ストロベリー ナイト ブルー マーダー。 【ストロベリーナイトサーガ】最終章(最終回)「ブルーマーダー」ネタバレ感想

【ブルーマーダー】ネタバレあらすじ。菊田の結婚相手と凶器(画像)に衝撃!ドラマストロベリーナイトサーガ原作小説

ストロベリー ナイト ブルー マーダー

ストロベリーナイト ・サーガ第10話の視聴率 こちらはわかり次第更新していきます。 ストロベリーナイト・サーガ10話のあらすじは ストロベリーナイト・サーガ10話のあらすじはこちら。 池袋の貸しビル内で1人の男が遺体となって発見された。 殺されたのは暴力団組織、秋庭組組長の河村丈治。 銃創、刺創ともに見当たらず致命傷になる出血もない一方で、内臓は破裂し27カ所もの骨折があったという。 いったい何者なのか?そして、反社会組織の人間ばかりを狙って殺害し続ける、その理由とは…? 引用: ストロベリーナイト・サーガ10話のネタバレ 青い殺人鬼ブルーマーダーは動き出していた。 青い仮面を付けた不審な男 3人組が暴力団員の部屋に入り、男達を次々と殺していく。 男の内の 1人はリーダー格で分け前を配ったり格闘技を指導したりしている。 菊田は姫川の夢を見てうなされているが女性に起こされる。 菊田は姫川班解体の後恋人を見つけて結婚していたのだ。 奥さんの朝食を食べている所テレビで池袋の写真を見て姫川のことを思い出す。 姫川は単独で池袋の事件を捜査している。 被害者は河村丈治。 秋葉組の組長らしく仮釈放中の死亡だった。 両手両足の骨を砕かれ身動きが取れない状態で殺され首を鉄パイプで殴打された様だ。 池袋署は捜査一課ではなく組対と組むという。 ガンテツは笹塚の組対の下江に河村の殺しの犯人を問われる。 池袋界隈の組はほぼ勢力が下がっていると言う。 現在 ガンテツはノリとコンビの様だ。 姫川の池袋署と組む組対はかなり捜査を進めていた。 姫川は牧田の件を出され煽られるが必ずホシをあげると啖呵を切る。 菊田は現在千住中央所に配属されていた。 姫川はたもっつぁんと康平と呑んでいた。 ノリは昇任試験に受かりガンテツが指名してコンビになったと聞く。 ノリと菊田は忙しくて来れなかったらしい。 姫川は複雑な様子。 姫川とコンビを組む江田が声をかけた男が事件の事を聞くと少し狼狽えていた。 姫川は皆が事件に関わりたくないような雰囲気を感じていた。 姫川は帰りに大塚のバーに手を合わせに来ると菊田と久しぶりに再会した。 菊田は近くに指名手配犯の話を聞きに来るついでに手を合わせに来ていた。 姫川は菊田の左手の薬指の指輪を見てしまう。 菊田の結婚は康平とたもっつぁんの 2人が黙っていたのだ。 お互い複雑な気持ちで別れる。 ブルーマーダーによる事件が多発する…。 すると姫川に電話が来て同じ様な事件が発生したというセリフが。 署に戻るとさらに別の事件が。 菊田が話を聞きに来た指名手配犯、岩渕は職質に来た大竹に暴行を加える。 菊田は千住中央署に帰ると今泉係長と再会する。 菊田の様子を見に来たのだ。 今泉は菊田と姫川がくっつくと思っていた様だが、菊田は姫川とは同じ場所にいても通じ合う事は無いと思ったのだ。 事件が多発して池袋署は組対では無く捜査一課と動く事に。 しかし組対は簡単には引かないという。 翌日姫川は岩渕にやられた大竹巡査に聞きに行く。 大竹は 1発で骨をやられ手口がおっている事件と似ていた。 姫川はガールズバーの外人の子から「この国怖い!助けて!」と声をかけられる。 その女性は ブルーマーダーと呼ばれる骨を砕きバッグに詰める 殺人鬼がおり池袋界隈では有名だが皆口を閉ざしているという。 警察にブルーマーダーの事を言うとその人物を襲いに来るという話に発展していた。 姫川はその事を報告するが都市伝説の域は出ない。 