下田 富士屋 ホテル。 下田富士屋ホテル

廃墟のリゾート「下田富士屋ホテル」

下田 富士屋 ホテル

【住所】 静岡県下田市柿崎3-15 この場所での噂 このホテルでは4階にある、「神子元38号室」という部屋で女性の声、その4階自体でも何者かの足音が聞こえるという噂。 過去に「世界の怖い夜」にてサンシャイン池崎、遼河はるひ、「バクモン学園」にてアイデンティティ(ドラゴンボールのネタで有名)が検証で訪れるなど、テレビ撮影で使われることが多い廃墟である。 調査した結果 このホテルがある周りは隣に黒船ホテルという大きなホテルや、目の前には下田港、他に多くの旅館や繁華街があるなど、観光で訪れるには良い場所ですが、その中でこのホテルだけ異様な雰囲気を出しているのが印象的です。 車を下田港の駐車場に停め、3人で信号を渡りながらホテルまで歩いていきました。 夜中0時回るあたりの時間でしたので、そこまで人は居ませんでしたが、それが逆にホテルの不気味さが増していました。 隣の黒船ホテルが凄い明るいのに対してこちらのホテルは真っ暗なワケで、なんとも言えない怖さがそこにはありました。 建物の入り口のところまで来た時に真っ先に気になったのが、周りに神社や寺があるわけではないのに、何故か入り口に灯篭(とうろう)が1つだけそこに置かれていたことです。 友人は、 「多分監視カメラでも入ってたんじゃね?」 と言いましたが、監視カメラ設置するにしても灯篭を置いてそこにカメラ入れるなんて僕は聞いたこと無かったので、恐らく違うと思います。 むしろ灯篭があるという事は基本近くに神社や寺がある事を意味しているので(実際にはちょっと離れた繁華街の中に寺がありましたが、それにしては灯篭設置するにも遠い距離にあったので)、これは建物のそばに祠か何かが実はあるんじゃないか?と思ってますが、夜という事もあるかもしれませんけど、残念ながら見つけられませんでした。 そして入り口を見ると、ガラスが割られてて侵入できるような状態になってたり、無理矢理こじ開けたのか、微妙に開いたままの自動扉があったりといかにも侵入者が多かったんだろうなという感じです。 まあテレビの撮影でも来ていますから、多分その前に訪れた者たちの仕業でしょうけど。 とは言っても自動扉がわずかに開いているのだからそこから入るなら入れば良いのに、わざわざガラスを割っているのを見ると、自動扉を無理矢理開けようとした際に何かのセンサーが反応し、それで途中で辞めてガラスで割るという行為に出たのかなと友人と話してました。 友人が入り口のカウンターと思われる場所に懐中電灯で照らすと、そこには営業中の時から置いていたのか、2体の日本人形が隣同士に一緒に置かれていました。 (左に白い人形、奥側に赤い人形の構成だったと思いますが、記憶が曖昧) 「げー、日本人形が2体とかめっちゃ怖いじゃねーかー。 」 そしてその2体の日本人形は違う方向を見ている状態でしたが、ライトで照らしていた時に、霊感がある友人が、 「その日本人形をあまり照らさない方が良いぞ。 その人形、2つとも目だけこっちを向いて俺たちを完全に見ているから。 多分その人形たち、結構ヤバイものが宿っていると思う。 」 人形は魂や念が宿りやすく、特に日本人形、フランス人形、ロシア人形はその確率が高いと言われていて、所有者や近くの人間に悪影響を与えることがあるのです。 そしてカウンターがあるロビーは、日本人形だけではなく、他にもその場で彷徨う霊が居るとの事。 そして噂であった上の階からも何かがこっちに向かっているという事でしたので、恐らく4階に居ると思われる女性の可能性が高いですね。 ここは長居するといずれその霊にやられてしまうかもしれないので、状況が分かったところで退散することとしました。 まとめ このホテルは先ほども申したように、ガラスを割って侵入しているようなので、床にガラスが散っていて危険です。 そして人形に何かが入っていること、彷徨っている霊、上の階から何かが近づいてくる。 など、時間が遅くなればなるほど何かしらの形で霊障を受ける、そんな風に感じる心霊スポットでしたね。 ただ今回一番気になったのは、やはり入り口に置かれた謎の灯篭でしょうか。 この灯篭が意味するものは何なのか、知りたいですね。 知っている人は是非コメントで書きこんでくれると嬉しいです。

