ラベンダー の 増やし 方。 ラベンダーの挿し木の時期はいつ?挿し木の仕方も徹底解説!

ラベンダー挿し木特集!挿し木の時期と仕方、失敗しない簡単な方法とは?

ラベンダー の 増やし 方

レースラベンダーの特徴 原産地:地中海沿岸~アフリカ北部 草丈:60cm~70cm 開花時期:5月~7月、9月~10月頃 花色:青紫色 プテロストエカスという名は花穂が穂状花序という意味からきています。 シダの様な深い切れ込みのある明るい緑色の葉がとても特徴的。 葉がレースの網目のようにも見えるのでレースラベンダーという名称の方が一般的になっているようです。 イングリッシュラベンダーに比べて香りは弱く、いわゆるラベンダーの香りはしません。 観賞用に作られた園芸種なので花姿そのものを楽しむ方が多いようです。 春から初夏に咲き、夏場は咲きませんが、秋になると再び開花してきます。 四季咲き性が強いので、暖かい部屋ならば、冬も花が楽しめるかもしれません。 高温多湿に弱いうえに暑さにも寒さにも弱い種類です。 ラベンダーの中でも育て方が最もむずかしいと言われています。 花言葉:「あなたを待っています」「清潔」「優美」 レースラベンダーの育て方 日当たりと風通しのよい場所を好みます。 梅雨の時期は軒下に、冬は屋内へと移動させる必要があるので鉢植えで育てるとよいでしょう。 用土は、水はけ、保水、肥料もちのよいものが適しています。 ラベンダー用の土を使うと便利です。 寒さに弱いので冬越しするには軒下に置くか室内で管理します。 水やり 土の表面が乾いたら、たっぷりと与えましょう。 乾燥気味が好きなので水をあげすぎないようにします。 冬場は土の表面が乾いてから3日くらいあけて水やりするくらいで十分です。 肥料 肥料はあまり必要ありません。 春から初夏までと秋ごろに液肥を2週間に一度くらい与えます。 害虫 アブラムシ、ハダニが発生することがあります。 アブラムシ除けとして根元に粒状の殺虫剤をまいておくとよいでしょう。 レースラベンダーの剪定時期と方法 過湿、蒸れに弱いです。 咲き終わった花を摘んで、その都度、適度に間引き剪定をして風通しをよくしておきましょう。 梅雨時は特に蒸れやすいので、収穫も兼ねてバッサリと切り戻しをします。 夏いかに涼しく越させるかがポイントなので切り戻し剪定は必ず行うようにしましょう。 レースラベンダーの増やし方 種まきか挿し木で増やします。 ただ、レースラベンダーは種の発芽率が悪く、また、発芽しても変異も多いといわれています。 挿し木で増やすのがおすすめです。 春または秋に枝を切って水揚げをします。 5~10㎝位の長さに切って下葉を取り除きます。 切り口に発根促進剤を塗り、赤玉土に挿し芽します。 4~5日間は明るい日陰に置き、その後、日当たりと風通しのよい場所に移動させましょう。 レースラベンダーまとめ 今回はレースラベンダーの育て方、剪定時期、増やし方などについて紹介しました。 レースラベンダーは、他の種類のラベンダーと違って珍しいので育ててみたくなりますよね。 ただ、暑さにも寒さにも弱く過湿や蒸れにも弱いため 上級者向けの種類だということは知っておいてください。 苗を購入したら管理しやすい鉢植えにして、剪定、切り戻しなどの手入れをして夏越しを成功させましょう。 レースラベンダーを育てるのは大変そうだなと感じたらラバンジン系ラベンダーがオススメです。 ラバンジン系ラベンダーは寒さにも暑さにも強く栽培地域を選びません。 特徴についてはコチラの記事に書いています。

次の

【ラベンダーの挿し木の方法は?】種まきなど他の増やし方もある?