しかし河村の携帯から骨を砕いた男をバックに詰め込む写真が見つかりブルーマーダーの存在を確信する。 姫川は國奥に話を聞きに行き手口はわかると教えて貰った。 凶器はポケット入る物を握って一撃で骨を折り抵抗できなくして殺したのではと。 菊田は調査している内にとある倉庫の事務所に辿り着く。 菊田は気が付いていないがそこはブルーマーダーのアジトだ。 岩淵はブルーマーダーのチームなのだ。 笹塚署の下江は諸矢組の組長とホテルの一室で会っていた。 諸矢はブルーマーダーをかなり警戒していた。 組員は至る所で狙われていると。 下江は電話で話し忘れたことがあるとホテルにもう一度呼ばれる。 その頃、姫川にはノリからブルーマーダーの正体を聞く。 彼の正体は日野和正。 元警察官だという。 ガンテツ、姫川、菊田はそれぞれブルーマーダーを追っていた。 下江は不信感を感じ警戒して入室すると諸矢が立てなくなっていた。 部屋にいたのはブルーマーダーだ。 下江とブルーマーダーは知り合いだった 日野(ブルーマーダー)は下江のスパイとして諸矢組に入った男だ。 下江を信じて諸矢組の情報を流していたが誰が正体をバラし拷問された。 彼はそこから復讐を誓い河村や諸矢に話を聞きに来た。 下江の目の前で諸矢は全身の骨を砕かれる。 そこで下江と日野は格闘になり下江は右肩の骨を砕かれてしまう。 日野は何かを手に握り殴って骨を砕いていた。 そこにガンテツが助けに入り日野は腕を撃たれる。 日野は窓から逃げ外の階段から降りる。 下で日野を待っていたのはガンテツの相棒のノリ。 拳銃で確保しようと試みるが失敗。 ノリは階段から転げ落ちケガを負ってしまう。 しかしそこに別の捜査員が駆けつけ日野は近くに待機していた岩渕ともう 1人の仲間が乗っていた車を素通りし警察から逃げ続ける。 その頃姫川もノリが重症を負ったことを心配し現場に急ぐ。 ガンテツは下江を別の捜査員に預けブルーマーダーが落とした仮面を握り締め、確保を誓う。 菊田は日野のアジトの近くで待機していた。 3人がそれぞれ追っているブルーマーダーはどう捕まえる…? ストロベリーナイト・サーガの無料見逃し配信を楽しめるのはFODだけ! ストロベリーナイト・サーガを見逃してしまった方やもう一度見たい方必見! FODなら見逃し配信や竹内結子の前シリーズ映画版なども無料で見ることができます! ますはこちらの記事をご覧ください。 — ゆう Yuuyuu2010 要さんって、今まで良い人だったり優しい人だったりしっかりした人だったりコメディ要素がある人だったり、そんな感じの役を演じられてる作品しかほぼ観たことなかったから、殺人犯役ってちょっとゾクッとしたし新鮮だったな 個人的に — りんご ringo322kxx 今回は初映像化となる「ブルーマーダー」。 要潤が殺人鬼となり下江と暴力団に復讐を次々果たしていきました。 ガンテツ、菊田、姫川の追う事件が徐々に交差して行きラストは完全にリンクしていてラストエピソードなだけあってちょっとワクワクしてしまいました。 (笑) 菊田は次回予告で被害者?となる様で先行き不安ですね。 ブルーマーダーのアジトの前で待っていましたが彼に何が起きてしまうのでしょう。 あとガンテツがかっこいいですね本当。 前作の武田鉄矢だったら絶対あんな軽やかに動けない!(笑) ノリ大丈夫かなー!頭打ってましたけど。 菊田の結婚にも結構びっくりしました。 そらモテるよなぁ! 今回のブルーマーダーを放送するにあたって公式Twitterアカウントや公式HPが青色に染まっておりスタッフの気合の入り様も感じました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