次の

下田富士屋ホテル、下田御苑ホテル、下田城美術館、稲取観光ホテル、ホテル浜山

下田 富士屋 ホテル

の続き。 ここが前日に飲んだハーバーライト。 建物・ロゴもカッコイイけど内装は普通にオシャレでなんか健康になりそうなオリジナルカクテルを出して犬がいる、天国のようなお店。 ここからしばらく徒歩で下田を回ることにする。 うーん、レンタカーもったいない。 というかですね、我が家はとにかくめちゃくちゃ歩くバディなので、歩かないとどこかに出かけた気がしない。 おまけに二人とも運転が苦手で、ハンドルを握っているkiwi殿の機嫌がどんどん悪くなる。 声のトーンが低くなる。 写真も撮れないし慣れない運転でストレスたまっているのがひしひしと伝わってくる。 辺鄙な場所に行くには車は便利だけど、徒歩&チャリが身の丈サイズという気がしてきた。 かあいい。 下田の町はとにかく雰囲気が良い。 どこに行っても「ガラが悪い」と町を罵倒する「ガラソムリエ」のわたしが言うのだから間違いない。 スケール感が心地よく、観光エリアがぎゅっとまとまっていておままごとみたいな気持ち良さがある。 その他の地域もさほどさびれた荒み感がない。 余生をのんびりくらしたりするのに良い場所だと思う。 下田は町ぐるみでうろこ壁推しで、あちこちにうろこ壁の建築が残されている。 かあいい。 みかん。 丘の上にが見える。 立地・規模からしてかつては下田最大のホテルだったのだろうが、時代の流れについていけなくなったのだろう。 こういう大鑑巨砲の時代じゃなくなったからねぇ。 に来てみたら、一足違いで解体作業の真っ最中だった。 ああ……。 「なまこ壁の廃ホテル」として知られていた。 隣接してがある。 ここから海岸を少し散歩する。 鳥用の装備をまったく持ってこなかったので全然撮れないけれど、イソヒヨドリのメス。 少し離れてイソヒヨドリのオスがいた。 カップルかしらん。 青い鳥だしイソヒヨドリ見るとなんか嬉しくなる。 じーんと来る鳥。 巨岩がごろごろしていて見応えがある。 海岸沿いの遊歩道があちこち侵食されている。 波のせいだと思うけれど、水の力すごい。 「高原の朝」という少女像。 これ、何気なく置かれているのだけれど凄く良かった! なんなのこれ。 全裸で両脇にニワトリを抱え、めっちゃ堂々としている。 風邪とか絶対ひかなさそうな女の子。 パーツ一つ一つは至って健康的なんだけど、全部あわせると異様で、かつこれはこれでアリなのだ、という確信が伝わってくる。 良い作品だと思う。 これ、うろこ壁に見えて、うろこ模様に塗装してるだけなのね。 はーいクイズです。 どこかに猫がいまーす。 ここでした。 上はリアル猫。 こいつもめっちゃ堂々としてて目つきが悪い。 の茅の輪。 ここにあった阿吽で向き合ってる像がすごく面白い。 イイ味出してる。 あんまり強そうじゃないのがイイ。 なんか重いの背負わされちゃってるけど「オレいじめられてないよ?へっちゃらだからさ」とイキってみせる身体は大きいけど鈍くさい男子、ヤクルト飲みながら、って感じ。 こっちなんか漁師のおっさんみたい。 酔っ払ってキレてるけど全然身体動かない感じで。 下田駅前。 壁の柄。 ここから二人分離。 kiwi殿が車を取りに行く間にわたしが残りを徒歩で確保していく動き。 ここではぐれたら一生おうちに帰れない!と重いお財布と携帯を確認。 これは廃かと思ったら違った。 超有名物件。 テンション上がる! お気に入りの一枚。 喫茶カサブランカ。 住居としては使われていそう。 ここも超有名。 過激派のアジトだったかなんとか、そんな都市伝説もある。 下田御苑ホテル。 ここから移動して、。 B級スポットとして知られていたけれど閉業後廃墟化。 パチもんの城が後に廃墟化するケースというのは時々ある。 城型のホテル、ラブホテルとか、観光用の偽物の城とか。 儚いものよのう。 下田城美術館。 ここの脇から山に入ると大戦中に掘られたとかいうの跡があるはずなだけど、怒涛の藪漕ぎが必要そうで諦めた。 この辺からポイントポイントに車を停めてばんばん回っていく。 さほどのインパクトはないかな。 プール跡が面白い。 を車内から眺めつつ、。 地方によくあるコテージタイプのラブホテル(モーテル)跡。 ここからを眺めつつ、。 と隣接一体化した大規模宿泊施設。 凄まじかった。 エメラルド七島。 破壊の限りを尽くすとはこのことだ。 体力あるなぁ……。 怖い怖い。 そばにあったもしゃもしゃ廃木造建築の方がイイ。 規模は大きいけれど何ということはない。 ここはとても美しかった。 ハイキングコースみたいな遊歩道沿いにあって、「ほんまにここでええんか」と思っていくと突然に現れる。 相当年季が行っているし、もうアートの領域に入っている。 駆け足で超有名物件だけ巡ってみたけれど、下田富士屋ホテル、稲取観光ホテルはとにかく破壊跡の凄まじさに圧倒された。 人力で行った跡とは思えない。 地元のヤンキー半端ないね。 美しいのはホテル浜山。 カテゴリー• Link : スポット• Link : なかま• Link : 写真• Link : 東京風景写真• Link : 路上観察•

