年末 年始 高速 道路 渋滞。 帰省ラッシュ等に伴う年末年始の高速道路渋滞予測 NEXCO東日本・中日本・西日本と首都圏

2019年~2020年 東北自動車道の年末年始&お正月渋滞に要注意!渋滞予測で快適なドライブをしませんか?

年末 年始 高速 道路 渋滞

このほかに、阪神高速3 号神戸線から第二神明道路に跨ったピーク時20 km以上の渋滞が予測されます。 運転の際は、前方に注意し、車間距離を十分に確保するようお願いします。 (詳細は4 ページ) 2. 気象等の情報を十分確認 いただくとともに、いざという時のために、 タイヤチェーンを携行して頂き、冬用タイヤ スタッドレスタイヤなど でのご走行をお願いします。 このような路面では『急』の 付く運転(急ハンドル、急加速、急ブレーキ)は大変危険です。 速度を控えめに、十分な車間距離をとって安全運転を心掛けてください。 最新の雪氷作業情報や主要なインターチェンジの 天気情報、短期の降雪予測などご確認できますので、ご活用ください。 渋滞情報の提供 今回の渋滞予測や過去の交通混雑期(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始等)の状況を踏まえて、特に激しい混 雑を予測している期間に、休憩施設での駐車場整理員の配置、臨時トイレの設置、大型車駐車マスの確保などの混雑対策を実施する予定です。 《駐車場整理員の配置》 《臨時トイレの設置》 《大型車駐車マスの確保》 6. 渋滞の多く発生する交通混雑期は、 特に運転に注意が必要です。 短時間でカラダもアタマもスッキリするために、ぜひ実践してみて下さい。 みんなでシャキッ!『ねむけざましストレッチ』 () 7. 渋滞緩和に向けたお願い お客さまのちょっとした心掛けで渋滞の緩和に繋がります。 ご協力をお願いします。 速度を低下させない! 上り坂など速度低下を注意喚起している場所では、速度回復にご協力をお願いします。 (上り坂などの渋滞発生箇所付近において、LED標識で「速度低下注意」や「速度回復願います」を表示)• 車間距離をつめ過ぎない! 走行中は余計なブレーキを踏まないように十分な車間距離の確保をお願いします。 追越車線に集中しない! 渋滞中における必要以上の車線変更は、更なる渋滞の悪化を招きます。

