国立小学校 人気 理由。 【国立・公立・私立】小学校の選び方と引越し

親が読みたい本、親子で読みたい本10選

国立小学校 人気 理由

この記事に書いてあること• 国立小学校の通学区域は決まっている? 国立小学校は通学区域が決まっています。 公立小学校の学区よりは広く設定されている場合が多く、 通学手段にバスや電車などの公共交通機関を利用している子が多いです。 例えば、県庁所在地の市に国立小学校があって、通学区域はその市内、という感じです。 我が家の長女も、バスを使って通学していますし、お友達もほとんどがバスか電車を利用しているそうです。 中には徒歩で通学している子もいますが、割合的には少数になるようです。 スポンサーリンク 国立小学校受験時は、通学区域外に住んでいてもOK? 国立小学校受験時に、願書の提出書類の中に、受験者本人(子供)と両親の住民票が必要でした。 その 願書提出時点で通学区域外に住んでいてもOKかどうかは、国立小学校によって異なるようです。 長女が通っている国立小学校の場合は、受験時点では通学区域外に住んでいても大丈夫でしたが、理由を説明する書類等の提出が必要でした。 例えば、通学区域内で家を建てている最中とかであれば、それを証明する書類とか、通学区域内のマンションへの引っ越しの予定が決まっているならばその契約書とか。 合格後に通学区域内に引っ越す(不合格ならば引っ越さない)、というのは通用するのかどうかは分かりませんが、無条件にOKという感じはない気がします。 願書提出時に通学区域内に住民票がないとダメな場合も それから、 国立小学校によっては、受験のための願書提出時点で通学区域内に住民票がないとダメ、ということもあります。 ですので、いきなりの思い付きで、国立小学校の受験可能な通学区域に引っ越して、とりあえず受験してみる、合格したらその時にその後のことを考える、みたいな無計画な感じだと、願書すら受付されないことも出てきますので注意が必要です。 引っ越しをせずに国立小学校を受験する方法はある? では、 国立小学校を受験するにあたり、通学学区外から通学学区内に引っ越しせずに受験することは可能でしょうか? 引っ越し予定が確実ならば可能な場合も もし、確実に引っ越し予定があるのであれば、その証明書を提出することで可能な場合があります。 親の転勤予定や家の引っ越し予定など。 ただこれは、国立小学校によって条件が異なるので、事前の確認が必要ですね。 一時的に住民票を移す? 人によっては、通学区域内にある親戚の家などに、一時的に住民票を移して国立小学校を受験するようです。 これは邪道ですし、バレた場合に合格していても取消になることもあるのでおすすめできない方法ですよね。 また、合格して入学するならば、通学区域内に住まないといけないのは変わりませんので、その後のこともよく考えないといけないと思います。 スポンサーリンク 国立小学校合格後に通学区域外に引っ越しても良いの? 国立小学校に合格した後に、通学区域外に引っ越しても良いのでしょうか? これは、どこの国立小学校でもそうだと思いますが、 退学になると思います。 元々の条件に通学区域が設けられていて、これは 受験のためだけの条件ではなく、入学後も適用される条件になります。 ですから、国立小学校に在学するための規定の一つが、通学区域内に住んでいることですし、それに違反して通学区域外に引っ越せば退学という処置となると思います。 引っ越し後、別の国立小学校に転入可能? それから、何かしらの事情で引っ越しをして通学区域外になった場合、 他の国立小学校に転入できるでしょうか? これは国立小学校によって規定が異なります。 転入を一切認めない学校もあれば、空きがあれば転入可能な学校もあります。 そして、転入可能な国立小学校でも、細かい条件などはそれぞれ異なるようですから事前に確認が必要です。 そして、海外赴任などでその通学区域を数年離れて、また戻ってくる場合、学校によっては席を空けておいてくれるようです。 その条件などもそれぞれの国立小学校によって異なりますから事前確認は必要です。 国立小学校ある学区の公立小学校はレベルが高い? 国立小学校がある学区の公立小学校はレベルが高い、なんて聞いたことはないでしょうか?そして、それは本当なのでしょうか? 長女が通う国立小学校がある学区の公立小学校、中学校も、レベルが高い、質が高い、とよく聞きます。 実際に、高校受験の時に、トップ高に行く子の割合も高いようです。 これは必ず、という訳でもないでしょうが、 国立幼稚園や国立小学校、国立中学校の受験を見据えて、この地域に家を建てたり引っ越したりする家庭が少なくないようです。 ただし、国立小学校を受験をして全員が合格する訳でもないので、落ちてしまった子は公立小学校に行くケースが多く、必然的に(?)、その学区の公立小学校もレベルが高い、となるようです。 また、 国立小学校がある地域は文教地域であることも多いので、元々、教育に対して意識の高い家庭が集まっている、ということもあるようです。 国立小学校がある学区の公立小学校は中学受験が多い? これは、ある大手学習塾の講演会で聞いた話なのですが、私たちが住む地域では、国立小学校がある学区の公立小学校から、国立中学校を受験する子が多いそうです。 学区内に国立中学校があると、選択肢の一つとして中学受験を考えやすいのかもしれませんね。 また、国立幼稚園や国立小学校の受験経験者もたくさんいるでしょうから、国立中学校には絶対に入れたい、と思うご家庭も多いかもしれません。 また、国立中学校が不合格の場合は私立中学校に、と考えるご家庭も多いようです。 そのような背景もあって、国立小学校がある学区の公立小学校は、レベルが高い、質が高い、と言われるのかな、と感じました。 必ずしも、ではないでしょうけどね。 スポンサーリンク 国立小学校の通学区域は決まっている?誰でも受験可能じゃない? まとめ 国立小学校の通学区域は決まっています。 地域の公立小学校よりは広い範囲のため、バスや電車などの公共交通機関を利用して通学する子が多いです。 また、受験時点で通学区域外に住んでいても国立小学校を受験できるかどうか、については、その理由と各国立小学校の規定によって変わるようです。 事前に確認が必要ですね。 それから、 国立小学校に合格、入学後に、通学地域外に引っ越しした場合は、退学になると思います。

