バンプオブチキン 意味。 BUMP OF CHICKEN (バンプ)、Kの本当の意味

【BUMP OF CHICKEN/Aurora】歌詞の意味を徹底解釈!「オーロラ」に込められた想いが深い!

バンプオブチキン 意味

バンプオブチキンの『 シリウス』は、2018年9月24日に配信された、11作目の配信限定シングルとなっています。 前作『望遠のマーチ』からは約2ヶ月ぶりの新曲で、アニメ「重神機パンドーラ」の主題歌にも起用されました。 また、この『シリウス』ですが、2018年11月14日に発売されたシングル『話がしたいよ』にも収録されています。 パッケージ版での発売は約3年半ぶりとなっており、このCDや初回特典DVDには、バンプオブチキンには欠かせない 隠しトラックがあるようです。 しかし、隠しトラックというくらいなので、ぜひ購入してご自身で確認してください。 ちなみに、隠しトラックが始まる時間は07:09からで、メンバーの生まれた年の1979年に由来しているようです。 チェックしてみて下さい。 また、MVは ドローンを使用して撮影したとのこと! かなりかっこよく仕上がってるMVですので、こちらもぜひチェックしてみて下さい! BUMP OF CHICKEN「シリウス」歌詞の意味を考察。 それでは、『シリウス』の歌詞の考察をしていきましょう。 シリウスとは恒星の名前。 また、MVでは光が多用されキラキラした印象となっています。 それらは、歌詞とどのような関係があるのでしょうか。 自分自身の人生を振り返り、 自分の叶えたい夢を確認する楽曲なのではないでしょうか。 名前さえ忘れても消えない灯火には、「諦めて忘れてしまった夢でも、やっぱり諦めきれないくすぶっている夢」と解釈できると思います。 また、「体の操縦だけで精一杯」は「自分自身の人生をいきていく行くだけで精一杯」とも取れます。 少し弱気な主人公がみて取れます。 となると、その盾とは「絶望の最果て」、剣は「希望の底」と捉えることができます。 ここでいう「絶望の最果て」は、もう何も失うものがなく、 「挑戦したい主人公」の姿が見て取れます。 対して、「希望の底」は、 「希望が全くない、夢が叶う望みがない」ということを言っていると思います」。 そんな 葛藤している心境を書いているのではないでしょうか。 これは誰のストーリー(人生)なのか。 自分自身の人生だから、 自分自身の一番好きなことをやっていこうというメッセージが汲み取れます。 幼馴染から始まり、今や日本の誰もが知るバンプオブチキンが歌うからこそ、 夢を叶える大事さや尊さが感じられますね。 bumpofchicken. 「帰り道奪われて」の部分から、もう後戻りができない場所まできていることが見て取れます。 しかし、「自分が追い求める場所」が放つ眩しい光に向かって、 不安を抱えながらも進んでいく主人公の姿を見ることができます。 主人公は、挫折したのでしょうか。 理由や意味の価値をなくし、夢や自分を見失ってしまったと取れます。 夢に向かって一直線に進んでいたとしても、迷ってしまうときはありますよね。 動物というのは、本能のまま動くものだと思います。 自分自身の中にある、 動物(本能)のままに、突き進んでいこうという主人公の強い意思の表れを表現しているのではないでしょうか。 超能力を持っている人でなければ、過去や未来に起こる出来事さえもどうしても忘れてしまうものです。 しかし、 自分が追い求める夢はそう簡単には忘れないと思います。 ここでは、主人公が決めたそのような夢を再確認しているのではないでしょうか。 が、「勇気をあげる鏡の前」という歌詞が新たに書かれています。 ここでは、 主人公自身が鏡の前に立ち、自分自身を励ましている状況が読み取れます。 いつでも自分がいちばんの味方であることを伝えてくれています。 夢に向かって努力することもあれば、諦めてしまって努力しないこともあります。 しかし、いつでも夢は待っていて、いつでも「おかえり」と言って、 挑戦を受け入れてくれることを表現しているのではないでしょうか。

