裁ち 目 かがり。 布端の始末はジグザグ縫いよりたち目かがり押えが圧倒的におすすめだった!

布端の始末はジグザグ縫いよりたち目かがり押えが圧倒的におすすめだった!

裁ち 目 かがり

日本工業規格 JIS L 0122:2003 縫製用語 Glossary of terms used in sewing 1. 適用範囲 この規格は,衣料の縫製に関する主な用語について規定する。 ただし,機械及び器具に関 する用語は除く。 備考 和服の縫製に関する用語は,附属書(規定)による。 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の一部を構成する。 こ れらの規格は,その最新版(追補を含む。 )を適用する。 JIS L 0120 ステッチ形式の分類と表示記号 JIS L 0121 シームの分類と表示記号 3. 分類 分類は,次による。 a パターン 1 種類 2 作図 b 縫製準備工程 1 生地の受入れ 2 型入れ 3 延反 4 裁断 c ステッチ 1 ステッチ形式 2 その他 d シーム 1 目的による縫い 2 裁ち目の始末 3 まつり・刺しなど 4 その他 e プレス f 縫製システム g 欠点 h 副資材関連 1 裏 2 L 0122:2003 2 しん 3 ボタン・ファスナなど 4 テープ 5 その他 4. 用語の定義 用語及び定義は,次による。 なお,参考として対応英語を示す。 a パターン 1 種類 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 1101 パターン 裁断縫製用の図形。 pattern 1102 原型 衣服を作るときの基本となるパターン。 basic pattern 1103 スローパ 原型から転換したアイテム,デザイン別に応用する基 本となるパターン。 sloper 1104 上り型パターン 縫い代の付いていない仕上り状態のパターン。 1105 工業用パターン そのまま裁断縫製できる縫い代付きパターン。 工場設 備などに対応し,品質維持,生産効率などに配慮した もの。 industrial pattern 1106 マスターパターン デザインの展開やグレーディングの元になるデザイ ンを表現した基本サイズのパターン。 master pattern 1107 グレードパターン グレーディングしたパターン。 graded pattern 1108 型紙 パターンを紙などに原寸大に表したもの。 paper pattern, dress pattern 1109 縮小パターン 縮小したパターン。 reduced pattern, miniature pattern 1110 グレーディング サイズに合わせてマスターパターンを拡大・縮小する こと。 grading 1111 マニプレーション デザイン及び体型に合わせて型紙を操作すること。 パ ターン展開ともいう。 manipulation 1112 パターンメーキング パターンを作ること。 pattern making 2 作図 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 1201 縫い代 縫い目から布端までの部分又はその寸法。 outlet seam, seam allowance 1202 折り代 布地の折り目から布端までの部分又はその寸法。 ヘム ともいう。 1203 縫い込み 仕立てる際,必要な縫い代以外のゆとり分の布地を縫 い込んでおくこと又はその部分。 1204 わなどり わ(輪)に構成されるように型紙をつくること。 1205 わな裁ち線 わ(輪)に裁つ位置を表す線。 fold edge line 1206 裁ち出し デザインの関係で,ある部分を本体に続けてパターン を作ること。 1207 持ち出し あきの部分に付ける重ね分のこと。 1208 切替え 1枚のパターンで構成する部分をデザインや他の目的 で切り離し,複数のパターンで構成すること。 1209 縫い目 縫い合わせる線。 seam 1210 仕上り線 パターンの仕上りを表す線。 上り線ともいう。 outline 3 L 0122:2003 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 1211 裁ち切り線 仕上り線に縫い代などを加えた線。 cutting plane line 1212 裁ち切り寸法 仕上り寸法に縫い代などを加えた寸法。 1213 ゆとり 衣服に必要な機能性をもたせるために身体寸法に加 える量(機能量)。 slack 1214 ゆるみ ゆとりのほかに,衣服のデザインによって加える量 デ ザイン量。 loose 1215 合印 縫い合わせのとき,合致させる点を示す印。 ノッチと もいう。 notch mark 1216 折り返し線 折り返す位置,又は折り目を付ける位置を表す線。 return line 1217 ステッチ線 飾り縫いの位置を表す線。 stitch line 1218 地の目線 布地の縦方向を表す線。 warp line, grain line 1219 基礎線 目的の線を描くための基礎となる線。 基準線,基線と もいう。 base line 1220 グレーディングポイ ント パターン及び型紙を拡大・縮小したりする基準点。 grading point 1221 人台 人体に似せた形状をもち,外側を布などで覆ったも の。 ダミーともいう。 dress form,body stand, dummy b 縫製準備工程 1 生地の受入れ 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 2101 チューブ反 丸編地で切り開かれていない状態の生地。 丸反ともい う。 2102 開き反 丸編地で切り開かれた状態の生地。 2103 巻き反 筒状の支管に巻かれた状態の生地。 2104 たたみ反 折り畳まれた状態の生地。 2105 板巻き反 板状の支管に巻かれた状態の生地。 2106 中表巻き 巻き反で生地の表が内側に巻かれている状態。 2107 外表巻き 巻き反で生地の表が外側に巻かれている状態。 2108 ダブル幅 127 cm(50 インチ)以上の幅。 2109 シングル幅 127 cm(50 インチ)未満の幅。 2110 ロット 編織や染色加工などの同一品の加工単位。 2111 総長 生地全体の長さ。 2112 予尺(余尺) 生地の長さの計測誤差やロス分として加えられる生 地の長さ。 2113 S引き きずなどで使用できない部分に対応した長さ。 2114 純長 総長から予尺,S引きを差し引いた生地の長さ。 2115 生地幅 布地の両耳間の幅。 2116 規格幅 設計及び契約上の生地幅。 2117 有効幅 実際に使用できる生地幅。 2118 検反 生地の幅,長さ,色むら,きずなどを検査すること。 fabric inspection 2119 原反格付け きずなど欠点の内容による生地のランク分け。 A反, B反,C反などと呼ばれる。 2120 端尺反 規格以外の長さの生地。 2121 地の目 生地のたて糸又はよこ糸の線。 布目ともいう。 grain 2122 地のし 裁断する前にあらかじめ生地の収縮する性質を取り 除いたり,布目の修正をするために霧を吹いてアイロ ンをかけるなどの方法によって修正すること。 4 L 0122:2003 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 2123 スポンジング 地のしを機械的に行うこと。 sponging 2124 熱収縮 生地が熱によって収縮すること。 heat contraction 2125 緩和収縮 張力を取り除いたり,熱及びスチームをかけて,ひず みを除くことによる生地の収縮。 relaxation shrinkage 2 型入れ 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 2201 型入れ 要尺が少なくなるよう生地,用紙などの上に型紙を配 列すること。 コンピュータによる場合には型紙の図形 データを入力し,最適な配列を行うこと。 pattern layout 2202 マーキング 型入れと同義語。 marking 2203 図入れ 型紙を生地の上などに配置し,その形を書き入れるこ と。 mark tracing 2204 要尺 1着の衣服を作るために必要となる生地の長さ。 necessary length of the cloth 2205 マーキングシート 型入れしたシート。 marking sheet, marker sheet 2206 マーカ幅 マーキングをするときに設定する生地幅。 2207 マーカ長 マーキングされた長さ。 2208 取数 生地1反で採れる着数又は型入れの着数。 2209 一型入れ 一人分を型入れし,裁断すること。 2210 二型入れ 二人分を型入れし,裁断すること。 2211 サイズ込み取り 複数のサイズを複数人取りすること。 2212 差込取り 生地の毛並み方向が順逆自由な方向の配列をするこ と。 nap either way 2213 着分一方向取り 一着分単位に一方向裁ちをすること。 同一マーカ内の 他の着分とは取り方向が異なる場合がある。 nap updown 2214 一方裁ち すべてのパーツを生地の毛並みを同一の方向に合わ せて裁断すること。 2216 型入れ効率 マーカエリア全体の面積に対する型紙面積の総和の 割合。 2217 パーツ数 マーカ上の型紙の数。 2218 着分パーツ数 一着分に必要な型紙の数。 2219 ピースデータ コンピュータにおける型紙のデータ。 パーツデータと もいう。 