もろに 類語。 もろにの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「もろ」に関連した英語例文の一覧と使い方(3ページ目)

もろに 類語

「顕著」の読み方・意味 「顕著」は< けんちょ>と読みます。 意味は「際立って目につくさま」「誰が見ても明らかなほどはっきりとあらわれていること」です。 「 顕」という字は「きらびやか」「明らか(色や形がはっきりとしている)」「際立つ(目立つ)」などといった意味を持つ漢字です。 訓読みでは「顕す(あらわす)」です。 「 著」は、「著しい(いちじるしい)」でよく知られている漢字だと思います。 意味は、「あらわれる」「明らかになる」「書きあらわす」などといった意味を持つ漢字です。 どちらも「明らかにする」といった意味があります。 この2つが組み合わさり「明らかにする」ことが強調された意味の熟語となりました。 「顕著にあらわれる」は二重表現? 結論から言うと「顕著にあらわれる」は二重表現ではありません。 「顕著」という言葉には、「はっきりとあらわれていること」などと「あらわれる」といった意味が含まれています。 そのため「顕著にあらわれる」だと「はっきりとあらわれるに、あらわれる」などと二重表現のような気もしますよね。 しかし、「顕著」と「顕著に」では若干意味が異なります。 主に「顕著に」は「明らかに」「はっきりと」などといった意味で作用します。 また、「顕著」には「際立って目につくさま」といった意味もあります。 そのため、「顕著にあらわれる」は「 はっきりとあらわれる」「 明らかにあらわれる」といった意味となります。 「顕著」と「如実」の違い 「顕著」と「如実」は意味を混同してしまう人がいます。 それは、どちらも 「顕著にあらわれる」 「如実にあらわれる」 と使うからです。 ですが「顕著」と「如実」には、はっきりとした意味の違いがあります。 「如実」には、「実際のとおりであること」「現実・事実のとおりであること」といった意味があります。 「如実にあらわれる」とは、「実際のままあらわれる」「ありのままあらわれる」といった意味になります。 「顕著にあらわれる」は「はっきりとあらわれる」という意味でしたね。 「問題が顕著にあらわれる」…問題がはっきりとあらわれる 「問題が如実にあらわれる」…問題がありのままあらわれる となります。 「奥深くて容易にはうかがうことができない様子」をあらわす言葉です。

次の

「もろ」とは?意味や使い方を解説!

もろに 類語

「顕著」の読み方・意味 「顕著」は< けんちょ>と読みます。 意味は「際立って目につくさま」「誰が見ても明らかなほどはっきりとあらわれていること」です。 「 顕」という字は「きらびやか」「明らか(色や形がはっきりとしている)」「際立つ(目立つ)」などといった意味を持つ漢字です。 訓読みでは「顕す(あらわす)」です。 「 著」は、「著しい(いちじるしい)」でよく知られている漢字だと思います。 意味は、「あらわれる」「明らかになる」「書きあらわす」などといった意味を持つ漢字です。 どちらも「明らかにする」といった意味があります。 この2つが組み合わさり「明らかにする」ことが強調された意味の熟語となりました。 「顕著にあらわれる」は二重表現? 結論から言うと「顕著にあらわれる」は二重表現ではありません。 「顕著」という言葉には、「はっきりとあらわれていること」などと「あらわれる」といった意味が含まれています。 そのため「顕著にあらわれる」だと「はっきりとあらわれるに、あらわれる」などと二重表現のような気もしますよね。 しかし、「顕著」と「顕著に」では若干意味が異なります。 主に「顕著に」は「明らかに」「はっきりと」などといった意味で作用します。 また、「顕著」には「際立って目につくさま」といった意味もあります。 そのため、「顕著にあらわれる」は「 はっきりとあらわれる」「 明らかにあらわれる」といった意味となります。 「顕著」と「如実」の違い 「顕著」と「如実」は意味を混同してしまう人がいます。 それは、どちらも 「顕著にあらわれる」 「如実にあらわれる」 と使うからです。 ですが「顕著」と「如実」には、はっきりとした意味の違いがあります。 「如実」には、「実際のとおりであること」「現実・事実のとおりであること」といった意味があります。 「如実にあらわれる」とは、「実際のままあらわれる」「ありのままあらわれる」といった意味になります。 「顕著にあらわれる」は「はっきりとあらわれる」という意味でしたね。 「問題が顕著にあらわれる」…問題がはっきりとあらわれる 「問題が如実にあらわれる」…問題がありのままあらわれる となります。 「奥深くて容易にはうかがうことができない様子」をあらわす言葉です。

次の

「もろ」とは?意味や使い方を解説!

もろに 類語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 21• 研究社 新和英中辞典 31• Weblio Email例文集 35• Weblio英語基本例文集 15• 浜島書店 Catch a Wave 77• JMdict 4• Eゲイト英和辞典 21• 英語論文検索例文集 10• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 52• 日本語WordNet 179• コンピューター用語辞典 3• EDR日英対訳辞書 83• Tanaka Corpus 61• 日本法令外国語訳データベースシステム 9• FreeBSD 5• Gentoo Linux 4• JM 5• NetBeans 2• PEAR 1• Python 9• XFree86 3• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 931• 京大-NICT 日英中基本文データ 2• 官公庁発表資料• 金融庁 27• 財務省 12• 特許庁 7• 特許庁 4377• 経済産業省 96• 厚生労働省 18• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 3• イギリス伝承童謡『マザーグースのこもりうた』 1• Arthur Conan Doyle『ボヘミアの醜聞』 2• Jack London『火を起こす』 2• Hans Christian Andersen『絵のない絵本』 1• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 1• JULES VERNE『80日間世界一周』 14• Maurice Leblanc『アルセーヌ・ルパンの逮捕』 1• Virginia Woolf『ラピンとラピノヴァ』 1• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 3• Edgar Allan Poe『アッシャー家の崩壊』 1• Ouida『フランダースの犬』 7• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 2• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 3• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 5• Conan Doyle『黄色な顔』 1• Charles Dickens『奇妙な依頼人』 1• Frank Baum『オズの魔法使い』 13• Landor『カール・マルクス Interview』 1• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 1• Hans Christian Andersen『マッチ売りの少女』 1• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 6• O Henry『最後の一枚の葉』 2• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 3• Ambrose Bierce『空飛ぶ騎兵』 1• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 2• James Joyce『カウンターパーツ』 1• James Joyce『死者たち』 1• James Joyce『アイビーデイの委員会室』 1• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 2• John Stuart Mill『自由について』 7• Robert Louis Stevenson『宝島』 4• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 1• Edgar Allan Poe『暴露させる心臓』 4• Lawrence『馬商の娘』 1• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 1• Chesterton『少年の心』 1• Melville Davisson Post『罪体』 1• Michael Faraday『ロウソクの科学』 13• 電網聖書• ペトロの第一の手紙 1• ペトロの第二の手紙 3• 使徒行伝 2• ヘブライ人への手紙 3• ルカによる福音書 2• マルコによる福音書 1• This applies worldwide. 翻訳: 武田正代 pokeda kcb-net. mit. (「この版権表示を残す」んだから、「禁無断複製」とかいうのはダメだぞ) プロジェクト杉田玄白 正式参加作品。 genpaku.

次の