ツイッター センシティブ 解除 iphone。 【解決】ツイッター「センシティブな内容が含まれている…」表示の解除方法! | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

【超簡単】Twitterの『センシティブ設定』を解除するシンプルな方法

ツイッター センシティブ 解除 iphone

関連記事• ツイッターを使っていると 「センシティブな内容が含まれている可能性があるツイートです。 」と表示されてフォローしている相手のツイートを見れないことがあります。 みんながそれに対していいねを押したりして反応しているのに自分だけ見れない!! ツイッターに表示されている解決方法だと 表示するには、センシティブな内容のメディアに関する設定を変更します。 これは、アカウントの「プライバシーとセキュリティ」設定の「セキュリティ」セクションにあります。 設定を変更 と出てきていますが、 これをツイッターの公式アプリ内でやっても解決できないんですよね。 これが原因で多くの人が困っているわけです。 では、どうすればいいのでしょうか?それを詳しく説明します。 記事の目次• ツイッター公式アプリでは解決できない ツイッター公式アプリに表示されている方法でセンシティブな内容を表示させたい場合、以下のようになります。 【注意】この方法では解決できません! まずはツイッターに表示されているように「設定とプライバシー」をクリックします。 そして、「プライバシーとセキュリティー」をクリックします。 しかし!!これでは解決されてないんです。 解決するにはブラウザでログインする必要がある では、どうすればいいのかというと、サファリなどのブラウザでログインをする必要があります。 まずは、センシティブな内容のツイートを表示させて、以下のように出てくる「設定を変更」をクリックします。 もしくはパソコンでも可能です。 まずはブラウザでツイッターアカウントにログインをしてください。 ログインをしたら、アカウント設定をクリックして、表示される「設定とプライバシー」をクリックしてください。 そして、「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。 そして、安全性の部分に「センシティブな内容を表示しない」という部分に初期状態ではチェックマークが入っています。 この チェックマークを外してください。 そして、変更を保存してください。 以上でセンシティブな内容でも表示されるようになります。 まとめ センシティブな内容を表示する方法はツイッターの公式アプリではできないように現状はなっています。 そのため、ツイッター公式アプリで見ている場合でもブラウザのツイッターと同じ方法が記載されてしまっているので、みなさんが勘違いしてしまうという事態が起こっています。 この部分をなんとか改善してもらいたいですよね。 とりあえず、解決するには パソコンでもスマホでもいいからアプリではなく、ブラウザでツイッターアカウントにログインをして操作する! です。 公式アプリからの解決策は今の所ないので、iPhoneであればSafariなどのブラウザ、PCならGoogle ChromeやFirefoxなどのブラウザを利用してツイッターアカウントにログインをして操作して解決しましょう!.

次の

Twitterのセンシティブを解除する設定方法

ツイッター センシティブ 解除 iphone

iPhoneからモーメントを作成する方法 最初にブラウザからにログインします。 GoogleやYahoo! などで Twitterと検索して開いてもOKです。 大事なポイントはアプリではなく必ずブラウザで開くことです。 使用するブラウザはChromeでもSafariでも大丈夫ですが、Safariの手順をご紹介します。 Twitterのタイムラインを開いた状態で、URLの左側の【 AA】をタップします。 【デスクトップ用WEB SITEを表示】をタップします。 Twitterの画面左上にある【自分のプロフィールアイコン】をタップします。 【モーメント】をタップします。 右上の【新規作成ボタン】からモーメントの作成を開始します。 あとはPCと同様の操作方法でモーメントを作成していくだけです。 モーメントの作成方法はから確認できます。 以上の方法で、PCが無くてもiPhoneからとっても簡単にモーメントを作成することが出来ます。 ポイントはブラウザでPCデスクトップ用の画面を表示することです。 ぜひトライしてみてくださいね。

次の

Twitterのセンシティブを解除する方法・なぜか英語でわからない

ツイッター センシティブ 解除 iphone

まず大前提で iPhoneのみアプリから設定ができない仕様になっています。 なので、 iPhoneの方はsafariからブラウザ版のTwitterにログインして設定する形になります。 これでセンシティブな内容で見れなかったツイートが見られるようになります• 「設定とプライバシー」を開く• 「プライバシーとセキュリティー」を開く• これで今後はセンシティブな内容のツイートも閲覧できるようになります。 設定が英語になってしまう場合の対処法 まれにウェブ版のTwitterを開くと英語になってします人がいるようです。 その場合は言語設定を日本語に変更しましょう。 この章では設定しても表示されない原因と対処法を解説します。 センシティブな内容を表示する設定にしても、反映されるまでに時間がかかります。 明確に何時間後に反映されるみたいな情報は公式で確認できませんでしたが、大抵遅くても翌日には反映される場合がほとんどなので気長に待ちましょう。 見たいツイートがセンシティブだから設定したんだ!って人はいいねやブックマークで反映後に見られ流ようにしておくのがおすすめです。 年齢を設定していないから。 未成年だから。 🍬🍯さんがツイートしたようになっています。 年齢を上手くしてもセンシティブどうのこうの と、でてきます。 年齢の設定方法は以下の記事を参照してください。 iPhoneの方はアプリからセンシティブなツイートの表示設定はできないのでウェブ版のTwitterから設定してください。 ライブ放送の場合は、コンテンツ全体を削除します。 引用: ツイートに対してユーザーから「 報告」があると、Twitter社がツイート内容を確認します。 その結果センシティブな内容だと判断した場合、 Twitter社が勝手に「センシティブな内容タグ」をツイートに設定します。 設定は問題ないのにセンシティブな内容としてツイートされてしまう方の多くはこのパターンです。 この場合、ユーザー側で設定変更して普通のツイートに戻すみたいなことはできません。 またTwitter社に問い合わせて、センシティブタグを外してもらうこともできません。 設定した覚えがないのに設定が変わっている!って方はこのパターンです。 過去のツイートで問題のあるものがないか確認しましょう。 引用: 暴力的、アダルトな内容にも関わらず、普通のツイートとしてツイートして、前の章のように「 Twitter社によりセンシティブな内容タグをつけられる」という行為を繰り返していると、Twitter社により「 センシティブな内容としてツイートという設定に固定される」ことがあります。 固定された場合、いかなる訴えをTwitter社にしても解除されることはありません。 一度センシティブな内容としてツイートされたものは、仮に設定を解除しても変更できません。

次の