piece data 2220 マーカデータ コンピュータにおけるマーキングのデータ。 marking data 2221 カットデータ コンピュータにおける自動裁断機を稼動するための データ。 cutting data 2222 ブロッキング 粗裁で型紙の周囲に一定量の余裕をつけること。 blocking 2223 柄合わせ 生地の柄に合わせて型紙の配列や裁断をすること。 2224 目立て 生地の編み目に合わせて型紙の配列や裁断をするこ と。 2225 ミニチュアマーカ図 縮小した型入れ図。 3 延反 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 2301 解反 巻かれた状態の生地をほどいて折り畳んだ状態にす ること。 2302 放反 解反又は延反した状態で,巻き取り時のひずみを少な くするためにそのまま置いておくこと。 5 L 0122:2003 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 2303 延反 裁断するために,必要な長さや重ね枚数に従って生地 を台の上に広げること。 spreading 2304 折り返し延反 ある延反する長さに対して往復した状態に重ねて延 反すること。 2305 一方向延反 生地の毛並みの方向を同一方向にそろえて延反する こと。 spreading in face to back 2306 耳揃え 自動裁断機のカット台上に取り込んだ延反した生地 の片方の耳を裁断機に合わせてセットすること。 2307 延反長 マーカ長に一定の余裕を加えて延反した生地の長さ。 spreading length 2308 重ね枚数 延反する生地の重ね枚数。 2309 下敷き紙 延反した生地の移動などを容易にするために下に敷 く紙。 2310 中敷き紙 延反の途中でロット変り,きず引きなどの目印のため に敷く紙。 2311 耳カット 耳つり(生地の両耳部がつっている状態)を解消する ために生地の両耳部に切込みをいれること。 2312 倍取り 指定マーカ長の倍の長さで延反をすること。 2313 上敷きシート 自動裁断で,バキューム効果を上げるのために延反し た生地の上に敷くシート。 2314 スプリットマーク 生地のきずが入った部分のマーク。 split mark 2315 中表重ね 2枚の生地を重ね合わせるとき,生地の表が内側にあ る状態。 face to face 2316 外表重ね 2枚の生地を重ね合わせるとき,生地の表が外側にあ る状態。 face one way 4 裁断 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 2401 裁断 生地を目的の形又は大きさに切ること。 cutting 2402 自動裁断 自動機械によって裁断すること。 automatic cutting 2403 竪刃裁断 竪刃裁断機(ナイフを機械的に上下動させる裁断機) を用いて,手動で裁断すること。 hand knife cutting 2404 バンドナイフ裁断 バンドナイフ(ループ状のナイフを機械的に回転させ る裁断機。 )を使用して,手で生地を移動し裁断する こと。 band knife cutting 2405 ナイフカット 刃物によって裁断すること。 knife cutting 2406 ウォータジェット裁 断 高圧の液体をノズルから噴出させて裁断すること。 water jet cutting 2407 ヒートカット 電熱線によって裁断すること。 heat cutting 2408 レーザカット レーザ光線によって裁断すること。 leser cutting 2409 手裁ち はさみなどを使って,手によって裁断すること。 hand cutting 2410 はさみ裁ち はさみを使って裁断すること。 shears cutting 2411 包丁裁ち 包丁を使って裁断すること。 2412 型抜き 刃型を使って生地を押し切りすること。 ダイカット 又は打ち抜きともいう。 dies cutting 2413 粗裁ち 柄,布目を合わせるなどの目的で正確に裁断する前に 所要の大きさに裁断すること。 rough cutting 2414 本裁ち 最終目的の形状に正確に裁断すること。 cutting out the pieces 2415 大裁ち 裁断作業での生地の取扱いを容易にするため所要の 長さに裁断すること。 6 L 0122:2003 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 2416 小裁ち 大裁ち又は粗裁ちされた裁断布を正確に裁断するこ と。 cutting out the small pieces 2417 バイアス裁ち 斜め方向に裁断すること。 bias cutting 2418 横裁ち 横方向に裁断すること。 weft cutting 2419 耳裁ち 生地の耳部を利用した裁断をすること。 2420 1枚裁ち 生地を重ね合わせないで,1枚で裁断すること。 2421 重ね裁ち 生地を重ね合わせて,裁断すること。 2422 広げ裁ち ダブル幅の生地を広げた状態で延反し,裁断するこ と。 2423 ダブル裁ち ダブル幅の生地を幅方向に中表に折り畳んだ状態で 延反し,裁断すること。 2424 別裁ち 種々の目的のために別に裁断すること。 2426 対称裁断 えりなど裁断精度を要する場合で,上下及び左右が対 称となるような順に裁断すること。 2427 クリップ止め 裁断布を移動などする場合,ずれ防止のためにクリッ プで止めること。 2428 スタンピング チャコ,パウダーなどで裁断布に印入れをすること。 stamping 2429 Iノッチ 縫い代の内側に入るスリット状の合い印。 I notch 2430 Vノッチ 縫い代の内側に入るV状の合い印。 V notch 2431 凸ノッチ 縫い代の外側に出る三角状の合い印。 convex notch 2432 角切 パーツの方向が分かるように角を切り落とすこと。 2433 裁断布 所定の形に裁断された生地。 断品,パーツ,布地とも いう。 cutted fabric 2434 きず引き 裁断布にきずがある場合,該当する裁断布一着分を取 り外すこと。 2435 裁ち替え きずのある裁断布だけを裁ち替えること。 2436 残反 裁断したあとの残った生地。 フェンツともいう。 2437 裁断屑 裁断後,不要となった布のあまり。 2438 目打ち 1.裁断のとき,パーツ内部の位置の印入れ。 ドリル ホールともいう。 2.先のとがった縫製用器具。 awl 2439 裁ち目 裁断地の切口。 cut edge 2440 共布 同一の生地。 same fabric 2441 カットワーク 本体に付けたレースなどの縁に沿って,身生地を切り 抜くこと。 cut work 2442 ピンキング 裁ち目をのこぎりの歯形などのように切ること。 pinking c ステッチ 1 ステッチ形式 備考 用語,クラス,定義及び対応英語は,JIS L 0120(ステッチ形式の分類と表示記号)によっ ている。 番号 用語 クラス 定義 対応英語 (参考) 3101 ステッチ 糸又は糸のループが,自糸ルーピング,他糸ルーピン グ,他糸レーシングし,又は布の中に入り若しくは布 を通り抜けてできる形態の1単位。 stitch 7 L 0122:2003 番号 用語 クラス 定義 対応英語 (参考) 3102 単環縫い 100 1本以上の針糸で形成し,自糸ルーピングを特徴とす るステッチ形式。 一つ又はそれ以上のループが布を通 り抜け,その後に次のループと自糸ルーピングしてス テッチ形式を構成する。 chain stitch 3103 手縫い 200 もともと手縫いで作ることを特徴とするステッチ形 式。 糸は,1本の線で布を通り抜け,その外側を通る 糸の1本の線でステッチ形式を構成する。 hand stitch 3104 本縫い 300 二つ又はそれ以上の糸のグループで形成し,それらの グループの糸が他糸レーシングすることを一般的な 特徴とするステッチ形式。 一つのグループの糸のルー プが,布を通り抜けて他のグループの1本又はそれ以 上の糸とステッチ形式を構成する。 lock stitch 3105 二重環縫い 400 二つ又はそれ以上の糸のグループで形成し,二つのグ ループの糸が他糸ルーピングすることを一般的な特 徴とするステッチ形式。 一つのグループの糸のループ は,布を通り抜けて他のグループの糸のループと他糸 レーシング及び他糸ルーピングをしてステッチ形式 を構成する。 multi-thread chain stitch 3106 縁かがり縫 い 500 一つ又はそれ以上の糸のグループで形成し,少なくと も一つのグループの糸のループが布の縁端を回って いるのを一般的な特徴とするステッチ形式。 一つのグ ループの糸のループは,布を通り抜け,次のループが これを通り抜ける前に自糸ルーピングしてステッチ 形式を構成し,又は布を通り抜けたグループの次のル ープがこれを通り抜ける前に,既に他糸ルーピングし ている他のグループの糸のループと他糸ルーピング してステッチ形式を構成する。 over-edge chain stitch 3107 偏平縫い 600 二つ又はそれ以上の糸のグループで形成し,それらの グループの中の二つのグループの糸が布の表裏両面 を飾るのを一般的な特徴とするステッチ形式。 第一の グループの糸のループは, 既に布の上面にできてい る第三のグループの糸の中に入って,これを貫通し, その下面で,第二のグループの糸のループと他糸ルー ピングしてステッチ形式を構成する。 