沖ノ島 磯 割り。 メジナ(グレ)師の憧れ 大型尾長を釣りたい!高知県/柏島

磯釣り

沖ノ島 磯 割り

ホームページをご覧いただきあ りがとうございます。 岡崎渡船は、高知 県宿毛市沖の島町母島を拠点に沖の島渡船初期・父の代から30年にわたり、昼釣り・夕釣り・夜釣りを中心とした磯釣りの磯渡しと、船貸しきりのチャーター 船をしております。 磯渡し船 は、2006年就航・最大速力38ノット・定員42名で沖の島まで30分程度です。 岡 崎渡船の磯渡し船「豊丸」 2020年磯割表掲載 12月まで 2019年10月1日より消費税率変更に伴いを改定いたしました。 東北 地方太平洋沖地震について 3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そ のご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。 高知県内でも各金融機関で義援金の受付や、コンビニ・スパーに募金箱の設置など、いろいろ被災地域への支援の輪がひろがっています。 沖の島連合渡船組合(13隻)でも各船に募金箱を設置し義援金を呼びかけています。 また震災後毛布などの支援物資を送らさせていただきました。 がんばれ!東日本! 「岡崎渡船 口太グレダービー2017 」 を掲載しました。 「岡崎渡船 口太グレダービー2018 」 開 催中! 詳しくはから。 釣り場の沖の島 は、磯釣りのメッカともいわれ四国西南端に位置し宿毛市片島港より30分という時間距離にもかかわらず、離島気分を満喫でき、年間を通じ魚種多彩な大型魚 が狙える日本でも屈指のフィールドです。 沖の島は足摺宇和海国立公園にも指定され、標高404mの妹背山を中心として水量豊かな谷川があり、磯釣り以外でもマリンスポーツの島として人気を集めて います。 観光としては、四国一早い海開きを行う事で有名な「うどの浜海水浴場」・島の景勝地である「白岩岬」・四国百名山の一つである「妹背山」などがあります。 沖 の島・白岩岬 四 国最南端の灯 岡崎渡船では、安全面や釣果はもちろんのこと、お客様同士や船頭との会話を楽しみながら、釣り人の皆様が友人関係を築き、次回の磯釣り時に自船で出会いを 楽しめるように心がけています。 沖の島での磯釣りの際は、ぜひ岡崎渡船をご利用ください。 磯 釣りのメッカ、沖の島の磯.

次の

AZURE(アズール)

沖ノ島 磯 割り

次の信号「福沢」を右折、道なりに線路脇の細い道を進み、JR内房線那古船形駅の前で道なりに右折、信号「船形」を左折ししばらく内房なぎさラインを走る。 突き当りの「自衛隊前」の信号を左折し、道なりに進んでいくと沖ノ島。 沖ノ島の釣りのポイントと様子 沖ノ島の主なターゲットはクロダイ、スズキ、シロギスです。 沖ノ島は入口となる地続きのところを除けば、周囲全体が釣り場となっているため、風を避けながら釣りをすることもできます。 島の真ん中にはトイレがあり、釣り場の近くにも所々にベンチやテーブルも置かれていて、座って一休みすることも。 朝夕は沖ノ島を散策する人も多くゆったりとした空気の流れる釣り場です。 沖ノ島護岸からつながる沖ノ島の真ん前が駐車場になっています。 沖ノ島の入り口にある地図。 この地図でいうと、上側(北側)がメインの釣り場ポイントになります。 沖ノ島の入口。 沖ノ島の南側の釣り場 沖ノ島の左側(南側)の岩場。 沖ノ島の左側から途中まで島に沿って行くことができます。 北風が強い時はこちら側で竿が出せます。 南側はあまり注目されていませんが、クロダイの実績もあります。 沖ノ島の北側の釣り場 島の中を通って釣り場に行くこともできますが、右側から、ぐるっと沖ノ島の釣り場を写真で紹介していきます。 沖ノ島のメインの釣り場 小さな砂浜の両サイドの磯が、沖ノ島のメインの釣りのポイントで、砂地に岩礁がいりまじっていてクロダイの住み家にうってつけの場所です。 ウキフカセ釣りでクロダイ、ルアー釣りでスズキを狙います。 水深は浅いので満潮時が狙いやすいです。 冬場はサヨリカゴや遠投サヨリカゴを使ったカゴ釣りや、飛ばしウキとシモリウキの二段ウキでサヨリも狙えます。 ちょっと広い砂浜辺りはルアー釣りでのスズキのポイントです。 また砂地を中心にちょい投げ釣り、投げ釣りでシロギスを年間を通して狙えます。