次の

『国立小学校を選ぶ理由がわかりません』

国立小学校 人気 理由

そうですね、私の子供たちは、全員国立大附属小で学びましたが、それと比較する、公立私立のデーターがなく、はっきりとした長点が言えません。 そもそも公立は選ぶ必要がないです。 選ぶというより、志願し、試験を受けた学校に選ばれるのです。 国立大附属小学校を選んだだけでは入れません。 一つ子供が言っていたんですが、授業の前に教科書、ノート、筆箱を用意し、それぞれ今日勉強するところを開けて、すぐ書けるようにし、授業中は、きちんと自分の席に座り、おしゃべりをしない。 という事が他の学校の子は、出来ないのが不思議と言っておりました。 後は楽しい行事が沢山あり、親子で協力し、思い出を作っていくということです。 教科書が最後まで終わらなくとも文句を言う親もいません。 雪が降ればスキー用の防寒具や着替えを持ち、雪が無くなるまで雪合戦をします。 勉強はしません。 3日降り続けば3日その量によって、スキーやそりをそれぞれ用意し、鎌倉を作ったり各自で工夫します。 クラス対抗になって、球を作る係り、投げる係リーダーは誰になって、など瞬時にそれぞれで決めて行動する。 それもすごいことです。 ある程度のクラスの人数と、4クラス以上無いと出来ないことも有ります。 少子化で1クラス10名以下のところもあります。 本来の小学校の形が作れるのも、国立か私立ではないでしょうか? 先ず始めに言えることは、私立小学校でも100%高校まで進学可能では無いと言うことです。 受験をして入学する小学校には、大きく分けて国立と私立の2つのタイプの学校があります。 しかし、同じ国立でも内部進学が可能な国立もあれば、私立でも附属中学が無い小学校だけの私立もありますし、附属中学があっても外部受験が多い学校、女子はほぼ全員が内部進学するが、男子は全員外部受験の学校など、様々な種類の学校があります。 また、国立の方が私立よりも費用が安く、公立より質の高い授業を受けられるかどうかも、内情や実情を知る者からすれば、一概にそう言えるものではないと思います。 いずれにしても、上記したように国立小学校と言えども同じものではありません。 そして、国立小学校受験を考えられた方は、その学校のことを調べた上で魅力を感じ、受験されているわけです。 国立小学校を選ばれる方の理由は、選んだご家庭にしか分からないものです。 単純に、良いと思ったからと言う理由である場合だってあるでしょうし、近所だからと言う理由だってあるでしょう。 利点や魅力は共通のもので無い場合もあり、感じる側により千差万別であるものだと思います。 受験を志したことの無い方ですと、その学校の良さなども調べていないわけですから、個々の感じた利点に関しても知る由も無い話です。 理解できなくても、なんら不都合も不思議なことも無いと思いますよ。