参考 このステッチ形式の唯一の例外はJIS L 0120の 601であり,これは,二つのグループの糸だけ が使われ, 第三のグループの糸の働きは, 第 一のグループの糸の中の1本によって行う。 covering chain stitch 2 その他 備考 用語,定義,対応英語及び定義の中で示している例は,JIS L 0121(シームの分類と表示記 号)によっている。 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 3201 すくい縫い 布の表面に縫い目を現さないように,その厚みの間を すくうようにして縫うこと。 例 5. 01 blind stitch 3202 千鳥縫い 連続して千鳥形に縫う縫い方。 ジグザグ縫いともい う。 zigzag stitch 8 L 0122:2003 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 3203 返し縫い 1 手縫いによる運針の戻る縫い方。 JIS L0120-付図2 の205の縫い方。 2 ミシンの返し縫い装置を操作して後進縫いを行う こと。 revers stitch 3204 安全縫い 縁縫いに隣接して,合せ縫いが同時に独立して形成さ れる縫い方。 safety stitch d シーム 1 目的による縫い 備考 定義の中で示している例は,JIS L 0121による表示記号である。 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 4101 シーム 1枚又は数枚の布地にステッチを連続的に施したも の。 縫い目ともいう。 seam 4102 地縫い 2枚以上の布地を中表に合わせて裏の方から一緒に縫 い合わせること。 例 1. 01 plain seam 4103 伏せ縫い 縫い代の押さえとほつれ止めを兼ねた縫い方の一種 で,平伏せ縫いともいう。 1 縫い代を片返しにし,内側になる縫い代を適切に 切り落とし,外側になる縫い代だけに表布を縫い付け る縫い方。 2 縫い代を片返しにして裏布に縫い付ける縫い方。 例 2. 03・2. 02 welt seam 4104 半伏せ縫い 一方の布地だけ縁を二つ折りにしてはぎ合わせる縫 い方。 lapped seam 4105 折り伏せ縫い 縫い代の押さえとほつれ止めを兼ねた縫い方の一種。 1 縫い代の一方を適切に切り落とし,それを包むよ うに他の方の縫い代を折り返し,その折り山のすぐ際 を縫って表布に縫い付ける縫い方。 2 縫い代の一方を適切に切り落とし,他方の縫い代 をそれに突き合わせるように折り返し,その折り山の すぐ際を縫って,表布に縫い付ける縫い方。 例 2. 01 flat fell seam 4106 両伏せ縫い 縫い代の押さえとほつれ止めを兼ねた縫い方の一種。 一方の布地の端を裏に折り,その折り山を他方の布地 の印に合わせておき,その折り山のすぐ際を縫って2 枚の布地を縫い合わせ,次に折り返した布地の縫い代 を適度に切り落とし,他方の布地の端をそれに突き合 わせるように折り返し,一方の布地に縫い付ける縫い 方。 例 2. 01 fell seam 4107 巻き伏せ縫い 2枚の布地の端を相互に巻込むように縫うこと。 例 2. 01〜08 4108 割り伏せ縫い 縫い代の押さえとほつれ止めを兼ねた縫い方の一種。 縫い代を左右に割り,その縫い代を更に内側に折り返 して表布に縫い付ける縫い方。 top stitched seam 4109 割り押さえ縫い 縫い代を左右に割り,裁ち目のまま表布に縫い付ける 縫い方。 例 4. 03 double top seam 9 L 0122:2003 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 4110 はさみ縫い 2枚の布地の間などに他の布地又はひもを挟んで縫う こと。 piped seam 4111 はさみ端縫い 2枚の布地の間などに他の布地を挟んでその端を縫う こと。 edge-stitched piped seam 4112 はぎ 布地をつなぎ合わすこと。 はぎ合せともいう。 joining 4113 割りはぎ 布地のはぎ合せの一種で,2枚の布地を中表に合わせ 地縫いした後,縫い代を左右に割り縫い合わせるこ と。 例 4. 03 open seam 4114 重ねはぎ 布地のはぎ合せの一種で,2枚の布地の端を重ね合わ せてはぐこと。 例 2. 01 4115 突き合せはぎ 布地のはぎ合せの一種で,2枚の布地の端を突き合わ せてはぐこと。 例 4. 01 4116 突き合せ千鳥はぎ 千鳥縫いで行う突き合せはぎ。 butted zigzag seam 4117 袋縫い 2枚の布地を外表に合わせて縫い合わせ後,裏に返し, 裁ち目を中に包むようにして縫うこと。 例 1. 03 french seam 4118 合せ縫い 2枚以上の布地を合わせて縫うこと。 over lapped seam 4119 重ね縫い 2枚以上の布地を重ねて縫うこと。 super imposed seam 4120 突き合せ縫い 布地の端を双方から突き合わせた状態に縫うこと。 butted seam 4121 毛抜き縫い 布地の折り端を毛抜き合せにして縫うこと。 4122 飾り縫い 1 縫い構成が装飾を主とした縫い方。 2 布地の表に出る縫い目の線が飾りとして用いられ る縫い方。 1 decorative stitch 2 top stitch 4123 コーディング ひも付け押さえを用いて,布地の上にししゅう糸,ひ もなどを縫い付けること。 例 5. 01 cording 4124 ピコット 環状又はギザギザ状の縁飾り。 picot stitch 4125 サテンステッチ 千鳥縫いで,送り量を少なくし,上糸を並べ埋めた縫 い目。 satin stitch 4126 スカラップステッチ 点線模様縫いや,千鳥縫いの一種で,円弧状の縫い目。 scallop stitch 4127 こばステッチ 布地の折り端の飾り縫い。 plain seam, top stitch 4128 二重縫い 同じ縫い目を重ねて二度縫うこと。 例 1. 01 double stitched seam 4129 二条縫い 平行にして二条に縫うこと。 例 1. 03 4130 段差縫い 縫い代幅を違えて行う地縫い。 例 1. 01 4131 ファゴティング 2枚の布地の端を一定の間隔をおいて向かい合わせ, その間を点線千鳥縫いや点線模様縫いなどの縫い目 を用いて,つなぎ合わせる装飾的な縫い方。 例 4. 01 fagoting 4132 仮縫い 仮に縫うこと。 注文服では体に合わせて補正するた め,しつけ糸で仮に縫うこと。 basting 4133 つくろい縫い 布地の損傷した箇所をつくろう縫い方。 1 千鳥縫いを送り量を少なくして縫う縫い方。 2 直線縫い,返し縫いを交互に繰り返す縫い方。 10 L 0122:2003 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 4134 押さえ縫い 縫い合わせた布地を押さえるために縫うこと。 例 2. 03・2. 01〜07 lapped seam 4135 片倒し押さえ縫い 縫い代を片側へ倒し,起き上がらないように押さえる ために縫うこと。 4136 へミング すそを折り返して縫い止めること。 hemming 4137 当て縫い 当て布などを当てて縫うこと。 attaching a facing 4138 つまみ縫い 布地を裁ち切らずにつまんでタック状にして縫うこ と。 tucked seam 4139 通し縫い ある部分からある部分までを連続して縫うこと。 stitching through 4140 補強縫い 補強のために縫うこと。 reinforcing seam 4141 伸び止め縫い 布地の伸びを止めるために縫うこと。 stay stitching 4142 回り縫い 周囲を一周して縫うこと。 round stitching 4143 角縫い 角の部分を縫うこと。 corner stitching 4144 先縫い 鋭角の部分を縫うこと。 sharp corner stitching 4145 落とし縫い 地縫いして返したところに表から縫い目が分からな いように縫うこと。 落としミシンともいう。 例 3. 01・4. 03 concealed seam under stitching 4146 額縁縫い 角の縫い方の一種で,でき上がった状態が額縁の角の ように縫い線が形成される縫い方。 mitering 4147 せっぱかがり 穴糸などを鎖状にしたもので,あきみせの飾り止めに 用いる。 sewing sham buttonholes 4148 穴かがり 穴状になった部分をほどけないようにかがり始末し た縫い方。 holing 4149 ボタン穴かがり ボタン穴にかがること。 眠り穴かがり,はとめ穴かが りなどがある。 button holing 4150 丸穴かがり 丸穴にかがること。 菊穴かがりともいう。 making eyelet 2 裁ち目の始末 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 4201 縁縫い 布地の縁の部分をほつれ防止又は飾りの意味を加味 して縫い合せを行う縫い方。 へり縫いともいう over edging 4202 玉縁縫い 布地の裁ち目を玉縁布によって縫い包むこと。 例 3. 01・3. 01〜09・3. 01 4203 パイピング 布地の縁に別布をパイプ状に縫い付けること。 例 1. 01〜03 piping 4204 コードパイピング コード(しん)を入れたパイピング。 例 1. 01・1. 