ラベンダー の 増やし 方

ハーブの中で一番知っている植物はなんですか?と聞かれると。 多くの人が『ラベンダー』と答えるくらい、とても有名な植物の1つです。 また、もし自分がラベンダーを育てることを考えるとしたら、ハーブの仲間でだし、何か弱くて育てにくいなどのイメージを勝手にもってしまうのは僕だけでしょうか! そんなラベンダーは、初心者向けで非常に育てやすく手間のかからない植物です。 春には、鮮やかな紫色とアロマにも使われるくらいリラックス出来る香りが漂ってきます。 我が家には、ハーブを5つ育ててます。 その中の3つがラベンダーです。 今回紹介するラベンダーは、僕の1番のお気に入りです。 これから、ハーブを育てたいと思っている方には、ラベンダーはお奨めです。 ここでは、ハーブの代表であるラベンダーについて、初心者の方や育て方に疑問を持たれてる方に分りやすくご説明いたします。 ラベンダーの年間スケジュール スポンサーリンク ラベンダーを育てる年間スケジュールは表のような工程になります。 工程の中でもっとも大事な作業が剪定です。 何故剪定なのかと言うと、ラベンダーは、丈夫で育てやすいのですが、1つだけ苦手なことがあります。 それは、高温多湿に弱いと言うことです。 元々、ヨーロッパの地中海で育てられてた植物なので、日本のような湿度は苦手なのです。 特に、梅雨時期はラベンダーには過酷な条件になります。 その対策として、剪定が大事となり、剪定することで蒸れを防止することが大事と言うことです。 剪定時期を間違えず1年間育成して行きます。 ラベンダーの植える場所と育つ場所 ラベンダーは、手間のかからない植物と説明しましたが、手間をかけずに育てるには3つの条件があります。 日当たりは半日陰でも育たなくはないですが、もし水はけが悪いのであれば必ず土の改良はすべきです。 土の改良は、腐葉土と赤玉と川砂を5:3:2の割合で配合します。 また、今はラベンダー専用の土がホームセンターで購入できますので、そちらを使用するのも良いでしょう。 ラベンダーの開花 スポンサーリンク ラベンダーの種類によって開花時期は異なりますが、我が家のラベンダーは5月~6月中に開花します。 品の良い紫の花が咲き、リラックス効果抜群の香りが庭中に漂ってきます。 開花後は、切り花にしたりドライフラワーにしたり、また、自分でアロマを作ることなどにも使用します。 ラベンダーの手入れ方法 ラベンダーの剪定時期と剪定する意味 スポンサーリンク• ラベンダーの剪定時期はいつ行うのが良いのでしょうか? それは、開花後です。 ついつい、花持ちが良いので花に見とれて枯れるまで楽しみたいところですが、開花後は、ラベンダーが苦手とする高温多湿の梅雨時期に入ります。 蒸れに弱い為、開花した後梅雨に向けて早めに剪定します。 また、苗自体開花で非常に栄養を使ってしまう為、夏場に向けてエネルギーを蓄える為にも早めに剪定しとく必要があります。 写真のラベンダーは今年僕が剪定前に撮った写真ですが、次期としては遅い状態です。 本来であればもっと早く剪定する必要があります。 ラベンダーの剪定方法 スポンサーリンク• 続いてラベンダーの剪定はどようにした方が良いのでしょうか? 結構ザクッとカットしてかまいません。 結構そんなにと思うくらい刈ってしまいます。 刈り方の手順は以下の通りです。 以上が剪定手順です。 ここでのポイントは、間引きをすることで通気性を良し蒸れによる対策を行います。 肥料の時期とやり方 ラベンダーの肥料の種類は、有機肥料を使用します。 固形でも粉末でもどちらでも大丈夫です。 そして、肥料を撒く時期は、開花前の3月と開花後の6月の剪定後に行います。 特に開花後は、ラベンダーに負担がかかった為に、エネルギー補給として開花後の剪定し終わったと同時に行います。 肥料のやり方は、苗のまわりを掘り上げ、その掘り上げた場所に肥料を入れます。 矛盾しますが、僕は肥料を撒く回数について、ここ数年開花後の1度だけしか肥料を行っていません。 自分で2回と言っているのに違うじゃんと思われちゃいますが、一度だけの肥料撒きで、毎年丈夫に成長し綺麗な花を咲かせてくれてます。 何が言いたいかと言うとそのくらい手間をかけなくても大丈夫だということです。 元々、ラベンダーは痩せた土地でも良く育ちますので、過剰に肥料について考えることはありません。 ラベンダーの病気と害虫について 病気にもかかりにくいですが、なるとすればうどん粉病です。 葉と茎の表面が白く粉のような状態になります。 白い部分が増えると光合成が出来ずに生育不良になったり、ひどい時は枯れてしまいます。 対策は、通気性が悪いことからうどん粉病を発生しますので、剪定して通気性を保つようにして下さい。 後、害虫ではアブラムシが寄生することがあるでしょう。 時期は4月から5月ぐらいです。 寄生するとアブラムシが発する液体が原因で、カビが発生しウィルス病が発症したりします。 見つけ次第殺虫剤で除去します。 ラベンダーの育て方のまとめ 初めにも話しをしましたが、ラベンダーを育てるのが難しいと思っていた方も、ここまでの説明で非常に手間のかからない植物だと分って頂けたと思います。 また、育てやすい利点だけでなく虫よけの作用を持ち合わせているので、他の植物と上手く組み合わせると害虫対策にもなるると思います。 それでは、ラベンダーを育てることでのまとめです。 以上が大事なことです。 そんな我が家では、工夫として軒下の乾燥した場所に植えて育てることにしています。 見事に軒下ということもあり土は乾燥しています。 ちょっと乾燥しすぎで心配するくらいです。 それでも、水やりすることもなく元気に育っています。 ラベンダーは、環境に適合すれば、初心者でも手間もあまりせずに丈夫に育ってくれます。 ハーブには沢山の種類がありますが、是非ラベンダーは一度挑戦してみて下さいね。 スポンサーリンク• 人気の記事• 庭いじりについて何もわからない・・・。 庭づくりってどうやったらいいの?そんな超初心者の僕がガーデニングもエクステリアも、防犯アイテム設置も全部全部DIYしました... ハーブの中で一番知っている植物はなんですか?と聞かれると。 多くの人が『ラベンダー』と答えるくらいとても有名な植物の1つです。 そんなラベンダーは、初心者向けで非常... 雑草を生やしたくないからと言って、コンクリートで埋め尽くすと夏は暑いし、冬は反対に寒々しいなど問題は色々ありますよね。 出来る事ならコンクリートのように雑草を押え... DIYで芝生を植える上で、芝生の品種選び、芝生に合う土地の条件や整地の仕方をご紹介いたします。 また、僕の過去の成功談と失敗談を交え、初心者の方が簡単に芝生を植え...

