バッタ日本に来る?。 日本ではバッタではなくカメムシが全国に大量発生。今年は果物が高くなるかも

東アフリカのバッタ大発生で深刻な農業被害 日本に来る可能性は?

バッタ日本に来る?

下記クリックで好きな項目にジャンプ• サバクトビバッタが日本に来ることは可能? 結論から言うと サバクトビバッタが日本に来る可能性はほぼゼロに近いようです。 実はサバクトビバッタによる蝗害 こうがい は紀元前から度々起きており、頻繁にアフリカ、中東、アジアに被害を与えています。 「え?アジアって言ったら日本も危なくない?」と思いそうですが、長い歴史の中でもサバクトビバッタが日本に渡ってきた記録はないそうです。 サバクトビバッタの被害が及んでいるアジアはパキスタンやインドなどで、日本に被害が及んだことは一度もないとのこと。 そもそもサバクトビバッタが日本に来るには、まずは中国に入る必要がありますが、中国にもサバクトビバッタは侵入することができないと言われています。 中国に侵入できない理由は以下の通りです。 ヒマラヤ山脈を超えられない サバクトビバッタの被害は中国の隣国であるインドやパキスタンまで及んでいるため、「中国への侵入も目前?」と言われていました。 しかし、パキスタンやインドから中国に侵入するには、広大な山々が連なるヒマラヤ山脈を超えないといけません。 サバクトビバッタの最大飛行高度は海抜2000mが限界であるとともに、生息の限界高度でもあるとのこと。 そのことから、平均して3000m級の山が重なる ヒマラヤ山脈をサバクトビバッタたちが超えることは基本的にはありえないようです。 気温が低いと飛行できない サバクトビバッタは名前に「サバク」とつくことから分かるように、暑い気候を好むそうです。 ヒマラヤ山脈の殆どの場所では想像通りに極寒なので、サバクトビバッタも結局 凍えて全滅する可能性が高いみたいですね。 中国への侵入の可能性はゼロではない? 上述した通り、気温や高度の問題でサバクトビバッタは基本的に中国へ入れません。 しかし、今回の爆発的な大繁殖で、 「ヒマラヤ山脈を迂回するサバクトビバッタも現れるのではないか?」とも言われているようです。 独立行政法人経済産業研究所 RIETI というところでは、 (1)インドやパキスタンを経由しチベットに至るルート (2)ミャンマーから雲南省に至るルート (3)カザフスタンから新疆ウイグル自治区に至るルート の3つがサバクトビバッタが迂回して中国に侵入する可能性があることを示唆しています。 でも今サバクトビバッタは何でも食べる「群生相」に変化しているので、 「有害な植物を食い荒らして迂回ルートからの侵入する」というのも可能性としてはありそうな気もしますよね。 ただ逆に、長年サバクトビバッタを監視している国際連合食糧農業機関 FAO では、そもそも中国がサバクトビバッタの被害を受ける対象にも含んでいません。 インドは注意を示す 「caution」、パキスタンは脅威を示す 「threat」のカラーで色付けされています。 しかし、肝心の中国はというと、サバクトビバッタの被害対象となる色すら塗られていません。 長年サバクトビバッタを監視している国連の機関が、 「そもそも中国に入る可能性はない」と判断している証拠ともとれますね。 古代からサバクトビバッタの大繁殖の被害はありますが、中国に侵入した記録がないようなので、侵入の可能性は限りなく低いのかもしれません。 サバクトビバッタが海を渡る可能性は? 仮に中国にサバクトビバッタが侵入したら、海を渡って日本に侵入することも想像できます。 そもそも 「サバクトビバッタが海を渡るほどの飛行距離をもっているのか?」というのが気になるところ。 サバクトビバッタの飛行距離とは一体どれほどなんでしょうか? サバクトビバッタの飛行距離 調べてみたところ、サバクトビバッタの飛行距離は1日に 100~200kmの距離だそうです。 また中国ニュースの日本版のネット記事によると、風に上手く乗った場合は700km以上に飛行距離が伸びるのだとか。 飛行距離が700km以上というのはエビデンスがないので正直盛っている感はありますが、風に乗ることで大きく飛行距離を伸ばせることは想像できますよね。 この飛行距離踏まえると、侵入経路次第では日本への飛来も全くのゼロではないのかもしれません。 日本への侵入経路と飛来について サバクトビバッタが海を渡るというのは極めて可能性が低いことです。 ただ上記の飛行距離を踏まえると可能性としてはゼロとは言い切れません。 