ブルーマーダーの意味とは?ストロベリーナイトサーガのあらすじと感想

ストロベリー ナイト ブルー マーダー

竹内結子&西島秀俊、果てしなく広がる「ストロベリーナイト」への思い 警視庁刑事部捜査一課殺人班十係、通称・姫川班。 個人やバディが軸となる刑事ドラマとは一線を画し、一個班の結束で難事件や組織に立ち向かっていくストーリーテリングが「ストロベリーナイト」の大きな魅力のひとつだ。 スペシャルドラマ、連続ドラマを経てついに映画化されたが、主任の姫川玲子と部下の菊田和男を足掛け3年にわたって演じ続けてきた竹内結子と西島秀俊は、シリーズ史上最大の試練と向き合うことになる。 「姫川班、最後の事件」と銘打たれたミステリーを通して、2人がその先に見据えているものを探ってみた。 (取材・文/鈴木元、写真/堀弥生) 満を持して、待望のという表現がしっくりとくる「ストロベリーナイト」の映画化。 ドラマの撮影中にスタッフ、キャストの間で話題に上ることもあったが、当の竹内は全くの想定外だったそうだ。 「そういう流れって王道だよね、みたいな話は聞いていましたけれど、本当にやるとは思いませんでした(笑)。 (ドラマで)やり切ったという部分と、先のことを考える余裕が全くなかったんですよね。 その時その時の話についていくのに毎日必死だったので、その先を思い浮かべられなかったんです」 当然、映画化決定の一報にうれしい思いはあるものの、複雑な胸中も吐露。 一方の西島は、独特の視点で喜びを表現する。 竹内「もう少し玲子でいられるし、仲間とも同じ時間を過ごせるというご褒美としてはうれしかったんですけれど、いざ内容を読んだらけっこう衝撃的だったので…。 ん~、大変なことになったなあと思いました」 西島「もともとドラマの表現の限界を超えることを目指していたチームなので、映画になれば表現の範囲が広がる。 そういう『ストロベリーナイト』を見たいというのが個人的にはありました」 映画版の原作は、誉田哲也氏の姫川シリーズの中でも傑作の呼び声が高い「インビジブルレイン」。 暴力団構成員の刺殺事件を担当することになった姫川は捜査の過程で「柳井健斗」という名前を耳にするが、上層部から「一切触れるな」と圧力がかかる。 納得がいかず単独捜査に乗り出す姫川の前に現れたのが牧田勲(大沢たかお)。 この存在が事件の背景、そして姫川の心に大きく関わり、さらには姫川にほのかな思いを寄せる菊田をも揺るがすようになっていく。 竹内「あらゆる意味で玲子自身が事件になってしまうというか、もう後戻りのできない決定的な瞬間を皆が迎えることになる。 事件を解決すればすべてがいい方向に向かうと信じてきたものが揺らぐし、玲子が異性を意識するとこんなことになってしまうのか! と苦しくもあり。 今までと勝手が違う感触を日々の撮影で感じていました」 西島「牧田は人の本質を見抜く人だから、それまでは見ないでおこうとしていたものがすべて現れますよね。 菊田の姫川主任への淡い恋愛が全部露呈したり、いろいろなことをはっきりさせる存在なので大きいですよね」 その菊田は小説ではほとんど登場しないが、脚色によってより姫川を支える存在となり、牧田と直接対じすることで大きくクローズアップされる。 そのあたりの成長は、佐藤祐市監督が最も期待していたところだ。 「監督からは、菊田に成長してもらいたいと言われていて、牧田が登場したことで、どうしても大人の男や恋愛の部分を表現せざるを得なくなった。 菊田のそういう部分を演じる時は面白いし意味はあるんですけれど、無意識にストッパーがかかっていたかもしれません。 実際、演じるにはすごく勇気がいることだし、監督の後押しがなければ違う解釈で演じていただろうなというところもあります」 一方で姫川は単独捜査のため、牧田とのシーン以外はほとんど孤独だ。 