白銀 比 計算。 「黄金比」「白銀比」「青銅比」「白金比」「第2黄金比」とは?

白銀比の計算が簡単にできるページです|デザインカルク

白銀 比 計算

好きな所から見てね• 黄金比のイラスト例 こちらのモナリザが黄金比のイラスト例です。 イラストって言うと語弊があるかもしれませんけど。 髪の生え際から、顎先と頬骨を囲う四角形が黄金比なんだとさ。 黄金比は人間が本能的に美しさを感じる比率で、1:1. 618です。 語呂合わせは、…思いつきませんごめんなさいw 白銀比のイラスト例 キティーちゃんの顔は白銀比です。 白銀比は可愛さの象徴らしいです。 かわいい顔して本能にかわいさを植え付けてくるキティーちゃんって、ものすごく腹黒いですね。 語呂合わせは、「ひとよひとよに白銀比」…です。 428:ウエスト1:ヒップ1. 女性の理想的な体型の比率は、海外で行われた実験に基づいた数値です。 人気の細身グラビアモデルと人気の太めグラビアモデルを調査しところ、細めであっても太めであっても比率は1:0. 7:1だったんだとか。 もしダイエットをするなら、女性はB1:W0. 7:B1の比率を目安にするといいですね。 ちなみに男性は肩幅1:ウエスト0. 6の比率が最も良いとされています。 目の部分や上唇の部分が若干ずれてはいますが、非常にハマっていますね。 ・顔の縦と横幅 ・唇の真ん中と小鼻 ・目尻を繋いだ線 ・鼻筋と目の幅 橋本環奈さんは上記の4ポイントが黄金比とのこと。 黄金比の象徴は美しさですので、黄金比マスクは美しさを表すマスクとも言い換えることができます。 その黄金比マスクが結構ハマっているということは、 橋本環奈さんは美しい・綺麗ってことになりますね。 「えー、橋本環奈、めっちゃキュートじゃん?」というそこなあなた、ここで白銀比の登場です。 」 こちらが白銀比の橋本環奈さんの画像です。 笑顔の時の比率が白銀比になるんだそうです。 黄金比は美しさであるのに対し、白銀比はかわいさの象徴でしたね。 前髪を下ろして笑顔になると、白銀比になって、僕の本能に可愛さをダイレクトに伝えてきます。 本当にこの、橋本環奈さんのスマイルはたまんねーっす。 キティーちゃんもびっくり、白銀比が2箇所もありますね。 橋本環奈さんの顔は黄金比+白銀比+左右対称っていう、世界最強なフェイスになってしまいます。 まぁデコフェチの僕としては、前髪をアップにしてもらいたいところではあるんですけどw 顔が左右対称な人とそうでない人を比べた場合、左右対称の人の方が浮気をする確率が低かったとの実験結果もあった気が…します…うろ覚えです…w 感想とまとめ ・黄金比は1:1. 618 ・白銀比は1:1. 7:ヒップ1 ・男性の理想的な体型は肩幅10:ウエスト0. 6 1000年に一人から3000年に一人に昇格した橋本環奈さんですが、もはやこのわけわからん評価はどっから指標がきているのか気になりますね。 言ってしまえば、僕やあなたも人類が生まれてから唯一の存在、じゃん? まぁいいや、なにはともあれ、美しさとかわいさを備えている橋本環奈さんは最強ですね。 笑った時に白銀比になる笑顔って、まるで精巧に作られたロボットみたいです。 これはもしや、橋本環奈さんが人造人間である可能性…。 ありますよ…。 (ホラー) 橋本環奈さんが色っぽい役を演じるにはまだちょっと早いかもしれませんが、美しさと可愛さの二刀流で、唯一無二の最強女優になって活躍する姿が楽しみですね! では、また!.

次の

デザインに役立つ!黄金比や白銀比の比率を計算してくれる5つのツール

白銀 比 計算

縦と横の比率が最も均整が取れた長方形。 この比率で整えられた状態が最も美しいとされています。 黄金比の長方形はそこから正方形を取り除いてても同じ比率の長方形が残ります。 数値で表すと「1:1. 6180339887 4989484820 4586834365 63... 」ずぅーと続きます。 一般的には近似値として「1. 618」を利用しています。 黄金比を持つ長方形は歴史的にも古くから研究されています。 例えば「ギリシャのパルテノン神殿」「ミロのビーナス」「富嶽三十六景」などがあげられます。 最近ではツイッターやAppleのロゴも黄金比でデザインされていると話題になりました。 ブログのアイキャッチや画像のサイズを決定するときに参考にできます。

次の

黃金

白銀 比 計算

デザインをおこなう上でセンスは必要な要素ではありますが、デザインのルール、理論に沿ったものにするということが重要です。 プロはこれらルールを理解した上でデザインを作成しています。 ルールを守ってデザインをおこなえば誰でもセンスのいいデザインに近づけることができます。 逆に、最低限のルールを無視してデザインしたものはいくら工夫を凝らしても素人っぽさが抜けない、ということになります。 ビジュアルデザインを行う上で、最低限知っておきたいものとして「貴金属比」というものがあります。 「黄金比」という言葉を誰しも一度は耳にしたことがあるかと思いますが、これも貴金属比の一種です。 貴金属比は古くから人間が美しいと感じる比率として用いられており、デザインに取り入れればバランス良く、整った見た目に仕上がります。 今回は、黄金比を初めとした貴金属比5つと、貴金属比をデザインに取り入れる際に便利なツールをご紹介します。 デザインの機会があるという方はぜひ、参考にしてみてください。 黄金比とは 画像引用: 黄金比とは、近似値1:1. 618、約5:8の安定的で美しい比率とされる貴金属比の一つです。 古代ギリシア以来「神の比」とも呼ばれ、別名は、中末比(ちゅうまつひ)や外中比(がいちゅうひ)です。 貴金属比の中でも最もポピュラーな存在です。 黄金比の歴史 黄金比を発見したのはエウドクソス(紀元前408年頃~紀元前355年頃)で、その後古代ギリシアの彫刻家であるペイディアス が初めてパルテノン神殿建設時に使ったと言われています。 1800年代に入ると人類が最も美しいと感じる比率と広く知れ渡り「黄金比」と呼ばれるようになります。 海外の建築物ではサグラダ・ファミリア、日本でも鹿苑寺金閣をはじめとした建築物に用いられ時代、国境を越え人々を魅了している比率です。 黄金比を使った 身近なものとしては名刺をはじめとした様々なカード類、郵便はがきを挙げることができます。 この黄金比は自然界にも多く存在しており、松ぼっくりのかさ、花びらの数、葉の生え方においても黄金比を発見することができます。 黄金比を使った代表的な例として、ミロのヴィーナス、パルテノン神殿、名刺、ハガキ、Appleのロゴ、デジタルカメラ、サグラダ・ファミリアなどがあります。 モナ・リザ 画像引用: レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた有名な絵画「モナリザの微笑」も黄金比が使われている代表的なものの一つです。 モナリザの顔を細かく見ていくと、生え際から顎先までが綺麗に黄金比で成り立っています。 Appleのロゴ 画像引用: Apple社のおなじみのリンゴマークも黄金比が使われていることで有名です。 シンプルながら美しい印象を与えるのには安定した比率が用いられてるからだと言えます。 ちなみにAppleではiPhoneからMacBookの中身まで、様々なデザインが黄金比になっています。

次の