男の子 の 名前。 【かっこいい名前】古風・和風な男の子の名前135選! 日本らしさを感じる名前一覧を紹介

男の子名前ランキング一覧【2019年版】|かっこいい、珍しい、古風など|cozre[コズレ]子育てマガジン

男の子 の 名前

男の子名前人気ランキングを発表します。 文字別では1位が「翔」、2位が「湊」、3位が「悠真」とランクイン! 名前の読み方別では1位が「はると」、2位が「ゆうと」、3位が「そうた」となりました。 昨年に引き続き3音の名前が主流、最後の音が「と」「ま」などで終わる音も人気です。 <男の子の名前ランキング 目次>• なお企業などでも発表されている名前ランキングですが、今回は私が最近5年間に命名相談で出された候補のお名前をもとに集計したものです(~2019年10月)。 なお、たとえ人気順位が高くても、間違った読み方の名前、男女を間違える名前は、まねをする人が出ないよう削除してあります。 読み方は圧倒的に「ひろと」が多いですが、他のふりがなもあるようです。 なお、大の字を「ひろ」と読むのは正しいですが、翔の字に「とぶ」の読み方をのせているのはごく一部の辞典だけです。 『悠介』『悠平』『悠互』『悠太』などの名も多いですが、とくに最近は「ゆうま」の呼び名が人気があります。 太、悠、大の字の人気は、厳しく管理された生活や、いじめなどの多い時代において、のびのびとした大きさ、広さをあらわす字が無意識に好まれているということではないでしょうか。 この名はまれに「ゆま」というふりがなで女の子につけられることもありますが、基本的には男の子の名です。 名前に使えるようになってからは、『翔』『翔平』『翔吾』『翔太』『翔也』『翔真』『翔馬』などの名前が大流行し、平成半ばごろからは『大翔(ひろと)』『海翔(かいと)』『陽翔(はると)』などのように、下側に使って「と」と読ませる名も増えました。 長い人気を保っていますが、とくに最近は大谷翔平の影響も拍車をかけているかもしれません。 女の子の名前もそうですが、これは現代人が日常生活で自然と接することが少なくなり、いかに自然を求めているかということを表していますが、さらに環境問題に対する心配も影響しているものと思われます。 詳しくは「」もご覧ください。 平成のときはもともと平の字は男の子に多く使われていた字で、急激な増加という現象はありませんでした。 令和の年号の影響も表れていません。 令の字はこれまでもほとんど名前に使われなかった字です。 和の字はもとから名前に使われてきましたが、令和になってとくに増えたということもありません。 新元号の名づけについては「」もご覧ください。 もはや見ても驚く人も無く、むしろ陳腐な感じすら出てきたためでしょう。 今後は急速に減っていくことも予想されます。 男の子では戦国武将のような歴史的なロマンを感じさせる名前も増えつつあります。 日本の良さを守りたいという意識のあらわれかもしれません。 詳しくは「」でをご覧ください。 なお注目すべきは、五郎丸歩(あゆむ)の影響で、同じ名前が急上昇していることです。 それまでは歩は圧倒的に「あゆみ」と読む女の子の名でしたが、今は「あゆむ」という男の子の名が多くなっています。 文字数別名前について詳しくは「」や「」もご覧ください。 男の子の名前ランキング呼び名1位「そうた」2位「はると」3位「ゆうた」 順位 男の子のよび名 21 りくと 22 えいと 23 そうま 24 そう 25 ゆうた 26 あきと 27 りょう 28 かい 29 けいすけ 30 りょうま 名前の人気ランキングの傾向は、使われる漢字と読み方で集計結果が違ってきますので、必ず両面から見る必要があります。 名前の読み方別ランキング集計の人気順位は、年によって多少の変動はありますが、入ってくる呼び名そのものは大きく変わることはありません。 名前の読みには、付ける人のよび名の好みが表現されますが、さらにその時代にもっとも求められていたもの、言いかえれば不足していて手に入れにくいものもよく表現されます。 最近の傾向として、最後の音が「と」「き」「た」「ま」などで終わる名前が好まれることが分かります。 昔と違ってやはり3音の名前が主流ではありますが、最近は「こうせい」「ゆうせい」など4音で音読みの呼び名も少しずつ増えてはいます。 【関連記事】•