それでも、姫川班全員が上層部の指示を無視し、「指示をください」と結束力を見せるシーンへの伏線ととらえれば納得がいく。 竹内「撮影現場でも、姫川班がそろったと思ったら『じゃ!』って言って、皆すぐに帰っちゃうんですよ。 そういう寂しさはありましたね」 西島「まあ物語の中で、『じゃ!』っていうのは姫川なんですけれどね」 竹内「そうなんですよねえ。 仲間のことを思っているからこそ、自分一人で動いてしまおうということなんでしょうね。 だから、『部下がいることを忘れないでください』というセリフは刺さる言葉でした」 映画はほぼ全編で雨が降っている。 竹内「確かに、気持ちを高めていく最中に必ず雨が挟まってくるんですよ。 今、エンジンを吹かさなきゃって時に数十分、数時間と曇るのを待つこともあって。 気まぐれな天気のタイミングに気持ちを合わせるのが難しくて、いつも悔しい思いをしていました」 西島「時間も労力も本当に大変なので、二度とやりたくないとは思います(笑)。 でもそれだけの理由があって、でき上がったものを見ると雨なしでは考えられないし、伝わってくるものが晴れていたら全く違う作品になるので、必要だったんですよね」 そして迎えたクランクアップ。 事件はひとつの帰結を見るが、「姫川班、最後の事件」のコピー通り、班員は別の道に進むことになる。 2人は苦難を共に乗り越えた達成感とともに、やはり寂しも募ったようだ。 竹内「撮影が終わった瞬間はすがすがしいですね。 雨からも解放されるし、やったーっていう部分は大きいけれど、帰る頃になると本当に終わりなんだっていう寂しさはありました」 西島「物語上、姫川班はなくなるわけで、それが想像していたよりもショックで印象に残っている。 僕はもちろん、姫川班を演じていた俳優さんにとっては、自分たちが培ってきたものがあるので大きかった」 竹内「私にとっては、姫川班がよりどころみたいなものだったので、独りになっちゃったという感じがしました」 それでも、足掛け3年にわたって同じ役と向き合う経験はなかなかない。 役者として得られたものも大きいはずだ。 竹内「自分から何かを提示したり、自分は正しいと思う物事に対しては発言することがあってもいいんだなって。 玲子ほどではないけれど、言わないで我慢して後でウジウジすることがよくあったので、言ってみちゃえばいいじゃんって思えるようになったことですかね」 西島「それだけ時間をかけていろいろな面を出せるし、俳優として変化もある中でひとつの役をやっていくのは面白いですね」 原作では昨年11月にシリーズ最新作「ブルーマーダー」が刊行された。 映画が公開される26日には、スペシャルドラマ「ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン」もオンエアされた。 竹内自身にも、姫川のその後、姫川班の再集結に淡い期待があるのでは? 「あるかなあ!? 私が思うに、菊田と玲子は電話でもやり取りしないような気がするし、全員が一緒にそろうのはなさそう。 きっと湯田くん(丸山隆平)が幹事さんになって、それぞれに連絡はする。 保さん(宇梶剛士)と葉山くん(小出恵介)は…」 西島が「何のもう想ですか」とツッコミを入れるほど、思いは果てしなく広がっていく。 そして、「はあ~、捜一バッヂ、着けたーい」とため息混じりに本音を吐露した。 それほど姫川への思い入れは強い。 菊田ともども、いつか警視庁復帰の願いはかなうと信じていたい。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