次の

高速道路別!年末年始の渋滞予測&回避術おしえます【関東近郊】

年末 年始 高速 道路 渋滞

年末年始高速道路の渋滞予測! まずは仕事納めと仕事始めの整理から。 一般的に市役所や区役所を始めとした官公庁と多くの一般企業は12月28日、一部の一般企業は29日、そして金融機関は30日が仕事納め 御用納め です。 ただし2018年は30日が土曜日なので、金融機関の仕事納めは29日 金 となります。 つまり28日と29日に集中するんですね。 では仕事始めはどうかというと、官公庁や金融機関は1月4日が仕事始めですよね。 一般企業は、12月28日が仕事納めだった企業は1月4日、仕事納めが29日だった企業は5日が仕事始めとなる事が多いです。 2018年は三が日明け初めての週末が6日です。 例年、有休を使ってお正月休みを長くする人もいますが、今年は4日と5日の2日間を有給にしないといけないので 仕事始めが4日の場合 、それほど多くないと思われます。 つまりほとんどの人にとって、 お正月休みは12月29日 金 もしくは30日 土 から1月3日 水 までということです。 GWやお盆、年末年始の長期休暇って、分散するタイプと集中するタイプに分かれますが、今年のお正月休みは集中型になりそうですね。 これを前提に高速道路の渋滞を考えてみましょう。 今年は5連休もしくは6連休となるので、移動日をずらす人はあまり多くないと思われます。 下りは仕事納めが2日間に渡っていることもあり、その分だけ少しは分散されるかもしれません。 でも上りに関しては、ほぼ1月3日に集中するんではないでしょうか。 ではもう少し詳しく、見ていきますね。 年末年始の渋滞のピークはいつ?首都高や東名、新東名は? 12月28日 木 官公庁と一部の企業の仕事納めです。 早い人は、この日の夕方から夜にかけて出発します。 なのでこの日が帰省ラッシュの始まりですね。 28日の夕方から少しずつ、高速道路も下り路線の渋滞が始まると思いましょう。 ただしこの日は、まだそこまで大きな渋滞にはなりません。 注意するのは、通常の帰宅ラッシュに巻き込まれないようにするくらいですね。 12月29日 金 この日は本格的に渋滞が始まります。 師走はただでさえ渋滞が起きやすいんですよね。 通常の渋滞に加えて帰省ラッシュが加わるので、午前中からそれなりに混みます! 大和トンネルや小仏トンネルといった渋滞の名所では、20キロ、25キロの渋滞もあり得ます。 12月30日 土 下り路線の渋滞ピークの日です! 前日にゆっくりと休息を取ったり、お家の用事を片付けた人、もしくは29日が仕事納めだった人が本格的に移動を開始します。 気分的に大晦日の31日には実家や旅行先でくつろいでいたいっていう人が多いでしょうから、この日のうちに移動したいってなるんですよね。 高井戸IC、相模湖IC、小仏トンネル、大和トンネル、八王子ジャンクションなど、渋滞情報でよく登場するポイントは、40キロ、45キロの渋滞も発生する可能性が高いです。 12月31日 日 大晦日は午前中は多少の渋滞が下り路線に残ります。 また初詣で有名な神社やお寺の近くでは、夜になるにつれて車の流れが少しずつ悪くなってきます。 下り路線の渋滞はここで一段落です! スポンサーリンク 1月1日 月 、2日 火 両日とも渋滞は一段落です。 ただし2日の夕方から上り路線が少しずつ混雑し始めます。 4日の仕事始めに備えて、早めに帰宅したいっていう人が2日の夕方から夜にかけて帰路につき始めるんですね。 ただし今年はお休みが短い傾向にあるので、ぎりぎりまで帰省先や旅行先にいたいっていう人が多いと思います。 なのでそこまでの激しい混雑にはならず、緩やかな渋滞だと思いましょう。 1月3日 水 上り路線のピークはこの日です! 朝から渋滞は始まっています。 少しでも早く自宅に着いて翌日からの仕事に備えてゆっくり休みたい人は早朝、少しでも長く旅先に留まりたい人は午後から夕方にかけて出発します。 一日中激しい渋滞が続くと思われます。 1月4日 木 4日が仕事始めの人が圧倒的に多いので、渋滞は一段落しています。 5日仕事始めの人は、この日に帰るのがおすすめですよ。 渋滞することが分かっていても、移動はしないといけないんですよね。 だったら少しでも渋滞を回避して移動できる方法が知りたくないですか? ここからは渋滞回避の方法です 年末年始の渋滞を回避したい!いい方法は? 出発する時間を工夫する 実は下り路線が渋滞のピークを迎える時間帯って、いつも同じなんです。 それは 午前中6時~8時くらい。 ちょっと意外ですよね、もう少し遅いと思ってませんでしたか? なので、 29日や30日に出発する場合は、早朝3時とか4時ごろに出発してピークを迎える前に通過してしまうのがおすすめです。 この時気を付けるのは、この朝6時~8時くらいまでに渋滞の名所を通過することです。 自宅からそこまでの所要時間を考えて、何時に家を出ればいいのか逆算してくださいね。 もしくはピークが過ぎてからの出発です。 早朝に渋滞のピークがあるとはいえ、その後もダラダラと渋滞は続きます。 一段落するのは午後3時や4時ごろ。 逆に上り路線が混雑するのは午後。 これは現地でちょっと遊んでから、すこしんんびりしてから帰路につく人が多いからでしょう。 それでも連休最終日は少しでも早く家に着い翌日に備えたいという思いから午前中が込むことが多いです。 ただし今年はお休みが短いので、最終日の3日は一日中混むでしょう。 午後の方が気持ち流れてるかな?っていう程度だと思ってくださいね。 上り路線の渋滞を避けるには、2日の午前中、3日の早朝3時や4時もしくは3日の15時や16時以降に出発すれば、ピークを避けることが出来ます。 出発前日にできること 高速道路各社やJARTIC 日本道路交通情報センター の公式サイトでは、渋滞予測情報を公開しています。 すでに工事などで決定している通行止め、車線規制などの情報もアップしています。 年末年始に工事をしていることは滅多にないですが、事故の影響で通行止めが続いてしまっているなんてことはあり得ますよね。 渋滞って言うのは常に変わるので絶対の予測はできないですが、出来るだけ直前に最新の情報を確認して、無理のない範囲で出発時間の調整を行いましょう。 ポイントは、一番渋滞が激しくなるポイントを避けるためには何時に家を出るのがいいのかを逆算して考えることですよ! 出発直前や運転中に行うこと 家を出る直前や運転中にチェックしたいのは、グーグルマップです。 「交通状況」を表示させると、リアルタイムの道路状況が色で表示されますよね。 緑はスムーズに流れている、赤は渋滞発生中、赤の色が濃くなればなるほど激しい渋滞を意味しています。 今まさに向かっている先で渋滞が発生していて、迂回路を使ったほうが早いようであれば迂回してしまいましょう。 ただしこれは、同乗者がいる場合に限ります! 運転手がグーグルマップを操作するのはやめましょう。 必ず同乗者にお願いしてくださいね! ただしここでもポイントがあります。 高速道路上で自然渋滞が発生している時は、一般道でも渋滞しています。 そういう場合は、下道や一般道に避難するのではなくて高速にそのまま留まっていた方が、結果的に早く着くことの方が多いんですよ。 事故や故障車の立ち往生などで混んでる場合は、迂回した方が早い場合もあります。 おススメ!.