次の

磯のLibrary(柏島−柏島本島)

沖ノ島 磯 割り

6月24日 二並島のイサギは当分の間止まりそうにありません。 この間も東のハナ・中バエ・黒ハエ・スクモバエを中心に日に 20~60枚。 イサギ以外では、23日:三ノ瀬2番の裏で グレ17枚、一ツバエで 石垣鯛7枚、24日:白岩バラス浜で グ レ15枚が目立ったものでした。 6月22日 この間も二並島のイサギガ中心です。 スクモバエや黒ハエ・中バエ・東のハナ等で イサギが一日50~30枚。 その他では21日に白岩クドで 60㎝石鯛1枚、二並島コシキバエでは カンパチ1本とアカハタが沢山釣れた様です。 6月18日 二並島ヒカリの子で イサギ50枚、西のハナレで 40枚、中バエは 30枚が目立ったものでした。 6月17日 二並島は東のハナ高・低・中バエ・ヒカリの子・西のハナレ・黒ハエ・スクモバエで イサギが各20~50枚・グレボツボツ、裸島のハナレでは グレ10枚、姫島南のイソで モンツキイサギが5枚、白岩岬のハナでも 同5枚・平鱸8枚でした。 6月16日 二並島のイサギは変わらず釣れているようです。 昨日も 大漁、本日も 東のハナ低場で イサギ60枚、スクモバエでも 50枚、中バエ・西のハナレ・黒ハエでも 各20枚、三ノ瀬2番の裏は グレ12枚、白岩バラス浜でも 同6枚、白岩の地やバラハナでは モンツキイサギが数枚釣れた様です。 6月14日 13日:白岩バラス浜で グレ6枚・イサギ10枚、宮ノ下でも 同10枚・13枚とシマアジ2本、二並島は東のハナ高・低で イサギ計100枚、裸島ハナレはは 同30枚、一ツバエでは 60㎝を頭に石垣鯛8枚、平バエでは グレ7枚。 本日は南西の風が強く、釣果も一ツバエ 回り高バエで6 0㎝石垣鯛1枚が目立った程度でした。 6月12日 10~11日は目立った釣果はありませんでした。 本日は、二並島東のハナ高場で: イサギ80枚、黒ハエも 同40枚、西のハナレは 石垣鯛4枚、一ツバエは グレ6枚・石鯛1枚・石垣鯛8枚、ソトガシラの西でも 石垣鯛5枚でした。 6月9日 8日:二並島黒ハエでイ サギ50枚、スクモバエでも 同25枚。 9日は二並島は好調持続で全体で イサギ300枚程度、白岩回りでは ルアーでアカハタ・モンツキイサギ・平鱸等がそこそこ上がっています。 6月7日 三ノ瀬2番の裏で グレ8枚、白岩の地では 平鱸5枚・モンツキイサギ10枚、子バエでは アカハタ10枚、二並島東のハナ低場は イサギ50枚、同所高場でも グレ2枚・イサギ40枚、中バエは イサギ20枚、西のハナレも 20枚、黒ハエでも 60枚と石垣鯛3枚、一ツバエは グレ15枚・石垣鯛2枚、ノコ回りカガリバで グレ10枚でした。 6月6日 本日もイサギが好調です。 母島港スーパー堤防で イサギ40枚、裸島船着きは 同30枚、ナダレでも 30枚、一ツバエも 25枚、以上が目立ったものでした。 6月5日 水温23度まで上昇。 この間の釣果は、3日:二並島西のハナレで イサギ30枚。 4日:黒ハエで イサギ50枚。 5日:三ノ瀬1番で グレ6枚、3番でも 同7枚、二並島は東のハナ高場で イサギ70枚、中バエは 同40枚、黒ハエで 20枚、スクモバエでも 20枚でした。 6月2日 三ノ瀬2番の表で 55㎝石鯛1枚、二並島は東のハナ低場で イサギ40枚、中バエは クーラー満杯、黒ハエも グレ1枚・イサギ25枚、スクモバエは イサギ20枚、裸島ハナレでは グレ9枚・イサギ1枚でした。 