01 cord piping 4205 バイアス縁どり縫い バイアス布を使って縁縫いをすること。 bound seam with bias strip 4206 くるみ縫い 布地の端を三つ折りにして,その折り代に他の布地の 端を挿入して折り代の上から縫うこと。 4207 二つ折り縫い 布地の端を二つ折りにして縫うこと。 例 6. 01 filling seam 4208 三つ折り縫い 布地の端を三つ折りにして縫い付けること。 例 6. 01・6. 08 three fold seam 4209 四つ折り縫い 布地の両端を内側に折り,その両端の折り代を中側に なるように重ね,上から縫うこと。 four fold seam 4210 四つ折り端縫い 布地の端を四つ折りにして縫うこと。 例 6. 01 four fold edge seam 11 L 0122:2003 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 4211 巻き縫い 布地の端を少し折り返し,内側に巻き込むように縫う こと。 ラッパ(巻具)を使用することがある。 例 1. 01 rolled seam 4212 三つ巻き縫い 三つ巻き押さえなどを用いて布地の端を三つ折りに しながらその上を縫い止めること。 例 6. 01 4213 合せ三つ巻き縫い 2枚の布地の裁ち目を重ね,5〜10 mm内側に巻き込 み,その上から縫うこと。 例 1. 01・1. 02 4214 太三つ巻き縫い 折り代部分の広い三つ巻き縫い。 4215 端縫い 布地の裁ち目を折り返し,その折り山の際を縫うこ と。 端ミシンともいう。 4216 捨て縫い 1 縫い代の始末の一種で,縫い代を折らずにその裁 ち目の際を縫うこと。 例 6. 01 2 本縫いで縫う前にあらかじめ一部を縫っておくこ と。 捨てミシンともいう。 例 1. 01 4217 ほつれ止め 布地の裁ち目などをほつれないように始末すること。 4218 すそ引き 布地の端を折り曲げ,縁縫いミシンなどによって行う すその始末。 例 6. 01 blind over edging 4219 かがり縫い 布地の端のほつれを止めるために縫うこと。 over casting 4220 裁ち目かがり 裁ち目のかがり縫い。 縁かがり,千鳥かがりがある。 serging 3 まつり・刺しなど 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 4301 まつり 布地の織り糸1本をすくうように,表に糸をほとんど 出さなようにする縫い方。 普通のまつりは縫い目は斜 めになる。 例 6. 03 blind stitch 4302 まつり縫い まつること。 blind stitching 4303 手まつり まつりを手縫いによって行うこと。 hand blind stitch 4304 機械まつり まつりを機械によって行うこと。 machine blind stitch, hemming stitch 4305 たてまつり 糸足を目立たせずに縫い目を縦にしてしっかり止め るまつり方。 主に裏付きの場合の裏始末に用いる。 slip stitch 4306 千鳥まつり 千鳥状のまつり。 blind zigzag stitch 4307 奥まつり 布地の折り山から少し入ったところに行うまつり。 blind felling stitch 4308 渡しまつり 布地の端を折った2枚の布地を突き合せにして止める まつり。 はしごまつりともいう。 例 4. 01 whip stitch 4309 刺し縫い 2枚以上の布地を動かないようにするため,又はカラ ーやラペルなどにしん(芯)を止めて,一定の方向へ の弾力をもたせるために施す縫い方。 pad stitch 4310 ハ刺し 2枚以上の布地をすくい縫いによる刺し縫いする縫い 方。 例 5. 01 diagonal padding seam 4311 手刺し 手縫いによる刺し縫い。 hand padding 12 L 0122:2003 4312 星縫い 表面に糸をあまり現さないで,2枚又は数枚の布地を 動かさないようにする縫い方。 星止めともいう。 4313 本星 表から裏まで,糸を抜き通し,表裏とも返し縫いで止 める星縫い。 抜き星ともいう。 4314 すくい星 表から裏に糸をすくい,表側だけ返し縫いで止める星 縫い。 4315 はな(端)星 背広などの前端に使う星縫い。 4316 奥星 身返しなどの奥に行う星縫い。 4 その他 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 4401 割る 縫い代を左右に開くこと。 seam opening 4402 縫い割り 縫い合わせてその縫い代を割ること。 seam opening 4403 ひだとり ひだを作ること。 ruffing 4404 プリーツ 布地に加工することによって作ったひだ又は折り目。 pleat 4405 片ひだ 片方から寄せて作ったプリーツ。 side pleat 4406 両ひだ 中心に向かって左右から寄せて作ったプリーツ(裏側 が箱ひだになっている。 inverted pleat 4407 箱ひだ 折り山が裏で突き合わせになったプリーツ。 box pleat 4408 ダーツ 一端又は両端を縫い消して,平面を曲面化するつま み。 前,後,わき,胸,肩,ウエストダーツなどがあ る。 dart 4409 タック 布地をつまんで作ったひだで,ダーツのように縫い消 さないもの。 tuck 4410 ピンタック 布地の折り山の際を縫って作った細いタック。 pintuck 4411 シェルタック 貝がらを直線に並べたようなタック。 shelltuck 4412 シャーリング 一定の間隔をおいて2本以上の縫い目で布地を縫い縮 め,不規則な波形のひだを作ること。 shirring 4413 ギャザー 布地を細かく縫い縮めた状態。 gather 4414 スモック 布地を細かく縫い縮めて糸で止めながら作った,飾り のひだ。 smock 4415 スモッキング 布地をシャーリングした後,その上から装飾のため, ジグザグ模様縫いなどで,模様を縫い付けること。 smocking 4416 縫い返し 縫って布地を返すこと。 stitch and turn 4417 折り返し 衣服のすそなどの折り代を折ること又はその折り代。 4418 縫い代さらい 合せ縫いの後に,縫い代を少なめに切り落とすこと。 grading a seam allowance 4419 段差カット 2枚の縫い代による厚みを減らすために,1枚の縫い 代をカットすること。 4420 裁ち合せ 粗断ちされた布地をパターンに合わせ裁断しなおす こと。 4421 角出し すっきりと角度をだすために縫い代を中から押し出 すこと。 4422 先出し 先端がとがるよう縫い代をカットし,中から押し出す こと。 pointing 4423 角とり バイアスを方向転換するとき,角度を正確に出すこ と。 chamfer 4424 どんでん返し 袋状に縫って,表側にひっくり返すこと。 turn back 4425 縫い消し ダーツなどの地縫いのとき,布端に斜めに縫いながら 自然に布端で縫い止めること。 4426 しつけ 2枚以上の布地を仮止めすること。 baste 4427 切りびつけ 正確に縫うための糸による印。 thread marker 13 L 0122:2003 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 4428 ぐし縫い ギャザー,いせなどを入れるため,あらかじめ布地を 縫っておくこと。 4429 とじ 2枚以上の布地をまとめ,縫い合わせること。 joining 4430 中とじ 衣服の表地と裏地などを中側でとじること。 4431 止め縫い 止めておくための縫い。 4432 しん止め しん地を止めること。 4433 しんすえ 前身ごろの表地にしん地を据えること。 4434 しつけ止め しつけ縫いによる止め。 4435 まつり止め まつり縫いによる止め。 4436 くさり止め 糸をくさり状にして止めること。 4437 せっぱ止め 穴糸又は地縫い糸を用い,2枚の布を間隔をもたせて 止めること。 4438 かんぬき止め 縫い目がほどけやすい箇所やポケットなどのあき止 まりの部分を補強するための縫い。 かん止めともい う。 bar tacking 4439 仮止め 仮に止めること。 temporal tacking 4440 ふらし 止め付けや,はり(貼)付けをせずに浮かせておくこ と。 4441 毛抜き合せ 縫い返した縫い目が毛抜きのように,おがみ合せにな ること(表裏の折り山がそろうようにすること。 4442 もみ出し 中まで入っている縫い目を表から見える位置まで手 で押し出すこと。 4443 くせとり 布地を立体化するために,伸ばす,追い込み,いせる などによって布地を変形させる操作。 forming 4444 いせ 布地を立体的にするためタックやギャザーにならな いように布地の一定方向の寸法を短くすること。 edging contracting, ease 4445 追い込み いせる作業をするとき,布地の奥行をもって行うこ と。 4446 ころし 布地を,プレスなどによって目的の形になじませてセ ットすること。 setting 4447 ひかえる 1 縫い代を少なくすること。 2 表裏に差をつけること。 4448 きせ 縫い返しで縫い目と折り目との差をつけ,ゆとりをも たせること。 例えば,背裏の中心などに用いる。 fullness 4449 きせかけ きせをつけること。 4450 根巻き ボタンを浮かして付けるとき,糸足に糸を巻き付ける こと。 