次の

男の子名前で「自然を感じさせる」かっこいい名前458個集めてみた

男の子 の 名前

名前は一生使う大事なもので、パパやママから赤ちゃんへのはじめての贈り物といえます。 そこで当記事では、2019年「子供の名前人気ランキング」から、男の子の名前について考えてみました。 まずは、文字数別で見る男の子の漢字の名前一覧や、自然にちなんだ名前、珍しい名前、響きがいい名前を一覧でご紹介します。 また、男の子の名前の決め方や傾向、センスのいい名前の付け方についてもまとめてみました。 人気のある男の子名前を紹介! 子供の名前の流行は?2019年「男の子の名前」ランキング発表 男の子の名前で、2019年に人気だったのはどんな名前なのでしょうか。 妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビーカレンダー」の「2019年生まれの赤ちゃんの名前ランキング・名前のよみランキング・名前の漢字ランキング」より、上位3位までのランキングをご紹介します。 1位:「蓮(れん)」 圧倒的な人気を誇り、2000年あたりからトップ10に必ずランキングされる名前です。 そもそも蓮とは、花の名前です。 仏教の象徴的な花であり、お釈迦様はこの蓮の上に座っています。 そのことから、日本らしさや、清らかで美しいイメージを連想させます。 また、「れん」という読み方は呼びやすく、響きもよいため、人気があるようです。 2位:「湊(そう、みなと)」 2位も漢字一文字の名前がランクイン。 「湊」という漢字には、船が出入りする場所、あつまる、という意味があります。 その意味から、海をイメージさせ、さわやかな印象を与えたり、「いつも人に囲まれるような人気者に」という願いが込められているようです。 3位:「陽翔(はると、ひなと)」 男の子の名付けで人気の文字、「陽」と「翔」の組み合わせです。 「陽」を、「はる」や「ひな」と読ませることで、あたたかく、柔らかいイメージがあります。 また、「翔」の文字は、空を自由に羽ばたく印象を与えつつも、力強さを感じる文字です。 2つの漢字を組み合わせることで、ポジティブな雰囲気になりますね。 3位以降は下記をチェックしてみてくださいね。 文字数別・男の子の漢字の名前一覧 文字数別で、男の子に人気の漢字の名前を、ランキング上位の中からピックアップしました。 一文字の男の子の名前 ・樹(いつき) ・律(りつ) ・蒼(あおい、そう) いずれの文字も、凛々しいイメージの漢字が使われています。 また、「樹」と「蒼」は大自然を連想させ、「律」は、まっすぐで、誠実な印象を受けます。 2文字の男の子の名前 ・悠真(はるま、ゆうま) ・大和(やまと) ・結翔(ゆいと、ゆうと) 二文字の人気の名前のポイントは、「ま」または「と」で終わること。 それを踏まえ、「悠」、「大」、「翔」といった、壮大なイメージの漢字と、「真」、「和」、「結」といった、やわらかい雰囲気の漢字が組み合わさった素敵な名前になっていますね。 三文字の男の子の名前 三文字の男の子の名前は、ランキングの上位10位には入っていませんが、最近人気が出ている名前をご紹介します。 また、「明日磨」や「利久斗」など、音の響きをもとに、漢字を当てはめた名前もよく見られます。 その場合は、読みやすい漢字を使っているのがポイントです。 自然にちなんだ男の子の名前一覧 ここでは、植物や自然、季節に関連した男の子の名前をご紹介します。 自然や季節 自然や季節にちなんだ男の子の名前にはさまざまありますが、自然だと、太陽、海、空、風、陸などに関連する漢字、季節だと、生まれた時期の季節から連想する漢字が使われている傾向にあります。 