6月1日 高知も梅雨入りです、湿気でコロナも消滅してくれたらいいのでがーーーー 二並のイサギは無尽蔵です。 本日も東のハナ高場で グレ3枚・イサギ50枚、低場でも イサギ30枚、中バエは 同80枚、西のハナレも 30枚、一ツバエ回りアキレスでは グレ8枚・イサギ6枚でした。 5月31日 三ノ瀬1番で グレ6枚、2番の裏では グレ5枚・イサギ3枚、白岩岬のハナでも グレ7枚、二並島東のハナは イサギ100枚!! 中バエも 同60枚、黒ハエでも 同60枚、西のハナレは 30枚、スクモバエは グレ・イサギ計で20枚、裸島ハナレでも 20枚、同所ナダレは グレ・イサギ計30枚でした。 尚6月からは随時更新になります。 5月30日 ルアーも元気が出て来ました。 姫島南のイソで 83㎝ロウニンアジ1本、マサバエは グレ10枚・イサギ3枚、三ノ瀬2番の表で 50㎝石鯛1枚・石垣鯛1枚、ムロバエ船着きでは グレ15枚、ノコバエは 同10枚、二並島東のハナ低場では イサギ40枚、中バエも 同40枚、黒ハエは 15枚、西のハナレも 25枚、裸島コバエは 20枚でした。 5月29日 水温は22度まで上がって来ましたよ。 二並島中バエで イサギ18枚、スクモバエでも 同25枚、中バエ・黒ハエ・西のハナレでも 同各10枚、裸島ナダレでは グレ7枚・イサギ16枚、以上が目立った釣果でした。 5月28日 二並島中バエで イサギ40枚、黒ハエも 同40枚、西のハナレは 30枚、一ツバエでは 55. 5㎝石鯛1枚・石垣鯛8枚が主な釣果でした。 5月26日 本日もイサギが好調です。 二並島東のハナ低場で イサギ20枚、高場の夕釣りでは 50㎝2枚を頭にグレ8枚・イサギ十数枚、中バエは イサギ50枚、西のハナレで 30枚、スクモバエは 20枚、裸島のハナレでは 45㎝尾長を頭にグレ5枚・イサギ20枚、一ツバエでは 50㎝石鯛1枚・石垣鯛3枚でした。 5月25日 やっとイサギの本格的な釣果になりました。 二並島東のハナ高低計で イサギ100枚、中バエは 同50枚、黒ハエで 70枚、西のハナレは 40枚、スクモバエで 20枚でした。 5月24日 釣客も少しづつ増えてきて、釣果も上がって来ました。 姫嶋マサバエで グレ9枚、ムロバエ船着きでは 同15枚、カモヒメは 6枚、ダバノ下でも 6枚、二並島東のハナ低場では グレ2枚・イサギ15枚、中バエでも 同5枚・15枚が主なものでした。 5月23日 水温21度。 主な釣果は、白岩岬のハナで グレ・イサギ・シマアジ計20枚、子バエでも 同15枚、ムロバエ船着きは グレ10枚・石垣鯛1枚、カモヒメでは グレ6枚、一ツバエ回り平バエで グレ12枚でした。 5月22日 水温はまだ20度ソコソコと例年より低いようです。 それでもビッグな釣果が上がっています。 ムロバエ船着きで 110㎝約40㎏のゴチョウが釣れました。 下に写真有 三ノ瀬2番の裏では グレ10枚、二並島中バエは イサギ10枚、黒ハエでも 同20枚が目立ったものでした。 5月21日 本日は北の風が冷たく感じられる一日でした。 釣客はまだまだ控えめで、釣果もノコ3番で 58㎝尾長を頭にグレ3枚が目立った程度でした。 5月20日 コロナもやっと下火になって来ました、ただ、まだ大手を振ってお出かけとはいかないようですね。 この間の主な釣果は、14日 :二並島東のハナ低場で 57㎝尾長グレ1枚、高場では 同50㎝、裸島船着きでは 55㎝石鯛1枚・石垣鯛1枚。 