ではこの侵入経路について深堀りしていきます。 朝鮮半島からの侵入経路 先ほど書いた通り、サバクトビバッタはかなりの距離を飛行します。 しかし、中国から日本までの距離はそれよりも全然ありますから、中国から直で飛来するのは難しいとのこと。 ただサバクトビバッタが朝鮮半島まで来たら、流石に話は変わってきます。 仮にサバクトビバッタが朝鮮半島まで来たとしたら距離的にもかなり縮まりますから、 サバクトビバッタの飛行距離でも十分飛来するのは可能です。 下の図を見ても分かりますが、韓国の釜山から対馬経由だと距離も全然近いですもんね。 ん~、ただですよ? 砂漠で生きているサバクトビバッタがそもそも中国大陸を横断して、韓国まで来ること自体がやはり考えづらいですねw 飛行距離的には可能かもしれませんが、中国には寒い地域もいっぱいあるようですから、そこを横断してくることは結構ムリがあります。 台湾から侵入経路 サバクトビバッタが中国大陸を横断して朝鮮半島へ、そこから日本へ飛来というのは色々とムリがあります。 しかし台湾経由だと 可能性的には全くのゼロでもない気もします。 というのも、1928年にフィリピンのルソン島で繁殖したトノサマバッタが、台湾や日本の石垣島、宮古島に飛来して作物を食い荒らしたことがあったとのこと。 台湾に近いフィリピンのバタン島でも200km以上の距離がありますし、石垣島は約500km、宮古島は約590kmほど離れています。 上でも書いたように、バッタ達は風に上手く乗ると飛距離大幅に伸びるので「海上の風に乗って飛来したのでは?」と言われているようですね。 その距離を飛行してきた事実があるということは、条件が揃えば サバクトビバッタも台湾経由で日本に飛来することが可能ということになります。 台湾と中国大陸の距離も近いですしから、飛行距離的にもサバクトビバッタが台湾に渡れることは実質可能と言えます。 可能性的には低いですが、風を利用して長距離を飛行できる事実がある以上、日本も油断できませんね! 日本のカビ エントモフトラ属 に弱い?・・・2020年4月17日追記 サバクトビバッタについてさらに調べていたんですが、彼らが日本に来ても被害の発生はあまり考えづらいそうです。 というのも、湿気が多い日本には「 エントモフトラ属」というカビが存在しており、この カビがバッタにとっては天敵だからのようです。 狭く平原の少ない日本の土地では、バッタ科(トノサマバッタ等)が数世代にわたって集団生活をする条件が整いにくいため、限られた地域でしか発生していない。 また、エントモフトラ属(ハエカビ属・ハエカビ目)のカビを始めとした天敵の存在も、結果として蝗害を抑えていると考えられている[34]。 このカビは寄生性のようで、昆虫などはよく寄生されて命を落とすことが多いみたいです。 仮にサバクトビバッタが日本に飛来したとしても、このカビによって日本国内での被害はかなり小さく済む可能性は高いようですね~。 ちなみに、ウィキペディアによると 「このカビの特性を利用して害虫などの駆除も過去に試された」とのこと。 その試みについての記事は見つからなかったのですが、害虫などがカビによって駆除できたら色々とメリットもありそうです。 ただし、一回も上手く言ったことがないようですよw サバクトビバッタが日本に来る可能性と侵入経路についてのまとめ サバクトビバッタが日本に来るにはまず中国に入る必要があります。 しかし、サバクトビバッタはヒマラヤ山脈を超えれないので、中国に侵入することは現実的には難しいようです。 国連の機関でも中国をサバクトビバッタの被害区域に含んでいないことから、中国侵入の可能性はかなり低いんでしょうね。 ということは、 サバクトビバッタが日本に来ることも現実的には難しいということですね。 仮に中国にサバクトビバッタが侵入しても、平均100~200kmの飛行距離を踏まえると日本への飛来は難しそうです。 朝鮮半島まで来たら流石に海を渡って飛来しそうですが、サバクトビバッタの構造上中国大陸を横断してくるのはまず不可能でしょう。 海を超えてきたのであれば、まず隣国まで侵入していなければ日本には到達できないので、なにかしらニュースになっていてもおかしくなさそうですが・・・。 考えられるものとしては、船に紛れて海を渡って来たとかでしょうか。 ちなみに調べて見たら、「イボバッタ」や「クルマバッタモドキ」というバッタは6月には成虫になっているものもいるようです。