次の

下田富士屋ホテル、下田御苑ホテル、下田城美術館、稲取観光ホテル、ホテル浜山

下田 富士屋 ホテル

伊豆半島はマニアの間では別名「廃墟半島」とも呼ばれ、多くの廃墟が存在している土地です。 かつて東京近郊のリゾート地として栄えた伊豆半島には、無数の宿泊施設やレジャー施設が林立しました。 海外旅行の低価格化やバブル経済崩壊のあおりを受け、廃業に追い込まれた数々の施設が、今では有名廃墟としてマニアの熱い視線を浴びているのは何とも皮肉なことです。 <廃墟の宝庫> 伊豆半島には廃坑も多くありますが、ホテル廃墟の多さも特筆すべきかもしれません。 「ホテル・ピース」「天城温泉ホテル」「ベルビュー富士ホテル」「下田御苑ホテル」「下田グランドホテル」「稲取観光ホテル」「熱川ロイヤルホテル」・・・。 ホテルや宿泊施設の廃墟が生まれる背景には、大きく分けて二つのパターンがあるように思われます。 地の利の悪さが災いするパターンと、激戦区での競争に負けるというパターン。 当然のことながら前者は行きにくい場所にあり、後者は目立つ場所にあります。 <黒船の襲来に負けた?> 下田富士屋ホテルは、ペリー来航の地として知られる下田市にあります。 伊豆急下田駅より国道135号線沿いを走ると、山側にかなり大きな建物が現れます。 蔦に覆われ荒廃した白い四角張った建物は、一見病院や学校を思わせますが、入口には大きく「下田温泉富士屋ホテル」の文字が書かれています。 棟と棟の境目の、特徴的な円形に張り出した部分が浴場のようです。 この廃ホテルのすぐ隣には、「黒船ホテル」という立派なリゾートホテルが営業しています。 実際のところはどうなのか分かりませんが、まるで日本の象徴である富士が黒船に敗れたようにも見えて、少し切ない気持ちになります。 <明日はどっちだ> かつて栄えた観光地がさびれてゆくのは、やはり寂しいものです。 廃墟に一定の魅力があるのは確かですが、一般の人に危険、怖い、不気味、とネガティブなイメージを持たれやすいのも事実。 伊豆半島といえば廃墟、という認識が広まる程、あまり廃墟が増えすぎないよう、祈るばかりです。 スポンサードリンク.

次の