、落ち着いた空間 電話:0135-22-2744.

次の

お取り扱い店舗一覧

余市 燻製 屋

CONTENTS• 南保留太郎商店 燻製屋・南保留太郎商店は小樽市の西部方面に位置する余市町の人気燻製専門店。 余市漁港のすぐ近くです。 1950年に創業しました。 甘エビ、ヘラ蟹 ヒラツメガニ 、鮭などの燻製が有名です。 燻香廊という燻製料理店も経営しています。 南保留太郎商店は渋い木造家屋で、昭和の北海道らしい建物です。 店内はこじんまりとしていますが、清潔感に溢れています。 各商品を試食することもでき、購入の際の判断材料として助かりますね。 店内にはイートインスペースはありませんが、屋外には休憩スペースが設けられています。 また、札幌から積丹半島に向けた夏の観光バスと秋の観光バスを中央バスの観光バスが企画しています。 積丹半島 積丹半島は小樽市の北西部にある半島です。 断崖絶壁が続く複雑な海岸線が貴重なことから、 ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されました。 積丹の海はとても綺麗で、澄んで青く見えることから シャコタンブルーと呼ばれています。 かつて積丹半島は交通が不便で、観光客がたくさん訪れることがありませんでした。 知床のように現在はアクセスしやすくなりましたが、開発が進んでいないので秘境と言われています。 毛ガニ・タラバガニ・ズワイガニ・花咲ガニなど色々なカニを食べることができます。 主な産地はオホーツク海から太平洋にかけて。 枝幸は毛ガニの水揚げ量日本一を誇り、紋別がズワイガニの水揚げ量日本一、根室は花咲ガニの水揚げ量が日本一です。 タラバガニもオホーツク海で捕れますが、ほぼロシアからの輸入物だそう。 長万部・広尾・雄武も毛ガニの町として知られ、釧路では毛ガニと花咲カニの水揚げを行っています。 ヘラ蟹の燻製 ヘラ蟹の燻製を購入し、持ち帰って食べることに。 ご主人にお話を伺うと3日くらいは冷蔵で日持ちするとのこと。 値段は4杯で980円です。 食べ方について紙が添付されていました。 確かに、殻は固い所と柔らかいところがあります。 はさみで殻を割いていきます。 正直身は少ないんですが、燻製の香りが食欲をソソります。 また、濃厚なミソが美味すぎました。 軒先には休憩スペースが設置され、自由に使っても良いそうです。 甘エビの燻製ですが、捕れたての甘エビを塩のみで燻したとのこと。 まず、一口。 食べると特に強い味がある訳ではないので、そんなものかと感じました。 しかし、噛むたびに苦く塩っぱい味が徐々に口の中に広がります。 そして、次々とエビを口の中に入れてしまう始末。 これは中毒性があるスローフードです。 どのようなアクティビティなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。 マリンアクティビティ 海にまつわる色々なアクティビティが楽しめます。 東側の美国港では、オーシャンデイズが青の洞窟シュノーケリングを実施し、クラブキッズとクロスウェイではシュノーケリングとダイビングを提供しています。 北側の幌武意港ではアクアキャットやゼムハウスでダイビングを中心としたアクティビティを提供し、余市ではかむいちぇぷシーカヤックサービスがシーカヤックを提供中。 西側の盃温泉のさかずきテラスでは、ポセイドンがダイビング・シュノーケリング・シーカヤックなどのアクティビティを提供しています。 H20アドベンチャーズは岩内でシーカヤックツアーを実施しています。

次の

南保留太郎商店 燻製屋 クチコミ・アクセス・営業時間|余市【フォートラベル】

余市 燻製 屋

看板の「燻製屋」の文字と木製の店舗外観が、雪景色に不思議と映えていました。 もともとは行商で、たらこなど海産物の加工食品を扱っていたそう。 そんな中、初代の南保留太郎さんが燻製をしようと思い立ったのは、寒い冬の時期のことでした。 留太郎さんは樺太で先住民から燻製の方法を学んだ経験があり、漁が少なくなる時期の蓄えと、保存も兼ねて、やってみようと考えたのです。 その手法こそが「冷燻」で、2代目、3代目と受け継がれてきました。 余市という場所柄もあり、この香りだけでウィスキーがぐいぐい飲めてしまいそうです。 そうすることで脂が出るのを防ぎ、かつ水分だけを抜き、旨みを閉じ込めることができるのです」(憲亨さん) 南保留太郎商店では、燻材に黒松内産のブナのおがくずを使用しています。 ブナのおがくずは香りがマイルドで、どんな食材とも合うのだとか。 燻した後は作業場の天井から吊し、乾燥させます。 こうすることで生ハムのように熟成が進み、さらに旨みが凝縮されていくのです。 珍しい野菜の燻製や甘えびの燻製など、こちらもおいしいと評判です。 温燻ですが味付けに2晩、燻製に4日ほど、しっかりと手間暇がかけられています。 冷燻ならではの濃く凝縮された旨みを味わってみてください。 4月から11月末頃に獲れる甘えびを生きているうちに味付けし、その日のうちに燻製にしてしまうというから、新鮮そのもの。 色艶も美しく、頭から尻尾までパリパリと食べることができます。 買ったその日が賞味期限です。 漁の状況によって品切れになることもあるので、これを目当てに訪れる人は事前に問い合わせた方が良さそう。 おやつ感覚でそのまま食べてもおいしいし、肉料理の付け合わせにしても気が利いています。 燻製ならではの野菜の味わいを楽しんでみてください。 腕を振るっているのは、実は南保留太郎商店の2代目。 燻製を知り尽くしたシェフだからこそ、確かな味わいがそこにはあります。 そんな今だからこそ、餅は餅屋、燻製は燻製屋。 長きにわたって製法と技術を受け継いできた燻製専門の南保留太郎商店で、本物の魅力に触れてみてください。 一口食べただけで、そのおいしさに開眼すること請け合いです。 【動画】映像で見る南保留太郎商店(中村千紗・野口若奈).

次の