次の

【自然しらべ2006】自然しらべ2006「バッタ」とは

バッタ日本に来る?

バッタの大発生と聞くと、外国の出来事を思い浮かべてしまいますが、かつて日本においても悩まされていました。 今回は日本におけるバッタの大発生について、紹介していきたいと思います。 日本でバッタが大量発生したのはいつ?その理由や原因は? バッタの大発生により作物などが大打撃を受けることを、「 蝗害」といいます。 明治初期に北海道で、 2回も蝗害に見舞われました。 1875年(明治8年)9月27日、道東の太平洋沿岸を台風が直撃し、大洪水が起こりました。 その結果、ヨシやススキなどイネ科の植物が生い茂る草原が現れました。 その後、数年間天気に恵まれたため、トノサマバッタの大繁殖を招くこととなりました。 1879年(明治12年)から発生の兆しが見られましたが、本格的には1880年(明治13年)8月のことです。 翌年(明治14年)にも再び大発生し、この年は渡島国軍川まで進出しました。 当時の記録では、捕獲した数、なんと約 400億匹とまったく想像もできません。 蝗害はその後も続き、1883年(明治16年)には道南の日本海側まで達することになります。 日本で大量発生したバッタへの対策措置は? スポンサードリンク この事態に対して、陸軍は大砲を撃ちこむなどしてバッタの駆除にあたりました。 しかし、民家の障子紙まで食い尽くされ、北海道の各地でとても大きな影響が見られました。 これから開発が進む予定だった、十勝国では開発が進んでいなかったので、大きな被害は出ませんでした。 1884年(明治17年)には延べ 3万人のアイヌの人々が駆除に駆り出されましたが、それでも 終息しませんでした。 北海道では翌年の予算に前代未聞のバッタの駆除費用を組み込むこととなりました。 しかし、1884年(明治17年)9月の長期にわたる降雨によってバッタの多くが子孫を残すことができませんでした。 蝗害は昭和の初期まで、その後も何度か起こっています。 まとめ まさかこれほどまでの被害が出ていたとは思いもしませんでした。 開発が進み、生態系のバランスが崩れたところへ、天災に見舞われた結果、バッタにとって好環境が誕生しました。 天災とも言えますが、間接的には人災の要素も含んでいるような気がします。 スポンサードリンク.

次の

バッタの大量発生は日本にくる?2020年の現在地と移動ルートは?

バッタ日本に来る?

コメント一覧 18• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 00:07• 日本ではバッタ発生しても終息するから平気• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 01:31• 洪水で食い物が無ければさらに北に向かうだろうしなぁ 食料価格がさらに上がりそうですなぁ• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 01:38• 北部はともかく、南部のバッタは大雨で壊滅するかもしれん 昔の北海道で起きた蝗害は、梅雨の長雨で卵が流されたから子世代が激減して収束したと聞くし• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 02:39• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 02:49• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 02:45• 尚、この状況で米、豪に盛大にケンカを売り 小麦の産地を見事に敵に回す悪策展開中。 行い含めてもう未来無いな、あの国 隣の子分から辛ラーメンでも買っとけ• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 03:28• 中国で食糧難か… こうなると日本として怖いのはコロナ初期のマスクの時のことが食糧で起こるんじゃないかだよな 日本にいる中国人が食糧を買い占めて中国に送って日本が食糧不足になるとかいうクソみたいな事態• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 06:23• 同時期に世界中でコンテナ不足になっていた。 原因は勿論中共だ。 雲南省だけではなく、吉林省、黒竜江省でもバッタ騒ぎになってる。 北朝鮮のすぐ上だし、コイツら南下したらどうなるかな?• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 09:15• 中国がどうなろうと知ったことじゃないけど、日本にも確実に悪影響が有るから勘弁して欲しい。 名も無き国民の声• 2020年07月15日 09:43• 日持ちする食品や赤ちゃんのミルクとかオムツとかもやりそう。 世界中にいるチャイニーズは出先だってうらまれるだろうな。 名も無き国民の声• 2020年07月15日 05:33• そうか、砂漠飛びバッタとは違う種類のバッタの蝗害か。 アフリカからインド、南米に中国か…黙示録の扉が開いたな…• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 06:32• 操作を疑うレベル。 名も無き国民の声• 2020年07月15日 08:56• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 07:48• 中国が苦しむのは報いだから当然の事なので本当にどうでもいい。 この国は絶対に他の国を巻き込んで逝く可能性が高いのは気をつけないとまきこまれる。 名も無き国民の声• 2020年07月15日 07:50• バッタによる多国籍軍の包囲網が始まったか。 日本国内からの持ち出しだと検疫の名目でストップもかけられるしね。 それより貧困国の方が深刻になる。 これで親中国の多い貧困国が反中国に転じるかもね。 名も無き国民の声• 2020年07月15日 09:45• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 10:31• 名も無き国民の声• 2020年07月15日 12:19•

次の