自然にちなんだ名前 朝陽(あさひ)、伊吹(いぶき)、陸(りく)、凪(なぎ)、岳(がく) 春にちなんだ名前 暖(だん、はる)、春(しゅん、はる)、爽介(そうすけ)、咲弥(さくや)、柚右真(ゆうま) 夏にちなんだ名前 涼真(りょうま)、虹渡(にじと)、南風(なお)、雨汰(うた)、海翔(かいと) 秋にちなんだ名前 椋(りょう)、実央(みひろ)、穂嵩(ほたか)、果偉(かい)、理月(りつき) 冬にちなんだ名前 雪哉(ゆきや)、白澄(きよと)、冬空(とあ)、朔(さく)、新(あらた、しん) 植物や花 植物に関する名前には、樹木や草などに関する漢字が使われます。 また、花に関する名前は女の子によくつけられますが、男の子でも生まれた時期に咲く季節の花が使われることが多いようです。 植物にちなんだ名前 楓(かえで)、樹果(じゅか)、桧生(ひお)、森ノ介(しんのすけ)、林太郎(りんたろう) 花にちなんだ名前 桜祐(おうすけ)、葵(あおい)、桃李(とうり)、日葵(はるき)、柊斗(しゅうと) 男の子の珍しい名前一覧 珍しい名前だと、ほかの人と被らないため、個性が光ります。 ここでは、漢字・読み方が珍しい名前をピックアップしました。 漢字が珍しい 名前にはあまり使われないような漢字を使うと、個性的ですし、すぐに名前を覚えてもらえますね。 周(あまね、いたる、かた、かぬ、かね、ただ、ちか、 ちかし、なり、のり、ひろ、ひろし、まこと、めぐる、しゅう) 名前例:周(あまね、しゅう、いたる、ちかし、まこと、めぐる)、真周(ましゅう)、周成(しゅうせい)など 初(うい、は、はじめ、もと、はつ) 名前例:初(うい、はじめ)、初汰(うた)、初季(うぶき)など 識(しき、さと、さとり、つね、のり) 名前例:識(さとり)、識音(しおん)、識多(しきた)など 倭(やまと、まさ、やす、かず、しず、ふさ、わ) 名前例:倭(やまと)、倭夢(わむ)、斗倭(とわ)など 密(たかし、ひそか、みつ) 名前例:密(ひそか、たかし)、彬密(あきみつ)、密智(みつとも)など 読み方が珍しい 「名のり」と呼ばれる人の名前だけに使える読み方をご存知でしょうか。 たとえば「春男(はるお)」の「男」の漢字の「お」と読ませるのがそれにあたります。 ここでは、名のりを基とした正しい読み方で名前に使われる漢字で、珍しい読み方をご紹介しましょう。 陽(あきら、きよし、みなみ 悠(ちかし、はるか、ひさし) 白(あき、あきら、きよ、きよし) 道(おさむ、おさめ、なおし、わたる) 節(たかし、まこと、みさお) 男の子の響きがいい名前一覧 名前の響きによって、印象が異なります。 「響きがいい」と感じられる名前の特徴を3つ挙げると、 ・は行・ま行・や行が入った名前は、比較的柔らかく、あたたかみのある音の印象を与える ・「ゴ」「ガ」などの濁音が入る名前は、力強い響きがある ・「う」が文字の真ん中や終わりにつく長音や、「い」「と」「ん」で終わるなど、呼びやすい名前は響きがいい などがあります。 しかし、人によって、響きには好みや心地よさが異なります。 フルーネムを口に出してみて、響きのよさを確認してみてくださいね。 響きがいい名前の例 ふうま:颯真、風馬、楓摩など そうた:奏太、颯太、蒼大など ゆいと:結仁、結人、結斗など りゅうせい:琉生、流星、龍聖など たいが:大雅、泰河、大芽など じん:仁、心、任など きょう:響、恭、京など しょう:翔、聖、匠など るい:類、琉依、留一など れい:怜、玲、黎など 男の子の名前の決め方や傾向 男の子の名付けをするときに、決め方や傾向はあるのでしょうか。 姓名判断による画数や外国でも通用する名前、古風な名前といったポイントから見ていきましょう。 男の子の名付けのポイントは? 画数は気にする? 「姓名判断でよい名前をつけてあげたい……」そう思う親御さんは多いことでしょう。 実際に、名付けをするときに、画数を気にされる方は多いようです。 画数を考えながら名前をつけるときには、 ・苗字との吉画数を割り出し、その画数に合った名前を考える ・音の響きやつけたい名前の候補を挙げて、その名前に沿った画数の漢字を当てはめる ・一旦、画数は置いておいて、つけたい名前の候補を漢字で挙げ、それから画数を調べる という方法があります。 ただし、姓名判断にはさまざまな流派があるため、運勢が異なることもあります。 