次の

お受験で人気の国立大附属、内部進学には厳しい現実《本当に強い中高一貫校》

国立小学校 人気 理由

文京区立窪町小学校(「」より/Nesnad) 私には双子の子どもがいる。 子どもが幼稚園児だった頃は、東京都江東区のタワーマンションに住んでいた。 新婚時に購入したものだ。 子どもが生まれてからは、マンションに隣接する都立の大きな公園によく遊びに行った。 しかし、ある理由で引っ越しを突然思い立つ。 引っ越しを決めた思いがけぬ理由 幼稚園は隣の区のお寺が運営しているところに通わせており、スクールバスでの送り迎えがあった。 その幼稚園は生活する上での礼儀やしつけがキチンとしていた。 年に一度の運動会は子どもの成長を実感できる感動的なもので、ママさんたちが涙をこぼす姿は印象的だった。 この頃の生活には不満がなかった。 しかし、ある理由でそのマンションから引っ越しをしようと決めた。 その理由は、近隣の 公立小学校のよからぬ噂を聞くようになったからだった。 その小学校の1年生のクラスでは、子どもが先生の言うことを聞かない、大声を出して授業を妨害するなど、いわゆる学級崩壊のような状態になっているというのだ。 また、学区内にある団地が外国人を大量に受け入れており、多様な学力レベルの中で最下レベルに合わせた授業になりがちだという。 「小学校は幼稚園よりも教育環境が悪そうだ」 これを聞いたときはショックだった。 新婚で移り住んだ場所は夫婦にとって悪くなかった。 通勤時間は短くなったし、買い物などの生活環境も許容範囲だった。 しかし、子どもの教育環境の話になると課題があり、解決方法としては、双子を小学校受験させて2人とも合格してもらうしかないように思われた。 とはいえ、男女の双子であり、2人が合格できそうで共学のところとなると、受験する小学校を決めるのは容易ではなかった。 「教育環境の整った公立小学校に入れよう」 これが、私たち夫婦の出した結論だった。 そのために立地選定に入った。 幼稚園に通わせている間に引っ越したとしたら、車での送り迎えが必要になろう。 とはいえ、送迎の時間はできる限り短くしたいので、現在の家からあまり離れることもはばかられた。 そこで、通っている幼稚園の場所と私の勤務地の関係から、 文京区内で選ぶことにした。 文京区の公立小学校事情 文京区で人気がある公立小学校は、頭文字を取って「3S1K」と呼ばれている。 誠之小、千駄木小、昭和小、窪町小の4つのことで、それぞれ人気の小学校になるだけの理由がある。 誠之小は東京大学がほど近い西片、昭和小は六義園という都立庭園そばの通称、大和郷と呼ばれる高級住宅地が学区内にある。 千駄木小も元武家屋敷の住宅地を抱え、徒歩圏の西日暮里駅周辺や地下鉄で3駅以内に有名進学塾が揃っている。 窪町小は近隣に学芸大学附属竹早小学校、お茶の水女子大学附属小学校、筑波大学附属小学校と3校の国立小学校があり、典型的な文教エリアとして名高い。 こうした小学校では国立・私立中学受験率が高く、2月1日の都内の中学受験日には6年生の9割が受験で学校を休むといわれる。 1月からは小学校に行かずに昼から塾通いをして受験対策をしていても、学校側は何も言わない例もある。 国立・私立中への進学率の格差 実際、文京区の国立・私立中学校への進学率は44. 2%で、1位の千代田区(44. 6%)、2位の中央区(44. 3%)と僅差の3位になっている。 ちなみに、国立・私立中学校への進学率は東京都平均で18. 8%となっており、5人に1人ほどが公立中学校に進学せず国立や私立の中学校に行っている。

次の