【ブルーマーダー】ネタバレあらすじ。菊田の結婚相手と凶器(画像)に衝撃!ドラマストロベリーナイトサーガ原作小説

ストロベリー ナイト ブルー マーダー

あらすじ 池袋での暴力団組長殺害を皮切りに、次々とその筋の人間が抹殺される。 その手口と残虐性から、裏社会の人間を恐怖に陥れていた。 池袋署に勤務する姫川玲子は、その事件の首謀者である怪物の存在に気づき始める。 とてつもない強さを誇る連続殺人犯の正体とは!? 感想(ネタバレあり) 姫川玲子シリーズでもっとも凶悪な犯人と言っていいのではないでしょうか。 人をおもちゃのように扱い、殺害することに何の躊躇を持たない犯人はまさに「怪物」にふさわしいと思いました。 けれどその犯人にも、消すことのできない過去の痛みがあり、その過去に引きずられて生きているのです。 単なる事件ではなく、極悪非道な行為の裏に隠された、人間の感情を紐解きながら読むとおもしろいと思います。 姫川玲子の再出発 前作の 「インビジブルレイン」で事実上、警視庁捜査一課から所轄へ左遷された姫川玲子。 もう一度、姫川班を結成すべく、所轄での勤務も全力で当たります。 相変わらずの無鉄砲さで周囲を戦々恐々とさせる姿は、読むものを楽しませてくれます。 これでしっかり結果を出すところがまたすごい。 今回も、姫川玲子の躍動を堪能できます。 菊田との再会 事件の捜査中に、姫川班だった部下の 「菊田」に再会します。 この二人は、お互いに好意を寄せていましたが、なかなか次の一歩が踏み出せず、結局うやむやになってしまっていました。 そんな中、菊田は飛ばされた所轄で出会った女性となんと結婚してしまうのです。 玲子と菊田はいずれ結ばれるのかなと思っていた僕でしたが、まんまと予想が外れました。 菊田の奥さんは作中に登場するのですが、芯が強く、優しい女性でした。 玲子は菊田と再会したときに、左手の薬指に結婚指輪がついていたことに気づきます。 このとき、玲子は自分自身が意外と冷静だったことに気づきます。 その後の捜査会議では上の空でしたけど。 姫川玲子という容姿端麗の美女の恋模様も気になるところ。 菊田がダメで、以前カラダの関係を持ちそうになった、「インビジブルレイン」で登場する牧田という暴力団幹部もダメ。 次はいったい誰が、姫川玲子に接近するのか、ちょっと期待してしまいます。 少なくとも、井岡であってはほしくないですけども。 殺人鬼の正体 今作の事件はの犯人は、犯行の残虐性から、怪物として恐れられます。 しかしその犯人にも、犯行に及ぶ理由がしっかりあります。 なぜ裏社会の人間ばかり狙うのか。 事態はどんどん大きくなっていき、警察との戦闘もあります。 物語が進むにつれ、犯人の姿と犯行の動機が明らかになります。 それを知ったとき、僕は、なんだかむなしく感じました。 詳しくは小説を読んでいただきたいのですが、少しやるせない感じがしました。 事件の犯人には、共犯者がいます。 その共犯者も人間味があり、どうも憎めません。 何が善で、何が悪か。 考えさせられました。 今回の物語はとてもおもしろかったです。 次回作にも期待しています。 ストロベリーナイト・サーガ 追記 2019年4月から放送されている「ストロベリーナイト・サーガ」。 主演の二階堂ふみさんが、「姫川玲子」。 亀梨和也さんが、「菊田」。 江口洋介さんが、「勝俣」。 テレビドラマ前作の、「ストロベリーナイト」のキャストを、がらりと変えたドラマが放送されました。 なんでもそうですが、前作を観た人は、先入観があるので、どうしてもドラマに違和感が生じてしまいます。 それはしょうがない。 いつかは慣れると思います。 が! 僕はやっぱり「姫川玲子」は、竹内結子さんが一番! 原作を読んでも、姫川玲子のイメージは、ロングヘアーの美女。 竹内結子さんは、その役にぴったりハマっていたと思います。 まぁ…竹内結子さんのファンということもありますけどね。

次の