ゴルフ 前 傾 キープ。 アドレスの前傾姿勢と前傾の角度。あごの位置と猫背についても

ゴルフスイング最大の難所-前傾を保ったまま骨盤を回転させる方法

ゴルフ 前 傾 キープ

まずは重要性からお伝えします! アドレスでは前傾をした状態でクラブヘッドをボールにセットしています。 しかしスイング中に前傾姿勢を起こしてしまうとアドレス時にセットとした手元やクラブヘッドはインパクトでは同じところに戻ってきません。 ということは簡単に考えると空振りしてしまうということになります。 でもほとんどの人がそんなに空振りはしません。 なぜなら人間が素晴らしい感覚や反応する力を持っているからです。 では、なぜ前傾姿勢を崩す方が多いのに空振りする人はいないのか。 これは、前傾姿勢が崩れ届かなくなったクラブを腕を下に伸ばすことにより無意識の内にクラブヘッドをボールに届かせているのです。 お尻とお腹が前に出ますから手元の通り道もなくなり手元が前に出てシャンクの原因の1つにもなります。 そのほかもスライスの原因にもになったりします。 頭が上下しますからダフリやトップのミスも出てくると思います。 そうです、アマチュアの方の悩みの多くの要因をまねきます。 もちろんミスショットの原因はほかにもありますが、前傾姿勢をキープできるとミスの大きな原因を1つ潰せます。 ゴルフはボールが止まっているので、自分とボールとの距離や関係性をなるべく変えないことがとても重要です!前傾姿勢が崩れると、アドレス時とは左肩からボールの距離や目とボールの距離が変わってしまいます。 この2つは特にスイング中の自分とボールの関係性を感じておくための大切なポイントですから、注意していきましょう。 前傾キープの重要性がわかったところで前傾をキープできるドリルをご紹介します。 下の写真のような形をとります。 左腕を固定したまま、右腕でクラブを振っていきます。

次の

ゴルフ前傾姿勢の角度維持ができないと悩んだ僕の案外簡単解決ドリル

ゴルフ 前 傾 キープ

目次 1. ダフリとは 「トップ」とは・・ボールの半分より上を打ってしまうこと 「ダフリ」とは・・ボールの手前の地面を打ってしまうこと ダフリは地面に先にクラブが当たってボールに当たるので地面を打った衝撃しか残らず、スイングスピードが急激に落ちるため飛距離がでません。 ダフリの原因 ダフリの原因はたったひとつ、「スイング中に頭が上下に動いて前傾角度が崩れてしまっている」からです。 あなたが「飛ばそう!」と思うと体は浮き上がりやすくなり、膝がピンと伸びてしまいます。 また、打ったボールが気になり、頭(顔)を早めに持ち上げていませんか?打球を目で追うとアドレス時に体が起き上がってしまい、頭が上下動します。 そして無意識のうちに前傾角度が崩れてしまっているのです。 関連記事 ・ ・ ・ ・ 3. ダフリの治し方 ダフリを解消するには正しい前傾姿勢をしっかりとキープすることが一番効果的です。 とても基本的なことですが、背骨が曲がったり、お尻が下がっていたり意外とできていない人が多いんですよ。 まずは初心に戻ってアドレスからマスターしてみましょう。 アドレス・・前傾姿勢をキープ 前傾角度を崩さないために一番重要なのはアドレスです。 アドレスでは3つのポイントを意識してアドレスを行いましょう。 膝の角度 右膝と左膝の角度がスイング中に伸び縮みしないように意識することがポイントです。 バックスイングの時には右の膝、フォロースルーでは左の膝の角度を変えないようにしてください。 この膝の上下動を意識する時、膝の前ではなく、膝の裏側の角度を意識するとキープしやすいですよ。 正しく股関節から前傾する 股関節からしっかりと骨盤を前傾させましょう。 「骨盤を前傾させる」と言われてもピンとこないと思いますが、ベルトのバックルが下がった形を作るように意識しましょう。 これで腰の位置を変えないでスイングする準備が完了です。 お尻を後ろにキープして骨盤の前傾を保ったままスイングしましょう。 ほとんどの方は前傾角度をキープしたままフィニッシュまでいったとき、とても窮屈感を感じます。 この窮屈感が正しく前傾角度できている証拠です。 そして、かかとに体重をかけずにしっかり母指球にかけること!かかとに体重が乗ってしまうとどうしても後ろに重心がかかり起き上がりやすくなってしまいます。 背骨の角度 ダフリを連発してしまう人のアドレスは、背骨が丸まったアドレスになっています。 特に40代以降の男性に多いのが猫背です。 しかし、その人が無理に背筋を伸ばす必要はありません。 自分の感覚の中で、ほどよく背筋を伸ばして構えるということがポイント。 ちょっとだけ姿勢を良くした背中の張りを感じながらアドレスしましょう。 極端な姿勢でスイングしないこと。 バックスイング・・右側に流れないように バックスイングをあげたときに、重心を右足の土踏まずで受け止めましょう。 この時に外側に流れてしまわないように。 関連記事 ・ 4. ダフリをなくす練習法 4. 軸が左右にぶれてしまう方 通常のスタンスより狭くしてスイングしてみましょう 軸が中心にあることを意識してスイングを作ることができます。 体重が右に残ってしまう方 ダフリ・トップに多いのが軸に右に残ってしまう現象です。 まず、アドレスで右足のかかとを浮かせます。 そして左に重心がかかったままボールを打ちます。 体重が残ってしまい、軸が傾いてしまうかたのいい修正方法になります。 手首が早く曲がってハンドレートになってしまう方 ハンドファースト・・・手元が目標方向に向く ハンドレート・・・手元が目標方向と反対側 ハンドファーストでボールをとらえるための練習方法です。 まず、通常とは逆のグリップで握りましょう。 右手が上、左手が下です。 こうすることでハンドファーストになったときだけボールを捉えることができるので、ハンドファーストで打つ意識が自然を身に付くようになります。 是非、試してみて下さい。 まとめ あなたをこれまで悩ませてきたダフリですが、原因は基本的なところにあったのです。 これまで説明した「前傾を崩さない、頭を動かさない、膝を必要以上に動かさない」を当たり前のようにできるようになれば、ダフリ無縁のゴルフができるようになります。 ここで紹介した練習法は初心者でも簡単に実践でき、効果も抜群です。 ぜひ試してみて下さい。

