松屋 創業 カレー。 松屋「創業ビーフカレー」が100倍ウマくなる食べ方がこれだ! キラびやかな辛さとコク深さが補完されすぎてサードインパクトが起こるレベル

松屋「創業ビーフカレー」大盛を賞味~

松屋 創業 カレー

2019年12月15日 15:00 牛丼チェーンの松屋は11月27日夜、公式ツイッターで人気商品の『オリジナルカレー』を12月1日から販売を順次終了すると突如発表。 そして、翌28日には『オリジナルカレー』を終売する代わりに12月3日から『創業ビーフカレー』を新たなレギュラーメニューとすることを発表し、SNSで大きな話題になった。 外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。 「『オリジナルカレー』の販売終了は予想もしていなかったので、本当に驚きました。 ツイッターで公表された翌日に近所の松屋に行ったのですが、まさかの売り切れ。 仕方ないので、電車で隣の駅まで行って、やっと食べることができました。 今回のツイッターでの突然の終売告知は、バイラルマーケティングとして成功したと言えるでしょうね」 『創業ビーフカレー』と『オリジナルカレー』の違いは? 『創業ビーフカレー』は、松屋創業当時に出されていたカレーを再現したというもので、牛バラ肉をトロトロに煮込んだカレーとなっている。 価格は、『オリジナルカレー』の390円より100円高い490円だ。 「『オリジナルカレー』はスパイスに特徴がある味。 特に辛さの部分が尖って感じられる、珍しいタイプのカレーでした。 一方、『創業ビーフカレー』は一部のスパイスが突出するような味ではなく、甘みと辛さ、旨味が調和されているバランスがいいカレー。

次の

「ごろごろ創業ビーフカレー」新登場!|松屋フーズ

松屋 創業 カレー

って事で、さりげなく『松屋』のグループ系列の『マイカリー食堂』にも行ってる筆者ですが、やはりまだまだ『マイカリー食堂』は店舗数が少ないので、基本的には牛丼の方の『松屋』が便利かなと。 まあ、しかし。 いやね。 別に美味いの不味いのは個人の感想と言うか意見ですので、美味しくないモノを美味しいって言う必要はありませんが、最低限のマナーとして写真は美味しそうに撮るのが礼儀かなと。 むしろ、ピンボケしてたり不味そうな写真を使うのは、店側にとってデメリットでしかないし、そのブログ自体の評価も落ちるので、マジにコッチ系のブログやる人は本気で写真を撮って欲しいと思います。 もっとも、貸し切りでも無いのにフルサイズのデジカメを持ち込んで、シャッター音を響かせるとか100%営業妨害ですんで、そういう機材をガッチリ使う時はちゃんと取材申請するのが常識で御座います。 そんなこんなで『松屋』の『ごろごろ創業ビーフカレー』ですが、あえて言おう! 「カレーとしてなかなか美味しいと!」 まあ、創業当時のビーフカレーの味とか覚えてね~よって話ですが、なかなか奥深い味わいでして、さすがは『松屋』かなと。 一応、毎回やってるので公式サイトから引用しますと、こんな感じ。 2020年5月26日(火)午前10時より、ごろごろ創業ビーフカレー」を新発売いたします。 牛バラ肉をとろけるまで煮込んだ松屋自慢の創業ビーフカレーに、口の中でほどけるごろっと牛肉とごろっと野菜をプラスした「ごろごろ創業ビーフカレー」は、牛肉の旨味が味わえる松屋の新作です。 また、国産のごろごろ人参とじゃがいもをふんだんにつかった「ごろごろ"にんじゃが"創業ビーフカレー」も同時発売! さらに、生野菜がセットになったお得なメニューもご用意しております。 との事でして、そういう事です。 ご馳走さまでした! 『ごろごろ創業ビーフカレー』総評 と、言う訳でなかなか美味しかった『ごろごろ創業ビーフカレー』でして、これは普通にワンチャンあると思います。 牛肉の方もまあ……それなり入ってますし? 多分、ここら辺はマニュアルで 「牛肉2切れ、ジャガイモとニンジンは1個づつ!」って定められていると思われ、盛り付け方からして、多分にニンジンやジャガイモ、肉だけの鍋とカレーって雰囲気ですね。 (いちいち鍋の中のニンジンやジャガイモを探すのは大変ですんで) なので、牛肉が少なかったりとかってハプニングは無いと思うので、多分に大体同じ感じの『ごろごろ創業ビーフカレー』が食べれると思います。 そんな感じの『ごろごろ創業ビーフカレー』ですので、カレーが好きな人は是非食べてみて下さい。

次の

松屋の「創業カレー」が本格的すぎる旨さ!牛丼チェーンカレー覇権争いは松屋の一強か?

松屋 創業 カレー

「創業ビーフカレー」 松屋 12月3日発売 並490円 カレーの 価格変動を ばっちり 理解しているんだな! こんにちは、アスキーグルメ担当のモーダル小嶋です。 現実の生活で褒められることがほとんどないため、「ポケットモンスター シールド」でホップが「さすがだぞ!」と言ってくれるたびに、うれしくて泣きそうになりました。 情緒不安定です。 マリィちゃん……ばり好いとうよ……。 今回は、ポケモンの世界でも作っている人がたくさんいらっしゃるカレーの話題です。 松屋の「創業ビーフカレー」が販売開始となりました。 並490円、大盛590円。 松屋創業当時の味を再現して作ったというカレー。 牛バラ肉をとろとろになるまで煮込んで仕上げたとうたいます。 、話題となったもの。 牛めしと創業ビーフカレーが一度に楽しめる「創業ビーフカレギュウ」(並720円、大盛820円。 プレミアム牛めし未販売店舗では、並660円、大盛760円)と、鉄板で焼き上げたハンバーグと創業ビーフカレーとの相性がバツグンという「創業ハンバーグビーフカレー」(並720円、大盛820円)も同時発売になります。 これが普通に登場したのならよかったのですが、ネットを中心に、ちょっと、一悶着ありました。 まず、11月27日、松屋のTwitterアカウントが唐突に「オリジナルカレーの終売」を宣言。 突然のニュースは波紋を呼びましたが、翌日28日に、同アカウントがあっさりと「創業ビーフカレーをレギュラー化する」とツイートしました。 【大切ならお知らせ 大事件】 夜分ですが皆様には早めに伝えたくて。 松屋から『オリジナルカレー』が消え!? 牛バラ肉をとろっとろに煮込んだ創業ビーフカレーは松屋本気カレーです!! それにともない、オリジナルカレー関連メニューは12月1日から順次終売となりました。 復活が望まれていたメニューの定番化はうれしい一方、レギュラーメニューが値上げされた(オリジナルカレーは並390円)、という受け止め方もあるでしょう。 しかし、記事のタイトルの通りですが、これは、実質値上げではありません。 もう、別物なのです。 オリジナルカレーと似た路線の味わいなら、「100円値上げしただけじゃないか」などと文句も言えますけれど、違ったものが出てきてしまった以上、話は単純ではない。 オリジナルカレー(終売)はピリピリ、スパイスの味 まず、オリジナルカレーの味を確認しておきましょう。 といっても順次終売なので、12月2日に確認のために食べてきたのですが……。

次の