wind thread shank 4451 融着縫製 縫いに代わり高周波などを利用して縫製すること。 e プレス 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 5001 プレス スチーム,電熱などを利用して,布地をこてなどの間 に挟んで,適度な圧力をかけることによって折り曲 げ,くせとり,しん地の接着,仕上げなどを行うこと。 press 5002 仕上プレス 衣服の製造工程の最後に行うプレス。 finish up press 5003 中間プレス 衣服の製造工程中に行うプレス。 under press 5004 成型プレス 布地をこての型状に合わせて,立体的にするプレス。 moulding press 5005 くせとりプレス くせとりのためのプレス。 forming press 5006 しんすえプレス しんすえのためのプレス。 foregart forming press 14 L 0122:2003 5007 接着プレス しん地などを布地に接着するためのプレス。 ヒュージ ングプレスともいう。 fusing press 5008 割りプレス 縫い代を左右に開いた状態にするためのプレス。 5009 折りプレス 布地を折り曲げて,折り目を付けるためのプレス。 crease press 5010 返しプレス 地縫いした部分を返して,その縫い目を押さえて,形 を整えるためのプレス。 5011 セットプレス 形を整えるためのプレス。 set press 5012 パーマネントプレス 衣服に恒久的な形態安定性を与えるためのプレス。 permanent press 5013 スチーミング プレスの作業条件の一つで,加湿,加熱のために蒸気 をふかすこと。 steaming 5014 べーキング プレスの作業条件の一つで,熱処理のため加熱を行う こと。 baking 5015 プレッシング プレスの作業条件の一つで,加圧をすること。 pressing 5016 バキューミング プレスの作業条件の一つで,空気を吸引することによ って除湿,冷却を行うこと。 vacuuming 5017 ブローイング プレスの作業条件の一つで,空気を噴き出すことによ って除湿,冷却を行うこと。 blowing 5018 クーリング プレスの作業条件の一つで,冷却すること。 cooling f 縫製システム 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 6001 縫製 1 裁断から縫い,仕上げまでの全体の作業。 2 上記 1 のうち,裁断と仕上げを除いた作業。 1 sewn products manufacturing 2 sewing room operation 6002 縫製作業システム 縫製現場での作業のための仕組み。 sewing operation system 6003 丸上げ 分業しないで一人で縫製する方式。 1着分をまとめて 流すシステム。 block system 6004 シンクロシステム 全体の作業を同期化し,作業者のもち時間を均一化し た作業のシステム。 synchro-flow system 6005 バンドルシステム 分業によって作業をするもので,品物が束ねられて流 されるシステム(バンドルはひもなどで束ねたものの 意味。 bundle system 6006 コンベヤシステム 工程間の搬送をコンベヤで行うシステムでベルトコ ンベヤシステム,ハンガコンベヤシステムがある。 conveyer system 6007 セレクタコンベヤシ ステム 工程間の搬送で行先を選ぶことができる機能をもっ たコンベヤシステム。 selector conveyer 6008 組作業 少人数のグループ編成で一人の熟練者を中心とした グループごとに作業を完了するシステム. group system 6009 QRSシステム 複数の立ミシンによって構成されるワークステーシ ョンと1着分の全パーツを搭載したハンガを使用し, 少人数で行うシステム。 quick response sewing system 6010 モジュラーシステム 少人数の編成(15名程度)の生産方式で,個々の作業 量の過不足をグループ内で調整する。 チームソーイン グともいう。 modular manufacturing sewing system 6011 ユニットプロダクシ ョンシステム セレクタコンベヤを用いた生産方式で,ハンガに搭載 されたパーツ又は半製品をユニットとして流すシス テム。 ラインバランスは監督者が調整する。 UPS unit production system 6012 立ミシン生産システ ム 少人数で立ミシンを使用し,工程順に設備を横並びで U字形に配置したシステム。 15 L 0122:2003 g 欠点 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 7001 縫い外れ 布地の端を縫うとき,縫い目が布地から外れること。 missing stitch 7002 目とび 縫い目の構成において,糸のからみ合いが行われない こと。 縫いとびともいう。 skipping stitch 7003 糸切れ 縫い糸が切れていること。 broken thread 7004 糸のささくれ 縫い糸がささくれていること。 hangnail of sewing thread 7005 縫い目曲がり 縫い目が所定の方向でなく曲がったもの。 seaming bow 7006 縫いずれ 重ね合わせて布地を縫ったときの各々の布地のずれ。 sewing slippage 7007 縫い縮み 縫うことによって布地が縮むこと。 shrinkage by sewing 7008 ピリ 縫い縮み。 縫いずれによって縫い目の近辺に部分的に 発生する細かいつれ,しわ。 7009 シームパッカリング 縫い目の近辺に発生する縫いじわがやや規則的に続 いたもの。 seam puckering 7010 運針不足 縫い目数が基準値より少ないもの。 7011 縫い目笑い 糸締まりが悪いため,縫い目が割れて縫い糸が見える もの。 seam grinning 7012 縫い目パンク 縫い目に力がかかったときに,縫い代不足,縫い糸切 れなどによって縫い目が外れること。 blank stitch 7013 縫い目スリップ 縫い目に力がかかったときに,その部分の布地の構成 糸が動いて縫い目が開いたり,縫い代が抜けること。 slipping seam 7014 縫い目滑脱 縫い目スリップの同義語。 7015 縫い目伸度不良 布地の伸びに縫い目が対応できないもの。 7016 縫い目ほつれ 縫い糸がほどけているもの。 seam bray 7017 喰いつき(つまみ縫 い) 縫い目の一部へ他の部分を巻き込み,つまんだように 縫われたもの。 7018 ラン 1 編み目切断部分からウェール方向に出たはしご状 のきず。 伝線ともいう。 2 縫い代又は縫い目から布地組織に横方向へ走った 筋又はほつれ。 run 7019 地糸切れ 縫製時のミシン針や送り歯によって布地の構成糸が 切断されること。 broken material 7020 針穴きず 針が通された後のきず。 needle hole damage 7021 針あとのこり 縫い直し,しつけ縫いなどによって布地の構成糸は損 傷していないが,針穴のあとが目立つもの。 needle mark 7022 糸始末不良 縫い始め,縫い終わりの糸端の切り忘れで,長いもの 又は切り残しが不適切なもの。 7023 縫い継ぎ不良 縫い継ぎの部分の重なりがないか,少なくてほつれの おそれのあるもの又はその外観不良のもの。 thread joint sewing defects 7024 縫い糸調子不良 縫い目がふぞろい又は上下糸の結節点の位置が偏っ ていたり,乱れていて見苦しいもの。 thread tension defect 7025 縫い止め不良 縫い始め,縫い終わりのほつれ止めを忘れたもの,不 完全なもの,又はその外観の劣るもの。 7026 メス切れ不良 メスの切れ味が悪く,切り口がささくれて見苦しいも の。 trimmer defect 7027 縫い代倒し不良 アイロン,プレスの押さえが弱く,縫い代が十分に倒 れていないもの又は倒した方向が違っているもの。 7028 縫い代不良 縫い代の過不足で機能不良が生じたもの(スリップな ど)。 16 L 0122:2003 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 7029 折り代不良 折り代の過不足で外観不良が生じたもの(縫い目のご ろつきなど)。 7030 糸返り 縫い針の貫通時の力によって布地の構成糸が回転し て裏面の糸が表面に向いて起こる筋。 thread return 7031 糸ひけ 縫い針,裁断器具などによって糸の一部が移動して, 光沢異状や柄くずれをおこしたもの。 weaving thread lift 7032 送り歯きず ミシンで布送りのときにできる送り歯のきず。 feed dog defect 7033 押さえ金きず 押さえ金具のきず,又は押さえ金の圧力が強すぎるた め,発生するきず。 7034 甘いえり返り えりが正常な返り止まり位置で折り返らず,止まり位 置より上部に緩く返った状態。 7035 辛いえり返り えりが正常な返り止まり位置で折り返らず,止まり位 置より下部にきつく返った状態。 7036 そでの進み そでが正常な位置より前向きに付いているもの。 7037 そでの逃げ そでが正常な位置より後ろ向きに付いているもの。 7038 前身の拝み 前身ごろの打合いが正常な打合い位置より重なりす ぎているもの。 7039 前身の逃げ 前身ごろの打合いが正常な打合い位置より開きすぎ ているもの。 