心霊 スポット 英語。 【閲覧注意】京都にあるガチでヤバイ最恐心霊スポットまとめ15選!

英語ではなんと言うか教えてください

心霊 スポット 英語

3月4日、富山湾の海底から1台の車が引き上げられた。 この車は、1996年から行方不明となっていた2人の少女が失踪当時に乗っていたものであり、中からは複数の人骨が発見された。 状況から考えて、2人のご遺体とみて間違いないだろう。 行方不明になってから24年の時を経てご遺体が発見されたというだけでも数奇なものを感じるが、私はそれ以上に大きな衝撃を受けた。 この事件のことは、以前からずっと気になっていたからだ。 「肝試しに行く」と言って姿を消した少女たち 事件のはじまりは、1996年5月5日夜のことだった。 当時19歳だった2人の少女は、家族に「肝試しに行く」と言って富山県氷見市内の自宅を出発した。 その後、友人のポケットベルに「今魚津市にいる」というメッセージを残し、行方不明になった。 魚津市には、北陸随一の心霊スポットと言われている廃墟がある。 夏場には肝試しの若者たちが集まり、富山県内外の暴走族の溜まり場にもなっていた。 富山県警は2人が坪野鉱泉に出かけて消息を絶ったと判断し、事件・事故の両面で捜査を開始。 ヘリコプターを投入して大規模な捜索も行われたが、手がかりが掴めないまま歳月が過ぎていった。 そのうち、坪野鉱泉の廃墟で暴走族に殺されて埋められたのではないかという噂や、北朝鮮に拉致されたんじゃないかという噂まで囁かれるようになり 、巷では「神隠し事件」とも呼ばれ始めた。 実際に現地に行ってみると…… 私がこの坪野鉱泉に興味を持ち、現地を訪れたのは2006年のことだった。 もともと廃墟が好きで全国を巡っていたが、事件のことを知り、現地を自分の目で見たくなったのだ。 夏の日の早朝、内部に足を踏み入れると、日が昇っているというのに薄暗く、足元が全く見えない。 下階の窓が板で打ち付けられているため、光が入らないのだ。 いたる所に落書きがあり、窓やドアばかりではなく壁や天井まで破壊されている。