15日:ムロバエ船着きで 60㎝石鯛1枚。 17日:白岩ヒナダンで 55㎝石鯛1枚、二並島スクモバエで イサギ10枚、黒ハエでも 同10枚でした。 5月12日 この間目立った釣果はありませんでした。 本日はムロバエ船着きで 60・50・40㎝の石鯛3枚、二並島黒ハエでは イサギ15枚、同所裏では 同10枚、西のハナレも 10枚、スクモバエは 20枚、中バエでも 20枚が目立ったものでした。 5月6日 寂しいゴールデンウィーク最後の本日の釣果は、三ノ瀬2番の裏で グレ4枚、白岩コメツブで イサギ10枚、クボリでは 53㎝石鯛1枚が目立ったものでした。 、 5月5日 高知県と宿毛市はコロナの非常事態宣言が解除になりました。 ただ油断は禁物です、引き続き気を付けましょう。 本日の釣果は、姫島南のイソで 50㎝を頭に石物4枚、三ノ瀬スクモでは グレ9枚、二並島スクモバエでは グレ4枚・イサギ4枚、一ツバエ回り高バエでは イサギ10枚が主な釣果でした。 夕釣では二並島東のハナ高場で 56㎝を頭にグレ3枚が上がったます。 5月4日 コロナの非常事態宣言が延長になりました。 ゴールデンウィーク真っ只中ですがさすがに釣客はパラパラです。 辛抱辛抱!! それでも本日一ツバエで 67㎝クチジロ1枚・57㎝石鯛1枚、アキレスでは イサギ13枚、二並島東のハナ高場で グレ7枚、中バエで イサギ10枚の釣果がありました。 4月30日 ゴールデンウィークに入って好天気が続いてますが、コロナは終わりが見えません、困ったものです。 本日は一ツバエで 74㎝の石鯛1枚が上がっています。 4月25日 コロナの非常事態宣言もあり釣客はさすがに少なく、この間の釣果の主なものは、22日に二並島東のハナ高場で 50㎝尾長を頭にグレ6枚、本日は三ノ瀬2番の裏で 51㎝尾長を頭にグレ7枚, 二並島東のハナ高場では 61㎝尾長を頭にグレ3枚でした。 4月19日 18日:アキレスで グレ5枚・イサギ10枚、二並島東のハナ高場で 42㎝を頭にグレ5枚。 19日:二並島東のハナ高場で 55・53㎝尾長グレ2枚、一ツバエで 石垣鯛4枚・石鯛1枚、ノコ回りチョボでは グレ10枚、以上が目立った釣果でした。 4月17日 全国に非常事態宣言が出されました。 厳しい事態です。 さすがに釣客も僅かです。 そんな中での釣果は、三ノ瀬2番の裏で グレ20枚、スクモで 同7枚でした。 4月15日 宿毛市にもとうとうコロナ感染拡大の非常事態宣言が出されました。 不安ですが海は穏やかで温かい本日でした。 釣果は、ムロバエ船着きで 50㎝を頭に石鯛5枚、同所底物場でも 50㎝を頭に石鯛5枚、ノコ3番では グレ7枚、以上が目立ったものでした。 4月14日 昨日は30m前後の爆風が吹き荒れ、さすがに釣客はいませんでした。 本日も釣り客は少なめでしたが、二並島東のハナ高場で 55㎝尾長を頭にグレ3枚の釣果が上がっています。 4月11日 本日は底物が賑やかです。 三ノ瀬1番で 65. 5㎝石鯛1枚、2番の表でも 65. 5㎝石鯛1枚、白岩の地・底物場では 51㎝石鯛1枚・石垣鯛3枚、ムロバエ船着きでは 60㎝を頭に石鯛4枚・石垣鯛1枚でした。 4月9日 昨日コロナの濃厚接触者の検査があり、全員陰性でした。 感染者の拡散がなかった様でホットしてます。 釣り客は僅かですが来られてました。 釣果は、三ノ瀬2番の裏で グレ7枚、二並島は黒ハエで イサギ18枚、スクモバエでは グレ8枚、以上が主なものでした。 