次の

年末年始高速道路の渋滞予測!首都高や東名のピークと回避方法は?

年末 年始 高速 道路 渋滞

2019年度の年末年始もでは激しい渋滞が予測されていますが、そのなかで「通過に最も時間を要する」とされる渋滞区間が、名神高速にあります。 名神の渋滞、新名神の三重県区間が開通したことで激しくなっている傾向です。 上下線ともノロノロの名神 渋滞先頭は草津と大津 2019年度の年末年始も、高速道路では激しい混雑が予測されており、長いものでは年始に関越道や東北道、東名高速でそれぞれ最大35kmの渋滞が発生するとされています。 一方、NEXCO管内で「通過に最も時間を要する渋滞」、つまり通常時とピーク渋滞時とで通過時間の差が最も大きい渋滞の発生が予測されている区間が、名神高速にあります。 それは2020年1月2日(木)および3日(金)の上り、名神から新名神が分岐する滋賀県の草津JCTを先頭に、京都府の大山崎JCT付近まで最大25kmの渋滞が発生し、通常と比べ通過時間が最大1時間21分ほど増加するとされています。 名神高速下り線、瀬田東IC付近。 大津ICと草津JCTのあいだに位置し、しばしば渋滞する(2019年9月、乗りものニュース編集部撮影)。 前出の関越道や東北道、東名で予測されている最大35kmの渋滞において、通過時間の増加分は約45分から1時間とされています。 それらより短い距離にもかかわらず、通過時間が長くなる名神の渋滞は、より「ノロノロ」な渋滞と見ることができるでしょう。 なお、名神では下り線でも、草津JCTに近い大津IC付近を先頭に、年末・年始とも最大20km、通常と比べ通過時間が最大1時間5分ほど増加する渋滞の発生が予測されています。 大津IC付近や草津JCT、なぜこれほど通過に時間がかかるのでしょうか。 近年における道路ネットワークの進展により、傾向の変化も見られるようです。 なぜ混む名神? 新名神開通で変化も 名神の大津IC付近や草津JCTの渋滞について、NEXCO西日本に聞きました。 さらにその先、京都東ICにかけても2か所のトンネルがあり、速度の低いままの状態が続きます。 このように渋滞の要因になる箇所が短い区間に集中するため、影響が大きくなりやすく、通過に時間がかかる傾向です。 上り線についても、草津JCTを先頭としてはいるものの、主たる渋滞の要因としては、大津ICおよび大津SAの流入車によるものです。 このため従来は上り線も渋滞の先頭は大津IC付近となることが多かったのですが、2019年3月に新名神の三重県区間(新四日市JCT〜亀山西JCT)が開通して以降、草津JCTから新名神へ流入するクルマが増えました。 この草津JCTを先頭とする渋滞が後ろへ伸び、大津IC付近を原因とする渋滞とつながることがあります。 2020年1月2日は名神高速下り竜王IC〜京都東IC間、上り大山崎JCT〜草津JCT間の渋滞が予測されている(NEXCO西日本の画像を加工)。 全国の「通過時間1時間以上増し」渋滞一覧 ちなみに、この年末年始で通過時間が通常よりも1時間以上増える渋滞区間は、NEXCO管内では次のように予測されています。 路線名、渋滞区間と渋滞の先頭部、ピーク時渋滞長、通過に要する所要時間の最大増加分の順に記載します。 外部サイト.

次の