次の

ラベンダーの挿し木の時期はいつ?挿し木の仕方も徹底解説!

ラベンダー の 増やし 方

ラベンダーの挿し木を成功させるには、まず茎から根を出させる必要があります。 根を生やすコツは挿し木の「時期」に注意し、「手順」を間違えないこと。 4〜6月、または9月の「時期」を見計らって、次の「手順」で進めましょう。 コップなどの容器に水を入れておく• 新しい鉢の底へ鉢底ネット、鉢底石、無菌の土を順に入れる• 5〜6cmだけラベンダーの茎を切り取る• その茎の下半分についている葉っぱを取り除く• 茎を容器に入れて1時間ほど切り口を水に浸す• 切り口に発根促進剤を塗る• 鉢の土に指や割り箸で穴を空けてそこへ茎を挿し込む• 土が乾燥しないように水やりを続ける• 蛍光灯の下、直射日光の当たらない窓辺など明るい日陰で管理する• 3週間ほどたって根が生えたら新しい苗として植え直す 挿し木で育てたラベンダーの苗の育て方!その後のお手入れは? ラベンダーの茎が根を出したあとは、茎ごとに新しい鉢へ植え替えて苗として育てていきます。 植え替えの前に根を出した茎の数だけ鉢を用意しておきましょう。 用意するグッズとお手入れ方法をご紹介します。 3号ほどの植木鉢• ハーブ用の培養土• 鉢底ネット• 根が生えたら水やりをやめて土を乾燥させる• 新しい3号鉢に鉢底ネット、鉢底石、培養土を順に入れる• 根を傷つけないよう苗を取り出して新しい鉢に植える• 苗が固定されるよう土を苗の周りに入れる• 水やりをする• 1週間単位で徐々に日当たりのよい場所へ鉢を移動させる• 土が乾燥したら水やりをする ラベンダーの挿し木は初心者でも取り組みやすい一方で失敗することもあります。 その失敗の多くは2つに分類され、1つは「根が生えてこない」「根が生えたけど、植え替えたら枯れてしまった」など挿し木自体が失敗するパターン。 もう1つは「茎を切ったあと親株が枯れた、花が咲かなかった」という親株の栽培が失敗するパターンです。 挿し木自体が失敗する原因は「水の与えすぎ/水が足りない」ためなので、「根が生えるまでは土を乾燥させない」「根が生えてからは土を一度乾燥させてから水やりをする」ことを忘れないでください。 親株の花が咲かないのは「茎や葉を切りすぎた」ことが原因として考えられます。 「茎を切り取る」段階で切り取られる茎に4〜6枚ほど葉っぱが残るようにしましょう。 ラベンダーの挿し木以外の増やし方!種まきのポイントは? ラベンダーの種まきは4〜5月に行うのでそれまでに種まきグッズを用意してください。 ラベンダーの種• 植木鉢かプランター• ピートモス(1L):苦土石灰(2g)の割合で混ぜた土• 鉢底石• 鉢底ネット• ピートモスと苦土石灰を混ぜて10日以上寝かせる• 4〜5月の間に種を1000倍に薄めたジベレリン溶液に3日間つける• 浮いてきた種は捨てて沈んだ種のみを回収する• 寝かせておいた土を鉢に入れる• 土のうえに種をばらまく• 種の3倍ほどの高さの土をかける• 土が乾燥しないように霧吹きするか水やりをしてラップなどで覆う• 2週間ほどで芽が出てくる• 元気な芽を残してそれ以外の芽を取り除く• 葉っぱが3〜4枚生えてきたら通常の苗として育てる ラベンダーの挿し木以外の増やし方!株分けの時期や方法は? 今と同じ大きさのラベンダーがほしい場合や今のラベンダーを一回り小さくしたい場合は「株分け」という繁殖方法がおすすめです。 株分けは1つの植物の根を分裂させてそれぞれ育てる方法です。 鉢で数年育てたラベンダーを対象に、3〜5月、9〜10月の間に行います。 株分けのコツはできるだけ根を傷つけず清潔に保つこと。 できるだけ手で分けるか、難しい場合は清潔なハサミやカッターを使いましょう。 根を傷つけすぎると株分け後に枯れてしまうので注意してくださいね。 生長したラベンダーの株• 植木鉢やプランター• ハーブ用の培養土• 鉢底石• 鉢底ネット• 水やりを控えてラベンダーの鉢を乾燥させておく• 新しい鉢の底へ鉢底ネット、鉢底石、土の順に入れる• 鉢から株を取り出す• 手やカッターを使って根を半分もしくは三分割にする• 分けられた株をそれぞれ植え直す• 通常のラベンダーの株として育てる.

次の