4月7日 残念ながら沖の島にもコロナの陽性患者が出ました。 困ったことです。 そんな中での釣果は、三ノ瀬2番の裏で 62. 5㎝尾長グレ1枚 下に写真有 、ムロバエ船着きでは グレ30枚、一ツバエは グレ5枚・イサギ3枚・石鯛1枚・石垣鯛2枚、以上が主なものでした。 4月6日 ムロ回り大ナダレで久しぶりに グレ20枚、ノコ回りチョボは グレ5枚・イサギ1枚、一ツバエ回り平バエでは グレ12枚、他の磯はグレやイサギが 5枚まででした。 4月5日 水温18度台に上昇。 本日の釣果は、三ノ瀬ノコギリで グレ6枚、スクモでは 同8枚、白岩コメツブで グレ5枚・石鯛1枚・ヒラマサ1本、二並島は中バエで イサギ18枚、スクモバエでも グレとイサギでクーラー満杯、一ツバエ回りアキレスでは イサギ15枚、ムロバエ船着きは 51㎝石鯛1枚、以上が主なものでした。 4月4日 春らしい天気の本日、水温は昨日から17度台と春未満、さて釣果は、三ノ瀬1番で グレ9枚・イサギ3枚、スクモでは グレ10枚、二並島東のハナ高場では 63㎝を頭に50㎝オーバーばかりグレ3枚、ノコバエでも 63㎝尾長グレ1枚、ムロバエ回り大バエでは 53㎝石鯛1枚・石垣鯛1枚、以上が主な釣果でした。 、 4月3日 とうとう宿毛にもコロナの患者が出ました。 島はまだ大丈夫ですが心配です。 31~2日は悪天候もあり釣り客は少なく、大した釣果もありませんでした。 本日は、二並島東のハナ高場で 60㎝1枚・55㎝2枚の尾長グレが上がりました。 又二並島全体で イサギが90枚ほど釣れてます。 3月30日 三ノ瀬2番の裏で グレ8枚、二並島では東のハナ高場・中バエ・スクモバエで イサギが各10枚、裸島船着きでは 60㎝石鯛1枚、ムロバエ底物場でも 50㎝石鯛1枚でした。 3月29日 本日はOKINOSHIMACUPもあり釣果の詳細は掴めていません。 平成30年3月15日 裸島コバエ 57. 5㎝ 石鯛 釣り人:西森氏(仁淀川町) 平成30年4月13日 一ツバエ 84. 5㎝ 11. 5k クチジロ 写真は高見渡船船長 令和2年4月7日 三の瀬2番の裏 62. 5㎝尾長グレ 釣り人:榎本氏 和歌山県) 令和2年5月22日 ムロバエ船着き ゴチョウ 40k 釣り人:瀧氏 香川県 平成28年4月23日 二並島ヒカリの親 65㎝石鯛 釣り人:大平氏 いの町 平成28年 5月4日 二並島ヒカリの親 60. 1㎝ 釣り人:金田氏 高知市) 平成28年5月10日 二並島回り ブリ大漁 釣り人:安田氏ご一行 岡山市) 平成29年5月11日 姫島南のイソ 95㎝ローニンアジ 釣り人:山本氏(兵庫県) 平成27年5月10日 三ノ瀬2番の表 66㎝クチジロ 釣り人:浦辺氏(大阪府) 平成27年9月15日 ムロバエ 85㎝ロウニンアジ 釣り人:荒木氏 島根県) 平成27年11月17日 二並島東のハナ高場 52㎝グレ 釣り人:安岡氏 高知市 平成27年11月28日 ノコバエ 約40㎏ゴチョウ 釣り人:野瀬氏 高知 ビール瓶が小さく見えます 平成27年1月24日 母島の川で獲れた 大うなぎ 長さ1. 2m程度・胴回り20㎝超 タバコの箱と比較して下さい 平成27年1月31日 二並島東のハナ高場 60. 1㎝ 尾長グレ 釣り人:小原氏(安芸市) 写真は岡崎船長 平成27年3月13日 姫島 南のハエ 70. 0㎝・52. 4㎝ 石鯛 釣り人:御庄氏(いの町) 平成27年3月30日 大バエ 67㎝石鯛 釣り人:箭代氏.

次の