次の

関東・関西の心霊スポット!危険すぎる戦慄の霊域46選

心霊 スポット 英語

雰囲気からなにかあるって感じて、携帯で写真とったらオーブだらけ。 少ないときもあるけど何枚とっても100%オーブが写る。 青い丸い小さな粒が空中に浮かんでるんだ、 写真だったら手前のは大きく写りなんかオーブの中に顔らしい輪郭も見えた。 気持ち悪いから行くのやめた。 あれオーブの溜まり場なのかな?窓がないから電気消したら100%の闇 オーブの出る場所で一人きりだったら取り付かれる恐怖でちょっといられない。 見たことない人にはおすすめ。 元々は古墳である(近くの多摩川台公園も古墳) 宝来公園で約30年前に殺人事件があった。 若い女性が殺されてしまったのだ。 公園内で襲われ、必死で逃げたのだが公園を登りきった出口で 追いつかれ殺害された。 道路に血が流れた後が暫く残っていました。 そして時は流れオカルト話が囁かれるようになり、調査を進める事になる。 宝来公園には池があり中には小島もある。 小島はアヒル小屋があり、もちろん池にはアヒルが泳いでいる。 その池にはメダカやおたまじゃくし鯉も泳いでいる。 ターゲットは「鯉」なのだ。 呪い発動の条件は、この池の鯉を捕まえる事らしい。 実際友達は網で取った所、家に不幸が続いたそうだ。 急遽ミステリーハンターの出動になったのである。 恐ろしい気持ちを押し殺して現場に到着。 霊の波動は感じられないが異様な空気は流れている。 意を決しアヒルに飛び乗り小島に渡った。 そこからは亀に乗り換え家に帰った。 Part13 自分は怖い経験というと今まで金縛りだけだったのですが 大田区の下丸子のオリンピック2階の家電フロア 閉店、現在工事中 で 2度怖い経験をしました。 1度目は家電フロアのレジ前を歩いていたら、 急に腰から下が重くなって歩けなくなってしまいました。 連れが一緒だったので 「足が動かない」と訴えたところ手を引っ張ってくれて エスカレーターのところまでなんとかたどり着きました。 すると急に下半身が軽くなりました。 ところが、その日の夜から5日間体中が痛くて寝込みました。 起きていられないほどの痛みです。 病院で診てもらっても、原因不明で 医師も不思議がっていました。 結局鎮痛剤を処方してもらっただけです。 怖い経験をした場所とトイレの位置は離れていたし 我慢できなくなっていたので2階トイレを利用しました。 トイレでは他の客もいたため怖いとは思わなかったのですが トイレを出て階段に向かっていたところ 手首にはめていたパワーストーンのブレスレット 1度目の経験の後作った に バチっと大きな音とともに強い衝撃を感じ、 手首にも軽い痛みを感じました ブレスレットのストーンを見るとまだ作って間もないのに 黒いシミや傷が何箇所もできていました。 パワーストーンのブレスを作ってもらったショップに持っていったところ 水晶以外のストーンが全部ダメになっていると言われました。 作ってまだ10日くらいなのにショップの人も驚いていました。 結局水晶以外のストーンは作り直してもらいました。 その際オリンピックでの怖い経験を話したのですが そこへは 1階も2階も もう二度と近づかないようにと言われ お風呂に粗塩を入れて入浴する事と お茶に粗塩を一つまみ入れて飲む事を勧められました。 以来オリンピック下丸子店へは二度と行ってません。 オリンピック下丸子店2階で怖い経験したり 霊を見たという方いないでしょうか。 どれも20年前後前の話で、自分らが消防の頃ですが。 補導される?と思い その子は悪ガキだった 走って逃げる際に振り返ったら、もうその場所に婦人警官はいなくなっていた。 古くてデカイ家で人気がないので空き家だったのかもしれないが、当時は幽霊屋敷として有名だった。 友達が庭先に忍び込んだら、マネキン大のデカイ人形?みたいなのが大量に家の中にいて、驚いて逃げ帰ったとのこと。 理由は分からないけど、とにかく雰囲気が滅茶苦茶怖かった。 友達のお姉ちゃん 霊感強い が彼氏と行ったら、何か嫌な雰囲気を感じたとか。 で、ベッド入ってふと壁を見たら、とつぜん壁一面に悪魔のマーク ってどんなマークよ?と問いただしたら、魂のような形をした真っ黒なマーク が 均等にズラーっと描かれていたとか。 もちろん部屋入ったときはそんなのなかった。 絶叫して逃げ帰ったらしい。 でもそれから15年後ぐらいに、ひょんなことから私も彼氏とそのホテルに行ったのだが、何も遭遇しなかった。 実際開店したあとも、霊感強い友達から心霊遭遇話をいくつか聞きましたが詳細忘れた。 封鎖されてる方、夜間は監視員いて。 かつて死病だった結核の隔離病棟だったはず。 なぜか取り壊しせず、研究資料の保管庫的に なってました。 ご指摘の場所では当時、精神を病んだ女性が 焼身自殺を遂げてます。 僕が行った時は、 も ち ろ ん で ま し た。 事件後10年近く買取り手がなかったが、今はマンションになっている。 そういや、あのでかい釣堀も不気味って言えば不気味だよな。 あの釣り堀周辺はたまたま乗ったタクシーの運転手から目撃談聞いた事あるよ。 深夜にあの辺りで客を降ろした後、走ってたら一人で遊んでる小学生位の男の子が見えたんで、 夜中に危ないと思って車止めて近寄ったら誰もいなかったらしい。 毎年、他で怪我しなくてもそこでは必ず誰かしら骨折レベルの怪我をすると…。 漏れが入る前の年、その前の年に実際怪我人出たし…。 新人ということはテストには合格したけどデビュー前に辞めてしまったということかな? スレ違いなのでプロレスネタのうろ覚えの心霊話しを。 蝶野が若手時代、寮のトイレで心霊現象にあったことがあるそうです。 窓の外を白いものがフワッと通り、幽霊!?と思ってパッとトイレに置いてあった時計を見たら 時計が逆回転してたとか。 因みにその寮は等々力にあります。 mapion. もう深夜で高級住宅地だから、やたらと静かで明かりも 外灯の明かりしかなくて、ただでさえ気味の悪い感じだった。 地図を見てもらうとわかるとおり、真っ直ぐな道で豪邸ばっかりで。 車も通らないし、人も居ない。 深夜だからあまり大きな声を出さないように気を遣って歩いてて しばらく歩いてたら、最初にオレが気付いた。 あそこの白いの何だろう・・・って。 豪邸の門の上に白いモノが見えたんだけど 暗いし、まだ遠いから良く見えなかったんだ。 友達はまだ気が付いていない様子で話しを続けてる。 友達が話しかけてるにも関わらず、気持ちはそっちばっかりに行ってた。 ゆらゆらとね。 その白いモノの手前10m位で、それが何かわかったんだ。 ドリフで古ぼけた旅館のコントがあるでしょ? あれに出てくるような白髪の青ざめた顔をした老婆が白い着物を着て門の上に座ってたんだ・・ 両足の裏と裏を合わせて、そのつま先を両手でしっかり握って ゆらゆらと前後に揺れてた。 ヨガのポーズみたいな感じかな。 怖すぎて友達に気付くように目で教えたんだけど、 コンタクトを入れてなかったから何なのかわからなかったらしく 「なんだアレ?」って声に出して言っちゃったんだ・・ そしたら老婆の動きがピタ!って止まって、 ゆっくりと両手で顔を覆って、そのまま動かなくなった。 友達もやっと気付いたらしく急に黙り込んで見ないフリをしてた。 走りながら振返ったんだけど、もうそこに老婆は居なかった・・ 1m80位ある大きな門からスグに降りれるわけもないし・・ 同じような体験をした人とかいるかな?もしくは聞いたことがある人。 田園調布は道細く、曲がりくねって、しかも一通ばかり。 アホな運転手は、平気でセンター越えてカーブ進入するからアブナイ。 多摩川駅過ぎたら商店も少なくコンビニもない、そして宝来公園が広さの割にうっそうとしているから、 他とは違う雰囲気と言えなくもないが、まあ何もない。 ある日の早朝に車に乗っていたら、雨の日だというのに電信柱の影に佇む男性が居た。 うつむいて、ただしっとしていたので「へんだな」と徐行しつつ見たけど、相変わらず下見ているだけ。 そして通り過ぎた後にバックミラーを見たら、もう居なくなっていた。 ヘンといったらこの程度。 田園調布駅周辺の比較的新しく造成されて方に行くと、道も広くコンビニも商店もあるから良い環境。 ただし急な坂ばかり。 スクーターかアシスト付きチャリでないと無理。