次の

天才・BUMP藤くんのインタビューから見る音楽観。

バンプオブチキン 意味

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になるアーティスト、バンド名が耳に残りました。 「バンプオブチキンの新曲…」 バンプオブチキン。。。 バンプ、の、ニワトリ。。 バンプ。。 チキン、は、鶏肉、などの、チキンかと思いますが、先頭の、バンプ、とはどういった意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので早速調べてみました。 「バンプオブチキン」とは英語で「BUMP OF CHICKEN」と記述して、先頭の「Bump(バンプ)」とは、道路などの隆起、衝突、ドタンバタンといった擬音、などとの意味になるとの事。 後半の「Chicken(チキン)」とは、ニワトリ、鶏肉、といった意味のほか、子供、小さな女の子、また、臆病者、といった意味になるとの事。 合わせて直訳すると、ドタバタしている臆病者、といったイメージになるのでしょうか。 バンド名の由来について調べてみると、臆病者の一撃、反撃、とのイメージで命名した、との事ですが、ネイティブの方からすると、ブツブツとした鳥肌、とのイメージになってしまうのだとか。 なるほど。 響きはカッコいいですが、微妙な解釈になってしまうのですね。 またひとつ勉強になりました。 [link] :•

次の

BUMP OF CHICKEN「ロストマン」歌詞の意味は解釈と考察!

バンプオブチキン 意味

これですね。 僕は結構好きな方だと思います。 ただ、バンプを好きな人は、歌詞とかについて哲学的にどうだとか、分析的なことを望まない人が多そうな気がしますが? そういうのを心得た上で、あえてお聞きになりたいということでしたら、以下に私見を記しておきます。 ------------ 歌詞を読んで、僕は就職活動を想像してしまいました。 どれかのバスに乗ってないと、何かに属してないと、世間じゃ人間扱いしてくれない=バスの乗車券つまり社員証は人間証明書みたいなもんだということ。 まぁそんなことで乗ったはいいが、「オレ、何でこんなのに乗ってんだろう?こんな人生望んでたわけじゃないのに」という疑問が常につきまとう。 一度はバスを降りてみたけど、夢見てバスを降りたからって夢は漠然としてて夢の結末(夢の先)を見に行きたいわけでもない。 だから、バスに乗るための乗車券=「本当の意味での、強く望む何か」が欲しい。 それさえあれば、みんなと一緒にきっとバスに乗っていけるだろう。 みたいなことじゃないかと。 作者の願望を歌ったものか、ファンあるいは一般の人たちの心理を汲み取ったものかはわかりませんが、気持ちはわかりますね。 たぶん、大学を卒業したら就職より起業が当たり前的なアメリカとかでは、出てこない歌詞だろうと思います。 他者依存的というか、依存はしてなくても独りよがりを嫌う=他人にも評価してえることが自己の幸せや安心にもなるという考え方の強い、日本人だからこそというか。 むろんこれは夢を求めて降りたのであって、みんなと別れたくて降りたわけではないから、こういう微妙な歌詞になったのかもしれませんね。 初めて聞いた時、唸りました。 うまいですよね。 人生だったり社会的アイデンティティだったりの暗喩なのかなと自分は思いましたが、どう受け止めるかは聞き手に委ねられてもいることでしょう。 詩の言葉は開かれた言葉だと思います。 そこから喚起されるイメージはある程度、個人の裁量で決めていい自由さがある。 そこが日常で使われる言葉と異なる点です。 日常で用いられたり、哲学などで使われる言葉はある意味、閉じられている。 確定した意味を内包し、その意味はあらゆる人にとって共有可能なものである必要があるわけですね。 でなければ、意味が正しく相手に伝わりませんから。 その意味を囲い込む輪郭を開いてイメージを増幅させるのが詩の言葉ということになるだろうと思います。 言葉は記号として、響きとして、その意味をある程度、自由に出入りさせもする。 記号と意味は乖離して、そこにイメージが入り込む余地が生まれる。 だから、ダブルバインド、ダブルミーニングという効果も期待できる。 まあ、しかし、そんな御託はいらないですね(笑)歌詞を楽しむ時には個人的なイメージを盛り込めば、その味わいはより深くなる。 歌の持つエクスタシーや、ディオニソス的な陶酔は極めて個人的なものであり、その個人の根源的なところから生まれてもくるのだろうと、これまた御託ですね(笑)哲学的に語ろうと思うと御託になります(笑)そんなことより楽しめばいいじゃないかと思います。 補足拝見しました。 驚かせて申し訳なかったです;;その上、変な感想でスミマセン(汗) 自分も怖い歌詞だなと思います。 ぞくぞくと底冷えしてくるような怖さというか。 取り返しのつかない怖さというものは、何と言うか、昏い淵をのぞきこむような、嫌な気分になりますね。 多くの人が気づかなかったことにして済ませたいものから目を逸らさず、見届ける覚悟のようなものを感じさせる歌詞だなと個人的には思います。

次の