「この画数じゃないとダメ」というふうにこだわらず、画数は、あくまでも参考にする程度で。 それよりも、苗字との兼ね合いや、字面、音の響きなどを優先して名付けしたほうがよいでしょう。 外国でも通用するオシャレな名前がいい? 国際社会がますます進展する現代。 将来のことを考え、海外でも通じる名前をつけるのもいいですね。 その際のポイントは、 ・外国の人にとって発音しやすい、発音の1つ目に、か行、さ行、ま行を使う(かい、しゅう、まさとなど) ・ニックネームのような短い名前にする(例:けん、らん、れいなど) ・英語の単語にある発音に近い名前にする(例:しょう、えいじ、らいとなど) です。 ただし、「ジョン」「オリビア」など、外国人の名前に無理やり漢字をあてはめるのは、読みづらいこともあるため、あまりおすすめできません。 和風で古風なかっこいい名前がいい? かつて「キラキラネーム」が流行しましたが、その反動のように登場したのが「しわしわネーム」といわれています。 このしわしわネームは、古風な名前のことを意味するそう。 「しわしわ」というネーミングがマイナスイメージをあたえますが、古風な名前には、日本らしさや、歴史、伝統、男らしさを感じさせる名前が多いです。 和風で古風な名前をつけるときは、名前の文字数を決めると考えやすくなります。 また、歴史的人物や偉大な著名人などの名前に使われている漢字を使うのもおすすめです。 センスのいい名前の付け方 お子さんには、センスのいい名前をつけたいものですね。 「名付けセンスがいい!」と感じるのは、「名前に素敵な意味が込められている」ことではないでしょうか。 たとえば、外国語で素敵な意味を持つ単語が由来になっていたり、名前の漢字に込められた意味が縁起がよいものだったり、聞き慣れた単語の別名を使うなどすると、ネーミングセンス、言葉のセンスのよさが感じられますよ。 男の子の名前は、ママパパからの心を込めたプレゼント 男の子の名前をつける際のポイントをいくつかご紹介しました。 赤ちゃんの名前は、妊娠中に考えておくのもいいですし、生まれた顔を見てからインスピレーションを得てつけるのもいいと思います。 お子さんの成長を願い、心のこもった名前をつけてあげてくださいね。 文・構成/HugKum編集部.

次の

古風、和風な男の子名前859!名前で変わる性格診断は必見!

男の子 の 名前

男の子の名づけに関して、コズレマガジンは読者の2019年に男の子に名前を付けたママパパにアンケートをしてみました。 今回、一番目立ったのは【翔】の字を使った名前。 しょう、かける、と、などと読むことが多いようです。 「翔」(そら) 「侑翔」(ゆうと) 「翔琉」(かける) 「晴翔」(はると) 目覚ましい活躍が記憶に新しい、大谷翔平選手の「翔」の字を使った名前がとても多くなっています。 やはり、世界にはばたくスポーツ選手の名前を男子につけたくなる気持ちはよくわかります。 大谷選手は、スポーツ選手として優秀なだけでなく、目標に向かって自分をマネジメントしていく力なども注目されていますから、どんな仕事をしていくにしても、優秀になれそうです! その他、大らかさを感じさせる 「泰一」(たいち) 「壱汰」(いちた) 「航太」(こうた) 「凛太朗」(りんたろう) 「燿大」(ようた) 「空大」(そらた) といった「大」「太」などの字を使う名前が多く選ばれている傾向が。 また、「令和」効果なのか「れい」の音を使う名前が人気を集めているようです。 2019年男の子の名前 漢字ランキング 2019年度男の子の名前に使われている漢字ランキング1位は「翔」の字。 毎年人気の高い「翔」の字ですが、2019年は特に大谷翔平選手の活躍が影響したと思われます。 「翔」の字に対して「平」の方は、あまり多くなかったのが意外です。 平成最後の年とも重なっていたのですが、やはり去る者より新しいもの、ということでしょうか。 