ブロッコリー 料理。 ブロッコリーを美味しく食べる!保存方法と賞味期限のポイント

ブロッコリーのゆで方/ゆで時間のまとめ:白ごはん.com

ブロッコリー 料理

ブロッコリーの下ごしらえ ブロッコリーはキャベツの仲間で、冬から初春の旬の時期には甘みが増します。 ゆでる前の下ごしらえで気をつけたいのが 「ブロッコリーの茎は食べられるので捨てない」ということ。 茎の芯の部分には、緑色のつぼみの部分以上にしっかりとした甘みがあります。 まず、ブロッコリーは小房ごとに切り落とします。 切りやすい下から順に、 できるだけ小房に付いてくる茎を長く残すように切っていきます。 一番上の部分は小房ではなく、大きい塊になりますが、小房に切り分けることが難しいので大きいままの状態で切り落とします。 つづけて、 ゆで時間を同じ程度にするために大きさをそろえます(大きめ、小さめなどは好みや料理に合わせて調整してください)。 この大きさをそろえる時にポイントとなるのが、緑のつぼみ部分まで包丁を入れてしまうと、バラバラになってしまうので 『茎の部分から数センチほど切り込みを入れ、あとは手で割く』とまな板も汚れにくくなります。 また、 割くほどでもないけど少し大きいのものは、茎に切り込みを入れておくだけで、ゆで時間が少し早くなり、他のものとゆで時間を合わせることができます! 茎の下ごしらえと小房の洗い方 ブロッコリーの茎はまわりの硬い部分の皮を切り落として、 白っぽい芯の部分だけにして調理するとやわらかく、美味しく食べることができます。 茎をまな板の上に置き、端から順に皮を厚く切り落とし、くるくる回しながら芯の部分だけにします。 食べやすい幅に切ってゆでます(今回は6~7㎜幅の斜め切りにしました)。 しっかり塩をきかせてゆでるとよいです。 しっかりと沸いた中に、ブロッコリーの小房と切った茎を入れてゆでます。 ゆで時間は小さめなら2分、大きめなら3分が目安です。 ブロッコリーがゆで上がればざる上げします。 この最後工程で注意したいのが、 『ブロッコリーはゆでた後に水につけずに冷ます』ということ。 これは 水につけてしまうと小さなつぼみの中に水を含んで、食べる時に水っぽくなってしまうからです。 ざるに上げてしっかりと水気を切り、常温で放置しておくか、余裕があればうちわなどを使って冷ますとよいです。

次の

ブロッ&コリー

ブロッコリー 料理

1ブロッコリーは、小房に分ける。 2ボウルに〈A〉を入れて、滑らかになるまで溶きほぐしておく。 3鍋にオリーブ油を入れ、たまねぎをしんなりするまで炒める。 ブロッコリーと〈B〉加えて、煮立ったら1~2分間煮て塩・こしょうで味を調え、 2を流し入れる。 スープが澄んで卵が固まったら火を止める。 4器に盛り、好みで黒こしょうをふる。 凍ったままでも、解凍したものでもOK。 6mm) 80g 【つくり方】• 1バターを室温において軟らかくし、小麦粉を加えてペースト状に練る。 3 2にブロッコリーを加え、さらに1分間ゆで、フライパンを斜めに傾けて湯を切る。 4 3にハム(またはベーコン)とコーン、牛乳を入れ、煮立ったら 1を加えてとろみをつける。

次の

話題のスーパーフード♪ブロッコリーのダイエットレシピ20選

ブロッコリー 料理

続いて、じゃがいもの甘みと鶏肉の旨み、これらを使って作る優しい味のカレースープでホッコリしてみませんか。 お子さまが喜ぶカレー味なので、ブロッコリーの独特な苦みも薄れ、もたくさん食べられますよ。 まず初めにじゃがいもはレンジでチンして柔らかくして、ボール状に丸めます。 鶏肉のミンチも同様に丸めていきましょう。 コンソメスープにこれらの具材を加え、しっかりと野菜と肉の旨みを引き出します。 カレー粉を加えて混ぜ合わせたら出来上がり。 とても簡単に作れるのでお子さまと一緒に作っても楽しそうですね。 鶏肉の旨みがジューシーで、ほんのりスパイシーな味付けは野菜嫌いなお子さまでも自然と食べられてしまいそうです。 こちらの「鶏とポテトの簡単カレースープ」ぜひお試しください。 そして最後にご紹介するのはお子さまが喜ぶ定番メニュー「ハンバーグ」です。 このお子さまから大人気のハンバーグをうまく使って野菜も一緒に食べてもらいましょう。 まず初めにタネを作っていきますが、すべての材料をビニール袋にいれてこねるので手が汚れることなく調理できるのも嬉しいですよね。 また、こちらのレシピを作る際のポイントは、ハンバーグを焼くタイミング。 牛肉の旨みを余すことなく使いましょう。 ハンバーグをフライパンで炒めたら、そこへ、しめじ、ブロッコリーも加えます。 赤ワイン、顆粒コンソメ、ウスターソースにバターを加え、こってり濃厚なソースを作ります。 ブロッコリーとしめじにもソースが馴染んだら完成です。 ハンバーグの味もさることながらハンバーグの旨みが染みこんだ野菜たちは絶品です!.

次の