次の

ゴルフスイングは手首の角度を固定した方が良いのか!|ゴルニュー

ゴルフ 前 傾 キープ

前傾角度が崩れるとどうなる? ゴルフで前傾姿勢が崩れるとカラダが上下に動きます。 それに合わせてクラブの軌道も上下に動いてしまうのでインパクトでボールを正しくとらえられません。 前傾角度が起き上がると… トップ(ボールの上を叩いてしまいライナーの様に低く飛んでしまいます。 度合いが強いとチョロっと前に転がるだけです。 )いずれにせよ飛距離は出ません。 前傾角度が下がると… ダフリ(ボールの手前を叩いてしまい深く芝が削れます。 しっかりインパクトできないのでボールは手前に少し転がるだけです)こちらも飛距離は出ません。 ゴルフでは、この前傾姿勢(上下の動き)をキープすることがナイスショットに欠かせないポイントです。 前傾角度を維持するメリット 前傾姿勢を維持することでスイング軌道が安定し、最初に構えたところをゴルフクラブが通るので、体重移動なども上手くいき、再現性の高い回転運動が出来ます。 そして、体の軸を中心にコマのように回って打つことが出来るので、ヘッドスピードも上がりボールにしっかり力が伝わって飛距離が伸びます。 ゴルフで飛距離、方向性を獲得するうえで非常にメリットの大きいポイントです。 崩れやすいポイント もっとも崩れやすいポイントはテイクバックです。 テイクバックと共にカラダが起き上がってしまいがちです。 反対にボールを見過ぎたりすると顔が沈みこんで下がったりもします。 この時、お腹や胸を曲げるのはNGです。 股関節を中心に曲げるのが正解です。 背中を丸めずにまっすぐして前傾してください。 重心は若干つま先側にあるのが理想的です。 この時に設定した角度をインパクトまで維持することがポイントです。 股関節を上手く意識することで作りやすくなります。 ポイントで取り入れても良いですし、全部取り入れてもOK。 あなたのフォームにマッチするところを上手に取り入れてください。 ゴルフで、飛ばしたい!当てたい!という気持ちが強過ぎると、スイングに合わせて頭の位置が上下左右にブレます。 大事なのは頭が動かないことで、顔は動いても構いません。 ボールを左目で(右打ちの場合)見てください。 顔が若干右を向くかと思います。 こうなるとカラダがスムーズにバックスイングしやすくなり頭の位置のブレが軽減できます。 スムーズにバックスイング出来ると頭の位置もキープしやすくなります。 背中が曲がっていたり、反り過ぎていたりすると前傾角度が動きやすくなります。 まっすぐな背中を確認するために背骨に沿ってゴルフクラブを当ててみましょう。 ゴルフクラブが背骨全体に当たっていれば、まっすぐになっています。 逆に背骨中央だけ当たっていたり、首元だけに当たっている場合は、背中が曲がり過ぎ、反り過ぎの可能性があります。 とはいえ、膝を曲げたままだとバックスイングがしにくいというゴルファーもいると思います。 そんな時は両ひざが伸びないように注意してください。 片膝が多少伸びても、もう片方がキープできていればインパクトに影響はないでしょう。 詳しくはこちら 効果的な練習方法 前傾姿勢をキープする練習方法の一つにゴルフクラブを抱えて回転する方法があります。 胸の前でゴルフクラブを持って回転してください。 首の後ろ(肩)に回して行うのが一般的かもしれませんが、肩にゴルフクラブを回すと必要以上に背中を反り過ぎてしまい、実際のフォームと違ってしまう可能性があります。 胸の前で構える事で実際のスイングの様に前傾角度をキープしたまま回転することが出来ます。 練習時の注意点 ゴルフクラブをもって回転運動をする時、背中の筋肉に注意して、背中をまっすぐキープするよう心がけましょう。 頭の位置が動かないようにすることがポイントです。 正面に鏡などがあればチェックしながら練習すると効果的です。 現在ではスマホなどで簡単に動画撮影が出来るようになりました。 可能であれば自宅、ゴルフ練習場問わず、自分のフォームを撮影し、正しい前傾角度が出来ているか確認すれば練習効率は2倍になるでしょう。

次の