続いて2位が 「陽」(よう、はる、など) 「大」(だい、た、など) 「太」(た、など) 「陽」(はる、よう、など) 3位が 「空」(そら、く など) 「向」(こう、た など) 「泰」(たい、た など) 「斗」(と など) 「優」(ゆう など) 新元号「令和」に関連しては、「令」の字というよりは「れい」という響きに人気が集まったようで「怜」「玲」「礼」といった字を名前に取り入れた方が目立ちました。 また、「大」「太」「陽」といった、大らかさや温かさを感じさせる字を取り入れるのが人気になっているようです。 名前の字数ですが、67. 1%の人が2文字の名前、17. 7%の人が1文字の名前、3文字の名前の人が15. 2%という結果になっています。 2019年男の子の名前 よみがなランキング 2019年読者の男子の名前で最も人気のよみがなは、 「たいち」(泰一、大馳 など) 「れお」(礼凰、怜煌 など) 2位は 「いおり」(伊織、伊央利 など) 「ゆうと」(侑翔、友絃 など) 「こうた」(洸太、航太 など) 「しゅんすけ」(駿祐、春輔 など) 「そら」(空、翔 など) 「はると」(晴翔、悠仁 など) 「ひなた」(陽向 など) などが人気の名前になっています。 「~た」や「~すけ」といった男子の定番の名前も、根強い人気を誇っていますよ。 全体的には明るく柔らかい雰囲気の名前が多いのですが、「いおり」のようにやや古風ながら、趣のある名前が多い印象です。 海外系 グローバルな時代ですから、海外でも活躍してくれるように、という願いが込められた名前も多いようです。 ・顕嵐 (あらん) 海外でも通用する名前にしたかったそうです ・斗夢(トム) ・丞士(ジョージ) 由来はわかりませんが、[ジョージ]とカタカナで書いてもかっこいいから、音を伸ばして読んでと言ってました。 ・あかば お父さんが昔行った国の名前だそうです ・輝(テリー) お爺さんが外交官でその兄弟はみんな外国名 ・ゴードン 海外生まれだから ・りひと ドイツ語で光 ・ろい 海外でも通用する名前らしいです ・国平(くにひら) パパが中国人で中国で生まれました。 【国平】の名前は中国ではよくある名前のようで、日本読みを【クニヒラ】にしました ・みらの イタリアのミラノが由来のようです。 ご両親の思い出の地みたいで、素敵です アニメ系 アニメのキャラクターを子どもの名前にする方もたくさんいるようです。 ライオンキング人気高いです!! ・じょじょ パパがアニメのジョジョが好きとの事! ・月(らいと)、心羽(しんば) アニメから取った名前みたいです ・ユウリ アニメキャラクターの名前 ・信葉(しんば) 旦那がライオンキングが好きだったことからしんばと名付けたらしい ・新一(コナン) 新一と書いてコナンと読むそうです ・羽生 (はうる) ハウルの動く城 ・亜富(あとむ) ご両親が鉄腕アトムが好きで、あとむ君という名前にされたみたいです。 ・まりお 親がマリオのゲーム好き ・あむろ ガンダムのファン ・キキ キキララ ・金太郎(きんたろう) 兄が桃太郎、弟が金太郎、妹がかぐや(妹は漢字がわかりませんが)だったので驚きました スポーツ・趣味系 ママパパが自分の好きなスポーツやスポーツ選手にちなんだ名前をつける、も男の子の名づけあるあるのよう。 阪神愛あふれていますよ! ・虎 (たいが) 野球の阪神ファンの知人が虎と書いて【たいが】と息子に名付けていました。 ・猛虎 父が阪神好きなのと、虎のように強く育って欲しい ・たいが 親がタイガースファンのため ・たすき 両親が陸上をやっていた ・ぶいはち その子のお父さんが車が好きだったから ・りいる パパが釣り好きだったから ・周羽 パパがオートレーサーで一周二周の周と、 お腹にいる時のエコーが羽が生えているようにみえたから、当て字の羽を使ったそうです。 ・芭留唆 (ばるさ) 親がサッカー好きでバルセロナからとってバルサくんらしいです。 ・最高(まっくす) マックスと読む子どもです ・恭章 (みつき) 女の子が欲しかったようで響きだけでも女の子らしいものにしたそうです。 ただ、漢字は男の子と分かるように選んだそうです。 ・宇宙(こすも) ・明日(ともろう) ・天愛 (てぃあら) 前に薬局で働いてる時に患者様できたお子さんの名前です。 