次の

これはガチ!マニアに聞いた、「本当に出る」心霊スポット

心霊 スポット 英語

名無しさん行ってきました。 怖いという感じは全くなかったですね。 まあ明るいうちだったからかも知れませんが。 現役だった頃の白高大神について詳しく書かれている、アンヌ・ブッシィという方の 「神と人のはざまに生きる」(東京大学出版会)という本を事前にある程度読み込んで 神社の由来等も把握してから行きましたので、むしろ清々しい雰囲気すら感じました。 ただ、この時期ですので蚊の量がとにかく半端ない! 顔と手のあちこちを噛まれまくり、痒み地獄に陥りました。 虫がいなくなる季節まで待つか、行くなら携帯用の虫除けグッズ等を持参されることをお勧めします。 また足場もやや厳しいところがあったりしますので、中を進む際には常に足下に注意されたほうがよろしいでしょう。 とくに夜は真っ暗になると思いますので懐中電灯等明かりが必須になるかと思われます。 始めに鳥居をくぐって駐車場に停めて人穴へ向かいました。 まずは祠の中に男AとBだけで行って写真撮りながら階段を降りて奥へ行くと地蔵みたいな赤い字で何か書いてありましたが、不気味だったので奥まで行けず引き返しました。 一旦休憩して再チャレンジで今度は男A一人で行くことになりBとCは階段の上で待ってAをライトで照らしながら見守ってた。 しばらく照らしてると照らしてるライトに何か影のようなものが浮遊しはじめて何かがライトの前を横切っているものもなければ影になるような物体も飛んでないしBとCはお互いにその影に気付いていたが、Bが影について「これなに?」と言いはじめてからお互いなんだか怖くなってきて急いでAを呼び戻した するとAが戻ってくるとさっきまで浮遊していた影も消えていった… という不思議な体験をしました.

次の