7040 前身の泳ぎ 身ごろの前端が波打っているもの。 front curling 7041 つきじわ 背えりみつ付近に現れるつき上げられたように見え るあまりじわ。 creases in neck piece 7042 たすきじわ ネックポイントよりわきへかけて斜めに出るたすき を掛けたようなしわ。 diagonal deep creases of body 7043 だきじわ 身ごろのそでぐりやわき下付近におこる斜めじわ。 diagonal deep creases of side 7044 裏地のふき出し すそ及びそで口の裏地が表地より長く出ているもの。 7045 スラックスの歩き スラックスをつり下げてわき側から見たとき,両脚部 分が重ならないこと。 off balance setting for trousers 7046 えくぼじわ そで山及びダーツ先端に発生する不自然なくぼみ。 dimple wrinkle 7047 しんすえ不良 しん地の位置及び付け方が不適正なためにおこる形 態不良。 inferiority in basting interlining 7048 いせ込み不良 いせ込み部分のシームパッカリング及び形態不良。 badness of contracting 7049 チョークマーク 布地の表面をこすったり,しわにすることによってで きるチョークで書いたような筋 又は しわ状のあと。 chalk mark 7050 ウォータスポット 水滴あとやしみ抜きあとなどが,輪郭の付いたむら 又はしみとなって残ったもの。 water spot 7051 スナッギング 布地をこすったとき,布地の構成糸の一部が布地の本 体から引っ張り出された状態。 snagging 7052 プレス当たり 1 布地表面がプレスやアイロンによって目つぶれ し,光沢又は色相変化がおこっているもの。 テカリと もいう。 2 しん地,縫い代などの重なり部分に段差が見える もの。 pressing mark 7053 アイロン焼け プレスやアイロンによる変色 又は 風合いが硬くな ること。 7054 モアレ プレス条件が不適正な場合又は裏地,しん地の選定不 良の場合などにみられる布面のもく 杢 目模様。 moire 7055 プレス収縮 プレスやアイロンによって収縮したもの。 shrinkage by pressing 17 L 0122:2003 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 7056 接着剤のしみ出し 接着しん地の接着剤が表地などの表面ににじみ出し てくること。 strike through 7057 接着剤の逆しみ 接着しん地の接着剤がしん地の裏側ににじみ出てる こと。 そのため,このしん地に接する他の素材などを 接着することもいう。 strike back 7058 部分はく 剥 離 接着条件などが不適正なため,部分的に接着されてい ないところがあること。 partial peeling-off 7059 樹脂うつり 表地などの組織のすき間から接着剤がすけて見える こと。 dot-through 7060 表面あれ しん地の表面及び接着剤の大きさによって布地の表 面が凸凹になったり表面状態が荒れてみえること。 resin embossing impression orange peal 7061 色ちがい パーツ間又はパーツ内で色差のあるもの。 7062 地の目通し不良 スラックスのセンタやハギ目など必要部に地の目が 通っていないもの。 7063 リンキング不良 リンキングにおいて目刺しはずれ,刺し目のうき,縫 糸の糸切れなどが生じたもの。 h 副資材関連 1 裏 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 8101 裏地 衣服の裏に使用する布地又は生地の総称。 lining 8102 総裏 背広服,コートなどで,身ごろの全体に裏地を付ける 仕立て方。 full lining 8103 背抜き 背広服,コートなどで,裏地を前身ごろには全部,後 身ごろには肩の部分にだけ付ける仕立て方。 skeleton back 8104 半裏 背広服,コートなどで,前身ごろ,後身ごろとも裏地 が丈の半分の長さの仕立て方。 half lining 8105 背裏 背の部分に付ける裏地。 back lining 8106 胴裏 身ごろに付ける裏地。 body lining 8107 そで裏 そでに付ける裏地。 sleeve lining 8108 前裏 前身ごろに付ける裏地。 front lining 8109 肩すべり 肩の部分に付ける裏地。 yoke lining 2 しん 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 8201 しん地 衣服の保型や補強などに使用する布地の総称。 interlining 8202 接着しん 接着剤を付けたしん地。 仮接着しん,恒久接着しんな どがある。 fusible interlining 8203 ふらししん 接着剤を使用しないしん地。 8204 織物しん 織物のしん地。 woven interlining 8205 編物しん 編物のしん地。 knitted interlining 8206 不織布しん 不織布のしん地。 nonwoven interlining 8207 フェルトしん フェルトのしん地。 felt padding 8208 毛じん 毛織物のしん地。 hair canvas 8209 麻しん 麻織物のしん地。 linen canvas 8210 ばすしん 馬の尾の毛をよこ糸に使ったしん地(合織ばすしんは 合成繊維を使ってこれに似せたもの。 horse hair canvas 8211 綿しん 綿織物のしん地。 8212 加工糸しん 加工糸織物のしん地。 18 L 0122:2003 8213 作りしん ベースしんに必要な増しじんを加えて複合したしん。 加工しんともいう。 traditional canvas 8214 ベースしん しん地を2枚以上使う場合の基礎となるしん地。 台し んともいう。 base canvas 8215 増しじん 補強,張りをだすなどのためにベースしんの上に増し 添えるしん地。 添えしんともいう。 piece canvas 8216 補強しん 補強のために使うしん地。 reinforcement 3 ボタン・ファスナなど 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 8301 留め具 開閉具のボタン,ファスナなどの総称 8302 ボタン 衣服のあきを合わせて留めるために,片方の布地に縫 い付ける円形状などのもの。 button 8303 力ボタン ボタン付けを丈夫にするための補強用ボタン。 support button 8304 ドットボタン 凸型と凹型の一組の金属製のボタン。 dot button 8305 スナップ 凸型と凹型の一組の小さい留め具。 snap 8306 フック かぎ状の引っかけ金具。 ホックともいう。 hook and eye 8307 尾錠 ベルト状の物を留めたり,締め付けるための金具。 8308 はとめ 帽子などに付ける小さな穴のあいた金具。 eyelet 8309 ファスナ むし(務歯)を植え込んだ布テープをスライダで開閉 するもの。 ジッパー,チャックともいう。 fastener 8310 スライドファスナ ファスナの同義語。 slide fastener 8311 面ファスナ パイルを利用した離着自由のテープ。 Hook-and-Loop fastener 8312 前かん スラックスの前上部などに使う留め金。 front hook 8313 スピンドルストッパ スピンドルの中間に取り付けて長さを調整するもの。 8314 ループエンド スピンドルの先端に付ける飾り。 4 テープ 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 8401 テープ 衣服に使用する細幅の布地などの総称。 tape 8402 ストレートテープ 布地の縦方向に取ったテープ。 straight tape 8403 バイアステープ 斜めに裁断したテープ。 half bias tape 8405 伸び止めテープ 伸びを防ぐために使用するテープ。 stay tape 8406 中打ちテープ バイアステープの中央にストレートテープを縫い付 けたテープ。 8407 端打ちテープ バイアステープの端にストレートテープを縫い付け たテープ。 8408 ストレッチテープ ポリウレタン弾性糸を使用したニットテープ。 stretch tape 8409 スピンテープ シャツ,セータなどの肩の部分の伸びを止めるテー プ。 spin tape 8410 縁取りテープ 装飾や裁ち目の始末などに使用するテープ。 trimming tape 8411 パイピングテープ 布地の縁にパイプ状に縫い付けるテープ。 piping tape 8412 ななこ(斜子)テー プ ななこ(斜子)組織でできたテープ。 8413 伏せテープ 伏せ縫いの縫い代などを処理するためのテープ。 seam binding tape 5 その他 番号 用語 定義 対応英語 (参考) 8501 スカラップ ほたて貝の貝がらに似せた波状模様又は縁取り。 scallop 19 L 0122:2003 8502 アップリケ 布地の上にいろいろな形に切った小布,フェルト,革 などを載せ,その縁のまわりを縫い付けること又はそ れを縫い付けたもの。 sleek 8504 肩パッド 上衣などの肩の部分に入れる詰めもの。 