お母様は、お姫様がすきで、お姫様のようなキラキラしてほしいからとおっしゃってました。 ・歩愛斗 (ふぁいと) ・真心 ( まなか) ・叫 (しゃうと) ・晴 (てる) ・読 (よん) 由来は本をたくさんよんで思慮深い子になってほしい だったと思う ・本気(まじ) マジくんです。 名前の由来は聞かなかったが本当にビックリした。 インパクトありすぎた。 コズレ読者が答えたかっこいい一文字の名前 コズレ読者が選んだかっこいい1文字の名前は 1位 蓮 「音の響きがいい」という多数の読者の支持を受けて堂々の1位。 漫画の主人公の名前としても広く知られている名前ですね。 2位 翔 「羽ばたく姿をイメージできるし、とてもさわやかなイメージだから」ということで多くの人が選んだ名前になっています。 3位 颯 こちらは、他社の名前ランキングの10位以内には出てこなかった名前なのですが、コズレ読者の間では大人気。 「そう」「はやて」など、さまざまな読み方ができるというのもポイントのようです。 4位 龍 さわやか系の名前が続きましたが、一転、男らしさあふれる名前がランクイン。 実は、中国でも大人気の名前なんですよ。 5位 樹 こちらは、名づけランキングでもたびたび上位になる名前。 やはり、コズレ読者の間でも高い人気を誇っています。 「いつき」「たつき」など、複数の読み方があるほか、自然の雰囲気がありどっしりした良い名前だという人が多いようです。 コズレ読者が答えたかっこいい二文字の名前 コズレマガジン読者が選んだ二文字のかっこいい名前はこちら! 1位 隼人 コズレマガジン読者が最もかっこいいと思う名前は「隼人」に決定!!「スピード感を感じる」「男の子らしい名前」「足が速くて運動ができそうなイメージ」など、俊敏で男らしいイメージが支持されたようです。 2位 海斗 2位は「海斗」くんです。 「爽やかな印象で活発なイメージがあるから」「和名なのに少し海外的な音の感じがあって響きがいい」など、海のさわやかなイメージと外国名としても通用しそうな読み仮名が人気の理由になっています。 3位 大和 こちらはグッと古風な名前の「大和」くん。 「漢字をみてもかっこよさの伝わる漢字を使っていて日本男児というのが伝わってきてカッコいいです」「書きやすく読みやすく分かりやすい」など、昔ながらのイメージがあり、分かりやすくてかっこいいので好きだという意見が多数。 確かに男らしい感じがします! 4位 流星 「きらびやかなイメージでおしゃれな名前だと思うので」と人気なのが、流星。 かっこいいアノ俳優さんの名前ですよね~と、ニヤニャしてしまいますね。 5位 颯斗、大翔、翔太、颯汰 5位は同点で4つの名前がランクイン。 「颯斗」は1位にランクインした「はやと」の字違いですから、根強い人気の名前と言えそう。 「大翔」「翔太」「颯汰」はここ数年人気が高まっている男子の名前で、いずれも支持が高いようです。 春の季節を感じる男の子の名前 季節感は日本人にとって、忘れてはいけないもののひとつ。 子どもの生まれた季節にちなんだ名前を付けたい、というママパパもたくさんいますよね。 ここからは、コズレマガジン読者の選んだ春らしい男の子の名前をご紹介します。 ・はると 「春人」「春斗」「春仁」「温斗」「陽斗」など、さまざまな漢字ではありますが「温かい感じ」「はる、とつくとどうしても春を連想してしまうから」という理由で、春っぽい男子の名前として挙げられています。 ・はるき 「春樹」「春輝」「春希」「晴樹」など、こちらも様々なパターンですが、「なんだか暖かなイメージがあり、春を感じるから」など、やはり温かいイメージがあるようです。 そのほかにも ・はるま「春馬」「春磨」 ・ひなた「日向」「陽向」 のような名前が候補に挙がっています。 夏の季節を感じる男の子の名前 夏を感じさせる名前として多く挙がったものは、以下のようになりました。 ・「うみ」「かい」 「海」と書いて、「うみ」「かい」という意見が多数。 「そのまま!」「夏と言えば海だから!」という意見が多く、単純明快な感じです。 確かに、夏といえば海ですね!素直で元気な子になりそう。 ・かいと 「海斗」「海人」などこちらも夏=海!という意見が多かったのですが、外国でも使える名前、という理由も多く見られました。 ・そうた 「颯太」「爽太」など、さわやかさを感じさせる名前がたくさん提案されています。 ・たいよう 「太陽」も夏の名前として思いつく方が多いよう。 熱い時期の子、夏の日差しを思わせるから、などの理由が多く見られました。 ・なつき 「夏樹」「夏希」「夏生」「夏季」など、さまざまな字をあてる「なつき」も大人気。 季節の名前を入れる、は定番ですが、その中でも季節感や自然を思わせるものなど、バリエーションの豊富さがあって良いですね。 ・りょう、りょうすけ、りょうた 「涼」「涼介」「涼太」など、暑い夏だからこそさわやかな風を運んでくれそうな涼しい名前も。 確かに、暑い時に涼しさを運んでくれる爽やか男子になってくれそうで良いですよね。 秋の季節を感じる男の子の名前 強烈な暑さの夏と厳しい寒さの冬に挟まれた短い季節。 ですが、この季節が好きな方も多いですし、趣のある季節でもあります。 どのような名前が出てくるか楽しみですね。 ・あきと 「秋人」「暁人」「秋斗」など、秋生まれを印象付ける名前が人気を集めています。 ・かえで 「楓」も人気。 「秋の紅葉を連想させる」「音の響きも美しい」という意見が多く聞かれています。 ・しゅう 「柊」「愁」「秋」など、秋という字を音読みした名前も人気のようですね。 「柊」はヒイラギでやや早いイメージもありますが。 徐々に寒くなっていく季節にはぴったりのイメージです。 ・ほたか、ほだか 「穂高」という実りの秋を思わせる名前も。 「収穫の秋を感じさせる」といった理由が多く聞かれています。 冬の季節を感じる男の子の名前 寒い冬生まれの赤ちゃんにはどんな名前が合いそうなのか。 こちらも季節感たっぷりの提案がいっぱいですよ。 ・しゅう 「柊」。 秋生まれでも人気のあった字ですが、やはり「冬のイメージ」「クリスマスのイメージ」ということで、冬の名前として挙げる人が多くいました。 「柊斗」「柊人」なども人気を集めています。 ・とうま 「冬馬」という名前を推す人も。 春と冬は「馬」を付けた名前が提案されるのに対して、秋や夏は無いのが不思議…。 ・ゆきと 「雪斗」「雪人」「雪兎」などの字を当てて、ゆきとと読ませる名前も。 冬と言えば、雪、のイメージですが、透明感のある良い名前ですよね。 ・ふゆき 「冬樹」の響きが好き、という方も。 中には「冬雪」という字でふゆきと読ませるという提案もありました。 まさに、冬=雪のイメージですね。 画数がポイント! かなり多くの人が気にしていたのが「画数」です。 外国人には画数なんて関係ないんだし、という人もいますが、そこは気になるもの。 「まず、画数をこだわった。 また、名前は2文字がよかったので、2文字にした。 漢字から意味を考えた」 「苗字の画数が多いので、全部の画数が40画を超えない漢字にした。 また、へんとつくりにわかれない漢字をひとつは使おうと決めた。 いい意味の漢字を使いたかった」 「誰が見ても読みやすい漢字を選んだこと。 三文字なのであまり画数が多すぎない漢字を選びました。 」 ついつい、画数というと姓名判断的なものを考えてしまうのですが、苗字の画数が多いので名前は画数控えめで、という考え方もあるんですね! 勉強になりますね。 響きがポイント! 実は、最も多かったのが、こちらの名前の音や響き。 確かに、最近のお子さんの名前を見ていると、音に字を当てているものや、ひらがなの名前もずいぶん増えているように思います。 「男の子なので将来的に苗字が変わる可能性は低いと思い、音の響きがスムーズなイメージの読み方にしたのと、将来社会人になっておじさんになってもなるべく貫禄のあるような雰囲気の名前にしました。 」 「英語でも発音しやすいこと。 流行り名前ではないこと」 「響きと意味。 明るく元気に育ってほしいと思いつけた。 字画は少し気にしました」 音の響きを重視しながらも、最後は画数で、など、皆さん複合的な要素で決めている様子が分かります。

次の