shoulder pad 8505 カラークロス 地えりに使う専用の布地。 collar cloth 8506 ゆきわた そで山の形をよくするために使うもの。 sleeve wadding 8507 えりつり 上衣,コートなどをつるすためのテープ又はくさり。 hanging tape, chain hanger 8508 まち 衣服の機能性やデザイン性を向上するために用いる 三角,菱形などの布地。 gusset 8509 当て布 ある部分を補強する目的で別に当てる布地。 filler cloth 8510 力布 ポケット口やボタン付けを丈夫にするために裏に当 てる布地。 stay cloth 8511 ひざ当て ひざの部分に当てる布地。 knee patch 8512 向こう布 ポケットの内側の袋地に付ける布地。 pocket facing 20 L 0122:2003 附属書(規定)和服の縫製用語 1. 適用範囲 この附属書は,和服の縫製に関する主な用語について規定する。 分類 用語の分類は,次による。 a 縫製準備工程 b 縫製工程 c 仕上げ工程 3. 用語及び定義 用語及び定義は,次による。 a 縫製準備工程 番号 用語 定義 参考 9101 地直し 布のたて糸よこ糸の方向を正し,耳糸のつれをなくす こと。 9102 地詰め 縫製工程又は着用中に布が収縮を生じないよう,あら かじめ無理に延ばされている布を元に戻すこと。 9103 地のし 地直し及び地詰めの目的で行う作業。 9104 筋消し 布の保存中にできた不要の筋などを消すこと。 9105 しつけ 縫い目のきせを正しくするために,糸で縫い押さえて おくこと。 しつけ(躾) 9106 仮しつけ 布のつり合いをとる目的などで,あとで糸をとる一時 的なしつけ。 9107 柄合せ 布の柄を配置よく合わせること。 9108 背紋合せ 紋付の着物の縫製で,背中心の紋を左右合わせるこ と。 9109 本裁ち 成人用の和服の裁ち合せ方又は成人用の和服。 大裁ち ともいう。 9110 四つ身 4歳から11歳くらいまでの和服の裁ち合せ方又はこ れらの和服。 中裁ちともいう。 9111 三つ身 3歳から4歳くらいまでの和服の裁ち合せ方又はこれ らの和服。 9112 一つ身 乳児から2歳くらいまでの和服の裁ち合せ方又はこれ らの和服。 9113 小裁ち 乳児から4歳くらいまでの和服の裁ち合せ方又はこれ らの和服。 9114 棒おくみ裁ち 本裁ち着物の裁ち方で,おくみを半幅の長方形に裁つ 方法。 おくみ(衽) 9115 かぎおくみ裁ち 本裁ち着物の裁ち方で,おくみの上部を斜めに裁ち合 わせて左右のおくみとしたもの。 9116 三つ割りえり裁ち 1反の長さが短いときなど,並幅36 cmを3等分して 1着のえりとする裁ち合せ方。 9117 しるし付け 着物を縫い合わせる位置に,しるしを付けること。 しるし(標) 9118 山しるし付け 和服を着用したとき,身ごろ,そでの上部などの縫い 代に付ける斜め方向(山形)のしるし。 9119 合しるし付け 柄合せなどで位置を合わせたいところにしるしを付 けること。 21 L 0122:2003 番号 用語 定義 参考 9120 糸しるし付け 糸でしるしを付けること。 9121 縫い代 仕上り寸法より余分で,裏に入れておく部分。 9122 ひとえ仕立て 裏が付かない仕立て。 ひとえ(単衣) 9123 あわせ仕立て 裏が付く仕立て。 あわせ(袷) 9124 わた入れ仕立て 表と裏の布の間にわたを入れる仕立て。 わた(綿) 9125 通し裏仕立て 男子用あわせの着物の仕立てで,裏がすそまで同じ布 で続いているもの。 すそ(裾) 9126 額縁仕立て 男子用あわせの着物の仕立てで,裏が胴の部分とすそ の部分で生地を変えている仕立て。 9127 人形 成人男子用着物などのそでつけから下の部分。 9128 無双そで 長じゅばんのそでを表布で,裏まで全部続けて付けた もの。 9129 半無双そで 長じゅばんのそでの裏を,表布でそで付け側の半分を 付け,裏布でそで口側の半分を付けたもの。 9130 別裏そで 長じゅばんのそでの裏を全部裏布で付けたもの。 9131 前ゆるみ じゅばんの前身ごろのわき縫い目で胸のゆるみ分と なるつまみ。 前下がり,乳代(ちちしろ)ともいう。 9132 引返しすそ 長じゅばんなどの裏すそ布を表すそから続けてとっ たもの。 すそ返りともいう。 9133 別すそ 長じゅばんなどの裏すそ布を表と別布でつけたもの。 9134 共すそ 長じゅばんなどの裏すそ布を表布と同じ布でとるが, 1枚の布で続けないもの。 b 縫製工程 番号 用語 定義 参考 9201 なみ縫い 0. 4 cmくらいの等間隔で,針を運ばせて縫うこと。 9202 ぐし縫い あらかじめ布を縫っておくこと。 9203 糸こき 布が縫いたまって,糸がつれることのないように,布 と糸とのつり合いをとること。 9204 本縫い 布を組み立てて,きちんと縫い合わせること。 9205 地縫い 2枚の布を中表に合わせて縫うこと。 9206 重ね縫い 布と布を重ねて,その中心を縫うこと。 9207 合せ縫い 2枚の布を合わせて縫うこと。 9208 突き合せ縫い 2枚の布の裁ち目や折り山をそろえ,突き合わせて縫 うこと。 9209 二条縫い 地縫の縫い目に平行に,もう1条縫うこと。 9210 袋縫い 2枚の布の表が外側になるように合わせて裁ち目から 0. 5 cmくらいのところを縫い,裏に返して仕上り線を 縫うこと。 9211 伏せ縫い 布端を折って,裁ち目の内側を押さえ縫うこと。 9212 折り伏せ縫い 2枚の布を合わせて,手前の布端を0. 5 cmくらい控え て縫い合わせ,手前に折り返し,布端を折って伏せ縫い すること。 9213 かがり縫い 裁ち目のほつれを防ぐために0. 3 cmくらいの深さで 巻きながら縫い進むこと。 9214 本返し縫い 1針すくい,あと戻りして元の針穴に針を通し,また, 表に1針先に出して,繰り返していく縫い方。 9215 半返し縫い 1針すくい,その半分くらいあと戻りして,また,表 に1針先に出して,繰り返していく縫い方。 22 L 0122:2003 番号 用語 定義 参考 9216 四つ縫い あわせ仕立ての場合,左右又は前後の表裏4枚の布を 一度に縫い合わせること。 9217 くけ 糸が外に出ないように折った布地の中を通して縫う こと。 くけ(絎) 9218 本くけ 双方の折山の0. 2 cm内側を0. 5 cmくらいの等間隔で くけ合わせること。 9219 三つ折りくけ 布の端を三つ折りとし,表に小針(縫糸が外側に短か く出ていること。 )を出してくけること。 9220 耳くけ 布の耳端をくける方法で,裏側は小針二目,表側は小 針一目を出し,布の間を通って,次の針目に移る方法。 9221 よりくけ 縫い代0. 5 cmくらいをかたくよりながらくける方法。 9222 まつりくけ 布端を三つ折りにして,折山をすくってくける方法。 9223 たてまつりくけ 三つ折りにした折山を押さえる目的で,折り山に糸を 縦方向にかけてくける方法。 9224 千鳥くけ 布を二つ折りにして,左上から斜めに右下,右上と糸 を交差させて,布端を押さえる方法。 9225 千鳥押さえ 何枚もの布を押さえる目的で千鳥くけすること。 9226 三つ折り縫い 布端を三つ折りにして,なみ縫いで押さえること。 9227 背縫い 背中心を縫うこと。 9228 わき縫い わき部分を縫うこと。 9229 そで下縫い そで下を縫うこと。 9230 振り縫い 女子用着物のそで付けより下の部分を縫うこと。 9231 身八つ口縫い 女子用着物のわき上部のあきを仕上げること。 9232 すそ縫い すその部分を縫うこと。 9233 まち 和服を作るとき,布幅の不足のところに補てんする 布。 まち(襠) 9234 まち上部縫い 羽織などのまちの上部を縫うこと。 9235 揚げ縫い 着丈又はゆきを長く仕立て,その余り分を,表側につ まんで縫うこと。 ゆき(裄) 9236 肩揚げ 肩部分の揚げ縫いのこと。 9237 腰揚げ 腰部分の揚げ縫いのこと。 9238 内揚げ縫い 着丈よりも裁断寸法を長くして,その余り分を裏側に 縫い込むこと。 9239 そで口くけ そで口の縫い代を裏側に三つ折りし,小針を表に出し てくけること。 9240 えり下くけ えり下の縫い代を裏側に三つ折りし,小針を表に出し てくけること。 9241 すそくけ すその縫代を裏側に三つ折りし,小針を表に出してく けること。 9242 えりくけ えり幅を折り,折り山をくけること。 9243 おくみ付け おくみを前身ごろに付けること。 9244 小えり付け 乳幼児のそでなし羽織など,デザイン上の小さなえり を身ごろに付けること。 9245 えり付け えりを身ごろや,おくみに付けること。 9246 そで付け 身ごろにそでを付けること。 9247 立えり コート,長じゅばんなどの,前身ごろの重なり分とし てつけるもの。 9248 立えり付け 立えりを付けること。 9249 ひも付け 結ぶひもを付けること。 ひも(紐) 23 L 0122:2003 番号 用語 定義 参考 9250 前まち付け 前身ごろにまちを付けること。 9251 後まち付け 後身ごろにまちを付けること。 9252 そで口合せ そで口で表布とそで口布を合わせて縫うこと。 9253 すそ合せ すそで表布とすそ布を合わせて縫うこと。 9254 打ち留め 縫い終わりに針を当て,これに糸を巻き,針を抜いて, 引き締めること。 9255 すくい留め 縫い終わりを小さく1針すくって,その糸の輪に針を 入れ,針を抜いて引き締めること。 9256 すくい返し留め すくい留めをしてから,縫い返すこと。 9257 返し留め 縫い終わりを縫い目に沿って4 cmくらい縫い返すこ と。 9258 玉留め 糸が抜けないように,指先で糸節をつくること 9259 かんぬき留め あき止まりなどに用いるほつれ止めの一種。 かんぬき(閂) 9260 巻きかんぬき留め 針に糸を巻き,針を抜いて止めるかんぬきの方法。 9261 浮かしかんぬき留め 表裏の布に糸を渡して,余裕をもたせ止めるかんぬき の方法。 9262 刺しかんぬき留め 布をすくってほつれ止めをする方法。 9263 四つ留め 表裏前後4枚の布を一度に止める方法。 9264 身八つ口四つ留め 身八つ口の部分で表裏前後4枚の布を一度に止める方 法。 9265 八つ留め 成人男子用あわせの羽織のそで付けなど,表裏前後8 枚の布を一度に止める方法。 9266 えり先留め えり先の縫い込みで止めること。 9267 十字留め えり先布を付けた場合,えり幅を折って十文字に止め る方法。 9268 中とじ 表裏の布がずれないように,内側でとじること。 9269 えりとじ えりのしんを身ごろの縫い代にとじておくこと。 しん(芯) 9270 ふき あわせやわた入れのそでやすその裏布を,表布より出 して縁にしたもの。 9271 すそとじ すそのふきが正しく保つようにとじること。 9272 そで口布かけ 裏そでにそで口布を付けること。 9273 共えりかけ 本えりに表布と共布のえりを付けること。 9274 胴裏 あわせの着物などの胴のところに付ける裏地。 9275 すそ回し あわせの着物などのすそのところに付ける裏地。 9276 胴は(接)ぎ 着物の胴裏とすそ回しを縫いつなぐこと又は羽織の 胴裏と折り返しを縫いつなぐこと。 9277 丈調べ 表裏の身ごろの丈のつり合いを調整すること。 9278 すそしん入れ すそ線の内側にすそのふくらみを出し,のび止めとな るしんを入れること。 9279 飾りしつけ 羽織のえり先など表に出るところを押さえるため,飾 りになるように工夫したしつけ。 9280 平しつけ 大針,小針を交互に又は同じ長さで押さえる方法。 9281 一目落とし 大針(縫糸が外側に長く出ていること。 )と小針とを 交互に出して押さえること。 9282 二目落とし 大針一つに小針二つを交互に縫って押さえるしつけ。 9283 三目落とし 大針一つに小針三つを交互に縫って押さえるしつけ。 9284 かくししつけ 縫代を片返ししたところから斜めに開いて割ってい く場合に,斜めに折った折り山を縫い糸で押さえるこ と。 24 L 0122:2003 番号 用語 定義 参考 9285 ななめしつけ 表側に糸が斜めにわたるようにかけたしつけ。 9286 両面しつけ 表裏とも同じ長さで押さえたしつけ。 9287 機結び 縫い糸が不足した場合,糸を結んでつなぐ方法。 9288 重ねつぎ 縫い糸が不足した場合,前に縫った縫い目に重ねて縫 い続ける方法。 9289 馬乗り 半じゅばんなどの両わきすそに作るあき。 9290 つま先 着物のすその両端の部分。 つま(褄) 9291 額縁仕立て つま先など角を仕上げる方法で,高級なものや,厚地 の場合の仕立て方。 9292 引返し口 帯状,袋状のものを中表に縫って表に返すときのため にあけておく部分。 9293 飾りひも結び 被布などに付ける留め具の結び方。 9294 飾りひも付け 飾りひも結びしたものを付ける方法及び付けたもの。 9295 含みわた わた入れ仕立てなどの場合,そで口,すその形をよく するために入れるわた。 c 仕上げ工程 番号 用語 定義 参考 9301 平ごて 縫い目にできた小さなしわを消すために,こて又はア イロンをかけること。 9302 きせ 仕上り線と縫い目の間に間隔をおいて縫い,仕上り線 を折り山とすること。 9303 押し 縫い目に風合いをもたせるために,アイロンを上から かけないで,きちんと畳んで押しをする仕上げ方法。

次の

ソーイングワンポイントアドバイス/ジャガーミシン

裁ち 目 かがり

もくじ• 裁ち目かがりとは?ジグザグ縫いと何が違うの? ミシンを使っている方なら、裁ち目かがりやジグザグ縫いという言葉を耳にしたことがある方、多いんじゃないでしょうか? 結論から言うと、 裁ち目かがりとジグザグ縫いはどちらも生地がほつれないように始末する機能です。 もっと詳しく言うなら、裁ち目かがりはジグザグ縫いの種類のひとつです。 要するに、縫い方はほぼ同じ。 では何が違うのか?同じならそれでいいじゃん。 と思うかもしれません。 ぶっちゃけわたしも初心者時代はそう思っていて、他に覚えることたくさんあるから余計なこと言わないで〜!って思っていました。 どちらも難しくはないし簡単ですが、ジグザグミシンの方が一手間多いかな。 裁ち目かがりとジグザグ縫いの違いは押さえ 裁ち目かがりとジグザグ縫いの大きな違いは アタッチメント(押さえ)の種類になります。 しつこいですが、ミシンの縫い方や設定は同じ。 ジグザグ縫いは基本押さえ、裁ち目かがりは裁ち目かがり押さえを使いますよ〜!(ちなみに裁ち目かがりは基本押さえでもできますが、裁ち目かがり用のアタッチメントを使った方が断然きれいでした。 縫い目の幅やあらさも同じでOK!お好みでどうぞ。 設定はお持ちのミシンで違うかも?なので、説明書をチェックしてくださいね〜! ちなみに、裁ち目かがりは一般的に3万円以上のミシンにある機能で、値段の安いミシンにはないかもしれません。 その場合はジグザグ縫いを使って布端の始末をします。 まず、ミシンの押さえを上げた状態にします。 後ろの黒いボタン押し、押さえを外します。 つけたい押さえを溝にはまるようにおきます。 画面を裁ち目かがり用に設定して、押さえを裁ち目かがり用に付け替えます。 あとは最初から最後まで縫うだけ。 ジグザグ縫いの縫い方 ジグザグ縫いも裁ち目かがり同様にミシンをセットします。 押さえは基本押さえ(直線縫いと同じ)でOKです。 上から下まで縫えばいいのですが… できあがりをご覧ください。 布端を縫うと、裁ち目かがりより幅が狭くなってしまうんです。 わたしのやり方がよくないのかな?と思い、縫い幅や目の大きさなど設定を変えてみましたがダメでした。 もし読者の方でいいやり方があれば教えてください。 かがりたい部分より、1. 0 ㎝以上開けるのがおすすめです。 はさみで余分な布をカットします。 かがり縫い専用なので縫い目のクオリティが別格• ミシンの押さえや設定を変える必要がない などなど。 ロックミシンの値段は高めですが、かがり縫い専用なので家庭用ミシンと比べ物にならないくらい質がいいんですよね。 ロックミシンを10年ほど愛用しているわたしですが、家庭用ミシンをお迎えしてさらに実感しております。 他にも巻きロックができたり、いろいろなアタッチメントが使えます。 おそらくJP510でも同じ押さえなので、試していただければ!と思います。 もしくは細めに裏に折り込んでも効果的だと思います。

次の

和光大学・津野ゼミ2004/四つ目綴じ製本

裁ち 目 かがり

手縫いの基本の並縫いのやり方では、針に糸を通し糸の先を玉結びしてから布地の表から裏へ、裏から表へと縫っていきます。 糸は1度に30cm以上使うと縫いやすいです。 ひと針ひと針布から糸を引っ張って縫うのも綺麗に並縫いできますが、布を針に刺して重ねていくようにして、一気に糸を引いて並縫いするとスムーズです。 特にこのような並縫いのやり方をぐし縫いと言います。 ざっくりとしつけだけしたい時におすすめな縫い方です。 また並縫いは表からも裏からも同じような縫い目が見えるので、素朴な縫い目を好んであえて並縫いで刺繍する方もいます。 縫い終わったら布の裏で針に糸を何重か巻きつけて団子のようにします。 作った団子状の糸が最後に縫った所に来るように指で押さえたら、糸と針を引っ張って玉止めしましょう。 糸を切れば並縫いの出来上がりです。 種類別の返し縫いのやり方 返し縫いのやり方には、本返し縫いと半返し縫いというように2種類ありますが、両方とも並縫いとは違い、針を返してからもう1度針を進める、という縫い方をします。 そのまままっすぐに縫っていくのではなく1度針を返す工程を挟むことで、より強固に布と布を結びつけることができます。 表は間隔の狭い縫い目になりますが、裏は糸が2重になっている部分が多々ある、という見た目になります。 返し縫いで裏側の布もよく見えるアイテムを作る時には見た目に少し難点があることを考慮しましょう。 本返し縫いでは表側の布で1針分針を進めた後に裏側の布で2針分針を返していきます。 半返し縫いでは裏側の布で1針で進む長さの半分だけ針を戻しながら縫っていきます。 本返し縫いはしっかりと布を縫い付けたい時におすすめの縫い方です。 半返し縫いは見た目も気にしながら布もある程度の強度で縫い付けたい時に重宝します。 どちらも1針進めた時の長さを一定に保つと表から見た時に綺麗に仕上がります。 端縫いできるかがり縫いと巻きかがり縫いのやり方 ふちをしっかりと縫うブランケットステッチのやり方では、針に糸を引っ掛けながら縫う方法を繰り返していきます。 縫い始めはかがり縫いと同じように布と布の間に玉結びが来るようにします。 縫い始めから1針進める時に、布に対して針が垂直になるように針を刺し、反対側に出ている針に糸をかけることが大きなポイントです。 針に糸をかけたらそのまま針と糸を引っ張って1針進めてもう1度針を布に対して垂直に刺して糸をかける、という作業を繰り返していきます。 縫い終わりの時には最初に針にかけて斜めにたわんでいる糸に針を通して針と糸を引っ張るようにします。 布の裏の間隔が空いている部分に針を刺して縫い、玉止めをします。 布の上に来ている玉止めを布の内側に移動させたい場合は、玉止めをした位置の下に針を刺して引っ張るようにしましょう。 かがり縫いや巻きかがり縫いよりも厚みのある生地をふちまでしっかりと手縫いしたい時やよりしっかりとほつれ止めしたい時におすすめの縫い方です。

次の